So-net無料ブログ作成
わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ
前の5件 | -

ラーメン女子博 花々の女の子 [わが街・下駄ばきドドンパ]

大阪市営地下鉄の
文の里駅の駅長室前の黒板。
blog31.jpg

チョーク画ですか。
駅員のだれかが描いたそうな。
器用ですね。

なぜか印象に残っていたので
その絵に描いてある
長居公園(大阪市東住吉区)の
自由広場へ行ってみます。

「ラーメン女子博 in 大阪」
(一部 2017/09/29 ~ 10/03)
(二部 2017/10/05 ~ 09)です。
blog32.jpg

「とことん女性に特化した
「女性のためのラーメンイベント
だそうな。

1 杯 900 円!?
ひぇ~っ!
すごいですねぇ!
私がランチによく食べている
鯖弁当(拙ブログ 2017/04/05)が
みっつ買えますな。
私のランチ代の三日分ですな。

それを食べ比べをするんですか!?
この値段で!
恐るべし!ラーメン好き女子。



ん!?
おじさんたちが混じっていますね。
blog33.jpg

いるんですよね!
電車の女子専用車両に
わざと乗るようなヤツ。

その昔!
定年退職してからずっと
妻の尻について歩く人もいましたが。

奥さんの学校の同窓会について行って
出席もしたと喜んでいう
私の感覚では
情けないおじさんもいますが。

男女同権をはき違えてはいませんか。

女にもふんどしをつけて土俵にあがって
男と対等に相撲をとらせろ!とか。

男にも出産の痛みを感じさせろ!とか。

男と女の体の違いを認めて尊重して
その分野を侵さないことこそ
男女同権じゃないんですかねぇ。

ま!奥さんのつき添いで
ラーメンを食べにきた男に
そんなに目くじらを立てなくても
いいですけどね。

ははは。
blog34.jpg

なんですか!これは。



「カトレアのように 派手なひと
「鈴蘭のように 愛らしく
「また 忘れな草の 花に似て
「気弱でさみしい 眼をした子

「みんなみんな 咲いて散る
「街に花咲く 乙女たちよ
「みんなみんな 咲いて散る
「街に花咲く 乙女たちよ

(西条八十詞・花咲く乙女たち)


今!まさに咲き誇っている人もいれば
枯れかかっている人もいますね。

つぼみのままで腐って行っている人も。

ふと!唐突に
「堤中納言物語」の中の
「花々のをんな子」を思い出しました。

「花々の女の子」なら
今どきのいい方ですが
長保 2 年(1000)の秋の創作らしい。

堤中納言物語は短編小説の寄せ集めで
それぞれ書かれた年代が
よく分かっていないそうです。

「花々のをんな子」は
多くの女たちが
それぞれの女主人を
秋の花にたとえてほめているのですが
その女主人の称号が全部一致するのは
長保 2 年しかないので
その年の秋だということになったそうな。



女院は蓮の花
一品の宮は竜胆(りんどう)
太后の宮は玉簪花(ぎぼうし)
皇后の宮は紫苑(しおん)
中宮は桔梗(ききょう)
四条の宮は露草(つゆくさ)
承香殿は瞿麦(なでしこ)
弘徽殿は刈萱(かるかや)
宣耀殿は菊
麗景殿は花薄(はなすすき)
淑景舎は朝顔
御匣殿は萩
淑景舎の妹君の三の君は萱草(かんぞう)
その妹君の四の君は草の香
左大臣の中の君は女郎花(おみなえし)
帥の宮の北の方は葉笹
右大臣の姫君は吾木香(われもこう)
斎院は五葉
斎宮は山菅(やますげ)
帥の宮の(もうひとりの)北の方は芭蕉葉
中務の宮の北の方は尾花

