So-net無料ブログ作成
検索選択
食い逃げ未遂 ブログトップ
前の5件 | -

高校野球発祥の地 ねこじた 森のおはぎ [食い逃げ未遂]

高校野球発祥の地。
blog51.jpg

大阪府豊中市の住宅街の中。
こぎれいに整備されています。

最初の大会名は
「全国中等学校優勝野球大会」ですか。
大正 4 年(1915)のことですか。
阪神甲子園球場がまだなかったころですね。
当時としては日本一の球場だったそうな。

球場の外壁が赤いレンガだったのですね。
blog52.jpg

この小さな公園
最近リニューアルしたのじゃないでしょうか。
そのとき植えたのかアオダモの木。
blog53.jpg

バットの材料として知られている木ですね。

でも!高校野球では
金属バットを使用しているのじゃないんですか。

野球にあんまり興味もないので
とんちんかんなことをいっていたら!
ごめんなさい。



阪急・豊中駅前に出ました。

「ねこじた」?!
blog54.jpg

ははは。
人間だれしも熱いものは熱いでしょう。
口中に熱さをひどく感じるところと
そうでもないところがあるはず。

無意識にでも
なるべく熱く感じないところに移動させて
食べているような気がしませんか。

熱く感じるところにばかりに
熱い食物を持って行き
騒いでいるバカ(すみません!)を
「ねこじた」というのでは。

にゃんこだって!
あちこち位置を変えて食べていますがね。

なに屋さんかにわかに分かりませんでしたが
日替わり定食があるので入店。

昼食どきを過ぎているのにいっぱいですね。
お年寄りや買いものの主婦の時間帯かも。

鶏肉のから揚げ!税込み 780 円。
blog55.jpg

素麺と茶わん蒸しがついていました。



上方落語の
「池田の猪(しし)買い」にあります。

「十三(じゅうそう)の渡し
「三国の渡し
「岡町を通って池田へひと筋の道や。

能勢街道ですね。

「ひと筋の道」なら
しばらく歩いて帰りましょうか。

ところが今!道があり過ぎて
複雑に暑苦しくからんでいて
どこが能勢街道なの!?

たぶん!
なんの変哲もないけど!この道かな。
blog56.jpg

ほどなく岡町商店街に。

阪急は岡町駅を
「おかまちえき」といっていますが
落語では岡町を
「おかのまち」と発音するようです。

商店街に接して大きな神社がありました。
blog57.jpg

原田神社だそうな。



商店街を散策していたら「おはぎやさん」?!

「森のおはぎ」には
変った「おはぎ」がありました。
blog58.jpg

ふたついだだきましょう。
「そこの原田神社で食べます」といったのに
こぎれいに下げるひもをつけてくれました。
blog59.jpg

ずんだもち 166 円。
焼とうもろこし 139 円。税抜き。
blog60.jpg

大きくはありません。
スケールをあてて写したのでご覧あれ。

ときどきスーパーで買う
小豆あんのおはぎも
おなじくらいの大きさですが
みっつパックで 99 円ですが。はは。

私には大変高価なおはぎでした。
いつものおはぎはしっかりしています。
早いはなし!やや硬いのですが
このおはぎはふんわりとしていて上品。

おいしいですけどね。



(興津要編/古典落語/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

べらしお べぇら マッサンの井戸 [食い逃げ未遂]

