So-net無料ブログ作成
みんなで歩けばこわくない ブログトップ
前の5件 | -

広瀬神社 砂かけ祭り 2018 [みんなで歩けばこわくない]

2 月の定例
仮面(氏素性を名乗らなくてもいい)
ハイキングは
広瀬神社の砂かけ祭りを経由します。

砂かけ祭りは毎年 2 月 11 日。
曜日に関係なく開催。
ま!世間の人は休日のことが多いのですが。
私たちの仮面ハイキングは
日曜日しか行いません。

それが!今年(2018)の
2 月 11 日は日曜日。
このチャンスを
みなさんに喜んでもらいましょうか。

それでそのレポートを書いたのですが
ん?!
前回のブログ(拙ブログ 2015/02/12)と
うりふたつ?!
ま!これでがまんできる人は
読んでください。



JR法隆寺駅から天理軽便鉄道跡を歩きます。
blog61.jpg

飽波(あくなみ)神社に着きました。

聖徳太子は飛鳥と斑鳩(いかるが)を
毎日乗馬で往復して
政務をしていたそうですが
その途中のここで休憩していたそうな。
だれが見たのでしょう。

そのとき腰をかけた石。
blog62.jpg

今回はちゃんと太子がお座りでした。

今回は半分以上の人が
初めて歩くコース。

安堵町歴史民俗資料館に寄りますよ。
200 円必要ですから
もう見なくてもいいという人は
表門あたりで陽だまりを探して
くつろいで待っていてね。

藺草(いぐさ)の
「灯芯ひき」のおばあちゃんが
健在(!)です。
blog63.jpg

このあたりは湿地帯なので
藺草(いぐさ)栽培が行われていたのですね。

前回同様
ここで足を止めるのは
アラフォー(around 40)のおね~さんと
私だけのようですが。

みなさん!天理軽便鉄道のほうに
関心があるようです。
blog64.jpg

「寒牡丹(かんぼたん)が咲いてるね」
blog65.jpg

おことばですが正確ではありません。

冬に咲かせている!ま!名づければ
「冬牡丹」です。
寒牡丹には葉っぱがありませんよ。




河合町に入って広瀬神社に着きました。
境内に神の田があります。
blog66.jpg

「御田植水口祭礼」通称「砂かけ祭り」の
すでに「殿上の儀」が行われ
もうすぐ「庭上の儀」が催されるはず。

みなさん!どこへ行きましたか
はぐれてしまいましたが
おね~さんは今回も準備万端ですね。
blog67.jpg

神田にこの早苗が植えられます。
blog68.jpg

「どうして持ってるの!?」

はは!
先日!平城宮跡で行われた
大立山まつり(拙ブログ 2018/01/28)で
「広瀬神社の砂かけまつり」を
宣伝(?)にきていた人たちから
もらったものです。



わ!
blog69.jpg

「雨」が降り出しました。
「砂」を「雨」に見立てるのですが。
blog70.jpg

大変!「神田」の外にも!
blog71.jpg

善男善女!阿鼻叫喚!
あっちに走り!こちらに逃げます。

田夫が砂を持って走っています。
blog72.jpg

それに抗戦するこどもたちが追います。

わぁああ!
blog73.jpg

カメラが壊れそう!(拙ブログ 2013/02/12



今日は天気がいいので大和川沿いに
JR王寺駅まで歩きます。

王寺駅は王寺町にあります。

この周辺の大和川湿地帯(失礼!)には
他に斑鳩町!安堵町!川西町!河合町!
三宅町!広陵町!上牧町!
さらにもう 2、3
小さな(失礼!)町ばかりが集中しています。

平成の大合併が実現しませんでした。
合併してもしなくても
大変でしょうなぁ。

単調な道でたいくつそうなので
ちょっと変化をつけます。

潜水橋(沈下橋)を渡ります。
blog74.jpg

これが怖い!
強風が止まない中ですから。

地元のくるまがぶっ飛ばして過ぎます。
blog75.jpg

かなりの交通量です。
一方通行でもありません。

片方のタイヤを半分以上
はみ出させて通るくるまもあります。
カメラを構えていても
なかなか橋から落ちませんね。
タグ:廃線
コメント(0) 

雪の下鴨神社から上賀茂神社へ [みんなで歩けばこわくない]

