So-net無料ブログ作成
わが街・大阪ブギウギ ブログトップ
前の5件 | -

大阪天満宮のうそ替え神事 2018 [わが街・大阪ブギウギ]

朝!ベランダのドジョウの水槽に
氷が張っていました。
大阪に流れ着いて幾星霜
こんなに冷えた朝は
なかったと思うのですが。

大川(旧・淀川)です。
左岸から北へ天満橋を渡ります。
blog51.jpg

雪とユリカモメが舞っています。

橋を渡ったところの
500 円のランチの看板に魅かれて入店。
「焼肉一杯」?!
面白い屋号ですね。

ホルモン煮込み定食!税抜き 500 円。
blog52.jpg

ホルモンというより
柔らかく煮込んであるすじ肉が
多く入っていました。

ああ!満足。
寒さも忘れます。
安あがりな人生です。



西にたどれば
大阪天満宮の北の亀の池。

ここに梅の木が集中していますが
黄色い蝋梅(ろうばい)の花はあるものの
梅の花のつぼみはまだかたそう。
blog53.jpg

ああ!
ひと株だけ白くほほえんでいますね。
blog54.jpg

蛭子遷(えびす)殿の前に人だかり。
ドヤ顔の芸達者な男の子(!)がいました。
blog55.jpg

今日(2018/01/25)は初天神でにぎやか。
blog56.jpg

昼からは「初天神梅花祭」の中の
「うそ替え神事」です。
blog57.jpg

ひとり 1 枚
「鷽(うそ)鳥御守」という
封筒をもらいます。
blog58.jpg

それを近くの人と取り替えるのです。
blog59.jpg

発声は決まっています。
「替えましょう!」
blog60.jpg

「替えましょう!」
blog61.jpg

「うそをまことに替えましょう!」
blog62.jpg

けっこう!すばやく!なん度も!
老いも若きも
美女も醜男(ぶおとこ)も
飽きるほど交換を行います。

童子だっていそがしいのです。
blog63.jpg

疲れたころ!やっと「うそ替え」終了。
一斉に封筒を破り
中の「鷽(うそ)鳥御守」を拝します。
blog64.jpg

裏返せば
「木うそ」と書かれていました。
blog65.jpg

あたりました。

木製の「鷽(うそ)」と
交換してもらいます。
blog66.jpg

「金うそ」「銀うそ」「土うそ」も
あったようですが!多くは望みますまい。

「木うそ」があたっただけでも
ブログに誇らしげに書きつづる人生で
よしとしましょうか!今日は。
寒いから。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

十日戎の朝市 [わが街・大阪ブギウギ]

