So-net無料ブログ作成
食い逃げ未遂 ブログトップ
前の5件 | -

大日のユキライス [食い逃げ未遂]

大阪モノレールの南摂津駅前の
「砂川捨丸」に挨拶します。
blog58.jpg

開口一番!
自らを
「漫才の骨董品」というギャグの人。

捨丸は
「万歳」から「漫才」の橋渡し!?
私の印象はそうなんですが。
もちろん!
実際の
生の舞台を見たことはありません。



淀川に架かる
鳥飼(とりかい)大橋を渡ります。

摂津市鳥飼西から
守口市大日町へ渡ることになります。

頭上をモノレールが通り過ぎて行きます。
blog59.jpg

大阪モノレールと
大阪市営地下鉄がすり寄る
大日駅に着きました。

ランチにしますか。

駅の周辺は私には高価過ぎるので
住宅街の中を徘徊してみます。

お!小学校の塀に書かれた絵。
blog60.jpg

理にかなっている絵ですなぁ。
小学 6 年生の合作ですか。
しばし!ひとりで納得(?)して
立ち尽くします。



あ!
blog61.jpg

「洋食店の骨董品」(失礼!)
のようなたたずまい。

テントの電話番号の
市内局番が 3 桁のままですね。
大阪市
およびそのごく周辺の市内局番が
4 桁になったのはいつでしたやら。

たしか私のケータイの番号
030-2*-***** の 030 が 090 に変わり
さらに 3 が割り込み
その後に前の番号がつづき
090-32*-***** になったときと
同時期だったような。

030-2*-***** は
自分なりに
いい番号だと思っていたので
090-32*-***** は
今でもなじめませんねぇ。



閑話休題。
それくらいの長い時間
変化のなかったお店のようです。

でも!屋号が「洋食 ユキ」とは
実に簡潔で好もしい。
私好みの店名です。

どれもこれも料理が安い。
駅前の店舗の値段はなんだ!?
というくらい。

「ユキライス」なるものを注文。
blog62.jpg

税込み 590 円。
ピラフと豚カツと玉子焼きの合体?!

オムライスの上に豚カツという方が
いいのか分かりませんが。
デミグラスソースで食べるんですね。

安くても
おいしいじゃないですか。

また機会があれば。
というものの!
もう 1 度行けといわれても
よく分かりません。
曲がった道が錯綜する
住宅街の中でした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和泉式部のみそ汁 平安神宮横のみそ汁定食 [食い逃げ未遂]

和泉式部(978 ~ ?)が
みそ汁の歌を残しているというのですが。

「花に逢へば みぞつゆばかり 惜しからぬ
「飽かで春にも かはりにしかば

「二月ばかり、味噌を人がりやるとて
と頭に書いていますが。

2 月に
だれかに「みそ」を贈ったのでしょうか。

花に会えば
わたしのこの身なんて
ちっともおしくはありません。
飽きもしないで
春になるまで過ごしてきたのですから。

なんて!私が解釈すればするほど
よく分からなくなりますが。

自称「みそ先生」は
この和泉式部の歌の「みぞつゆばかり」の
「みぞつゆ」を「みそつゆ」
すなわち「みそ汁」だというのですが。

ウソだぁ!

