So-net無料ブログ作成
猫も歩けば棒立ち ブログトップ
前の5件 | -

美山 かやぶきの里 一斉放水 [猫も歩けば棒立ち]

かやぶきの里
「秋の一斉放水」(2017/12/01)です。
blog51.jpg

放水銃 62 基の点検も兼ねて
年 2 回一斉放水しているようです。
blog52.jpg

細長い京都府の中央あたりにある
美山町(みやまちょう)には
かやぶき(茅葺き)の家が
たくさん現存しているとか。


特にここ知井地区の北集落には
50 戸のうち 38 棟が
かやぶきの屋根を持っているので
「かやぶきの里」と呼ばれていました。
blog53.jpg


私が美山町を知ったのは
大昔!
元気だったころの保育社が発行していた
1 冊の
カラーブックスを入手したときでした。

余談ですがカラーブックスとは
文庫本の大きさで
他より上質な紙に写真がいっぱい!
今日の出版物のさきがけのように
私が思っているのは見当違いでしょうか。

そのカラーブックスは
岡本千鶴著/健康酒入門/というもの。

当時!私は果実酒・花酒の類に
驚くほど糖分を加えて仕込むことに
疑問を感じていました。

この本の果実酒は
それまでの有識者がのたまう
砂糖の量の1/5、1/10?!

わが意を得たりと思いましたね。
わたしはその後
さらに少量!
たとえば 900cc の瓶に仕込むときで
氷砂糖 1 片くらいしか使わず
果実酒・花酒・薬酒を
270 種数百本ばかり作ってみましたが。

閑話休題。
その本の著者が
美山町の旅館の女将さんだとありました。

その旅館「つるや」が
美山町の
どのあたりにあるのか知りませんが。



ああ!それから幾星霜!
美山町はなくなっていました。
町村合併で南丹市になっていました。

案外近かったですね。

京都府長岡京市の
阪急・西山天王山駅 9:11 発のバスは
かやぶきの里停留所に 10:31 着。
今日は「一斉放水」に合わせた
特別ダイヤらしいけど。

雨が強弱をつけて降っているのに
大勢の人ですね。
blog54.jpg

田んぼの畔にも。
blog55.jpg

振り向けば美山川(由良川)の
堤の上にも鈴なりの人。
blog56.jpg

放水銃は普段は
目立たない黒い小屋に収納されていました。
blog57.jpg

水圧をかけると
屋根がはねて開き
ノズルが上がり
さらにのたうつように
子犬のしっぽのように
放水が動くのですね。
blog58.jpg

ドローンは禁止と
アナウンスされていましたが
トビ(鳶)が
空からながめていたのが面白い。
blog59.jpg

トビの形をしたドローンかも。

5 分あまりのショウでした。
blog60.jpg



(敬称略)

コメント(0) 

石清水八幡宮 霜葉は二月の花より紅 [猫も歩けば棒立ち]

京都府八幡市。
神應寺(じんのうじ)の参道を上ります。
blog61.jpg

あれ!?
blog62.jpg

どうしたのでしょう。
静かな紅葉まつり(2017/11/25・26)です。
境内の中心の公孫樹(いちょう)の葉は
もう散ってしまったのですね。
blog63.jpg

男山ケーブルが上っています。
blog64.jpg

ここの紅葉は今が見ごろかな。
blog65.jpg

谷の底の杉山谷不動尊から白煙が。
blog66.jpg

護摩(ごま)焚きでしょうか。



この山の頂の鳩ケ峰を経由して
石清水(いわしみず)八幡宮へ行く
道を聞かれて
先導してあげようかと思ったのですが。

はは!すみません。
かの女たちを途中で見送って
一端下に降りてから
私ひとりでケーブルに乗っていました。
blog67.jpg

男山展望台に駆け上がります。
blog68.jpg

「遠く寒山(かんざん)に上れば
「石径斜めなり
「白雲生ずるところ人家あり
「車を停(とど)めて坐(そぞろ)に愛す
「楓林(ふうりん)の晩(くれ)
「霜葉(そうよう)は二月の花より紅なり

杜牧(803 ~ 853)の七言絶句。

日本人の好きな詩らしい。
この詩をいえば!周囲のフツーの人が
「ああ」とフツーにうなづきます。

私は長い間「寒山」は
固有名詞かと思っていましたが。
寒山・拾得(かんざん・じっとく)とか
「月落烏啼霜満天」の
「寒山寺」が浮かぶだけですから。

「寒山」は
「ひっそりとした山」との解釈でいいとか。
「二月」は旧暦の 2 月
ま!春の盛りのころでしょうか。

紅葉は春の花より赤く美しい!と
杜牧はいいたかったのかな。



石清水八幡宮に。
blog69.jpg

境内をぐるりと回って参拝。

本殿の後ろの若宮社でしょうか
この黄色い帯はなんですか。
blog70.jpg

氏名と年齢が書かれていますが。
その年齢が 3 歳とか 5 歳とかですが。



神馬舎の前から
表参道を少し下がったところに
茶店がありましたね。

紅葉の季節。

白居易のように
「林間に酒を煖(あたた)めむと」
「紅葉をたく」訳にもいかず
茶店にて燗(かん)酒をいただきますか。

あら!?
blog71.jpg

もう営業をやめたのでしょうか。
休日なのでしょうか。



石清水八幡宮・男山を背にした
善法律寺(ぜんぽうりつじ)も紅葉の中。
blog72.jpg

小さな心が染まりそうです。
blog73.jpg

それも一時(いっとき)ですね。



「杜牧は恋をした十代の娘と
「十数年後に再会。
「かの女はすでに嫁いでいたけど
「その容姿は
「あのときよりも美しく思った!

