So-net無料ブログ作成
検索選択
みんなで歩けばこわくない ブログトップ
前の5件 | -

菊水山にアーモンドよ咲け [みんなで歩けばこわくない]

菊です。
blog21.jpg

手のひらで隠せるほどの芽がふたつ。
“菊水山” の石碑の前ですから
だいぶ踏みつけられています。
それでも頑張って生きています。

昨年植えた小菊!
いくつか生存していました。
blog22.jpg

たぶん!
昨秋には咲いていたに違いありません。

今回はアーモンドの苗を植えておきます。
blog23.jpg

ジュズダマとミツバもいっしょに。
アーモンドが根づくまで保護してね。

「その前にまとめて草刈りにあいまっせ」



六甲の菊水山。
月に 1 度の仮面ハイキング。
仮面とは氏素性も
名前さえも希望なら名乗らなくてもいい
寄せ集めのことですが。
さらに企画者(私ですが)に
お愛想をいったり感謝しなくてもよろしい。

その企画者!
ヤキが回っていて
昨年とおなじコースを(拙ブログ 2016/06/15
みなさんに知らせてしまいましたね。
毎回!できるかぎり!
違うコースに誘導しているのですが。

去年見ましたね!瀬戸内!神戸空港ですね。
blog24.jpg

「え!?わたし初めて見たよ」

お!?
あ!メンバーが入れ替わっていますか。
ここに昨年きた人は
鉄人(!)のおじさんひとりですって?!

じゃ!よかったですね!このコースで。



神戸電鉄・鈴蘭台駅から
直登組と
NTTドコモの管理道路を借りて
ゆるゆると登ってきた組
下りはいっしょですよ。

「ぎゃ~」
blog25.jpg

落ち着いて!
急坂ですが
あわてなければ難しい道ではありません。

一番もたもた!あ!失礼!
のんびりアラフォー(around 40)に
先導してもらえばみなさん大丈夫でしょ。

烏原川(からすわらがわ)を渡ります。
石井ダムの前です。
blog26.jpg

「おしっこ~!」

はいはい!もう少しがんしてね。
このコース!あんまりトイレがありません。
神戸市の下水処理の
鈴蘭台処理場まで降りてきました。
blog27.jpg

ここでトイレを借りましょう。

さらに下れば。
「“放水門” ってな~に!」
blog28.jpg

あまり意味のないところに
お金を使っていますね。



烏原貯水池の上流に着きました。
「水と森の回遊路」を歩きます。
blog29.jpg

疲れてきましたか。
さ!胸を張って
緑の中のいい空気を吸って歩きましょう。

最近!お肉がつき過ぎて
バストが重力に負けていますね。

烏原(からすわら)ダムです。
blog30.jpg

みなさん!おそろいですよね。
堰堤を渡り右岸に行きますよ。

ダム湖に埋められている丸いものは
水車の石臼です。
blog31.jpg

水没した烏原村は
水車で線香の原料を生産していたのです。

村人が去るとき記念に
水車の石臼を残したのです。



帰ります。

あ!
blog32.jpg

山に白い花が咲いています。
たくさん咲いています。

ニセアカシアですね。
表六甲では最近
伐採しているところが多いような。
六甲はニセアカシアでなくてはね。
そんなイメージが強い私です。

神戸電鉄・鵯越(ひよどりごえ)駅に
50 パーミル以上の急勾配を
電車が降りてきます。
blog33.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬見丘陵 春うらら [みんなで歩けばこわくない]

