So-net無料ブログ作成
検索選択
パパラッチ!ママえっち? ブログトップ
前の5件 | -

新歌舞伎座の夫婦善哉 金ちゃん焼そば [パパラッチ!ママえっち?]

これ!
「夫婦善哉」?!
一瞬思いましたが。
ふしぎな「夫婦善哉」を見ました。

別に織田作之助原作に
固執することもないですかね。

「金ちゃん焼そば」は
焼きそばじゃないというおじさんがいました。

あ!たとえが悪いのですが。
「金ちゃん焼そば」を知っている人が
どのくらいいるかはさておいて
縦型のカップ麺です。

その焼きそばのTVCMを
萩本欽一がしていたそうな。
大昔のはなしですよ。

それを見た若い日のおじさんが
さっそく買って食べたところ
隣のお好み焼き屋の焼きそばでも
中華料理店の焼きそばでもなかったそうな。

「これはインチキだ!」と確信して
それ以来!
カップ焼きそばを食べていないとか。

お好み焼き屋のものと
中華料理店のものと
カップ麺を
おなじように並べて考えるのじゃなく
それぞれ別の料理と考えたらいいのでは。

発泡酒をビールじゃないといって
飲まない自称・食通がいますが
ビールも発泡酒も新ジャンル酒も
それぞれ別の飲みものとして
楽しめないものでしょうかねぇ。



「夫婦善哉」のはなしでしたね。

大阪 新歌舞伎座での
「五木ひろし特別公演 坂本冬美特別出演」
(2017/06/24 ~ 07/23)の芝居でした。

原作が頭にこびりついているものは
「金ちゃん焼そば」のおじさんとおなじで
非難する立場にありませんよね。

これは小野田勇脚本の「夫婦善哉」ですね。
それでいいですけどね。

織田作之助作の「夫婦善哉」は
私には理解に苦しむ異常なカップルの
10 年間ほどの物語です。

団鬼六のSM官能小説に似ています。
あ!似ていませんか。

原作では
はっさい(大阪弁でいうお転婆)で
明るい気性の 20 歳前の蝶子が
ただの阿呆の安化粧品問屋の息子の
31 歳の柳吉と出会っています。

リーフレットに
「おばはん、頼りにしてまっせ」
とありますが
この有名になったセリフは
原作にはありませんが。

これは東宝映画(1955 年)「夫婦善哉」で
柳吉役の森繁久彌の
アドリブじゃないんでしょうか。



柳吉には 69 歳の五木ひろし
蝶子には 50 歳の坂本冬美の高齢コンビ。
19 歳の年齢差。
すごいです。

東宝映画のときには森繁は 42 歳
蝶子役の淡島千景は 31 歳だったそうな。

蝶子・柳吉の物語の最後の年齢とぴったり。

はなしがまた澪(みお)をはずれますが
池波正太郎原作の「剣客商売」は
秋山小兵衛が 59 歳
おはるが 18 歳のときに
カップルになっています。

いろんな人が演じていますが
TVドラマの
藤田まことと
小林綾子がほぼ原作の年齢差 40 歳で
一番抵抗なく見られたような気がします。

原作と似ていない年齢および年齢差の
柳吉の五木も
蝶子の坂本も大変だぁ。

あ!これは「小野田」夫婦善哉でしたね。

時代背景も
原作とずいぶんずれがあるようですし。
それはそれで楽しみましょう。



これはご招待に預かりました。
blog11.jpg

今まで
新歌舞伎座にきたのはすべてご招待ですね。
それでなければ
14,000 円の席なんか座れません。

幕の内弁当も支給されました。
blog12.jpg

ありがとうございました。

法善寺の水かけ不動の横に
「夫婦善哉」があります。
blog13.jpg

織田作之助の作風は理科の実験のデータか
家計簿の下書きかと思えるほどの
細かい風景・風俗描写。

それからみると
この場所に当時の
「夫婦善哉」店があったのかどうか
私には分かりませんが。

あ!
大阪でいう「ぜんざい」という
小豆と砂糖の食べものは
全国で
いろんなレシピと名前を持っていますね。

「ぜんざい」を食すより
発泡酒を飲むほうが好きなので
大阪の「ぜんざい」は
どんな形状・特徴か忘れました。



(敬称略)
タグ:池波正太郎
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

七月大歌舞伎 道頓堀 船乗り込み [パパラッチ!ママえっち?]

