So-net無料ブログ作成
たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ
前の5件 | -

奈良のヤマボウシ オリーブのバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

小島のサルスベリの赤い花も
色褪せてしまいました。
blog11.jpg

秋が深まって行く
旧大乗院(奈良市)の庭園の東大池。

西小池。
blog12.jpg

大乗院はいつ廃寺になったのか
(聞いたかも知れませんが)忘れましたが
広大な庭は明治の初めに売却され
いろんな用地に流用され
近代になってやっと
これだけ保存されるようになったらしい。

池があるだけですので
近隣に佃煮にするほどいる観光客も
ここにはあまりやってきません。

奈良市内をなん度も歩いていると
もの珍しいところがなくなり
この庭園に案内してきましたが。

今日の同行の
アラフォー(around 40)のおね~さん!
意外に初めてでしたか。
この 1 両年よくいっしょしているのに。

ということは
他の人も案外ここを知らないかも。
つぎに機会があれば案内しましょうかねぇ。



「ならまち」の築 100 年の町家
「にぎわいの家」におじゃまします。

大きな家です。
うなぎの寝床のように長い家です。
blog13.jpg

「こんな家にはお嫁にいかないようにね。

「そんなはなしがきてから考えるよ」
「でも!家族が多いと人間関係が大変よね」

「それではなくて!
「2 階が大変なんですよ。

「ん?!」

2 階の 2 室を結ぶドア(?)がこれですから。
blog14.jpg

「おね~さん!通れないでしょうから!

「失礼な!」
blog15.jpg

あら!
なんとか往復できましたね!
はは!お尻が少々つかえたので
介錯(かいしゃく)してあげたけど。



ごほうびに
「もちいどのセンター街」の入り口の
中谷堂で搗(つ)きたての
あんこの入ったよもぎ餅を
買ってあげましょう。
blog16.jpg

税込み 130 円です。

ヤマボウシ!?
blog17.jpg

こんな街の真ん中の「小西さくら通り」に。
もうすぐ熟して食べられますよ。

花はハナミズキとよく似ています。
ハナミズキの実は食べられるのでしょうか。
街路樹にハナミズキより
ヤマボウシを植えたらいいと思うのですが。



「ランチしたいんですか?!
「さっき!よもぎ餅!食べたでしょ。

足りないのかぁ。
1 食ぐらい抜いても
死なないボディをされていますけどね。

「スパゲティはいかが。
blog18.jpg

ごはんがいいのですか。
ごはんもありますよ。
オリーブダイニング(The Olive Dining)に
入ります。

五穀米ごはんと今日の日替りの
鮭のムニエル。
blog19.jpg

税込み 1,080 円。

サラダは食べ放題ですよ。
サラダといっても野菜はもちろん!
種類は多くはありませんが和と洋のお惣菜も。
blog20.jpg

私は菜っ葉ばかりお代わり。
blog21.jpg

菜っ葉好きにはたまりませんが
おね~さん!なんか!不満そうですね。
1,000 円では
お肉たっぷりとはいきませんよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京阪プレミアムカー サコ、ブーンでランチ [たべほ!ブフェ!バイキング!]

京都に行くときには
特にひとりのときには!
天満橋駅から京阪に乗るのですが。

ちなみに帰路は
阪急を使うことが多いような。
淡路駅で乗り換えて
大阪市内に入るというコース。

変ですが。
人間が変にできていますからね。
こんなもんです!あは。



ということで
今朝も地下鉄から 1 度地上に出て
京阪に乗り換えます。

この夏(2017/08/20)から
プレミアムカーを
運行していると聞きましたが。

「プレミアムカーはいつ走るのですか?

「 3 分後の 7 時 15 分発が」
「本日最初のプレミアムカーです」

「え!乗ります!
「出町柳まで乗ります!

特急券というのか指定席券というのか
500 円出して発券してもらい
飛び乗りました。

ん?!
1 時間に 4 本!?
そんなに?
たくさん!?
昼間は 15 分に 1 本も走っているんですか!?

