So-net無料ブログ作成
検索選択
解語の枯れ尾花 ブログトップ
前の5件 | -

深泥池 大田神社 かきつばた [解語の枯れ尾花]

京都市北区の
深泥池(みどろがいけ or みぞろがいけ)に
白い花が咲いています。
blog1.jpg

ハナショウブ!?
じゃないですね。
カキツバタかな。
水の中に生きているのは
カキツバタくらいでしょう。

この池は平安時代から著名らしい。
氷河期の生物が残っているとも。
私の感覚では常に池は埋まっていき
丘は崩れていくと思うのですが。

1 年に 1cm 泥が溜まったとしても
100 年で 1m
1,000 年で 10m ?!
平安時代の池は
なくなっているはずなんですが!
私の高尚な(?)計算ですから
よいこは信じないように。

ま!とても稀有な池です。
なにかが棲んでいるに違いありません。



カキツバタの名所といえば
このすぐ近くの上賀茂神社の摂社の大田神社。
blog2.jpg

この紫の色こそ
カキツバタと思ってしまいますが。
blog3.jpg

カキツバタには品種が少ないような。



「むかし男ありけり」の伊勢物語に
その男(!)の
カキツバタの折句(おりく)がありますが。

折句とは出題の名詞をばらして
1 字ずつ頭に置いてよんだ俳句や短歌。
その短歌のお手本として有名な歌。

からころも きつつなれにし つましあれば
はるばるきぬる たびをしぞおもふ

「かきつばたといふ五文字を句のかみにすゑて」
「旅の心をよめ」といわれてよんだのですね。

この歌は古今和歌集に
在原業平朝臣の作歌とありますから
男は天下の色男の
業平(825 ~ 880)でしょうね。

余談ですが
「仁勢物語」というものがあります。
「にせものがたり」と読むのかも。
伊勢物語のパロディ。
滑稽・卑賎に置換した江戸時代のもの。

伊勢物語の「かきつはた」の項は
「かきつへた」と折句を作れとありますが。

「かきつ」「へた」なんですな。

徒歩道(かちみち)を きのふもけふも つれだちて
経(へ)めぐりまわる 旅をしぞ思ふ

はは。
教養がなければパロディは書けませんね。



松尾芭蕉が

あやめ生り 軒の鰯の されかうべ
(あやめおいけり のきのいわしの しゃれこうべ)

あやめ草 足に結ん 草鞋の緒
(あやめぐさ あしにむすばん わらじのお)

なんてよんでいますが
この「あやめ」は
「ショウブ」なんでしょうねぇ。

「アヤメ」も「ショウブ」も漢字で
「菖蒲」と書いてきたので始末が悪い。

今では「アヤメ」と「ショウブ」の違いは
小学生でも分かっていますが
アヤメやハナショウブや
ジャーマンアイリスなんかは
花の形がよく似ていて近縁種なので
混同して呼んでしまいますね。

ハナショウブの季節には
ハナショウブ園に水を張ったりするので
水好きなんて思われていますが
乾燥した地を好むアヤメに近い
性質なんじゃないでしょうか。

ジャーマンアイリスに至っては
水をかけると腐りますよ。



わが家の庭の桃ケ池が
キショウブだらけになりました。
blog4.jpg

さらにどんどん増えています。

最初!今ではゴミの集まっているこのあたりに
ハナショウブを植えていたのですが。
blog5.jpg

キショウブもハナショウブの仲間と考えて
植えたのでしょうね。

それが!大変。
ハナショウブはみんななくなって
キショウブの天下です。

他のハナショウブが弱かったのじゃなくて
キショウブはなにか
他を忌避する物質を出しているのでは。

さらにここから流れて
池の周囲に黄色い花が咲いています。

このキショウブは
カキツバタのように水の中でも平気で
アヤメのように乾燥地でも増えて
今にアヤメといったら
キショウブと
その交配種だけの世界になりそうです。



あ!?
カキツバタを書くつもりでしたが
泥沼にはまり込んで
夜も更けてきましたので!もう!寝ます。
お休みなさい。



(伊勢物語/石田穣二訳注/)
(古今和歌集/奥村恆哉校注/)
(仁勢物語/前田金五郎校注/等参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

なんじゃもんじゃ 長居植物園 [解語の枯れ尾花]

