So-net無料ブログ作成
だまって食え! ブログトップ
前の5件 | -

キャベツの山椒の葉炒め [だまって食え!]

キャベツが好きです。
年中食べていますが。
それは安価でもあるというのが
好きな要因のひとつでもあるのですが
最近は高価で困ります。

ちなみにビョーキしたら
キャベジンを飲んで寝ます。

落語に
「葛根湯(かっこんとう)医者」なんて
小噺(こばなし)がありますが
その医者はどんな病気にも!ケガにも
葛根湯を処方します。
私はどんな症状にも
キャベツとキャベジンを摂取するんです。

よいこはマネしないように。



キャベツがあったのでよかったです。

キャベツなんて
先の大戦の終戦後(1945)
一般的になった野菜?!

キャベツという名称だって
そのころからでしょうか。

斎藤茂吉(1882 ~ 1953)なんて
「玉菜」とよんでいますもんね。
拙ブログ 2017/10/29

玉菜の他!
甘藍(かんらん)!牡丹菜(ぼたんな)!
椰菜(やさい)!蕃牡丹(はんぼたん)!

なんだか
キャベツのイメージが湧きませんが。

結球する種類は
江戸時代の終わりごろから渡来しはじめ
明治になって
いろいろと入ってきたようですが
北海道の一部以外ではことごとく不作。

今見受けられるキャベツはみんな
日本で作出されたものという説には
妙に納得させられますね。



関西は柔らかい春キャベツの消費は少ない。

ともに大阪生まれの大阪育ちの
板前歴 50 年のおじさんと
男性遍歴 50 人のおばさんが
「粉(こな)もん」文化には
固く結球したキャベツがいい!という説を
論じていましたが!果たして?!

恋愛に信用のないふたりのことですから。
ま!キャベツと恋愛に
なんの関係もなかったですね。はは。

「キャベツは有史前から人間が食べていた」
なんていっていましたが。

「あかちゃんはキャベツから誕生するから」

あんたたちはヨーロッパ人か!
典型的なモンゴロイドの容姿なのに。



ま!実のないはなしはさておいて
私の定番料理の「キャベツの素炒め」で
命をつなぎます。

今日は庭の
庭といっても貧民にはベランダのことですが
山椒の葉を多量に採取したので
いっしょに炒めます。

たいていオリーブ油で炒めますが
油にこだわりはありません。

肉とか他の野菜とかは入れません。
入れてもかまわないのですが
ないから入れません。
負け惜しみじゃないけど
入れなくても十分満足しています。

おまじないほどの塩と胡椒で調味。
blog91キャベツ.jpg

撮影するので
見栄を張って昆布茶も加えましたが。
画像になんの変化もありません。

ウスターソース!醤油!
マヨネーズ!ラー油!
なんでもあるものをかけていただきます。



今日はさらに見栄を張って
かつおぶしをのせて酒を飲みます。
blog92キャベツ.jpg

納豆をおいて赤米ごはんを食べました。
blog93キャベツ.jpg

フライパンに少々汁があったので
はったい粉(はだか麦粉)を混ぜて
かきまわして塩を足して
砂糖をパラパラしましたが。
blog94キャベツ.jpg

ふしぎな味です。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レモンのすき焼き?! [だまって食え!]

レモンをころがしたままです。
blogレモン01.jpg

大阪市立長居植物園で
みっつ 200 円で買った大きなもの。

レモンはあれば食べます。
揚げものなんかについてくれば
絞った後に食べてしまいますが。

ごはんがあれば
醤油をつけてお惣菜(?)の 1 品です。

でも!
ハラいっぱい食べるものでもないですね。

煮て食べますか。

牛肉とネギといっしょにごった煮。
blogレモン02.jpg

人にいうときには
「すき焼き」をしたといいましょうか。

醤油と砂糖と昆布だしとで調味。

レモンが苦い。
苦味がたまりまへんなぁ。

ビールがすすみます。
赤ワインをがぶりと飲めます。
酒蔵見学で買ってきたにごり酒がうまい。
ま!ただの酒飲みですかも。

すき焼き風に
生たまごをつけて食べるのもいいかも。
保証はしませんが。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スパゲティ ふきのとう酒粕味噌 [だまって食え!]