大阪市住吉区帝塚山東
市営住宅にはさまれた神ノ木公園の中の
石貼りの盛り上がり。
blog001.jpg

摂津酒造の井戸の跡だとか。

摂津酒造は明治 44 年(1911)から
イミテーション・ウイスキーを
製造していた会社。
blog002.jpg

当時の洋酒
ウイスキー!ブランデー!
リキュール!ワイン等の
国産品はすべてイミテーション。

つまりにせもの。
アルコールに薬品を添加して作っていたのです。
だから薬種問屋の仕事。
そこから摂津酒造は委託製造していたようです。

摂津酒造は期間限定で入社したばかりの
竹鶴政孝をスコットランドへ
モルト・ウイスキーの勉強に
留学させたのですね。

当時の摂津酒造は
どの社員にも
スコットランドの留学費用くらいの
賞与を渡していたほど儲かっていたそうな。

今はまぼろし。



「べらしお」って?!
blog003.jpg

このあたりも摂津酒造だったのでしょうか。

「天日塩ラーメン」ですか。
私のよく知らない世界ですね。

ごはんものもあるようなので入店。
「醤油炙(あぶ)り丼」300 円(税込)を注文。

なんか小さく見えたので
塩ラーメンのミニ(350 円)も頼みました。
blog004.jpg

麺好きでもないものにはちょうどいい量です。



「べらしお」の「べら」?!
「べぇら」がありましたね!
近くの住吉大社に。
blog005.jpg

大阪の夏祭りの掉尾を飾る「住吉祭」の
神輿(みこし)運行時のかけ声。

住吉大社によると
「千歳楽!萬歳楽!」
「平楽じゃ!平楽じゃ!」といっていたそうな。

ルイス・フロイス(1532 ~ 1597)が
著書/日本史/に記しているそうな。

今!手元にある日本史には見あたりませんが
フロイスの著書や書簡集は
膨大な量のようですから。

その「平楽」から
「べぇら」と変化していったとか。

「べらしお」の「べら」と
「べぇら」はたぶん!関係ないでしょうけど。



8 月 1 日の昼ごろ。
3 日つづいた祭の最後のクライマックスの日。
blog006.jpg

境内を横切ります。

神輿が鎮座しています。
blog007.jpg

ん!?
blog008.jpg

あ?!
blog009.jpg

大きな神社ですので
たくさんの神がおわします。
その乗りものもたくさんあるのでしょうか。



ん?!
前掲のリーフレット。
最近もらったものですが
これ!昨年(平成 28 年)のものですね。

どうして?!

小さな胸を痛めながら
神輿の出発を見送らずに帰りましたが。
blog010.jpg



(竹鶴政孝著/ウイスキーと私/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

喫茶Yのモーニング [食い逃げ未遂]

「ちょうちょ!?」
blog1.jpg

あんなところに
蝶(ちょう)がいたのですね。
気づきませんでしたが。
阪急三番街の壁。

「でも!蛾(が)じゃないんですか?
「羽を広げてとまるのは
「蛾に多いですけどね。

「夜の蝶の疲れた姿だよ」

アラフォー(around 40)のおね~さんも
ゆずりません。

確かに今!朝ですけどね。
こんな実のない
問答をしている場合じゃないのですが。

「あ!そうそう!
「蝶の女の子(!)が
「交尾を拒否するときには
「羽を広げるのでは。

「おね~さんが開くときには誘うとき?!
「蝶と逆かな。

「そのときにはうつ伏せじゃなく」
「顔(腹でしょ!)を上(表)に向けるのでは!」
「あ!?」
「一般論としてだよ」

「どうしていつも」
「そちらにはなしを持って行くのかねぇ!」



「どこに行くの?」

「私はすぐそこの大工大(大阪工業大学)に
「朝食に行きます。(拙ブログ 2017/06/05
「ファッショナブルなおね~さんは
「ファッショナブルなお店に行ってください。

「ワイ!知ってる?!」

「喫茶 Y (大阪市北区)ですか?

大盛りで有名な店ですね。

大昔にだれかと行ったような。
だれかとは忘れましたけどね。
覚えていても「忘れて」いるのです。
生きていれば辛いこともあるのです。

でも!
その場所から
たしか!引っ越ししているような。

「そこに連れてって」

おね~さん!
スマホかなにか持っていないのですか!
私も持っていないけど。

JR東海道本線の
高架の下を北上すればいいはず。

ほら!道の向こうに「Y」の字が見えます。
blog2.jpg

ま!安くはありませんが。
blog3.jpg

おごってね。



「ベーコンエッグか」
「ハムエッグにしようっと」

「おやめなさい。

1,000 円(税込)ですよ。
顔を動かさずにちらとお隣さんを見て。
blog4.jpg

あれですよ。
鶏卵 8 個と
私の朝食のベーコンなら
1 週間分(?)使っていますよ!

