So-net無料ブログ作成
検索選択
手のひらを太陽に ブログトップ
前の5件 | -

テナガエビ いりませんか~! [手のひらを太陽に]

梅雨です。
また「ナメクジ」の季節です。

ベランダの 20 あまりの
大小の鉢やプランターにはっています。

鉢を置いている南側のベランダは
長さ 6m 強
幅が 1.3m 弱ほどの狭いところ。
地上から 30m 以上離れていますが。

どこからきたのやら
今年もまたぞろぞろ。

梅雨入りはまだの 5 月の夜
重い腰を上げて
割り箸と濃い塩水を入れた空き缶を持って
ベランダに出たら
あっという間に 70 匹の戦果。

いちいち箸でつまんではいられない!
ビール(新ジャンルのものですが)を
あちこちに仕かけたら!
blogなめくじ 2.jpg

数ミリのナメクジ!
こどもばかりが溺死しています。

どこかで湧いていますね。

毎年(拙ブログ 2016/05/23
300 匹ばかり殺戮したのに
今年はまだ 1 月間も狩りをしていないのに
400 匹を越えました。ああ。

それにしても
毎日記録している変な性格です。



前の池に小さな丸網を入れたら
1cm あまりの稚魚が採れます。
モツゴかモロコか
メダカかヨシノボリがほしいのですが
飼っていて
大きくなったら
ほとんどカダヤシだったことがあります。

だれだぁ!
カダヤシを放流したヤツは!

それと共にうっとうしいのは
アカミミガメ!ウシガエル!
ブルーギル!コイ!

しかし!
入ってくる水のない
都会の中のたまり水の池なのに
思ったより多くの魚種がいますね。

大きなウナギも釣れています。
blogうなぎ.jpg

これより大きな
タウナギも上がっていましたね。
どこからきたのでしょう。
湧いているのでしょうか。



昨年ごろからテナガエビが増えたような。
(上掲のウナギと写っているエビ)

小学生たちが
アメリカザリガニを釣るように
簡単になん匹も捕まえていますが。

ちなみにアメリカザリガニはいないのか
少ないのか!見たことがありません。

これをどこかの清流産と称すれば
いい値で売れるのじゃないでしょうか。

「四万十川のテナガエビ!安くするけど。

居酒屋のおじさんに声をかけてみます。

「桃ケ池のなら!いらん!」

う!するどい!

「昔!カネがないとき」
「桃ケ池で獲って」
「女房とてんぷらにして食った」

「最初の!逃げた奥さんとですね。

「うるせ~!」
「すぐ!腹痛に見舞われた!」
「つまらんことを思い出させるな!」

ご立腹です。



ま!ともかく捕まえた
その小さな稚魚をわが家の水槽に入れます。
blogモツゴ 2.jpg

夜中にのぞいてみると
勝手が分からず不安なのか
数尾ずつ隅のほうにかたまっています。
blogモツゴ.jpg

ちなみに左下に写ったのは
先輩ドジョウの尻尾の先です。

ああ!追いかけて!捕まえて!
食べているヤツがいます。

先輩のヨシノボリが喜んでいます。
キミのためのエサじゃない!

でも!まあ!元気のいい稚魚は逃げますね。
病気持ちや弱いものは淘汰されるのかも。
これでいいのかも。



水槽の魚も貝も
ナメクジを食べてくれたらいいのですが。
食べませんね。

ナメクジは投げ入れても
水底から水槽の壁面を伝って脱出します。
ビールには溺死するのに
塩水には溶ける(?)のに
真水には平気です。

なかなかタフなヤツです。

ナメクジ!いりまへんか~!
おフランスのぶどう畑のナメクジですよ~!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都御苑 トンボ池のモリアオガエル [手のひらを太陽に]

カエルが鳴いています。
ツチガエルでしょうか。
blog61.jpg

大昔!
ツチガエルといっしょに
トノサマガエルがいましたが
それのほうが
容貌(?)と歌声(?)がいいので
悪ガキたちは
ツチガエルをクソガエルと呼んでいたような。