あ!すみません。
エラいセンセ~さま~に立てついて。

「みぞ」は「身ぞ」と「味噌」を
かけていることは分かりますが
つぎの「つゆばかり」は
「ほんの少し」という意味じゃないんですか。

ん?!
その「つゆ」と「汁」のつゆをかけている!?
そりゃないと思います!思いたいですが。

まぁ!味噌を調味料としてつかえば
みそ味の汁ものはできるでしょうけど。



みそ汁は鎌倉時代から!
という説もありますね。

すり鉢が発明されたからだとか。

そのまま食べていた粒みそをすれば
湯か水でのばせられます。

寺院ではめでたく
「みそすり坊主」の単語が誕生しました。

さように
みそ汁は味噌を水でのばせばでよろしい。
だしは強いていらないと私は思います。

ホンマモンの味噌を選べばいいのです。
ホンマモンでなくても
だし入りの合わせ味噌が
安価で売られている昨今ではありますが。

だいたい!隣の部屋まで
鰹節の匂いが漂ってくるようなみそ汁は
上等ではない!というのは
懐石料理「辻留」の主人。

あくどいのだそうな。

昆布も鰹節もたくさん使いながら
クセ味の出ない
液体じゃなくてはならんそうな。

やっぱり!
いい味噌を溶かすだけでいいのですよ。
味噌に旨味があるのですから。

味噌ではなく醤油のはなしですが。

明治の終わりごろの
茨城県の寒村の婚礼では
村の家々に
うどんと醤油がふるまわれます。

醤油を湯で薄めて
うどんを食べれば
どんなにごちそうだったものか。

ホンマモンの醤油もまた
上等な味があるもののようです。



田舎もんには空気さえ上品に感じる
京(みやこ)の朝。

平安神宮の西。

東西に流れる丸太町通りと
南北に走る東大路通りとが交差するところ。
blog31.jpg

雅な京都とは思えない(失礼!)
フツーに地味な食堂があります。
「はとや食堂」!?
わが町の裏通りにあるような
食堂っぽい名前ですなぁ。

親近感が湧きます。

「みそ汁定食」?!
blog32.jpg

あんまり見ないメニューですね。
こりゃ!すごい料理かも。

伊勢えびのみそ汁か
神戸牛のみそ汁か
もしかして
冬瓜(とうがん)1 個くり抜いた器に
入っていたりするのかも。

結果!
blog33.jpg

フツーのみそ汁でした。

みそ汁と
たくさんあるお惣菜の中から
2 品勝手に選んで
700 円(税込)でした。

おかずを 3 品取ったら 900 円。

フツーでした。
というより
フツーで朝から 700 円もつかって
ほんの少し落ち込んでいる
由緒正しき貧乏人です。



(和泉式部集・和泉式部続集/清水文雄校注/)
(川村渉著/みそ汁風土記/)
(清水桂一著/みそと梅干/)
(辻嘉一著/滋味風味/)
(長塚節作/土/)等!拾い読みしました
(敬称は略しています)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぼっかけそば 清盛くんの新川運河 [食い逃げ未遂]

和田岬(神戸市兵庫区)の先に
行ってみたくて
JR(市営地下鉄)和田岬駅に
立ち尽くしているのですが。

ここから南東に
やたら「三菱」と冠のある工場・作業所群を
縫って行けば着けそうですが。

殺風景な街に元気な男たちがぞろぞろと出現。
ランチどきになったのですね。

人の流れについて行けば
地味な(失礼!)店につづいていました。
blog71.jpg

表のメニューに「ぼっかけ」とあります。
「ぼっかけ」とはこのあたり
特に隣の長田区の話題でよく出てくる
牛すじ肉とこんにゃくを煮込んだもの。

うどんに入れるのが有名ですが
カレーやラーメンやお好み焼きに入れたり
中華料理店や居酒屋の
食材になったりしています。

「立ち食いのうどん」の店
「みさわ」(味沢)でした。

先の筋肉もりもりのおにいさん方が
「ぼっかけ」と
なにかいなり寿司やおにぎりのような
ごはんものを注文しています。

「ぼっかけ」といえば
ここでは「うどん」を差すらしい。
私は!ごはんものは不要。
それに今日は!うどんはちょっと、、、。

「台をそばにしていだだけませんか?

おそるおそるいうと
あっという間に
「ぼっかけそば」が出てきました。
blog72.jpg

税込み 410 円。
このあたりの相場でしょう。
しかし!こんにゃくがない!?
みんなすじ肉!?
立派な(!)ぼっかけです!

