So-net無料ブログ作成
絵に描いたどじょう地獄 ブログトップ
前の5件 | -

敗戦記念日とはいわない終戦記念日 [絵に描いたどじょう地獄]

鈴木虎雄(豹軒)の詩。


有人嫌敗不言敗
 ひとあり まけるをきらい まけるといわず

言我不勝彼不敗
 われかたずんば かれまけずという

五年連呼勝勝勝
 ごねん れんこす かつかつかつと

原子弾下喫全敗
 げんしだんおち ぜんぱいをきっす


ははは。
不謹慎ながら笑ってしまいますね!
戦争を知らないものは。

変なりくつ。
「敗(ま)けた」といわなければ
相手は「勝って」もいない?!

だから「終戦記念日」はあっても
「敗戦記念日」はありません。



「敗ける」といわせなかった人がいるはず。
はるか上層部だけではなく
近所にもいたはず。
でも!それを糾弾しなかったのですか。

なにも分別がつかない阿呆で上からの指示を
盲目的に無理やりこちらに押しつけていたヤツ。
虎の威を借りて
自分の欲望や勝手な判断を
なんでもかんでも
「天皇陛下の命令」だといっていたヤツ。

そんな威張っていたヤツを
終戦時に処刑にしなかったのはどうして!?

日本国民は「お人よし」といえば!
また!怒られますか。



大勢の「お人よし」が亡くなりました。

合掌。

好きで戦っていない人たちですよね。

俳優の池部良はいいます。

「いやいや戦いに出ているものばかりだから
「うまいものをうんと食べさせれば
「天皇陛下の御為に、、、だったかも知れない

とにかく!ひどい食事だったらしい。

まして!遠方に取り残されて
補給が永遠に断たれたものは
悲惨極まりありません。

漫画家の水木しげるは
大きなカタツムリを焼けば
「なかなかうまい」と回想しています。

それは陸軍の人ばかりのようですがね。

海軍の人は比較的
食事の不満は残していないような。
ま!船が沈んだらおしまい。
その後の食事の心配はありませんからね。

私の親族・係累のなん人も
海の藻屑になっています。



陸軍の「軍隊調理法」には
なかなかおいしそうな
レシピばかりですけどね。

多くの人が嘆いている
高粱(こうりゃん)ごはんなんて
どこにもありませんがね。

どんな味がするんでしょう。

終戦記念日には
高粱がないので
蕎麦の実を白米に混ぜて炊いてみましょう。

それと「呉汁」とを。
軍隊調理法は生の大豆をつぶしていますが
私は乾燥の「打ち豆」を使い
煮干しでだしを取りましたが。

レシピでは具の量が多い。
大根と青菜で 1 人前 230g となっています。
なかなか健康的じゃないですか。
blog陸軍呉汁.jpg

「すいとんの甘鹹(から)煮」
なんてものがありました。

小麦粉とでんぷんを混ぜてすいとんを作り
砂糖と醤油を煮詰めたたれをかけています。

あんまりおいしくありません。
blog陸軍すいとん.jpg

たれにとても苦いチョコレート
「CACAO 95 %」(拙ブログ 2017/08/12
を加えたら味がしまりました。

あ!これ!加給品ですって?!

「加給品」は広辞苑(第四版)にありませんね。
加給は「給料を増し加える」とありますが。

とすると!このすいとんは
ごほうびなんでしょうかねぇ。



戦城南
 じょうなんにたたかい

死郭北
 かくほくにしす

野死不葬烏可食
 のにしして ほうむられず からすくらうべし

為我謂烏
 わがために からすにいえ

且為客豪
 しばらく かくのためになけ


漢代の鐃歌(どうか)?楽符(がふ)?
軍歌とありますが
反戦歌みたいな歌詞ですね。

今夜はせめて!ひと声
からすに頼らず
だれか哭(な)け!