容姿の悪いものは損ですなぁ。

お!
卵塊があります!樹上に。
blog62.jpg

モリアオガエルが産卵したのですね。
日本のカエルで
樹上に卵を産む種類はそういないでしょう。
間違いありません。

水際にもふたつありました。
blog63.jpg

こんな低い場所に産卵するとは!?
シュレーゲルアオガエルでしょうか。
いや!シュレーゲルは完全に土の中のはず?!
やっぱり!モリアオガエルかな。



京都御苑の中の「トンボ池」です。

平成になって造られた小さな池です。
池というより水たまり。
どこからも流入はなく
どこへも流れ出していません。

その水たまりにたくさんの生物が棲息しています。

モリアオガエルもやってきたのです。

渓谷沿いのか細い踏み跡を彷徨中!
モリアオガエルの卵塊を見たら
深山幽谷!
魔ものの棲んでいそうな湖に
やってきた感慨がひしひしと湧いてきます。

私にはモリアオガエル イコール 深山です。

ところがここは千年の都のまん真ん中ですよ。

四方を大きな道路に囲まれて
くるまが四六時中走っています。

ふしぎですね。



モリアオガエルがいました。
blog64.jpg

逃げませんね。
blog65.jpg

もしかして!これ!シュレーゲル?!
前回きたときにはモリアオガエルだと思って
シュレーゲルばかり撮って帰っています。はは。

正直いって私には
今も両者の区別がはっきりできません。

「最近!シュレーゲルがいなくなった」とのこと。

生存競争で負けたのでしょうか。
とすると!モリアオガエルは
案外!強いカエルなんでしょうか。



それにしても
このキショウブ!なんとかなりませんか。
blog66.jpg

池の周囲を占拠しています。
植えた訳でもないのに。

「困っています」
「なんとかしなければと考えています」と
ガイドをしていた人たちが
口をそろえていっていました。

ああ!やっと出会えましたね。
キショウブに危惧している人たちに。

関西の水辺を
侵略しつづけているキショウブの恐怖。
ずっと訴えつづけているのに
だれにも無視されてきましたが
初めて肯定されてちょっとうれしい。



「それに!このウキクサ!」
blog67.jpg

困っているそうな。

トンボは水面の反射に反応して飛来するそうな。
水面がウキクサだらけなら
トンボは産卵にこなくなり
「トンボ池」でなくなるかも。

ん?!
カエルは緑色ではない
青色のほうへ逃げるといいませんか。

カエルは素早く水中に逃げることが
身を護る武器のはず。

水面が緑色なら
逃げ場所を誤ることになりかねませんか。

水草とキショウブを全部取り払いましょうよ。
ボランティアでもなんでも動員して。

ここは環境省管轄の公園。
お役所は “お役所仕事” ですから!
どうなることやら。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フクロウのあかちゃんが泣いていました [手のひらを太陽に]

奈良ドリームランドが!?
blog81.jpg

瓦礫(がれき)の山。
閉園後にも
大きな遊具が風雨にさらされていたのに。

黒髪山を越えて
“能楽” の原典といわれている
“翁舞” が継承されている
「奈良豆比古(ならづひこ)神社」へ。
blog82.jpg

本殿の後ろに
樹齢 1,000 年と推定されている
クスノキの巨樹があります。

その下で鳴いて!いや
泣いているあかちゃん!?(2017/05/19)
blog83.jpg

フクロウ?!
コノハズク!?