食パンも半端じゃない!

今どき!
食パン 1 斤 1 度に食べる人がいますか。

たまにカネが入ると
食パンを 1 斤むさぼり食ったというのは
「日本一の斬られ役」という
福本清三の駆け出し時代。

菓子パンなんかぜいたく品。

通勤のバス代がない!
朝食代も昼食代もない!のですから。

それは半世紀前のはなしですよ。

閑話休題。

どのメニューでも
コーヒーは無料でお代わりできるはず。

「どうしようかな!」

ま!やせているのに大食いですから!どうぞ。

女の子が
一所懸命食べている姿は可愛いものらしい。
オトコが胸きゅん!となるらしい。
でも!おね~さんのような
年増の大食いはどうか知りませんが。



私は 600 円の「モーニング」です。
blog5.jpg

ベーコンエッグのたまごは 4 個までOK。
これは 2 個にしてもらいましたが。

ジョッキ入りのアイスコーヒー。
「お代わりどうぞ」といわれても無理。
これで十分!小食(?)ですから。



(福本清三・他著/
  どこかで誰かが見ていてくれる/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

UCCコーヒー博物館 イケアのミッドサマー [食い逃げ未遂]

「商売とは戦争なり」
「生か死か二字しかない」
blog41.jpg

まったくその通り。
企業に入社したら
うるさいほどいわれますが
社是には
もっともらしいことを書いていますけどね。

「社会貢献」だなんだと。

それはたてまえ!
やたらえらそうにふるまう先輩や無能上司は
「死んでも働け!」とか
「殺すぞと恐喝してでも売ってこい!」とか
ボキャブラリィがきわめて貧困!
寂しいかぎり。

図体は大きくて
きれいな社屋の会社がどこもそうでしたね。

それを堂々と掲げるなんて!
「UCC」は感動もん!?ですね。



UCCコーヒー博物館です。
神戸市中央区港島中町
早いはなし!埋め立て地の
ポートアイランドの中です。
blog42.jpg

(たぶん!)UCC本社の横の
ドームが博物館です。

入館料 300 円。
でも!試飲がありました。
blog43.jpg

この日は
インドネシア産のふたつのコーヒーの飲み比べ。

きれいな博物館です。
blog44.jpg

難しいことは覚えていませんが
コーヒーを飲まない人より
飲む人のほうが
死亡リスクが低いそうな。
どんどん飲まなきゃいけません。

ちなみに私は
アラフォー(around 40)のおしゃれな(?)
おね~さんに教えてもらった
アイスコーヒーばかりがぶ飲みしていますが。

それは紙パック(1,000ml)69 円(税抜き)の
スーパーのサンディのストアブランド品。

UCCの製品は高価ですのでこればかり。
安いのですが成分的にどうなんでしょうか。



いろんなドンゴロスが展示してありました。
blog45.jpg

コーヒー豆を運ぶ麻袋。

ドンゴロスとはどこのことばか知りませんが
アラフォーのおね~さんの好きな(?)単語です。

もし!
お色気バーをオープンすることになったら
「ドンゴロス」という屋号にすると思います。

そのときにはぜひ!見学にきてください。
お供します。



UCC博物館の向かいに
「イケア(IKEA)神戸」がありました。
スウェーデン発祥の家具量販店。

ちなみに
アントニオ猪木(INOKI)はアメリカなんかでは
「アイノキ」なんて発音されていましたが
イケア(IKEA)はどうなんでしょう。

さいわいにもスェーデン語では「IKEA」は
「アイケア」とはいわないようです。
日本語の「イケア」と似た発音でしょうか。

この日のレストランでは
夏至祭(ミッドサマー)のメニューがありました。

スェーデン出身の美女
オーサ(イェークストロム)の漫画を見ると
かの国の冬は
1 日中陽が射さない極夜があるそうな。

闇の中で落ち込んで
みんな吸血鬼みたいな顔(どんな顔?!)で
暮らしているとか。

夏は 1 日中陽が沈まない白夜。
夏になると公園がお祭り騒ぎ。
ミッドサマーという祝日さえあるのですね。

イケアのミッドサマーのプレート。
blog46.jpg

オーサの漫画に度々出てくる
ミートボールをはじめ
レバーのパテ。
ニシンの酢漬け。
サーモンのマリネ。
ゆでたまご(これは特徴的なものかどうか?)
ゴーダチーズ。
ポテトサラダ。