花薄(はなすすき)と尾花
違うのでしょうかね。

葉笹(クマザサか?)
芭蕉の葉にたとえられてもねぇ、、、。
「花」にしてあげてよ。



四の君の
「草の香(くさのこう)」とはなんですか。

山岸徳平訳では
「芸香(うんこう)」とありますが。

講談社/園芸大百科事典/を広げると
芸香はヘンルーダのこととありますが。
それは江戸時代に輸入されたともあります。
平安時代の小説と合わないのですが。

ま!動植物の名前は
それほど厳重に区別されていた訳でもなく
現に近代になった明治あたりの標本でも
誤記だらけだそうですし。

長居公園にいるのですから
長居植物園のハーブ園に行ってみます。
blog35.jpg

お!黄色い花が!もしや?!
blog36.jpg

わ!ウイキョウ臭い!
フェンネルの花でしたか。

ありませんね。
見つけられないだけかも知れませんが。



フェンネルの花の向こうに
フジバカマが咲いていますね。
blog37.jpg

台湾あたりから旅してくる蝶
アサギマダラの飛来を待ちますが
きませんね。

「青りんごや!」

フジバカマの上のカリン(榠樝)の実。
blog38.jpg

「違うよ~!」

父親の「青りんご」説に
こどもの小学生が反発していますが。

「そうやね?!」

あ!私にご下問ですか!?
私に聞かないでほしいのですが。

「はい!そうでしょ」

青りんごと思えば青りんごでよろしい。
信じるものこそ!救われます。



(堤中納言物語/山岸徳平訳注/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

肉フェス 長居公園の秋 [わが街・下駄ばきドドンパ]

長居公園(大阪市東住吉区)を横切っていたら
長居植物園の柵の向こうが赤い!
blog71.jpg

彼岸花ですね。
もう!盛りを過ぎてくたびれています。
blog72.jpg

まだ!彼岸の入りまで 1 週間もあります。
もちろん個体差はいちじるしいのですが
なんだか年々早く咲いているような。

でも!外から鑑賞するために
植栽しているとは思えません。
さりとて植物園の中からも見えませんよ。
法面(のりめん)の傾斜は外に向いているので。

わ!
blog73.jpg

大きなヒップが突き出てきました。
この尻!
「広瀬すず」のものだったら
お金になるかも知れませんが
どうも「すず」の
3 倍の年令は誇っているおばさんのようです。

むろん!先方は
私が柵のすき間にカメラを差し込んでいるとは
夢にも思っていないでしょうけど。

これ!盗撮?!
スカートだったら犯罪でしょうか。

アサギマダラ!?
蝶が通り過ぎて行きました。

昨年の晩秋にもこのあたりで見たような。
拙ブログ 2017/10/28

アサギマダラが大好きな
フジバカマが咲いているのでしょうか。
忙しいけど(ウソついてすんまへん)
長居植物園の入り口に回ります。



ああ!まだ咲き始めたばかりですね。
blog74.jpg

アサギマダラじゃなかったですね。
blog75.jpg

ああああ!なんですかぁ!?
blog76.jpg

なん頭もくんずほぐれつ!
蝶って!
飛びながら交尾に入れるんですかぁ?!
強いて知りたくもありませんが。

咲き始めたフジバカマにはこの虫ばかり。
blog77.jpg

昆虫の複眼には
どう映っているのか知りませんが
人間の目には鮮やかなオミナエシには
昆虫だらけ。

ランデブーやら?!
blog78.jpg

外人(?)同士の禁じられた恋やら!?
blog79.jpg

いけませんねぇ!
森羅万象「恋情」しか浮かばないとは
疲れていますねぇ。



ぎゃ!

なんだか互いにあわてますね。
1 年くらい会っていなかった
アラフォー(around 40)のおね~さんに
ばったり。

「行ってきはったん!?

「今!行ってきたよ」

なんだかふたりとも声が震えていません?

「どこに?!

「肉フェスよ!そこの」

私はこの公園の近くのラブホテルの
「マンハッタン(HOTEL MANHATTAN長居店)」に
「行ってきましたか」というのを
婉曲(?)にトゲのないように
なれない大阪弁のだじゃれで
「行ってきはったん」といったのですが。

気がつかなかったのか
違うホテルで休んでいたのか
トボけているように感じますね。

「し!しごとがあるから」

おね~さんはそそくさと逃げて行きました。
昼から仕事があるわきゃないでしょうに。



「肉フェス OSAKA 2017」(2017/09/14 ~ 18)が
長居公園の自由広場で開催されていました。
blog80.jpg

今年の正月早々(拙ブログ 2017/01/07
大阪ドームで見たものとおなじでしょうか。
「肉フェス」というデリバリー商売の店が
あちこち回っているのでしょうか。

あのときには入場料 500 円!
1 品ほとんど 1,400 円以上。
大阪中の
大金持ちが集結しているようでしたが。

ここは入場料が 0 円。
1 品ほとんど 700 円以上。
安い!
安いけど高い!私には。

またしても
大金持ちが蝟集(いしゅう)しています。
blog81.jpg

日本人は豊かですね。
豊かというより
貧富の差がどんどん開いていきます。

r>g

資産の収益率(r)は
労働所得(g)より高いのです!たぶん。
どうあがいたって
私の貧乏は
どんどん悪化することになっているのです!
ピケティのいうことがあたっているのなら。

日本の成人の保有資産の中央値は
1,200 万円だそうですよ。
つまり
資産がかぎりなく 0 円の人がわんさか。
それで 1,200 万円なら
なん億円の人がいっぱいのはず?!