道頓堀川の
引っかけ橋(戎橋)に上がって見たら
紅白の幕でにぎやかなこと。
blog66.jpg

初夏の風物詩にしたい思惑のある
「七月大歌舞伎」の
「船乗り込み」(2017/06/29)の上陸場所。

毎年見に行っているという某おばちゃんが
今年は行けないので
「うちわ」をもらってきてといっていましたね。
blog67.jpg

もらったから帰りましょうか。



雨が上がりましたか。
もたもたと突っ立っていたら
役者やら
おはやしやら乗せた船がやってきました。
blog68.jpg

片岡仁左衛門!
中村雁治郎!中村時蔵なんかの
年寄り(失礼!)を乗せた船。
blog69.jpg

市川染五郎!
尾上松也!中村壱太郎なんかの
若ものは別の船。
blog70.jpg

すみません。
歌舞伎に興味がないので
名前を知っているのはその方々ぐらい。



当代(15 代)片岡仁左衛門が降りてきました。
blog71.jpg

当代(4 代)中村鴈治郎。
blog72.jpg

ふたつは大きな名跡らしい。

ふと「松嶋や ああ松嶋や 松嶋や」を
思い出しました。

座付作者の
食満南北(けまなんぼく)が書いていました。

かれが活躍した明治大正期に
鴈治郎(初代)と
仁左衛門(11 代)の
両極端な大役者がいたのだそうな。

仁左衛門の屋号が「松嶋屋」なんですね。

その名家に生まれ
自然のすぐれた景色を持っているそうな。

「成駒(なりこま)や ああ成駒や 成駒や」が
鴈治郎なのだそうな。

成駒屋(当代は成駒家)の名があらわすように
新町遊廓で生まれた鴈治郎は
努力の末
端駒が金将に成り込んだごとし。

ふたりは一事が万事
ことごとく違っていたそうな。
仁左衛門が大酒飲みなら
鴈治郎は 1 滴も飲まなかったとか。

初日がよくて
だんだんだれてくるのが仁左衛門。
2 日めより 3 日め!
研究していつまでも飽くことがなかった鴈治郎。

仁左衛門は!役者は巧いが芝居下手。
鴈治郎は!役者は拙いが芝居上手。

なんのことやら。

現代のふたりはどうなんでしょう。



「手ぬぐいは!?」

おばちゃんが不満気。

「うちわをもらってこいといったでしょ。

「うちわと手ぬぐい!」

船から降りて
松竹座の前に集まっていましたね。
blog73.jpg

ああ!あのときに
「手ぬぐい投げ」があるんですか。
知りませんよ。
うちわのことばかり思っていましたから。



(食満南北著/作者部屋から/を読みました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どんでん 他人丼 他人船 [パパラッチ!ママえっち?]

暑い。

年中!頭の中に蝶々が飛んでいるのですが
今日はそれにかげろうゆらゆらさせながら
国道(26)沿いに歩いていると
「どんでん」(大阪市住之江区)!?
blog91.jpg

梶山季之が
「どんでんがくる」といってなかったですか。

たぶん!エロチックなこと。
「どんでん返しがくる」という意味の
「ゲイ」の世界のことばだったかも。

それとは関係ないようですね。
「丼」ものの店のようです。



「他人丼ください。

他人丼とは
宮川泰著/サウンド解剖学/に解説があります。

遠藤実が
関西にきてメニューにある「他人丼」を見て
不思議に思いたずねたところ
鶏肉と鶏卵なら親子丼
豚肉と鶏卵なのは他人丼と聞かされました。

その新鮮な驚きから
「他人船」というヒット曲が生まれました。



が!
遠藤実著/涙の川を渉るとき/には
そんなはなしは 1 行もありません。

この自身が作詩・作曲した歌には
妻には内緒で甘美な世界に浸った女性の
身もだえる面影を散らしているとか。

しかし!
身もだえていたのは遠藤自身なのかも。

コロムビアレコードで
ちやほやされ(と書いてあります)
地位も名誉も収入も安定していたのを捨てて
ミノルフォンを起こしたものの
ヒット曲が全然生まれなかったころ。