この季節に山中を彷徨すれば
「ふきのとう」が得られるはずなんですが
今年はまだ出合うことがありません。

道端の無人販売所などで
入手はできますけどね。

酒蔵めぐりばかりしていたので
酒粕がたくさんあります。

酒粕に酒をたっぷり振りかけて
電子レンジで少し加熱。
柔らかくなった酒粕と田舎味噌を
フライパンに入れて
加熱しながら混ぜ合わせ
砂糖を入れてみました。

ふきのとうをきざんで加え
醤油とごま油をたらしました。
blog粕ふきのとう.jpg

これでウイスキーをなめてみます。
芋焼酎を飲んでみます。
やっぱり!酒蔵から持って帰った
菊正宗の辛口の冷酒が合うのかな。



スパゲティを茹でて
ふきのとう酒粕味噌をのせて!晩ごはん。
blog粕ふきスパ.jpg

生のふきのとうをきざんで
たくさん振りかけて食べますか。

ささやかな春。
ささやかなしあわせ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

切り干し大根 梅醤油和えは寝藁 [だまって食え!]

「日本!勝った!」
「日本!勝った!」
「ロシアに勝った!」と
日本全国が浮かれている
日露戦争(1904 ~ 1905)のとき入営した
長谷川二等兵(後の作家・長谷川伸)は
驚いたそうな。

浮かれるものはなにもない!
支給されるものはオンボロ!
寝床にはワラを敷いてあったそうな。

規定ではひとり 1 挺の銃剣もなく
しばらくして
ロシアから分捕ったものを
やっと支給されたそうな。

戦勝国の割りには
後進国並みのひどい装備だったのですね。

食べものは特に悪く
麦のほうが多いごはんの盛りは少なく
普段のおかずは
「寝藁(ねわら)」ばかりだったそうな。

「寝藁」とは厩舎の馬の寝藁に似たもの。
切り干し大根とワカメを
酢醤油にくぐらせたものをそう呼んでいたとか。



昭和 12 年(1937)の「軍隊調理法」に
「切り干し大根」は
4 レシピありますが。

その「煮しめ」「三杯酢」
「胡麻和え」「辛し和え」の中の
「三杯酢」が該当しますか。
でも!ワカメは使っていませんが。



思い出しました!
梅の醤油漬け!(拙ブログ 2016/06/16

万博記念公園の梅の実を
醤油に漬けていましたね。

酸味がついた醤油ができていました。
さっそくそれで
切り干し大根とワカメの梅醤油和え。
blog千切り梅醤油.jpg

なかなか美味ですぞ。

「寝藁」バンザイです。
バンザイなんていえるのは
平成飽食時代だからでしょうか。



(棟田博著/陸軍いちぜんめし物語/参照)
(敬称略)
タグ:軍隊調理法
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

晩秋のトマト [だまって食え!]

冬になったかのように寒いですね。
冬は辛い!着るものがないものには。

夏は着なければ着ないで
たとえ!乳首が透けて見えても構わないけど
冬は山歩きの格好が
唯一のフォーマルウエアになってしまいます。

ま!世界で一番の暑苦しい大阪市の夏。
どこへ逃げても許してくれませんが
冬なら風を避けて
ふとんをかぶっていたら
なんとか過ごせますけどね。



夜が明けるのが遅くなっています。

スズメの家族がやってきて鳴き交わして
朝の光がまぶしい。

夏には緑ふさふさだった(拙ブログ 2016/07/21
ミニトマトの葉がボロボロ。
長い間カーテンの役目をしてくれましたが。
感謝。

あ!
blogトマト31.jpg

葉はボロボロですが赤い実はいっぱい。
blogトマト32.jpg

たくさん採れました。
blogトマト33.jpg

甘くないですね。
酸味も少ないですね。
味は薄いのですが表皮はしっかり!かみ辛い。
はは!いいところありませんね。

ま!天に地に感謝して
いただきますけどね。



マヨネーズと醤油をふって
チーズをかぶせて
オーブントースターで加熱。
blogトマト34.jpg

あ!トマトに爪楊枝で
穴を開けておかないと爆発しますよ。

穴を開けておいたのにだいぶ破裂しましたが。

これで地ウイスキーのお湯割りをなめながら
キムチのなじむのを待ちます。

キムチといっても
ミニトマトとセロリと柿を切って
「桃屋 キムチの素」を混ぜ合わせただけですが。
blogトマト35.jpg

ミニトマトをふたつに切るつもりでしたが
忘れていますね!はは。

柿がいい味。

病んでいた(?)ので
久しぶりに(といっても 2 日ぶりですが)飲む
ウイスキーが少し苦く(?)感じたのですが
柿の甘さがちょうどいいですね。

ほろ酔いになってもう 1 品。

アボカドを混ぜてポン酢醤油でいただきますか。
blogトマト36.jpg

ああ!追熟の浅いアボカドでした。
おいしくありません。

捨てるか!
チーズをのせて加熱するか!
迷っています。
迷いながらもう 1 杯。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - だまって食え! ブログトップ