So-net無料ブログ作成
検索選択
桃栗残念!柿蜂の巣? ブログトップ
前の5件 | -

山椒の青い実の季節は短い [桃栗残念!柿蜂の巣?]

みつみつし 久米の子らが
垣下(かきもと)に 植ゑし椒(はじかみ)
口ひびく われは忘れじ 撃ちてしやまむ

古事記の神武東征にある復讐!殺戮の歌。

無敵の久米のものどもが
垣根の下に植えた山椒
ピリリと辛い痛手を忘れない!
撃ってのけずにおくものか。
だとか。

侵略しているほうが正義なんですね。
侵略したから
痛手を負うのは仕方がないと思うのですが
その復讐に燃えて!皆殺しにかかります。
勝てば官軍!
侵略でも謀略でも正義の戦い。

それはさておき
山椒があったのですね。
日本原産の香辛料でしょうか。

ちなみに古名は「はじかみ」
後の時代に「生姜(しょうが)」が渡来して
いつの間にか「はじかみ」の呼称は
そちらに移行してしまいました。



山椒の実の季節です。
青い実が売られています。

5 月中に買えば未熟果が多く
6 月も中ごろになればもう店頭にありません。
まさに「旬」のもの!
「筍」の字を山椒の青実にあてたいものです。

大昔!生醤油だけで煮たものを
奥さんを亡くした大酒飲みのおじさんにあげたら
たいそう喜ばれ
それから毎年持って行っていたのですが
その人ももう鬼籍に入り
私の山椒の調理は途絶えています。



酒の肴を作ります。

ネギをテキトーに切って
青梅醤油(拙ブログ 2016/06/16)をからめます。

フライパンで胡麻油を熱し
山椒の実を放り込んでから
油ごとネギにぶっかけてみました。
blog山椒ねぎ.jpg

生っぽいのがイヤなら
いっしょに少し炒めてもいいかも。

山椒をアク抜きと称して
湯通して使う人がいますが
キョーレツさが好きな私は
佃煮でもなんでも
生のまま調理します。



山椒にむせたら
男性なら女性の腰巻を!
女性なら男性のふんどしを
はぎとったらいいそうな。

近くにいて
はぎとられるほうはいい迷惑ですね。
あ!うれしいのやら?!
不調法ですケン!分かりません。
どなたかご教授くだされ。

昔の中国には
「椒房」という称する部屋があったそうな。

山椒(たぶん粉)を
壁に塗り込めるのだそうな。
奥方の部屋だけのようですが。

科学的なこと!
迷信的なこと!
いろいろあったのでしょうね。

青実をぷつんと歯でつぶせば
お~!
孤閨(こけい)に吠える夜!



(古事記/福永武彦訳/)
(主婦と生活社/古典コミックス 古事記/)
(林春隆著/野菜百珍/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

グミは甘い [桃栗残念!柿蜂の巣?]

グミ?!
blog21.jpg

グミの実がたわわ。
アキグミでしょうか。
blog22.jpg

長居植物園(大阪市東住吉区)の晩秋。

なぜか分からないのですが
幼少のころから「グミ」の実に感動するのです。

生家にもありましたけどね。
田植えのころに熟していたので
ナワシログミなんて勝手に呼んでいましたが
ナワシログミは常緑樹だそうですから違いますね。

落葉樹で楕円形の大きな実でしたから
ナツグミの変種の
ビックリグミだったのでしょうね。



とにかく変種が多い樹木です。

山中を彷徨しているときグミに出会えば
季節を問わず!ひと枝切ってきて
挿し木していたときがあります。

案外!変な季節でも発根しやすかったですね。

そのうち!管理が大変になり
ひとかかえほどの岩を台上に置いて
それに化土土(けとつち)で
いっぱいくっつけていましたが。

実生の栗とか柿とかガマズミとか五葉松とか
みんな同居させていましたが
事情があって!ま!夜逃げですが
泣く泣く岩をたたき割って袋に詰めて
捨ててきましたが!みんな!ごめんね。



あらためて当時の
参考書(?)を 3、4 冊広げてみると
グミは日本に 20 種を越えているようなんですが
著者によって分類がまちまちで
浅学なものにはなにがなんやら。

常緑のものと落葉のものがあり
実をつける季節によって
ハルグミ!ナツグミ!アキグミ!とあるという
単純な分類が性格に合いますけどね!はは。



目前の実は小さいけどまん丸い。

ひと粒食べてみます。

あ!よいこはマネしてはいけません。
植物園内の植物には
手を触れてはならないことになっています。
まして!口に入れてはなりません。

甘い!

生家にあった大きなグミには渋味もありましたが
これは甘い!