(復刻・軍隊調理法の他)
(一海和義著/漢詩一日一首/)
(池部良著/食い食い虫/)
(水木しげる著/お父さんの戦記/)
(駒田信二著/人生の哀歓/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

枝豆と沢庵の炒めもの [絵に描いたどじょう地獄]

「八尾のえだまめ」だそうな。
blog99八尾枝豆.jpg

大阪市営地下鉄の
谷町線の南の端は八尾南駅。
なぜか
大阪市を越えて八尾市に入ったところ。

そのあたりが枝豆の産地?!

大阪府のいう
「なにわの伝統野菜」の仲間に
入れられていないので
最近の産地でしょうか。

「なにわの伝統野菜」は
大ざっぱにいえば
大阪独自の品種で
100 年以上前から
今でも府内で栽培されている
そんな野菜のようですから。

枝豆といえばビール。

そんな貧困な連想しかないのですが
ふたつは
季節の出合いものかも知れませんが
はたして!
ビールに最適なつまみかどうか
味音痴のものは思いますが。



たいていの人が
枝豆と高菜の古漬けを炒めていますが
そのほうが
よりおいしくビールが飲めるような。

往年の東宝スターの池部良もそうらしい。

「高菜がなければ
「似ている野菜の漬けものの古漬け

でもいいといいます。

「塩漬けでもヌカ漬けでも結構

といいながら
「たくわん(沢庵)」だけはだめだそうな。

どうして?!



たくわんでやってみます。

たくわんの繊切りを水にさらして
塩抜きしてから
サラダ油で炒めて
ほんのちょっとの砂糖と
香りづけ程度の醤油を振ってから
さやからはずした
固ゆでの枝豆を加えてかきまわしてから
火をとめましたが。

胡麻油と煎り胡椒を振って食べます。
blog99枝豆たくあん.jpg

高菜漬けに慣れているので
なんか少しだけ違和感があるのですが
これはこれでおいしく食べられますが。



塩抜きしたたくわんが余りました。

ニラ(韮)と
再仕込み醤油で和えて冷やしてみます。
blog99たくあんニラ.jpg

ラー油を落として食べましょう。

これにも
煎り胡麻をまぶして
胡麻油をかけたほうがおいしいかも。



結局!
どんなたくわんでも
ビールは飲めましたが。はは。

ちなみに
池部良が「たくわん」と書いていたから
そう書きましたが
私は「たくあん」と
つい書いて
普段!そう発音してしまいます。



(池部良著/煮たり焼いたり喋ったり/参照)
(敬称略)
タグ:池部良
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トキワ荘の丸さんカクテル [絵に描いたどじょう地獄]

今月になって
丸山昭氏が昨年(2016/12/15)に
死去していたと報道されていました。合掌。

まんが家の梁山泊といわれた「トキワ荘」!
1953 年に手塚治虫が入居してから
まんが家がつぎつぎ住み始め
トキワ荘の 2 階 10 室が全部
まんが家に占められていた時代が
あったのですね。

