So-net無料ブログ作成
検索選択
猫も歩けば棒立ち ブログトップ
前の5件 | -

阪神競馬場のアブ [猫も歩けば棒立ち]

お馬ちゃんが歩いています。
blog51.jpg

パドックというところでしょうか。
blog52.jpg

お馬ちゃんが走っています。
blog53.jpg

お仕事とはいえ!馬も大変ですなぁ!
勝っても負けても
待遇はあんまり変わらないでしょう。

阪神競馬場に立っています。
あちこちに
「宝塚記念」ののぼりがはためいているので
ここは兵庫県宝塚市なのかも。



阪急・仁川(にがわ)駅を
いつも出る
甲山のほうに歩く出口と逆に
東から出れば
大きな地下道が口を開けていました。
blog54.jpg

いたずらをされることもなく!
大勢の人がいますからね!
長い地下を歩いたら
つぎには地上の長い通路が待っていました。
blog55.jpg

阪神競馬場には
入場するだけなのに 200 円も取られて
まず!バカですから煙のように
メインスタンドの
最上階・3 階に上ってみましたが。
blog56.jpg

一般席なのにエアコンがきいています。
すごいですね。

お馬ちゃんがよく見えますね。
blog57.jpg

でも!皆目人がいませんが。
なんですか!この下品な汚らしさ。
blog58.jpg

どの席にもやたら紙切れだらけ。
どこかに行っているんですね。
これで席を確保しているということかな。
いっそ全席!指定席にしたらいかが。

1 階にも一般席がありました。
blog59.jpg

ここは開放的ですね。
雨でも降れば清々しい。



芝生の丘でみなさんピクニック気分。
blog60.jpg

それにしても
競馬場とは大きな建てものですね。
blog61.jpg

向こうの甲山が小さく見えます。
ま!遠くにあるからだけなんですが。

あ!そうそう!
ピクニック(!)にきたのです。
馬券をどうのという訳じゃないのです。

阪急電車の
「ピクニック ガーデン フェスタ」
(2017/06/10・11)が
開催されていると聞いてきたのです。
blog62.jpg

万障繰り合わせて(?)きたのに
そんなに感動するものはありませんでしたが。
blog63.jpg

敷地内に神さまもいるんですね。

馬頭観世音大菩薩。
blog64.jpg

馬塚。
blog65.jpg

一龍大神。
blog66.jpg

神域だけは静か。
お参りする人はきませんね。



「ピクニック ガーデン フェスタ」には
グルメのブースが 20 ばかりありましたが
高価で
食指が動かず
再びメインスタンドのイートインスペースへ。
blog67.jpg

1 階と 3 階に広いところがありましたが
こっちも高価なものばかり。
そりゃそうですよね!
お金持ち相手のショーバイでしょう。
貧乏人はきませんよね!
馬券を買う余裕のない人は。

「宝塚カレー」にしますか。
ヅカガールが食べていそうな。

「カツにはヒレとエビがあります」

ばかやろ~!(心の中で叫びます)
「一番安いのでいいですよ!

520 円!
blog68.jpg

カツはないけど「大盛り」だそうな。
これで!?
大盛りでなかったら!どれほどの盛りでしょう。

芝生の丘の木の下にもどって休憩。

アブ!?
blog69.jpg

久しぶりじゃないですか。
馬のヒップをねらってきたのでしょうか。

いっしょに遊ぼう!といったのに
私の尻は好みじゃないようで
すぐ飛んで行きました。

陽射しがきつくなった季節。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

西宮にて 梅酒まつり 新幹線の六甲トンネル [猫も歩けば棒立ち]

