So-net無料ブログ作成
検索選択
西田辺探検記 ブログトップ
前の5件 | -

七夕のウルトラマン [西田辺探検記]

「今年も七夕祭をしたい」

ある場末の
左前(と思っている人が多い)
居酒屋がいいます。

「あ!どうぞ。

「手伝って」

「イヤですよ!
「過去!日当をくれたためしがない。

「ビールを好きなだけ飲んで」
「枝豆を腹いっぱい食べてもいいから」

「いりません!ビョーキになる。

「他に頼めるとこがない」

「家族も友人もみんな逃げたのなら
「愛人に手伝わせなさい。
「日ごろ 10 人いると
「自慢しているじゃないの?

「すまん!ウソついてた!」
「みんな他人(ひと)の愛人」

「じゃ!イベントをやめたら。

「なにかしていないと暇で気が変になる」

あ!これ!
どこの店のことか
想像をめぐらせないでくださいね。
あ!そう!
架空のはなしですよ!架空。
半分!いや全部ウソですからね。



「雨!降るよ!梅雨だもん。

「表にテント(タープ)立てて」

「どこにあるのよ!
「ひとつは壊れて
「使用不能になったので捨てたよ。
「ひとつは天井と梁の骨が折れているよ。

「前回!使っていたのはなんや?」

「大工の棟梁が
「ほうきの柄で添え木を作ったの。
「たたむとき!
「その添え木が天幕を突き抜いた!
「見事に!はは。

「4 隅を立てて!」
「上にブルーシートを架けてよ」

いよいよ!ホームレスのパーティかぁ。

「ひとつじゃ狭いでしょ!
「百人も呼ぶのなら。

「166 人に声をかけるつもりやけど」
「4分の1もこないやろなぁ」

「嫌われているからね。

「違うわい!」
「お客がみんな年をとって」
「足腰が立たなくなってるんや!」

「それでもひとつじゃ無理ですよ。
「それに降らなくても!
「あかりを吊るすためになにかいるでしょ。



「花屋が笹を持ってきた」

「注文するからでしょ。

なにを考えているのでしょうね!
カネもないのに。
街角のおタヌキさまのところの
竹を切ってくればいいのに。

「短冊を下げて」

「お客に書かせなさい。

「だれも書いてくれへん」

そんならいらないでしょう。

よく考えたら
なんのための笹飾り!短冊でしょうか。
世間の人はどうしているのでしょう。
星に願いごとをするのですか。
星は神さまですか?!


「笹の葉さらさら 軒端に揺れる
「お星さまきらきら 金銀砂子

「五色の短冊 わたしが書いた
「お星さまきらきら 空から見てる


「たなばたさま」の歌詞。

「七夕(たなばた)」に
「さま」がついています?!

ま!この店は
年末のクリスマスツリーに
ベツレヘムの星も
ダビデの星もなんにもない!
紛失して久しいクリスマスツリーを
臆面もなく飾っていましたからね。

星がなければ
クリスマスツリーじゃないでしょうが!

リクツをいってもムダですね!
バチあたりに。



五色の紙を切って短冊を作ります。
先日メールでもらった
アラフォー(around 40)のおね~さんの
句を(拙ブログ 2017/07/03
無断で書いてしまいました。ごめんなさい。

では私も山頭火風に 1 句。

「ね、キスして もう熊蝉が 鳴きだした

なかなか名句(迷句)だと自画自賛しても
ちょっと気恥ずかしいので
昔ハイキングの相棒だったアラフォーの
発情おね~さんの句としておきましょう。

推敲は不要!思いつくまま五七五。

「香典に しとけと X X X 返さぬ気

「X X X」はこの居酒屋の名前です。

「三分だけ おいらのちんちん ウルトラマン

これは
「X X X」が作った川柳にしておきます。

なんて 40 枚
だれも読みはしないでしょうから
いい加減に書いて下げておきましたが。
白紙でもよかったような。



宋の范成大(1126 ~ 1193)が
皮肉っています。


 朱門巧夕沸歓声
  しゅもん こうせき かんせいわく

 田舎黄昏静掩扃
  でんしゃ こうこん しずかに けいをとざす

 男解牽牛女能織
  おとこは よく うしをひき
  おんなは よくおる

 不須徼福渡河星
  もちいず ふくを とがのほしに もとむるを


七夕の夜!
騒いでいるのは大金持ちの家だけ。
みんな夜になると
昼間の労働に疲れて寝ています。

男は毎日!牛をひいて働き
女は連日!
機(はた)織りに精を出しているのなら
今さら!天の川の牛ひき男と
機織り女になにを求める!?
庶民にはその必要はさらさらないのです。