これとクロワッサンと
ドリンクバーとで 739 円でした。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初夏の嵐山 コーヒー200円 [食い逃げ未遂]

大きなハートです。
blog41.jpg

いや!ハートではないのかな。
blog42.jpg

葵(あおい)ですか。
おなじデザインで緑色の絵馬もあります。

ん?!
「Matsunoo-Taisya」!?
松尾大社(京都市西京区)は
「まつのおたいしゃ」と読むんですね。
近くの阪急の駅は「まつおたいしゃ」で
「の」がありませんけどね。

境内を埋めていた
ヤマブキの花はもうありません。
blog43.jpg

大きなお神酒(みき)の酒器を後にします。
blog44.jpg

松尾大社は「神々の酒奉行」です。



桂川を渡って
「酒造の守護神」の梅宮(うめのみや)神社へ。
blog45.jpg

こちらの酒の神さまの境内は静かです。

それゆえか最近
にゃんこがたくさん遊んでいる神社として
有名になっていますが
今日はまったく姿がありません。
夏の陽射しになっているからかも。

夏みかんを売っていました。
blog46.jpg

庭園に
カキツバタかハナショウブが咲いていますが
拝観は有料なのでこのあたりから拝見。
blog47.jpg

いつもごめんなさい。



ここから北へ
広沢の池のある北嵯峨まで歩くつもりが
あ!?
頭の中が真っ白。
地図が消えています。
今までどこをどう歩いていたのでしたやら。

最近多いんですよね。
記憶が抜けてしまっていることが。
死期が近いのかしらん。

こんなとき!以前ならたかをくくって
無鉄砲に進んでいましたが。
モバイル系のものが一瞬ほしくなりますが
そんな思い踏みにじって
ただ猪突猛進あるのみでしたが。

暑い!

どうにもならないほどの横着さが
このごろの
心の大部分を占めるようになりました。
死期が近いのでしょう。

桂川までもどります。
罧原堤(ふしはらづつみ)という
歴史のありそうな堤が嵐山までつづいています。
blog48.jpg

桂川左岸のその堤をたどります。
紛れようのない道を選びます。

堰の下流の水面にひもが張られています。
blog49.jpg

水鳥が魚を捕獲しないようにしているのかも。
荒い張り方ですが効果があるのでしょうか。



「カフェ あの音(ね)」
blog50.jpg

「ジョイントほっと」
そしてエレベータの絵。
なんですかね。

建てものの 1 階の事務所の中を通って
エレベータで上ると
きれいなレストランか喫茶店かがありました。

大きな窓の下に
今!歩いていた堤と桂川があります。
blog51.jpg

物見(ものみ)より
寄手(よせて)の兵を みるごとく
われは露臺(ろだい)に ひとを待つかな

矢澤孝子の歌。
待っているのは恋人でしょうか。
大正の恋も心は激しい。

初夏(はつなつ)の
ものは弓弦(ゆづる)を はるごとく
みなちからあり 思はるゝ身に

初夏かぁ!
恋をしたいものですね。

コーヒーが 200 円!?
安い。

まだ朝の内でしたが
ブランチにオムライスを注文。

卵料理は乳離れができていないようで
プライド(?)からまずは注文はしないのに。
死期がきた初夏?!

550 円!税込み!
blog52.jpg

観光地・嵐山としては安いような。

帰るとき確認したら
「高齢者福祉総合施設」
「健光園あらしやま」という建てものでした。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い逃げ未遂 ブログトップ