So-net無料ブログ作成
検索選択
食い意地 ブログトップ
前の5件 | -

萩原天神でいちご大福 [食い意地]

趣(おもむき)のある「天神橋」の親柱。
blog61.jpg

堺市東区の萩原神社。
「萩原神社」との表記がありますが
みなさん!「萩原天神」といっていますが。
近接の南海の駅も「萩原天神駅」ですね。

「天神さま」ですから「牛」がいます。
blog62.jpg

親子!?
ではないような。
大きい牛と小さい牛?!

「思い出の背比べ」という
石が立てられていますが。
どういうふうに使うのでしょうか。

このあたりの地名は
大阪府堺市東区日置荘原寺町らしい。

「日置荘(ひきしょう)」は
大昔に広大な荘園でもあった名残りでしょうけど
「原寺町」は
その荘園の中の「原寺村」の末裔(?)かな。

萩原神社は神仏習合時代には
「萩原寺」と称していたのでしょうか。
「原寺村」は
「萩原寺」の「村」だから「萩原寺村」
その「萩」が略されて「原寺村」?!

まぁ!縮めるのが好きな国民ですなぁ。

大阪市の天王寺区は
四天王寺の「四」を省いたようです。

奈良県の王寺町は
片岡王寺の「片岡」を取ったのかな。

略す法則がないのか!あるのか。
天王寺区と王寺町は
同じ名前になった可能性があるのでしょうか。



唐突に思い出しました。
お色気ばかりだと思っていた
アラフォー(around 40)のおね~さんが
食い気のはなしをしていましたね。

萩原天神駅に行ったら「いちご大福」だと。
このあたりのオトコともつきあっていたのでしょうか。

東区役所の前を通って
その「一心堂」に行きますか。

高い!
鶏卵Sサイズもない「いちご大福」が 280 円!

おね~さんがいっていなかったけど
駅前にも和菓子店がありましたよ。
その「新生堂」の「いちご大福」は 183 円。

blog63.jpg
(左 280 円 右 183 円)

blog64.jpg
(左 280 円 右 183 円)

高い方がぞんざいに扱われていて
ザックの中で変形しましたが。

分かりません。
味に!食感に 97 円の違いがあるのかどうか。

どちらにしてもランチ代が消えました。

総計 463 円ですぞ。
いつも飲んでいる
安売りの「缶チューハイ」なら
500ml 缶 4 本 プラス 350ml 缶 1 本分の値段!?

安売りの「第三のビール」なら
500ml 缶 3 本 プラス 350ml 缶 1 本分!

スイーツ好きな人は
酒飲みより浪費(?)しているんですねぇ。

発情!あ!もとい!清純(風!)おね~さんは
両利きですので
経済的に!必然的に!オトコにすり寄って
いつも(?)甘えているんですなぁ。
甘え上手のセンス(!)がある人はいいなぁ。

それにしてもいちごのあん(!)ですか。

大陸の饅頭(まんとう)の肉のあんを
小豆のあんに代えて
日本の饅頭(まんじゅう)の祖になっている
林浄因も驚愕しているのかも。(拙ブログ 2016/04/20
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

椥辻のパンの 100円ショップ [食い意地]

「椥辻」!
どう読むんですか?
地名や個人のものなどにいっぱい表記がある
京都市山科区の区役所のあるあたり。
どこにもふり仮名がありません。

地元の地名ですから
だれもふり仮名はいらないでしょうけど。

「なぎつじ」なんですか。
blog31.jpg

その昔「椥(なぎ)」という大木があった
辻だったのでしょうか。

「椥(なぎ)」とは!?
木偏ですから「樹木」に違いないでしょうけど
もの知らずにはなじみのない木なんですが。

大阪に帰ってから場末の飲み屋で
自称・有識者!というより
山家育ちのおじさんにそれとなく聞いたら
「ハイキングのときなどで神社に寄ったときに」
「あんたがモチノキなんていっている木の」
「いくつかはナギの木じゃないんですか!」とか。

え~!?そうなんですか。
私の説明なんて口から出まかせ!出放題で
はなはだ無責任だということは認めますが。



年中お祭りのあるような京都で
市民の血が一番騒ぐという祇園祭り。
神仏に帰依も知識もないものには分かりませんが
八坂神社の牛頭(ごず)天王を祀る御霊会?!