ちなみに「他人船」を歌ったのは
ミノルフォン第 1 号歌手の三船和子。
偶然にも「船」がついています。



はなしが澪(みお)をはずれっ放し。
ついでに土手に上りますが!
おつきあい!すみません。

「かずこ」がいいですなぁ。

先の大戦までは
小学校の同級生の半分くらいが
「かずこ」だったという人もいます。
「かずこ」という名が
もてはやされていたのですね。

遠藤実のミノルフォンのころ!
つまり!東京オリンピックのころにも
クラスに大勢の「かずこ」がいたようです。

漢字表記はいろいろあるようですが
珍しくなりましたね。
今!あかちゃんに命名したら新鮮かも。

死んだおばあちゃんの名前をもらったようで
イヤだと成人したときに怒られるかな。



他人船は三船が健康を害してから
いろんな人によって歌い継がれています。

私は石原詢子の歌唱が印象的でしたが。

遠藤の甘美の世界はこれだと
思っていましたが
歌にはなんの素養も関心もないものが
いいかげんな感じ方で!すみません。
恥ずかしいかぎり。



この「どんでん」では
かつ丼!親子丼!他人丼!とり丼!
ソースかつ丼!チキンかつ丼!
みんな 390 円(税込 421 円)です。

では!他人丼をいただきます。
blog92.jpg

あ!今!書いていて
なんの肉だったのやら!思い出せません。
おいしかったのですが
暑さにやられてしまっています。
宮川のいうような
豚肉ではなかったような。

牛肉を使っていたのでは。
大阪では単に「肉」といえば
「牛肉」のことですし。

それでも他人丼には違いないですけどね。
鶏肉以外ならみな他人!?
鯨肉でも羊肉でもワニ肉でも狗肉でも。

でも!
キジやダチョウの肉なら
どうか分かりません。
おなじ鳥類ですから。



(2017/06/27 追記)
「どんでんがくる」が分かりました。

梶山季之著/ぽるの日本史/によると
男色家のほとんどは
最初はオタチ(男役)だそうな。
つまりホルほう。
つぎにオネエ(女役)に転向。
ほとんどの人に
突然!
ホラレたくなるときがくるのだそうな!

業界用語(?)で
それを「どんでんがくる」というらしい。

「丼」ものと関係ないはなしで
重ね重ねすみません。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

テレサ・テンは虞美人 [パパラッチ!ママえっち?]

夕暮れのネオン街のはずれで
ハイキングで以前よくご一緒した
アラフォー(around 40)のおね~さんに
ばったり。

生きていましたか。

「体調がよくなったら!また連れてってね」
なんて!今まで見たことのない!しおらしさ。

仕事はうまくいっているのでしょうか。
オトコ関係はどうなんでしょうか。
後ろ姿が寂しそうでしたが。



それから 2 日ばかり経った未明
眠れぬままに
その後ろ姿の
やせた肩を思い出したりして。はは。
そして!漢詩の一部がなぜか浮かびます。


 別時容易見時難
  わかるるときは よういにして
  まみゆるときはかたし

 流水落花帰去也
  りゅうすい らっか かえりゆくなり

 天上 人間
  てんじょう じんかん


花びらは流れて!春は行ってしまいました。
天上と人間界ほどへだたったかなたに。

南唐(937 ~ 975)の最後の君主の
李煜(りいく)の詩でしたね!たしか。



あら!李煜の詩集がありましたよ。
買った覚えがありませんがね。

広げれば虞美人(ぐびじん)なんて詩が。


 春花秋月何時了
  はるのはな あきのつき いつかきわまる

 往時知多少
  おうじしんぬ いくばくぞ


寂しい詩。


 只是朱顔改
  ただこれ しゅがんのみ あらたまりぬ

 問君都有幾多愁
  きみにとう すべて いくたの うれいありやと


若い日の容姿はどこに
胸に満ちる愁いはどれほどのものか。

おね~さん!頑張って。



ん?!
「虞美人」という題の詩が他にもありますが。

でも!なんだか変ですね。
「虞美人」といえば
項羽の「垓下の歌(がいかのうた)」の

 虞兮虞兮奈若何
  ぐやぐや なんじをいかにせん

を思い浮かべますが
李煜の「虞美人」には
まったく虞美人が出てきませんが。

「そりゃ!詞だもん!」

最近のハイキングの相棒の
アラフォー女史がいいます。

「詞?
「詞も詩もおなじじゃないの?!