朝早くから “初宮参り” やら “結婚式” やら
にぎやかな西宮神社。
blog81.jpg

御本殿の横にテントが並んで大勢の人。
“梅酒まつり”(2017/04/21・22・23)を
開催しています。

“第2回 全国梅酒まつりin西宮2017” という
やたら長い名前の催し。

全国の梅酒 150 種類以上を飲み放題!
いや!飲み比べだそうですが。
blog82.jpg

すごくお得なようですが
ま!制限はありますよね!当然。

1,300 円払わねばなりません。
30 分以内に飲まねばなりません。
アンケートみたいなものを書かされています。



自分で作る梅酒には
糖分をほとんど使いませんが。
たとえば
ホワイトリカー(35 度)で仕込むときには
900cc でせいぜい
氷砂糖 1 片くらいしか入れませんが。

市販の梅酒の甘いこと!
日本人はやたら甘いもの好き?!
くだものでも野菜でも
糖度の高いことだけを自慢したりしていますね。



酒なら境内の茶店 “おかめ茶屋” に
お得な(?)セットがありました。
blog83.jpg

日本酒とおでんのセットが 700 円。
ビールとおでんのセットで 850 円。
私はこちらのほうに食指が動きますが。はは。

ん!?
ビールは “ヱビスビール” ですね。
サッポロビールの工場が関西にありましたか?!

ああ!そんなことより
この神社が “戎(えびす)” の宮の
総本社でしたよね。
blog84.jpg

当然なことに妙に感心したり。
blog85.jpg

バカですね。



山陽新幹線の新大阪・新神戸間にある
六甲隧道(六甲トンネル)の
東側の入り口は西宮市にありました。
blog86.jpg

その上部が公園!
“山陽新幹線記念公園” と命名されています。
blog87.jpg

六甲山に無数にあるという断層破砕帯の中
16km も掘ったのですね。
大変な工事で 54 人が亡くなったとか。

この公園は
その慰霊碑を置くところでもあるのですね。
blog88.jpg

朝!西宮神社でなにも飲まなかったので
ビール(?)を買ってきて供えます。
新ジャンル(第三のビール)ですけどね。

余談ですけど
“金麦” でも “麦とホップ” でも
“クリアアサヒ” でも
500ml 缶を 130 円台で買っていました。

それが最近!春がきたら
そんな値段でありゃしない!
みんないきなり 10 円以上値上げしています。
どういうこと!?
貧乏人をいじめると 7 代たたってやるから。

そんな中で!この第三のビール!
“トップバリュ バーリアル リッチ テイスト” は
好感が持てるじゃないですか!
今日も 118 円です。

もちろん!供えた後は飲みますけどね。



あ!新幹線を見て帰らなきゃ。

厳重な!目の細かい!
ネットフェンスに囲まれています。
blog89.jpg

きた!
blog90.jpg

フェンスがじゃまですなぁ。
あっという間に
トンネルに突っ込んで消えてしまいました。
blog91.jpg

わ!油断していたら
トンネルから出てきました。
blog92.jpg

カメラを構え直す間もなく
新大阪に向かって行ってしまいました。
blog93.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

背割堤 さくらであい館 [猫も歩けば棒立ち]

背割堤(せわりてい)です。
blog81.jpg

詳しくいえば
「淀川河川公園背割堤地区」です。

京都府八幡市の北
三川が合流して淀川になるところ。
三川は北から桂川!宇治川!木津川!
その宇治川と
木津川が並行して流れる境界の堤。

三川がいきなりどんと 1 か所で合流すれば
洪水時には
どか~んとエネルギーが暴走するから
だましだまし(!)並行させてから
仲良くさせるように改修されているようです。

さらに桂川も
おなじようにしばらく並行しています。

京阪電車に乗っていたら
「淀川三川春フェスタ」(2017/03/25・26)の
アナウンスがありました。
blog82.jpg

「桜」の花びらが舞うフェスタですね。
さっそく訪ねたのに!
歩いても歩いても 1 輪の花もありません。
blog83.jpg

全長 1.4km に
ソメイヨシノが 250 本あるそうな。
堤の上の道の両側に植えられているので
だいたい 10m 間隔といったところ。

植栽されてわずか 30 数年というのに
みごとな成長ぶりです。

幹に A4 のクリアブックをおいてみると。
blog84.jpg

こんな大木ばかり。
ちなみに向こうの山は天王山です。

どこまで行っても咲いていませんね。
blog85.jpg

背割堤の剣先。
blog86.jpg

ここから下流は葦の河原。



堤の南側を引き返します。

もぐらは春を知っていますね。
blog87.jpg

たんぽぽは花盛り。
blog88.jpg

わぁ!
blog89.jpg

カンサイタンポポじゃないですか。
すごい!