丸山は
そのはなしになればちらちら見え隠れする
講談社(少女クラブ等)の元編集者ですね。

「まんが」の黎明期の狂言回し!?
赤塚不二夫や石森(石ノ森)章太郎や
水野英子を育てた
名プロンプト(prompt)かも知れません。



その時代は「漫画」より
「まんが(or マンガ)」という単語が
好んで使われていたのでしょうか。

「劇画」ということばはまだなかったようで
ちなみに最近は「コミック」なんて
書かれている場合が多いような。

昭和 30 年ごろに
「漫画イコール悪」という
正当な(?)発言が
日本列島を席巻していたようです。

「勉強しなさい」
勉強しないのは「漫画」のせいということ!?
すごいですね。

あんたのこどもの成績が悪いのは
才能が欠如しているからでしょうが。
と!だれもいわなかったのでしょうか。

じゃ!漫画を捨てて
活字を読んだら賢くなるの?!
活字の本にも悪書はあまたあるでしょうに。

活字が!いやまんがが
いいとか悪いとかじゃなく
「世の中ビジュアル化の流れがあった」と
丸山は述懐していましたね。

その後TVの時代。
「一億総白痴化」といわれましたが。

今の少年たちは
勉強しているんですかね。
なにやらスマホばかり見ているような。

いつの時代にも
だれにも
興味を持つものはあるものです。



トキワ荘の「酒」といえば
有名なチューダーがあります。

みんな貧しかったのです。
寺田ヒロオが考案した
焼酎 + サイダーがパーティのカクテル。

丸山が作ったという
「丸さんカクテル」に目が回ったと
赤塚不二夫が書いていましたが。

赤塚と石森章太郎と長谷邦夫に
徹夜で朝までに描き上げるように
依頼した丸山は陣中見舞いに
「丸さんカクテル」を置いて行ったとか。

それを飲んだらひっくり返り
朝までトドの昼寝のように寝てしまい
原稿ができあがらなかったそうです。

それはジン 2/3
グレープジュース 1/3 という
かなり度数の高いもの。

口あたりはよさそうですから
ぐいとあおれば腰が抜けそうですね。



今はいろんな味のカクテルが
大変安価で売られています。
「ぶどう」のものを探しても
すぐ見つかります。
blogぶどうサワー.jpg

アルコール分も 3 %から 9 %といろいろ。

日本は酒天国になりました。

とても貧しい私でもかなり大量に
手に入れることができます。
貧乏人でも
アルコール依存症になる気になれば
すぐなれそうです。

トキワ荘の時代では安価な肴だった
鮭缶やマグロフレーク缶が
逆に高価になっているのかも知れません。



「かんづめ」といえば
売れっ子まんが家の争奪戦が始まります。

まんが家を拉致(!)して
幽閉(!)して描かせるのですね。

月刊誌の締め切りが守れないのに
週刊誌が雨後の筍のように生まれ
ひとりのまんが家が複数の!
すごい人は
4 本も抱えざるをえないクレイジーさ。

他社の干渉がないように
どの社も「かんづめ」をねらったのですね。

この「かんづめ」の絵は
たいてい缶詰を描かれていますが
石森章太郎は
「館詰め」が正しいと書いていましたが。
「旅館」に「詰める」から館詰め。



私は漫画(まんが!コミック!)に
興味がありません。
吹き出しを読むのがメンドくさい。

吹き出しを読むのが
メンドくさいくらいですから
読書なんてとてもとても。
特に小説は読む気が起きません。

TVもほとんど見ません。
琴線に触れる番組がありません。

ゲームにもスマホにも縁がありません。
賭博はやらないし
群れないし
趣味はないし
暇があっても!なくても
寝ることだけの人生です。

そのうち!永久に眠ってしまいそうです。



手塚治虫 61 歳
寺田ヒロオ 61 歳
藤子・F・不二雄 62 歳
石ノ森章太郎 60 歳
森安なおや 64 歳
赤塚不二夫 72 歳
半数以上の元・トキワ荘の住民が
鬼籍に入っています。
まんが家は短命の人多し。合掌。



「マンガ」は未完成の魅力だと
石森は書き残しています。
永遠に進化しつづけるものでしょうか。

また「まもなく老人コミック誌が出る!」と
予言していましたが。
あたっているのでしょうか。



(石森章太郎著/章説・トキワ荘・春/)
(手塚治虫 他著/トキワ荘青春物語/)
(丸山昭著/まんがのカンヅメ/参照)
(敬称略)
タグ:手塚治虫
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

明治時代のたまごめし [絵に描いたどじょう地獄]

あるとき百貨店をよぎったら
(よぎっただけです!買わないので)
(正確には買いたくても買えないので)
大勢の人が
押しかけているコーナーに遭遇しました。
blogたまご001.jpg