遅ればせながら新年のご挨拶。

「賢姉・大兄のみなさん!
「生きていらっしゃいましたか。

久し振りとかそうでないにかかわらず
出会ったとき
「生きていたの?」なんて
ぶしつけにいうのは関西人の特徴らしい。
私も大阪暮らしが長いと
そんな挨拶ができるようになりました。
エラいでしょ。

今年最初の
仮面(氏素性を名乗らなくてもいい!)の
寄せ集めハイキング。

冬は天候急変の心配やら
高齢者が多いので
死にかけたときの対処のため
アップダウンの少ない町の中を歩きます。

京都は糺(ただす)ノ森。
河合神社の鴨長明の邸宅(!)の
方丈からスタートです。
blog31.jpg

この日は雪をかぶっています。

「鴨長明は
「家の作りようは夏をむねとすべし
「といいましたが
「いくらなんでも
「この住まいでは寒くてたまらんでしょう。

と!知ったかぶりで
みなさんに説明しましたが
ごめんなさい。
「夏をむねと、、、」といったのは
鴨長明ではなく
吉田兼好でした。
今!気づきました。すみません。

下鴨神社の馬場。
blog32.jpg

梢の雪が落ちてきます。

フラダンスの木。
blog33.jpg

参道にこんな木が並んでいるので
私が勝手にそう呼んでいるだけですが。
「雪の中のフラダンスというのものねぇ」

「糺(ただす)ノ森」には手をつけては
いけないことになっているようなので
原始林(?)かも。
その原始林の中の
「烏縄手(からすのなわて)」という
細道をたどって社殿に案内するのですが
落ちてやまぬ雪に!不評です。

風がなくそんなに寒くはないのですが。
blog34.jpg

白い花が雪と見まがう美しさのため
「擬雪(ぎせつ)」と命名されている名椿に
雪の花が咲いています。はは。
blog35.jpg

今は花と見まがい
「擬花」と呼ばれています。はは。
(呼ばれていませんよ)



名物「みたらし団子」も食べずに
下鴨神社を出て北へ。
冬空の下で「北へ」なんていえば
心は艶歌の世界。
うつむいて!とぼとぼ。
みなさん!めげずについてきてね。

氷河時代の遺物かもしれない
「深泥(みどろ or みぞろ)池」も白い。
blog36.jpg

大田神社です。
「庭園ですかぁ?」
blog37.jpg

ここ!池!まぁ沼地かな。
水面を埋めるカキツバタの群落が有名です。

社家にも雪。
blog38.jpg

社家とは上賀茂神社の神官の屋敷。
その屋敷町です。



上賀茂神社に着きました。
blog39.jpg

雪の中でさらに白い(!)神馬。
blog40.jpg

「この子!男の子?女の子?」

「え?!

(小声で)
「馬並みということ!どういうこと?!」

なにを考えているのですか!
またまた!スケベ心を起こして。
TVの「5 時に夢中!」で
「!!ぽ」連発の(拙ブログ 2017/06/17
岩井志麻子・中瀬ゆかりコンビみたいに。

「立砂(たてずな)」もさらに白い。
blog41.jpg

立砂は神の降臨した山の形。
今日は寒いから降臨はないかも。

またまたまた!この形から
よけいな妄想を起こさないで
食い気のほうを出してご覧あれ。
blog42.jpg

「すぐき」の天秤押し。
すぐき漬けの
「すぐき菜」の栽培の嚆矢(こうし)は
上賀茂神社の境内だったそうな。



(敬称略)
コメント(0) 

一庫ダム 冬景色 [みんなで歩けばこわくない]

トンネルの口が並んでふたつあります。
blog01.jpg

向かって左は一庫(ひとくら)トンネル。
右の井補野(いほの)トンネルにもぐります。
バタバタあわてないでくだい。
2 分もあれば抜けられますから。

トンネルを出たところが一庫ダム。
ダム湖は
知明湖(ちみょうこ)と命名されています。
blog02.jpg

今年(2017)最後の
寄せ集め・仮面ハイキング。
仮面とは
氏素性を名乗らなくてもいいということ。
もちろん!
財産や離婚歴や性癖を私に
そしてみなさんにいう必要もありません。

