So-net無料ブログ作成
みんなで歩けばこわくない ブログトップ
前の5件 | -

一庫ダム 冬景色 [みんなで歩けばこわくない]

トンネルの口が並んでふたつあります。
blog01.jpg

向かって左は一庫(ひとくら)トンネル。
右の井補野(いほの)トンネルにもぐります。
バタバタあわてないでくだい。
2 分もあれば抜けられますから。

トンネルを出たところが一庫ダム。
ダム湖は
知明湖(ちみょうこ)と命名されています。
blog02.jpg

今年(2017)最後の
寄せ集め・仮面ハイキング。
仮面とは
氏素性を名乗らなくてもいいということ。
もちろん!
財産や離婚歴や性癖を私に
そしてみなさんにいう必要もありません。

今日は知明湖周遊です。
冬の天候の急変に
対策を持っていないので
下流の一部だけを周回します。

あまりくるまの往来がなく
冬にハイキングする人もまれで
幅員のある平坦な道なので
先頭はどんどん進みますが
しんがりの一団はあきれるほど牛歩。

前に叫んで!後ろに尋ねて!
かりそめのリーダー(私ですが)は
疲れますねぇ。

知明さくら橋を対岸に渡ります。
blog03.jpg

「今日は楽勝でんな!」

「弁当食べて帰りましょう」

もう帰っていっぱい飲むことに
思いをはせる不届きじいさんたちも。

「お弁当は一庫公園で食べます。
「先頭の人は
「階段を上り切ったところで待っていて。
blog04.jpg

400 段もありませんから。

「ぎゃあ!聞いてないよ~!」

楽勝といっていた連中!
なかなか上がってきませんね。

そしてまだ坂を上りますよ。
鹿の遊ぶ「見晴らしの丘」でランチです。
blog05.jpg

あいかわらず!ちっとも
見晴らしはよくありませんけどね。

このあたりは
兵庫県猪名川町!川西市!
大阪府豊能町!能勢町が
膝をつきあわせていますが
今日はほぼ川西市だけを歩きます。

「なんにもないところですね」

「なにがお望みですか。
「アイスクリームやたこ焼きや
「焼きそばぐらいなら売っていますが。

「ウソやぁ!?」
「ホントなら買ってあげるよ」

それでは
「ネイチャーセンター」に行きましょうか。

「ね!
blog06.jpg

「たこ焼き!買ってちょうだい。

「8 個なら」
「みんなで分けられないからやめます」

「ひとつといわず!買い占めれば?

「え!?」

ネイチャーセンターで
里山のお勉強してください。
blog07.jpg

薪(まき)ストーブの
柔らかい火にあたっていますから。

炭焼き窯は外にあります。
blog08.jpg

このあたりは
高級木炭の「菊炭」の生産地なんです。

下りは車道にします。
blog09.jpg

平地は速い!
階段じゃない下りはなお速い。
糸の切れた凧(たこ)状態のお年寄り多数。

知明りんどう橋を渡ります。
blog10.jpg

対岸へといえば対岸ですが
流入河川がいくつかあるので
知明さくら橋のときの
元にもどった訳ではありません。

さらに橋をふたつ
トンネルをふたつ越えます。
blog11.jpg

アラフォー(around 40)のおね~さん!
毎日のかれの激しい要求(?)に答えて
お疲れのご様子。
もしかして!今日のメンバーの
女性陣の中では最年少じゃないの。
もう少し頑張ってね。

それにしてもお年寄りは不死身(!)です。

お!振り向けば
右に先ほど通った白いりんどう橋。
blog12.jpg

左の赤い橋は午前中に渡ったさくら橋。

堰堤(一庫ダム)の上を渡ります。

下流の渓谷はすっかり冬景色。
blog13.jpg

ダムの下に降ります。
blog14.jpg

一庫唐松公園から見上げて
記念の集合写真を撮りましょう。
blog15.jpg

「葬式写真でんな」
口の減らないご老体たち。

このあたりに摂津三湯のひとつといわれた
「一庫湯」があったそうな。

温泉は枯れたのでしょうか。
鉱泉だったのでしょうか。

「あとは能勢電鉄に出るだけです!
といったら
速い!速い!
先頭グループはどんどん行ってしまいました。

ま!今はスマホがあるから
その案内通りに歩いて
私の先導を待とうなんか考えませんね。はは。

のんびり組は振り向いてみませんか。
blog16.jpg

なかなかいいながめでしょ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

いたすけ古墳 タヌキは健在 [みんなで歩けばこわくない]

