So-net無料ブログ作成
工場見学 ブログトップ
前の5件 | -

六甲ライナーフェスティバル 茶めしお代わり [工場見学]

神戸市の沖の人工島・六甲アイランドの
高架の電車 AGT ・六甲ライナーの
終点まで乗りました。

雨が降っています。

終着駅!
雨!
ひとり旅!
これで陰のある美形なら
歌があり
物語の終わりの
そして初めがあるのでしょうけど。

悪かったですね!
色黒!土方(どかた)体形!
おまけに腹黒で。

いっしょに降りたのは家族連ればかり。

「六甲ライナー フェスティバル 2017」
(2017/10/15)ですか。
blog41.jpg

「案内状を持参していないのですが!?

駅頭で案内しているイケメンに聞けば
不要とのこと。

関西の電鉄会社のフェスティバルの中には
厳重に予約制のものもありますが
そんなに
人気のない(失礼!)電車でしょうか。



雨やまず。
blog42.jpg

屋外のブースは大変ですね。
人が押しかけるというほどでもなく
なんか粛々と催行していますね。

放出品も他社に比べて少ないのですが。
blog43.jpg

昨年の看板?!
これも売っているの!?

工場内を見学。
blog44.jpg

音楽列車なるものがありました。
blog45.jpg

車輛の中でコンサートとは考えましたね。

打検(だけん)体験ですって。
blog46.jpg

金づちでボルトのゆるみを調べています。

あ!六甲ライナーはタイヤでしたか。
AGT というシステムは
みんなゴムタイヤでしたかも。



早々に帰ります。

歩いて島を脱出しましょうか。
2km × 3km もないほどの島ですから。

島の中心部にある公園に着きましたが
雨宿りするところも
トイレもないですね。

それなのに!
煙突みたいな柱がいく本もあります。
blog47.jpg

埋め立て地のガス抜きかと思いましたが
地下になにか建造物があるのかも。
その息つぎの穴かな。



アイランドセンター駅前のビルに
静かなモールがありました。

日本茶の店「神戸チャイハーネ」で
しばし濡れた体を休ませまてもらいます。

すごい!
blog48.jpg

日本の茶葉が数十種類そろっています。

安売り 79 円の 2L のペットボトルの
できあいの茶ばかり飲んでいるものは
日本人として恥ずかしい。

正午を回っているので
「茶」より
「茶の葉定食」850 円(税込)をいただきます。
blog49.jpg

茶めしです。
茶の葉の佃煮があります。
茶の葉や粉が
あちこちにふりかけてあります。

茶めしと豚汁はお代わりもできました。

有料の喫茶がずらりと示してあるのに
無料の日本茶がついていて
お代わりできるのがなぜかおかしい。

机上にはお香があります。
blog50.jpg

茶の葉を下からあたためるのですね。
あたためられて乾燥しきった葉も
煎じたらおいしいのでは。

心身ともに貧しいものは考えますが
はたして。

満腹で
満足して
また!雨中の旅人になります。

この島を脱出したところに
灘の生一本!
菊正宗の酒蔵がありますぞ。

頑張ろう!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

苅藻とは 川崎重工業車両カンパニー [工場見学]

苅藻(かるも)駅です。
blog31.jpg

神戸市営地下鉄海岸線の駅。
まぁ!書きにくい読みにくい駅名。

もっと簡潔にしてもらえませんかね。
といって
韓国のように漢字を放棄してしまうと
これまた混乱しそうですが。

平仮名!カタカナだけも読みにくい。
特に長文は
平仮名の中に漢字とカタカナを
ちりばめた文章がいいような。

それはさておき
これは地名から命名したのでしょう。

「苅藻通」「苅藻島町」という町があり
「苅藻橋」という橋もあります。
横に流れている新湊川は
昔は苅藻川といっていたのかも。

「苅藻川は源を鵯越(ひよどりごえ)に発し
「長田尻池を過ぎて海に注いでいたが
「新湊川ができてから
「此川は名称がなくなった

「運河の入口に作った島が
「苅藻島と呼ばれている

と!古い新聞(大阪朝日 大正 5 年)の
記事にあるそうな。

万葉集の柿本人麻呂の歌。

「玉藻刈る 敏馬(みねめ)を過ぎて 夏草の
「野島が崎に 船近づきぬ  (250)

