So-net無料ブログ作成
検索選択
わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ
前の5件 | -

一休さん 遅れて咲いても恋は恋 [わが街・下駄ばきドドンパ]

住宅街の中の
なぜか高いネットフェンスに包まれた
不健康そうな公園の端に
「一休禅師状菜庵跡」の碑があります。
blog1.jpg

状菜庵(しょうさいあん)とは
一休(1392 ~ 1491)の弟子の
墨斎が作った一休の年表にある
「住吉の松栖庵」のことでしょうか。

一休 77 歳のとき。

翌年 78 歳のときに
住吉薬師堂にて
「聴盲女艶歌」の詩を書いています。

状菜庵と
松栖庵はおなじものかも知れませんが
薬師堂との関係はどうなんでしょう。



優遊且喜薬師堂
 ゆうゆう しばらくよろこぶ やくしどう
毒気便々是我腸
 どくけ びんびんたり これわがちょう
愧斬不管雪霜鬢
 きざんす せっそうの びんにかかわらずを
吟尽厳寒秋点長
 ぎんつきて げんかん しゅうてんながし

つづいてもう 1 首作っていますが。
いずれも阿呆にはなんのこっちゃ!?

柳田聖山訳詞(?)で見るほうが早いかも。

 めぐりおうたる 薬師の御堂
 毒気むくむく 下腹うごく
 髪の白さが 恥じらう春を
 秋はふけても 歌ごえ尽きぬ

つづいて 2 首め。

 思い出すのは 薪のくらし
 慕うてきました 高貴のタネと
 過去のいろいろ みな棄てました
 今がしあわせ うてなの眉が



一休はこのとき
盲目の美女
森女(しんにょ)と出会ったのですね。

それから 10 年!なくなるまで
いっしょに暮らしたといわれています。

しかし!
森女のプロフィールはなにもありません。
存在さえも疑えば疑えます。

水上勉は森女が妊娠したと想定しています。
飛躍し過ぎかも。

森女を「森侍者」と記録にある人と
同一視する解釈もあるらしい。
でも!森侍者は男か女かも分かっていません。

一休は生涯に
1,000 首を越える詩を残しているそうですが
虚実分からない一休ワールドを形成していて
凡人を煙に巻いて
自らを破戒僧のナリにやつしています。

百年たっても私には解けない一休の世界。

「すきすきすきすき すき すき
「あいしてる
の小坊主の「一休さん」の
イメージだけでいいかも!
幼稚なままのものには。

かように現代人も煙にまいていますね。
ホントの禅師かも知れません。



近くでカキツバタ(杜若)が咲いています。
blog2.jpg

住吉大社(大阪市住吉区)の末社を囲む
浅沢社のカキツバタの池ですから
カキツバタが咲いていても
なんら不思議ではないのですが
この夏の陽射しの中でぽつんと寂しく。
耐えていますね。

みんなより早く咲くものもいれば
遅れて咲くものもあります。

このところ
水の上部の木の枝などに産みつけられた
泡状のモリアオガエルの卵塊ばかり見て
山中を放浪していますが
早くオタマジャクシになった
元気のいい個体は
早く水中にダイビングして大きく育ちます。

遅くに生まれたものは
ダイビングする前に夏の猛暑がやってきて
干からびてしまいます。

しかし!
水中ではイモリが団体で
口を開けていることがあります。
落ちてくるオタマジャクシを
つぎつぎに食べています。

季節が過ぎて
イモリがつぎの季節のエサを求めて
移動して行った後に
遅れて落ちたオタマジャクシは
小さくても!ひ弱でも!
生き延びてカエルになります。

考えたら運不運が分からなくなります。

恋もまた!