「たまごかけごはん」を売っていました。

なんと!
「たまごかけごはん」が 540 円。

みそ汁と香のものが
ついているのかどうか知りませんが
それにしても高価です。

ブランドものの鶏卵というのですが。

ブランドものでも
近所のスーパーの目玉商品でも
栄養分析したら差が出ますかね。

あ!?
おいしさが違う?!
ふ~ん!
すごいですね。
返答する気が失せますね。



それにしても
関西の人は「たまご」が好きですね。

私は食べます。
出されば人の倍くらい平気で食べます。あは。

でも!注文することは少ないのですが。
なんか!安っぽく感じられて
レストランや食堂や安居酒屋で
大枚はたいて食べるのは損したようで。



鶏卵は物価の優等生だと持ち上げられて久しい。
貧乏人の栄養補給源。
食えない時代に
鶏卵ばかりで過ごしたという人は多いようです。

もっとも!それはここ半世紀あまりのこと。
その前の時代の
たとえば桂米朝の「私の履歴書」なんかには
投げ売りの腐りかけのりんごで
飢えをしのいだとあります。

6 代目笑福亭松鶴は
「だれかて食後のデザートと思いまんがな」
「めしはなしで腐りかけのりんご」と
ネタにしていたそうな。



その鶏卵が
血管をダメにする元凶だと
ののしられる時代になったりしましたね。
忙しいですね。

昨年(2015)日本動脈硬化学会が
料理中のコレステロールと
血中コレステロール値の相関エビデンス(根拠)は
希薄だといっていませんでしたか。

特別に影響がある人は特別な体質の人。
一般の人が
1 日になん個食べても気にすることもないとか。

「たまごはあこがれの食品!」
先の戦中戦後を越えたご老体が
今でも口をそろえていいます。

あこがれの食べものがあっていいですね。
動脈硬化が起きるまで
せいぜい飽食くださいね。



明治 34 年(1901)発行の
大阪文廼社著/家庭教育 女かゞみ/の
「飲食之部」の「飯のたき方」に
雞卵飯(たまごめし)なるものがありました。


「雞卵飯」

常の如く能く米を炊ぎ
少し柔らかに仕かけ
焚きて薪を撤き
鶏卵を人数相応に打ち割り
能く掻きまはし上よりさぶりと注け
釜の中にて混ぜ合せ
暫く蓋を為し置くべし

其後は釜より直ちに盛り出すか
又は食籠にうつし出すもよし

かけ汁は
鰹節のだしを醤油加減して
胡椒 浅草海苔
葱の小口 たうがらし等を加役とす


平仮名で読み下せば。

「たまごめし」

つねのごとく よくこめをかしぎ
すこし やわらかにしかけ
たきて きをひき
たまごを ひとかずさうおうに うちわり
よくかきまはし うえよりさぶりとかけ
かまのなかにて まぜあはせ
しばらく ふたをなしおくべし

そののちは かまよりただちに もりいだすか
または じきろうに うつしいだすもよし

かけしるは
かつをぶしのだしを しやうゆかげんして
こせう あさくさのり
ねぎのこぐち たうがらしとうを かやくとす


ちなみにこの本は
「雞卵」と「鶏卵」のように
表記が統一していないところが多く
リライトしにくいったらありゃしない。



こんな本でお勉強する人は
明治時代にそうたくさんはいないでしょう。

お嫁入り前の良家のお嬢さまや
大きな家の奥さまだったのでしょね。

鶏卵はごちそうだった時代かな。

私は生たまごより
こんな半熟にした方が好きですが。
良家の子女じゃないのですが。

たまごかけごはんも
炊きあがったばかりのごはんがないと
しません。



明治時代と違って
現代は電子レンジなるものがあります。

冷やごはんと鶏卵を混ぜ合わせて
電子レンジで加熱すれば
たちどころに
炊き立て(に近い)「たまごめし」になります。
blogたまご002.jpg

小口切りのネギを
マヨネーズと醤油で和えてのせました。

かけ汁が必要なら!簡単。
平成の時代では湯をさせば
たちまちおいしい
ワカメスープができるのですよ。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

+f 竹久夢二のポークライス [絵に描いたどじょう地獄]

