So-net無料ブログ作成
食い意地 ブログトップ
前の5件 | -

台風の夜のとん蝶 [食い意地]

朝から強い雨が降っています。
台風 21 号が向かってきているそうな。

今日(2017/10/22)は
初夏に植えた稲(拙ブログ 2017/06/18)の
刈り入れの日と聞いていましたが
この天候では中止かも。

おなじ苗を植えた
わが家の稲も
刈り入れる時期なんでしょうか。
blog1.jpg

古代の黒米でしたが
穂(もみ)はそんなに黒くはないですね。
blog2.jpg

古代米の特徴なのか背丈が低過ぎます。
もっとも!わが家だけのことかも。
無肥料の放任栽培ですからね。

こんなに背丈が低いと
風の被害が少ないのでは?!

周恩来が興味を示したという日本作出の
「台風よけ稲」といわれる「瑞豊」は
「晩稲(おくて)」の種?!

背丈の問題ではなく
台風の季節が過ぎてから
穂がはらむようにした品種でしたか。

日本の台風には「水害」がつきもの。
冠水に強い
「水くぐり」なんて稲があったそうですが
品種名なのか通称なのか知りません。

茎や稈が長かったのかも。
太くて丈夫だったのでしょうね。



今日は
たくさんの行事や企画があるようでしたが。
精神が軟弱なので
京都や奈良の奥地へのお誘いは敬遠して
神戸方面に出かけるつもりでしたが
電車に乗ると
「台風のため」
「途中で運転を打ち切ってもごめんね」
なんてアナウンスしています。

電車が打ち切る前に
もう!帰ります。

滅入った心にカツを入れるには
「米」ですね。
「米」が「力」だと
柳田國男がいっていませんでしたか。

第一に「力餅(ちからもち)」を
あげていましたが。

この「力餅」というもの!
なかなか奥が深い。

峠の茶屋から
正月などの行事や
分娩から墓掘りまで
この名前の餅があるのですね。

「力飯(ちからめし)」もあるのは
分かる気もしますが
「力米(ちからごめ)」という
単語も採集しています。

生米をかじるだけで「力」が湧く?!
日本には貧しい地方も多かったのです。



そんな訳で「力」のもと
「ごはん」を買って帰りました。

「御菓子司 絹笠」で
餅米の白蒸しの
「とん蝶」(税込 350 円)です。
blog3.jpg

大豆や塩昆布や小梅が入っています。
これは七味とうがらし入り。
blog4.jpg

赤飯を芯にした
「赤飯まんじゅう」(税込 140 円)も。



峠の茶屋のこと

「力を出してもう登ってしまったところに
「今さらなんの力餅だ

なんて面白いことを柳田は書いていますね。

先日!神戸のフジッコ本社で
「大豆」の講義を拝聴しました。

大豆は完全食品ともいえる
大変な数の栄養素があるのだそうですが

「食べても!
「それを取り入れられる体調がないとね

なんて講師がいっていましたが。
病人や
消化能力が欠如していると
なにを食べても投与しても
「力」が出ないことは自明の理なんですが。

なぜかおかしくて
だれも反応しないのに
あのとき!ひとりで笑ってしまって
すみませんでした。

どうして「峠の力餅」で
こんなこと!思い出したのでしょう。



台風!
ホントにやってきているのでしょうか。
いやに静かなんですが。

森羅万象!悪も良も正義もない!
災害のいい点は
塵芥を洗い
スクラップ&ビルドを進める!と
みなさんのメールに返信して
総スカンを食った夜です。

不謹慎な発言!すみませんでした。

ただ!土建屋さんたちは
そうだと肯定してくれましたが。



(柳田國男著/米と力/参照)
(敬称略)
タグ:柳田國男
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東南アジア? くらしの今昔館 抹茶プリン [食い意地]

江戸時代の大坂(大阪)の街の夕暮れ。
blog21.jpg

やがて日暮れて月が出ました。
blog22.jpg

横で!急に!
韓国からきた幼児が泣き出しました。

闇が怖くなったのですね。
いにしえから人は
闇には畏怖の念を持つのですね。
万国共通ですね。

夜明けです。
blog23.jpg

街に人がうごめいています。

わ!
blog24.jpg

ここ大坂なの?!
日本なの!?

