So-net無料ブログ作成
パパラッチ!ママえっち? ブログトップ
前の5件 | -

入れても!入れるな 奈良女にて [パパラッチ!ママえっち?]

「中瀬親方ゆかりのキャンパスです。
blog奈良女.jpg

「相撲部屋じゃないでしょ!どう見ても」

「相撲の親方みたいな体形の
「“中瀬ゆかり” ゆかりの
「奈良女(ならじょ)です。
(ああ!ややこしや)

「あのスケベな、、、!?」

奈良女(奈良女子大学)は
国立で全国に
2 校しかない女子大のひとつ。

ゆかりの生真面目な親が
女子大に入れたら
オトコに血迷うこともないだろうと
考えたらしいのですが
それは甘かった!
本人の回想によれば
オトコが珍しく
よけいに「男!オトコ!男!」と
外に出て走り回ったようです。

余談ですが
私をアゴで使う
あの某アラフォー(around 40)女史も
発情がやまないのは
ここの出身のせいじゃないんでしょうか。
ナイショですが。

しかし!まぁ!
TVで「ち××」「××ぽ」ばかり
発言していますが。(拙ブログ 2017/06/17

「いいの?」

「別に!なにが悪いかといわれても。

「本職はなんなの?」

「新潮社の部長職らしいです。



漫画家の西原理恵子と
作家の岩井志麻子と盟友だとか。
3 人でその昔!
「おばちゃんキャッツアイ」だったか
「熟女キャッツアイ」だったか
ユニット(?)を組んでいましたね。

3 人の共通項
おない年!西日本出身!酒好き!
男運イマイチ!バツイチ!と
岩井志麻子はいってはいますがね。

高須クリニックの院長と男女の仲の
西原は
「×ん×入れても籍入れるな」だとか。
けだし!名言ですなぁ。

無頼派作家の白川道に
(本人曰く)あそこをガバガバにされた
ゆかりは
「籍を入れないと」
「いつでも別れられるという緊張感」が
よいといっているそうな。

たぶん!別な問題!
白川が借金まみれだからでしょうけど。

岩井志麻子は今
18 歳年下の韓国人と籍を入れています。
3 人の内この人だけ
籍を入れたがり屋らしい。

先日!志麻子がTVで
入籍を語っていましたね。

ジョンウォン(韓国人夫)は
私の金目当てだった。
私は若い体目当てだった。

ま!当然なはなし。
ぼちぼちやってください。



私は婚姻届ほど
非人間性なものはないと
常々主張していますが。

同棲したい人が
勝手に同棲したらいいだけでしょ。
ゆかりのいうように
緊張感のある生活になりますよ!きっと。

ひとりひとりが独立して
国家に義務を負い
権利を主張したらいいのでは。

戸籍の縦の認識は母親だけで
父親の記載は必要ないのでは。

子育てができる環境や
必要な人へ無償教育するシステムを
国家が作ったらいいだけのことでしょ。

男は消耗品。
主に過酷な労働に
精を出したらいいのでは。

特に
国家へ義務を果たしていない男どもを
無宿人狩りをして
防衛最前線に送り込まねば
この国の将来はありませんぞ。

それでも財産を子孫に残したい男は
遺言したらいいだけでしょ。



今日の同道のおね~さんも
よく知っている某女史。

「今の顔と違う過去と
「入籍秘話があるんです。

「そんなこと聞いてもいいの?」

「ま!私以外も知っていることだから。

女史に心配なことが
ふたつあったからだそうな。

だれかと寝てしまう毎日。
夜になるとなぜかそうなるのですね。

そうすると種々の「感染症」が心配。
もし妊娠したときにだれの子やら不明。
なので!
とりあえずひとりに決めたのだとか。

セックスだけの問題で決めたのですね。

「入学でも就職でも
「そのときのほんの
「わずかな判断で決まってしまい
「でも!なんとかなっているじゃない。
「結婚もおなじよ。
「それでもなんとかなるのじゃないの。

「熟慮したって
「結果!ダメなときはダメだし。

と!私にいっていましたが。



(岩井志麻子著/
  魔性の女に美女はいない/)参照
(敬称略してごめんなさい)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

彦八まつり 2017 [パパラッチ!ママえっち?]