今日は知明湖周遊です。
冬の天候の急変に
対策を持っていないので
下流の一部だけを周回します。

あまりくるまの往来がなく
冬にハイキングする人もまれで
幅員のある平坦な道なので
先頭はどんどん進みますが
しんがりの一団はあきれるほど牛歩。

前に叫んで!後ろに尋ねて!
かりそめのリーダー(私ですが)は
疲れますねぇ。

知明さくら橋を対岸に渡ります。
blog03.jpg

「今日は楽勝でんな!」

「弁当食べて帰りましょう」

もう帰っていっぱい飲むことに
思いをはせる不届きじいさんたちも。

「お弁当は一庫公園で食べます。
「先頭の人は
「階段を上り切ったところで待っていて。
blog04.jpg

400 段もありませんから。

「ぎゃあ!聞いてないよ~!」

楽勝といっていた連中!
なかなか上がってきませんね。

そしてまだ坂を上りますよ。
鹿の遊ぶ「見晴らしの丘」でランチです。
blog05.jpg

あいかわらず!ちっとも
見晴らしはよくありませんけどね。

このあたりは
兵庫県猪名川町!川西市!
大阪府豊能町!能勢町が
膝をつきあわせていますが
今日はほぼ川西市だけを歩きます。

「なんにもないところですね」

「なにがお望みですか。
「アイスクリームやたこ焼きや
「焼きそばぐらいなら売っていますが。

「ウソやぁ!?」
「ホントなら買ってあげるよ」

それでは
「ネイチャーセンター」に行きましょうか。

「ね!
blog06.jpg

「たこ焼き!買ってちょうだい。

「8 個なら」
「みんなで分けられないからやめます」

「ひとつといわず!買い占めれば?

「え!?」

ネイチャーセンターで
里山のお勉強してください。
blog07.jpg

薪(まき)ストーブの
柔らかい火にあたっていますから。

炭焼き窯は外にあります。
blog08.jpg

このあたりは
高級木炭の「菊炭」の生産地なんです。

下りは車道にします。
blog09.jpg

平地は速い!
階段じゃない下りはなお速い。
糸の切れた凧(たこ)状態のお年寄り多数。

知明りんどう橋を渡ります。
blog10.jpg

対岸へといえば対岸ですが
流入河川がいくつかあるので
知明さくら橋のときの
元にもどった訳ではありません。

さらに橋をふたつ
トンネルをふたつ越えます。
blog11.jpg

アラフォー(around 40)のおね~さん!
毎日のかれの激しい要求(?)に答えて
お疲れのご様子。
もしかして!今日のメンバーの
女性陣の中では最年少じゃないの。
もう少し頑張ってね。

それにしてもお年寄りは不死身(!)です。

お!振り向けば
右に先ほど通った白いりんどう橋。
blog12.jpg

左の赤い橋は午前中に渡ったさくら橋。

堰堤(一庫ダム)の上を渡ります。

下流の渓谷はすっかり冬景色。
blog13.jpg

ダムの下に降ります。
blog14.jpg

一庫唐松公園から見上げて
記念の集合写真を撮りましょう。
blog15.jpg

「葬式写真でんな」
口の減らないご老体たち。

このあたりに摂津三湯のひとつといわれた
「一庫湯」があったそうな。

温泉は枯れたのでしょうか。
鉱泉だったのでしょうか。

「あとは能勢電鉄に出るだけです!
といったら
速い!速い!
先頭グループはどんどん行ってしまいました。

ま!今はスマホがあるから
その案内通りに歩いて
私の先導を待とうなんか考えませんね。はは。

のんびり組は振り向いてみませんか。
blog16.jpg

なかなかいいながめでしょ。
コメント(0) 

いたすけ古墳 タヌキは健在 [みんなで歩けばこわくない]

「今日のハイキングのハイライト!
「タヌキ(狸)の家族を訪問します。

「昼間!野性のタヌキが
「三つ指ついて(?)待っています。

といっても
みなさん!私の発言だから
なめた顔をしていますね。
大阪府堺市の古墳群の中を歩くのですから
信用しなくてもおかしくありませんか。

百舌鳥八幡(もずはちまん)神社。
「そろばん絵馬」から出発。
blog61.jpg

絵馬のひとつひとつが
そろばん玉になるんですね。

堺市やその周辺に住んでいたり
このあたりを仕事で走ったりしているのに
知らないという人ばかり。

案外!地元のことには疎(うと)いのです。

葦(あし)と紅葉が美しい御廟山古墳。
blog62.jpg

日本の多くの古墳は
「御廟」とか
「御陵」とか呼ばれているような。
「御陵」を「みささぎ」と読んだり。
「みささぎ」が
「みさんざい」と変化したり
さらに
「にさんざい」となまってしまったり。
みんなおなじことを指しています!たぶん。

