So-net無料ブログ作成
検索選択
たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ
前の5件 | -

イケアのカレービュッフェ500円 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

大阪市大正区の
東京インテリア(家具 大阪本店)は広い店舗。

店内に休憩するところがたくさんあり
座って水を飲んでいたら
エアコンがきいていて快適で
思わず数分意識を失い眠ってしまいました。

カフェもありますが
私には上品過ぎて、、、。

東京インテリアの駐車場の向こうに
イケア(IKEA 鶴浜)が見えます。
blog81.jpg

イケアに行って
イケアののぼり越しに
東京インテリアを見ます。
blog82.jpg

イケアのレストランのほうが
私の口に合います。
メニューもそうですが
早いはなしが財布に合います。
安いのです。



イケアでは
「カレービュッフェ」
(2017/07/06 ~ 23)開催中。
blog83.jpg

1,000 円のところが
500 円で食べられます!会員には。
会員にはすぐなれますが。

やたら!ナンが積み上げられていますが。
blog84.jpg

あとはカレーソースが 6 種類と
白いごはんとターメリックごはんだけ!?

“ホテル バリタワー” のレストラン
“SQUALL(スコール) バリタワー” のような
カレービュッフェ(拙ブログ 2017/04/29)を
想像していたのですが。

サラダも飲みものもデザートも
福神漬けもありません。

周辺を飾るなにかを期待しますが。
「おまわり」が欲しい。

ふと「おまわり」なんてことばが
浮かびましたが
たしか!徳川慶喜家の食卓では
おかずのことをそう呼んでいたような。



カレーライスには薬味等を周囲に
「おまわり」(?)するものじゃ
なかったですか。

村井弦斎が新聞連載(明治 36 年~)した
「食道楽」の「ライスカレー」の項に
薬味を 18 色や
24 色並べるようにとあります。

チャツネー!ピックル!ココナツ!
ボンベターク!
たたみいわし!アジの干もの!
若胡瓜!タマネギ!紅ショウガ!
等々!私にはよく分からないものが
たくさん書いてありますが。

あ!カラー写真もあります。

宇野千代が東郷青児と暮らしていたころ
朝晩!毎日!毎食
「ライス・カレー」だったそうな。

そのとき!薬味を 20 種類ほど
カレーのまわりに並べていたとか。
その写真がありましたが。

福神漬け!ゆでたまご!
ピクルス!大根漬け!
紅ショウガ!しらす!オレンジ!
花らっきょう!レーズン!松の実!等々。



ま!文句をいわずに食べましょう。
500 円(税込)ですから。
blog85.jpg

全部とってきてもこれだけ。

6 種類のソースは
マサラカレー!キーマカレー(ソイミート)!
インドの豆カレー!無添加オリジナルカレー!
エスニックカレー!バターチキンカレー!
と書いてありますが。

ああ!菜っ葉が欲しい。
ナンをもう 1 枚食べておしまい。



(榊原喜佐子著/徳川慶喜家のこども部屋/)
(村井弦斎作/食道楽/)
(宇野千代著/私の作ったお惣菜/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

難波の高架下のオルケスタのランチ [たべほ!ブフェ!バイキング!]

東西に流れる道頓堀川の相合橋から
東を見れば日本橋があります。
blog11.jpg

「にほんばし」ではありません。
「にっぽんばし」と読みますが。

向こう側の下大和橋から日本橋を見ます。
blog12.jpg

観光バスの多いこと。
つぎからつぎへとやってきます。
駐停車禁止区域じゃないんですか。
blog13.jpg

あ!橋の上は
なんと!合法的に
観光客の乗降場所になっていました。



「まだ道頓堀の日本橋辺に
「宿屋さんがたくさんございました時分の
「おうわさでございます

5 代 笑福亭松鶴は
決まってそういっていたそうです。
上方落語の「宿屋仇(やどやがたき)」です。

そう!ここは交通の要衝だったのです。

紀州街道の起点です。
京への三十石船もやってきます。
琴平の金毘羅詣りの船も発着していたようです。
海産物の陸揚げの地だったという人もいますが。

宿が並んでいたということは
容易に想像できます。

ついでにいいたくなりましたが
「宿屋仇」は分かりやすい噺(はなし)で
東西多くの噺家が演じています。

「日本橋宿屋仇(敵)」とか
「宿屋の仇討」とか
「万事世話九郎」とか別称がありますね。
東京だけの組み立てで
「甲子待ち」「庚申待ち」とかがありますが
これはあまり面白くないですね。