咲いていませんね!桜。
blog51.jpg

桜といっても
ソメイヨシノ(染井吉野)のことですが。

奈良県立馬見丘陵公園の「集いの丘」の上の
桜花の影でお弁当のはずだったのですが。

4 月の月例ハイキングは「お花見」を兼ねて
桜花の時季に合わせているのですが
みごとにはずれました!
私の不徳の致すところ!すみません。

カラスが「あほ~」といって飛んで行きました。
blog52.jpg

「馬見チューリップフェア」ののぼりが
たくさん立っていますが
チューリップも花茎が上がっていません。

チューリップの間に植えられている
パンジーなんかがよく目立って咲いています。

秋にはダリア園。
blog53.jpg

ここも今はチューリップだらけ。
花はないですが春うらら。
恋でもしてみませんか。

「春と断らなくても!とき知らずで」
「さかりがついているじゃないの!あなたは!」



植栽した花もいいですが
春はたんぽぽ!
blog54.jpg

恋を知らないころの
遠い日のぬくもりを感じるじゃないですか。

セイヨウタンポポも増えてきましたが
シロバナタンポポもしっかり生きていますよ。
blog55.jpg

コイ(鯉)がひなたぼっこ。
blog56.jpg

コイじゃないですね!ソウギョ(草魚)かな。

あ!つつじ!山笑うころ。
blog57.jpg

山笑う
そんな気がした お侍(さむらい)    寝ん猫

なんのこっちゃ!?
抹茶に紅茶。(なんの意味もありません)
変な句(?)を思い出したりして。

さんしゅゆ(山茱萸)は満開。
blog58.jpg

下はヒュウガミズキ(日向水木)かも。
上も下も黄色い花の並木道です。

お!美人姉妹!?
blog59.jpg

命(いのち)二つの
中に生きたる 桜哉(かな)      芭蕉

あ!振り向かないで!
後ろ姿の美しい人!

「カメラ!池に沈めたろか!」

美人が口をそろえていうせりふですか。
あなた方には美しい日本語が似合いますよ。

ソメイヨシノが少しほほ笑んでいます。
この下でランチにしませんか。



ナガレ山古墳です。
blog60.jpg

上ってみてください。

三吉石塚古墳です。
blog61.jpg

みなさん!上がってきて!待っていますから。

「わ!ミズナの花やぁ!」
blog62.jpg

畑中の道を行けば
種々の野菜が花をつけています。
平均年令の高いメンバーなら
畑の作物に関心が集まります。

とりわけ野菜の花をよくご存じで。

二十の恋 五十の恋や 花大根      友二
blog63.jpg

大根の花には
ほんのり紫色が混じっていたような!
そんな気がするのですが。
最近出会う花はみんな白色ばかり。
私の記憶違いかも。

捨てられし 大根の咲く 里の恋     ほっ



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アーモンドフェスティバル 2017 [みんなで歩けばこわくない]

梅が咲いていました。
blog51.jpg

菊正宗記念館(神戸市東灘区)の水車の前。
先月きたときには(拙ブログ 2017/02/26
硬いつぼみだったのですが
1 月経っていますからね。

灘の精米は水車に頼っていたのですね。
blog52.jpg

温度を上げずに時間をかけて精米するのが
高品質の日本酒造りの第一歩かな。

きき酒をしたものは買わないで
きき酒のできなかった
ほんものの粕取り焼酎の
「らんぷ」を買ったら
東に歩きますよ。

「浜福鶴」に寄ります。
blog53.jpg

もう今日!酒蔵には寄りませんから
酒粕がほしいのならここで買ってください。



ここまではみなさんとなん度かきましたね。
ここからのコースは初めての人ばかり。
「アーモンド」の花に酔いに行きます。

あれ!?
blog54.jpg

くすんでいます。
神戸市建設局東水環境センターの運河沿い。

「水辺の遊歩道・うおざき」の
アーモンド並木はつぼみのまま。
blog55.jpg

ここ数年!毎年のように春分の日前後に
訪れていますが
こんなにも咲いていない年は
なかったのじゃないかな。

初めてのみなさんに
私はウソつきになったかな。
ウソばかりついて
期待させて連れてきたような。

おかしいなぁ!
そういえば例年この季節 5 分咲き以上の
わが家のアーモンドも
まったく咲いていませんね。

「あ!桃の花が 1 輪!?」
blog56.jpg

あ!それがアーモンドの花です。
梅も桃も桜もアーモンドもバラ科の近縁!
よく似ていますよ。



さらに 1 駅半ばかり歩きますよ。

「え~っ!」

え~じゃありません。
たいしたことはありません。

阪神電車の駅は多いのです。
1 駅は
並んで走っているJRや阪急に比べたら
半分の長さもありませんよ。

わ!咲いていました。
これがアーモンドの花です。
blog57.jpg

東洋ナッツ食品(神戸市東灘区)の工場の庭。
blog58.jpg

満開ではありませんが
早咲きと思われる木なら
7 分咲きといったところ。
blog59.jpg

もう 28 回めの
アーモンドフェスティバル(2017/03/19・20)です。

今年もすごい人!ひと!人!
blog60.jpg

みなさんが楽しみにしている
アーモンドを使用した食品の販売ブースには
長蛇の列ができています。

じゃ!手分けして並んで買ってきてください。
荷物と席の留守番をしていますから。

早いですね!

「すぐ買えましたよ」

これ!?
blog61.jpg

“揚げたてアーモンド” をお願いしたでしょ。

「ああ!それは行列が工場の裏まで」
「つづいていたのでやめました」

そうですかぁ。

「アーモンドをたくさんトッピングした」
「カレーを買ってきました」
blog62.jpg

「カシューとアーモンドのはいったおにぎり!」
blog63.jpg

ひとりひとつでよかったのに!