ほとんど韓国語!
ときどき英語。
だぼだぼと和服を着た
美しい人もそれなりの人も
日本語をはなしていません。

韓国の人の SNS では
ここの情報が
無数に飛び交っているのだそうな。

大阪市立住まいのミュージアム
「大阪くらしの今昔館」(大阪市北区)に
きています。
わたしニッポン人!少数民族です。



路地にわんこの母子がいました。
blog25.jpg

みんなで可愛がる「町犬」でしょうか。
母わんこが「てん」
こどもが「ろく」と命名されていました。

庶民の住む「しもたや」を見て行きます。

「しもたや」は漢字では
「仕舞家(屋)」と書くらしい。

館内の桂米朝の声の解説では
十分商いをしてから
店を仕舞った後の住居をいうらしい。

転じて
商家でない家をいうようになったのかも。

貸家は基本的に
スケルトン(がらんどう)貸しなんですね。
blog26.jpg

へっつい(カマド)も
入居者持ちなんですか。
blog27.jpg

だから!へっついは
新品・中古品の市場があったのですね。

上方落語に
「へっつい盗っ人(へっつい泥棒)」
という演目がありますね。

「きょう日(最近)へっついさん!」
「安うおまへんで」

買えないので
間抜けなふたりが
盗みに行くはなしですが。
単純なナンセンスものですから
演者次第です。
ウデのある落語家の高座では
大いに笑えます。

「へっつい」とは
枕草子の一部の写本(能因本とか)に
あるそうですので
上方のことばかと思っていたのですが。

江戸で刷られた
「なぞなぞの絵本」(本の題は不明)に

「品川」とかけて
「へっついの下」ととく
こころは「おきが見える」

というのがありますので
全国的なことばだったのでしょうか。

ま!へっついの買えないものは
かんてき(七輪)で調理したようです。

畳もないから
貧乏人の冬はさぞ寒いことでしょう。



ミュージアムを出て横の
天神橋筋商店街を南下します。
blog28.jpg

日本一長いアーケード街。
ここも SNS に渦巻いているのか
目を閉じれば
外国の街を歩いているかのよう。

昔!安くておいしい
「プリン」を買ったような。
100 円くらいだったような。
はは!いつの時代のことやら。
いっしょに食べた人も忘れるほどの昔。

ありませんね。
なければ!よけいに恋しいぞ。
あ!そのときの人は
どうでもいいですけど。

「てんとうむし」は
健在です。(拙ブログ 2012/03/23
blog29.jpg

てんとうむしの背中の「点」が
よっつで「てんよん」
つまり「天神橋筋 4 番街」を
表現しているのでしょうか。

天神橋筋商店街のほぼ中間あたり
上に阪神高速道が通っているところに
橋があります。
blog30.jpg

欄干のオブジェ(?)があるだけですが。

女夫(夫婦)池があり
そこを横切る橋があったのですね。

1749 年の地図。
blog31.jpg

左が北。
右下のほうの橋が天神橋。
左下の細長いものが夫婦池・夫婦橋。
すでに 268 年前に
今の街の態をなしています。



橋のたもとに「扇町プリン」?!
ここは地下鉄・扇町駅の上でしたか。

「プリンじゃあ!

TVアニメの「おじゃる丸」みたいな
声になってしまいます。

「プリン賛歌」が聞こえるじゃないですか。
ま!私だけに聞こえるのですが。


「おお ソナタを知って マロはクラクラ

「やんごとなき甘さ マロをとろかせる


いっぱいあるのぉ!
チョコだの!キャラメルだの!
食べたこともないものが数種類。

しっかし!
高いのぉ!
1 本税込み 378 円。

1 本というのは
牛乳瓶のミニチュアのような
ガラスの瓶に入っているのです。

マロは!おじゃる丸は
1 日に 1 個と決められています。
わたくしめも 1 個でようごぜ~ます。

抹茶味のをひとつ。
blog32.jpg

あれ!?
最初からこうでしたか。
それとも持って帰るとき振ったから
こんな色になったのかな。

小豆あんが少し入っていましたが。


「スプーンでつつけば ふるえる黄色いソナタ

「マロとソナタの 秘密の会話


抹茶味ですから
黄色いことはありませんが。

金額でいえば
ランチ分くらいかかっていますが。
みんな食べて!おなかがすきました。



プリンを食べられて幸せ。

プリン賛歌を作詞した
犬丸りんは
食べられない遠くに行って久しいのに。



(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エキマルシェ大阪のパイフェイス [食い意地]

最近JR大阪駅周辺は
乗り換えのため最短距離を歩くか
駅ビルの最上部の
天空の農園に上ってみるかだけでしたが
大阪駅の西
1 階の桜橋口あたりにある
「エキマルシェ大阪」は
たいそうにぎやかなんですね。

「エキマルシェ」というのは
JR西日本が駅構内に展開する商業施設。
他の地域にあるものかどうか
おなじ名前なのかどうか知りませんが。

あちこちに行列ができています。
JRにも
にぎやかな商業施設があるんですね。(失礼!)