だれも聞いていませんね。
つぎに行きますよ。

ここも紅葉が美しい。
blog63.jpg

これらの古墳を
世界文化遺産にしたいらしいのですが
どの古墳も周囲の民家がわずらわしい。
近隣の国のように
みんな移転させて
さっぱりさせてから申請したらどうですか。

あ!そうそう!
ここが「いたすけ古墳」!
「タヌキ」の古墳です。
blog64.jpg

「あ!ホント!」
「あんたもホントのこということもあるんや!」

「ど~ゆ~意味ですか!

半分以上あたっていますが。

タヌキは半分以上壊れた橋の上でお出迎え。
blog65.jpg

昔!古墳に
畑や小屋があったという人がいます。
土砂を採取していたという人も。
その時代の橋でしょうか。

前回きたときには
もっとたくさんのタヌキが
近所の人の投げる食パンを食べていましたが。

履中天皇陵古墳。
blog66.jpg

大仙公園を横切ります。
blog67.jpg

仁徳天皇陵古墳も堀の中。
blog68.jpg

三重の堀のうち
外側の幅員のない堀しか見えません。
俯瞰(ふかん)する方法を考えてから
世界文化遺産だといいましょう。

でも!そんなことをいって
「天皇陵を上から見るとは不謹慎な!」と
昔!堺市役所あたりでいわれたような。

「天皇陵という証拠があるんですか?!」
といいそうになって!やめましたが。
実のない議論をしてもつまらないから。

おなじ樹種のはずなのに
色づきが 3 通りに見えます。
blog69.jpg

「ウルシですか?」
「いや!ヌルデですよね?」

私に聞かれても、、、。

私はいつもテキトーに
「ハゼ(ノキ)」と呼んでいましたが。
私は食用のものしか興味がないもので。



ハイキングを中断。

今日は小人数なので
堺市役所の横のホテルのレストランに。

「ゴチになります!」

だ~れが!?
私より金持ちの人ばかりが
安っぽいギャグをいうもんじゃありません。

バイキングをいただきます。
1,200 円ほどです。

あ!?
今日は貸し切り?!
入れてくれません。

ああ!

「商店街のどこかで食べましょうね。

「看板がはげているアーケード街ですか」
blog70.jpg

「あんな色彩ですよ。

はげてはいません!
自由都市・堺のゆかりの
金屏風かなんかの絵でしょう。

しかし!困るんですよね。
こんなとき。

初めに「どうしましょう」と聞くと
みんな「なんでもいい」というのです。

いざ!メニューを見てから
鶏肉にはアレルギー反応を起こす!
親の代からピーマンは食べたことがない!
なんかいい出すんですよね。

いく日か経っても
「まずい店に連れて行かれた」と
グチグチいったり。

そんな事由からも
こんな上下左右関係のない寄せ集めのときには
バイキングにかぎります。
料理を自分の責任で選んで食べられますから。

磯丸水産(堺東駅前店)がありました。

外食の店にはまったく詳しくありませんが
ランチパスポートでここの
他の支店にはおじゃましていましたから
私はここで。

「みなさんはお好きなところでどうぞ。

ま!みなさんもつづいて入ってきましたがね。

日本人やら日本育ちの人ばかりですから
和食の店なら
なにか食べるものがあるでしょう。

私は「鯖の塩焼き御膳」(税込 920 円)です。
blog71.jpg

生ビールは昼間料金(税込 300 円)です。

「安いなぁ!」

喜んでどうします!?
ま!飲むなといっても飲む人ばかり。

昼から酒盛りして!どうします!?
もう!ハイキング!終了とします。
コメント(0) 

葛城山麓ウォーク 芋のかつぎや?! [みんなで歩けばこわくない]

「葛城山麓ウォーク」(2017/11/23)です。

奈良県の葛城市や商工会や観光協会や
町内会や運輸機関やその他大勢
みんなが集まって催しているらしいので
なにかおいしいものでも
食べさせてくれるのかも。

「行くよ!