この「玉藻刈る」から出た地名だとも。

でも「敏馬」や
「野島が崎」はどこを指すのでしょう。

それに「玉藻刈る」なら
「藻苅」とならなかったんですかね。
白文で見ても「珠藻苅」なんですがね。

「藻」を「苅る」のなら
漢文書きなら「苅藻」に違いないのですが。



東に広大な工場があります。
川崎重工業の兵庫工場。

0系新幹線!旧こだま号!
blog32.jpg

すごいものを展示していますね。

この工場は「車両カンパニー」と呼ばれ
1906 年から鉄道車両を生産しているとか。

製造中でしょうか!
公道から車両が見えます。
blog33.jpg

工場内の線路が公道を横断しています。
blog34.jpg

この線路!
JR兵庫駅と和田岬駅を結ぶ線路
つまり通称・和田岬線(山陽本線)に
つながっているそうな。

納品に線路を走らせて行くとは!
便利ですね。

他には
トレーラーで深夜に陸上運送でしょうか。

兵庫運河にも接しているのは
海上運送のためでしょうか。
blog35.jpg

海外とかには
とりあえず神戸港まではしけで行きますか。

運河は幅員があって波穏やかでしょうけど
橋をくぐらねば、、、。
blog36.jpg

干潮時をねらうんでしょうね。
干潮時には橋下の高さを確保できても
今度は水深がなくなりそう。

私が心配することもないのですがね。
blog37.jpg



(新訓 万葉集/佐佐木信綱編/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春鹿 酒蔵まつり 台風直撃の中 [工場見学]

「並行複発酵」ですね。
blog61.jpg

どこかの酒蔵でも聞きましたね!なん度も。
すぐ忘れます。

高さ 3、4 m のタンクの上で見学です。

お嬢さん方!クイズに挑戦していますか。
blog62.jpg

10 問!
お~!むずかしい!
みなさん!頑張ってください!
私たちはのちほどまじめに考えます。

「これは?!」
blog63.jpg

たぶん!火入れのときに使うものでは。

おね~さん!飲まないでください。
blog64.jpg

酸度測定ですって。
勉強(?)になりますね。
こんなコーナーを見たのは
この蔵が初めてのような。



台風 18 号がまっすぐ向かってきています。

真上を通り過ぎるのじゃないか!という
大変な日(2017/09/17)に
清酒 春鹿(奈良市福智院町)の
酒蔵まつりです。

雨が降っても!風が吹いても!
避難勧告が出ないかぎり催行と
なん日も前からの決意は変わりません。

岸和田だんじりまつりも今日が本宮のはず。

岸和田の連中が
「雨でも風でも台風でも」
「なにがなんでも曳いてやる」と
蛮声をあげていましたが
こちらの意気込みも
だんじり曳きに負けませんなぁ。

蔵の前の道が車両通行止め!
このイベントのために
歩行者天国になっていました。
blog65.jpg

台風!直撃みたい!というのに。
blog66.jpg

なんですか!この大勢の人。
blog67.jpg

いつも!今回も思うのですが
日本酒の消費が減少しているのに
酒蔵開きや酒蔵まつりは大盛況です。
blog68.jpg

みんなで酔えば!台風がきても怖くない!?



振る舞い酒を試飲させてもらいましょう。
blog69.jpg

こんな少量ではよく分からない!なんて
冗談いっていたら
「分かるまでどうぞ!」と
なんというやさしい蔵なんでしょう。

そういわれてもね。
私は常識人ですから。

「どこが?!」

気が弱いものですから。

ああ!
blog70.jpg

アラフォー(around 40)の
のんびり!ほんわかおね~さん!
こんなときには素早いですね。
もしかして!アルコール依存症?!