最近!ますます
麺類の「かけ」が苦手になったので
スープは残したのですが!
おいしかったですよ。

あ!苦手といってもお行儀がいいので
お呼ばれのときと割り勘のときには
人の倍くらい食べられるとは思いますがね。
お試しあれ。



さて!空腹がおさまると眠くなり
和田岬に
「恋」を捨てに行く気もおっくうになり
かといって
電車にのせて旅立たせたくても
線路には夕刻までなにも走っていません。
blog73.jpg

この支線は兵庫駅からひと駅で終点です。
ダイヤは朝夕の通勤時しかありません。
和田岬線なんて
いいかげんに呼んでいましたが
「山陽本線」なんですね!本名は。
虫垂のような線路なのに。

この辺では旧知(?)の
御崎公園にトイレを借りに。
blog74.jpg

球技場の
神戸ウイングスタジアムがあります。
命名権が移動するので
にゃんこの目のように変わる
(ような気がする)今の
愛称はなんでしたやら。

神戸市電が眠っていました。
blog75.jpg

かつてこのあたりに
神戸市電の和田線が走っていたらしい。



あてもなく歩けば清盛塚。
blog76.jpg

ああ!今渡ったのは清盛橋でしたか。
初めて見たような気でいました。
ぼ~っと歩いていますね。

新川運河へ行きますか。
blog77.jpg

運河沿いのキャナルプロムロードで休憩。
blog78.jpg

兵庫城跡の碑。
blog79.jpg

大昔!兵庫城を探して彷徨し
ついに分からず帰ったことがありましたが。

「清盛くん」がいます。
blog80.jpg

清盛くんは昔と変わりませんが
運河の景色!こうでした?!

なにか新鮮に感じるんですが。

「平清盛がいなければ
「この地の今日の発展はなかった

と書いてあります。

戯曲では
どちらかというと
悪役に描かれる清盛ですがね。

正義はうつろいやすく!
もろいものなんでしょう。

恋もまた。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

関大前 インデアン [食い逃げ未遂]

穴倉みたいな半地下の食堂!
いや!失礼!レストランがありました。
blog31.jpg

関西大学の
千里山キャンパス(大阪府吹田市)の
正門のまん前。
屋号は「大学亭」?!
学食じゃないでしょうけど学生風の客多し。

メニューにある
「インデアン」ってなんですか!?

500 円(税込)というので注文。
blog32.jpg

スパゲティに
カレーソースがかかっていました。

それが「インデアン」かぁ!
知りませんでしたね。
ときどき私も残りものを合わせて
こんな食べ方をしていますが。

雑学ならなんでも知っている!
というより
いろんな地方のオトコと浮き名を流して
いろんな風習を知っているはずの
アラフォー(around 40)の
水もしたたるようないい女の
(ま!最近変なものがしたたって)
(病院に行ったらしいのですが)
(あ!これナイショ!他言は無用にね)
お色気過剰おね~さんに聞くと

「珍しくないんじゃない?!」
「名古屋の人が好きそうなものやね」
「あちらが本社のココイチにあるかも」

「カレーハウス CoCo 壱番屋」ですか。
ま!そこの店舗に行って確認するほど
知りたい訳でもありませんがね。



このあたりは急勾配の丘なんですね。

正門からほぼ真西に下っている道を行けば
阪急・千里線にぶちあたります。

「関大前」の駅は
その少し南のほうにありますが。
blog33.jpg

この駅!もともとここにあったのじゃなく
正門に近いほうにあったのでは。



日本鉄道旅行地図帳(新潮社)を開くと
ふしぎな路線が目につきました。

阪急・千里線。
13.6km の短い路線です。
大阪市北区の天神橋六丁目駅から
吹田市の北千里駅まで
現在 11 駅ありますが。

京都線と交差しています。
交差している淡路駅は
どちらの路線の駅になるのか知りませんが。

その千里線に過去から今までの駅名が
27 もあります?!
新設!移設!廃止!改名!?
なんという出入りのハデ(?)なこと。

特に目立つ駅は「関大前」!