でも!ひときわ花茎が長く
花が大きいのはセイヨウタンポポ!
まだ数は少ないものの!侵入していますね。
やがて!交雑し!
カンサイタンポポは消える運命なのでしょうか。



給水車と流し台があります。
blog90.jpg

「三川であいマルシェ」(2017/03/25・26)だそうな。
blog91.jpg

50 を越える
おいしいもののブースがありましたが。
春とはいえど
わが懐中は堤のソメイヨシノのように
暖かい色は毫(ごう)もありませぬ。

あら!バケツ 1 杯のくだものが 500 円!
blog92.jpg

りんごを衝動買いしました。
これをひとつふたつかじってランチにします。

そのときにはすごく安価に感じたのですが
250g ほどのりんごが 12 個!
安かったのか!高かったのか。
背負って歩くと!けっこう重い。



「さくらであい館」がオープンしていました。
blog93.jpg

国土交通省なんかが
7 億円もかけて建設したそうな。
電波塔でもなければ火の見櫓でもなさそう。
大阪でいえば通天閣のように
ただ高いだけの塔のようですが。

早速!上がらせてもらい
春浅いものの 360 度のパノラマを観ましょう。

ストップ!
制止されました。
いかにもエリート臭さを鼻にかけた
黒い服の男女に。

私はあまりにも風体が怪しいですからね。

でもね!
なんだよ~!?
展望台には
けっこう怪しいおばちゃんやじいさんたちが
うようよいるじゃないか!
blog94.jpg

どうも!
あの連中は特権階級の人たちらしい。

そっか!「公」を「私」と扱える人に
さいわいあれ。

今 1 度日本は
がらがらぽん!しなければならないような。
いやだけど
戦争か革命かで焦土と化すことが必要なのかも。
それで永久に解決する訳でもないでしょうけどね。
50 年に 1 度は
がらがらぽん!がよく似合う国のような。

まぁいい!
しっぽを巻いて逃げることには慣れていますぞ。
ここより高い男山に自分の足で上って
りんごをかじりながら
比叡山でも望みましょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

水景園 芽吹きの森の冬の終わり [猫も歩けば棒立ち]