「朝市」をしています。
blog01.jpg

売っているのは「戎鯛」と「戎林檎」だけ。

そんな品種がある訳じゃなくて
「十日戎(とおかえびす」だからか
焼いたマダイらしいものと
津軽サンフジを
「えびすダイ」に
「えびすリンゴ」と呼んでいます。

早朝 7 時前(2018/01/10)の
今宮戎神社(大阪市浪速区)境内。
blog02.jpg

十日戎の例大祭は
7 日から 11 日まであるようですが
一般の善男善女が押し寄せるのは
9、10、11 日でしょうか。

昨夜の 9 日「宵戎(よいえびす)」には
大変なお参りの人だったに違いありません。
賽銭等を運ぶのでしょうか
輸送車らしいものがきています。

笹につける小宝(別称・吉兆)売りの
おばさんたちが眠そうです。
blog03.jpg

ひと晩中!商売していたのでしょうか。

「十日戎の売りものは
「はぜ袋に取鉢銭かます
「小判に金箱立烏帽子(たちえぼし)
「米箱小槌たばね熨斗(のし)
「笹をかたげて千鳥足

という古い歌謡があるそうですが
その飾りものが
どんなものかなじみがありません。

他にも鯛!米俵!末広!枡!大福帳!
臼!丁銀!分銅!銭袋などがあるようです。



あまり若くもない
アラサー(around 30)以上の
おね~さんのグループが
団体でもたれかかってきました。
blog04.jpg

「笹をかたげて(かついで)千鳥足
ではなく
「ササ(酒)をきこしめして千鳥足
ですか。

なん時間!飲んでいたのでしょう。
寒空にはだけて!
下着が見えていますよ。

南海の線路沿いに参道がつづいています。
blog05.jpg

早朝は香具師(てきや)の大部分は休憩中。
まだ本番の今日と
明日の
「残り戎(残り福)」がありますからね。

でも!
茶店(居酒屋)はどこも開けていますね。
blog06.jpg

早朝から先ほどの女性たちに劣らぬ
酔っ払い多数。
今日の仕事はいいのかな。
横を通勤電車が走っていますが。

ぎゃ!
私をめがけて(?)
どんどんドバトが集まってきました。
blog07.jpg

無人のカステラの屋台の前に
なにかご馳走が落ちているのでしょうか。



南海・なんば駅近くで露店は切れましたが。
参道はつづいているはず。
戎橋筋のアーケードに入ります。
blog08.jpg

「えびたん」!?
blog09.jpg

商店街のゆるキャラ?!

昼間にはインバウンド(訪日外国人)で
おしくらまんじゅうの通りも
閑散としています。

火(灯)が消えているんでしょうね。
blog10.jpg
blog11.jpg

どわ~っと眠気に襲われました。

寝るでもなく!起きるでもなく!
仕事をする訳でも遊ぶ訳でもなく
無駄に時間をつぶして
朝が白み始めたから出てきたのですが。

「サンマルクカフェ(大阪戎橋店)」で
コーヒーを飲みます。

モーニングセット 313 円。
blog12.jpg

喫茶店に
つきあいでしぶしぶ行くこともまれ。
ましてひとりで入店なんてなん年ぶりかも。

早朝なら
たいてい!コンビニで用が足りています。
今朝はすごいことをしましたね。



戎橋に着きました。

道頓堀川(人工の川の名前です)の
道頓堀(通り・町の名前です)側に
「戎舞台」が仮設されています。
blog13.jpg

十日戎のときだけ
ここで文楽や歌などが奉納されるようです。

雨がぽつりぽつりの中
川沿いで若ものや!多少そうでもないものが
集まっています。
blog14.jpg

宝恵籠(ほえかご)行列の準備でしょうか。

ミナミの芸者衆が駕籠(かご)を仕立て
華麗さを競いながら
十日戎に参詣していたそうな。
その駕籠を宝恵籠というのだそうな。

100 年前には 100 挺もつづいていたとか。
現在!そんなに芸者さんもいないでしょう。

ん!?
今は男も乗っているといううわさ。
やめてください!そんなこ汚いことは。

グリコの看板に点灯がありません。
blog15.jpg

朝はお休みなんですか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

北野村・扇町 心霊スポット [わが街・大阪ブギウギ]

