So-net無料ブログ作成
わが街・大阪ブギウギ ブログトップ
前の5件 | -

ハロウィンの夜のなんばパークス [わが街・大阪ブギウギ]

先日!
ふと出会った居酒屋のおじさんが
「ハロウィン」(?)を買いに行くと
いっていましたね。

100 円ショップに行くようでしたが。
ハロウィンの
飾りつけ用品が売っているのですね。

「ハロウィンってなんですか?

「カボチャのお化けに手を合わす日や」

聞いた私がバカでした。
知らないけど!違うと思います。

トップの星を紛失したツリーでも
臆面もなくを飾って
クリスマスパーティを催して
稼ごうとしているような精神の人に。



夜になりました。
大阪はミナミ。

またまたなんの収穫もなく
とぼとぼ帰路に着けば
村祭りの夜よりまぶしい明かりに
酔いますね。

都会は年中!祭りの宵のように
色気づいてもいるのですか。

よくまぁ!狂わないものです。

ん?!
blog51.jpg

あれ!?
blog52.jpg

「ハロウィン」の仮装?!
もっとも「ハロウィン」って
仮装大会でもないですよね。

なにかよく分かりませんが
「みんなで盛り上がろう」なんて
書いてありますがね。
blog53.jpg

今日(2017/10/31)がハロウィン!?
その日なんでしょうか。



都市の中の大峡谷の
なんばパークスに灯が消えています。
blog54.jpg

多少の灯りだけ。
どうして!?

丘に上ります。
blog55.jpg

「カボチャ」です!
blog56.jpg

階段に
カボチャのランタンがつづいています。
blog57.jpg

お~!
「カボチャ」だらけ。
blog58.jpg

丘の中腹(?)あたりの
「せせらぎの杜」でしょうか。

たしかに水の音の中に
ランタンがあります。
blog60.jpg

他の灯りは消せばいいのに。
blog59.jpg

人がまったくいませんね。



さらに丘のトップまで上り詰めましたが。
blog61.jpg

「カボチャ」は
「せせらぎの杜」から上には
まったくありません。

かすかな気配に近寄れば
ふた組のカップルが
交尾の前のディスプレイをしていました。

なぜか女の子ふたりも楽しそうに
芝生の上でころげまわっています。
blog62.jpg

おお!
ジャカランダのやさしい葉の向こうに
月が出ています。
blog63.jpg

「大大阪の名月
「昭和の恋
「強者(つわもの)長征して
「夢いまだかえらず

名月は大大阪時代(大正末期)とおなじ
また昭和にははなやかな恋もありました。
平成の今
人材も会社も遠くに行って
大阪は凋落の途をたどります。
それでも人は発情します。

なんてね!
大阪人に聞かれたら怒られそう。

唐の王昌齢の詩
従軍行(出塞)の
「秦時の名月
「漢時の関
「万里長征して
「人いまだかえらず
を!思い出しただけですがね。



峡谷を見降ろせば静かです。
blog64.jpg

この丘の木という木には
LEDの電飾が巻きつかれているのに
点灯していないんですね。

こんなにぎやかな電線の花壇も
ともされていません。
blog65.jpg

帰ります。

結局!
「ハロウィン」とは
なにかも分からないまま。

あの居酒屋!
今ごろどうしていますやら。
あああ!
様子をうかがう勇気は
とてもありませんよ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帆船を追って スープ豚まん [わが街・大阪ブギウギ]

外国籍の船がひんぱんに往来しています。
blog51.jpg

「水がかかるよ」とかなんとか
速そうだけど!ひっくり返りそうな舟が
忠告にきましたが。
blog52.jpg

「そんで!どうすりゃいいの?!」なんて
悪態をついていたら
大阪市の消防艇が放水を始めました。
blog53.jpg

船員の教育船の
「大成丸」が入港しています。
blog54.jpg

つづいて赤い放水。
blog55.jpg

だれがつけたのか
「太平洋の白鳥」というあだ名のついた
航海練習船の帆船「日本丸」のようですが
帆はたたんでいるので
「白鳥のとりがら」と呼ばれそうです。
blog56.jpg
(そんな失礼なことをいう人はいません)