プレミアムカーとは
通常の特急に 1 車両だけ!
6 号車だけ指定席になっているものでした。

そりゃ!たくさん走っている訳ですね。



ゆったりしています。
blog41.jpg

2 席シートと 1 席シートの
3 席の並びが 12 列と
前方部分に 2 席シートが 2 列かな
全部で 40 席ほど。

きれいなおね~さんがいます。
blog42.jpg

大阪の土着のおっさんたちがよくいう
「すっちゃです(スチュワーデス)」さん!?
ではなく!
アテンダントと呼ぶようです。

帰宅してから聞くと
アテンダント嬢の「出迎え」があり
席を示してくれ
ブランケットが必要かどうか
聞いてくれるというのですが
私の乗車が始発駅からではなかったからか
しかも 3 号車から乗って
車内を歩いて行って
勝手に座ったので、、、知りません。

車内販売もあるという人もいますが
全然!まったく
ありませんでしたぞ。

シートは
リクライニングになっているようですが
後ろに怖い顔の大男がいるので
倒してはみませんでしたが。

テーブルは出してみました。
blog43.jpg

電気のコンセントがあり
「無料Wi-Fi 」が使えるそうです。

ひじかけはあります。

隣のむさくるしいおじさんの頭が
こっちにころがってこない(?)ように
仕切り(ヘッドレストかな)があります。
blog44.jpg

そんなところくらいかな。
それだけ。
たいして面白くはありませんでした。

だいいち!
この前後の車両には空席がありました。
そこには座席券がなくても座れるのに。

枚方あたりから寝ていたので
損した気分です。
blog45.jpg

ま!よほどの事情がなければ
もう利用はしないでしょう。



たいした用事でもないことを終えて
とぼとぼ歩いていたら
博物館へ行くという女子高生が。

博物館というと、、、このあたりでは
ああ!京大のですか?!

久しぶりに行ってみますか。
かの女たちの後をストーカーのように追い
京都大学総合博物館へ。
blog46.jpg

私は 15 分もいたら飽きてきます。
目的があってきた訳じゃないですから。

かの女たちは熱心ですね。
blog47.jpg

頑張ってね。
明日の日本を背負ってね。

頭でっかちにはならないように
ときどき恋もしてね。
ただし!
私のように連日恋をしていると
信用がなくなりますよ。



午後になりました。

京大農学部の南!今出川通りの
「サコ、ブーン」のバイキングへ。
blog48.jpg

税込み 890 円。
1 年前(拙ブログ 2016/05/17)から
変わりませんね。

ほっとする
家庭のお惣菜みたいなものばかり。
blog49.jpg

この値段でコーヒーもついていました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ビリケンの梅三小路 美山Cafe のサラダ [たべほ!ブフェ!バイキング!]

「サッポロビール」とあります。
blog1.jpg

大阪中央郵便局の跡地です。
今は西梅田スクエアと呼ぶのかも。

ビアガーデンでしょうか。

大阪では地元の「アサヒ」と
「サントリー」が頑張っているので
「サッポロ」は
なかなか飲む機会のない私ですが。

もっともビール風のものは
「第三」か「第四」といわれる新ジャンルの
しかも外国産のものばかり飲んでいますが。

私にはなんでもおいしいのですが
自称・舌の肥えている人たちがいうことにゃ
ビールは
アサヒのスーパードライにかぎるとか。

しかし!おなじアサヒでも
発泡酒や新ジャンルは
「世界一!まずい!でんなぁ!」だとか。

「新ジャンルならサッポロがよろしいで」と
複数の人が異口同音。

でも!今までのかれらの行状をみていたら
アテにはならん評価ですが
否定するほどの舌も
私には持ち合わせていませんがね。



南西から見るJR大阪駅。
blog2.jpg

大阪環状線のホームに停まっている電車。
あんな塗装でしたか!カラフルですね。

この秋に
運転終了を迎える車輛があるという
そんなニュースが流れていたような。
どんな色の電車でしたか。

だいたい環状線の車輛には
どんな色のものがありましたやら。
いつも見ているようで
全然記憶にないですね。
興味がないものはそんなもんでしょうか。
ただの無能なだけでしょうね。