「今日のハイキングのハイライト!
「タヌキ(狸)の家族を訪問します。

「昼間!野性のタヌキが
「三つ指ついて(?)待っています。

といっても
みなさん!私の発言だから
なめた顔をしていますね。
大阪府堺市の古墳群の中を歩くのですから
信用しなくてもおかしくありませんか。

百舌鳥八幡(もずはちまん)神社。
「そろばん絵馬」から出発。
blog61.jpg

絵馬のひとつひとつが
そろばん玉になるんですね。

堺市やその周辺に住んでいたり
このあたりを仕事で走ったりしているのに
知らないという人ばかり。

案外!地元のことには疎(うと)いのです。

葦(あし)と紅葉が美しい御廟山古墳。
blog62.jpg

日本の多くの古墳は
「御廟」とか
「御陵」とか呼ばれているような。
「御陵」を「みささぎ」と読んだり。
「みささぎ」が
「みさんざい」と変化したり
さらに
「にさんざい」となまってしまったり。
みんなおなじことを指しています!たぶん。

だれも聞いていませんね。
つぎに行きますよ。

ここも紅葉が美しい。
blog63.jpg

これらの古墳を
世界文化遺産にしたいらしいのですが
どの古墳も周囲の民家がわずらわしい。
近隣の国のように
みんな移転させて
さっぱりさせてから申請したらどうですか。

あ!そうそう!
ここが「いたすけ古墳」!
「タヌキ」の古墳です。
blog64.jpg

「あ!ホント!」
「あんたもホントのこということもあるんや!」

「ど~ゆ~意味ですか!

半分以上あたっていますが。

タヌキは半分以上壊れた橋の上でお出迎え。
blog65.jpg

昔!古墳に
畑や小屋があったという人がいます。
土砂を採取していたという人も。
その時代の橋でしょうか。

前回きたときには
もっとたくさんのタヌキが
近所の人の投げる食パンを食べていましたが。

履中天皇陵古墳。
blog66.jpg

大仙公園を横切ります。
blog67.jpg

仁徳天皇陵古墳も堀の中。
blog68.jpg

三重の堀のうち
外側の幅員のない堀しか見えません。
俯瞰(ふかん)する方法を考えてから
世界文化遺産だといいましょう。

でも!そんなことをいって
「天皇陵を上から見るとは不謹慎な!」と
昔!堺市役所あたりでいわれたような。

「天皇陵という証拠があるんですか?!」
といいそうになって!やめましたが。
実のない議論をしてもつまらないから。

おなじ樹種のはずなのに
色づきが 3 通りに見えます。
blog69.jpg

「ウルシですか?」
「いや!ヌルデですよね?」

私に聞かれても、、、。

私はいつもテキトーに
「ハゼ(ノキ)」と呼んでいましたが。
私は食用のものしか興味がないもので。



ハイキングを中断。

今日は小人数なので
堺市役所の横のホテルのレストランに。

「ゴチになります!」

だ~れが!?
私より金持ちの人ばかりが
安っぽいギャグをいうもんじゃありません。

バイキングをいただきます。
1,200 円ほどです。

あ!?
今日は貸し切り?!
入れてくれません。

ああ!