この噺は上方の
「宿屋仇」に沿ったストーリィ
番頭を
「伊八!いは~ち!」と呼んでいるほうが
万人に好まれそうです。



ということで
現在!
観光バスの乗降に利用されているということは
なにかそんな因縁でしょうか。

この橋を渡る堺筋は
文字通り大阪と堺をつなぐ道。

上方落語の「堺飛脚」を聞くと
大阪の船場から
堺の大浜まで 3 時間で行っていますから
ほぼまっすぐつづいていたのでしょうね。

今!堺に南海電車とJRが通じていますが。

南海なんば駅を出た電車。
blog14.jpg

ガード下にあるのはレストランでしょうか。

「オルケスタ(Orquesta)」!?
スペイン料理店?!

なんだか面白そうな広い空間がありますね。



「オルケスタ」のランチはビュッフェ?!
1,300 円(税抜)なら入店してみますか。

メインディッシュと
ソフトドリンクを選べとのこと。

この日の日替りの牛肉の焼いたものと
ジュース(なんのジュースか忘却!)を。
blog15.jpg

では!食べ放題の惣菜を!
まず!ひと口ずつ。
blog16.jpg

ごはんとサンドイッチとパンも
食べておかねば元気に働けまへんがな。
blog17.jpg

「働く!」と
胸を張っていうほど働いてはいませんがね。

野菜はもりもり食べました。
blog18.jpg

小食の私ですが(ウソついている気もしますが)
野菜はお代わりして
はらいっぱい食べてしまいました。


(永田義直編著/古典落語事典/)
(興津要編/古典落語/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

難波 ふらうどのビュッフェ [たべほ!ブフェ!バイキング!]

しとしと雨が降っています。
blog58.jpg

「汚いね」なんて
観光客がいっています。
「浮庭橋(うきにわばし)」のこと?!

道頓堀川でたぶん一番新しい橋。
吊り橋です。
「浮かぶ原っぱ」だそうな。
blog59.jpg

歩道橋ですが
中途半端に小汚いですね。
しかし!雨の日に
こんな西の端まで観光客がくるんですね。

殺風景なところを観光船が行きます。
blog60.jpg

もっと爽やかなところで乗りたいもの。
と思っているのは私だけ?!
blog65.jpg

先年!大阪市の三つのクルーズに
まとめて乗ったとき(拙ブログ 2016/10/18
東横堀川から道頓堀川の乗船では
灰色ばかりで
なんの印象も残っていませんが。



雨のせいばかりではなく
脱力感をぬぐえず
とりあえずランチにします。
JR 難波駅にかぶさっているビル(OCAT)の
5 階のレストラン街に。

元気出して
ガツンと得意(?)の
バイキングをかましましょうか。

「カツ&ビュッフェ ふらうど」に。
blog61.jpg

40 分ですか。
短いですね。
1 品メインディッシュを注文するシステム。
一番安い「アジフライ」税込み 950 円で結構。
blog62.jpg

食べ放題のお惣菜。
blog63.jpg

結構!たくさんの種類じゃないですか。
ごはんはひと口。
カレーをかけて食べておきます。

サラダの材料が多かったので
野菜好きにはうれしい。
blog64.jpg

野菜をお代わりして食べても
私には 40 分は長かった!
プリンまで食べられます。



ミナミの難波駅というのに
JRあたりは
南海や近鉄の駅周辺の喧噪がありません。

レストラン街は昼どきでも行列なんか
まったくありませんね。

つぎの客が待っていたら落ち着かなくて
あわてて出て行く
田舎ものの習癖があるのですが
ぎりぎり 40 分まで
窓外の雨を見ていました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

舞洲のあじさい ランチバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

あじさい(紫陽花)の花が揺れています。
blog41.jpg

揺れているのは
ゆだっている私の頭の中。
暑い。

大阪湾の中!舞洲(まいしま)の
「ホテル・ロッジ舞洲」のガーデン。
「あじさい展」と銘打っていますが
7 月になれば!
花はアラフォー(around 40)の
おね~さんのようです。

