So-net無料ブログ作成
検索選択
不謹慎ですが、、、 ブログトップ
前の5件 | -

ピース大阪 大阪空襲 [不謹慎ですが、、、]

左が長崎に落とした原子爆弾。
blog01.jpg

投下の前日に撮影したものとか。

右は通称・パンプキン爆弾。
よく似ていますね。
模擬・原子爆弾ですからね。

米軍はこのパンプキン爆弾で
原爆投下の練習をしたのですね。

昭和 20 年(1945)7 月 26 日
パンプキン爆弾が
今!私が住んでいる桃ケ池の近くに
落とされています。(拙ブログ 2009/07/26
blog02.jpg
(中央の上部が桃ケ池)
(72 年前とあんまり地形が変わっていません)

爆弾は爆弾ですから
7 人の犠牲者が出ているようですが。

この順番が広島や長崎と入れ替わっていたら
このあたりが焦土になっていたのです。

そうなると上の地形とは
まったく変わった街に変わっているでしょうね。



大阪城のそばの
「ピースおおさか」
「大阪国際平和センター」に寄ってみました。
blog03.jpg

「さぼりですか!避暑ですか?」

なんて失礼なメールがありますが!
否定したものの
ま!あたっている不謹慎ものですが
暑さを忘れてなんだか寂しい。
blog04.jpg

「刻(とき)の庭」とあります。
blog05.jpg

先の大戦時の
大阪空襲死没者を追悼し平和を祈念する場。

9,000 人を越える氏名がきざまれています。
blog06.jpg

9,000 人といっても
この川瀬宅のように
6 人家族だったという証言しかなく
氏名がそろっていない人も多い。



千羽鶴が捧げられています。
blog07.jpg

こんなところには
千羽鶴と決まっているのでしょうか。

きみ知るや!平池南桑という人の詩。

 閃光炮嫩葉
  せんこう どんようをやく

 紅涙満墟中
  こうるい きょちゅうにみつ

 白塔千羽鶴
  はくとう せんばのつる

 長鳴落爆空
  ちょうめいす らくばくのそら

嫩葉は双葉とか若葉ではなく
若い乙女たちのことらしい。

紅涙は美人の涙ではなく
血の涙を流すと解釈したほうがいいそうな。

千羽鶴は日本しかない日本語。

たぶん!
原爆投下からなん年か後の詩でしょう。

犠牲になった乙女たちを思った詩。



焼夷弾が雨あられ
大阪の街は壊滅しています。
blog08.jpg

その翌日でも
「大本営発表」は
爆撃機 B-29 の大半をたたき落として
勝ったかのよう!
blog11.jpg

なにがどう狂っているんですかね。

「国民がすべて兵役を拒否したら
「大将や中将や士官だけでは
「戦争できなかったのでは!?

「したがって!兵にも責任がある!

私は兵役の勇ましさやこっけいさや
無残さやらを声高にはなす人たちにいって
袋だたきにあってきました。

現役兵として入隊した往年の東宝のスターの
池部良はいいます。

「国民皆兵というから従った
「従わなければ刑務所送り
「軍隊に入るより刑務所送りのほうがばつが悪い

だがつづけていいます。

「ぼくにもう少し猿の毛三本ほどでもいいから
「知恵があったら刑務所送りを選んでいたかも

反面!戦争を大いに喜んでいたものも
いたに違いありません。
かれらには戦争も革命もチャンスなのです。

革命家(!)のチェ・ゲバラのいうことには

「ありとあらゆる種類の人間が
「新しい政府から褒美を獲得しようと

「自分たちの得のために革命を利用しようと

接近してきたそうな。



当時の献立。
blog09.jpg

芋がゆにすいとん。
たくあんにさつまいも。
おいしそうじゃないですか!
特にこの飽食の時代には。

また!戦争体験者たちに
袋だたきにあいそうな発言で!すみません。

当時の防空壕に入ってみます。
blog10.jpg

中に座って合掌。

外のクマゼミは合唱。
今年も暑い夏。



(一海和義著/漢詩一日一首/)
(チェ・ゲバラ著/革命戦争回顧録/平岡緑訳/)
(池部良著/食い食い虫/)参照
(敬称略)
タグ:池部良
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

迷走台風がやってきた [不謹慎ですが、、、]