並んでいますね。
blog82.jpg

大金持ちは並ぶなよ。
並ばないほうがカッコいいのでは。



小金(黄金にあらず)持ちは
公園の南のスーパーのライフに。

肉だ!
小金持ちも肉だ!

牛肉のカルビの焼き肉の丼と
飲みものとで税込みきっちり 500 円。
blog83.jpg

秋です。
二十世紀梨です。
「鳥取産二十世紀梨チューハイ」は 151 円。
blog84.jpg

全部合わせても
「肉フェス」の 1 品より安くて満足。
小金持ち!がんばる!ふんばる!



(トマ・ピケティ著/
 21世紀の資本/山形浩生・他訳/を
 立ち読みしました)
(上記の缶チューハイは
 ライフの店頭のものではありません)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四天王寺 千日詣り [わが街・下駄ばきドドンパ]

四天王寺の千日詣り(2017/08/09・10)です。

先日の
愛宕山千日詣り(拙ブログ 2017/08/02)では
2kg を越える汗をかき!
死にかけましたが
四天王寺なら散歩がてら行けますね。

でも!仏教に帰依している訳でもない
バチあたりですから!行きません。

ところが夜になって
地下鉄・四天王寺前夕陽ケ丘駅から
歩いています。
blog31.jpg

向こうにあべのハルカスがあります。
提灯が誘導してくれます。

めったに連絡してこないおばさん!
いや!おばさんといったら怒るのです!
おね~さんが
なんの仕事をしているのやら夜勤の前に
参詣につきあえといってきたのです。

余談ですが大阪あたりのおばさんに
「おばさん」といえば怒るし
東京あたりのおばさんに
「おね~さん」といえばふざけるなというし
私たち!おフランス人には
日本語!むずかしい。



中之門から入ります。

わ!
blog32.jpg

地蔵堂が真昼のよう!?

地蔵堂だけじゃないですね。
境内が提灯だらけ。
おばさん!いや!おね~さんに
いたずらされなくてすみます。

「あんな!危険人物はあなたでしょうが」

盂蘭盆会(うらぼんえ)!すなわち
お盆供養が始まったのです。

六時(礼讃)堂にお詣りしてください。
blog33.jpg

2 日間(2017/08/09・10)
聖徳太子の御本地仏の救世観音!
(もうこのあたりで私にはよく分かりませんが!)
秘仏の「試みの観音」さまが
ご開扉されるのだそうな。

このときお詣りすれば
千日連続でお詣りしたとおなじ
功徳が授かるのだそうな。

ただし!中に進んで
ご祈祷をしてもらわねばなりません。
ご祈祷料は 3,000 円と 5,000 円!
どなたさまにもお詣りしやすいように
設定してお待ちしています。

「あなた!ここのセールスさんなの!?」



千日詣りがすんだら、、、!
え!?千日分の功徳はいらないんですか!
それじゃ!すんだことにして
「経木流し」の亀井堂です。
blog35.jpg

経木にだれかの戒名・法名を書いて
回向(えこう)をして
亀井堂の清水に流すのです。

ここも今夜は明るい。


経木書き上手に書いてあわれなり  風船洞


「経木はいくら?」

20 円くらいです。

「安い!」

「回向料は別です!
「さっきの六時堂くらいでしょう。
「なんでしたら!交渉して参りますが。

「いい!」

とうちゃんが草葉の陰で泣いていますよ。
blog36.jpg

では!遠くから合掌だけして。



万灯供養に行きますよ。

中央伽藍内
講堂の南の金堂と五重塔を囲むエリアが
燃えています。
blog37.jpg

1 万本のろうそくだそうな。
blog38.jpg

時間がくると僧侶が
般若心経を唱えながら徘徊!
じゃなく!練り歩くのです。
blog39.jpg

善男善女がつづいています。
blog40.jpg

おね~さん!早く行ってください。
ろうそく 1 本 700 円です。



今夜は仁王さまも眠れない。
blog41.jpg

鐘が鳴っています。
境内に三つの鐘がありますが
衝かれているのは北鐘堂だけかな。
blog34.jpg

香具師(てきや)も粛々と商っていますね。
blog42.jpg

こんな上品な香具師!見たことない?!