新しい!この路線の中では。
昭和 39 年(1964)に新設。

花壇町駅と大学前駅の中間に造ったとか。
つまり!両駅を統合して
ひと駅にしたらしい。

その花壇町駅がすごい!

花壇前(大正 10 年)
千里山遊園(昭和 13 年)
千里山厚生園(昭和 18 年)
千里山遊園(昭和 21 年)
女子学院前(昭和 25 年)
花壇町(昭和 26 年)と
改名だらけ。

ちなみに大学前駅は大正 11 年開業。

これらをひと駅とするのなら
駅名変更日本一!?

その間に電鉄会社の名前は
北大阪電鉄!新京阪鉄道!京阪電鉄!
京阪神急行電鉄!阪急電鉄と変遷していて
なにがなんやら。



なにはともあれ
この丘陵地に遊園地があったのですね。

「千里山花壇」という遊園地だったのかな。

それにしても
ヘビのようにくねくねとカーブばかりで
しかも!急勾配。
blog34.jpg

こんな都市部で
山岳鉄道みたいに見えてしまいました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

中津駅 アイリッシュカレー [食い逃げ未遂]

阪急・梅田駅から宝塚線に乗っていて
つぎの中津駅で隣の神戸線を見たら!
狭い!
blog61.jpg

ホームの幅員がない!
幅員はないことはないけど!
ないに等しい?!

後日!
中津に行くので
向学のために阪急に乗ります。

中津周辺の用事に
あんまり乗ることはありません。
梅田から歩いて
交通費はしっかり会社に請求するのが
貧乏人の正しい(?)行動です。

お~!
blog62.jpg

宝塚線のホームも狭い。

「黄色い線の内側までおさがりください」
なんていわれたら
反対側の電車待ちの人とぶつかります。

ホームは上下線の乗り場ですが
同時に停車することがあるのでしょうか。

ま!あるだけまし?!
画像の右側の京都線にはホームさえない!

「降ろして~!」と
京都線の乗客はなん人も叫んだことでしょう。
窓から飛び降りた人もいました?!
知らんけど。

高架駅です。
blog63.jpg

このあたりは大正時代に高架線になったとか。
長い歴史があるのですね。



市営地下鉄・中津駅とは
迷子になるほど離れています。
よそものの!特に私のような田舎もんには
紛らわしいったらありゃしない。

やっぱり!
梅田あたりから歩くにかぎりますだ。

ん?!
「GUINNESS」とあります。
blog64.jpg

地下鉄のほうの中津駅近く。
「ギネス」!?
ビールですよね。
酒場かな。

いや!
「IRISH CURRY」(大阪市北区)!
「アイリッシュ カレー」ですか。

アイリッシュ?!
アイルランドといえば
北のほうを
イギリスにかじられている島くらいしか
知識がないのですが。

ランチどき!このあたり
「カレー」が目立ちます。
カレー激戦区なんでしょうか。

その中で
今日!うろうろして見たかぎりでは
一番高価です。

一番高価なカレー!
食べてみますか。

ちまちま節約して大きくカネを失う
貧乏人の悲しい性(さが)です。

なにを注文したらいいのか分からないので
「本日の日替り」というのをもらいます。

「豚ロースカツ CURRY」
という複雑なカレー。
複雑というのは
漢字と日本字と英字が
よく混ざっているということ。

皿はとびきり大きいのですが
950 円(税込)!
blog65.jpg

スープもなんにも
よけいな(?)ものはなく!これだけ。

わはは!こんな高価なカレー!
食べているヤツ!
世界になん人もいないでしょう!?

そう考えなきゃおさまらない胸の内。

フツーにおいしかった!ですがね。

アイルランドでは
カレーが名物かどうか知りませんが
もしかして
ギネスビールを使って調理しているのかも。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い逃げ未遂 ブログトップ