その牛頭天王は壬生(みぶ)の
梛(なぎ)神社から移ったといわれています。

その「梛神社」とは(拙ブログ 2016/01/20
「梛」の林の中にあったからという
単純な(失礼!)事由の命名らしい。

なんですか?!「梛(なぎ)」とは。
「椥(なぎ)」とは違うのですか。

新熊野(いまくまの)神社あたりの地名は
今熊野椥ノ森町だといいます。

「梛(なぎ)」と「椥(なぎ)」が同じものなら
京都市には「ナギ」の木だらけ。
「ナギ」の森に
おおわれていた時代があったのでしょうか。



「梛(なぎ)」!?
「那」と「木」の合体?!
国字ですか!?

先日!
密漁の達人(遊漁料を払っているといいますが)の
山のお大尽が
「渓流魚を求めて那岐山(なぎさん)を越えた」
といっていましたね。
那岐山はナギの森!?
那岐山に行けば飽きるほど見られる?!
日本の原風景には珍しくもない樹木!?

「そんな木があったかな!気にしなかったけど」
「山麓には奈義町があったけど」

ん!?
しかし!
「椥(なぎ)」は「知」と「木」の合体ですか。
もう分かりません。



冗長なはなしですみません。

山科区役所のそばに
そんなに若くもないおね~さんがいっぱい。
そんなに大きくはない(失礼!)店舗。
blog32.jpg

「りとるすと~ん 小石」!
パン屋さんですか。

午後をだいぶ回っているのに
どんどん人がやってきています。

ザックと上着を店の前に放り出してから
入店してみます。
ものを持ったり背負ったりしていては
エチケットに反するような気がするほど
混み合っています。

お~!私向き!

100 円(税抜き)の商品ばかり。
相当な種類がありますね。

清水の舞台から飛び降りたつもりで
ふたつも買いましたぞな。
blog33.jpg

おフランス(フランスにあらず)人ですケン
フランスパン(?)を
加工したようなものばかり選びましたぞな。

栗あん(?)が入っていたものと
シチュー(?)をのせているようなもの。

食べるところがないので
区役所の前の花壇に座って食べました。



「最近!区役所もナギの木を意識して」
「花壇に植えたりしていませんでしたか」

あ!そうでした?!

実は庁舎に出入りする人が
ジロジロ見て行くような気がして
ひとつ食べてすぐ地下鉄のホームに行きました。

駅のホームのベンチは静かで
ゆっくり食べられましたが。

そんな訳で
ナギの木なんて
探そうとも思いませんでしたよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

新宮山で丸鶏家のチキン棒を食べた [食い意地]