7 月 7 日になりました。
死んだ父の誕生日でしたね。

父が星になったとも思えませんが
祈りますかね。

「天の川 ひとりさびしく 仰ぎみて
「星の逢瀬を なつかしむ宵

明治の歌人の矢澤孝子の歌。

私もひとりで天の川を見たい性格ですが
今夜は浮き世の義理とおせっかい心で
七夕祭に行かねばなりません。

范成大のいう
大金持ちたち(?)のパーティ!?
どこの星からきたのやら分からない
ウルトラマン!
ま!ウル虎マンたちのパーティ。

みなさん!会費分以上に大酒をあおり
大虎に変身するのですが
私は日当の半分の半分でも飲めるかしらね。



(一海知義著/漢詩一日一首/参照)
(敬称略)
コメント(0) 

シャープ終焉の日 西田辺周辺 [西田辺探検記]

「電気がつかん!」

西日本一こ汚い(という人もいる)
自称・高級割烹からでんわ。

“ 関西電力にでんわしなさい!”

「電気はきているけど!電気がつかん」

なんのこっちゃ!
日本語は正確に!美しく!
私のような
「おフランス人」(フランス人にあらず)にも
分かりやすいように。

「照明器具不点!」ということのようです。

“ 電気工事店を呼びなさい”

「ゼニがない!」

客に電気工事関係の人!たくさんいたでしょ。

「お客の電工!みな死んだ」

あ!隣に「シャープ」があるじゃないの!
客に「シャープ」の従業員もいましたよね。
職種はともかく「電気屋勤め」なら
不点ぐらいなんとかするでしょ。

「シャープはそっくり引っ越しした!」
「今!最後の感謝祭をしている!きてみてよ」



ああ!このビルも見納めですか。
blog21.jpg

大感謝祭(2016/09/10・11)が開催されている
創業の地でこの前まで
本社だったビル(大阪市阿倍野区)が
「旧本社」となっていました。

入り口で招待状の提示を要求されました。

“ そんなものはありません”

「なければ結構です」

なくてもいいらしい?!なんのこっちゃ。
招待状のある人には特典があるのでしょうか。
テレビでも冷蔵庫でも持って帰って!とか。

会場はちょっとした家電販売店のよう。
blog22.jpg

ちょっとしたミュージアムのよう。
blog23.jpg

シャープの歴史が展示されていました。

国産初めてのテレビの試作に成功は
昭和 26 年(1951)でしたか。

先の大戦が終ったばかり。
菊池章子が
「星の流れに」を歌っていたころでしょうか。
替え歌が浮かびました。


  星の流れに 身を占って
  残る地獄に 出る地獄
  すさむ心で いるのじゃないが
  今日の給料も 枯れはてた
  こんな会社に だれがした

  早期退職 割り増し金で
  逃げたあいつは しあわせか
  ルージュかなしや あしたが見えず
  泣いて別れた 恋ひとつ
  こんな会社に だれがした


責任者!出てこ~い!
よけいなおせっかいですが。

タレントがきたり
抽選会があったり
駅弁の販売があったりするようですが
なんか蚊帳(かや)の外(?)ですね。
帰ります。

死んでも命を大切にね!とわにさらばじゃ。



自称・高級割烹の照明器具は
買ってきたばかりの新品でした。

「差し込みのコードがない!」

安いから買ってきたのでしょうけど
「工事用」の器具でしょうが!これ。
家電じゃないから
コードもスイッチもある訳ないでしょ。

「つけて!」

エラいですねぇ。
家電を捨てるときにコードだけ切り取って
たくさん箱に保管していました。

鉛筆より!最近はマウスより重いもの!
持ったことがないものに
頼むんじゃありません。
生来の不器用ものにできるはずがありません。

器具には単線を刺し込む端子。
保存しているコードはより線。
どうしたらいいの!?

はんだとはんだごてを借りてきて
単線の電線を空き地から拾ってきて
その他もろもろの工具は
100 円ショップで買ってきて思案投げ首!
悪戦苦闘!



「あの!写真を撮らせてください」

可愛い女の子たち。
blog24.jpg

な!な!なんですかぁ!?

