So-net無料ブログ作成
検索選択
工場見学 ブログトップ
前の5件 | -

タケニグサ ゆめほたる [工場見学]

上って行けば!明るい!
切り開かれています。
blog31.jpg

タケニグサが目立ちます。
blog32.jpg

この草にはよく考えもしないで
まず!嫌悪感が湧きます。
目の敵にして抜いたこといくたび。

毒草だと教えられています。
帰化植物だとも刷り込まれています。

ところが俳句歳時記に
「竹煮草」があるじゃないですか。
帰化植物ではないのかも。

好きな人もいるのですなぁ。
庭園に植えたりしているとか。

柳田國男は流転の草ともいっています。
新しく拓けたところに
まず!一番にやってくる草のようです。
草原や森が形成されてくるといなくなるのかも。
荒れ地から荒れ地に流転の運命らしい。

竹を煮るとき
いっしょに入れれば柔らかくなるので
「竹煮草」というのは誤り。
「竹似草」が変じて
俗説のほうが強くなったらしい。



とはいうものの
やっぱり好きにはなれませんがね。
独特のイヤな臭いもあります。

ん!?
なにか臭うのは
タケニグサの臭気じゃないような。
丘の上から臭いがきています。
blog33.jpg

大きな建てものがありました。
blog34.jpg

平成 21 年(2009)より稼働している
国崎クリーンセンターという
新しいごみ処理施設でした。
大阪府能勢町・豊能町と
兵庫県川西市・猪名川町が運営していました。

「国崎クリーンセンター啓発施設 ゆめほたる」と
書いてあり!見学者を受け入れています。
blog35.jpg

広い見学通路を行けば
リサイクル施設や焼却施設をのぞけます。
blog36.jpg
blog37.jpg
blog38.jpg
blog39.jpg

コーヒーとカレーを売っていました。
blog40.jpg



チガヤを大切にしています。
blog41.jpg

このあたり!どこにでもあるような草なのに。

山を破壊してしまったからか
クヌギの森の復活を試みているようです。
blog42.jpg

横の森にはい上がれば炭焼き窯がありました。
blog43.jpg

使われなくなって久しいのか
窯の天井が落ちていましたが。

「間歩(まぶ)」もありました。
blog44.jpg

「へへ、、、俺は間夫(まぶ)だぁ」
「アブみてえな顔ぉして」
と!古今亭志ん生(5 代)が
「廓(くるわ)ばなし」でよくいっていた
「間夫(愛人!恋人?)」ではありません!
断らなくてもいいと思いますけど。

間歩とは坑道のこと。
このあたりも多田銀銅山の範囲なんですね。

いろんな学習ができて
環境も清々しいのですが
交通不便な場所ですからねぇ。
年齢も体力もバラバラなみなさんを連れての
ハイキングコースには組み入れにくいかも。

個人的には案内しますから
タケニグサを詠みたい人も
アブみたいな顔をしている人も
間夫を引き連れているつもりの人も
声をかけてくださいね。



(柳田國男著/野草雑記/)
(古今亭志ん生著/志ん生廓ばなし/参照)
(敬称略)
タグ:柳田國男
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ひと山越えて「月化粧」工場へ [工場見学]

ひと山越えて
「まんじゅう」をひと口食べに行きます。
もの好きなはなしです。

某お大尽が行くのです。
昨年も一昨年もこの季節に
私が同行しました。

「今年は大勢誘いましょうよ」
「そうすべぇ!」と衆議一決!
といっても
会議(?)にはふたりしかいませんが。

南海本線・孝子(きょうし)駅で待ちます。

3,000 人ほどに
声をかけておきました。(人数はウソですよ)

みなさん!
「きゃっ!すてき!山頂でお大尽さまと」
「コーヒーでもたてられたらしあわせ」
なんていっていましたから
今にイキな山ガール姿の美女たちが
どどっとかけつけますよ。
待ちましょう。

待ちます。
そして、、、待ちます。
あんまり電車の本数がありませんが。

待ちくたびれて孝子小学校へ。
児童はいません。
blog21.jpg

廃校か休校になっていて
「岬の歴史館」という看板を掲げています。
blog22.jpg

「岬」といっても地形が岬という訳ではなく
岬町なんですね。
大阪府の南の端っこかな。
背伸びしたら和歌山県が見えそう。



だれもきませんね。
行きますか。

ふたりですので
山中でいたずらしないでね。

「気持ちが滅入っているときに」
「よけいに落ち込むようなことを、、、!」

ごめんなさい。

上って!「船が空飛ぶ展望台」で最初の休憩。
blog23.jpg

あの海!大阪府唯一の自然の砂浜だそうな。
霞んでいて!よく分かりませんがね。

下って!山中の田んぼの跡らしいところ。
blog24.jpg

しかし!ここにも!
キショウブ(黄菖蒲)がはでに咲いています。
ヒトがいてもいなくても関係ないですね。
やがて日本中がキショウブに埋まりそう。



大小のアップダウンをくりかえして
「いきいきパークみさき」という
公園に降りてきました。

公園という名がありますが
山を崩して土砂をえぐりとった
広大な盆地(!)です。
ちなみに土砂は
海に行き関西空港と化しています。

その広大な空地で唯一の
建てものらしい建てものが
「青木松風庵 岬工場」です。
blog25.jpg

工場内に売店ができていました。
blog26.jpg

表に人影はないのですけどね。(失礼!)