どんだけ買ってきたのですか。

「今日のレアもの!」
「全部飲んでみなきゃ始まらないでしょ」



このテーブルの穴!
blog71.jpg

カップをはめておくのに便利ですが。

フォークリフトといっしょに使う
パレットでしたか。
blog72.jpg

あれ!メーカー名!いろいろ。
それも「アサヒ」「キリン」「サントリー」?!
ビールメーカーのものばかり。

ビールケースもたくさんあるんですが。
blog73.jpg

工場の裏で飲んでいたら
いろんな疑問が湧くじゃないですか!

「湧かないよ!」

「つまんない酒飲みね!」
「そんな」
「枝葉末節なことばかり考えて飲むのは」
「やめなさい」

ま!そうですね。
それよりクイズのほうを考えますか。
しっかり正解を出して
商品をゲットしましょうよ。

「私はダメ!酔っぱらっているから」

おね~さんがダメなら
私はもっとだらしがありませんよ。

クイズの回答はあきらめて
もう 1 杯飲みましょうよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タケニグサ ゆめほたる [工場見学]

上って行けば!明るい!
切り開かれています。
blog31.jpg

タケニグサが目立ちます。
blog32.jpg

この草にはよく考えもしないで
まず!嫌悪感が湧きます。
目の敵にして抜いたこといくたび。

毒草だと教えられています。
帰化植物だとも刷り込まれています。

ところが俳句歳時記に
「竹煮草」があるじゃないですか。
帰化植物ではないのかも。

好きな人もいるのですなぁ。
庭園に植えたりしているとか。

柳田國男は流転の草ともいっています。
新しく拓けたところに
まず!一番にやってくる草のようです。
草原や森が形成されてくるといなくなるのかも。
荒れ地から荒れ地に流転の運命らしい。

竹を煮るとき
いっしょに入れれば柔らかくなるので
「竹煮草」というのは誤り。
「竹似草」が変じて
俗説のほうが強くなったらしい。



とはいうものの
やっぱり好きにはなれませんがね。
独特のイヤな臭いもあります。

ん!?
なにか臭うのは
タケニグサの臭気じゃないような。
丘の上から臭いがきています。
blog33.jpg

大きな建てものがありました。
blog34.jpg

平成 21 年(2009)より稼働している
国崎クリーンセンターという
新しいごみ処理施設でした。
大阪府能勢町・豊能町と
兵庫県川西市・猪名川町が運営していました。

「国崎クリーンセンター啓発施設 ゆめほたる」と
書いてあり!見学者を受け入れています。
blog35.jpg

広い見学通路を行けば
リサイクル施設や焼却施設をのぞけます。
blog36.jpg
blog37.jpg
blog38.jpg
blog39.jpg

コーヒーとカレーを売っていました。
blog40.jpg



チガヤを大切にしています。
blog41.jpg

このあたり!どこにでもあるような草なのに。

山を破壊してしまったからか
クヌギの森の復活を試みているようです。
blog42.jpg

横の森にはい上がれば炭焼き窯がありました。
blog43.jpg

使われなくなって久しいのか
窯の天井が落ちていましたが。

「間歩(まぶ)」もありました。
blog44.jpg

「へへ、、、俺は間夫(まぶ)だぁ」
「アブみてえな顔ぉして」
と!古今亭志ん生(5 代)が
「廓(くるわ)ばなし」でよくいっていた
「間夫(愛人!恋人?)」ではありません!
断らなくてもいいと思いますけど。

間歩とは坑道のこと。
このあたりも多田銀銅山の範囲なんですね。

いろんな学習ができて
環境も清々しいのですが
交通不便な場所ですからねぇ。
年齢も体力もバラバラなみなさんを連れての
ハイキングコースには組み入れにくいかも。

個人的には案内しますから
タケニグサを詠みたい人も
アブみたいな顔をしている人も
間夫を引き連れているつもりの人も
声をかけてくださいね。



(柳田國男著/野草雑記/)
(古今亭志ん生著/志ん生廓ばなし/参照)
(敬称略)
タグ:柳田國男
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひと山越えて「月化粧」工場へ [工場見学]

