So-net無料ブログ作成
工場見学 ブログトップ
前の5件 | -

和束町の茶源郷まつり 2017 [工場見学]

「わが王(おほきみ)
「天(あめ)知らさむと思はねば
「凡(おほ)にぞ見ける
「和豆香(わづか)そま山


万葉集(476)の大伴家持の歌。
(475)の反歌かな。

安積(あさか)皇子(728 ~ 744)が
死去したので悲しみの歌。

異母姉の阿倍内親王(孝謙天皇)や
藤原一族(仲麻呂)らによって
たぶん!暗殺されたのでしょう。

安積皇子は
「和豆香(わづか)そま山」
つまり!現在の京都府の和束町に
葬られているのですね。



和束町は茶葉生産の里です。
人口 4,000 人あまり(2017)
世帯数 1,700 あまりで
茶農家数が 300 戸を越えているそうな。

煎茶工場を見学。
blog21.jpg

宇治茶の系統ですから
シロート目には
宇治市で見る工場と違いがないような。
blog22.jpg

あ!
blog23.jpg

空気清浄のフィルタでしょうけど
なぜか面白く感じました。

急に生産量が増えたのは碾茶(てんちゃ)!
日本一になったそうな。

つづいて碾茶工場。
blog24.jpg

縦に高くて長いところを茶葉が通って
碾茶ができるのですね。
blog25.jpg

工場が止まっているので
なにがなんやら
初めて見た人には
理解はしにくいですけどね。



抹茶は碾茶を臼で挽いて作りますが
その和束町の碾茶を
アイスクリームの
ハーゲンダッツ (Häagen-Dazs) が
買っているのだそうな。

だから碾茶の生産量が増えたのですね。
blog26.jpg

碾茶工場が 30 棟もできています。

晩生(おくて)のオクミドリが多かったので
碾茶生産に向いていたと
生産者のおじさんがいっていました。
blog27.jpg

すごいですね!どこを向いても茶畑です。
blog28.jpg

「夫婦喧嘩をしたら仕事にならない」とか。
blog29.jpg

あれ!?
機械刈りですね。

もう茶の樹の整理くらいで
お金にはならないでしょうけど
たまたま橋の向こうに
寒冷紗のような覆いが見えますが。
blog30.jpg

茶の葉すれすれに低く覆うのですか!?

宇治市の覆いは
支柱を高く組んだ棚を作っています。

摘み方といい
覆いといい
なんだか荒っぽいような
安あがりですませているような。

失礼な意見ですみません。



茶の花の季節ですが。
blog31.jpg

そんなに多くは咲いていません。

施肥は窒素系が多いのですね。
だから花は少ない。
しかも
「いい茶畑では咲いたとしても」
「ほとんど結実しない」とか。
勉強になりますなぁ。

主に有機肥料を使っているそうですが
「油粕をまけばイノシシがくる!」
「魚粉にはカラスが飛んでくる!」

大変ですね。



和束運動公園を中心に
「茶源郷まつり 2017」
(2017/11/04・05)を催行していました。
blog32.jpg

和束町は自らを
「茶源郷」と呼んでいるのです。
blog33.jpg

屋台はお茶であふれています。

飲用は当然ながら
茶だんご!茶そば!茶プリン!等々。
抹茶オムそば!茶葉すし!なんて
どんなものやら。

茶めし(300 円)でランチにします。
blog34.jpg

抹茶コロッケ(100 円)も。
blog35.jpg

常緑樹の茶畑ばかり見ていましたが
顔をあげると
茶の里は紅葉が進んでいました。



雲の色が濃くなってきたので帰りました。

あ!今気づきました。
安積皇子の墓に行くのを忘れて
帰ってしまっています。

私の頭の中の空洞には
もう木枯らしが吹いているようです。



(新訓 万葉集/佐佐木信綱編/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

はんしんまつり 現存最古?の中華そば [工場見学]