「もうすぐコロッケがたくさんきます」

「あ!それから、、、!」

パンやらわさび漬けやらもくるのかな。
食べ切れないほど集まるようですね。
しぶしぶ割り勘の計算!
ああ!高いつまみ代になって行きます。

私が行けばよかったのかな。



ま!気を取り直して
楽しいお花見じゃあ~!

缶チューハイをかついできましたよ。
百年に 1 度もない!私のおごりです。
日ごろ!
おね~さん方にはお世話になっていますから。

キリンの “氷結” の
“もも” “あまおう” “パイナップル”です。
ちょっと甘い味を楽しみませんか。

「かんぱ~い!」

「もしもし!」

警備の人がすっ飛んできました。

「工場内は禁酒です」

え~っ?!
ひとり 2,000 円近いつまみを
抱えこんでいるんですよ。
どうすりゃいいの!

公道に出て飲みますか。
そういえば最近!公道で行う
“ゲリラの宴” をやっていませんね。

「みんなお金持ちになったの?」

違います。

亡くなったり!
追われて行方不明になったり!
まともな人がいないのです。
あ?
もともと!まともな人はいなかったのですが
うんとおかしくなっているのです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

こたつで観梅 花の文化園 [みんなで歩けばこわくない]

“こたつ” にはいらないのですか。
blog81.jpg

「暑いもん!」

春うらら。
梅林の電気 “こたつ” も
今日は人気がありませんね。

“こたつ” でランチにしませんか。
中でごそごそいたずらしないでね。

「するかぁ!」
「そんな考えが浮かぶのはひとりだけでしょ!」

おほめにあずかり!痛みいりますだ。



月例の寄せ集めハイキング。

アップダウンが少なくて
天候に恵まれたので
あんまり面白い道程ではないと思うのですが
結構!大勢集まりましたね。
平均年齢は相変わらず高いですけどね。

近鉄・南海の河内長野駅から
高野街道の酒蔵通りにはいります。
いい匂いがしますね!
朝食を食べていないものには。
blog82.jpg

蒸米(じょうまい)ですか!酒造りの。

烏帽子形(えぼしがた)公園に上り
長尾根の小道を進みます。
blog83.jpg

わが町(大阪市)の公園は
やたら舗装されていて
植木鉢の中のように
きゅうくつそうな樹木ばかりですが
どうですか!この里山然とした公園。

深い谷もあり!古墳もあり!
林もありますよ。
blog84.jpg

楠木正成の城のひとつがあったようで
一番高いところの本丸跡からは
見晴らしがよろしい。
blog85.jpg

城跡を降りて車道を行きます。
幅員のない田舎道(失礼!)なのに
くるまの往来がかまびすしくて
興醒めさせて!すんまへん。

“ふるさと歴史学習館” で
ボランティアの方の説明を聞きながら
“河内長野市” の歴史のお勉強。
blog86.jpg

とても頭のいい(?)じいさんと
お勉強についていけない(?)じいさんたちは
5 分で卒業して表に出て日向ぼっこ。



大阪府立 “花の文化園” に着きました。
春がきています。
blog87.jpg

満開の梅林に出会いました。
blog88.jpg

即興の詩(?)のひとつでもいかが。


春風先発苑中梅
しゅんぷう まずひらく えんちゅうのうめ

桜杏桃梨次第開
おうきょう とうり しだいにひらく

百花繚乱文化園
ひゃっかりょうらん ぶんかえん

亦道春為妹子来
またいう はるは あなたのために きたると


「あなたって!だれなの?!」

それは春の似合う
今日の男性陣みなあこがれの
おね~さまのことですよ。
blog89.jpg

「よくまぁ!口の減らないこと」

おほめにあずかり!痛みいりますだ。



ちょっと自慢できるほど植栽している
クリスマスローズの花どきでもあるのですが
大半の花が下を向いているので
写真を撮っても面白くありませんね。

“大温室” にまわりましょうか。

ウツボカズラ!?
blog90.jpg

ウツボカズラはどこにあるの?!
なんですか!
このくだものに似た人工物は!

