So-net無料ブログ作成
みんなで歩けばこわくない ブログトップ
前の5件 | -

明神山でバテバテ [みんなで歩けばこわくない]

第 7 代の孝靈(こうれい)天皇陵の
「片丘馬坂陵」
(かたおかのうまさかのみささぎ)です。
blog31.jpg

特色はありません。
ただの土盛りか小山か
だれかの古墳だったのかも知れませんが
古事記に
「106 歳で崩御
「陵(みささぎ)は片岡の馬坂にある
とありますから
ここを比定したのでしょう。

第 7 代ですからね!
実在した天皇かどうかも疑問
影はとても薄いです。

第 5 代から 8 代までみんな追号に
「孝」の字がつき
「名」も「異称」も
子女の名前もよく似ています。
ひとりの人を 4 名に増やしているのかも。

「どうしてそんなところにつれてきたのよ?」

「かたおか」という単語を
知ってほしかっただけです。

この陵の東に「片岡王寺(片岡皇寺」という
飛鳥時代の大寺院があったらしい。

その「片岡王寺」を簡略したのが
「王寺町」の町名の由来らしいのです。

「王寺じゃなくて」
「片岡町にしなかったのはどうして?」

なるほど!
そうですね。



近年!住宅街が開発されている
ゆるやかな上り坂を延々と歩きます。

JR王寺駅(奈良県王寺町)から
とぼとぼ歩いています。

月例の仮面ハイキングです。
仮面!つまり!氏素性を名乗らなくてもいい!
本名も年収も離婚歴もいわなくてもいい!
寄せ集めのハイキングです。

明神山にかかります。
blog32.jpg

さらにずっと上りです。

またしても今日も平均年齢!高そう。
この中では若手(!)の
アラフォー(around 40)のおね~さん!
親以上の年の人に遅れをとってしんがり。

「アイちゃんだよ~!

「え?」

「可愛いアイ(Eidechse アイデクセ)ちゃん!
blog33.jpg

「ぎえ~!」

少しは速足になるかと思ったのですが
声は大きいけど!変わりませんね!はは。

水洗トイレです。
blog34.jpg

山頂に着いたのです。

近年!道が整備され
トイレとか展望台とか新設されています。

360 度見渡せます。
blog35.jpg

景色を見ながらランチしてください。

「悠久の鐘」です。
blog36.jpg

私たちと抜きつ抜かれつ上ってきた
3 歳の童女が
おね~ちゃんといっしょに鳴らしています。

「からん!」

可愛いですね。

わがグループのおね~さんも!
blog37.jpg

「ごいっしょ!しましょうかぁ!?

「いい!ひとりで!」

貫禄(!)十分!横綱級ですなぁ!

「ごわん!ぐわん!」

40 年経てばああなりますか。



アーモンドのタネをいくつか埋めておきます。
blog38.jpg

ひとつでも芽生えて成長して花が咲いたら、、、。

それまでみなさん
きれいなままで!
それなりの人はそれなりのままで!
元気でいてくださいね。

だれですか!さとうきびを持ってきたのは。
これも埋めておきますか。
blog39.jpg

イノシシが食べてしまうかも。
たくさん棲息していそうな里山ですから。



下ります。

ごはんを食べたからか
みなさん!上りと違う元気さ。

ああ!
(かりそめの)リーダーのおいらを
置いて行くんじゃありません。
blog40.jpg

おね~さんまで速いじゃないですか。

「エノキ(榎)の実があるよ~!
「熟れている実は甘いよ~!
blog41.jpg

無視されました。

白山姫(しろやまひめ)神社に寄ってから
尼寺(にんじ)廃寺跡へ。
blog42.jpg

なんだかダレてバラバラ。
まとまりがないですね。
もともとない学習する気も全然ないですね。

乳垂(ままたれ)地蔵です。
blog43.jpg

はいはい!説明省略!
先を急ぎましょうね。

「コンビニに行ってきていいですかぁ!?」

「どうぞ!

