So-net無料ブログ作成
食い逃げ未遂 ブログトップ
前の5件 | -

カレーうどんたちばな カレー色の落羽松 [食い逃げ未遂]

「咖喱饂飩 たちばな」ですか。
blog41.jpg

「CURRY UDON TACHIBANA」とも
書いてありますが。

カレーうどんの専門店が
長居公園の南の住宅街にありました。

およそ人の食べているものは
なんでも食べられる私ですが
最近ときどき「麺類」に
食後!疲労感や
ときには吐き気が出たりします。

焼きそばや
スパゲティなんかには感じないのですが
汁かけものに異変が出るらしい。

ま!大丈夫でしょう!今日は!
根拠はないけど。

カレーライスもあるんですか!
じゃ!そうします。
一番安いものを。
blog42.jpg

「あんかけカレーライス」(税込 720 円)!
小さな豚肉と
油揚げの細片がほんの少々入っています。

カレーうどんは石の器で出てきていますが
カレーライスは違うのですね。

よくいえばやさしい味。
私のフツーのことばでいえば
ぼ~とした頼りない味。
カレーという主張がありません。
といっても
激辛を希望しているのじゃないですよ。

もう昼休みが終わりそうな遅い時刻なのに
老若男女!大勢の人が賞味していますから
みなさんの口には合うんでしょうね。



長居公園の南側の並木道に光の波が!
blog43.jpg

なんでもないところに美を感じます。
なんて心やさしい子(!)なんでしょう。
自分でほめてどうします?!
心身貧しさが極まると平和ぼけになります。

そうだ!
長居植物園の
ラクウショウ(落羽松)の並木も
カレー色になっているころ。

あ!?
blog44.jpg

ごちゃごちゃとパイプ類が組まれています。
イベントの準備ですか。
今日は見物には不向きです。

長居植物園の中の大池の噴水に!
blog45.jpg

冬の虹ですか。
カラスのカップルが見ています。
blog46.jpg

私だって
この虹で
恋の思い出のひとつやふたつ語れますがね。
日替わりで恋をしてきましたからね。

ん?!
その向こうの紅葉している高木!
ラクウショウじゃないんでしょうか。

角度を変えて見ると
いく本かの集合体ですね。
blog47.jpg

左のかたまりがラクウショウ!?たぶん。
右のまだ背丈のない木は
メタセコイアかも。

ラクウショウに比べて
メタセコイアは容姿がよろしい。
並べて見るとよく分かります。



「第三紀植物群」エリアには
メタセコイアの林がありましたね。

でも!林全体を見る場所はないですね。
blog48.jpg

林の中の小池には
メタセコイアの落ち葉で水面が赤い。
blog49.jpg

ああ!器量の悪い木も混じっています。
それはたいていラクウショウですね。



大池の周囲に大勢の
笛を吹いているエンジェルが!
blog50.jpg

もうすぐイルミネーションが輝く
「光の植物園」の
イベントが始まるのでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大阪刑務所 プリズンカレー [食い逃げ未遂]

大阪刑務所(堺市)の長い塀です。
blog01.jpg

塀際にたくさんのタープが並んでいます。
blog02.jpg

各地の刑務所のブースです。
刑務所内の作業製品が売られています。

「関西矯正展」(2017/11/11・12)です。
blog03.jpg

舞台が作られて
芸能人を呼んで
ミーハー的なこともしています。
blog04.jpg

今年(2017)のテーマは
「特殊な技能を要する刑務作業」
「~伝統的工芸品等の特集~」だそうな。

たしかに
しっかりした製品が格安で売られています。

そうはいうものの
縁日の香具師(てきや)の屋台と
おなじようなブースもありますが。
blog05.jpg

なんという大勢の人でしょう。
寺社の縁日と同様な感覚で
家族で出かけているようでもあります。

今日はいつから販売が始まったのやら。

リーフレットに書かれている
オープン時刻の前なのに
刑務所内見学の整理券はもうありません。

今日の私はパンを買いにきただけですので
あんまりイラ立ちませんが。

朝食になにか食べたいのですが。
「監獄弁当」?!
blog06.jpg

焼き肉ですか。

おばあさんたちが
「監獄にもピクニックがあるんや!」なんて
はなしていましたが。

そういえばそうですね!
弁当を持ってどこに行くんでしょう。

野点(のだて)もあります。
blog07.jpg

これが日常なら
刑務所生活も愉快でしょうけど。

「プリズンカレー」?!
監獄のカレーライス!?
blog08.jpg

400 円でした。

ごはんが麦めしでした。

おなかがよくなったので
パンを買って帰ります。

長さ 20cm ほどの
けっこう大きなコッペパン
ふたつで 100 円 です。
blog09.jpg

ネギと里芋とサツマイモと
文具類も買いました。

ネギとサツマイモを買ったのは
荒畑寒村(1887 ~ 1981)を
思い出したからです。

社会運動家の荒畑は明治・大正・昭和に
なん度も投獄されていますが
京都監獄で
「サツマイモの煮もの」に驚いたそうな。

荒畑は横浜生まれですから
知らなかったかも知れませんが
私も大阪にきて知ったのですが
関西では
珍しい食べものではありません。

サツマイモとネギの煮た惣菜は
家庭や
めしやでよく作られているようです。

そのイモの水煮!
受刑者たちは
「典獄」と呼んでいたそうな。
これが一番上等なおかず?!
他の日のおかずは
とても人間の食物とはいえない!?