「落語でっかぁ!?」
「しんきくさいでんなぁ!」

落語に接したことのなさそうな
おじさんがいいます。
「しんきくさい」とは大阪弁かなぁ。
「うっとうしい」「しめっぽい」の類の
マイナス的なことばのようですが。

「彦八まつりがありますよ。
blog71.jpg

「女性の落語家もいっぱい。
「東京より
「女性落語家の比率が高い上方なんです。

「たとえば!
「露の都(つゆのみやこ)ね~さんの一門は
「ずらずらずらと女性ばかりですよ。

「べっぴんでっか?」

「可愛いのから!それなりのから!
「ま!いろいろ。
「お化け屋敷といっていた
「一門の先輩がいましたが
「そんなことはまったく
「いや!ほとんどありませんよ。

入場無料だと
暇そうで酒ばかりくらっている
基本的にはスケベ心しかないおじさんに
いっておきました。

「いやぁ!にぎやかでんなぁ」

彦八まつりに行ったのですね。

「都一門!男がいましたよ!」

なんてメールしてきましたが。



上方落語協会の一大イベントの
彦八まつり(2017/09/02・03)!
忘れていました。はは。

いっていた私が忘れるなんて!
叱られますね。
地下鉄・堺筋線で
南下しようとしていたときでしたから
急きょ!
日本橋で乗り換えて谷町9丁目で下車。

会場の生國魂(いくたま)神社には
外の道からもう大混雑。
blog72.jpg

境内には落語家の販売ブースがいっぱい。
blog73.jpg

大阪落語の祖といわれている
米沢彦八の碑の前には例年通りに舞台。
blog74.jpg

なんにもブースのない便所の前にも人だらけ。
blog75.jpg

暑いので木陰を求めているのかな。

今年で 27 回目。
盛況で織田作之助の像やら
いろんな神さまの集結している
北の森にもブースが。
blog76.jpg

ん?人生相談?!
blog77.jpg

落語家もエラいもんじゃのぉ。



人生相談の先生とはね。

ん?!
落語家の高位の尊称は「師匠」ですよね。

ちなみに講談師は「先生」でしたか。
講談は高座を「読む」といいますから。
本を読むのは先生かなぁ。

東京の落語家は自分たちを
「噺家(はなしか)」と呼びたがるような。
関西では「落語家」?!
「落語」は上方のことば?!
でもありますまい。

「落とし噺」をする人なら
略して「落語家」でも
「噺家」でもいいようなものですが。

東京の落語家は
「落とす(おち)」とはいいたがらないのかも。
「下げる(さげ)」というのかも。

そういえば
宇井無愁は
「さげ」はいつ!どこからきたことばか
分からないといっています。

「落とす」と「下げる」は
一般的に同意語ではないといっています。

たとえば「だるまさんを落とす」と
「だるまさんを下げる」とは
おなじじゃありませんね。

いやぁ!やめましょう。
これについては
宇井無愁が大変長時間考察しているようです。
大変な疑問の淵のようですから。



あ!そうそう
露の都一門のブース。
blog78.jpg

あれ?!
たしかに「男」がいますね。
エプロンして玉こんにゃくを売っていますが
都師匠の旦那でもないですね。
最近!男の弟子を取ったのかな。



(詳しくは宇井無愁著/落語の原話/)
(および/落語の系譜/を見てくださいね)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪港ものがたり やじ馬日記 [パパラッチ!ママえっち?]

今日の日替わりのランチ
「トムヤムヌードル」(税込 640 円)を
食べています。
blog51.jpg

かんなくずみたいな文字の
店名が書いてありました。
「Kao Man Gai(カオマンガイ)」とか。
blog52.jpg

「海南鶏」のことですかね。
タイ料理の店でしょう。

男女の性別が
よく分からない(失礼!)人が
運んできます。

魚介がたくさん入っていておいしい。
ごはんは長粒米じゃないですけどね。



ああ!パクチーの匂い!
夜汽車に揺られて
チェンマイに売られて行った
ニューハーフ時代の匂い。

ウソですよ。
夜汽車なんか!ありませんよ。
いや!そんなんじゃなくて!
みんなウソですよ。

象に乗りに行っただけですよ。

こんな冗談を
半ば本気にしているおばちゃんがいます。

そのおばちゃんから
今日は誘われているのです。
「浪曲」の券が 2 枚あるというのです。
亭主やこどもらに無視されたのでしょう!
仕方なくこちらに振ってきたようです。

私がいつも
「暇をもてあましている」と
謙遜していうのを
本気にしているらしい。
(ま!半分はホントですけど)