ああ!ほぼ全員!行ってしまいました。

真夏ほど陽射しが強く感じなかったから
注意を怠っていました。
みなさん!暑さにやられていたのかも。
冷たいものがほしかったようです。



達磨大師と聖徳太子が会談した
達磨寺へ行きますよ。

半数の人が門前にすわったまま。

「なにがあるの!?

しぶしぶ!後からきた人も。

「聖徳太子の愛犬の
「人語を解する雪丸ですよ。
blog44.jpg

像は江戸時代くらいの製作らしい。

もう!帰ります。
王寺駅で解散。

「駅前の“ りーべる王寺 ”の地下の
「イートインスペースに
「安くておいしい“ 氷 ”がありますよ。
といったら
10 人ばかりの人がついてきました。

やっぱり!みなさん
熱中症かなにか
なりかかっていたのでしょうか。

ともあれ!ソフトクリームののった
「いちご氷」税込み 190 円。
blog45.jpg

向かいでおじさんが食べている
「抹茶氷」は 200 円です。
タグ:古事記
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

神戸ワイン城 真夏のハイキング [みんなで歩けばこわくない]

8 月の定例
仮面(氏素性不問!寄せ集め)の
おにぎり 1 個持参のハイキングです。
blog71.jpg

「じっとしていても暑いのに!」
「こんなときによくまぁ!企画するわね!」

「こんなときによくまぁ!やってきますね。

朝!阪急・梅田駅にだれもこなかったら
私はひとりで
涼しい映画館にでも行くつもりでしたよ。

アブラゼミが鳴いています。
blog72.jpg

六甲山系は涼しい(?)じゃないですか。
わが家の周囲には 100 %クマゼミ!
暑苦しいのなんの!
アブラゼミがなぜか
涼しく感じるようになっています。

「あれは?!」
blog73.jpg

「タカサゴユリでしょうか!?
blog74.jpg

わが家から消えて久しい。
さらさらとした軽い種子ですので
繁茂地を移動して
命のリレーをしているみたい。

「じゃなくて!上の、、、!?」

「ぶどうです。

神戸ワイナリー農業公園(神戸市西区)に
着いたのです。

ここはヨーロッパ流に垣根仕立てです。
blog75.jpg

「あ!おいしそう!」
blog76.jpg

「食べないでくださいね。

「消毒液がかかっているから!?」

「違うでしょ!泥棒になるからでしょ!