あ~ぁ!海を赤く汚しちゃって。
blog57.jpg

それから!つぎがなかなかきません。

なに気なく横を見れば
大阪市の無駄遣いのランドマークのひとつ
「なにわの海の時空館」が
朽ちて崩れるのを待っています。
blog58.jpg

だれも責任を取りません。
悲しいはなしです。
悲しいのは市民がなにもいわないこと。
慣れは恐ろしい!いっぱいあって
みんな平気なんですなぁ。

待ちくたびれたころ
ランドマーク(?)の向こうに帆船の姿が。
blog59.jpg

南の赤灯台と北の白灯台の間。
この防波堤の切れたところを
大阪市民は明治のころから
「大関門」と呼んできたらしい。

「海の貴婦人」という
航海練習船の帆船「海王丸」でしょうか。
blog60.jpg

その後を追うように帆船が入港。
blog61.jpg

これは!いいじゃないですか!
帆を上げてきています。
blog62.jpg

前の船の半分くらいな「みらいへ」?!
「みらいへ」なんと読むのですか?
聞くのも変ですけど。
blog63.jpg

「丸」も「号」もついていませんが。



ここは
コスモスクエア海浜緑地(大阪市住之江区)
水際を帆船の後を追います。
blog64.jpg

帆船はあちらの岸の海遊館のある
中央突堤北・天保山岸壁に向かっています。
blog65.jpg

あちらに行くには
どこに道があるのでしょう。

こちらに大阪市営地下鉄中央線の端っこの
「コスモスクエア」駅があります。

つぎの大阪港駅は
地下鉄だけど地上にあります。

そこから海の中をもぐってきています。
地下鉄がくることができるのなら
人間だって可能なはず。

探したのですが徒労に終わり!
地下鉄で海中トンネルを越えました。



帆船は天保山岸壁に係留されていました。
blog66.jpg

大阪港開港 150 年祭の催しのひとつ
「帆船 EXPO 」(2017/10/26 ~ 30)ですか。
blog67.jpg

帆船のクルー体験やら船内見学やら
体験クルーズやらセイルドリル体験やら
プログラムを組んでいるようですが。
blog68.jpg

園児たちの歓迎式典。
blog69.jpg

可愛いですね。
早くおとなにならないほうがいいですよ。



海遊館の前の天保山マーケットプレースの
「なにわ食いしんぼ横丁」へ。
blog70.jpg

昭和の雰囲気を作っている店舗街ですが
ここが「難波(なにわ)」なの?!
主に韓国語!
その他日本語ではないことばばかり!
東南アジアの街角のよう。

豚まん(肉饅頭)屋さんかな。
blog71.jpg

「スープ豚まん」
(税込 500 円)がありました。
blog72.jpg

早いはなし!豚まんに
とろみのあるスープがかかっているだけかも。
初めて食べましたが!まずくはありません。

昭和の「難波(なにわ)」の
食べものかどうかは知りません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ミライザ大阪城 オープン [わが街・大阪ブギウギ]