スケジュールがぽっかり空いたので
あの大阪駅の屋上の「天空の農園」に上り
「サッポロ」の
新ジャンル「酒」でも飲みますかねぇ。
ビアガーデンのビールは
高価で手が出ないので。



「梅三小路」!?
blog3.jpg

西梅田スクエアの北
JR大阪駅の西のガード下。
こんな名前の飲食街でしたか。

たしかここに大きなビアホールがありました。

ハイキング帰りに寄ったら
今は亡き某おじさんが舞台によじのぼり
ハワイアンを演奏中の楽団に
「吉幾三!弾いて!」といったことがあります。

「わし!歌うから」

舞台から引き下ろされていましたね。

「酒場では楽しい歌にしようよ」
「訳の分からん曲ばかり弾きやがって!」
ご立腹でしたね。



わ!死んだおじさんがいた!?
blog4.jpg

「ビリケン」ですかぁ!

どうして「梅三小路」は「ビリケン」なの!?
通天閣じゃあるまいし。
ビリケンだらけ。
blog5.jpg

気持ち悪い!

あ!ごめんなさい。
あくまでも私の個人的な思いですよ。



でも!ランチにします。
「美山Cafe」というところに
ワンコインランチがあったから。

「おぼろ豆腐のヘルシーとろろ丼」(税込)500 円。
blog6.jpg

「サラダバーは 280 円です」

え!?
いくら食べてもいいの?!

菜っ葉好きにはたまりませんねぇ!

「もらいますだ!

これ!?
blog7.jpg

ホントに菜っ葉だけですね。

ポテトサラダやパスタや海藻類やら
蒸したり!焼いたり!
茹でたり!和えたりしたものもあるのかと
一瞬期待したのですが。

グラスを渡されました。
これに取って食べろ!ということ。
blog8.jpg

2 回通って全種類
ひと口ずつ食べたのですが
あんまりお得感はありませんでした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

てんしばソライロでパンをおなかいっぱい [たべほ!ブフェ!バイキング!]

通天閣が見える公園
「てんしば」の気温はたぶん 35 度近く。
blog11.jpg

地表ではもっと高いはず。
でも!スケスケのよしず張りの小屋や
簡単なタープの下は
風は秋風?!思ったより涼しい。

呉越同舟!?
こんなにかたまって
暑苦しそうで暑苦しくないのかも。



最近!
最近といっても昨日今日ではないですが
新しく加わったレストラン!?
blog12.jpg

「SORAIRO KITCHEN in てんしば」
(ソライロキッチン)は
おしゃれそうに見えるからか
女性客がいっぱい。
あべのハルカスを見ながら食事しています。
blog13.jpg

一番安いランチをいただきます。

パン(菓子パンかな)は食べ放題。
blog14.jpg

パンをいくつか食べたら
もう空腹がおさまったのですが
このまま帰ってもいいのですが
お金はしっかり取られるでしょうね。

やっと
一番安いスープパスタランチがきました。
税込み 1,080 円。
blog15.jpg

はぁ!高いもんじゃのぉ。
ま!私の普段のランチにしては!ですが。
しからば
もうちょっとパンを食べておきますか。
blog16.jpg

貧乏性の貧乏人は頑張るぞ。

昼どきを過ぎているからか
パンの補充が少ないので
おなじ種類のパンもいくつか混ざりましたが。



通天閣のほうへだらだらと下ります。

天王寺動物園を横切ります。

今!あんまり見たい動物もいないけど
少し休んで行きますか。

ん?!
バイキング(?)の食べ残しはあかんよ。
blog17.jpg

ペンギンの泳ぐ海(?)の水底に
アジ(鯵)みたいな魚が沈んでいますが。
あちこち。
けっこうたくさん。

ペンギン舎の横の
ふれあい広場の縁の小高いところ。
桜の木の下のベンチは風通しがよくて
人があまりこないので
沈思黙考に最適です。

結果 45 分爆睡!