「少し園内を歩きます。

「園内って?」

「丘をふたつほど越えるだけです。

「もういいよぉ!」

「少し汗を出して
「ハラまわりをしぼってあげようという
「親心です。

「親でもないのに!」
「心配してくれなくてもいいよぉ」

陶芸館です。
blog77.jpg

登り窯だってありますね。
blog78.jpg

炭焼き用かな。
blog79.jpg

民具農具館は江戸時代の建てものかも。
blog80.jpg

ひまわりの丘!
blog81.jpg

今年は播種後から開花までの
日数が短かったと
各地で聞きましたが。



神戸ワイン城・中央広場へ行きますよ。
blog82.jpg

この
アラフォー(around 40)のおね~さんとは
なん度もきて
大酒を飲んだような記憶がありますが。
意外に初めての人も多かったようです。

じゃ!ショップで試飲させてもらってね。
帰りに買ってあげてね。

それから地下の熟成館へ。
blog83.jpg

つぎに工場館!製品館!
外の仕込みや熟成設備へ。
流れが無茶苦茶ですね!はは。



では!ランチです。
例年 8 月だけは
「おにぎり 1 個」の
ハイキングの掟(おきて)を破り
ちょっと豪華(?)に外食しています。

もっとも掟に縛られていたのは
私と元・相棒の発情した!あ!もとい!
スレンダーな!ちょっと見が美しい淑女の
アラフォーおね~さんだけでしたが。

バーベキュー場へ行きますよ。
blog84.jpg

ひとり 2,500 円徴収。
ワインはたっぷり!
お好きなだけ!
死ぬほど!
自前(!)で飲んでください。
blog85.jpg

ここには白ワインの辛口がそろっていました。

大昔!白ワインの辛口が少なく
山梨から取り寄せていましたが。
そうまでして飲まなくてもいいような。

今日はすみませんね!
私!買わないのにつぎつぎ回ってきて!
回ってきたら遠慮もしないで飲んでしまって。



ひとり 362 円余剰金が出ました。

「ハイキングの企画・引率に経費がいるでしょ!」
「返さなくてもいい!」なんていいますが
どうしましょう。

甘えてしまったら
口のきき方を変えなくてはいけないような。
「はげ」「でぶ」「あほ」の単語が
使えなくなるような。

自民党の豊田真由子衆院議員のように
「はげ~!」と絶叫はしませんが
とっさにお名前が出ないとき
「はげちゃん 3 号」とか
「ピンク豚(とん)ちゃん」とか
「発情おばさん」とか
失礼なことばかりいっていますね。
ごめんなさい。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

東灘芦屋大橋 灘の夏飲み [みんなで歩けばこわくない]

暑い。
年中色気づいている!あ!もとい!
恋をしている私ですが
暑くて少し休みたくなります。

芦屋川を下ります。

が!どこを歩いているのやら
風景と記憶が重ならないのですが。

「初めての道じゃないでしょ!?」

そうなんですが。
大阪にきたときから
すぐに歩いている道なんですが。
もう 10 回くらいここを通っているような。
このブログにも数回書いているのでは。

「あ!なんて読むの?!」
blog41.jpg

「?塚橋」ですか。
“?” は “夜+鳥”
「ぬえ」ですね。
「ぬえづかばし」ですね。

川沿いの芦屋公園のこの橋近くに
「ぬえづか」があるのです。
blog42.jpg

源頼政(1104 ~ 1180)が御所に出た
“ぬえ” を退治して
バラバラに切りきざみ
鴨川に流したという史実(?)が
源頼政は当然!源氏でしょうけど
平家物語に記述してあるのでは。



“ぬえ” は特異な “キメラ” では。
生物の複合体?!
平家物語では
頭部が猿!胴体が狸!
手足が虎!しっぽが蛇かな。

1 匹流したのに
あちこちに漂着しています。

「どうして?」

「それが怪物のあさましさ。

しかもバラバラにしたはずなのに
ちゃんと 1 匹になって。

「なんで?」

「“ぬえ” だからですよ。

まだあるんです。

各地の “ぬえ” は
頭が猫だったり
胴体が鳥だったり
しっぽが狐だったり
いろいろディテールを変えています。

「だから!どうして?」

「オラにいわれても!
「遺伝子のいたずらでしょう。

「あ!思い出しました!

“ぬえ” を見たことがあります。
骨格だけですが。(拙ブログ 2016/08/27
頭部が日本猿?背骨が狸?
手足が猫?しっぽが蛇?の“ぬえ”でしたが。



芦屋川の川尻!汽水域です。
blog43.jpg

あさりを採りにこようと思いつつ
その春先には忘れていますね。

阪神高速湾岸線の東灘芦屋大橋かな。
blog44.jpg

「前回はこのまま
「運河沿いを東に進みましたよね。

「私!初めてだって!芦屋は」

そうでした?!
西宮神社の “十日戎” に
行きませんでしたか。(拙ブログ 2015/01/12

周囲には美しいアラフォー(around 40)の
おね~さまばかりですので
頭の中!錯乱しています。



「東灘芦屋大橋を渡ります。

「ええ!?」

「え!じゃありません。
「あなたのような
「水もしたたるいい女には橋が似合うのです。

「ロンドン橋!こわれて落ちた!
「こわれて落ちた!こわれて落ちた!
「ロンドン橋!こわれて落ちた!
「わがうるわしき女(ひと)!ですぞ。

最後の行「My fair lady」を
どう訳せばいいのか分かりませんがね。
これはハリウェル童謡集の歌ですが
オーピーの童謡辞典では
「With a gay lady」だそうです。