白いタンポポ!?
blog51.jpg

シロバナタンポポですね。
わが町・大阪市阿倍野区で
最後のシロバナタンポポを
わが家に避難させていると
かすかに誇りと思っていたのに。
案外!珍しくもない花なのかも。

ここはお隣の
大阪市東住吉区の長居植物園ですが。

日野巌著/植物歳時記/によると
シロバナタンポポは
「分布が広く」
「海外にも産する」
「四国や九州では」
「シロバナタンポポしかない地方もある」とか。

なんだか避難させているのも徒労のような。

でも!渥美半島に住んでいた杉浦明平も
シロバナタンポポが珍しくて
家のそばに「移植しておいた」と
私の家庭菜園歳時記/に書いていますけどね。

杉浦は種々のタンポポを
(たぶん!)好んで食べていますが
シロバナタンポポの葉が
一番やわらかく苦味が少ないといっています。

タンポポの葉の苦いのは普通!?
苦味を取るには
灰汁(あく)か重曹を入れて茹で
水に半日さらす(甘糟幸子著/野草の料理)
水に 1 日さらす(林春隆著/野菜百珍)
なんて書いてはありますがね。

ふまれてたんぽぽ ひらいてたんぽぽ 山頭火



ここはシャクヤク(芍薬)園の縁。
blog52.jpg

丸い頭のつぼみが並んでいます。
このままで咲かなくても絵になるような。

その近くに昨秋見た(拙ブログ 2016/10/28
イナゴマメ(蝗豆)の花が結実して
大きくなっています。
blog53.jpg

私は頼まれもしないのに
イナゴマメの観測者みたいです。はは。

向こうには大きな白い花のかたまりが見えます。
blog54.jpg

ああ!“ニセアカシア” ですね。
blog55.jpg

“トゲナシハリエンジュ” と
名札がさがっています。

“ハリエンジュ” とは
“ニセアカシア” のことでしたよね。
“トゲナシニセアカシア” と
呼べばいいものですが
“アカシア” という単語は使いづらいのかも。

“ニセアカシア” のことを
“アカシア” という阿呆がいるので
混乱しないようにしているのでしょうか。



ニセアカシアの!あ!いや!ハリエンジュの後ろ
樹々が繁った中が明るい!?
blog56.jpg

“なんじゃもんじゃ” じゃないですか!
blog57.jpg

遠くに行かなくても(拙ブログ 2017/05/03
“なんじゃもんじゃ”(ヒトツバタゴ)が
ありました。

3 本かな。
そのうち 2 本の高木が開花していました。

みなさん気づかずに通り過ぎています。



“異常巻きアンモナイト” の
化石がたくさん展示されていました。
blog58.jpg

生物の不思議です。

不思議でもなんでもなく
人間が勝手に “異常巻き” と呼んでいますが
こんな種類なんですね。
そちら側から見れば
カタツムリのような殻の巻き方のほうが異常かも。

隣接の “花と緑と自然の情報センター” で
「特別展 石は地球のワンダー」
(2017/03/14 ~ 06/04)を
開催していました。
blog59.jpg

“撮影OK” の掲示があります。
blog60.jpg

はは。
当然のことながら
思わず安堵するのはなぜでしょうね。

どこに行っても “撮影禁止” がはやっています。
その理由が分かりません。

不満を持っているのは私だけでもないようで
たとえば文化財が
おしくらまんじゅうをしている京都で
高い拝観料を取っておきながら
“撮影禁止” とはおかしいと
嵯峨徳子著/京都大不満/に書かれていましたが。

まったくその通り。

仏像や仏具を撮影すると
カメラに魂を抜かれると主張されるのなら
仕方がないですが
1 部のカメラマンやらTV局やらには
撮らせているのは何なの?!

たしかにマナーの悪いカメラ保持者がいますが
それは別問題!
悪いものを排除したらいいだけのことでしょ。



すごい!
blog61.jpg

“花と緑と自然の情報センター” の玄関に
“なんじゃもんじゃ” の盆栽がありました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

神戸森林植物園 新緑しゃくなげ散策 [解語の枯れ尾花]

つつじ(躑躅)と
しゃくなげ(石楠花)が咲いています。
blog71.jpg

「新緑 つつじ・しゃくなげ散策」の
季節(2017/04/15 ~ 05/14)だそうな。
神戸市立森林植物園。
神戸市北区!六甲山中です。

つつじは
種類が多過ぎて私にはなにがなんやら。

しゃくなげも同じ。
1,000 種類とも
2,000 種類ともいわれています。
blog72.jpg

世界中に自生しているという理由だけではなく
その適応環境が狭過ぎるのですね。
こちらの山とあちらの山で育つものが違ったり
10m 標高を下げて植えたらすぐ枯れたり。