「膝に組む 指にいのちを ゆだねおきて
「眼をこそ瞑づれ 秋の夜汽車に


旅へのあこがれ。
秋の夜汽車ですか。
ま!明治の最後の年の
牧水の短歌ですからね。

みんなそんなあこがれかどうか
ほとんどの鉄道のイベントには
雲霞の如く人がうごめいています。
blog31.jpg

今日(2017/11/03)は
阪神電車(阪神電気鉄道)の車両基地開放
「鉄道の日 はんしんまつり 2017」です。

ま!半分以上がこども!
さらに半分はその保護者!
立派な(かどうかはさておき)
おとなだけのグループは私たちぐらいかな。

鉄道好きは少年の性癖(?)かと
勝手に思っていたのですが
少女も女史もたくさんいるんですね。

たいてい!車両基地の見学は
ひとりで行っているのですが
今回!たわむれに
アラフォー(around 40)の女史に
声をかけたのですが。

積極的な返事もなかったので
どうかと思っていたら
朝!待ち合わせ時刻ぎりぎりになって
やってきました。



阪神電車から招待状が届いたのは
メイン会場の尼崎車庫だけ。
他の会場には行けませんが十分でしょう。

みなさん!
あちこちの車両に群がっていますが。
blog32.jpg

私たちにはどこがいいのかどうか。

工場内も色気はありませんよ。
blog33.jpg

トラバーサーというのでしょうか
車両の移動の遷車台(?)に
乗せてくれますよ。
blog34.jpg

他の車両に乗るには競争率が高く
長時間待たされるので
これに乗せてもらいましょうか。

この遷車台!動力源はなんですか。
音もないし!
バッテリーですか。

あは!
小さなパンタグラフがありました。
blog35.jpg

注意力散漫ですね。

レタスが売られていました。
blog36.jpg

「どこの産ですか?

「阪神電車です!」

聞き間違えたのかと思いましたが
あら!ホント!
blog37.jpg

高架下かどこか近辺で栽培しているらしい。
その工場を見学したかったですね。

150 円で買いました。
今晩!楽しみ。



慣れない場所で疲れましたか。

外に出て
車窓からいつも気になっている
大鳥居のある
尼崎ゑびす神社の境内で休憩しますか。
blog38.jpg

立派な社殿なんですが
鳥居が巨大過ぎて
小さく見えるじゃないですか。

「恋人や夫は
「おね~さんより体形のいい人がいいですよ。

貧弱な人とつがいになると
おデブの!いや!
ふくよか過ぎる胸と腹のおね~さんは
傲慢に見えますよ。
そんな気がなくても。

「今日もひとこと多いのじゃないの?!」



地元のお大尽推薦のラーメン店。
いや!中華そば店でランチにしませんか。

中央商店街から少し入った筋にある
「大貫(だいかん)」へ行ってみませんか。
blog39.jpg

お大尽は少年のころ
「支那そば」と呼んでいたそうですが。
今もそう呼んでいる店舗もありますが。

余談ですが
おなじイギリスなのに
イングランド人はウェールズ人を
昔は泥棒呼ばわりして揶揄したそうです。

マザー・グースの唄の中の
「There were three jovial Welshmen

北原白秋は
「素っ頓狂な南京人がお三方ござった
と訳しているとか。
「Welshmen(ウェールズ人)」を
「南京人」にしています。

白秋は!それとも白秋の時代の日本人は
南京の人を
堂々と泥棒呼ばわりしていたのでしょうか。

そんな歴史があれば
「支那」も「中華」も使えず
今は「ラーメン」が無難なんですが
ま!ここは中華そばと名乗っていました。

お大尽が少年のころから
なじみというのは分かります。

「創業大正元年」と書いてあります。
大正元年とは 1912 年!?
1 世紀前じゃないですか!
冒頭の牧水の歌と
おない年じゃないですか!

その 100 年前の中華そば。
blog40.jpg

税込み 850 円。
なかなかの味。

麺食いでもない私でもおいしく感じます。



おね~さんのような和の
楚々とした色気のある
菊が咲いています。
(半分お世辞ですみません)

駅前で開催していた菊花展を見て
解散しましょう。

いつもハイキングでは
速足ばかり強いてすみません。
今日はのんびりお帰りくださいね。


「停車場の 黒き柱に 身をもたせ
「汝が行く国の 秋をおもふかな



(短歌はすべて若山牧水歌集/死か芸術か/より)
(平野敬一著/マザー・グースの唄/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六甲ライナーフェスティバル 茶めしお代わり [工場見学]

神戸市の沖の人工島・六甲アイランドの
高架の電車 AGT ・六甲ライナーの
終点まで乗りました。

雨が降っています。

終着駅!
雨!
ひとり旅!
これで陰のある美形なら
歌があり
物語の終わりの
そして初めがあるのでしょうけど。

悪かったですね!
色黒!土方(どかた)体形!
おまけに腹黒で。

いっしょに降りたのは家族連ればかり。

「六甲ライナー フェスティバル 2017」
(2017/10/15)ですか。
blog41.jpg

「案内状を持参していないのですが!?