(住吉薬師堂の詩の中の)
(愧斬不管雪霜鬢の斬の字は 木偏に斬)
(柳田聖山著/一休「狂雲集」の世界/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄金のうんこ 霊験あらたか [わが街・下駄ばきドドンパ]

腰痛です。
突然です。

「椎間板(ついかんばん)をやられてますな!」

「腎臓機能が止まったらしいよ」

「大腸に腫瘍があるんでしょうね」

みんなで勝手に病名をつけるんじゃない。
まるで不治の病扱いですね!
そんならお見舞いを持ってきて!
あ!品ものはいらん!現金にかぎりますよ。

歩けます。
止まったり!しゃがんだりすれば痛いので
歩きつづけなければ!
永久に?!
困ったもんです。



「愛染さんに行けば」なんて
半分笑いながら教えてくれた人がいます。

途中下車して行ってみますか。
今日は時間に余裕があるので。
ま!いつも余裕はたくさんあります!
私くらいの器のものには。
器は関係ありませんけど。

愛染さんこと勝鬘院(しょうまんいん)
愛染堂(大阪市天王寺区)の前に
腰痛封じの石(?)がありましたが。
blog51.jpg

腰痛を治すのじゃなく
封じる石じゃないんですか!?

屋根から落ちたのでかつぎ込んだら
「屋根から落ちる前に連れてきなさい」と
迷医にいわれるようなものですなぁ。

桃山時代(慶長時代に再建)の多宝塔も
立ち尽くしています。
blog52.jpg

ヤマモモ(楊梅)の赤い実が散っています。
梅雨の季節。
雨はどこへ行ったのやら。



阿倍野区と東住吉区の
境界線上を走るJRに乗って帰ります。
南田辺駅で下車。
自宅は西の阿倍野区ですが
東の東住吉区に出ます。

最近!「うんこ漢字ドリル」とか
「うんこ」を題材にしたものがブームだと
場末の居酒屋の
めし炊きおばちゃんがいっていましたね。

よく知っていますなぁ!感心します。
私が新聞やTVから遠ざかり
世情に疎いから感心するのでしょうけど。

なん年かぶりに
「うんこ」さまに会いに行きましょう。

お~!
いつ見てもみごとな黄金のうんこ!
blog53.jpg

太魂院(ふとたまいん)の
運子童子(うんこどうじ)さまです。
太魂さまの分身!
霊験あらたかだそうな。

「腰痛を取ってくださいますように。

お賽銭は持ち合わせがないので
明日!きっと持ってきますから。



この地は古い歴史のある田辺郷。
その総鎮守の山阪神社にもお願いに。

立ち入り禁止の森深くに
おどろおどろしたものが
たくさん立っています。
blog54.jpg

「どうか腰痛を治してください。

静かに!返事もなく動きません。
石ですから
あんまり動かないとは思いますが。

「力石」がたくさん。
blog55.jpg

力石は競って奉納するものですか。

隣接の公園は草ぼうぼう?!
blog56.jpg

いいですね!
こういう空き地が必要なんですよ!
情操教育には!知りませんけど。

「昆虫ビオトープ」を目指しているんだとか。
それじゃ!小さくてもいいから
水たまりも造ったらどうですか。
近所から蚊(か)が発生すると
苦情が出るでしょうけど!情操教育のために。



神さまばかりじゃなく
弘法大師にもお願いしましょうか。

田辺不動こと法楽寺に。
blog57.jpg

あれ!?
本堂に大きな鈴が
ふたつもぶら下がっています。
blog58.jpg

「神社では鈴を鳴らす」
「手をたたく」

「お寺には鈴がない」
「手はたたかない」と

めし炊きおばちゃんが教えてくれましたが。
たぶんTVかなんかで得た知識の
受け売りでしょうけど。

この寺院ではあてはまりませんがね。

法楽寺には
「神と佛の道 神佛霊場」と書いてあります。
それだから?!

では!鈴を鳴らしてお願いしましょうか。



腰痛!軽減しましたね。
霊験あらたかです!?
どちらの神さまか仏さまが
治してくださったのやら。

ま!私の若さがなせるワザかな。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住吉大社 御田植神事 2017 [わが街・下駄ばきドドンパ]

「そうれんの田植え!やってまっせ」
大阪府も南のお大尽が情報をくれましたが。

上方落語で知ったのですが
大阪弁で「そうれん」とは「葬式」のこと。

でも!驚きませんけどね。
住吉大社の
この鯨幕(くじらまく)のことでしょ。
blog41.jpg

宮中や格式のある神社では
慶事にはこの幕を使用しています。
貧乏人の家では(失礼!)
「そうれん」の幕かも知れませんが。

御田(おんだ)の周囲に張られています。
今日(2017/06/14)は
御田植(おたうえ)神事が催されています。

万障繰り合わせて
(ま!万障というほど予定はないのですが)
ランチの時間を飛ばしてきたのに
お大尽がきませんね。
最近!獣(しし)喰った報い(?)で
奥方に牛耳られているようですから
仕方がないですか。