迷走台風 5 号が
大阪に向かっているといいます。

ま!期待しても(?)いつものように
なんの変化もないでしょう。

わが家は水に浸からねば
波もかぶりません。
前の桃ケ池は氾濫しません。

土砂崩れは
大阪市の背骨の上町台地に亀裂が入り
20m ほど食い違う断層ができないかぎり
無理でしょう。


「台風が くるぞとメールは やかましい
「ここにはこない 嫌われている


それでも
風速 10m ばかりの風に見舞われるかも。

トマト「桃太郎」を収穫しておきますか。
blog台風1.jpg


「風の吹く 前にトマトを もぎ取りて
「君の自慢の へそに供える


ああ!忘れていました。
アーモンド!
blog台風2.jpg

今年はほとんど結実していないので
忘れていましたが。
ま!自然にまかせますか。
さわれば落ちそうなくらい熟れていますから。


「さびた風に アーモンドの実は落ちて
「夏のしっぽが そろりと過ぎる



「今日は(会社を)休んでるの」

アラフォー(around 40)の中でも
お色気過剰は一番のおね~さん。

「台風休暇ですか。

「違うもん!」

前日の日曜日!
どこかの砂浜で足をねん挫したらしい。

これが二八(16 歳)娘の親ならば
「だれと!?」
「なにをしてたんや?!」と詰問するところ。

「会社の後輩の女の子と行ったよ」

あたしゃ!親でもなんでもないし
二八娘の親ほどのおね~さんなら
知ったことじゃありませんから
いわなくてもいいですよ。

「なにも食べるものがないのよ」
「スーパー・サンディの」
「鯖弁当(拙ブログ 2017/04/05)でいいから」
「買ってきて」

よく知っていますね。

私が日ごろ
スーパー・サンディと業務スーパーと
スーパー玉出の
3 店をぐるぐる回っているのを
露骨に嫌悪して
「あの 3 店だけは行かないように」
「ビョーキになるよ」といっているくせに。

「食欲はあるの?!

「あるよ!内臓はなんともないもん」

「性欲は!?

「あるよ!健全な体だもん」

ま!それは健全かどうか
なくてもいいんじゃないんですか!


「食欲は毒 性欲も 毒ならば
「食らいつづけて 鬼になりたい



「鯖弁当!今日は仕入れがないそうよ。

「その店舗は小さいから」
「あちらの大きな店舗に行って」

よく知っていますね!ホントに。
でも!バカやろう!
だれが行くもんですか!雨の中。

「おこわ弁当」です。税抜き 299 円。
blog台風3.jpg

これでいいでしょ。
小さいけど鯖が入っているから。

私にも。洋風弁当。199 円。
blog台風4.jpg

大変な出費です。



「短歌!作れるよね」

「五七五七七なら。

おね~さんの考えるものとは
多少違うかも知れませんが。

「上手といわれる調子のいい歌がいいけど」

「上手か下手か
「そんなもん!どうでもいいことです。

たどたどしくても
心に残る歌は残ります。

みんな先生といわれるような人の作品と
瓜ふたつになることもありません。

例えば
宮中の歌会始で
なん万首の中から選ばれても
その後!
人心に生きつづける歌がありますか。

「しかし!なんで今さら歌なの?
「あ!いいです!いいです!いわなくても。

またオトコかぁ。
そんな集まりに行くんでしょうね。



じゃ!作って帰りましょう。
おばさんに分かりやすいように
口語体で行くよ。

「だれがおばさんやねん!」


「わが汗に まみれて哀れ 君のため
「299 円の 鯖弁当を買う


「百年(ももとせ)の
「苔(こけ)のにおいの 乳首立つ
「吸いつづければ くまぜみの鳴く


「君は泣け 泣き疲れて寝よ めざめるな
「台風よこい はらませにこい


「キス好きは
「乳(ち)ばなれできない 病(やまい)なら
「あわれみかけよ 蝉の死ぬ夏



「もう!けっこう!けっこうです~」

残念。
あと 2、30 は詠めますが。
(実際あと 10 首ばかり作ったのですが)
(今!覚えていません)

「みんなあげるから使ってね。

「う~ん?」
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

郵便局は泥棒!? [不謹慎ですが、、、]