戦前の思想犯は大変だったのですね。

ともあれ!今日の買いものは
しめて 495 円。
ネギは 100 円!人気が高く
あっという間に売り切れになりました。

久しぶりに得した気分。



(購入価格はすべて税込み金額です)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ぎょうざの満洲は3割うまい?! [食い逃げ未遂]

JR阪和線の長居駅のそばの
高架下(大阪市住吉区)に
「ぎょうざの満洲」があります。
blog31.jpg

満洲からきた店でしょうか。
関西には「餃子」いえば
「餃子の王将」が目立つので
私にはもの珍しい。

かの中国東北部の「まんしゅう」は
「満州」という表記ではなかったのですね。
勉強になりますねぇ。

「満洲」と「餃子」から
「天才バカボン」の
「赤塚不二夫」を思い出しますが。

赤塚は満洲出身とか。
生前!手作りして
よく餃子パーティを開いていたようです。

「漫画家」「手作り」といえば
「東海林さだお」ですか!私の記憶では。

料理好きは
1 度は作ってみたくなるのが餃子らしく
東海林も
大陸風(?)な餃子に挑戦しています。

それらによると
米の取れない地方の主食(?)らしく
かの地の餃子の皮は
日式(日本の様式)のものより
分厚いとか。

それに「ニンニク」「ニラ」を
まず!使わないようです。
(赤塚は両方入れていましたが)

主食にする餃子は
スープと食べる水(すい)餃子とか
蒸し餃子とかが主流?!
前の日の残りものを
焼いて食べると日式の焼き餃子に近い!
とかなんとか!
大昔に北京で聞いたような。



では!いざ満洲の餃子を試食。

「餃子定食というのをください。

「ダブルでよろしいでしょうか?」

は!?
なんのことやら。
田舎もんはウエイトレスさんの声に
驚愕してかたまっても
見栄を張って知ったかぶりにうなづいて
「はい!」なんて答えますぞ。

ああ!餃子がいっぱい!
blog32.jpg

税込み 594 円。
そんなにいらなかったです。

ちらちらとメニューを盗み見すれば
409 円からあったじゃないですか。
blog33.jpg

でも!これ満洲の餃子?!



満洲と聞けばラストエンペラー!
映画を観ましたが。

ラストエンペラーとは清(大清)の
最後の皇帝の
愛新覚羅溥儀(あいしんかくらふぎ)のこと。
満洲國の皇帝でもあります。

餃子のホンバ(!)ですね。

溥儀の皇弟(愛新覚羅溥傑)の妻の
愛新覚羅浩(日本人です)が書いた
清朝のレシピにも「餃子」がありますね。

餃子のあんは無数にあるそうですが
やっぱり!
ニラとニンニクは使っていません。
が!?
「煮る餃子」「蒸し餃子」と
「焼く餃子」もありますね。

「煮る餃子」と「蒸し餃子」と
作り方は多少違うようですが
「蒸し餃子」と「焼く餃子」は
ほぼいっしょのようです。

ちなみにビュッフェの
太陽樓(拙ブログ 2017/10/30)には
揚げた餃子がありましたが。
blog35.jpg

いずれにしろ
ごはんのおかずとするのは
日式の発明(?)のようですね。



「ぎょうざの満洲」のどの器にも
「3割うまい!!」と描いてありましたが。
blog34.jpg

中国の!
満洲あたりの!
有名な格言・金言でしょうか。
故事があるのでしょうか。



(男が食べたい料理/主婦の友社/)
(東海林さだお著/ショージ君の料理大好き/)
(愛新覚羅浩著/食在宮廷/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大日のユキライス [食い逃げ未遂]

大阪モノレールの南摂津駅前の
「砂川捨丸」に挨拶します。
blog58.jpg

開口一番!
自らを
「漫才の骨董品」というギャグの人。

捨丸は
「万歳」から「漫才」の橋渡し!?
私の印象はそうなんですが。
もちろん!
実際の
生の舞台を見たことはありません。



淀川に架かる
鳥飼(とりかい)大橋を渡ります。

摂津市鳥飼西から
守口市大日町へ渡ることになります。

頭上をモノレールが通り過ぎて行きます。
blog59.jpg

大阪モノレールと
大阪市営地下鉄がすり寄る
大日駅に着きました。

ランチにしますか。

駅の周辺は私には高価過ぎるので
住宅街の中を徘徊してみます。

お!小学校の塀に書かれた絵。
blog60.jpg

理にかなっている絵ですなぁ。
小学 6 年生の合作ですか。
しばし!ひとりで納得(?)して
立ち尽くします。



あ!
blog61.jpg

「洋食店の骨董品」(失礼!)
のようなたたずまい。

テントの電話番号の
市内局番が 3 桁のままですね。
大阪市
およびそのごく周辺の市内局番が
4 桁になったのはいつでしたやら。

たしか私のケータイの番号
030-2*-***** の 030 が 090 に変わり
さらに 3 が割り込み
その後に前の番号がつづき
090-32*-***** になったときと
同時期だったような。