「違うと漢文で習ったでしょ!」

「オラたちの辺境のカムチャッカの(ウソですよ)
「日本人学校には漢文の授業はありまへん。

詩は「し」と読んでもいいけど
詞は「つ」だそうな!漢詩(漢文)の世界では。

李煜の「虞美人」は
「虞美人」という詞牌(つぱい)に
文章を書いたものらしい。

詞牌ってメロディのこと!?
「虞美人」はメロディの名前?!

「早いはなしが」
「心で好きと叫んでも!の」
「からたち日記のように詩が先にできたものを」
「作詩!」
「うららウララうらうらで!の」
「狙いうちのように曲が先にできたものは」
「作詞というの!」

そうなのかぁ!

あの!どうでもいいことですが
自称・フーゾク研究家の私がいうのならともかく
おね~さんのたとえの歌が
とても古いのですが。
とし(年齢)!ごまかしていません?!

そして漢詩の世界では
「詞牌」のタイトルを書くらしい。

「スキップ赤頭巾ちゃん!なんて」
「可愛い曲があったとします」
「それに」
「死ぬことは生きること!残侠の赤い血よ!」
「なんて半端もの(?)の詩(詞)をつけてもいいの」
「タイトルはそれでも」
「スキップ赤頭巾ちゃん!だわね」



「烏夜啼(うやてい)」なんて
どこかで聞いたことのあるような題の
詩(詞)がありました。


 林花謝了春紅
  はやしのはなは ちりつくす はるのくれない

 太怱怱
  あまりにそうそうたり

花も春の紅の色を散らしてしまいました。
あまりにも早く!ですか。
寂しい初夏ですね。

「李煜の烏夜啼は他にもあるでしょ」

あります。


 無言獨上西楼
 月如鉤
 寂寞梧桐深院鎖清秋

 剪不断
 理還乱
 是離愁
 別是一般滋味在心頭


「それ!テレサ・テン(鄧麗君)が歌ってる」

「え~っ!?
「日本語で!ですか!?

「ホンバのことばに決まってるでしょ」
「さすがにタイトルは烏夜啼ではなく」
「獨上西楼かなんかよ!調べてごらん」

詩(詞)の内容が
「ひとり西楼にのぼる」ですもんね。



夕暮れに別れたおね~さんや
テレサ・テンの顔が虞美人とダブります。
虞美人がどういう容姿か知りませんが
3 者とも深い愁いを感じます。

虞美人草(シャーレーポピー)でも見て
しのびましょうか。
あ!消えています。
blog91.jpg

長居植物園(大阪市東住吉区)に先日は
花園だったのに。(拙ブログ 2017/05/27
blog92.jpg

虞や虞や!なんじをいかにせん。

とぼとぼ帰れば
ああ!雪が!
blog93.jpg

夏の雪?!

カロリナポプラの
花の綿毛が散り敷いていました。



(石川忠久著/春の詩100選/)
(李煜/村上哲見注/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大相撲大阪場所 川中美幸特別公演 [パパラッチ!ママえっち?]