困ったものです。

1 度は断ったのですが。
これも浮き世の義理かなぁ。

「やよい軒で昼食しよう」といいました。
私のランチは基本「個食」です。
「孤食」です。
まして大阪流の厚かましいおばちゃんとは
食べたくありません。

たぶん今ごろ
地下鉄・谷町線の
谷町四丁目駅で降りているでしょう。

私は用事があるといって
ひとつ北の天満橋駅で下車しました。



ひと駅歩いて
「浪曲」の公演があるという
「大阪歴史博物館」へ。

窓外に
難波宮(なにわのみや)跡が見えます。
blog53.jpg

乙巳の変(大化の改新)後遷都した
京(みやこ)のあったところ。
そこにこの博物館を建てているのですね。

大阪の大昔から
近世までの歴史が展示してありますが。

わ!
blog54.jpg

身長が今よりうんと低い
1,300 年前の官女に紛れて
おばちゃんがいました。



おばちゃんがくれたのは
大阪市交通局主催の
「大阪港ものがたり 浪曲・講演会」の
招待券でした。

神戸港が開港 150 年で騒いでいますが
大阪港もそうなんですね。

大阪では川口居留地が
外国人の暮らしていた場所。
その歴史をまず映像で学びます。
blog55.jpg

「かぶりつきに行こう」と
おばちゃんがいいます。
彼女の定席らしい。

もしかして
三波春夫のふんどしを抜いたのは
あなたなの?!

昔はよかったのです。
写真は写し放題。
フラッシュ可!
歌手の手を握ったり
プレゼントをしたり。
テープを投げたりしていたようです。

今はあれもこれもみんな禁止です。
なにさまか知りませんが。

それで三波春夫の舞台のかぶりつきには
おばちゃんが押しかけて
新歌舞伎座かどこかで
着物の裾に手を突っ込んで
ふんどしを抜き取って
持って帰ったファンがいたそうな。

私の指定席は一番後ろの右の端。

よかったぁ!
おばちゃんと並んで見ることがなくて。

最近知ったのですが
この私の好む席は
映画試写会で
池波正太郎の定席だったそうな。

ちなみに左端にいつも座っていたのは
渥美清だったそうな。



桃山学院中高聖歌隊の聖歌。
blog56.jpg

桃山学院は
川口居留地が誕生の地だったのですか。

多くの学校が
この居留地から生まれているのですね。

肝心の
「大阪港のあゆみ」の講演のときには
眠くてしかたがありませんでした!
すみません。

最後は浪曲ですよ。
blog57.jpg

天光軒満月の「空海」ですか。
空海が大阪から唐に行ったという説です。

もっともその時代には「大阪(大坂)」の
地名はなかったのでしょうけど。

浪曲の鑑賞能力はありませんが
曲師(虹友美)の三線が快く感じました。



「わたし!もう少し」
「ここの展示を見てから帰る」
おばちゃんがいいました。

なかなかくる機会がないでしょうから
それもいいでしょう。
では!さようなら。

やれやれ
今日はあまりからまれず楽勝でしたね。



(敬称略)
タグ:池波正太郎
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新歌舞伎座の夫婦善哉 金ちゃん焼そば [パパラッチ!ママえっち?]

