So-net無料ブログ作成
検索選択
手のひらを太陽に ブログトップ
前の5件 | -

フクロウのあかちゃんが泣いていました [手のひらを太陽に]

奈良ドリームランドが!?
blog81.jpg

瓦礫(がれき)の山。
閉園後にも
大きな遊具が風雨にさらされていたのに。

黒髪山を越えて
“能楽” の原典といわれている
“翁舞” が継承されている
「奈良豆比古(ならづひこ)神社」へ。
blog82.jpg

本殿の後ろに
樹齢 1,000 年と推定されている
クスノキの巨樹があります。

その下で鳴いて!いや
泣いているあかちゃん!?(2017/05/19)
blog83.jpg

フクロウ?!
コノハズク!?

ずっと見ていたらしいハイカーの女性が
「カラスが襲撃にきている!」
「食べられる~?!」

観光客やハイカーが集まってきても名案なし。
参詣にきていた地元の刀自にきてもらいます。

「上の巣から落ちたんや」
blog84.jpg

この樹齢 1,000 年のクスノキのウロに
毎年!営巣しているとか。
以前にも落ちたことがある!そうな。
そのときには
もう少し大きかったのか
下でだれかがエサをやっていたら
親の元へ帰ったといいますが。

しかし!どうしましょう。

よっし!
私がでんわをかけます。
どこに!?
思いあたるところなし。
まして!ここ奈良市!友人もなし。
もっとも
大阪に帰っても友人は皆無ですけどね。はは。

いろいろと観光のリーフレットにある番号に
でんわして!すみませんでした。

だれも「知らない」ですわな。
でんわを受けて迷惑ですよね。

奈良市観光課のおばさんが!いや!
ご尊顔を拝しませんから!若いおね~さんかも!
「野鳥は野鳥の世界にまかせましょう」

もっともなことです。
フクロウにはフクロウのさだめがあり
カラスにはカラスの生活があります。

で!解決。
でも!なんだかねぇ。
ま!一件落着。
その後のこと!私は知りません。



後ろ髪を引かれる思いで
植村牧場の看板 “にゃんこ” に会いに。
いやされましょう。
blog87.jpg

が!にゃんこはお散歩中らしい。

暑いので乳牛も小屋の中で休んでいます。
blog85.jpg

だれか羊の毛を刈ってあげて。
blog86.jpg

冷たい牛乳(160 円)を飲みながら
にゃんこを待っていても帰ってきませんね。
blog88.jpg

植村牧場の前に般若寺の国宝の楼門。
blog89.jpg

春にヤマブキ
秋にコスモスの “花” の般若寺。
夏はアジサイ!でしょうか。
まだ!少し早そうで!とぼとぼ通り過ぎます。

北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)!
blog90.jpg

主にハンセン病罹病者の入院病棟。
鎌倉時代に建設されたらしい。
ここに移設されたのは江戸の初めでしょうけど。

ああ!
なんだか足が重い。

スズメの若ものが死んでいました。
blog91.jpg

たぶん!交通事故。
暑くてやりきれない初夏。
もっとやりきれない季節が近い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住吉大社に棲む可愛い鴨たち [手のひらを太陽に]

住吉大社(大阪市住吉区)の
御田(おんだ)です。
blog41.jpg

鯉のぼり店の売名行為!というのじゃなくて
奉納といわなくてはいけませんね!
その鯉のぼりがあるだけで殺風景です。

年中!
参拝者でにぎやかなイメージがありますが。
blog42.jpg

静かです。

川端康成の小説を思い出す
反橋(そりばし)も
雨上がりにはしっとりとしています。
blog43.jpg

あ!
blog44.jpg

足元になにか(!)いるじゃないですか。
ちっとも気配がないので驚きました。



カモ(鴨)!?
野生の鴨がのんびりと
参拝者の通り道のすぐそばで
寝てはいませんよね。

夏には御田を棲家にしていた
アイガモたちでしょうか!

御田では
アイガモ農法で米作りをしていましたね。

一般のアイガモ農法では
稲穂を食べてしまうので
出穂後は田から上げられ
肥育されて
最後は肉に加工されているようですが
ここではどうしていたのでしょう。

ともかく生きながらえて
境内で暮らしているのでしょうか。



鳴き声のほうに行くと
五所御前(ごしょごぜん)で
「五・大・力」の石を交換している
若くもなく!
古くもないおね~さんたちの足元で
甘えるものたちがいます。
blog45.jpg

「初辰まいり」の
「なんくん社」のあたりでは
列を作って歩いています。
blog46.jpg

思ったよりたくさんいますね。
blog47.jpg

石舞台にはひっそりと桜が咲いていました。
blog48.jpg

わ!石舞台のまん前で堂々と寝ていました。
blog49.jpg

歩いているものは
やかましく鳴きつづけていますが
寝ているものはなんにもいわないので
踏みつけられないのでしょうか。



ランチして帰りますか。

住吉大社の周囲を一周してみても食指が動かず
結局!なん度か行ったことのある
オール・ワンコインランチの
南海・住吉大社駅前の「かずやん」へ。

アジフライ定食(税込 500 円)をもらいます。
blog50.jpg



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

カメムシと日向ぼこ [手のひらを太陽に]