「仕事をされている人を撮っているんです」

やめてください!
仕事!してましぇ~ん。
苦しんでいるだけです。

こんな飲食店街に昼間きても
働いているのは酒屋の配達の
男女(おとこおんな)のおばちゃんぐらいですよ。

あそこのシャープでは今!
大勢仕事していますよ。
え!?
お気に入らない。

あ!あるある!働いている店!働いている人!
スペイン料理(ときどきイタリアン?)の店。
ついてらっしゃい。

ちょうど入り口にママが立っていました。

“ お嬢さん方がね”
“ 働いている美女を探しているんだって”

「え!」

“ すぐ!あなたの顔を思い出しちゃって!”
“ この街で一番の、、、!”

「えぇ!?」

“ 中に入れてあげて!撮らせてあげてね”

「あら!どうしましょう!どうぞ!どうぞ!」

一件落着。
なんでもいってみるもんじゃのぉ。

こんな変な表現ですみません。
結構可愛い人ですよ。
よく気がつくし。
あ!ま!美人です。



照明器具は 2 台。
点灯しましたが。

「ま!ビールでも飲んでって」

“ キャッシュ以外!いりません”

「それがあれば!あんたにでんわしないよ」

なんだか寂しい日ですね。
元気が出ないので帰ります。

お!
「うどん」の「ゆきの」は元気ですね。
このあたりで一番元気かも。
今日も行列が。

すごいことになっていますね。
blog25.jpg

昼間 3 時間だけ営業。
例外的に週に 2 日だけ夜少し開店。

どこかの自称・高級割烹は
だらだらと
年中無休で
長時間開けているから
客がこないのじゃないの!?

試しに 1 日 3 時間営業してみたら。

ま!よそのことを
いっているバヤイじゃないですが。

「ゆきの」で一番安い定食の
ぶっかけ定食 750 円(税込)をいただきます。
blog26.jpg

かやくごはんがなつかしい味。



ああ!人の世は疲れますね。
明日こそ!
不調な体にムチ打ってでも
山の中に逃避したいもの。



(敬称略)
コメント(0) 

ぺーちゃん閉店 西田辺凋落の途 [西田辺探検記]

ダニに食いつかれていたころから
体調悪し!(拙ブログ 2016/08/22

微熱去らず!
新撰組の沖田総司のような咳(せき)がときどき!
(沖田総司に会ったことはないですが)
頭痛じんわり!
ぎっくり腰のようにあちこち骨が痛み!伝い歩き!

鬼の霍乱(かくらん)だぁ!

さいわい!下痢や腹痛はありませんが。

ダニから感染症を引き起こした訳じゃないと
思うのですが!楽観的ですから。

前夜に「明日病院に行こう」と思っていても
早朝になるとなんだか元気!?
それでもたもたしていたら
心身がだんだんしおれてきます。

寝ていたら治るでしょう。

予定を勝手にキャンセルして寝ていても
だれも怒りませんね。
「一生寝てろ!」というやさしい(?)おことばも。



今年は数少ないけど
アーモンドの実が熟(う)れています。
blog31.jpg

美しい。

こんなことにしみじみ感嘆するなんて。
ヤキがまわっています。
死期が近いのかも。

いつもにぎやかなスズメたちが静かです。
なん時間もやってこなかったり。

スズメも気をつかっているのか
見放しているのか。

死期が近いのかも。



寝たりぼんやりしているバヤイじゃない!
「ぺーちゃん」(拙ブログ 2014/11/11)の
片づけの日でしたね。

御堂筋線・西田辺駅近くの居酒屋。
廃業するんですね。

阿倍野区を代表する企業の本社が消滅したらしい。
それでか企業城下町のこの町の店舗が
つぎつぎに閉鎖されています。

本社の社員のなん倍もの人が
商談かなにかで寄ってきていました。
運送トラックも大工も自販機業者も
怪しげな宗教の勧誘も
080 金融もやってきます。

シロートが考える以上に
それらの需要があったのですが
急に寂しくなるのかな。

特に「ぺーちゃん」の客は
その企業の社員ばかりでしたからね。



私は客ではないでしょうけど
ノラ犬か夜鷹のように(謙遜ですよ!)
表を歩いていただけで
いつも親切にしていただいたので
なにかお手伝いを。

不器用なものにはありませんね。

ビョーキですからちょうどよかったのですが。
よけいなおしゃべりばかりしにきて!すみません。

TV!不要品ですか!
捨てるのでしたら!ください。

ははは!よかった!
これでわが家も地上波デジタル放送が見えそう。

今どきTVがないとは!
パソコンでもケータイでも見ていないとは!
恥ずかしくてだれにもいえませんぞ。

いっていますけどね!ウケねらいで。

それではお元気で。
blog32.jpg

いつかどこかでお会いできたらいいですね。



ん?!
応用問題にもりくつにも弱いですからね。

なんですか!
持ち帰ったTVにはコードがいっぱい!
どこをどうつなぐのやら。
あれ!アンテナをつなぐ同軸ケーブルがないような!