某店舗で休憩していたら
横でアラフォー(around 40)のカップルが
鬼のような形相で店員に叫んでいました。

「1 時間半も待たせて!どういうことか!」

どんな事由か知りませんが大変です。

許す代わりに商品券を要求したりしています。
そりゃまずいでしょ。
ケーサツに連絡したらどうですか。

ま!どちらも醜態この上ありません。



なんて思っていたら自分が
クレーマーになりに行きます。

郵便局です。

またまたまた!また郵便局です。
のれんに腕押しの郵便局です。
プロ意識欠如!
誠意も解決力も勤勉さもない郵便局です。

差し出した封書がもどってきたのです。

こんな風なあて先です。
blog封筒.jpg
(これは架空のものですが)

大阪市から
奈良県の大和郡山市へ送ったもの。

確認します。
住所!番地!間違いありません。
郵便番号も正確。
丁寧にマンション名も書きました。
部屋番号もOKです。

なにをしとるんや!
もう 1 度持って行け!といえば
もう 1 度切手を貼れ!といいます。

??!

この郵便物の配達はこれで
めでたく(!)完了しているということ?!

規則だ!
いやなら配達しない!とのこと。

届けるのが先ですから
82 円払いました。

届きました。



2 度めに届いたのなら
1 度めは
郵便局のミスだったのは明らかです。

「82 円切手!返せ」と
行きたくもないのに!
郵便局にまた行きました。

そんな理屈は郵便局にはないようです。

早いはなし
弁護士でもなんでも立てて
裁判にでも持ってこい!
受けて立ってやらぁ!
ということらしい。

配達した封書が赤いインクの
断り書きやスタンプだらけじゃないの!
再配達した配達員が
簡単にミスだったと確認できるじゃないの!

その時点でなぜあやまらない!
大和郡山市の郵便局は!

こちらが出向く前に
82 円切手を返却するべきでしょう。



郵便の自由化とかやったときの総理大臣は
民間は信用できないとかいっていましたが
信用できないのは郵便局のほうでは。

民間の宅配会社なら!すぐ誤っていますよ。

窓口に
先客の 90 歳という刀自がいました。
用事がすんだのかまだなのか帰りません。

私が発言するたびに
「すみませんのひとこともないのか!」と
叫んでいましたが。

それは自分のクレームのことでしょうけど
なんだか私の応援をしてくれているようで
ますます私も増長して
鬼のような顔になっていたのでしょうね。

イヤになりますな。



「サ―ビス」とか「モラル」とかに
フツーの常識がなくても
組織全体上から下までみんなそうなら
なんとも思わなく楽しい毎日でしょうね。

怒りたくもないのですが。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

眞子さま 女性宮家創設問題 [不謹慎ですが、、、]

眞子(まこ)内親王がご婚約の運びとか。
まずはおめでとうございます。

眞子さまの「眞」の字は
私の本名にありますが。
命名されるときに欲しいといわれたので
さしあげたものです。

と!みなさんにいっていましたが
ウソですけどね!
断らなくても自明の理でしょうけど。

私の「眞」は
鎮守の杜(もり)の神主さんの夢枕に
菅原道眞が現れて
「今度生まれてくるこどもは聡明で
「村に!日本に!
「あまねく輝きをもたらすことであろう
「わが名から命名しなさい
ということでつけられたのです。

ま!ウソでしょうけど
最近まで命名書は残っていましたが
母がどこかに隠して(?)しまっています。
このていたらくじゃ
ウソでもホントでも
値打ちもなんにもないですね。
だから恥ずかしくて捨ててしまったのかも。



それはさておき!
女性宮家創設のはなしが出ているときに
婚約とは?!
臣籍降下されたらもう復帰できないでしょう。
過去にないことはないでしょうけど
現実的には不可能でしょう。