冬亀虫の 死にどころなく 歩きけり


ふと!名句が浮かんだと思ったのですが。

う~ん!
村上鬼城のパクリということは明瞭。
それに字あまりだし。

兵庫県立一庫(ひとくら)公園。
一庫ダムの横の高台ですが。

さらに高い「見晴らしの丘」に上ります。
blog21.jpg

「見晴らし」はあんまり。
blog22.jpg

眼下に小さく
ダム湖(知明湖)が光っていますが。

重なっている枯れ葉に構わずベンチに座り
小春日和に日向(ひなた)ぼこ。

あ!
小春(陰暦 10 月)はもう過ぎていましたね。

そこへカメムシがやってきました。
blog23.jpg

ではまた 1 句。


亀虫よ 死にいそぐなよ いそぐなよ


はい!ご推察通り
加藤楸邨のパクリです。すみません。
それに!だいたいカメムシは季語なんですかね。

ではオリジナルを、、、。
オリジナルを、、、。
すらすらとは出ませんね。
私は俳人ではなく廃人に近いですからね。


小春日は 御仏の顔 亀虫も

かそけしと 冬亀虫は 墓じまい


あと 10 句ばかり作りましたが!やめましょう。
俳句といえるものかどうか。



あら!?
カメムシが死にどころなく歩いていると
勝手に思ってしまったのですが
かれらの一生はどうでしたやら。

もしかして越冬する昆虫?!

カメムシを食用とする東南アジアのラオスでは
2、3 月が採集最盛期だそうな。

もっともラオスの冬は木枯らしが舞ったり
積雪はないでしょうけど。

やっぱりカメムシを食べている南アフリカでは
6 月に採集に行っています。

6 月といっても南半球では真冬ですからね。
アフリカでも
暖房なしでは過ごせない地区でのこと。
寒い朝には動きが鈍くて群れているので
採集しやすいようです。

日本のカメムシも
どこかでかたまって越冬するのかも知れません。

じゃ!日本でも食べるほど集めたいときには
冬がいいのかな。

ま!すごい臭いを放つので
食べるには勇気がいりますが
今!流行の
パクチーやコリアンダーの類だと思えば
病みつきになるかも。



このお友だち!なんという名のカメムシやら。
blog24.jpg

カメムシの種類はシロートにはまったくお手上げ!
多くの種類がありますよね。

こちらが動かなければ
カメムシも動きませんね。

カメムシと日向ぼこ。
あんまり経験しないことです。


この頃の漫画わからずひなたぼこ


やなせたかしはそう詠(よ)んだそうな。

一流の漫画家でも分かりませんか。
私なんか大昔に
分からなくなって読まなくなりましたが。

ところが今日は持ってきているのですね。
ちょっと気になって。
漫画一般のことではありません。
フューチャー・イズ・ワイルド
(The Future is Wild)の内容が気になって。

TVは見なかったし
DVD は買えないし
書籍は活字を見るのが苦手だし
漫画で見ることにしたのです!はは。

地球から人類が消え去った 1 億年後
高い社会組織を習得した
「シルバースナイパー」という
クモ(蜘蛛)の集団がいます。

峡谷に
幅 30m もの網(クモの巣)をしかけています。
飛んできた昆虫類を捕まえるのではなく
草木の種子を得るためにです。

その種子で動物を飼っています。
ハムスターに似た「ポグル」という哺乳類です。

唯一生き残った哺乳類は
なんと!クモの家畜になっていました。

「ポグル」が太ればクモが食料にします。

そんな時代がくるのかも。

クモやら昆虫に飼われる日がくるのかも。

カメムシが家畜のヒトを見て
1 句詠んでいるのかも。



(野中健一著/虫を食む人々の暮らし/および)
(ドゥーガル・ディクソン&ジョン・アダムス著/)
(小川隆章作画/フューチャー・イズ・ワイルド/)
(コミック版/を参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

キリンはレッドリスト ヒトももうすぐ [手のひらを太陽に]

あれ?
気のせいか
フラミンゴの赤色の強いのが目立ちます。
blog71.jpg

繁殖期でもないのに。
エサの違いで色が変わるとも巷間いわれていますが
同じエサを食べているのに
あんまり赤くないのも。

ん?!種類が違うのでしょうか。
なん種類かのフラミンゴが同居しているような。

ここでしたかね!
異種亜種間で恋をして
珍しいミックスのフラミンゴが誕生したのは。
記憶違いならごめんなさい。

ここは天王寺動物園です。

近くではタンチョウの寝ている 1 羽を
立っている 1 羽がつついています。
blog72.jpg

つついているというより
やさしくやさしく愛撫しているような。
もしカップルなら
どちらがオスでしょうか!メスでしょうか。

かなり長時間いちゃついて(?)いましたが。



あ!上から見られていました。
blog73.jpg

レッサーパンダは
動きが活発で愛くるしい容姿のためか
この園では人気もの。

岩山の上からはムフロン。
blog74.jpg

あんまり人気がないようなんですが
私の好きな動物です。

岩山の頂上あたりにぶら下げてもらっているのは
ムフロンのパンチングボール!?