ほとんどの本に
生食にはアキグミが一番とありますね。

あ!
ジュースもジャムも果実酒にするのにも
アキグミがいいそうです。

相当な量あるように見えますが。
blog23.jpg

鳥類もきていませんね。
もったいない!どうするのでしょう。



なぜか感動して帰ってきましたが
ん?!
そんな目的で
長居植物園に行った訳ではないような。

ま!いいですか。
忘れるような目的だったのなら。



「グミはいちごが好き!」

は?!

アラフォー(around 40)の発情!
あ!いや!清純なお色気おね~さんがいいます。

「いちご味だよ」

グミにいちごの味がしますか?!

「これ!」
blog24.jpg

お~!
甘い!
おいしい!
歯ごたえが公園のグミよりしっかりあります。

これ!ゼラチンのお菓子じゃないの!

天然のグミとどう関係あるのでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

まくわうり キムチの素 [桃栗残念!柿蜂の巣?]

わ~い!
blogまくわうり1.jpg

マクワウリです。
道の辺で見つけたら
うれしくなって買ってしまいます。

安価だということもありますが
なぜか郷愁を感じます。
といっても
幼少時にそんなに
マクワウリを食べていたとも
思えないのですが。

「人来たら蛙(かへる)となれよ冷し瓜」

一茶の「七番日記」にありましたが。

この瓜とはマクワウリのことですよね?!



甜瓜(まくわうり)には
あま瓜!香瓜!真桑瓜!の別称があるとか。
(林春隆著/野菜百珍)

甜瓜と白瓜は
ごく近縁のもの!(石毛直道・他著/食物誌)

白瓜といいながら
私が見かけるのは青瓜(?)ばかりですが。

もっともほとんど
越瓜(しろうり)と書いてあるのが
フツーですけどね。
青い(緑)ものも
白いものも越瓜(しろうり)!?

越の国からきたからでしょうか。
「越」はどんな国か
浅学にしてピンときませんが
呉越同舟の「越」国なら
揚子江流域あたりかも。

早いはなし!
マクワウリとシロウリも
おなじ日本のメロン。
(秋山賢一・他著/イラストさくもつ事典)



一茶の句に

「葉がくれの瓜と寝ころぶ子猫哉」

もありましたが。

いずれも
文化 10 年(1813)のころの句らしい。

マクワウリは江戸時代の夏には
くだものの王座を占めていたそうな。
(筑波常治著/五穀豊穣)

そしていつの時代にも
瓜を見たら
持って行きたくなるのがヒトらしい。

ヒトはみな!瓜泥棒!?

私が欲しくなるのも
遺伝子がそうさせているのかも。

田中二郎著/砂漠の狩人/によると
アフリカのカラハリ砂漠の住民は
1 年の内 300 日以上水なしの生活。

水分摂取を植物に依存しているのですね。
特に野生のメロンには
多量に水分があるようです。
苦味が強いそうですけどね。

その果実は雨期に入って 1 月で実り
乾季のなかばまで
良好な状態を保っているそうな。

昭和 42 年(1967)ごろの記録です。

その 2 年前にも
カラハリ砂漠を
横断している記録があります。
木村重信著/カラハリ砂漠/にも
別の種族が
夏と秋にメロンを大量に採集していました。

私がメロン(マクワウリ)を見て
集めたくなるのは
アフリカからの指令かも。

もっともカラハリ砂漠はアフリカ南部。
私のミトコンドリア・イブが
ここにいたのかどうか分かりませんが。



あ!?
桃屋のキムチの素!
blogまくわうり2.jpg

気にしていなかったから
久しぶりに見つけて感激。

韓国料理に縁がないまま
古希を越えた祖母が
これに出会っていたく感激したようです。

香のものにこれをまぶして食べれば
高級料理(?)になるとか。

私には塩分が舌にさわるのですがね。
祖母の味覚がよく分かりません。

マクワウリは中途半端な甘さですので
キムチの素を混ぜて
しばらく冷蔵庫に入れておきました。
blogまくわうり3.jpg

無糖で漬けておいた梅酒を
ロックで飲みながら
祖母をしのんでみましょう。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西瓜の収穫 鳴け!たにし [桃栗残念!柿蜂の巣?]

「鳴け 田螺(たにし)」

三好達治の詩ですけどね。

わが家の西瓜(すいか)に
雄花も雌花も咲くのに
まったく実がとまりません。

それでふと!
「鳴け 田螺(たにし)」を思い出したところ!?
blog41.jpg

実がとまりました!
blog42.jpg

時季が過ぎて売れ残っていた西瓜の苗を
50 円で引き取ってきて植えていたのですが
つるを展開して行くスペースがありません。
貧乏はしたくないものです。

ベランダの頭の上の高さに
古いよしずで棚を作ってやりました。

そして!大昔!
書家の榊莫山(さかきばくざん 1926 ~ 2010)が
「鳴け タニシ」というエッセイを書いていたのを
思い出したのです。
いつも唐突に脈絡もなく思い出すのです。