ここには日本原産のしゃくなげばかりでしょうか。
blog73.jpg

深山石楠花 この世かの世の 遠い空  秋渓子

“深山石楠花(みやましゃくなげ)” の
有名な俳句がありますが。

そんな種類のしゃくなげがあるのですか。
深山に咲くしゃくなげのことですか。



「森林植物園に行くっていってたよね」

発情大年増!あ!もとい
アラフォー(around 40)の
さわやかなお色気のおね~さん。

「あ!はい。

(まさか!)
(いっしょに行くとはいわないでしょうね)

「絵はがき!くれるそうよ」

「そ!

「私は仕事だから!絵はがき!もらってきて」

(よかった!)

かれがいっていたそうな。
じゃ!絵はがきはかれにもらえばいいのに。

たぶん “かれ” じゃないですね。
遊ばれているだけでしょう。
遊ばれていると知っていても
一縷(いちる)の望みを自分で作ってしまう
年増の性(さが)の悲しさ。

おね~さんが哀れで
愛(いと)しささえ感じます。
“絵はがき” もらってあげましょう。

アンケートを書いてまず 1 枚ゲット。

つぎに
「萌木色(もえぎいろ)の山の葉クイズ」の
答えを求めて
知らない園児やら小学低学年の児童らと
園内 8 か所を回ります。やれやれ。

「お答えは!?

「3 ば~ん!」なんて元気がよろしい。

かれらがしばし!小首をかしげるときは

「しゃくなげの葉の裏はビロードみたいだよ。

なんて!立派なおとなはしゃしゃり出て
ヒントと答えをいってしまいます。

それでさらに絵はがきを 3 枚得ました。
blog74.jpg

「なんでやのん!問題と答えがおかしいよ」

間違いばかりの答案を出したおばちゃんが
執拗に抗議していました。
園児と回って教えてもらいなさい。



この日の植物園の “おすすめ” の花は
“ハンカチノキ” でした。
blog75.jpg

白い花ですね。

これも今が盛りの白い花。
blog76.jpg

“セイヨウバクチノキ” です。

“バクチノキ” は“博打(ばくち)の木”!
外の樹皮がはげ落ちて
内の樹肌が赤く見えるのが
博打で負けて裸にされたみたいだからだそうな。

ただし!
“セイヨウバクチノキ” はそうなるのかどうか。

緑の花は “オニグルミ” かな。
blog77.jpg

オニグルミの雄花がいっぱい。

新緑の季節に赤い色がよく目立ちますねぇ。
blog78.jpg

“ハナノキ” でしょうか。

公園内にハナノキはたくさんありますが
オス木のほうは地味に風景に溶け込んでいます。
これはメス木の花?!
blog79.jpg

桜のソメイヨシノのように
葉を展開させる前に開花しているのですね。

“シロマツ”!?
blog80.jpg

赤松!黒松!は知っていましたが
“白松” もあるんですね。



“KOBE コケ展” を
開催(2017/05/03 ~ 05)していました。
blog81.jpg

“コケ” と聞くと
蘚苔類(せんたいるい)のことかと思いますが
小さな植物を
みんな “苔(コケ)” と呼んでいるのかも。

TVのアニメの “おじゃる丸” の
“亀(かめ)” から
“貧乏神” まで入会している
“ちっちゃいものクラブ” を
思い出し笑いしてしまうのは不謹慎でした。

“コケテラリウム” というものらしいです。
blog82.jpg

虫メガネで見てくれとのこと。



カモシカちゃんも元気にいました。

食堂ですか。
blog83.jpg

ちょっと雰囲気の悪そうな隅っこ。

この日の献立は
葉サラダ(!)が
カシ!モミジ(カエデかな)!イタドリ!
グミ!トウネズミモチ!