引き返して尋ねたら
「これ!持ってく!?」
外部から延々と延びて!固定されていました。

いいです!それなら作りますから。

これ!液晶ですがアナログTVでしたか。
blog33.jpg

デジアナ変換チューナーがついていました。

チューナーだけいただいてきてもよかったのですね。
わが家にはまだ
アナログTVが 3 台もあります。



そんな間抜けな夏の終わり。
明日は涼しくなるかも!なってほしい。

 夏と秋と 行きかふ空の かよひ路は
  かたへすずしき 風や吹くらむ

古今和歌集にあったような歌。
だれの歌か調べる元気もありませんが。

明日から頑張ろう!
頑張ろうと思えばまた微熱。
怠け病かなぁ。
コメント(0) 

七夕フェスタに紅生姜がない [西田辺探検記]

「例年通り七夕(たなばた)祭りをしたい!」

こ汚い(という人がなん人かいる)居酒屋。

頑張ってね!
案内のはがきは
弟子(?)に指導しておきました。
手間賃をたくさん払ってやってね。

会場設営は最近のシンパ(?)の
みなさんに指導しておきました。
骨の折れまくっているタープと
簡単に広がらないテントの組み立てのコツは
伝授しておきました。

私は卒業です。
バカ騒ぎから。

「あああ!笹飾り!?」

いらんでしょうが!そんなもの!

「いります!」

仕方がない!
前日!短冊を作って
知人が通るたびに書くように強要。

「おっぱい!大きくして」

「あそこが鋼鉄のようになりたい」

「マスター!いっぺん寝ようか」
「勝負すんで!えらそうばかりいうて」

この町の!この店の!客は
老若男女!みんな色ボケしています。



では!さようなら。

「あ!生姜がないんや!なんとかして」

たこ焼きの!?

「みじん切りのはある」
「てんぷら用!」

紅生姜!?
てんぷらに紅生姜がなくてもいいんじゃないの!?

「大阪人には生姜がないてんぷらは」
「クリープを入れないコーヒー!」

そんなギャグ!今どきだれも知らんでしょうが。

やっぱりないですね!探してみると。
厳密にいえばあるのですが非常に高価です。

小さく揚げる訳にはいかないというので
1 枚 100 円くらいつきそう。
困りましたね。

そうだ!スーパーTに大きな紅生姜のてんぷら!
49 円(税抜)であります。
それを 50 枚ばかり仕入れてきたら?!

「高級割烹の名が泣くよ」

泣かないと思うけど。
笑われてはいますが!すでに。

中国なんかの輸入品が止まっているのでしょうか。



結局!
シンパの美容師さん!看護師さん!新聞配達さん!
ボンレスハムさんのくるまで
炭火おこしとビールサーバーの担当と会費集金!

余談ですが「ボンレスハム」さんは
網タイツ好きですが
立派なおみ足なのでボンレスハムのよう。

「やめてよ!かの女が聞いたら怒るよ」

あくまでも隠語!というけど
いつも私は正面から
「おいしそう」といっていますよ。

「あんたは得やなぁ!」
「ハゲにハゲといっても」
「発情女に発情女といってもおとがめがなく」

そう!なぜかねぇ。

閑話休題。
皿とか醤油とか箸とかの補給係も。ああ。



だれもサザエのつぼ焼きなんて食べませんよ。
このクソ暑いのに炭火の番していても!

ガスコンロの上の鉄板にもきませんよ。

「なにしてるの?!」

焼けるものはみんな焼いておこうかと、、、。
blog00.jpg

すみません!
ちょっとこ汚くなりました。
余計にだれも寄ってきませんか。はは。



日づけが変わりました。
帰りましょう。
明日!儲けの分配の計算をしましょう。

「計算しなくても分かるわい!」

思ったほど客がこなかったですねぇ。
立て替え金と未払金はどうすんの?!
頑張ってね。

残ったごはんをおにぎりにしたり
酢飯を袋に入れたりして
手伝っていたみなさん!持って帰りました。

意外にも表面とは違い
つましくしっかり生きている人たちですね。
いい奥さんになれそうなのに
どうして男運が悪く!
失敗ばかりするのでしょうね。

あ!私の日当は
余ったキャベツひと玉でした。
158 円(税抜)の値札がついていました。
コメント(0) 

クリスマスの焼きそば [西田辺探検記]

今年も
キリスト教徒でもないようなものたちの
クリスマスパーティがありました。

この人たち!
それに日本人たちは
いつもいろんな他教の神聖な行事を茶化して
乱痴気騒ぎの口実にしていますが
今にきついおしおきがありますぞ。

自爆テロがあっても知らないから。

私をパーティの主催者のひとりと
認識している人が多数いますが
違いますよ~!
私に爆弾をしかけないでくださいね。

前日から片づけの後までいても無給!
ただの口うるさいボランティアですよ!