駅頭で案内しているイケメンに聞けば
不要とのこと。

関西の電鉄会社のフェスティバルの中には
厳重に予約制のものもありますが
そんなに
人気のない(失礼!)電車でしょうか。



雨やまず。
blog42.jpg

屋外のブースは大変ですね。
人が押しかけるというほどでもなく
なんか粛々と催行していますね。

放出品も他社に比べて少ないのですが。
blog43.jpg

昨年の看板?!
これも売っているの!?

工場内を見学。
blog44.jpg

音楽列車なるものがありました。
blog45.jpg

車輛の中でコンサートとは考えましたね。

打検(だけん)体験ですって。
blog46.jpg

金づちでボルトのゆるみを調べています。

あ!六甲ライナーはタイヤでしたか。
AGT というシステムは
みんなゴムタイヤでしたかも。



早々に帰ります。

歩いて島を脱出しましょうか。
2km × 3km もないほどの島ですから。

島の中心部にある公園に着きましたが
雨宿りするところも
トイレもないですね。

それなのに!
煙突みたいな柱がいく本もあります。
blog47.jpg

埋め立て地のガス抜きかと思いましたが
地下になにか建造物があるのかも。
その息つぎの穴かな。



アイランドセンター駅前のビルに
静かなモールがありました。

日本茶の店「神戸チャイハーネ」で
しばし濡れた体を休ませまてもらいます。

すごい!
blog48.jpg

日本の茶葉が数十種類そろっています。

安売り 79 円の 2L のペットボトルの
できあいの茶ばかり飲んでいるものは
日本人として恥ずかしい。

正午を回っているので
「茶」より
「茶の葉定食」850 円(税込)をいただきます。
blog49.jpg

茶めしです。
茶の葉の佃煮があります。
茶の葉や粉が
あちこちにふりかけてあります。

茶めしと豚汁はお代わりもできました。

有料の喫茶がずらりと示してあるのに
無料の日本茶がついていて
お代わりできるのがなぜかおかしい。

机上にはお香があります。
blog50.jpg

茶の葉を下からあたためるのですね。
あたためられて乾燥しきった葉も
煎じたらおいしいのでは。

心身ともに貧しいものは考えますが
はたして。

満腹で
満足して
また!雨中の旅人になります。

この島を脱出したところに
灘の生一本!
菊正宗の酒蔵がありますぞ。

頑張ろう!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

苅藻とは 川崎重工業車両カンパニー [工場見学]

苅藻(かるも)駅です。
blog31.jpg

神戸市営地下鉄海岸線の駅。
まぁ!書きにくい読みにくい駅名。

もっと簡潔にしてもらえませんかね。
といって
韓国のように漢字を放棄してしまうと
これまた混乱しそうですが。

平仮名!カタカナだけも読みにくい。
特に長文は
平仮名の中に漢字とカタカナを
ちりばめた文章がいいような。

それはさておき
これは地名から命名したのでしょう。

「苅藻通」「苅藻島町」という町があり
「苅藻橋」という橋もあります。
横に流れている新湊川は
昔は苅藻川といっていたのかも。

「苅藻川は源を鵯越(ひよどりごえ)に発し
「長田尻池を過ぎて海に注いでいたが
「新湊川ができてから
「此川は名称がなくなった

「運河の入口に作った島が
「苅藻島と呼ばれている

と!古い新聞(大阪朝日 大正 5 年)の
記事にあるそうな。

万葉集の柿本人麻呂の歌。

「玉藻刈る 敏馬(みねめ)を過ぎて 夏草の
「野島が崎に 船近づきぬ  (250)