あちらにも!こちらにも。
blog91.jpg

展示している植物の数より
はるかに多いのでは。
blog92.jpg

なんのためなの!?
温室の目的が変わっているのかも。

あ!それは天然の花ですよ。
blog93.jpg

トケイソウの仲間でしょう。



「すごい!」
blog94.jpg

ショップで
700,000 円で売られていました。

樹齢 150 年のオリーブの木の鉢植え。
スペイン生まれらしい。

「買(こ)うて帰っても実が着きまへんで」

職場の花壇で水やりをさせられていた
もの知りのおじいさんがいいます。

自家不親和性のことをいっているのですね。
大丈夫!
鉢の周囲に安い別品種の
オリーブの鉢植えを並べておけば。

あれ!買わないんですかぁ!
配達してくれるそうですよ。



帰路は
このあたりの
地理に明るいおじさんの誘導に従い
「つまようじ資料室」へ行きます。

“くろもじ” のつまようじは
この地の地場産業なんですね。

残念!今日はお休みだとか。

さて!どうしましょう。

農産物直売所の
「あすかてくるで 河内長野店」で
地の野菜を物色しながら考えましょう。

あ!
そんなに終戦後の買い出しのように
大量に買って!どうすんですかぁ!?

「ということで!バスで帰りますので」
「ここでさようなら」

途中からバスで帰ってしまったおじさんが
4 人いたハイキングでした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

奈良町 博物館めぐり [みんなで歩けばこわくない]

今月の寄せ集め(!)ハイキングは奈良です。
奈良町(ならまち)を歩きます。

今年になってよく奈良にきています。
意識しないままに。

奈良町は
今月もうすでに 2 度は訪ねているような。

「だれと?!」

え!
わ!わすれました、、、!

「忘れる訳ないでしょ!」

う~ん!
予期せぬ鋭角的な質問!

ほんわか!のんびり
アラフォー(around 40)おね~さんだと
油断していたら!鋭く突っ込んできます。

間抜けな私には
こういう感覚がありませんね!

先日も
おもちゃ箱をひっくり返したような道頓堀あたりで
なんとかというパンケーキを食べたという
高校生の女の子がいましたが。

「どんなパンケーキ?!」
「味は!?」
と聞いてみるのは私ですが。

「だれと!?」
「だれと行ったんや?!」
という父親。

なるほど!
父親の質問はそっちですか。

私は猫じゃらしを見ているにゃんこの如し。
猫じゃらしを持っている手は
だれなのか見なければならないのですね。



今日のメンバーの大半は
奈良町をよく知らないとか。

へへ!
それじゃ!少々雑にしゃべっても
へこまされることはないかな。

奈良町とは観光的にいっているのか
行政の住居表示ではないみたい、、、です。

平城京の東に外京というのか
寺社が集まっていたところ。

平安京もそうですが
京(みやこ)の東側に発展するのが
外京のセオリーにかなっているんでしょうか。

京(みやこ)がどこかへ行った後も
蚊帳(かや)とか墨とか酒とか
いろんな産業が栄えたようです。

先の大戦の被害にもあわず
いにしえのよすがは残されています。

ん!?
私の説明!
みなさん!聞きたくないようですね。はは。



近年!大小の博物館がオープンしています。
今日はそれらに寄って
ちょっぴり!お勉強してもらいます。

大丈夫!
10 を越える博物館ですが
大半は無料で入館できますよ。

なら工藝館から。
blog51.jpg

あ!そこには行きませんよ。
杉岡華邨書道美術館。有料ですよ。
blog52.jpg

史料保存館。
blog53.jpg

「身代わり猿」がいっぱい!奈良町資料館。
blog54.jpg

近世の看板やら道具やら!
一番みなさんの口数が多かったところ。

奈良町の庚申(こうしん)堂です。
blog55.jpg

「わ!すごい!」
blog56.jpg

なにか感動するようなものがありましたか。
ならまち格子の家。

よく保存されていますね。
こんな 2 階の部屋では
使用人が暮らしたんでしょうか。
それとも嫁入り道具があったんでしょうか。
新婚のお嫁さんがね!うふ。

「よくまぁ!そっちの発想ばかりできるよね!」
「梁(はり)の木材がすごいと思っただけ」



え!?
もう!飽きた!ですって。
まだ!たくさんありますよ!博物館。

あ!女の子が呼んでますよ!
blog57.jpg

「砂糖傳」のゆるキャラかな。
そこは博物館ではありません。
古いお砂糖屋さん!
古いといっても創業は江戸時代でしょうけど!
奈良町では新しいかも。

元興寺の塔跡です。
blog58.jpg

奈良町は元興寺の境内にできたもの。
今の世界遺産・元興寺はごく狭くなっていますが
広大な境内を有していたのですね。
町中あちこちに元興寺の史跡があるはずです。

え!?
みなさん!酒蔵にはいっちゃいましたか。
blog59.jpg

今日の「清酒 春鹿」は団体客でいっぱい!
私がトイレを借りていたら
みなさん!どこへ行ったの!?

あらら!
blog60.jpg

別室で神妙な顔。
利き酒(拙ブログ 2017/01/06)をしていました。

博物館の展示より
こちらのほうに興味があるようです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - みんなで歩けばこわくない ブログトップ