羽根田武夫著/鬼の宿帳/に
竹久夢二あての請求書が転載してありました。

菊富士ホテルの
大正 8 年(1919)5 月のものです。

菊富士ホテルは
当時の住所表記で本郷菊坂町 82 番地にあった
今連想させられる「ホテル」というより下宿屋(?)
それも高級(!)な下宿屋のようですが。

その請求書の中に食べものがたくさんあります。

「昼御仕度 35 銭」(銭の字に金へんはありませんが!以下同様)
「夕御仕度 35 銭」

昼食・夕食の値段らしい。



「御かし 15 銭」またの日は「48 銭」

お菓子のことでしょうね。

「サト 5 銭」 またの日は「8 銭」「10 銭」
「角サト 5 銭」

サトは砂糖のことらしい。

「パン 5 銭」

どんなパンやら。

以下羅列すれば。

「牛乳 5 銭」またの日は「7 銭」
「紅茶 8 銭」
「番茶 2 銭」
「カステラ 30 銭」
「玉子 7 銭」
「サイダー 20 銭」
「夏みかん 16 銭」

まったく!アルコール類はありません。
夢二は下戸だったのですか。



「御仕度」ではなく追加の料理は。

「鴨南ばん 20 銭」
「ビステキ(ビフテキでしょう) 40 銭」
「支那料理 25 銭」
「ヲムレツ 35 銭」
「玉子フライ 20 銭」
「吸物 5 銭」
「ハムライス 35 銭」
「ポークライス 30 銭」

ハムライス!
ポークライス!どんな料理だったのでしょうか。



奈良県の馬見丘陵公園に東から向かえば
北駐車場の向こうにカフェかレストランが。
blog51.jpg

「+f」?!
なんと読むんですか。
「ぷりゅすえふ」!?どこのことばですか。

私には似合うはずがない店舗なのですが
ふらふらと入店。
暑い日だったので。

1 番安いランチをください。
カフェライスランチ(税込)870 円。
blog52.jpg

この日の「カフェライスランチ」は
「ポークバラ肉とキノコのハヤシライス」だそうな。
ごはんは古代米かなんかです。
油を使ったライスではありません。

おいしい。

しかし!「カフェ」に「ライス」
「ポーク」と「バラ肉」
面白い重ねことばですね。

あれやこれや!
なに語となに語やら!無学なものには難し過ぎます。



夢二のポークライスも
こんな風におしゃれだったのでしょうか。
レシピは残っているのでしょうか。

値段は?!
物価は一概に置き換えできませんが
今は 2,000 倍?!

夢二のポークライスなら
0.30 × 2,000 = 600 円!?

その計算でいけば
夕ごはんが 700 円ですね。
そんなもんでしょうか。

高級下宿屋ですから
この倍くらいの感覚だったような気がしますが。

でも!玉子が 1 個 140 円?!
サイダーが 400 円!?

やっぱり!きちんと置き換えは無理ですね。



あ!窓の向こうに遮光した花壇があります。
blog53.jpg

あれ!ここはダリア園でしたか。
拙ブログ 2014/10/14
blog54.jpg

いつもダリア園の側からカフェを見ていたのですね。
カフェとは気づきませんでしたが。

ダリアも日焼けするのですか。



夏を飾っていたひまわりの花も終わり
花の少ない季節です。

でも!集いの丘には色があります。
blog55.jpg

あざやかな花の多くはサルスベリ?!

背の低いサルスベリですね。
播種すればその年に開花するサルスベリかも。

昔!私たちテキトーに生きている連中が
「一才さるすべり」と呼んでいた木に似ていますが。

赤!白!ピンクとありました。
blog56.jpg
blog57.jpg
blog58.jpg



この季節のサルスベリには
すす病やうどんこ病の発生がフツーだったような。
全然ですね。
管理がいいのか!耐病性の品種が席巻しているのか。
世の中進んでいます。

それでも!秋が始まります。
私を残したまま。

赤とんぼがいっぱい!



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 絵に描いたどじょう地獄 ブログトップ