030-2*-***** は
自分なりに
いい番号だと思っていたので
090-32*-***** は
今でもなじめませんねぇ。



閑話休題。
それくらいの長い時間
変化のなかったお店のようです。

でも!屋号が「洋食 ユキ」とは
実に簡潔で好もしい。
私好みの店名です。

どれもこれも料理が安い。
駅前の店舗の値段はなんだ!?
というくらい。

「ユキライス」なるものを注文。
blog62.jpg

税込み 590 円。
ピラフと豚カツと玉子焼きの合体?!

オムライスの上に豚カツという方が
いいのか分かりませんが。
デミグラスソースで食べるんですね。

安くても
おいしいじゃないですか。

また機会があれば。
というものの!
もう 1 度行けといわれても
よく分かりません。
曲がった道が錯綜する
住宅街の中でした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

和泉式部のみそ汁 平安神宮横のみそ汁定食 [食い逃げ未遂]

和泉式部(978 ~ ?)が
みそ汁の歌を残しているというのですが。

「花に逢へば みぞつゆばかり 惜しからぬ
「飽かで春にも かはりにしかば

「二月ばかり、味噌を人がりやるとて
と頭に書いていますが。

2 月に
だれかに「みそ」を贈ったのでしょうか。

花に会えば
わたしのこの身なんて
ちっともおしくはありません。
飽きもしないで
春になるまで過ごしてきたのですから。

なんて!私が解釈すればするほど
よく分からなくなりますが。

自称「みそ先生」は
この和泉式部の歌の「みぞつゆばかり」の
「みぞつゆ」を「みそつゆ」
すなわち「みそ汁」だというのですが。

ウソだぁ!

あ!すみません。
エラいセンセ~さま~に立てついて。

「みぞ」は「身ぞ」と「味噌」を
かけていることは分かりますが
つぎの「つゆばかり」は
「ほんの少し」という意味じゃないんですか。

ん?!
その「つゆ」と「汁」のつゆをかけている!?
そりゃないと思います!思いたいですが。

まぁ!味噌を調味料としてつかえば
みそ味の汁ものはできるでしょうけど。



みそ汁は鎌倉時代から!
という説もありますね。

すり鉢が発明されたからだとか。

そのまま食べていた粒みそをすれば
湯か水でのばせられます。

寺院ではめでたく
「みそすり坊主」の単語が誕生しました。

さように
みそ汁は味噌を水でのばせばでよろしい。
だしは強いていらないと私は思います。

ホンマモンの味噌を選べばいいのです。
ホンマモンでなくても
だし入りの合わせ味噌が
安価で売られている昨今ではありますが。

だいたい!隣の部屋まで
鰹節の匂いが漂ってくるようなみそ汁は
上等ではない!というのは
懐石料理「辻留」の主人。

あくどいのだそうな。

昆布も鰹節もたくさん使いながら
クセ味の出ない
液体じゃなくてはならんそうな。

やっぱり!
いい味噌を溶かすだけでいいのですよ。
味噌に旨味があるのですから。

味噌ではなく醤油のはなしですが。

明治の終わりごろの
茨城県の寒村の婚礼では
村の家々に
うどんと醤油がふるまわれます。

醤油を湯で薄めて
うどんを食べれば
どんなにごちそうだったものか。

ホンマモンの醤油もまた
上等な味があるもののようです。



田舎もんには空気さえ上品に感じる
京(みやこ)の朝。

平安神宮の西。

東西に流れる丸太町通りと
南北に走る東大路通りとが交差するところ。
blog31.jpg

雅な京都とは思えない(失礼!)
フツーに地味な食堂があります。
「はとや食堂」!?
わが町の裏通りにあるような
食堂っぽい名前ですなぁ。

親近感が湧きます。

「みそ汁定食」?!
blog32.jpg

あんまり見ないメニューですね。
こりゃ!すごい料理かも。

伊勢えびのみそ汁か
神戸牛のみそ汁か
もしかして
冬瓜(とうがん)1 個くり抜いた器に
入っていたりするのかも。

結果!
blog33.jpg

フツーのみそ汁でした。

みそ汁と
たくさんあるお惣菜の中から
2 品勝手に選んで
700 円(税込)でした。

おかずを 3 品取ったら 900 円。

フツーでした。
というより
フツーで朝から 700 円もつかって
ほんの少し落ち込んでいる
由緒正しき貧乏人です。



(和泉式部集・和泉式部続集/清水文雄校注/)
(川村渉著/みそ汁風土記/)
(清水桂一著/みそと梅干/)
(辻嘉一著/滋味風味/)
(長塚節作/土/)等!拾い読みしました
(敬称は略しています)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い逃げ未遂 ブログトップ