大相撲力士の「勢」の実家は寿司店で
大阪府交野市の
スーパー“ニッコー”の前にありますが。

そこからとぼとぼと 10 分も歩けば
JR星田駅に出られます。

その途中に立派な長屋門(?)があります。
blog91.jpg

いつも先を急いでいて
それがどなたの屋敷か確認をしていないので
ひとり歩きの今日こそ
1 度は疑念を晴らしておかねば。

「新宮山八幡宮址」と
石段の下に標識がありますが。

上がれば!?
blog92.jpg

雑木林がありました。
2,000 年前から人が住んでいた高台らしい。

この丘が新宮山だとか。

案内通りに新宮山八幡宮はあります。
blog93.jpg

なんだかねぇ!寂しい風景。
社もありませんが
鎌倉時代には栄えた宮らしい。

ここはだれの屋敷でもなく
星田公園という
交野市の管理する広大な(1.6ha)公園でした。

では長屋門は?!
blog94.jpg

公園のトイレでしたか。



かさかさと落葉の鳴く初冬。

落葉時雨の中
「チキン棒」をいただきます。
blog95.jpg

JR星田駅前の
から揚げのテイクアウト専門店の
「丸鶏家」で買ってきました。

丸鶏家のそれが気になっていたのです。
blog96.jpg

しかし!みんな!たいそうな値段ですね。
blog97.jpg

その中で
気になっていた「チキン棒」は
一番安価でしたが。

から揚げの専門店を利用することは
まずないのですが
私が買うことのあるスーパーのから揚げは
どこの部位でも
100g 100 円から
せいぜい 120 円くらいの値札がついていますが
ここのはその倍以上ですね。

柔らかくておいしい。
水割りウイスキー(缶)が飲めます。
ま!発泡酒でも清酒でもなんでも
あれば飲めますけどね。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

泉涌寺窯元もみじまつり 赤飯まんじゅう [食い意地]

JR奈良線と京阪本線が北上すれば
洛中近くになるとよろよろとつかず離れず
ぶつかりそうでぶつからない!と安心していると
ばた~んと(かどうか)重ね餅!?
重ね餅のところが東福寺駅。