帰ろ。
勤労の義務!納税の義務!
まじめに生きなきゃあかんよ。
人生!まじめに生きた日はあったのやら。

あ!他にもひとり沈思黙考しているものが。
blog18.jpg

ハイエナは水の中。
ハイエナはこれが仕事?!

カバが!?
blog19.jpg

可愛いですね。
なんだか若返ったような。

新しくきたほうのカバでしょうか。
メキシコからやってきた若もの
「ゲンちゃん」かも知れません。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

イケアのカレービュッフェ500円 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

大阪市大正区の
東京インテリア(家具 大阪本店)は広い店舗。

店内に休憩するところがたくさんあり
座って水を飲んでいたら
エアコンがきいていて快適で
思わず数分意識を失い眠ってしまいました。

カフェもありますが
私には上品過ぎて、、、。

東京インテリアの駐車場の向こうに
イケア(IKEA 鶴浜)が見えます。
blog81.jpg

イケアに行って
イケアののぼり越しに
東京インテリアを見ます。
blog82.jpg

イケアのレストランのほうが
私の口に合います。
メニューもそうですが
早いはなしが財布に合います。
安いのです。



イケアでは
「カレービュッフェ」
(2017/07/06 ~ 23)開催中。
blog83.jpg

1,000 円のところが
500 円で食べられます!会員には。
会員にはすぐなれますが。

やたら!ナンが積み上げられていますが。
blog84.jpg

あとはカレーソースが 6 種類と
白いごはんとターメリックごはんだけ!?

“ホテル バリタワー” のレストラン
“SQUALL(スコール) バリタワー” のような
カレービュッフェ(拙ブログ 2017/04/29)を
想像していたのですが。

サラダも飲みものもデザートも
福神漬けもありません。

周辺を飾るなにかを期待しますが。
「おまわり」が欲しい。

ふと「おまわり」なんてことばが
浮かびましたが
たしか!徳川慶喜家の食卓では
おかずのことをそう呼んでいたような。



カレーライスには薬味等を周囲に
「おまわり」(?)するものじゃ
なかったですか。

村井弦斎が新聞連載(明治 36 年~)した
「食道楽」の「ライスカレー」の項に
薬味を 18 色や
24 色並べるようにとあります。

チャツネー!ピックル!ココナツ!
ボンベターク!
たたみいわし!アジの干もの!
若胡瓜!タマネギ!紅ショウガ!
等々!私にはよく分からないものが
たくさん書いてありますが。

あ!カラー写真もあります。

宇野千代が東郷青児と暮らしていたころ
朝晩!毎日!毎食
「ライス・カレー」だったそうな。

そのとき!薬味を 20 種類ほど
カレーのまわりに並べていたとか。
その写真がありましたが。

福神漬け!ゆでたまご!
ピクルス!大根漬け!
紅ショウガ!しらす!オレンジ!
花らっきょう!レーズン!松の実!等々。



ま!文句をいわずに食べましょう。
500 円(税込)ですから。
blog85.jpg

全部とってきてもこれだけ。

6 種類のソースは
マサラカレー!キーマカレー(ソイミート)!
インドの豆カレー!無添加オリジナルカレー!
エスニックカレー!バターチキンカレー!
と書いてありますが。

ああ!菜っ葉が欲しい。
ナンをもう 1 枚食べておしまい。



(榊原喜佐子著/徳川慶喜家のこども部屋/)
(村井弦斎作/食道楽/)
(宇野千代著/私の作ったお惣菜/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