君主制の利点とか短所とか
論じるほどの知識はないのですが
私の思う単純な長所はひとつ
皇室があれば
政治屋(政治家にあらず)の
権力欲がそがれるということ。

王さまがいない国や!いなくなった国で
権力を握ったものは
自らが王さまになろうとしてしまいます。

現在!
そうなったならずものもいますよね。

日本では
総理大臣になっても
引き際はだいだい潔く(?)
決断するじゃないですか。

地位にすがっていても
王さまになれる訳はないので。



今!皇統の危機ですね。

江戸時代に
“番付” というお遊びがはやったようで
その中に
「貧乏人金持ち競り合い問答」がありました。

その中のひとつ。

金持ちいわく
「こどもばかりたくさんで
「一生つらいめをしている貧乏人

対して貧乏人は
「子のないのに無性に金を儲け
「死んだあと他人にしてやられる大ばか

そんなたとえを昔からよくされていますが
それは双方の「ないものねだり」で
人生は「いいとこ取り」はできません。

貧乏人でもこどもに恵まれない人は多く
金持ちでも子宝に囲まれている人はいます。

皇室の最も大きな使命は
「血のリレー」でしょう。
好むと好まざるにかかわらず。

それには中国では
「天子に
「三夫人 九嬪(ひん)
「二十七世婦 八十一御妻
実に計 120 人の女性が必要といわれていたそうな。

それほどではないにしても
今!天皇家系譜を見れば
たとえば 50 代桓武天皇の配偶者の欄は
どこまでつづくのかというほど。
26 人かな。
ちなみに子女は 36 人。
もっと生まれているのでしょうね!
成人した人だけのようですから。

最近でも江戸時代に
朝廷から幕府に提出した「禁裏女房」では 16 人。
典侍(てんじ)5 人 掌侍(しょうじ)4 人
命婦 女蔵人(くろうど)6 人
さらにもうひとり必要とも考えているとか。

そうしないと血の継承は難しいのかも。

皇族のご家族を
四畳半でちゃぶ台を親子で囲んで
なごんでいる状況を思い浮かべてはいけません。



一夫一婦制で!長子相続で!
女性も養子も認めない!
庶子による継承もダメで血統がつづきますか。

あ!
庶子と書いてしまいましたが
単なる非嫡出子という意味ではなく
堂々とした婚外子のつもり。

市井でも
たとえば歴史のある商家でも 3 代つづいて
長男が継いだことは珍しいのでは。

娘や正妻以外の子や
親戚のものを呼んだりして継承していませんか。

近代の皇統譜を見てみましょう。

123 代大正天皇の母は皇后ではありません。
122 代明治天皇の母もそうです。
さらに 121 代孝明天皇も
120 代仁孝天皇も
みんな母は皇后ではありません。

その前の 119 代光格天皇は
曾祖父が天皇かも知れませんが
118 代後桃園天皇の内親王を皇后にして
天皇になっていますが。

たとえ白楽天の詩にあるような
“後宮佳麗三千人” でも
うまくいかないのじゃありませんか。



“血のリレー” は
徳川幕府も腐心したようですが。
すでに 3 代家光あたりで
破たんしているともいえます。

末期には
将軍家!御三家!御三卿と
“血のリレー” 用に 7 家族も準備していたのに
まともな後継者が払底しているじゃありませんか。



皇族の方々の中には
皇室は自然消滅でも “自然” だと
考えられている方もいらっしゃるのでしょうか。

机上の計算では
1 組の夫婦がこどもをふたり作れば
29 代で子孫は 1 億人を越えるはず。

天皇家でいえば
およそ 700 年前の後醍醐天皇に
こどもがふたりいるとします。
そのこどもにこどもがふたり生まれるとします。
代々!ふたりのこどもに恵まれていたら
今!後醍醐帝の子孫だけで
日本の人口を越えているはず。

それが「禁裏女房」16 人なら
その 16 倍以上?!
次の世代でさらに 16 倍!?

そうはなっていません。
世情の安定した清の時代は!
日本では江戸時代でも!
人口の爆発といわれていますが
せいぜい 2、3 倍くらいのものでしょう。

ほとんどの血統は消えたのですよ。
消える運命にあるのですよ!きっと。

あらがわないほうがいいのかも。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

こたつで見たい春の夢 [不謹慎ですが、、、]

今年のわが家の庭(!)の桃ケ池には
ユリカモメの飛来が多いような。
blog001.jpg

いろんな理由や
気まぐれで飛んできているのでしょうけど
「寒いから」とばかり思ってしまいます。

ないない尽くしの人生に寒さはこたえるのぉ。
朝から気持ちが萎えていて!休憩します。
ふとんをかぶってふて寝でも。

シングルベッドにのせた
小さな炬燵(こたつ)を
両の足でしっかりと
股の間にはさんで目を閉じます。

ちょっと!しあわせ。

吹き降りや 親は舟こぐ 子は炬燵  一茶

一茶も小さなしあわせを詠ったのかも。



炬燵はいいですね。

ぬれにけり 母の留守なり 炬燵なり

江戸時代(文政 5 年発行)の
塵手水にあった川柳。

なんばしょっとね!?
(ちなみに私は)
(関門海峡を越えたことはありませんが)
(この表現でよろしいでしょうか)
親の留守に炬燵で男と!