「ん?!」

「もう盛りは過ぎています。

ガーデンの中に
宿泊できるログハウスが点在しています。
それを飾るようにあじさいが植栽されています。
blog42.jpg

新品種のあじさいを多く集めているらしい。
この大輪の「小町」が私には目立ちました。
blog43.jpg

咲いて日が経っているのか
土壌の関係か
「ブルー」色はなかったですが。

大きな池があったのですね。
blog44.jpg

向こう岸にも咲いていますが
そちらに行く元気がありません。

あじさいは終わりかも知れませんが
他の花はつぎつぎに咲いて行く庭のようです。
blog45.jpg



「あ!かわゆい。
blog46.jpg

若い女の子が
咲き残っている花を撮ろうと
右に左にシンクロしています。

「な~にが!ただの便所座りじゃないの!」
「あんなのが好きなら」
「あたしがしてあげようか」

「いいです!しないで!やめてね。
「あの娘(こ)たちだから絵になるのです。

「気分!悪い!」
「あのね!おかしいよ!今日のあなたは」
「熱射病じゃない!」

「そうかも。

「ここで休みなさい」
blog47.jpg

冷房のきいているホテルの中で休憩。
レストラン「舞洲キッチン」があります。

「ランチバイキングを食べようよ」

「税込み 1,800 円!高いなぁ!
「でも!ま!少し命を洗いますか。
「クレジットカードを切ろうっと。

「いっしょにあたしの分もね」

「いやですよ!自分のことは自分で。



なんか!長蛇の列なんですけどね。
でも!
私は動くのがおっくうなので並んでいますから
おね~さんは散策でもして
オトコでも探してらっしゃい。
ま!イケメンが
ひとりでくる場所でもないですけどね。

順番待ちの人のために
冷水が用意されていました。
blog48.jpg

がぶがぶ飲んでいたら
食欲も金銭欲も性欲も
勤労意欲も(ま!これは昔からないですが)
なくなってしまったのですが。

でも!食べますよ!命のかぎり!無理してでも。

わ~い!ローストビーフだぁ!
blog49.jpg

ちらし寿司!冷たいそば!さっぱりする~!

とりあえず
お惣菜をひと口ずつ食べておきます。
blog50.jpg

食欲!出てきました。
カレーとフルーツの類も。
blog51.jpg

もう!このあたりで
勘弁して(?)あげましょうか。



「野菜類!少ないですね。

「向こう側にたくさんあるよ」

ホントだ!いろんな色のトマトもありました。
blog52.jpg

これと
かつお(鰹)のたたきでコーヒーを飲みます。

少し!熱射病(?)回復!落ち着きました。

「鰹マゾ タタキとアブリで うれしそう」

「元にもどったようね」
「本来のエログロがよみがえった?!」

「違いますよ。

私の句じゃないです。
「三魔」こと山藤章二画伯の作ですよ。



あ!メール。

私の周囲のアラフォーの中では
きれいな女性(ひと)から。

「悪かったわね!ブスで」

「あなたのつぎにきれいなひとですよ。

クマゼミの初鳴きがあったそうな。
そんな朝の句ですか。

「初蝉よ 切なさ知らせる 朝の声」

あ!このおね~さん!恋していますね!きっと。
後朝(きぬぎぬ)の歌の返歌!?
これは句ですけどね。
それとも私にいうとは
恋の歌がこなくてアンニュイな朝かな。

「三魔」の句を思い出した後なら
切なさが妙に心地いいですね。
ごめんなさい。



ずっと!冷たい飲みものばかり。
まだ!とまりません。
blog53.jpg

こんなにたくさんの種類の
ソフトドリンクを飲んだバイキングはありません。
ああ。



(敬称略)
(上記のおね~さんの句!)
(ないしょの句だったのなら!ごめんなさい)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かっぱ寿司 食べ放題 [たべほ!ブフェ!バイキング!]