梅の花が満開。
blog51.jpg

けいはんな記念公園(京都府精華町)の
日本庭園・水景園の入ったあたり。

向こうに見える柱ばかりの建造物はなんですか。

眼下に水面があり
橋げた(?)が延びています。
blog52.jpg

橋を渡ります。
blog53.jpg

観月橋と命名されています。
大きい!
幅員は 2 間強(4m)!
長さ 123m だそうな。

見下ろせば
池(永谷池)の高さの違う水面の境に
水景棚という棚田状の岩組があります。
blog54.jpg

冬景色で面白くはありませんが
他の季節なら
魚が往来できるくらい水が流れているのかも。

反対側には巨岩群。
blog55.jpg

巨岩が 150m もつづいています。

橋を渡ったところが観月楼。
blog56.jpg

木組みに囲まれています。

木の上に多くのこどもが遊んでいます。
blog57.jpg

観月橋の下に降りてみます。
blog58.jpg

池をはさんで反対側の里棚田から見れば。
blog59.jpg

永谷池の周囲は
「芽吹きの森」と呼ばれています。
blog60.jpg

椎茸の榾木(ほだぎ)に可愛い椎茸が!
blog61.jpg

はい!取りません。
手は伸びたのですが。
取ってはいけませんよね。

あれ!?
blog62.jpg

赤松山じゃないですか。
マツタケが出るには
少しくたびれているようですけど。

池の周囲に造られている遊歩道をたどります。

ピンクの花(?)がいっぱい。
blog63.jpg

花ではなく人為的に
ピンクのリボンが結ばれているんですね。

たぶん!残したい雑木の幼木でしょう。

通水碑!?
blog64.jpg

大正 6 年のもの。
すると!
この池は大昔からあったものでしょうか。

1 周して観月楼までもどってきました。
blog65.jpg

水景園は入園料を要する庭園ですが
ちょっとした山歩きができました。

竹林の前のあずまやで一服。
blog66.jpg

そうだ!
カフェがありましたね!観月楼に。
blog67.jpg

残念!
週末(土)(日)(祝)だけのオープンでしたか。

ビジターセンターに寄って帰ります。
blog68.jpg

動きの敏捷なオイカワとヌマムツが
低水温のためなのか
少しだけ落ち着いて泳いでいました。
blog69.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

御所まち 役小角生誕の地 [猫も歩けば棒立ち]

奈良盆地の西の端っこの御所(ごせ)市は
どこが中心地か知りませんが
近鉄御所駅から御所駅(JR)に向かうと
アーケードがあります。
blog41.jpg

暗いです。

そんな暗いところに
くるまだけは頻繁に往来しています。
車専用の道かのようです。

この町は大和葛城山なんかに
ハイキングに行くときの通過地点。
ゆっくり訪問したこともありません。

午後遅くですが少し歩いてみます。

アーケードをはずれると
高札場がありました。
blog42.jpg

すごい!
町中!古い家だらけです。

この家はなんでしょう?!
blog43.jpg

人の出入りがありますが。

ん?!
「モリソン万年筆&カフェ」!?
blog44.jpg

万年筆工場ですか!喫茶店ですか。
面白そうですが
今日は時間がないので通り過ぎます。



杉玉があります。
blog45.jpg

歴史がありそうな酒蔵ですね。

まぁ!歩いても!歩いても!旧家が現れます。
blog46.jpg

異次元の世界!?
時が止まってしまっています。
blog47.jpg

映画のセットの中のようです。



方向も分からず進んでいると
葛城川に出ました。

この町は古代より交通の要衝の地。
江戸時代ごろには
「ごせまち」という商都だったようです。

「ごせまち」はこの川を境に
西御所と東御所があったようです。

今歩いてきた町が西御所でしょう。
西御所は!元は環濠集落だったとか。

川を渡って東御所に。
こちらも旧家が軒を並べています。
blog48.jpg

境内に松の枝がタコの足のように広がっている
大きな寺院がありました。
blog49.jpg

円照寺。
東御所はこの寺を中心にした寺内町でした。



この地は鴨氏(加茂氏・賀茂氏)の
発祥の地だったような。

修験道の開祖らしい
役小角(えんのおづの・他読み方多数)も
加茂氏出身でしたよね。

東御所からさらに東に行けば
吉祥草寺(きっしょうそうじ)!
blog50.jpg

なんと役行者の誕生の地だそうな。

うそじゃありません。
「産湯の井戸」がありますぞ。
blog51.jpg

「乳牛やすらぎ之碑」もあります。
blog52.jpg

役行者が牛乳で育った訳じゃないでしょうけど。

様子のいい大木が!
blog53.jpg

妖しげな木とも見えます!すみません。

ムクノキでしょうか。
この木が 5 寸のときに
白竜大神がやってきて宿り
村人の信仰を集めてきたとか。



日が暮れるので帰ります。

元きたように東御所から西御所へと。

よく似た古い家並みの中で
どこをどう帰っているのやら
分からなくなりました。
blog54.jpg

もう 1 度朝から訪問しなければなりませんね。
たぶん町の 10 %も見ていないでしょうから。
出直して探検するに値する町ですね。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 猫も歩けば棒立ち ブログトップ