明るい極楽門をくぐって帰ります。
blog43.jpg

つづいて西方浄土へつづく石ノ鳥居。
blog44.jpg

この脇に
「釣鐘まんじゅう」を売っていたそうな。


命日に釣鐘まんじゅう買(こ)うてくる 与呂志


あれ!?
今は「亀かすて~ら」になっていますね。
blog45.jpg

よく分かりません。
「亀かすて~ら」でいいから買ってください。



(川柳は藤沢桓夫・他著/川柳でみる大阪/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一休さん 遅れて咲いても恋は恋 [わが街・下駄ばきドドンパ]

住宅街の中の
なぜか高いネットフェンスに包まれた
不健康そうな公園の端に
「一休禅師状菜庵跡」の碑があります。
blog1.jpg

状菜庵(しょうさいあん)とは
一休(1392 ~ 1491)の弟子の
墨斎が作った一休の年表にある
「住吉の松栖庵」のことでしょうか。

一休 77 歳のとき。

翌年 78 歳のときに
住吉薬師堂にて
「聴盲女艶歌」の詩を書いています。

状菜庵と
松栖庵はおなじものかも知れませんが
薬師堂との関係はどうなんでしょう。



優遊且喜薬師堂
 ゆうゆう しばらくよろこぶ やくしどう
毒気便々是我腸
 どくけ びんびんたり これわがちょう
愧斬不管雪霜鬢
 きざんす せっそうの びんにかかわらずを
吟尽厳寒秋点長
 ぎんつきて げんかん しゅうてんながし

つづいてもう 1 首作っていますが。
いずれも阿呆にはなんのこっちゃ!?

柳田聖山訳詞(?)で見るほうが早いかも。

 めぐりおうたる 薬師の御堂
 毒気むくむく 下腹うごく
 髪の白さが 恥じらう春を
 秋はふけても 歌ごえ尽きぬ

つづいて 2 首め。

 思い出すのは 薪のくらし
 慕うてきました 高貴のタネと
 過去のいろいろ みな棄てました
 今がしあわせ うてなの眉が



一休はこのとき
盲目の美女
森女(しんにょ)と出会ったのですね。

それから 10 年!なくなるまで
いっしょに暮らしたといわれています。

しかし!
森女のプロフィールはなにもありません。
存在さえも疑えば疑えます。

水上勉は森女が妊娠したと想定しています。
飛躍し過ぎかも。

森女を「森侍者」と記録にある人と
同一視する解釈もあるらしい。
でも!森侍者は男か女かも分かっていません。

一休は生涯に
1,000 首を越える詩を残しているそうですが
虚実分からない一休ワールドを形成していて
凡人を煙に巻いて
自らを破戒僧のナリにやつしています。

百年たっても私には解けない一休の世界。

「すきすきすきすき すき すき
「あいしてる
の小坊主の「一休さん」の
イメージだけでいいかも!
幼稚なままのものには。

かように現代人も煙にまいていますね。
ホントの禅師かも知れません。



近くでカキツバタ(杜若)が咲いています。
blog2.jpg

住吉大社(大阪市住吉区)の末社を囲む
浅沢社のカキツバタの池ですから
カキツバタが咲いていても
なんら不思議ではないのですが
この夏の陽射しの中でぽつんと寂しく。
耐えていますね。

みんなより早く咲くものもいれば
遅れて咲くものもあります。

このところ
水の上部の木の枝などに産みつけられた
泡状のモリアオガエルの卵塊ばかり見て
山中を放浪していますが
早くオタマジャクシになった
元気のいい個体は
早く水中にダイビングして大きく育ちます。

遅くに生まれたものは
ダイビングする前に夏の猛暑がやってきて
干からびてしまいます。

しかし!
水中ではイモリが団体で
口を開けていることがあります。
落ちてくるオタマジャクシを
つぎつぎに食べています。

季節が過ぎて
イモリがつぎの季節のエサを求めて
移動して行った後に
遅れて落ちたオタマジャクシは
小さくても!ひ弱でも!
生き延びてカエルになります。

考えたら運不運が分からなくなります。

恋もまた!