「かっぱ(寿司)偵察してきてよ」

某おばちゃんが太鼓腹をゆすっていいます。

回転寿司の「かっぱ寿司」に
食べ放題が
期間限定(2017/06/13 ~ 07/14)で
あるんですね。

孫を連れて行きたいのでしょうけど
平日の
14 時から 17 時までの限定ですけどね。

「嫁と娘と女ばかりで孫を連れて行く」とか。

あなたは 65 歳越えているから
980 円(税抜き 以下おなじ)ですけど
嫁と娘は 1,380 円ですよ。
男性の 1,580 円に比べたら安いですけど
高価ですよ。

「孫は安いから」

小学生は 780 円!
未就学児童は無料。
嫁と娘とでよその 3 倍は産んでいますから
よく食べるこどもがぞろぞろ。
なるほど!お得かも。



「かっぱ!行ったぁ?!」

アラフォーのおね~さんがいいます。
結構!大食いなおね~さんなんです。
だから!ちょっと見はやせていて
バストはないのですが
ハラのぜい肉はありそうです。知らんけど。

「様子を見てきてよ」

「おやめなさい!食べ放題なんて。
「もうそんな年じゃないでしょ。
「それに平日ですよ。

「日曜以外に週にもう 1 日休みがとれるもん」

「じゃ!オトコと行きなさい。

あ!すみません!
イヤなこといいましたね。
オトコに逃げられていたのでしたね。



みんな私が
暇をもてあましていると思っていますなぁ。
失礼な人ばかり。
仕事をしてないような顔をしているものほど
努力しているものですぞ。

私は!ま!ホントに仕事がないですけど。
仕事!くれ~!
仕事はいらんけど!カネ!くれ~!
すみません!思わず興奮してしまって。

こっそり偵察だけしておきますか。

かっぱ寿司の
全店舗が実施している訳でもありません。
全国で 20 店舗だけ。
大阪市ではさいわい近くの
東住吉店が行っています。



食べますよ。
blog31.jpg
blog32.jpg

制限時間は 70 分。
こう見えても
(誰もいわないので自分でいいますが)
結構賢明ですから
計画を立ててきたのですが。

「180 円の高価なものから食べる!

しかもその高いものは
1 皿に 1 貫のものばかり。
少ない「しゃり」の量で皿数を稼げます。

「口直しに 300 円のまぐろのあら汁と
「やはり 300 円のラーメンかうどんを!

あのおばちゃんなら 7 種の 300 円の麺!
全部食べられそうですね。
それでモトが取れそう。

「デザートは 300 円の
「いちごのケーキプリンパフェを。

それが最初にいきなり!
なんですか?!
blog30.jpg

「これはご注文いただけません」

180 円の「握り」と
300 円のパフェが入っているじゃないですか!
ああ!
計画が瓦解していく音が聞こえます。

危機管理ができない阿呆は
パニックになって!
しかし!とりあえず食べます。
blog33.jpg
blog34.jpg
blog35.jpg

頭の中が整理しないまま
10 皿も食べてしまいました。
みんな 100 円のものばかり!仕方なく。



ふだん回転寿司では 5 皿食べるくらい。
それとたまに赤だし。
もう 10 皿!
いつもは無料の
生姜とワサビと粉茶を多食するのですが
それらにほとんど手をつけていません。

でも!モトを取らなければ。
blog36.jpg
blog37.jpg

もう!なにを食べているのやら。
blog38.jpg
blog39.jpg

おなじものを 2 度食べても気づきませんな。



うどんや
ラーメンを食べる計画だったような。
もう無理です。

冷たい茶わん蒸しがありましたね。
それと冷たい「わさびなす盛り」を。
blog40.jpg

あれ!?
茶わん蒸し!熱いんですけど。
冷たいほうはダメなのかぁ。

では「冷やし白玉ぜんざい」を。
blog41.jpg

なにがいくらやら
金額の計算もできなくなって
「プレミアム和風プリン」も。

ソフトドリンクもあったのですが。
blog42.jpg

ウーロン茶くらい飲めますがね。



45 分でギブアップ。
ほうほうの態で退散しました。

いくら食べたのやら。

100 円の握り等 18 皿 1,800 円
茶わん蒸し 180 円
わさびなす盛り 200 円。
冷やし白玉ぜんざい 100 円。
プレミアム和風プリン 200 円。
ウーロン茶 (分かりません)
フローズンマンゴー 100 円。

ざっと 2,580 円。

ま!この食べ放題は私向きではありません。

日によっては
始まる 14 時に行ったら
2、3 時間待ちになるようですから
開店の 11 時に
代表ひとりが
順番待ちの発券だけしに行って
出直したらいいと思います。

私はもう行きたくはありませんので
声かけは不要です。
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - たべほ!ブフェ!バイキング! ブログトップ