「なんか縁起の悪そうな歌!」

いつ落ちるかと考えていたら
涼しくなりそうで!いいのでは。

お~!橋の上はやっぱり涼しい。
blog45.jpg

先ほど歩いた芦屋川が眼下に。
向こうに六甲山が連なっています。



橋を渡った人工島の東洋ナッツ食品で
先の春にはアーモンドのお花見を
しましたよね。(拙ブログ 2017/03/20

「私!行ってないって」

ん?!
美しい人はだれだれでしたやら。
うるわしい人妻ばかりでしたかも。

独身はひとり
それなりの顔の
私に怖くあたる
(すぐ注射をしてやるといいます)
還暦(近い?)看護師の
おばさんはいましたが
他はにわかに思い出せません。

暑さにやられています。
深江駅から阪神電車に乗りましょうか。

でも!
「このまま帰るには早いですね。
「灘の酒の冷や飲みに行きませんか。

「大丈夫?!」



ちょっとだけ電車に乗って住吉駅下車。

陸橋を越えれば「白鶴」だぁ!
blog46.jpg

資料館の展示の見学はそこそこにして。
blog47.jpg

試飲です。
blog48.jpg

つぎ「菊正宗」に行きますよ。

展示品はそこそこ見学して。
blog49.jpg

試飲です。
blog50.jpg

「浜福鶴」です。
工場見学はできますが!しません。
なん度もきていますから。
おね~さんだけどうぞ。

試飲です。
blog51.jpg

1 カップに 10cc くらいの試飲ですが
もう 100cc 以上飲んでいますよね。
酒に弱いので(ホントーです)
ほろ酔いです。

有料試飲しませんか。
blog52.jpg

私は「空蔵(くぞう)」の 300 円セットを。
blog53.jpg

阪神淡路大震災のとき蔵がなくなり
空が広がっていたそうな。

そこから新たに造り始めた酒。
だから「空蔵」だそうな。

ふたつは原料米が違います。
岡山県産の雄町(おまち)と兵庫県産の山田錦。

日ごろ!まして暑いときには
日本酒を飲みませんが
夏の冷や飲みもいいですね。

すぐに酔っ払って
記憶は完全に飛んでしまっています。



(平野敬一著/マザー・グースの唄/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

御所に生まれて法然讃歌 [みんなで歩けばこわくない]

京都御苑です。
blog61.jpg

暑い!
少し歩いただけで
みなさん汗が噴き出て不快な顔。

「ここが私の生まれ育った京都御所です。

少しギャグをかまして
なごませておこうとしたのですが。

「クスノキの枝先で生まれたのですか?!」

「おら!クスサン(蛾)じゃねぇ!

「(御苑の隅の)トンボ池で育ったのですか?!」

「おら!おたま(じゃくし)じゃねぇ!