(住吉薬師堂の詩の中の)
(愧斬不管雪霜鬢の斬の字は 木偏に斬)
(柳田聖山著/一休「狂雲集」の世界/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄金のうんこ 霊験あらたか [わが街・下駄ばきドドンパ]

腰痛です。
突然です。

「椎間板(ついかんばん)をやられてますな!」

「腎臓機能が止まったらしいよ」

「大腸に腫瘍があるんでしょうね」

みんなで勝手に病名をつけるんじゃない。
まるで不治の病扱いですね!
そんならお見舞いを持ってきて!
あ!品ものはいらん!現金にかぎりますよ。

歩けます。
止まったり!しゃがんだりすれば痛いので
歩きつづけなければ!
永久に?!
困ったもんです。



「愛染さんに行けば」なんて
半分笑いながら教えてくれた人がいます。

途中下車して行ってみますか。
今日は時間に余裕があるので。
ま!いつも余裕はたくさんあります!
私くらいの器のものには。
器は関係ありませんけど。

愛染さんこと勝鬘院(しょうまんいん)
愛染堂(大阪市天王寺区)の前に
腰痛封じの石(?)がありましたが。
blog51.jpg

腰痛を治すのじゃなく
封じる石じゃないんですか!?

屋根から落ちたのでかつぎ込んだら
「屋根から落ちる前に連れてきなさい」と
迷医にいわれるようなものですなぁ。

桃山時代(慶長時代に再建)の多宝塔も
立ち尽くしています。
blog52.jpg

ヤマモモ(楊梅)の赤い実が散っています。
梅雨の季節。
雨はどこへ行ったのやら。



阿倍野区と東住吉区の
境界線上を走るJRに乗って帰ります。
南田辺駅で下車。
自宅は西の阿倍野区ですが
東の東住吉区に出ます。

最近!「うんこ漢字ドリル」とか
「うんこ」を題材にしたものがブームだと
場末の居酒屋の
めし炊きおばちゃんがいっていましたね。

よく知っていますなぁ!感心します。
私が新聞やTVから遠ざかり
世情に疎いから感心するのでしょうけど。

なん年かぶりに
「うんこ」さまに会いに行きましょう。

お~!
いつ見てもみごとな黄金のうんこ!
blog53.jpg

太魂院(ふとたまいん)の
運子童子(うんこどうじ)さまです。
太魂さまの分身!
霊験あらたかだそうな。

「腰痛を取ってくださいますように。

お賽銭は持ち合わせがないので
明日!きっと持ってきますから。



この地は古い歴史のある田辺郷。
その総鎮守の山阪神社にもお願いに。

立ち入り禁止の森深くに
おどろおどろしたものが
たくさん立っています。
blog54.jpg

「どうか腰痛を治してください。

静かに!返事もなく動きません。
石ですから
あんまり動かないとは思いますが。

「力石」がたくさん。
blog55.jpg

力石は競って奉納するものですか。

隣接の公園は草ぼうぼう?!
blog56.jpg

いいですね!
こういう空き地が必要なんですよ!
情操教育には!知りませんけど。

「昆虫ビオトープ」を目指しているんだとか。
それじゃ!小さくてもいいから
水たまりも造ったらどうですか。
近所から蚊(か)が発生すると
苦情が出るでしょうけど!情操教育のために。



神さまばかりじゃなく
弘法大師にもお願いしましょうか。

田辺不動こと法楽寺に。
blog57.jpg

あれ!?
本堂に大きな鈴が
ふたつもぶら下がっています。
blog58.jpg

「神社では鈴を鳴らす」
「手をたたく」

「お寺には鈴がない」
「手はたたかない」と

めし炊きおばちゃんが教えてくれましたが。
たぶんTVかなんかで得た知識の
受け売りでしょうけど。

この寺院ではあてはまりませんがね。

法楽寺には
「神と佛の道 神佛霊場」と書いてあります。
それだから?!

では!鈴を鳴らしてお願いしましょうか。



腰痛!軽減しましたね。
霊験あらたかです!?
どちらの神さまか仏さまが
治してくださったのやら。

ま!私の若さがなせるワザかな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