「商店街のどこかで食べましょうね。

「看板がはげているアーケード街ですか」
blog70.jpg

「あんな色彩ですよ。

はげてはいません!
自由都市・堺のゆかりの
金屏風かなんかの絵でしょう。

しかし!困るんですよね。
こんなとき。

初めに「どうしましょう」と聞くと
みんな「なんでもいい」というのです。

いざ!メニューを見てから
鶏肉にはアレルギー反応を起こす!
親の代からピーマンは食べたことがない!
なんかいい出すんですよね。

いく日か経っても
「まずい店に連れて行かれた」と
グチグチいったり。

そんな事由からも
こんな上下左右関係のない寄せ集めのときには
バイキングにかぎります。
料理を自分の責任で選んで食べられますから。

磯丸水産(堺東駅前店)がありました。

外食の店にはまったく詳しくありませんが
ランチパスポートでここの
他の支店にはおじゃましていましたから
私はここで。

「みなさんはお好きなところでどうぞ。

ま!みなさんもつづいて入ってきましたがね。

日本人やら日本育ちの人ばかりですから
和食の店なら
なにか食べるものがあるでしょう。

私は「鯖の塩焼き御膳」(税込 920 円)です。
blog71.jpg

生ビールは昼間料金(税込 300 円)です。

「安いなぁ!」

喜んでどうします!?
ま!飲むなといっても飲む人ばかり。

昼から酒盛りして!どうします!?
もう!ハイキング!終了とします。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

葛城山麓ウォーク 芋のかつぎや?! [みんなで歩けばこわくない]

「葛城山麓ウォーク」(2017/11/23)です。

奈良県の葛城市や商工会や観光協会や
町内会や運輸機関やその他大勢
みんなが集まって催しているらしいので
なにかおいしいものでも
食べさせてくれるのかも。

「行くよ!

と!張り切ったものの
集合場所が遠い。
近鉄・新庄駅からとぼとぼ。
20 分も歩いて
やっと受付のある紅葉の美しい屋敷山公園へ。
blog51.jpg

参加証を首にかけてスタート。

未明まで雨だったのか
これからまだ降るのか
なんだか不安な空ですね。
blog52.jpg

浄願寺の「子授け地蔵尊」です。
blog53.jpg

「40 歳を越えた女性にも
「霊験あらたかだそうですよ!

「どうして私のほうを向いていうのよ!」

よくお祈りしたら「癒(いや)しの庭園」へ。
blog54.jpg

この参加証を見せれば拝観料が無料。
十月桜かな!咲いています。

「子授けお地蔵さまの境内と」
「癒しの庭園とおなじ浄願寺なのに」
「山号が違うようだけど!どうして?」

「そこがありがたいところですよ。

「は?」

たとえば
ここ葛城市でも!
ホントーは私が今書いている葛城市の
「葛」の字ではありません。

しかし私の機器では
この「葛」しか出てきません。

地元でも苦労しているのでしょうか。
blog55.jpg

上の大きい活字が正字。
でも!どうしても
下の「葛」になってしまうんですよね。

「それと山号の違い!どうつながってるの?」



きれいな石垣と紅葉の山を見て歩きます。
blog56.jpg

置恩寺でお茶をいただいて
秘仏・十一面観音さまを拝んで
「念ずれば花ひらく」に首を垂れます。
blog57.jpg

「路傍の花に囲まれているお方は!?」
blog58.jpg

どなたでしょう。
道祖神のように
1 枚の石板にふた方彫ってありますね。

雨はもう降らないのでしょうか。
カラスウリと柿の実が赤い。
blog59.jpg

葛城山麓公園をかすめます。
blog60.jpg

平岡地区でそばの試食があるはず。
え!?
もう予定数が出てしまったの!?
私たち 9 時に出発した 1 陣ですけどね。

新米のおにぎりにはあたりました。
blog61.jpg

そばドーナツは 100 円で買いました。



菊畑に遭遇。
blog62.jpg

「二輪菊日本一のまち」だそうですが。

山口地区で梅干を買いました
サツマイモ掘りをしていました。
300 円でかなりたくさん出ています。

「あ!おね~さん!?
blog63.jpg

「紅葉がきれいね」

「それじゃなく
「その手前に桑畑があるじゃないですか。

「養蚕でしょ!」

まさかぁ!現在!ここで?!