ひとりで見て帰ります。
ん!?
指定席だらけじゃないですか。
数年前には
あちこちで見られたと思うのですが。

御田は 2 反(20 アール)あまり。
その 3 方が指定席!?
高い指定席料金を払うのがイヤなら
南側に行くようにいわれて従えば
万障繰り合わせてきた(!)人でいっぱい。
入り口はどこかも分からないほど。

道路から
石垣を上って(よいこはマネしないように)
割り込みます。
blog42.jpg

なかなか始まりませんね。
私の勝手ですが!空腹なのに。

実は第一本宮で神事は進んでいたのです。

まちくたびれたころ
やっと室内の祭事を終えて
いろんな役どころが
御田のまわりを行進していきます。
blog43.jpg
blog44.jpg
blog45.jpg

たぶん!早乙女。
blog46.jpg

この女の子たちは分かります。
blog47.jpg

住吉踊りの踊り子たちですね。
昔は大勢の人が踊っていたといいますが
今は小さな女の子だけに限定されています。



牛が代掻(しろか)きを始めていますが。
blog48.jpg

この神事だけのために
御田の中に舞台と通路を作っているので
こちら側!
指定席でないほうからはほとんど見えません。

田植えが始まりました。
blog49.jpg

ん?!
こちら側から男衆が。
あちら側から早乙女が植えていますが
どちらもおなじほうに向いています。

バックしながら植えなければ
植えた苗を踏んだりするでしょう。
女性の向きのほうが正解?!
blog50.jpg

もしかして
第一本宮に尻を向けない工夫かも。

尻を向けたくなければ
田んぼの中途からバックしながら
植えたらいいだけのことでしょうから
その説も違うかも。

しかし!この早乙女たち。
私が見た
行進していた早乙女たちとは違うような。
こんな立派なヒップの女性たちでしたやら。



どんどん神事は進行していきますが
平日にのんびりしている訳にもいきますまい。
帰ります。

あ!
blog51.jpg

指定席のすき間から見れば
牛さんも労働を終えて
田を上がるところでした。

御田に水が入ったのですが
境内にたむろしている
アイガモたちが(拙ブログ 2017/04/26
すぐ!田に帰れる訳でもないでしょうね。

苗が安定するまでしばらくは
まだ境内暮らしでしょうね。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

四天王寺桜花らんまん 仏誕会花まつり [わが街・下駄ばきドドンパ]

魚籃観音(ぎょらんかんのん)さまですね。
blog51.jpg

四天王寺の
元三大師堂への南の門を入ったところ。

先日(拙ブログ 2017/01/25
愛染さん(勝鬘院)の魚籃観音に接して
関西では珍しいなんていいましたが
すぐ近くにもおわしましたね。
いつもテキトーなことばかりいってすみません。

雨がそぼ降る中!桜の花が満開です。

亀遊嶋辯天堂(きゆうじまべんてんどう)を
取り囲んで咲いています。
blog52.jpg

北鐘堂の前の丸池の周囲にも。
blog53.jpg

とはいうものの
四天王寺の桜はそんなに多くはありません。
blog54.jpg



転法輪(てんぽうりん)!?
blog55.jpg

「自浄其意(じじょうごい)」と唱えて
静かに回すもの。
極楽門に 4 か所あります。
blog56.jpg

極楽門は西門です。
向こうに極楽浄土の東門に通じるという
「石ノ鳥居」が見えます。

極楽浄土の 東門は
難波(なには)の海に むかへたる
転法輪所の 西門に
念仏する人 参れとて

12 世紀に後白河法皇が集めたという
「梁塵秘抄」にありますが。
どこの歌とも書いてありませんが
まさしく!ここでは!?