雨が強弱を繰り返しながら降っています。

長く歩いて楽しい日ではなく
また!そんなに暇もないので
ランチタイムに
JR・大阪環状線の
大阪城公園駅から森ノ宮駅まで
ひと駅だけ歩いてみることにします。

直線で歩くのではなく
大阪城の中をう回します。

北の青屋門から入場します。
blog61.jpg

まだ紅葉の季節には間があります。

淀殿の慰霊の観音さま。
blog62.jpg

観光客のこないところですが
だれかが花飾りをつけていました。

大阪城本丸広場。
blog63.jpg

小降りになったので
観光客がどっと動いています。

この前まで大阪市立博物館だった
旧陸軍の第四師団司令部庁舎が
「MIRAIZA OSAKA-JO(ミライザ大阪城)」と
名を変えています。



「オープニング・フェスタ」
(2017/10/19 ~ 22)だそうな。

入館するだけなら無料でした。
blog64.jpg

以前とはまったく雰囲気が違います。
blog65.jpg

テナントが入った
商業施設になったのでしょうか。
blog66.jpg

すてきなレストランもありますが
私には不向きです。
ただ!懐中が不向きなだけですが。はは。

みんなリニューアルして
明るくなっていますね。
blog67.jpg

屋上にはテーブルが並べられています。
blog68.jpg

さすが!この雨ではね!人影少なし。
blog69.jpg

応接セットのようなイスが濡れています。
blog70.jpg

この角度で見る天守閣も新鮮。
blog71.jpg

その天守閣に上り見降ろせば。
blog72.jpg

雨降りやまず。



西の丸庭園の
秀吉の黄金の茶室の横で休憩。
blog73.jpg

やっぱり価値があるものは黄金ですねぇ。

くすんだ茶器やらもろい茶わんやらに
なんの価値がありましょう。

どの世界でも
その方面の好事家だけでやりとりして
値を上げて楽しんでいるだけと発言して
叱られていますが。

この日!
園児やら児童やらの
遠足(?)が多かったですね。

ほとんどのグループが
雨の中で弁当を食べています。
blog74.jpg

企画時に
雨の対策を考えないんですか。
もっと強い雨脚だったら
どうするつもりなんでしょう。



外国の観光客に
「たこせん」がよく売れています。
blog75.jpg

海老せんべい色のせんべいに
たこ焼きをはさんだもの。
私は食べた記憶がないのですがね。

大阪城パークセンターの扉の前で
にゃんこが思案投げ首。
blog76.jpg

上に自動扉を開くタッチ部分があります。
にゃんこの脚力なら簡単な高さなんですが。

ジャンプ!
ジャンプしたのは横の窓にでした。

前足で開けようとしています。
blog77.jpg

開きません。
カギがかかっていました。
さ!どうします。

鳴きました。
すごく哀れな声で!
はは!その手がありましたか。

その声に窓が 10cm も開いたら
あっという間に滑り込んでしまいました。



大阪城公園を南に出て
「もりのみやキューズモール BASE」の
イートインでランチしましょう。

「ネギミソバーガー」なるものが。
blog78.jpg

以前に
ランチパスポートを持ってきたことのある
「FRESHNESS BURGER」です。

税込み 410 円。
blog79.jpg

高価でしたが
ネギとミソ!
ネギ好きにはおいしい。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

阪急・梅田駅で立ち尽くす [わが街・大阪ブギウギ]

関西の人にはたいくつなはなしです。
大阪に縁の薄い賢姉・大兄につづります。



阪急・梅田駅。
blog31.jpg

高架駅です。

けっこう広いので
ハイキングなんかで待ち合わせしたら
私より田舎もんがいて
こちらの考えがおよばないようなところで
迷子になっていたりしますが。
blog32.jpg

10 輌編成があったりするから
ホームの端から端まで歩けば大変。
200m くらい歩いた気分。
実際に測ったことはありませんが。

神戸線!宝塚線!京都線の
特急(最近の宝塚線は急行)が
同時刻に発車することが多いのです。
blog33.jpg

ホームの端で口を開けて見ていたら!
よいこは口を閉じてね!
電車はビルの谷間に消えて行きます。



「地上駅だったときを知っている」
という女史がいました。

「明治 43 年(1910)開業のときですか?

「なんでやのん!」
「おばあちゃんさえ生まれてないよ」

創業時には今のJR
その当時は官営鉄道でしょうか!
それが先にあったので
その線路を高架橋で越えて
地上に降りていたらしい。

大正 15 年(1926)乗客が増えて
電車を上げたり降ろしたりでは能率が悪く
高架駅にして
つぎの中津駅!さらに十三駅まで
線路も高架にしたのかも。

ところが官営の大阪駅が
高架化することになったのですね。
すると阪急の線路とぶつかります。

親方・日の丸!強い!
じゃまになるので
「阪急はどこかへ行け」
ということになったのですね。

それで官営鉄道と入れ替わり
再び下に降りたのが
昭和 9 年(1934)のことらしい。

しかし!阪急の親方の小林一三も強い。
後に大臣を 2 度も依頼された傑物!
たんまり賠償金を取ったことでしょう。
あ!これは今!伝記を確認していませんから
忘れてください。



「そのときですか!
「おね~さんが乗ったのは?!

「なんでやねん!」
「それから 40 年ばかり」
「ず~っと地上にあったの!」

それではやっぱり手ぜまになる一方!
JR(そのころは国鉄でしょうか)を
越えることはやめて
北寄りに新たに高架駅を造ったのですね。
完成したのは昭和 48 年(1973)のころ。