「枡席で観戦したいね!」

「でも!高価ですよ」

「ま!人生で 1 度くらいなら」

あんまり懐中に余裕がなさそうな
酔っ払いのおじさんたちがいっていました。
大相撲 3 月場所(2017/03/12 ~ 26)の
はなしです。

「チケットが取れないんでは?!」

そんな与太ばなしから
もし!私がチケットを取ってきたら
会場での私の飲食の面倒を
みんなで見てくれるということになりました。

「やめなさい!」
「あの連中のいうこと信用するのは」
「気が変わったから行かんといいかねないよ」

「行かなかったら(行けなかったら)」
「チケット店で売ればいいのでは」

「そ!若貴ブームのときには」
「2 倍 3 倍!羽が生えたようになったよ」

そうかぁ!
稀勢の里が横綱になった最初の場所
大阪場所は人気が沸騰することでしょう。

チケットを売って
莫大な利ザヤを稼ぎ
自分は自由席 2,100 円で入場すればいいのでは。

「それはダフ屋行為です」
「犯罪です」

なにやら!おリコーに口をはさむおじさん。
面白味にかける人。
みんな相手にしませんけどね。

余談ですがこんな人を
「水谷豊」というのだそうな。
ドラマの「相棒」で
ひとりだけおリコーなことをいって
浮いている役柄。
水谷豊が変人というのではありませんが。

「ぼくも参加していい」
あのおリコーな「水谷豊」おじさん。
犯罪でも仲間になりたいのかよ!
正論を吐く人は
野獣の群れでは扱いにくいので
参加してもらいたくないですけどね。



おじさん連中には 4 人枡席
私には 2 人枡席を買っておけば
うるさい連中と肩を寄せ合うこともないのでは。

アラフォー(around 40)のおね~さんの
どなたかとゆっくり観ればいいのですね。

そういえば
長年!ハイキングの相棒
というより!アゴで使ってくれるおね~さんが
大昔まだ!
深夜のネオン街ですれ違うときに
軽く会釈をするだけの知り合いだったころ
あるとき!カップルで枡席にいましたね。

TV中継でなん度も抜かれていましたが。
相撲好きなのかな。
相撲のはなしをしないから
当時の援助交際(?)の人に
つきあっていただけなのかな。

あのころはちょっと見が美人だったから
TVも抜いたのでしょう。
あ!今もいい女ですよ。

ま!今回!差額の大金がはいったら
誘ってあげてもいいかな。

しかし!どうしてあのころ
深夜のネオン街を徘徊していたのでしょう。
隠しておきたい過去、、、!?
私にもいえることですがね。
ふたりとも徘徊していないと
会っていないのです。



1 月の終わりごろ先行販売がありました。

さぁ!全財産、、、!
といってもたかが知れているので
クレジットカードを切りまくって
チケットを買いあさるぞ~!

買えませんでした!全然!
抽選漏れ!だとか。
「2 月 5 日の」
「一般販売をお待ちください」とか。

その 2 月 5 日!
「チケットは 1 月中に完売しています」

ばかやろ~!
待てといったじゃないの?!

「だれがいいましたか!知りませんよ」

どこで暴れたらいいのでしょうか。
クソ真面目なものは損しますね。



新歌舞伎座です。
blog21.jpg

知りませんでしたね!
梅の名所(!)でしたか。
お花見ができるほど!咲いています。

「川中美幸・特別公演」(2017/03/05 ~ 24)
とかにきました。

12,000 円のチケットが回ってきたのです。
でも!私はファンでも
歌が好きでもありません。
むしろ!歌には敬遠して生きています。

お返しします!どなたか興味ある方に。

「もうあてがないから」
「あなたがどこかへ回してよ」

そういわれてもねぇ!
自慢じゃないけど!友人も恋人も皆無です。
弟妹や親戚さえもつきあいがありません。

チケット店で委託販売しましょう。
半額で売ってくださいね。

手数料 20%引かれても
4,000 円もはいれば!
焼き肉を食べられるぞ~!

公演当日の正午です。

「全然です!問い合わせもないです」
「このチケットを売られている人は」
「他にもおふたりいらっしゃいます!」
「その方たちは 30% で出していましたが」
「売れていません」

しかたがない!自分で使います。
引き上げて新歌舞伎座にきたという訳です。

チケットはいっぱい残っているような。
blog22.jpg

ま!感想は、、、!?
よく覚えていません。
blog23.jpg

川中が「CD買え!買って帰れ!」と
なん度も叫んでいましたね。
大阪のおばちゃんといったところ。

長時間の公演でした。
お疲れさまですね。

コンビニで買ってきた
おにぎりと水を飲食しながら
前の席のおばさんが食べる
高価そうな幕の内弁当を見ていました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - パパラッチ!ママえっち? ブログトップ