と!張り切ったものの
集合場所が遠い。
近鉄・新庄駅からとぼとぼ。
20 分も歩いて
やっと受付のある紅葉の美しい屋敷山公園へ。
blog51.jpg

参加証を首にかけてスタート。

未明まで雨だったのか
これからまだ降るのか
なんだか不安な空ですね。
blog52.jpg

浄願寺の「子授け地蔵尊」です。
blog53.jpg

「40 歳を越えた女性にも
「霊験あらたかだそうですよ!

「どうして私のほうを向いていうのよ!」

よくお祈りしたら「癒(いや)しの庭園」へ。
blog54.jpg

この参加証を見せれば拝観料が無料。
十月桜かな!咲いています。

「子授けお地蔵さまの境内と」
「癒しの庭園とおなじ浄願寺なのに」
「山号が違うようだけど!どうして?」

「そこがありがたいところですよ。

「は?」

たとえば
ここ葛城市でも!
ホントーは私が今書いている葛城市の
「葛」の字ではありません。

しかし私の機器では
この「葛」しか出てきません。

地元でも苦労しているのでしょうか。
blog55.jpg

上の大きい活字が正字。
でも!どうしても
下の「葛」になってしまうんですよね。

「それと山号の違い!どうつながってるの?」



きれいな石垣と紅葉の山を見て歩きます。
blog56.jpg

置恩寺でお茶をいただいて
秘仏・十一面観音さまを拝んで
「念ずれば花ひらく」に首を垂れます。
blog57.jpg

「路傍の花に囲まれているお方は!?」
blog58.jpg

どなたでしょう。
道祖神のように
1 枚の石板にふた方彫ってありますね。

雨はもう降らないのでしょうか。
カラスウリと柿の実が赤い。
blog59.jpg

葛城山麓公園をかすめます。
blog60.jpg

平岡地区でそばの試食があるはず。
え!?
もう予定数が出てしまったの!?
私たち 9 時に出発した 1 陣ですけどね。

新米のおにぎりにはあたりました。
blog61.jpg

そばドーナツは 100 円で買いました。



菊畑に遭遇。
blog62.jpg

「二輪菊日本一のまち」だそうですが。

山口地区で梅干を買いました
サツマイモ掘りをしていました。
300 円でかなりたくさん出ています。

「あ!おね~さん!?
blog63.jpg

「紅葉がきれいね」

「それじゃなく
「その手前に桑畑があるじゃないですか。

「養蚕でしょ!」

まさかぁ!現在!ここで?!

梅室地区で桑茶のふるまいがありました。

それですよ!あの桑畑は!
桑の葉を育てているんですよ。

「桑葉入り鶏団子スープ」(100 円)を
買ってあげましょう。
blog64.jpg

すぐに笛吹地区です。
blog65.jpg

大根(100 円)買ってくれたのですか。
blog66.jpg

ここに紅葉に包まれた神社がありました。
blog67.jpg

マップには葛木坐火雷神社とありますが
地元では笛吹神社と呼んでいましたが。
日露戦争時のロシア製の大砲がありました。



再び平岡地区に帰ってきたような。

ジャガイモ掘り(100 円)をしましょうか。
blog68.jpg

ゴロゴロ出てきました。
「インカのめざめ」ですか。
色から見ると
「インカのひとみ」のような。

山田地区ではミルクセーキの試飲。
豚汁をいただきます。
blog69.jpg

この日一番安かったものです。50 円。

この地区にはひまわりが
寒い風に震えながら咲いています。
blog70.jpg

芸術作品!オブジェのようなナスの畑。
blog71.jpg

「鎮守の杜(もり)みたいね」
blog72.jpg

「古墳じゃないでしょうか。



歩行距離 10km も残り少ないようですよ。

このあたりになると
前後に人がいなくなってしまいました。

でも大丈夫。
blog73.jpg

道路に矢印を描いています。
こんな大胆なこと!初めて見ましたが。

スタート地点にもどってきました。
祭りに盛りあがっていると思いきや!?
blog74.jpg

学生たちが
「野菜くじ」なんて思いついています。
blog75.jpg

100 円で野菜がど~んとあたるのかな。



まだ正午過ぎですけど帰りましょう。
大阪まで帰って
あたたかいところで休憩しませんか。

重いなぁ!この荷物!
blog76.jpg

100 円で買った里芋。
100 円で掘ったジャガイモ。
100 円のくじであたったサツマイモ。

かついで近鉄の駅まで歩きます。
コメント(0) 
前の5件 | - みんなで歩けばこわくない ブログトップ