これ!
「夫婦善哉」?!
一瞬思いましたが。
ふしぎな「夫婦善哉」を見ました。

別に織田作之助原作に
固執することもないですかね。

「金ちゃん焼そば」は
焼きそばじゃないというおじさんがいました。

あ!たとえが悪いのですが。
「金ちゃん焼そば」を知っている人が
どのくらいいるかはさておいて
縦型のカップ麺です。

その焼きそばのTVCMを
萩本欽一がしていたそうな。
大昔のはなしですよ。

それを見た若い日のおじさんが
さっそく買って食べたところ
隣のお好み焼き屋の焼きそばでも
中華料理店の焼きそばでもなかったそうな。

「これはインチキだ!」と確信して
それ以来!
カップ焼きそばを食べていないとか。

お好み焼き屋のものと
中華料理店のものと
カップ麺を
おなじように並べて考えるのじゃなく
それぞれ別の料理と考えたらいいのでは。

発泡酒をビールじゃないといって
飲まない自称・食通がいますが
ビールも発泡酒も新ジャンル酒も
それぞれ別の飲みものとして
楽しめないものでしょうかねぇ。



「夫婦善哉」のはなしでしたね。

大阪 新歌舞伎座での
「五木ひろし特別公演 坂本冬美特別出演」
(2017/06/24 ~ 07/23)の芝居でした。

原作が頭にこびりついているものは
「金ちゃん焼そば」のおじさんとおなじで
非難する立場にありませんよね。

これは小野田勇脚本の「夫婦善哉」ですね。
それでいいですけどね。

織田作之助作の「夫婦善哉」は
私には理解に苦しむ異常なカップルの
10 年間ほどの物語です。

団鬼六のSM官能小説に似ています。
あ!似ていませんか。

原作では
はっさい(大阪弁でいうお転婆)で
明るい気性の 20 歳前の蝶子が
ただの阿呆の安化粧品問屋の息子の
31 歳の柳吉と出会っています。

リーフレットに
「おばはん、頼りにしてまっせ」
とありますが
この有名になったセリフは
原作にはありませんが。

これは東宝映画(1955 年)「夫婦善哉」で
柳吉役の森繁久彌の
アドリブじゃないんでしょうか。



柳吉には 69 歳の五木ひろし
蝶子には 50 歳の坂本冬美の高齢コンビ。
19 歳の年齢差。
すごいです。

東宝映画のときには森繁は 42 歳
蝶子役の淡島千景は 31 歳だったそうな。

蝶子・柳吉の物語の最後の年齢とぴったり。

はなしがまた澪(みお)をはずれますが
池波正太郎原作の「剣客商売」は
秋山小兵衛が 59 歳
おはるが 18 歳のときに
カップルになっています。

いろんな人が演じていますが
TVドラマの
藤田まことと
小林綾子がほぼ原作の年齢差 40 歳で
一番抵抗なく見られたような気がします。

原作と似ていない年齢および年齢差の
柳吉の五木も
蝶子の坂本も大変だぁ。

あ!これは「小野田」夫婦善哉でしたね。

時代背景も
原作とずいぶんずれがあるようですし。
それはそれで楽しみましょう。



これはご招待に預かりました。
blog11.jpg

今まで
新歌舞伎座にきたのはすべてご招待ですね。
それでなければ
14,000 円の席なんか座れません。

幕の内弁当も支給されました。
blog12.jpg

ありがとうございました。

法善寺の水かけ不動の横に
「夫婦善哉」があります。
blog13.jpg

織田作之助の作風は理科の実験のデータか
家計簿の下書きかと思えるほどの
細かい風景・風俗描写。

それからみると
この場所に当時の
「夫婦善哉」店があったのかどうか
私には分かりませんが。

あ!
大阪でいう「ぜんざい」という
小豆と砂糖の食べものは
全国で
いろんなレシピと名前を持っていますね。

「ぜんざい」を食すより
発泡酒を飲むほうが好きなので
大阪の「ぜんざい」は
どんな形状・特徴か忘れました。



(敬称略)
タグ:池波正太郎
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

七月大歌舞伎 道頓堀 船乗り込み [パパラッチ!ママえっち?]

道頓堀川の
引っかけ橋(戎橋)に上がって見たら
紅白の幕でにぎやかなこと。
blog66.jpg

初夏の風物詩にしたい思惑のある
「七月大歌舞伎」の
「船乗り込み」(2017/06/29)の上陸場所。

毎年見に行っているという某おばちゃんが
今年は行けないので
「うちわ」をもらってきてといっていましたね。
blog67.jpg

もらったから帰りましょうか。



雨が上がりましたか。
もたもたと突っ立っていたら
役者やら
おはやしやら乗せた船がやってきました。
blog68.jpg

片岡仁左衛門!
中村雁治郎!中村時蔵なんかの
年寄り(失礼!)を乗せた船。
blog69.jpg

市川染五郎!
尾上松也!中村壱太郎なんかの
若ものは別の船。
blog70.jpg

すみません。
歌舞伎に興味がないので
名前を知っているのはその方々ぐらい。



当代(15 代)片岡仁左衛門が降りてきました。
blog71.jpg

当代(4 代)中村鴈治郎。
blog72.jpg

ふたつは大きな名跡らしい。

ふと「松嶋や ああ松嶋や 松嶋や」を
思い出しました。

座付作者の
食満南北(けまなんぼく)が書いていました。

かれが活躍した明治大正期に
鴈治郎(初代)と
仁左衛門(11 代)の
両極端な大役者がいたのだそうな。

仁左衛門の屋号が「松嶋屋」なんですね。

その名家に生まれ
自然のすぐれた景色を持っているそうな。

「成駒(なりこま)や ああ成駒や 成駒や」が
鴈治郎なのだそうな。

成駒屋(当代は成駒家)の名があらわすように
新町遊廓で生まれた鴈治郎は
努力の末
端駒が金将に成り込んだごとし。

ふたりは一事が万事
ことごとく違っていたそうな。
仁左衛門が大酒飲みなら
鴈治郎は 1 滴も飲まなかったとか。

初日がよくて
だんだんだれてくるのが仁左衛門。
2 日めより 3 日め!
研究していつまでも飽くことがなかった鴈治郎。

仁左衛門は!役者は巧いが芝居下手。
鴈治郎は!役者は拙いが芝居上手。

なんのことやら。

現代のふたりはどうなんでしょう。



「手ぬぐいは!?」

おばちゃんが不満気。

「うちわをもらってこいといったでしょ。

「うちわと手ぬぐい!」

船から降りて
松竹座の前に集まっていましたね。
blog73.jpg

ああ!あのときに
「手ぬぐい投げ」があるんですか。
知りませんよ。
うちわのことばかり思っていましたから。



(食満南北著/作者部屋から/を読みました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パパラッチ!ママえっち? ブログトップ