六時(礼讃)堂に善男善女が集まっています。
blog57.jpg

朝!飾りつけをしていましたね。
blog58.jpg
(準備中の画像ですが)

今日(2017/04/08)はお釈迦さまの誕生日。
午前中に仏誕会法要が行われているのです。

イエス・キリストさまの降誕を祝う
クリスマスにはあんなに大騒ぎしていたのに
仏誕会の花まつりは静かです。

仏教を捨てた日本人が増えたのでしょうか。

仏足石の前に
雨よけのタープが立てられています。
blog59.jpg

午後から仏足石法要だそうです。



私たち!ゾロアスター教信者は
じゃましないようにおいとましましょう。

「あなただけでしょう!ゾロちゃんは」

ゾロちゃんなんていわないでください。
うどんでもおごりましょう。

「ここなの!?」

そ!高級レストラン!
南門の横です。
「四天王寺御参拝者休息所」
といいますがね!エーゴでは。

「日本語だろ?」

ま!いい!細かいことは気にしませんぞ。
安いところはこちらの財布で
思いっきり払いますから
フランス料理店ではおごってね。

私もめったに利用しないところですが
すごい!
blog60.jpg

なんか他店と違います。
なんとなく不思議な感覚。

市中のレストランでは
「かけうどん」と「カレーライス」が
よく似た値段でしたか!?

私は牛丼を食べますだ!
blog61.jpg

450 円(税込)です。



隣接の四天王寺学園の南の門のところにも
「花まつり」の飾りつけと
甘茶が用意されています。
blog62.jpg

仏教系の学校では普通のことなんですか。

若いギャルの女生徒(変な重ねことばですみません)が
いっぱい出てきました。
土曜日なのに登校していたのですね。

お釈迦さまに手を合わせるより先に
甘茶を飲んでいました。

はは!かわゆいのぉ!

通りすがりのおばちゃんたちも
勝手に入って行って
手を合わせることなく飲んでいました。

全然可愛くないですね。

雨!上がったのかな。



(佐佐木信綱校訂/新訂 梁塵秘抄/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

住吉・住之江ふたごの公園 桜満開 [わが街・下駄ばきドドンパ]

大阪護国神社(大阪市住之江区)の春。
blog81.jpg

桜(ソメイヨシノ)が咲いています。
整列しているように
たくさん植樹されているのに
お花見の人もいませんね。
blog82.jpg

雨のせいでしょうか。

神社の横が住之江公園。
広大な園地なのに桜が見えませんが。

北の端の大池の畔に少し咲いていましたが。
blog83.jpg

北に接している住吉川河畔の桜のほうが
はでで!きれいじゃないですか。
blog84.jpg

雨が降ったり!やんだり。



東に 1km も歩かないところに
住吉公園(大阪市住之江区)があります。

どちらも住之江区ですが。
もっとも!
「すみのえ」というのが
万葉の昔からのこのあたりの呼び名らしい。
「住吉」と書いても「すみのえ」と読んだとか。

近年でも
住吉区から阿倍野区と東住吉区が分かれ
さらに住吉区から住之江区が独立したのですね。

だから
住之江区に住吉公園があったり
阿倍野区に住吉高校があるのです。

住吉公園には桜がいっぱい。
blog85.jpg

春雨の 降るは涙か 桜花
  散るを惜しまぬ 人しなければ
blog86.jpg

あの人の涙が
春の雨になったのでしょうか。
ま!私はそう思いますけどね。
blog87.jpg

雨でも風はなく気温が高い。
blog88.jpg

傘をさしてお花見している人が
ランチどきにどんどん増えていきます。
桜花には魔力があるようです。



住吉公園は明治 5 年(1872)
住吉大社の境内の馬場に造った
大阪市で一番歴史のある公園だとか。

そこに南海電車や阪堺電車や国道が通り
ズタズタになったので
代替スペースとして住之江公園を整備したとか。
昭和 5 年(1930)のこと。

住吉公園と住之江公園は
「ひとつの」公園なんですね。

そぼ降る雨の中に立っていると
アメーバの分裂生殖のように
住吉公園からふくれてちぎれていく
住之江公園が見えて、、、!
blog89.jpg

帰ろう。
まぼろしに押しつぶされないうちに。



(短歌は古今和歌集にある大伴黒主の歌)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - わが街・下駄ばきドドンパ ブログトップ