角をガンガンするのでしょうか。



ああ!師走で忙しいときに(ウソついてすみません)
なにをのんびり!(仕事もカネもないのだ!)

キリンを見にきたのでした。

キリンが
レッドリスト(世界の絶滅危惧種リスト)になったと
報道されていました。(2016/12/08 日本経済新聞)

お!
キリンがいます。
blog75.jpg

アフリカのサバンナゾーン。
キリマンジャロのように見えるのは(見えませんか!)
「あべのハルカス」ですが。

模様のはっきりした大きなキリンがいます。
blog76.jpg

もしかしてアミメキリンでしょうか。

こんな大きな個体なら
生きるのが大変でしょう。
絶滅するのも早いのでしょうか。

わ!驚くじゃないですか!
blog77.jpg

キリンにもシマウマにもわれ関せずと寝ていたのに
カメラを構えたら急に頭を上げたりして。
だいたいいつも眠そうな顔をしているのに
ライオンの急にお目目パッチリ!はなんなの。

暖房用のヒーターの入っている岩の形のベッドを
ライオンのメスが独占していますが
このプライド(群れ)はメスがボスなの?!
blog78.jpg

この 3 頭は
ここにいっしょにやってきた仲よし(!)のはず。
野生のように猛々しくはないのかも。

ま!この日は陽射しがあたたかかったからかも。



園内に落ちています。
blog79.jpg

だれの糞?!

園内を散歩しているのは
ホロホロドリやニワトリですよね。

夜中に勝手に走っているのはイタチでしょうけど。

こんな糞をするものは!?

あ!
blog80.jpg

真上のオリーブの実が落ちていたのでしたか。



「なんとう ? いるかな」とありますが。
blog81.jpg

この中に動物がたくさん隠れているのですか。

ただのモザイク模様にいろんな想像が湧く
ヒトの脳はすごいですね。

一部の形に反応する動物もいることでしょうけど
こんなに複雑な思考ができるとは!?

イギリスのTV番組の
「フューチャー・イズ・ワイルド」では
500 万年後の地球にはヒトの存在はありません。

大勢の科学者の考えたことらしいですが。

1 億年後にも
2 億年後にも
ヒトに匹敵する脳を持つ生物は
現れないと予測しています。

2 億年の間に
7 度くらい生命の大量絶滅があると考えています。

大量絶滅して 1 から出直して
その短いスパンの中で
なかなか偶然というのか
突然変異的に脳を発達させる生物は現れにくのかも。

でも!
生命の設計図かタンパク質の設計図か知りませんが
DNA とか RNA とかは
地球の生物である以上踏襲していくのでは。

人間はなぜ生きるのか!?
私は「生殖」だけしかないと思うのですが。

命短し!恋せよ!乙女。

ヒトも生物群の一部なら
ヒトとかライオンとかの個々の種は消えても
なにかの生命体を残して行けば
それでいいのじゃないでしょうか。

ばんざいです。

今日はキリンが生きていたし!
とりあえず!ばんざいです。

阿呆は間違っていても錯覚でも
簡単に納得して
あきらめて
無情を感じて
今夜も嫌いな(!)酒を飲むんです。



(ドゥーガル・ディクソン&ジョン・アダムス著/)
(小川隆章作画/フューチャー・イズ・ワイルド/)
(コミック版/を参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スズメガは飛びゴキブリは走る [手のひらを太陽に]

あ!ハチドリ!?
blog蛾1.jpg

カメラを構えたのですが
どこに写ったのやら。
動きが敏捷ですからね。

ま!ハチドリなんかいませんよね。
南米じゃないんですから。
大阪市内ですからね。

画像から拡大して探すと!これかな。
blog蛾2.jpg

やっぱり錯覚でした。
ハチドリじゃありません。
スズメガの、、、?!
え~と!名前が出てきません。

この種の食草はクチナシなんかのはず。
このあたりの街路樹の下には
たくさん植栽されています。

それに昼間に活動する種ですので
珍しい昆虫ではないはずなんですが
◯十年ぶりに出会いました。

たぶん!出会ってはいるのに
大好きな(!)エロやグロや
ナンセンスな事象ばかりに気を取られていて
気づかなかっただけでしょう。



あるハブ駅の
駅ナカのショッピングモール。
食べものを扱ったテナントばかりの通路に
高速でよぎる大きなチャバネゴキブリ。

あ!ちょぉ~!

追いかけて!長い(?)足で押さえました。

「捕れたよ~!」
blogゴキ.jpg

が!どの店舗の人も顔をそむけたまま。

謝礼に
まんじゅうのひとつもくれとはいってませんよ。
あげるというのならもらいますが。

だれかひとりでも
「ありがとう」といってくれても
いいのじゃないの?!

なんか!悪いことしたみたい。
まさか!ペットとして
飼っていた訳じゃないでしょうね。

犬死にか!ゴキちゃんだけど。
死体(!)を通路の真ん中に置いてきました。



あ!思い出しました。
思い出したような。

あの蛾(が)!
「オオスカシバ」です!たぶん。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 手のひらを太陽に ブログトップ