茶々(淀殿)の墓。
blog31.jpg

太融寺(大阪市北区)の境内。
もっとも
大坂城で紅蓮の炎の中で消えた茶々は
ホントはどこで眠っているのやら。

どこでもおなじかも知れません。
死んだらなにもかもおしまいです。
亡霊さえ無縁です。

道の中に龍王大神がおわします。
blog32.jpg

玉垣に太融寺の名があるので
このあたりみんな
太融寺の境内だったのかも。

道路建設のため
公孫樹(いちょう)の樹は
なん度も伐採されかかったそうな。

その都度!たたられたのですか。

そのときの斧の跡が
いくつか残っているという人がいましたが
はたして!?
私には分かりませんが。



綱敷(つなしき)天神社。
blog33.jpg

全国にいくつか
「綱敷」という冠のついた
菅原道真を祀る社がありますよね。

道真は大宰府に左遷される道すがら
あちこちで
「綱」で即席に作られたざぶとんに
座ったらしい。

境内に「従軍記念碑」なるものが。
blog34.jpg

日清戦争(1894)に
北野村から出征した兵士の
氏名が刻まれています。

そうです。
ここは
今も地名とかに残る「北野」なんですね。
綱敷天神社は
喜多野天神とも喜多埜天神とも
書かれていたようです。

近くに
明治 42 年(1909)に設けられた
金光教扇町教会。
blog35.jpg

さらに明治 43 年(1910)設立の
(たぶん)プロテスタントの
日本キリスト教団扇町教会。
blog36.jpg

無神論者のバチあたりには
おどろおどろしい場所が
つぎからつぎと現れます。



天満中学校の横から北に向けば
扇町小学校!その北に北野病院。
blog37.jpg

しかし!この並びは
ときどき入れ替わっているそうな。
なんと!面妖な。



扇町公園に入ると不可思議なベンチ(?)群。
blog38.jpg

観客収容数世界一で
ギネスにも載ったことのある
大阪プールの跡だから
飛び込み台のオブジェ(?)なんですね。

力道山とルー・テーズの渾身の雄叫びが
見える人には見える場所だそうな。

NWA世界ヘビー級選手権試合。
水の中で格闘したの?!
どうやってリングを組んだのでしょう。

大仁田厚の水上電撃マッチのように
水の上に
リングを設置した訳じゃないですよね!
たぶん。

出たぁ!?
blog39.jpg

扇町公園の南東の一角は
心霊スポットだといいます。

夜な夜な!なにかが出ているそうな。
blog40.jpg

堀川監獄(大阪監獄署)跡らしい。
そこがなにゆえ心霊スポットですか。

処刑された人の怨恨でしょうか。

扇町公園のそばに
日本一長いアーケード街の天神橋筋商店街。
4番街にはなぜか
「てんとうむし」がいます。
blog41.jpg

イギリスのマザー・グースの唄のひとつ
「てんとうむし」を思い出します。

私は

「てんとうむしよ すぐ帰れ
「てんとうむしよ 飛んでいけ
「背中が火事だ まっかっか
「こどもを乗せたら 焼け死ぬよ

と!不条理(?)に訳したりしましたが
拙ブログ 2012/03/23
自白の強要に背中を焼かれる罪人の
姿のように見えてきます。

もし!無実の罪なら
こんな哀れなことはありません。



おどろおどろしい北野村!扇町。
年末の気ぜわしいときに
歩くところでもないかも。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ハロウィンの夜のなんばパークス [わが街・大阪ブギウギ]

先日!
ふと出会った居酒屋のおじさんが
「ハロウィン」(?)を買いに行くと
いっていましたね。

100 円ショップに行くようでしたが。
ハロウィンの
飾りつけ用品が売っているのですね。

「ハロウィンってなんですか?

「カボチャのお化けに手を合わす日や」

聞いた私がバカでした。
知らないけど!違うと思います。

トップの星を紛失したツリーでも
臆面もなくを飾って
クリスマスパーティを催して
稼ごうとしているような精神の人に。



夜になりました。
大阪はミナミ。

またまたなんの収穫もなく
とぼとぼ帰路に着けば
村祭りの夜よりまぶしい明かりに
酔いますね。

都会は年中!祭りの宵のように
色気づいてもいるのですか。

よくまぁ!狂わないものです。

ん?!
blog51.jpg

あれ!?
blog52.jpg

「ハロウィン」の仮装?!
もっとも「ハロウィン」って
仮装大会でもないですよね。

なにかよく分かりませんが
「みんなで盛り上がろう」なんて
書いてありますがね。
blog53.jpg

今日(2017/10/31)がハロウィン!?
その日なんでしょうか。



都市の中の大峡谷の
なんばパークスに灯が消えています。
blog54.jpg

多少の灯りだけ。
どうして!?

丘に上ります。
blog55.jpg

「カボチャ」です!
blog56.jpg

階段に
カボチャのランタンがつづいています。
blog57.jpg

お~!
「カボチャ」だらけ。
blog58.jpg

丘の中腹(?)あたりの
「せせらぎの杜」でしょうか。

たしかに水の音の中に
ランタンがあります。
blog60.jpg

他の灯りは消せばいいのに。
blog59.jpg

人がまったくいませんね。



さらに丘のトップまで上り詰めましたが。
blog61.jpg

「カボチャ」は
「せせらぎの杜」から上には
まったくありません。

かすかな気配に近寄れば
ふた組のカップルが
交尾の前のディスプレイをしていました。

なぜか女の子ふたりも楽しそうに
芝生の上でころげまわっています。
blog62.jpg

おお!
ジャカランダのやさしい葉の向こうに
月が出ています。
blog63.jpg

「大大阪の名月
「昭和の恋
「強者(つわもの)長征して
「夢いまだかえらず

名月は大大阪時代(大正末期)とおなじ
また昭和にははなやかな恋もありました。
平成の今
人材も会社も遠くに行って
大阪は凋落の途をたどります。
それでも人は発情します。