工場見学をさせてもらいます。
blog27.jpg

昨年一昨年とほぼおなじ画像しか撮れません。
blog28.jpg

熱い焼き立ての
「月化粧」という菓子を試食。
blog29.jpg

白いあんの入ったまんじゅうです。

さらにお土産にふたつもいただいたのは
昨年とおなじです。



おなじ盆地(!)内の
「多奈川ビオトープ」に寄ります。
blog30.jpg

自然の回帰を期待しているところ。
あい変らず!ガマ(蒲)の勢力が強いですね。
blog31.jpg

海のほうに向けて下ります。

この黄色い花が年々勢力を伸ばしています。
blog32.jpg

ビオトープにも進出していましたね。
ビオトープには他にも
知らない!たぶん!
外来種の植物がいっぱいありましたが。

でも!ヘビ(蛇)は健在ですか。
blog33.jpg

ニホンミツバチ(日本蜜蜂)も。
blog34.jpg

ん!?
blog35.jpg

穴だらけのキャベツ!
ああ!モンシロチョウ(紋白蝶)のせいかな。
blog36.jpg

なんだか安堵しました。
キャベツを作づけしている人には
申し訳ないですが
なんだか「ほっ」とする
青虫の食(は)み跡です。



このまま海のほうに進んで行けば
南海多奈川線のどこかの駅に出るでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

初夏の神戸ワイン城 [工場見学]

先日!女性たちが寂しい山裾で
花の同定をして歩いているのか
図鑑などを広げていましたが
この日には男性が
植物を丹念に調べて徘徊していました。

そういう楽しみ方もありますか。
しからば私も観察して行きます。
blog31.jpg
blog32.jpg

ちっとも名前を知らない花ばかりですが
ま!強いて知りたくもないので
写真だけ撮って歩きます。
blog33.jpg
blog34.jpg

小さな花も大きな花も
よく見ると美しく咲いていますねぇ。
blog35.jpg
blog36.jpg

あ!これは花ではないですか。
blog37.jpg

この小さな世界で虫たちも生きて動いています。
blog38.jpg
blog39.jpg

通販で買ったコンパクトカメラが悪いのか
撮影技術が幼稚なのか
ピントが甘く!
色の再現が不完全な写真ばかり。
blog40.jpg
blog41.jpg

あ!だれだぁ!セックスしているやつは!?
blog42.jpg

わが家の近所にいやというほど咲いている花が
野山にあるとなぜか愛(いと)おしい。
blog43.jpg

きりがないほど咲いています。
前に進めません。
おなじ花をなん回も写したのかも知れませんが。



覚えのない道を歩いていたのですが
神戸ワイン城(神戸ワイナリー農業公園)に
たどり着きました。
blog44.jpg

あんまり訪問者のいない季節。
blog45.jpg

ゆっくりワイン工場を見学できます。
blog46.jpg

できますが!機器は動いていませんね。

外に回ってみても
仕込みタンクも圧搾機も静かです。
blog47.jpg

なにか分からないけどすごそうなものが!
blog48.jpg

ぶどうの収穫期だけにぎやかなんですね!
あたりまえですが。

地下のワインセラーの在庫も寂しいような。
blog49.jpg

ショップで試飲させてもらいましょうか。
でも!ひとりで!他に客もいないところで!
気が小さいので
試飲だけして逃げる勇気はありません。
通り過ぎます。



ぶどう畑の緑色が柔らかい。
blog50.jpg

ここの畑はみんな垣根仕立てです。
blog51.jpg

枝は短い剪定。



1,000 名収容のバーベキュー場は
今ならどこでも好きなテーブルに座れますね。
しかし!ひとりでランチするのはもったいない。

ワイン城の入り口にある
「農協市場館 六甲のめぐみ」で
ハーブ入りパンを買って
先日!京都の蹴上浄水場でもらった
水(拙ブログ 2017/05/06)とでランチにします。
blog52.jpg

間引いた人参と
韓国の唐辛子の苗を買って帰ります。

あ!?
最寄りの駅はどっちでしたやら。
また!花を写しながらぼちぼち帰りましょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

蹴上浄水場 つつじの季節 [工場見学]