平均年齢が高いので
手ごわい!口の減らない人たちです。

月例の
仮面(氏素性をいわなくてもいい)ハイキング。

梅雨が明けない季節。
山歩きは避けて
京都市内を歩くことにしたのですが
この盆地特有の蒸し暑さ!
異郷からきた人たちは驚いて
腹立たしく思っているようです。

地元の京都や
やはり盆地の奈良生まれの人も怒っていますが。
私に怒っても知りませんよ。



まず!私の生まれた!
あ!ギャグですよ!
ん!なん度もいうな!ですって!暑いから
京都御所から巡ります。

左近の桜!右近の橘があるでしょ。
blog62.jpg

正殿(せいでん)の紫宸殿(ししんでん)です。

ここが枕草子の時代には
天皇の日常の住まいにしていた清涼殿です。
blog63.jpg

御内庭(ごないてい)の奥に
サルスベリのピンクが見えました。
blog64.jpg

御所の見学後は
御苑の北西隅の児童公園でランチにします。
blog65.jpg

屋根のあるところには先客がいっぱい。
小雨そぼ降る中で食べさせて!
ごめんなさい。



昼からは
京都御苑の西に隣接している護王神社から。

和気清麻呂を祀っていますが
狛イノシシをはじめ
「霊猪」がたくさんいます。
blog66.jpg

道鏡の放った刺客から
300 頭のイノシシが
清麻呂を守った逸話があるそうです。

あ!思い出しました!九條家の茶室。
雨宿りを兼ねて
拾翠亭(しゅうすいてい)に行きましょうか。

拾翠亭のある京都御苑にもどりましたが
参観の行われない日でした。

でも大丈夫!
外からでも見られますよ。
blog67.jpg

中からなら有料!ここからなら無料。



湿度が高くて息苦しく
ご老体ふたりがリタイア。
京阪・丸太町駅から帰し
なんとか生きている(!)人たちで
丸太町通りをひたすら東へ進みます。

地元では「黒谷さん」と親しまれている
金戒光明寺へ。
blog68.jpg

法然が比叡山から降りてきたときには
ホントに谷の中腹だったのかも。
境内の高低差が激しい。
どんどん石段を上って行きますよ!
ついてきてね。

「ああ!生ビール飲みてぇ!」

だれですか!頑張って。

法然の「問答類」は
たくさん残っているそうな。

「酒飲むは罪にて候か」

「まことには飲むべくもなけれども
「この世のならい。

だそうです。
どう解釈をしますか。



金戒光明寺を北へ抜ければ真如堂。

どろどろの恋の修羅場ばかりの
アラフォー(around 40)のおね~さん方!
祈りなされ。

慈覚大師・円仁が
「女人を救い給うや」と問えば
本尊の阿弥陀如来像がうなづいたそうな。

絵馬は五曜星(?)ですか。
blog69.jpg

どんな意味が秘められているのでしょう。

ここは紅葉の名所です。
秋にもきてくださいね。



逆立ちしている狛犬と獅子のいる
宗忠神社を通って吉田山に。
blog70.jpg

吉田山を西に降りれば
歴史で習った気がする吉田神道の総家。

ここには「割符(わりふ)」があります。
blog71.jpg

右側に願いごとを書いてから半分に割り
右側を神社に残し
左側を持って帰るというのですが。

この英語を書いた人!知らなかったのでは。
教えてあげてね。



京都大学です。
blog72.jpg

正門の横の京大一おしゃれなレストラン
「カンフォーラ」に
おいしいクラフトビールがありますよ。
ビールを飲みたいといっていた人!
だれですか。

寂(せき)として声なし。
通過します。

再び法然の念仏道場の百万遍知恩寺へ。
blog73.jpg

「念仏の百万遍。
「百度申して必ず往生す。

ということだそうです。

されど

「命短くてはいかが候べき」

「百度申してもし候。
「十念申してもし候。
「また一念にてもし候。

念仏とはまことにありがたい!

神にも仏にも帰依のない私がいったら
失礼極まるニュアンスになりますが。



ありがたいところで
本日のハイキングを終わります。

酒飲むのはこの世のならい!とか。
各自勝手にどこかへ行って
念仏を唱えながら飲んでくださいね。



(寺内大吉著/法然讃歌/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

辻子谷 キヌガサダケ おつけもの定食 [みんなで歩けばこわくない]

なぜか!急についてきた
アラフォー(around 40)のおね~さんの
額の汗がけっこう若々しく
健康そうに見えるので
思わず!聞いてみます。

「まだ産めますか?

「産めるわよ!失礼な」

「早く産まないと
「抱っこしてハイキングするには
「骨が折れるようになりますよ。

「よけいなお世話よ!」

幼児を胸に抱いたおね~さんが
足早にすれ違ったのです。
blog51.jpg

生駒山の山中ですよ。
すごい!

今日の私は
3、4kg のリュックを背負っています。
でも!重い!
じゃまになります。

暑い日に大勢を誘導しているときには
氷を持っていることがあります。
魔法瓶ごとで 2kg ほど
さらに水を持てば 2kg はプラスになります。
そりゃもう!イヤになります。

それなのに!あかちゃんは
そんな重さじゃすまないでしょ!
サル(猿)の子のように自らで
母親につかまっているのなら
少しは
重さの感じ方が違うかも知れませんが。

さらに幼児のために
他に持参するものは多いし!
少しでも乱暴に扱うことはできないし。



「辻子谷(ずしだに)に行ってよ」

「どうして?