なんてね!
大阪人に聞かれたら怒られそう。

唐の王昌齢の詩
従軍行(出塞)の
「秦時の名月
「漢時の関
「万里長征して
「人いまだかえらず
を!思い出しただけですがね。



峡谷を見降ろせば静かです。
blog64.jpg

この丘の木という木には
LEDの電飾が巻きつかれているのに
点灯していないんですね。

こんなにぎやかな電線の花壇も
ともされていません。
blog65.jpg

帰ります。

結局!
「ハロウィン」とは
なにかも分からないまま。

あの居酒屋!
今ごろどうしていますやら。
あああ!
様子をうかがう勇気は
とてもありませんよ。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

帆船を追って スープ豚まん [わが街・大阪ブギウギ]

外国籍の船がひんぱんに往来しています。
blog51.jpg

「水がかかるよ」とかなんとか
速そうだけど!ひっくり返りそうな舟が
忠告にきましたが。
blog52.jpg

「そんで!どうすりゃいいの?!」なんて
悪態をついていたら
大阪市の消防艇が放水を始めました。
blog53.jpg

船員の教育船の
「大成丸」が入港しています。
blog54.jpg

つづいて赤い放水。
blog55.jpg

だれがつけたのか
「太平洋の白鳥」というあだ名のついた
航海練習船の帆船「日本丸」のようですが
帆はたたんでいるので
「白鳥のとりがら」と呼ばれそうです。
blog56.jpg
(そんな失礼なことをいう人はいません)

あ~ぁ!海を赤く汚しちゃって。
blog57.jpg

それから!つぎがなかなかきません。

なに気なく横を見れば
大阪市の無駄遣いのランドマークのひとつ
「なにわの海の時空館」が
朽ちて崩れるのを待っています。
blog58.jpg

だれも責任を取りません。
悲しいはなしです。
悲しいのは市民がなにもいわないこと。
慣れは恐ろしい!いっぱいあって
みんな平気なんですなぁ。

待ちくたびれたころ
ランドマーク(?)の向こうに帆船の姿が。
blog59.jpg

南の赤灯台と北の白灯台の間。
この防波堤の切れたところを
大阪市民は明治のころから
「大関門」と呼んできたらしい。

「海の貴婦人」という
航海練習船の帆船「海王丸」でしょうか。
blog60.jpg

その後を追うように帆船が入港。
blog61.jpg

これは!いいじゃないですか!
帆を上げてきています。
blog62.jpg

前の船の半分くらいな「みらいへ」?!
「みらいへ」なんと読むのですか?
聞くのも変ですけど。
blog63.jpg

「丸」も「号」もついていませんが。



ここは
コスモスクエア海浜緑地(大阪市住之江区)
水際を帆船の後を追います。
blog64.jpg

帆船はあちらの岸の海遊館のある
中央突堤北・天保山岸壁に向かっています。
blog65.jpg

あちらに行くには
どこに道があるのでしょう。

こちらに大阪市営地下鉄中央線の端っこの
「コスモスクエア」駅があります。

つぎの大阪港駅は
地下鉄だけど地上にあります。

そこから海の中をもぐってきています。
地下鉄がくることができるのなら
人間だって可能なはず。

探したのですが徒労に終わり!
地下鉄で海中トンネルを越えました。



帆船は天保山岸壁に係留されていました。
blog66.jpg

大阪港開港 150 年祭の催しのひとつ
「帆船 EXPO 」(2017/10/26 ~ 30)ですか。
blog67.jpg

帆船のクルー体験やら船内見学やら
体験クルーズやらセイルドリル体験やら
プログラムを組んでいるようですが。
blog68.jpg

園児たちの歓迎式典。
blog69.jpg

可愛いですね。
早くおとなにならないほうがいいですよ。



海遊館の前の天保山マーケットプレースの
「なにわ食いしんぼ横丁」へ。
blog70.jpg

昭和の雰囲気を作っている店舗街ですが
ここが「難波(なにわ)」なの?!
主に韓国語!
その他日本語ではないことばばかり!
東南アジアの街角のよう。

豚まん(肉饅頭)屋さんかな。
blog71.jpg

「スープ豚まん」
(税込 500 円)がありました。
blog72.jpg

早いはなし!豚まんに
とろみのあるスープがかかっているだけかも。
初めて食べましたが!まずくはありません。

昭和の「難波(なにわ)」の
食べものかどうかは知りません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - わが街・大阪ブギウギ ブログトップ