ひときわにぎやかなテナント。
blog81.jpg

「Pie face」?!
日本語でいうと
「パイフェイス エキマルシェ大阪ショップ」!

新規オープンした店舗らしい。
オーストラリア発祥の
パイと飲みものの店だとか。

ミートパイの専門店かな。
「パイフェイス」とは
パイに人の顔を描いているからですね。

高いなぁ!
blog82.jpg

牛肉や鶏肉のそれは
421 円(税込)もします。

フルーツや
あんこの入ったものもありますが。
ちなみに「あんこ」が一番安い 259 円。

みなさん!
抱えきれないほど買っていきますね。
飽食の時代かぁ!
世間は豊かですなぁ。
私は清水の舞台から
こうもり傘で飛んだ気になって
421 円のアボカドハンバーグをひとつ。
blog83.jpg

案外!大きい。
150g にはほど遠いけど
径 10cm に近く
厚みは 5cm にちょい足りないくらい。



大阪駅の南に出たら
空中(?)に大きな歩道橋。
blog84.jpg

昨日今日できた訳じゃ訳じゃないようです。
はは。
ずいぶん!
このあたりに顔を出していなかったのかも。

自転車が走っているんですね。
blog85.jpg

あのきらきらしたビルはなんですか。
blog86.jpg

阪神百貨店!?
大阪神ビルの東側部分かな。

つぶしているのですか。
建てているのですか。
改装しているのですか。

この季節はずれの笹飾りの短冊のようなもの。
blog87.jpg

足場の外側にあるような。
ということはビルのデザインじゃないような。



田舎ものは
瞠目(どうもく)し当惑するばかり。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

萩原天神でいちご大福 [食い意地]

趣(おもむき)のある「天神橋」の親柱。
blog61.jpg

堺市東区の萩原神社。
「萩原神社」との表記がありますが
みなさん!「萩原天神」といっていますが。
近接の南海の駅も「萩原天神駅」ですね。

「天神さま」ですから「牛」がいます。
blog62.jpg

親子!?
ではないような。
大きい牛と小さい牛?!

「思い出の背比べ」という
石が立てられていますが。
どういうふうに使うのでしょうか。

このあたりの地名は
大阪府堺市東区日置荘原寺町らしい。

「日置荘(ひきしょう)」は
大昔に広大な荘園でもあった名残りでしょうけど
「原寺町」は
その荘園の中の「原寺村」の末裔(?)かな。

萩原神社は神仏習合時代には
「萩原寺」と称していたのでしょうか。
「原寺村」は
「萩原寺」の「村」だから「萩原寺村」
その「萩」が略されて「原寺村」?!

まぁ!縮めるのが好きな国民ですなぁ。

大阪市の天王寺区は
四天王寺の「四」を省いたようです。

奈良県の王寺町は
片岡王寺の「片岡」を取ったのかな。

略す法則がないのか!あるのか。
天王寺区と王寺町は
同じ名前になった可能性があるのでしょうか。



唐突に思い出しました。
お色気ばかりだと思っていた
アラフォー(around 40)のおね~さんが
食い気のはなしをしていましたね。

萩原天神駅に行ったら「いちご大福」だと。
このあたりのオトコともつきあっていたのでしょうか。

東区役所の前を通って
その「一心堂」に行きますか。

高い!
鶏卵Sサイズもない「いちご大福」が 280 円!

おね~さんがいっていなかったけど
駅前にも和菓子店がありましたよ。
その「新生堂」の「いちご大福」は 183 円。

blog63.jpg
(左 280 円 右 183 円)

blog64.jpg
(左 280 円 右 183 円)

高い方がぞんざいに扱われていて
ザックの中で変形しましたが。

分かりません。
味に!食感に 97 円の違いがあるのかどうか。

どちらにしてもランチ代が消えました。

総計 463 円ですぞ。
いつも飲んでいる
安売りの「缶チューハイ」なら
500ml 缶 4 本 プラス 350ml 缶 1 本分の値段!?