「最近!よく耳にするの」
「なんとなくロマンチックな響きでしょ」

「ふ~ん!
「あの人も あの人も 冬の虹(にじ)
「いくたびの ときめきが 冴(さ)え返る
「なんて 5 音ばかり並んだ詩がありましたね。

「有名な詩?」

「すみません!はは。
「私が作った詩でした。(拙ブログ 2011/02/08
「はは!自分の作文なんて
「3 分後には忘却するのに
「どうしてよみがえったのだろ。

「人騒がせな!」

「ところで辻子谷!
「以前に通ったことないですか。

「ないよ!」

なん度か歩いたのは
他のおね~さん方とでしたか。

あの人も!あの人も!きれいな人でしたが。



石畳がつづきます。
blog52.jpg

これが歩きにくいったら!ありゃしない。
ところどころ濡れていてすべります。
軽登山靴の底がすり減っていますからね。

石の道は興法寺を経由しています。
blog53.jpg

興法寺は 1,300 年の伝説がある古刹
石の道は信仰の道だったのでしょうか。
さらに山を上っているということは
難波と大和をつなぐ
古道だったのでしょうか。

生駒山を越えたら
行基の墓所もありますね。
そのための参道かも。

興法寺から石仏がつぎつぎ
これでもかというほど現れます。
blog54.jpg



「あ!大きな電球!?」
blog55.jpg

「電球じゃないですよ!

キヌガサダケ!?
竹孫(つーすん)?!

めったに出会わないキノコ。
私は十数年ぶりに目にしましたが。

そんなキノコが東京の自宅の
梅の木を切り倒したあたりに群がり生えて
欣喜雀躍したはなしを
檀一雄が書いていました。

食通の檀には
よだれがとまらないキノコのようです。

「持って帰って食べませんか。

「私はいいよ」
「キノコが食べられるかどうかは」
「その地方の人にしか分からないというよ」

キノコ狩りが好きだった私の母は
無数にあるキノコの中で
毒のあるのはほんのわずか!数種!
出会うのは宝くじにあたるよりむずかしいと
豪語していましたが。

キノコはなんでも食べられる!
ただ!うまいものと
まずいものがあるということだけ?!

檀一雄がキヌガサダケと思っていたのは
アミガサダケだったとか。

むろん!檀は料理しています。

今!図鑑を見ると
そんなに似ているとは思えませんがね。
どちらも食用だそうで!よかったね。

もう 1 本ころがっていました。
blog56.jpg

ま!後続のだれかにまかせましょうか。



蝶か蛾か!ふたつもつれて飛んでいます。
blog57.jpg

1 頭が地に降りました。
blog58.jpg

あ!
blog59.jpg

うだるような暑さの中!
命が燃えています。
口を開けたまま見つめているわれわれに
さいわいあれ。



「命の母の匂いがする!」
blog60.jpg

「はは!漢方薬の谷ですよ。
大昔からたくさんの水車を動力として
漢方薬を生産してきたそうな。

今もなん社かの工場があるようです。



辻子谷を抜けたら
石切(いしきり)大仏がおわします。
blog61.jpg

石切剣箭(いしきりつるぎや)神社の参道。

休日や縁日には
芋の子を洗うようにごった返していますが
なんだか寂しい。
blog62.jpg

でも!お百度を踏む人はいますね。
blog63.jpg

すごいですね。



「ランチ!」

「10 時半ごろにおにぎりを食べたでしょ。

「もう 1 時過ぎているよ」

いつもの「つけもの茶屋」に。
blog64.jpg

「ハンバーグ食べたい!」

よくまあ!この暑いのに元気ですね。
私は「おつけもの定食」でいいです。
blog65.jpg
税込 500 円。

猛暑。
急須に氷とほうじ茶。
湯飲みに 3 杯あまりあります。
これだけで 500 円の価値がありそうな。



(竹孫の「孫」は草かんむりつきが正字かも)
(檀一雄著/わが百味真髄/)
(保育社/標準原色図鑑全集 菌類/参照)
(敬称略)
タグ:檀一雄
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - みんなで歩けばこわくない ブログトップ