ずっと見ていたらしいハイカーの女性が
「カラスが襲撃にきている!」
「食べられる~?!」

観光客やハイカーが集まってきても名案なし。
参詣にきていた地元の刀自にきてもらいます。

「上の巣から落ちたんや」
blog84.jpg

この樹齢 1,000 年のクスノキのウロに
毎年!営巣しているとか。
以前にも落ちたことがある!そうな。
そのときには
もう少し大きかったのか
下でだれかがエサをやっていたら
親の元へ帰ったといいますが。

しかし!どうしましょう。

よっし!
私がでんわをかけます。
どこに!?
思いあたるところなし。
まして!ここ奈良市!友人もなし。
もっとも
大阪に帰っても友人は皆無ですけどね。はは。

いろいろと観光のリーフレットにある番号に
でんわして!すみませんでした。

だれも「知らない」ですわな。
でんわを受けて迷惑ですよね。

奈良市観光課のおばさんが!いや!
ご尊顔を拝しませんから!若いおね~さんかも!
「野鳥は野鳥の世界にまかせましょう」

もっともなことです。
フクロウにはフクロウのさだめがあり
カラスにはカラスの生活があります。

で!解決。
でも!なんだかねぇ。
ま!一件落着。
その後のこと!私は知りません。



後ろ髪を引かれる思いで
植村牧場の看板 “にゃんこ” に会いに。
いやされましょう。
blog87.jpg

が!にゃんこはお散歩中らしい。

暑いので乳牛も小屋の中で休んでいます。
blog85.jpg

だれか羊の毛を刈ってあげて。
blog86.jpg

冷たい牛乳(160 円)を飲みながら
にゃんこを待っていても帰ってきませんね。
blog88.jpg

植村牧場の前に般若寺の国宝の楼門。
blog89.jpg

春にヤマブキ
秋にコスモスの “花” の般若寺。
夏はアジサイ!でしょうか。
まだ!少し早そうで!とぼとぼ通り過ぎます。

北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)!
blog90.jpg

主にハンセン病罹病者の入院病棟。
鎌倉時代に建設されたらしい。
ここに移設されたのは江戸の初めでしょうけど。

ああ!
なんだか足が重い。

スズメの若ものが死んでいました。
blog91.jpg

たぶん!交通事故。
暑くてやりきれない初夏。
もっとやりきれない季節が近い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住吉大社に棲む可愛い鴨たち [手のひらを太陽に]

住吉大社(大阪市住吉区)の
御田(おんだ)です。
blog41.jpg

鯉のぼり店の売名行為!というのじゃなくて
奉納といわなくてはいけませんね!
その鯉のぼりがあるだけで殺風景です。

年中!
参拝者でにぎやかなイメージがありますが。
blog42.jpg

静かです。

川端康成の小説を思い出す
反橋(そりばし)も
雨上がりにはしっとりとしています。
blog43.jpg

あ!
blog44.jpg

足元になにか(!)いるじゃないですか。
ちっとも気配がないので驚きました。



カモ(鴨)!?
野生の鴨がのんびりと
参拝者の通り道のすぐそばで
寝てはいませんよね。

夏には御田を棲家にしていた
アイガモたちでしょうか!

御田では
アイガモ農法で米作りをしていましたね。

一般のアイガモ農法では
稲穂を食べてしまうので
出穂後は田から上げられ
肥育されて
最後は肉に加工されているようですが
ここではどうしていたのでしょう。

ともかく生きながらえて
境内で暮らしているのでしょうか。



鳴き声のほうに行くと
五所御前(ごしょごぜん)で
「五・大・力」の石を交換している
若くもなく!
古くもないおね~さんたちの足元で
甘えるものたちがいます。
blog45.jpg

「初辰まいり」の
「なんくん社」のあたりでは
列を作って歩いています。
blog46.jpg

思ったよりたくさんいますね。
blog47.jpg

石舞台にはひっそりと桜が咲いていました。
blog48.jpg

わ!石舞台のまん前で堂々と寝ていました。
blog49.jpg

歩いているものは
やかましく鳴きつづけていますが
寝ているものはなんにもいわないので
踏みつけられないのでしょうか。



ランチして帰りますか。

住吉大社の周囲を一周してみても食指が動かず
結局!なん度か行ったことのある
オール・ワンコインランチの
南海・住吉大社駅前の「かずやん」へ。

アジフライ定食(税込 500 円)をもらいます。
blog50.jpg



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カメムシと日向ぼこ [手のひらを太陽に]