今のこの駅ですか。

ということは!イヤらしい計算ですが
少なくとも!おね~さんは
昭和 48 年以前にお生まれですね。

今!その女史は
色気づいてどこかへ行ってしまいましたが
そのうち泣いて帰ってくるでしょう。
そのときには
アラフィ(around 50)ですね。はは。

でも!昔通り
お色気過剰でもいいから
可愛いアラフォーのままでいてください。



地上 3 階がプラットホーム。
2 階から地下 2 階までショッピング街
「阪急三番街」があります。

地下 2 階に川があります。
blog34.jpg

私が大阪にきたときには
すでに流れていました。
大阪万博のころから流れているそうな。
生物は棲んでいないと思いますが。

地上に上がり南へ。

この低いところがJRの線路の下かな。
blog35.jpg

抜けると阪急百貨店。
blog36.jpg

天井が高い。
ここが阪急・梅田駅の
最後の地上駅があったところでしょうか。

おね~さんが帰ってきたら
尋ねてみましょう。
その日は案外!早いような気がします。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南御堂盆踊り ホントの七夕祭 [わが街・大阪ブギウギ]

御堂筋の芭蕉の眠る碑の向こうがやかましい。
blog31.jpg

南御堂(大阪市中央区)の
盆踊り(2017/08/27・28)です。
blog32.jpg

南御堂は「真宗大谷派 難波別院」のこと。
「お東さん」の寺院ですね。

ちなみに北に「お西さん」の北御堂
「浄土真宗 本願寺派 本願寺津村別院」
があります。

北御堂の今年の盆踊りは終わりました。
どんないきさつなのか
北御堂と南御堂の盆踊りの日が
重なったことはありません。

山門が建て替え中なので
なんとなくきゅうくつな
本堂前で踊っています。
blog33.jpg

「音頭取り」も鐘楼の中にいます。
blog34.jpg

私のようなゾロアスター教の(ウソですよ)
バチあたりにも
うちわと金券のふるまいがありました。
blog35.jpg

ご親切に!どうもすみません。

でもぜいたくをいうようですが
100 円では買うものがないんですが。

「東北復興支援」の屋台で
東北の地酒をもらいました。
100cc ほど。
250 円追い銭です。

なんと!
人が絶えないブースは「おでん」?!
blog36.jpg

夏におでんですか。

東京のコンビニでは
真夏におでんがよく売れたと
ニュースになっていましたが
気温が西高東低!
焼けつく大阪でも売れるもののようです。



堀越神社(大阪市天王寺区)の
表の高札に
「鎮宅玄台七夕祭」
「七夕祭」
「太上神仙鎮宅七十二霊符社」とありますが。
blog37.jpg

今日(2017/08/28)は
旧暦 7 月 7 日なんですね。

氏子たちは
「ちんたくさん」と呼んでいる祭事ですか。
「太上神仙鎮宅七十二霊符尊神」という
なん度聞いても覚えられない
神さまに手を合わせます。

ちなみに
「だじょうしんせん ちんたく
「ななじゅうに れいふそんしん
と読むと聞きましたが。

幼少のときから
七夕は 7 月 7 日と刷り込まれてきましたが。

日本各地の大きな七夕祭は
新暦の 7 月 7 日前後に催行されています。

いつも無給で手伝わされる
小汚い(という人も 11 人ほどいる)居酒屋の
七夕まつりは梅雨の最中です。
ほとんで毎年雨に打たれています。
織姫も彦星もあったもんじゃない。

それになんの根拠があるのか
8 月 7 日催行の有名な七夕祭も多い日本。

変なの!

新暦の 7 月 7 日も 8 月 7 日も変でしょう。
星の位置!月の満ち欠け!
毎年おかしいでしょう。

おかしくてもいいのです。
「長いものには巻かれろ」の大和魂です。
細くて短いものには近づいてはいけません。

強いものやら
権力者には媚びを売って生きるのです。
強いものが交代すれば
当然!そちらになびきます!巻かれます。

上陸してきたヤツを「竹槍で突け」なんて
訓練していてもね!
ホントに上陸してきたら
落下傘スカートをなびかせて
「突いて」もらいに行くのが正しい処世術です。



ホントの七夕まつり。
blog38.jpg

「ちんたくさん」は木々の中。
blog39.jpg

祭事の撮影は禁止です。

延々と地味な(失礼!)
お祭りがつづいています。
blog40.jpg

見学者はおいとまします。

やたらちゃらちゃらしたお祭りの
神社ばかり見てきたので
少しだけ
敬虔(けいけん)な気持ちが湧いて
夏の終わりに背筋を伸ばして帰ります。



(追記)
「細くて短いものには近づいてはいけません」
と書きましたが
マンションの手抜きの基礎の杭のことですよ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - わが街・大阪ブギウギ ブログトップ