梅室地区で桑茶のふるまいがありました。

それですよ!あの桑畑は!
桑の葉を育てているんですよ。

「桑葉入り鶏団子スープ」(100 円)を
買ってあげましょう。
blog64.jpg

すぐに笛吹地区です。
blog65.jpg

大根(100 円)買ってくれたのですか。
blog66.jpg

ここに紅葉に包まれた神社がありました。
blog67.jpg

マップには葛木坐火雷神社とありますが
地元では笛吹神社と呼んでいましたが。
日露戦争時のロシア製の大砲がありました。



再び平岡地区に帰ってきたような。

ジャガイモ掘り(100 円)をしましょうか。
blog68.jpg

ゴロゴロ出てきました。
「インカのめざめ」ですか。
色から見ると
「インカのひとみ」のような。

山田地区ではミルクセーキの試飲。
豚汁をいただきます。
blog69.jpg

この日一番安かったものです。50 円。

この地区にはひまわりが
寒い風に震えながら咲いています。
blog70.jpg

芸術作品!オブジェのようなナスの畑。
blog71.jpg

「鎮守の杜(もり)みたいね」
blog72.jpg

「古墳じゃないでしょうか。



歩行距離 10km も残り少ないようですよ。

このあたりになると
前後に人がいなくなってしまいました。

でも大丈夫。
blog73.jpg

道路に矢印を描いています。
こんな大胆なこと!初めて見ましたが。

スタート地点にもどってきました。
祭りに盛りあがっていると思いきや!?
blog74.jpg

学生たちが
「野菜くじ」なんて思いついています。
blog75.jpg

100 円で野菜がど~んとあたるのかな。



まだ正午過ぎですけど帰りましょう。
大阪まで帰って
あたたかいところで休憩しませんか。

重いなぁ!この荷物!
blog76.jpg

100 円で買った里芋。
100 円で掘ったジャガイモ。
100 円のくじであたったサツマイモ。

かついで近鉄の駅まで歩きます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶筌の里 柿の里 [みんなで歩けばこわくない]

blog51.jpg

「里ふりて 柿の木もたぬ 家もなし

「柿」といえば真っ先に思い出す句。
芭蕉の死ぬ少し前の句。

「柿くへば、、、があるでしょ」

「子規の句ですか。

その句は風天のように
おなじ肺の病に苦しむ人には
理解できるのかも知れませんが
欲情が離れぬ私にはよく分かりません。

奈良県の生駒市を歩いています。

柿の実だらけです。
blog52.jpg

ちょっとだけ郊外に出れば
柿の木があちこちにある関西です。
柿の実に少し顔がほころびます。

郷愁のない性格ですが
柿の木数本に囲まれた家で育ったので
心の澱(おり)にあるのかも。



では!即興句。

「柿熟れて こどもの産めない 年になり

「まだ産めるよ!私にあてつけ?」

そんな訳では。

「柿高し いつまでどこまで 発情期

「自分のことね」

違うと思いたい。



「あれは?!」
blog53.jpg

柿の実になんの興味もないような
アラフォー(around 40)!
もしかしてアラフィフ(around 50)の
おね~さんが指さすのは
柿の木の向こうの建造物ですか。