そのエッセイは
三好達治の詩「鳴け 田螺(たにし)」を引用して
タニシやヒキガエルが
かれの住んでいる
山深い(と書いてあります)伊賀の里にも
いなくなったと嘆いている内容でした!たしか。

かれは毎朝
カボチャの畑をめぐり
雌花に雄花の花粉をつけてやっているとか。

そうか!虫媒花は待っていてもいけませんか。
私も西瓜に同じようにしたら
実が太ってきました。

そのとき三つの雌花がありました。
三つとも大きくなって行きます。
blog43.jpg

それ以上実がついても株に力がないでしょうから
その日以外には小虫の代わりはしていません。

したがって
以後!雌花は咲くもののしおれるまま。



実がとまって 2 週め。
blog44.jpg

順調に太っていた玉の成長がにぶくなったような。

長径 10cm を越えたくらいです。
もともと小玉西瓜の苗だったのでしょうけど。

3 週め。
blog45.jpg

つるが全然伸びません。
成長をとめています。

そろそろ 4 週めの夕刻。
blog46.jpg

げ!?

葉がしおれています。
それは毎日のことですから
散水すれば回復させられますが!

向こうの玉が割れています!?

つるもしおれているだけではなく
もう!枯れ始めているようです。

頭の上のことですので
早朝出て!夕方に帰宅していると
注意力が散漫になっていました。

三つとも収穫。

ひとつ 400g を越えたくらいの可愛い西瓜です。

割ると種子が黒い。
blog47.jpg

完熟していたのですね。

甘味が少なく
あんまりおいしくはありません。
肥料もなく!放任栽培ですからね。

でもまぁ!いとしいものです。
心豊かにいただきます。



ついでに
三好達治の詩集を探し出して
めくってみました。

こんなときでないと見ることもない詩集ですが。
あ?!


淡くかなしきもののふるなり
紫陽花(あじさい)いろのもののふるなり
はてしなき並樹(なみき)のかげを
そうそうと風のふくなり


なんの詩やら?
だれの詩やら!まったく忘却したまま
いつも私の頭の隅にあるフレーズは
三好達治の詩「乳母車」の一部でしたか。

相当昔から刷り込まれていましたが。

定型詩だと思っていたのですが
全体をみたら!そうでもなかったですね。

この詩で「ふっている」
「淡くかなしきもの」は
私は「、、、」のような気がします。
といったら
「それだ!よく発見できた!」
「きみの繊細な詩心はすばらしい」と
「師」が手放しでほめてくれたような。

今!そのときいった
「淡くかなしきもの」はなんだったのやら。
まったく記憶にありません。
「師」もだれだったのやら。

は~!
なぜかため息!吐息。
めくるめく夏が終わったような心境。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

トマトの日除けができました [桃栗残念!柿蜂の巣?]

日除けができました。
blogトマト1.jpg

西日を受ける緑のカーテン。

売れ残っていたトマトの苗を
1 株だけ 50 円で買ってきて
いつもジメジメしていて乾かない
ハラン(葉蘭)のプランターに植えたら
あっという間に伸びて日除けになりました。

枝を出して広がる時間が短かったので
下葉がほとんど枯れ上がっていません。

それに
ナメクジの巣窟だったプランターが
朝!水をやっても
夕方にはカラカラに乾くようになりました。

もっとも深夜の人海戦術で
ナメクジはみんな退治したつもり。

1 株を藤棚のように大きく広く
育てているところもありましたが
トマトはすごいですね。

でも!
「トマトは朝日の当たるところに植えよ」という
ことわざ(?)があったような。

畑でも敷地でも
東の端に
トマトを植えなければいけないのでは。

どうして?!
その根拠は思いつかないのですが。

わが家のトマトは西日除け。
なにか災いが起きますかも。



このトマトはミニトマトでした。
blogトマト2.jpg

毎日 10 個ばかり収穫できます。
高級店で買えば
1 個 10 円くらいで販売されていますね。はは。

自給自足はうれしいものです。



トマトといえば
日本ではこの前まで食品の類には入れず
「バカなす」だの
「きちがいなす」だのといって
けんかのときに
相手にぶつける道具だったそうな。

ヨーロッパでも同じような扱いかな。
鑑賞用の時代が長かったようですが。

イタリアでは「黄金のりんご」
ドイツでは「天国のりんご」
イギリスでは「愛のりんご」と
呼ばれるそうですが
そのことばは
鑑賞時代に生まれたのでしょうか。
食品としてそういわれるのでしょうか。

トマトは毒だから食べると!
それとも
トマトは栄養価が高く
性的ホルモンの分泌が
活発になる(?)ので食べると!
「黄金の、、、」
「天国の、、、」
「愛の、、、」になるのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 桃栗残念!柿蜂の巣? ブログトップ