山肌がピンク色に明るくなってきました。
blog81.jpg

京都市東山区の蹴上(けあげ)浄水場。
blog82.jpg

“つつじ” が 4,600 株あるそうな。
blog83.jpg

清潔に刈り込まれています。
blog84.jpg

飲料水を作る施設ですから清潔が一番。
観光客を喜ばせるものはありません。
歌碑はひとつありましたが。
blog85.jpg

ひとつだけ威容を誇っているレンガ造り。
blog86.jpg

明治 45 年(1912)建設当時の外観の
第 1 高区配水池。

“つつじ” の植栽のために
山肌を崩している訳じゃありません。
配水池があるのですね。

配水場所によって水圧を変えています。
浄水場あたりにある低区配水池。
その上に高区配水池。
さらに最高区配水池と
それぞれにふたつの配水池がありました。

最高区配水池から
京都市が俯瞰(ふかん)できます。
blog87.jpg

配水池はコンクリート製でしょうけど
屋根は芝生広場です。
blog88.jpg

そしてたんぽぽの花がいっぱい。
blog89.jpg

セイヨウタンポポではありません。
カンサイタンポポに感激。
浄水場内はどこもカンサイタンポポでした。



浄水場施設見学に回ります。
blog90.jpg

原水は琵琶湖疏水です。
blog91.jpg

それは想像にかたくないのですが
その他のことは
説明を聞いても「へ~」というだけ
灰色の脳は上の空ですね!すみません。

屋外施設が多いのですが
屋内の薬品貯蔵槽にも「へ~」と拝見。
blog92.jpg

ん!?
ろ過池。
砂利と砂でろ過しているのですが
使っていると砂に汚れが溜まります。
その汚れを洗浄するんですか!?

砂の表面をかき回して。
blog93.jpg

ろ過とは逆に!底から水を送って
洗い流していました。
blog94.jpg

なるほど!
原理的にはあたり前ですが
うまく造られていますなぁ。

飽きもせずながめていましたが。



この施設でできた水と
パンジーの種子と
缶バッジとうちわをもらって帰ります。
blog95.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

荘の郷の春の酒蔵祭 2017 [工場見学]

大阪府のうんと南
関西国際空港のまん前の泉佐野市には
豊かな田園が広がっています。

畑のところどころが黄色い。
blog41.jpg

キャベツの花ですね。

昔!あんな球体から
どうして花茎が上がるのかと不思議で
夜も眠れなかった(?)ことがあります。

フランスやイタリアでは
キャベツからあかちゃんが誕生するとか。
さもあらん!なんて思ったりして。

でも!コウノトリが
あかちゃんを運んでくるという
ドイツや!たぶんイギリスの説(?)のほうが
好きですけどね。

真冬にはそんなくだらんことを考えていて
花茎が伸びる季節には
こちらも色気づいていたのか
忘れていましたが。

泉佐野市はキャベツの産地なんですね。



早朝からのどかな里に人がいっぱい。
blog42.jpg

荘の郷(北庄司酒造)の
“春の酒蔵祭”(2017/04/29)です。

なん日か前にこの情報をメールしてきた
“お大尽” がきません。
メールしても返信がありません。
奥方の愛称・聖子ちゃん(本名は知りません)に
捕まっているのでしょう。

ま!いい!勝手にやるから。
きき酒セットを。
blog43.jpg

500 円!割引券持参で 400 円。

50 ~ 60cc ほどのものが 3 杯。
鏡割りのふるまい酒ももらったので
みんなで 1 合あまり飲んで!朝からいい気持。

おばちゃんたちが殺気立っています。
blog44.jpg

酒粕の詰め放題だとか。

屋台は前回とおなじくらい 30 ブースほど。
なつかしい(?)
前に出会った店舗ばかりのような。

泉佐野市には酒蔵は他になく
付近にもあんまりないのか
大変なにぎわい!お祭り気分!
あ!文字通り酒蔵祭でしたね!



とりあえず酒蔵を見学します。
blog45.jpg

前回!前々回にも
ブログにのせた写真とおなじですね。
変えようがありません。
blog46.jpg

蔵の 2 階の
“蔵しっくホール” も前回とおなじです。
blog47.jpg

ここでこれからイベントが開催されます。



“お大尽” を待っていてもムダでしょうから
帰ります。

南に歩いて
桜の名所だと聞いたことのある
大井関公園に行ってみます。

むろん!桜花(ソメイヨシノ)の季節は
過ぎているでしょうけど。

さっぱり分かりません。
案内板などありません。
見落としているのかも知れませんが。

偶然!樫井川にかかる赤い橋に出ました。
blog48.jpg

ここが桜花の渓谷 “ろじ渓” かも。
blog49.jpg

藤の花が咲いています。



渓谷の横に品格のある神社がありました。
blog50.jpg

日根神社だそうな。

このあたりが日根荘だったのかも。
その氏神さまでしょうか。

さらにその横に
これまた由緒ありそうな寺院が。
blog51.jpg

慈眼院!
大井堰御坊とも書かれています。
大井関公園の名前は
ここからつけられているのでしょうか。



JR日根野駅まで歩きます。
北西に進めば線路に当たるはず。
もし線路に並行して歩いてしまったら
大阪市まで歩くことになりますか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 工場見学 ブログトップ