畑に柿の実の色したあざやかな花が。
blog54.jpg

日本の花でもないような。



高山製菓に寄ります。
blog55.jpg

一瞥では
なんの工場やら分かりませんでしたが。
blog56.jpg

「おかき」が流れています。
blog57.jpg

いつもスーパーで買うおかきより
数段!高級ですね。
直売でも値段は高級のままでしたが
1 袋だけ求めます。

「つぎ!」
「茶筌(ちゃせん)の製作の見学!」
blog58.jpg

生駒市のここ高山地区には
茶筌工房が集中しています。

あ!ドアが開きません。

中に人がいるのですけどね。
忙しく働いているからか!
おね~さんの顔を見たからか!
拒否されましたね!はは。

つぎつぎ訪れた人も
入れてもらってないので
おね~さんの顔のせいではないようです。



高山八幡宮。
blog59.jpg

高山竹林園。
blog60.jpg

竹は「秋」ではありません。
「竹の秋」は春の季語です。

高山竹林園は茶筌!茶道具!編針等
竹製品の資料館です。

おね~さんが気になっていた鉄骨は!
blog61.jpg

関西電力の変電所でしたね。


近鉄の駅に出たところで
「カレが呼んでいるから」
見栄を張って(?)
おね~さんは先に帰りました。

たぶん!妹か親かが
用事をいってきたのでしょうけど。

私もしょっちゅう見栄を張りますが
この方も「そうとうなもん」です。
私の周囲には「そうとうなもん」だらけです。

先日!初代のハイキングの相棒だった
アラフォー女史(拙ブログ 2013/12/31)と
久しぶりに偶然!出会いました。

「あたし!近々結婚式あげるからね」
なんていっていましたが。

あのころよりくたびれた!いや失礼!
おとなになった顔をしているのに
またまた見栄を張って!と
思っていましたが
かの女の親(ちか)しい人も肯定しているので
ホントーらしい。

お祝いもいわず!すみませんでした。
おめでとうございます!

お嫁に行ったら帰ってこないように。
もう後はないよ。



ひとりで生駒市役所に行きます。
blog62.jpg

地下の食堂で市民のような顔をして
A 定食の食券を買いました。

ちなみに B 定食もありました。
どちらも内容は分からず
A 定食を注文です。

小鉢は 1 品だけ自分で選びます。
blog63.jpg

税込み 530 円。



blog64.jpg
「柿の実や 色ぼけのまま 人はゆく  ほっ



(風天は渥美清の俳号です)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ひげの渡しのコスモス 台風にも負けず [みんなで歩けばこわくない]

兵庫県尼崎市の
西武庫(にしむこ)公園の紅葉。
blog71.jpg

バラ園はまだ鑑賞できますね。
blog72.jpg

夏にはホタルも飛ぶという
広大なきれいな公園ですが
屋根のある休憩所が見あたりません。
旅人(?)は天候急変時には困ります。

今日は月例の寄せ集めハイキングです。

最近はますます平均年齢が上がり
縦の関係がまったくないので
口の減らない人たちばかりなら
先が思いやられます。

武庫川の川べりを歩きます。
blog73.jpg

「あの魚道!あのように
「川の真ん中の設けるのが正しいと
「私は思うのですが、、、!

だれも聞いていませんね。

「サギのこどもがいる」
なんて騒いでいるだけ。
blog74.jpg

こどもですか!?
成鳥とどこが違いますか。



武庫川をさかのぼり
「髭(ひげ)の渡し」コスモス園へ。

キバナコスモスが
今まさに盛りと咲いています。
blog75.jpg

先月(2017/10/22 ごろ)
台風 21 号がやってきて
花畑を
蹂躙(じゅうりん)して逃げました。

その後に通りかかったときには
すっかり倒れていて心配していたのですが
コスモスは強い!
すぐに花茎を持ち上げてきたのですね。
blog76.jpg

ボランティアの人が頑張って
550 万株を育てています。
心あれば寄附をお願いします。
私はもちろん!貧者の一灯!
小銭入れをはたいて 98 円も箱に入れました。

見ごろの場所もありますね。
blog77.jpg

花見をしながらランチしてください。



では!宝塚大劇場まで歩きます。

お年寄りのみなさんは
ここから路線バスでお帰りください。

「なんでやのん!差別しないで!」
「行くよ!」

長丁場ですよ。
面白いものはありませんよ。

途中の
宝塚クリーンセンター(ゴミ処理場)まで
トイレはありませんよ。

「草むらでするよ!」

ま!亀の甲にコケが生えてくると
女も男も先祖返りしてきますなぁ!

延々とおなじような景色の中
川べりを進みます。
blog78.jpg

あ!
宝塚大劇場の屋根が少しだけ見えてきました。
blog79.jpg

見えてきてからもなかなか!ですけどね。



川から上がり宝塚大劇場へ向かえば。
blog80.jpg

大勢の人が迎えてくれました。

私たちのためじゃないです。
あたりまえですが。

公演が終わって
スターさんの「出待ち」なんでしょうか。
それともつぎの「入り待ち」?!

チケットがなくてもお土産は買えますよ。
blog81.jpg

トイレも借りられますよ。

阪急・宝塚駅前です。
blog82.jpg

ほとんどの人が昔の!
阪神・淡路大震災で
崩壊する前の駅を知っていますか!

ときの流れが重い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - みんなで歩けばこわくない ブログトップ