おなじころの川柳。(文政 9 年発行の化粧紙)

おおすかん 炬燵の中で 手が長い 

やっぱりなんかしていますね。

これはなにわ娘の句ですから
「すかん」というけど
「好き」に近いようですね。
炬燵ふとんは七難隠す!じゃなく
七悪さを隠しますなぁ。



飯田龍太著/山居四望/に
大炬燵のはなしがありました。

先の大戦後の(たぶん山梨県あたりの)山村で
1 坪はある大炉を囲んで大勢で酒盛り。
夜が更けると
炉の上に大きな櫓(やぐら)をのせ
特大のふとんをすっぽり。
大きな炬燵を作ってみんなで寝たとか。

どんな櫓(やぐら)でしょうか。

わが家の居間の炬燵は
700mm 角の小さなものなので
高さは 360mm ほど。

1 坪の囲炉裏(いろり)とは?!
1,800mm × 1,800mm くらいでしょうか。

それをうちの炬燵にあてはめると
2.4 倍?!
高さは 860mm になりますか。

ところが!
家電売り場に行って客のふりをして確認すれば
不思議ですね!
不思議でもないかも知れませんが!
炬燵は天板の大きさが変わっても
高さは一定なんですね。

1,800mm の炬燵もありました。
しかし!片側の幅は 900mm なんですが。
ああ!そうですね!
1 坪の囲炉裏の上には
それをふたつ置けばいいのですかね。

掛けぶとんはいくつか重ねればOKですか。

もしかして炬燵とは!?
炬燵の嚆矢(こうし)は囲炉裏に櫓?!



思い出しました。
先日!宝塚市の小浜宿資料館に
昔の「行火(あんか)」が展示されていました。
blog002.jpg

私のベッドの上の炬燵。
blog003.jpg

資料館の右のほうの行火と似ていませんか。

どちらも小さくて
麻雀のできる板をのせることもできません。

私は櫓炬燵(やぐらごたつ)を買ったのですが。
一番小さい櫓炬燵といわれて買ったのですが。

炬燵と行火の違いはなんでしょう。
あんまり厳密な区別はないのかも。



まぁいい!
考えたり!努力したりすることはしんどい!
なにもかもうっちゃって
(うっちゃるほどの仕事もないけど)
今日は叱られるまで寝ていましょう。

外は強い風の音。
炬燵では春の夢。


吟行客袖幾詩情
 ぎんこうのかくしゅう いくばくのしじょうぞ

開落百花天地清
 かいらくひゃっか てんちきよし

枕上香風寐耶寤
 ちんじょうのこうふう みかごか

一場春夢不分明
 いちじょうのしゅんむ ふんみょうならず


覚めて覚めない花の下の眠りを詠った一休の
「春衣宿花」という詩。

「枕上香風」ですか!
「寐耶寤(みかごか)」が私には印象的。
みごとなものですね。

どうもこの詩の
「花」「香」は女性のことらしい。
これは発情した詩!?

一休宗純(1394 ~ 1481)は女性好き!
好きは好きなんですが
愛(いつく)しみ心から尊重しているような。
マザコンのようでもありますが。



湯たんぽを 足で探るや 四畳半   媚庵

これは四畳半でなくてはいけない
六畳なら家賃が高くなる
六畳なら炬燵が買える

との「評」がありましたが。

blog004.jpg
(小浜宿資料館の湯たんぽ)

そうか!私のベッドには
湯たんぽという選択がありましたか。

この部屋(の有効スペース)は
四畳半も三畳もないですから。

壁際全部に天井まで積み上げた低俗な書物と
わずかな下着と服と
いくつかの役に立たないガラクタで
部屋の大部分は占められ
残された空間はベッド + せいぜい半畳!?

見ると気が滅入るから
眼を閉じて春の夢を見ましょう。
願わくば!
一休のような発情した夢よこい。


おき炬燵 女ざかりも すぎにけり  欣求子



(上記図書の他)
(柳田聖山著/一休 「狂雲集」の世界/)
(山藤章二駄句駄句会編/駄句たくさん/)
(角川書店編/合本 俳句歳時記/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 不謹慎ですが、、、 ブログトップ