それに
固形試料!リンゴ!人参!ふすま!牧草!
サプリメントだそうな。

食堂があればトイレもありました。
blog84.jpg

食堂よりも明るいところですね。



朝にはだれもいなかった
“しゃくなげ園” のランドマーク的な
大株のところが人だらけになっていました。
blog85.jpg

“しゃくなげ” は自分で育てるより
こういう広い園で鑑賞するのがいいようです。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大阪城 なんじゃもんじゃ 2017 [解語の枯れ尾花]

いつもなら地下鉄・谷町線の
谷町四丁目駅や天満橋駅からか
地下鉄・長堀鶴見緑地線の
大阪ビジネスパーク駅からか
JR大阪環状線の大阪城公園駅から
歩いているのですが。

どうでもいいことですが
書いてみるとわずらわしい。
どうしてこう!長ったらしい路線名や
駅名にするのでしょう。
民度や文化が逆行している街なのかも。

今日はJR大阪環状線の森ノ宮駅から
大阪城公園に入ります。
blog61.jpg

植木市があります。
小学生の植木屋さん(?)が
おばちゃんに
(たぶん!)“ラズベリー” の栽培を
レクチャーしていました。
なるほど!専門的ですね。
エラいなぁ。

あ!今日は唐突に
“においの森” が気になったのです。
blog62.jpg

それで近そうな
こちらからアプローチしています。

よく分かりません。
案内標識もありません。

この金木犀(きんもくせい)のあるあたりが
そうなのでしょうか。
blog63.jpg

“におい” を漢字で書けばどうなんでしょう。
“匂い” か “臭い” か!
それによって違うかも。はは。



林床は黄色い花!タンポポだらけ!
blog64.jpg

あ?!
これ!セイヨウタンポポじゃないような。
blog65.jpg

カンサイタンポポか
セイタカタンポポか知りませんが
セイヨウタンポポじゃないような。

今を去ること 40 年前の
昭和 52 年(1977)発行の
甦れ 小さな生きものたち/サンケイ新聞社編/に
大阪府全域のタンポポ分布調査が書いてあります。
「大阪城」付近に
「カンサイタンポポはなかった」とあります。

どうなんでしょう。
今!周辺はこのタンポポの花盛りですが。

甦(よみがえ)ったのでしょうか。
まだ昔の土壌のままということでしょうか。
大阪城内もコンクリート打設が増えて
アルカリ化が進んでいるように見えますが。



城内はあい変らず韓国語と中国語の渦。

にぎやかな中!
人の手の届きそうなところで
ゆうゆうとエサを探している水鳥もいます。
blog66.jpg

生きて行かねばなりませんからね。
生き残るということは大変です。

わ!
blog67.jpg

咲いていますね。
“なんじゃもんじゃ” の花。
blog68.jpg

天守閣の正面下に 2 本あります。
blog69.jpg

昨年はきたのがほんの少し遅くて
見られませんでしたが。(拙ブログ 2016/05/06

関西ではあんまり植樹されていないような。

ふと思いついて手元にあった
園芸大百科事典/講談社/の索引を見たら
“ナンジャモンジャ” があるじゃないですか。
これ!通称ではないんですか。

結果 “ヒトツバタゴ” を指していましたけど。

“一葉” の “タゴ” だから
“ヒトツバタゴ” だとか。
“タゴ” とは “トネリコ” のこと。
“トネリコ” は複葉らしい。

“ヒトツバタゴ” も“ トネリコ” も
本州以北に多く自生しているようなので
関西では珍しい樹木なんですね。
blog70.jpg

自生地は湿潤とあります。
よくまぁ!
こんな乾燥した場所で生きていますね。



笹鳴き(!)が聞こえます。
金蔵(きんぞう or かねぐら or かなぐら)の
ほうからです。
blog71.jpg

これは城内にふたつあった金蔵のひとつ。

宝暦元年(1751)に改造された
城内でも古い建造物ですが
近年になって巨大な貯水池と
臭いそうな便所と!無骨な陸軍の庁舎とを
接近して取り囲んで造り
粗末に扱っているように見えます。

笹鳴きはその屋根から。

お母さん(お父さんかも)スズメ(雀)が
ご馳走を持って帰ってきました。
blog72.jpg

瓦の下で子育てをしています。

大阪市内のスズメは激減しているそうな。
スズメは人間が大好きで
いつも人間の周囲で暮らしていますが
こんな営巣できるところが
減っているのでしょうね。

ドバトの繁殖には適した街には
なっているようですが。

もうすぐ!セイヨウタンポポと
ドバトの天下になってしまいそうです。

そうそう!
どこかに書いてありましたね。
大阪市内にセイヨウタンポポもドバトも
空白の場所が増えたそうな。

ならずものの国から核弾頭が飛んでくる前に
とんでもない光景が出現しそうな!
そんな予感がする春です。

天守閣の上から叫んでみますか!