冬亀虫の 死にどころなく 歩きけり


ふと!名句が浮かんだと思ったのですが。

う~ん!
村上鬼城のパクリということは明瞭。
それに字あまりだし。

兵庫県立一庫(ひとくら)公園。
一庫ダムの横の高台ですが。

さらに高い「見晴らしの丘」に上ります。
blog21.jpg

「見晴らし」はあんまり。
blog22.jpg

眼下に小さく
ダム湖(知明湖)が光っていますが。

重なっている枯れ葉に構わずベンチに座り
小春日和に日向(ひなた)ぼこ。

あ!
小春(陰暦 10 月)はもう過ぎていましたね。

そこへカメムシがやってきました。
blog23.jpg

ではまた 1 句。


亀虫よ 死にいそぐなよ いそぐなよ


はい!ご推察通り
加藤楸邨のパクリです。すみません。
それに!だいたいカメムシは季語なんですかね。

ではオリジナルを、、、。
オリジナルを、、、。
すらすらとは出ませんね。
私は俳人ではなく廃人に近いですからね。


小春日は 御仏の顔 亀虫も

かそけしと 冬亀虫は 墓じまい


あと 10 句ばかり作りましたが!やめましょう。
俳句といえるものかどうか。



あら!?
カメムシが死にどころなく歩いていると
勝手に思ってしまったのですが
かれらの一生はどうでしたやら。

もしかして越冬する昆虫?!

カメムシを食用とする東南アジアのラオスでは
2、3 月が採集最盛期だそうな。

もっともラオスの冬は木枯らしが舞ったり
積雪はないでしょうけど。

やっぱりカメムシを食べている南アフリカでは
6 月に採集に行っています。

6 月といっても南半球では真冬ですからね。
アフリカでも
暖房なしでは過ごせない地区でのこと。
寒い朝には動きが鈍くて群れているので
採集しやすいようです。

日本のカメムシも
どこかでかたまって越冬するのかも知れません。

じゃ!日本でも食べるほど集めたいときには
冬がいいのかな。

ま!すごい臭いを放つので
食べるには勇気がいりますが
今!流行の
パクチーやコリアンダーの類だと思えば
病みつきになるかも。



このお友だち!なんという名のカメムシやら。
blog24.jpg

カメムシの種類はシロートにはまったくお手上げ!
多くの種類がありますよね。

こちらが動かなければ
カメムシも動きませんね。

カメムシと日向ぼこ。
あんまり経験しないことです。


この頃の漫画わからずひなたぼこ


やなせたかしはそう詠(よ)んだそうな。

一流の漫画家でも分かりませんか。
私なんか大昔に
分からなくなって読まなくなりましたが。

ところが今日は持ってきているのですね。
ちょっと気になって。
漫画一般のことではありません。
フューチャー・イズ・ワイルド
(The Future is Wild)の内容が気になって。

TVは見なかったし
DVD は買えないし
書籍は活字を見るのが苦手だし
漫画で見ることにしたのです!はは。

地球から人類が消え去った 1 億年後
高い社会組織を習得した
「シルバースナイパー」という
クモ(蜘蛛)の集団がいます。

峡谷に
幅 30m もの網(クモの巣)をしかけています。
飛んできた昆虫類を捕まえるのではなく
草木の種子を得るためにです。

その種子で動物を飼っています。
ハムスターに似た「ポグル」という哺乳類です。

唯一生き残った哺乳類は
なんと!クモの家畜になっていました。

「ポグル」が太ればクモが食料にします。

そんな時代がくるのかも。

クモやら昆虫に飼われる日がくるのかも。

カメムシが家畜のヒトを見て
1 句詠んでいるのかも。



(野中健一著/虫を食む人々の暮らし/および)
(ドゥーガル・ディクソン&ジョン・アダムス著/)
(小川隆章作画/フューチャー・イズ・ワイルド/)
(コミック版/を参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 手のひらを太陽に ブログトップ