ひと山越えて
「まんじゅう」をひと口食べに行きます。
もの好きなはなしです。

某お大尽が行くのです。
昨年も一昨年もこの季節に
私が同行しました。

「今年は大勢誘いましょうよ」
「そうすべぇ!」と衆議一決!
といっても
会議(?)にはふたりしかいませんが。

南海本線・孝子(きょうし)駅で待ちます。

3,000 人ほどに
声をかけておきました。(人数はウソですよ)

みなさん!
「きゃっ!すてき!山頂でお大尽さまと」
「コーヒーでもたてられたらしあわせ」
なんていっていましたから
今にイキな山ガール姿の美女たちが
どどっとかけつけますよ。
待ちましょう。

待ちます。
そして、、、待ちます。
あんまり電車の本数がありませんが。

待ちくたびれて孝子小学校へ。
児童はいません。
blog21.jpg

廃校か休校になっていて
「岬の歴史館」という看板を掲げています。
blog22.jpg

「岬」といっても地形が岬という訳ではなく
岬町なんですね。
大阪府の南の端っこかな。
背伸びしたら和歌山県が見えそう。



だれもきませんね。
行きますか。

ふたりですので
山中でいたずらしないでね。

「気持ちが滅入っているときに」
「よけいに落ち込むようなことを、、、!」

ごめんなさい。

上って!「船が空飛ぶ展望台」で最初の休憩。
blog23.jpg

あの海!大阪府唯一の自然の砂浜だそうな。
霞んでいて!よく分かりませんがね。

下って!山中の田んぼの跡らしいところ。
blog24.jpg

しかし!ここにも!
キショウブ(黄菖蒲)がはでに咲いています。
ヒトがいてもいなくても関係ないですね。
やがて日本中がキショウブに埋まりそう。



大小のアップダウンをくりかえして
「いきいきパークみさき」という
公園に降りてきました。

公園という名がありますが
山を崩して土砂をえぐりとった
広大な盆地(!)です。
ちなみに土砂は
海に行き関西空港と化しています。

その広大な空地で唯一の
建てものらしい建てものが
「青木松風庵 岬工場」です。
blog25.jpg

工場内に売店ができていました。
blog26.jpg

表に人影はないのですけどね。(失礼!)

工場見学をさせてもらいます。
blog27.jpg

昨年一昨年とほぼおなじ画像しか撮れません。
blog28.jpg

熱い焼き立ての
「月化粧」という菓子を試食。
blog29.jpg

白いあんの入ったまんじゅうです。

さらにお土産にふたつもいただいたのは
昨年とおなじです。



おなじ盆地(!)内の
「多奈川ビオトープ」に寄ります。
blog30.jpg

自然の回帰を期待しているところ。
あい変らず!ガマ(蒲)の勢力が強いですね。
blog31.jpg

海のほうに向けて下ります。

この黄色い花が年々勢力を伸ばしています。
blog32.jpg

ビオトープにも進出していましたね。
ビオトープには他にも
知らない!たぶん!
外来種の植物がいっぱいありましたが。

でも!ヘビ(蛇)は健在ですか。
blog33.jpg

ニホンミツバチ(日本蜜蜂)も。
blog34.jpg

ん!?
blog35.jpg

穴だらけのキャベツ!
ああ!モンシロチョウ(紋白蝶)のせいかな。
blog36.jpg

なんだか安堵しました。
キャベツを作づけしている人には
申し訳ないですが
なんだか「ほっ」とする
青虫の食(は)み跡です。



このまま海のほうに進んで行けば
南海多奈川線のどこかの駅に出るでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 工場見学 ブログトップ