安売りの「第三のビール」なら
500ml 缶 3 本 プラス 350ml 缶 1 本分!

スイーツ好きな人は
酒飲みより浪費(?)しているんですねぇ。

発情!あ!もとい!清純(風!)おね~さんは
両利きですので
経済的に!必然的に!オトコにすり寄って
いつも(?)甘えているんですなぁ。
甘え上手のセンス(!)がある人はいいなぁ。

それにしてもいちごのあん(!)ですか。

大陸の饅頭(まんとう)の肉のあんを
小豆のあんに代えて
日本の饅頭(まんじゅう)の祖になっている
林浄因も驚愕しているのかも。(拙ブログ 2016/04/20
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

椥辻のパンの 100円ショップ [食い意地]

「椥辻」!
どう読むんですか?
地名や個人のものなどにいっぱい表記がある
京都市山科区の区役所のあるあたり。
どこにもふり仮名がありません。

地元の地名ですから
だれもふり仮名はいらないでしょうけど。

「なぎつじ」なんですか。
blog31.jpg

その昔「椥(なぎ)」という大木があった
辻だったのでしょうか。

「椥(なぎ)」とは!?
木偏ですから「樹木」に違いないでしょうけど
もの知らずにはなじみのない木なんですが。

大阪に帰ってから場末の飲み屋で
自称・有識者!というより
山家育ちのおじさんにそれとなく聞いたら
「ハイキングのときなどで神社に寄ったときに」
「あんたがモチノキなんていっている木の」
「いくつかはナギの木じゃないんですか!」とか。

え~!?そうなんですか。
私の説明なんて口から出まかせ!出放題で
はなはだ無責任だということは認めますが。



年中お祭りのあるような京都で
市民の血が一番騒ぐという祇園祭り。
神仏に帰依も知識もないものには分かりませんが
八坂神社の牛頭(ごず)天王を祀る御霊会?!

その牛頭天王は壬生(みぶ)の
梛(なぎ)神社から移ったといわれています。

その「梛神社」とは(拙ブログ 2016/01/20
「梛」の林の中にあったからという
単純な(失礼!)事由の命名らしい。

なんですか?!「梛(なぎ)」とは。
「椥(なぎ)」とは違うのですか。

新熊野(いまくまの)神社あたりの地名は
今熊野椥ノ森町だといいます。

「梛(なぎ)」と「椥(なぎ)」が同じものなら
京都市には「ナギ」の木だらけ。
「ナギ」の森に
おおわれていた時代があったのでしょうか。



「梛(なぎ)」!?
「那」と「木」の合体?!
国字ですか!?

先日!
密漁の達人(遊漁料を払っているといいますが)の
山のお大尽が
「渓流魚を求めて那岐山(なぎさん)を越えた」
といっていましたね。
那岐山はナギの森!?
那岐山に行けば飽きるほど見られる?!
日本の原風景には珍しくもない樹木!?

「そんな木があったかな!気にしなかったけど」
「山麓には奈義町があったけど」

ん!?
しかし!
「椥(なぎ)」は「知」と「木」の合体ですか。
もう分かりません。



冗長なはなしですみません。

山科区役所のそばに
そんなに若くもないおね~さんがいっぱい。
そんなに大きくはない(失礼!)店舗。
blog32.jpg

「りとるすと~ん 小石」!
パン屋さんですか。

午後をだいぶ回っているのに
どんどん人がやってきています。

ザックと上着を店の前に放り出してから
入店してみます。
ものを持ったり背負ったりしていては
エチケットに反するような気がするほど
混み合っています。

お~!私向き!

100 円(税抜き)の商品ばかり。
相当な種類がありますね。

清水の舞台から飛び降りたつもりで
ふたつも買いましたぞな。
blog33.jpg

おフランス(フランスにあらず)人ですケン
フランスパン(?)を
加工したようなものばかり選びましたぞな。

栗あん(?)が入っていたものと
シチュー(?)をのせているようなもの。

食べるところがないので
区役所の前の花壇に座って食べました。



「最近!区役所もナギの木を意識して」
「花壇に植えたりしていませんでしたか」

あ!そうでした?!

実は庁舎に出入りする人が
ジロジロ見て行くような気がして
ひとつ食べてすぐ地下鉄のホームに行きました。

駅のホームのベンチは静かで
ゆっくり食べられましたが。

そんな訳で
ナギの木なんて
探そうとも思いませんでしたよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い意地 ブログトップ