この「玉藻刈る」から出た地名だとも。

でも「敏馬」や
「野島が崎」はどこを指すのでしょう。

それに「玉藻刈る」なら
「藻苅」とならなかったんですかね。
白文で見ても「珠藻苅」なんですがね。

「藻」を「苅る」のなら
漢文書きなら「苅藻」に違いないのですが。



東に広大な工場があります。
川崎重工業の兵庫工場。

0系新幹線!旧こだま号!
blog32.jpg

すごいものを展示していますね。

この工場は「車両カンパニー」と呼ばれ
1906 年から鉄道車両を生産しているとか。

製造中でしょうか!
公道から車両が見えます。
blog33.jpg

工場内の線路が公道を横断しています。
blog34.jpg

この線路!
JR兵庫駅と和田岬駅を結ぶ線路
つまり通称・和田岬線(山陽本線)に
つながっているそうな。

納品に線路を走らせて行くとは!
便利ですね。

他には
トレーラーで深夜に陸上運送でしょうか。

兵庫運河にも接しているのは
海上運送のためでしょうか。
blog35.jpg

海外とかには
とりあえず神戸港まではしけで行きますか。

運河は幅員があって波穏やかでしょうけど
橋をくぐらねば、、、。
blog36.jpg

干潮時をねらうんでしょうね。
干潮時には橋下の高さを確保できても
今度は水深がなくなりそう。

私が心配することもないのですがね。
blog37.jpg



(新訓 万葉集/佐佐木信綱編/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春鹿 酒蔵まつり 台風直撃の中 [工場見学]

「並行複発酵」ですね。
blog61.jpg

どこかの酒蔵でも聞きましたね!なん度も。
すぐ忘れます。

高さ 3、4 m のタンクの上で見学です。

お嬢さん方!クイズに挑戦していますか。
blog62.jpg

10 問!
お~!むずかしい!
みなさん!頑張ってください!
私たちはのちほどまじめに考えます。

「これは?!」
blog63.jpg

たぶん!火入れのときに使うものでは。

おね~さん!飲まないでください。
blog64.jpg

酸度測定ですって。
勉強(?)になりますね。
こんなコーナーを見たのは
この蔵が初めてのような。



台風 18 号がまっすぐ向かってきています。

真上を通り過ぎるのじゃないか!という
大変な日(2017/09/17)に
清酒 春鹿(奈良市福智院町)の
酒蔵まつりです。

雨が降っても!風が吹いても!
避難勧告が出ないかぎり催行と
なん日も前からの決意は変わりません。

岸和田だんじりまつりも今日が本宮のはず。

岸和田の連中が
「雨でも風でも台風でも」
「なにがなんでも曳いてやる」と
蛮声をあげていましたが
こちらの意気込みも
だんじり曳きに負けませんなぁ。

蔵の前の道が車両通行止め!
このイベントのために
歩行者天国になっていました。
blog65.jpg

台風!直撃みたい!というのに。
blog66.jpg

なんですか!この大勢の人。
blog67.jpg

いつも!今回も思うのですが
日本酒の消費が減少しているのに
酒蔵開きや酒蔵まつりは大盛況です。
blog68.jpg

みんなで酔えば!台風がきても怖くない!?



振る舞い酒を試飲させてもらいましょう。
blog69.jpg

こんな少量ではよく分からない!なんて
冗談いっていたら
「分かるまでどうぞ!」と
なんというやさしい蔵なんでしょう。

そういわれてもね。
私は常識人ですから。

「どこが?!」

気が弱いものですから。

ああ!
blog70.jpg

アラフォー(around 40)の
のんびり!ほんわかおね~さん!
こんなときには素早いですね。
もしかして!アルコール依存症?!

どんだけ買ってきたのですか。

「今日のレアもの!」
「全部飲んでみなきゃ始まらないでしょ」



このテーブルの穴!
blog71.jpg

カップをはめておくのに便利ですが。

フォークリフトといっしょに使う
パレットでしたか。
blog72.jpg

あれ!メーカー名!いろいろ。
それも「アサヒ」「キリン」「サントリー」?!
ビールメーカーのものばかり。

ビールケースもたくさんあるんですが。
blog73.jpg

工場の裏で飲んでいたら
いろんな疑問が湧くじゃないですか!

「湧かないよ!」

「つまんない酒飲みね!」
「そんな」
「枝葉末節なことばかり考えて飲むのは」
「やめなさい」

ま!そうですね。
それよりクイズのほうを考えますか。
しっかり正解を出して
商品をゲットしましょうよ。

「私はダメ!酔っぱらっているから」

おね~さんがダメなら
私はもっとだらしがありませんよ。

クイズの回答はあきらめて
もう 1 杯飲みましょうよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 工場見学 ブログトップ