駅前のさほど広くないところに
JRと京阪の双方の駅員が大勢出てきて
乗客の整理か案内かしています。
blog31.jpg

蟻の熊野詣でならぬ東福寺詣で!?
東福寺と駅の間が往復する群衆で埋まっています。
紅葉の季節なんですね。

私は泉涌寺(せんにゅうじ)窯元の
「もみじまつり」にきたので
人ごみを横断して泉涌寺道の坂を上ります。

泉涌寺総門の前の即成院に寄ります。
blog32.jpg

「泉山七福 花めぐり」(2016/11/19 ~ 25)
スタンプラリーを催行しているとか。
そうなら七福神を意識して歩きましょうか。
ここは「福禄寿」ですか。

「寿老人」の法音院には屋根より高い柿の実が赤い。
blog33.jpg

「弁財天」は戒光寺。
blog34.jpg

なにかイベントのときには
いつもたくさん屋台が並ぶ境内です。

「愛染明王」の新善光寺。
blog35.jpg

紅葉と山茶花(さざんか)が散っていました。



ここまできたのなら
鳥戸野陵(とりべののみささぎ)に
なごんちゃん(清少納言)が仕えた
中宮・定子さまの墓参に。
blog36.jpg

はなやかな色はありません。

他に 6 方の女性皇族の火葬塚でもありますが
定子は棺のまま埋葬されたようです。
なごんちゃんは枕草子に
定子の最期は書いていません。

定子の葬儀は
定子を間接的に(!)殺した(?)叔父の
藤原道長の栄華をほめそやした
栄花物語でつまびらかです。
皮肉なものですね。



遅いランチに
駅を出て今熊野商店街の音羽屋で買った
赤飯万寿(せきはんまんじゅう)を
陵の石段に座って食べようと思いましたが。
blog37.jpg

赤飯を芯にして
上に栗がのっています。

陵で食べたらいけませんよね。
下にある広場みたいはスペースでいただきます。

音羽屋のおばちゃんが
「ひとつ 190 円!ふたつで 380 円」といいました。

じゃ!ふたつください。
ふたつ買えばお得じゃないですか!と
瞬間思って買ったのですが
なにもお得でもなかったですね。

どうしたのでしょう。
意識が遊離しつつあるのでしょうか。
お金にシビアな性格なのに。はは。



今熊野観音寺は紅葉に埋もれています。
blog38.jpg

観音寺といいながら
七福神めぐりでは「恵比須神」となっています。

弘法大師を後ろから写して!すみません。
blog39.jpg

「布袋尊」の来迎院。
blog40.jpg

なかなかいいロケーションじゃないですか。
観光客は少ないし。

つづいて総本山の
御寺(みてら)泉涌寺(せんにゅうじ)に。
blog41.jpg

御寺とは 30 近くの天皇の眠る寺だから。

明治維新の神仏分離の思想で御陵だけ
寺から分離したようですが。

神道国教化のためか
王政復古のためか知りませんが
多くの天皇が帰依した仏教寺院を否定するとは
矛盾してはいませんか。

多くの国民を不敬罪とかで処罰したようですが
政府や中枢の政治家のたちにこそ
不敬罪が適用できるのじゃないですか。はは。

境内になごんちゃんの歌碑がありますが
小倉百人一首の歌!
このあたりと縁は薄いでしょう。

入山料がないので通り過ぎますが。

あ!泉涌寺は楊貴妃観音が祀られていますので
「観音」さまかな。

大黒天の雲龍院。
blog42.jpg

え~と!まだありましたか。
引き返して「毘沙門天」の悲田院。

ここも静かです。
なんにもはなやいだ色はありません。
blog43.jpg

暮れなずむ町。
京都タワーがかすんでいます。



ん?!
「泉山七福 花めぐり」といっていましたね。
9 寺院回ったような。
どうして!?
ふたつ七福神ではない神さまがいるのでは。

それに
なんにも花というほどのものはなかったような。

紅葉さえ今熊野観音寺以外は印象に残っていません。

ああ!華道のどこかの流派が
寺寺に生け花を飾っていたのだそうな。
その「花めぐり」でしたか。

まともに入山料を払って参拝していないので
気づくはずがありません。



主に東福寺帰りの(たぶん)善男善女で
通勤時並みに混雑する電車を避けて
普通各駅停車で帰阪したら
自宅まで 2 時間もかかりました。

ん!?
泉涌寺までなにをしに行ったのやら。
忘れていませんか。
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京極たらたら坂 ぐーどすえ [食い意地]

京都市役所の南の本能寺。

「本能寺の変」の本能寺は
ここではありませんが。
豊臣秀吉がこの地に移転させたらしい。

織田信長の墓の前でしばし休ませてもらいます。
blog41.jpg

焼け落ちた本能寺から
信長の遺骸は見つかったのでしょうか。

信長の唯一(たぶん!)の一代記の
「信長公記」には女性をみんな逃がしてから
「殿中奥深く入り給ひ」
「内よりも御南戸(なんど)の口を引き立て」
「無情に切腹召され」とありますが
その後の本能寺のことや
信長のことは書いてありません。

もっとも
腹を切ったところを見たものもいませんよね。
そこにいた人はみんな死んでしまったから。

詮索はやめます。
遺骨はなくても
墓所がいくつもある人はたくさんいますから。



そんな信長の墓の
心配している場合じゃないのですが
心身とも疲れているのか
甘いものでも食べてみたい。

本能寺の前の
「八方焼き本舗」の「 小松屋」で
あんこのかたまりみたいな名物「八方焼き」を
いただきましょうか。
blog42.jpg

私は酒クセの悪い
左利き(飲み手)だと思われていますが
和菓子やあんこも嫌いではありません。

ん!?
看板にもメニューにも「八方焼き」がありません。
私の記憶違いかな。
残念。



寺町通りをとぼとぼ南下。
すぐ東西に走る三条通りと交差します。

さらに南に新京極通りが始まりますが。
blog43.jpg

三条通りから道が少し下っています。

「京極たらたら坂」というのだそうな。
坂は坂ですけどね。
あんまり有名な坂じゃないのかな。はは。

坂の途中に和菓子店が。
blog44.jpg

西谷堂!
「ぐーどすえ金つば」!
blog45.jpg

はは!「ぐー」の京都弁ですか。
それともなにか深い意味があるのでしょうか。

金つばがいっぱい!
トッピングに種類が多いということですか。

金ごま(税込 80 円)と黒ごま(80 円)と
抹茶(110 円)を。
blog46.jpg

ザックに入れたまま帰宅したので
少し変形したかも知れませんが
あんこ!おいしい。

少し元気を出そう。



(桑田忠親校注/改訂 信長公記/を参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食い意地 ブログトップ