なんじゃもんじゃぁ~!
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花を折る人 桃ケ池の桜 [解語の枯れ尾花]

わが家の庭(?)の桃ケ池にも
花桃が少し残っていたところに
桜(ソメイヨシノ)が咲きました。
blog31.jpg

満開のころに天候不順ですが
blog32.jpg

16 世紀の閑吟集に

人の姿は花靭(はなうつぼ)優(やさ)し
差して負うたりゃ うその皮靭(かわうつぼ)

という小歌がありましたが。

靭(うつぼ)とは矢を入れて背負うものですね。

(たぶん)桜の花の枝を折って
靭に入れている(たぶん恋しい)人はすてき。
でも実際には
嘘(うそ)つきの誠意のない人ですよ。
なんてすねているようですが。

ふと!

紅葉狩り 春には桜を 折った群れ

なんて川柳を思い出しましたが。
今日のランチのメニューも忘却の灰色の脳には
どなたの作やら記憶にありませんが。

桜狩りとか紅葉狩りとかはホントーに
ポキポキ枝を折っていたのでしょうか。
今はあんまりそういう輩を目撃しませんけどね。

blog33.jpg

「桜狩り」といえば
13 世紀ごろの短編物語集の
「堤中納言物語」に
「花桜折る中将」というはなしがありましたね。

「堤中納言物語」は
「虫愛づる姫君」だけ印象にありますが。
他は小津安二郎監督の映画作品のように
(あくまでも私の阿呆な感想ですよ)
なんにも面白いはなしはありませんが。

それはともかく
まず題名の「花桜」が引っかかりますね。
桜の花のことでしょうか。
今では桜の花は「桜花」とかきますけどね。

桜の種類か咲き方のなにかでしょうか。

その「花桜」を「折る」のですか。

ぬけぬけと 転(こけ)そに花を 売る芸子

なんて雑俳が
文政(1818 ?)のころの「水加減」にありますが。

芸妓をはべらす対価のことを
「花代」というようですから
「花」とは美しい人(たぶん女性)でしょうか。

その「花」を「折る」とは
おだやかなはなしじゃないですね。

物語もおだやかではありません。
よそのお姫さまを盗んで逃げるはなしですが。

blog34.jpg

あ!?
たわむれに「広辞苑」なんかを広げてみたら
「花」に「美人」とか
「女性」とかの意味は見あたりませんが。

「花を折る」はあります。
「容姿が美しい」ことだそうな。

浅学なもの(淫乱な考えのものでもありますが)は
迷路に入ります。

平安時代の男性の執筆した文学の傑作といわれる
「大鏡」の「太政大臣伊尹(これまさ)」の項の
「花を折りたまひしきんだちの」は
保坂弘司訳では
「はなやかに振舞っておられたご兄弟」と
なっていますね。

やっぱり。
直接的に「花を折る」ことはないですね。

blog35.jpg

「花」を「折る」とは
女性にいけない行為を
することではないと分かったのですが
「花桜折る中将」はお姫さまを盗んで逃げます。

あるく足 持っていながら かたげられ

延享(1744)のころの「旅すゞり」にある雑俳。
「かたぐ」とは「かつぐ」こと。

どうも!盗むほうと
盗まれるほうは承知の上らしいですね。

嫁盗みに行って背負うて逃げていると
嫁側の人が追いかけてきて
「違います!違います!」
盗むはずの女性の妹を盗んでいたらしい。
すると盗まれている妹が
「違いません!違いません!」というはなしが
明(1368 ~ 1644)の「笑府」にありますが。

妹は盗まれたがっています?!
盗まれるほうが栄誉なんですかねぇ。

どなたか解説してくだされ。

blog36.jpg

「花桜折る中将」も間違えて
お姫さまの祖母を盗んで逃げました。

その後どうなったのでしょうか。
なにも書かれてはいませんが。

おばあさまも
「違いません!違いません!」といえば
面白いような。



(新訂 閑吟集/浅野建二校注/)
(堤中納言物語/山岸徳平訳注/)
(大鏡/保坂弘司訳/)
(歴代笑話選/松枝茂夫編訳/を参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 解語の枯れ尾花 ブログトップ