今年はなんだか変!

変なこと第一番は女性の数が多い?!

男性 40 人足らず!はいつもの数だとしても
女性もほぼ同数?
厳密にいえば なん人か少ないかも知れませんが
例年より多いような。

それに
あたたかい年末なのに
日本酒の燗酒が例年よりたくさん減っています。

つぎに変なこと!
粉もん文化の真ん中ですから
たこ焼きやてんぷらの人気には驚かないのですが
例年なぜか
あまり歓迎されない食べものなのに
今年は「焼きそば」が
どんどん食べられるじゃないですか。



用意した「焼きそば用蒸しそば」がなくなったのに
時間はたっぷり残っていたので
私はサンタクロースの扮装のままで
スーパーまで買い出しに。
恥ずかしいかぎり。

数ある銘柄の中で
買っていたのはこれなんですがね。
blog2.jpg

「マルちゃん 焼そば」
3 人前の袋で 189 円(税抜)ですが。
最初に仕入れた人は
銘柄にこだわって
買っていた訳じゃないと思うのですが。

これと豚肉とたまねぎと
たまたま手元にあった野菜とで
調理していたようですが。



「え!?」
「姉が作りましたか?!」

妹に驚かれている
アラフォー(around 40)のおね~さん!

このおね~さん!
料理というより
昨年は原色ハデな毛糸のパンツをはいてきたと
自慢(?)ばかりして
おじさんたちにモテモテ(!)になっていましたが。

今年ははいてませんか。

「今日はもっとカラフルだよ!」

あああ!
いきなり!スカートをめくるんじゃねぇ!
大勢の善男善女(?)がいる
神聖(?)なパーティで。
羞恥心を持つ方が愛らしいですよ。



でも!どうして妹は驚いた声を出したの?!
焼きそばなんか作ったこと!ないんでしょうか。
家では料理下手なんでしょうか。

回答を求めるなんて失礼な気がして
なんにも聞き返せなかったのですが。はは。

でも!おね~さん!
一生懸命フライパンを振っていましたよ。

そんな人が作るから
あたり前でない!?
オリジナルな味の焼きそばができあがったのかも。

残念ながら
私にはひと口もあたりませんでしたが。



「焼きそば」とはふしぎな名前ですね。

原材料は小麦粉と書いてありますが。

「そば粉」は使っていないのに
焼き「そば」ですね。

ラーメンを中華そばといっても
いいようなものでしょうか。

余談ですが
昔の書物には「中華そば」とはいわず
「支那そば」とか
「南京そば」とかになっていたような。

最近は「支那」とか「南京」とかは
不謹慎な単語だから使わないようにと
台湾か香港かで!いや日本でしたか
レクチャーされたような。

あれ!?
「支那そば」を
堂々と使っている店舗もありますね。
blog1.jpg

私の勘違いでしょうか。
差別用語でもないのでしょうか。



同じ「マルちゃん 焼きそば」を買ってきました。

豚肉の脂身のところを焼いて
料理酒と醤油で味をつけ皿に置きます。

かの女はタマネギを多量に炒めていましたが
切らしていましたので
ネギをたくさん炒めて
キャベツを加えました。
人参ももやしもないから省略。
ないものはなくてすませるにかぎる!なんて
檀一雄流クッキング。

焼きそばを加えて
料理酒と水を振ってほぐし
添付のソースを混ぜました。

残しておいたネギを小口切りして散らして
初めに焼いておいた豚肉の皿に盛ります。
blog3.jpg

かの女!添付のソースはどうしていたのでしょう。
それだけで調味できたのでしょうか。
私の焼きそばは
野菜が多過ぎて味が薄くなりましたので
醤油とウスターソースを
ほんの少しかけていただきます。



(敬称略)
タグ:檀一雄
コメント(0) 
前の5件 | - 西田辺探検記 ブログトップ