それがあの詩の
「霜葉は二月の花より紅なり
という表現。

そんな伝説もあるそうな。

たぶん!後づけのはなしでしょう!
根拠はないけど。

私は異性を
「年令」で好きになっているという説を
かたくなに守っています。

16 歳の少年が
20 歳の女性にあこがれるとします。
かれが 20 歳になっても
20 歳の女性が好きです。
40 歳になっても
20 歳の女性が好きです。
60 歳 70 歳になっても
20 歳の女性が好きです。

女性の立場でいえば
20 歳のときに
40 歳の男性にあこがれる人は
40 歳になっても 60 歳になっても
40 歳の男性に胸震えるのです。

「あなた 20 歳のときに
「20 歳年上の人が好きだったでしょ!
「60 歳の今
「20 上の 80 歳の男性が好みですね。
とならないんですね。

この説を古希の男性にいったことがあります。

「そりゃ!ぼくは少年のころから
「アラサー(around 30)が大好き!
「でも!そんな好みで選んでいるほど
「人生が残されていない
「戸籍上女性ならなんでもかんでも
「小さなチャンスでもあれば行かなくちゃ!



思い出の中の紅葉はいつまでも赤い。
blog74.jpg



(一海和義著/漢詩一日一首/の訓読参照)
(敬称略)
コメント(0) 

豚まんサミット前夜祭で頻尿?! [猫も歩けば棒立ち]

神戸市役所の 24 階展望ロビーから
六甲山を望みます。
blog61.jpg

無料です。
なんとかと煙は
高いところに上るといいますが
高所恐怖症なのに
私はよく高いところに上っています。

奈良県庁の屋上広場とか
堺市役所の展望ロビーとか
無料で上れるところには
ハイキングなんかの途中で
みなさんを誘導するのですが
みなさん!
私がはずむほど喜びませんね。

やっぱり!みなさんは賢明なのかも。

神戸ポートタワーのある港のほうは
太陽でまぶしい。
blog62.jpg

あのビルの谷間の建てもの!?
blog63.jpg

なんでしたやら。

地上に降りてアプローチしてみます。
ああ!神戸市立博物館ですね。
blog64.jpg

せっかくですから入館してみますか。

やめます。
1,500 円?!
鑑賞眼もないものは
おしっこ!ちびりそう。



それが!実は
おしっこ!ちびらないんです。

未明!尿意を覚えて目覚めたのに
出ないんです。

番茶を薄めたような色のものがちょろり。

おしっこが出なくなったおばさんが
尿毒症かなんかになりかかって
大変だったといっていたような。

また!あるおじさんは
陰茎に棒(?)を差し込んで
尿道を広げてもらったとかいっていました。

エラいことになるんですねぇ!
どうしましょう!

朝!コンビニで買った
ボトルコーヒーとミネラルウォーターを
ちびちび飲んでいたら
利尿効果があるのか少々出てきましたが。

でも!心配でランチもしないでいます。
小心ものです。



南京町の南の海榮門の道向こうの
いつも表に
「くまモン」のいる店に入ります。
blog65.jpg

屋号がよく分かりませんが
熊本の菓子を売っている店です。

ドリンクバーがあります。
blog66.jpg

ドリンクバーと
熊本のまんじゅうの
「いきなり団子(だご)」とで
税込み 300 円。
blog67.jpg

安くて!いいでしょ。

お金がないという連中に
ここを紹介するのですが
あんまり感謝の弁を
聞いたことがありませんね。

とにかく扱いにくい人たちが多いこと。

ま!私の好みだけがかい離しているのか
私は嫌われているだけなのか!?
考えたくもありませんね。

ブレンドコーヒーとアメリカンと
カルピスを飲んで時間をつぶします。

わ!おしっこが出るようになった!

そして!とまらない?!
20 分おきぐらいに尿意が!?

今度は頻尿(ひんにょう)ぎみです!
はは!よかったのか!
やっぱりビョーキなのか。



南京町でもトイレを借りて!横切ります。
blog68.jpg

各店舗が食べ歩けるものを
競って売っているのに
食べる場所が!?

みんな自分の店舗の前では
食べるなといっています。

町をあげて
考えねばならないと思うのですが。



元町商店街の風月堂ホールへ。

今夜(2017/11/05) 17 時半から
「KOBE 豚饅サミット 2017」の
前夜祭があるのです。

入場料は 500 円ですが
記念品として限定の豚まんセットや
コロッケがついています。

「当日のチケット!ありません」

えええ!?

「昨年は 100 枚残っていましたが」

今年は 1 枚もないとか。

コーヒー 3 杯と
カルピスを飲んで待っていたのに!

頻尿(ひんにょう)に
なってしまったじゃないの!?
どうしてくるれのよ!



モトコー(元町高架下通商店街)を
歩いて帰ります。
blog69.jpg

耐震工事のため
立ち退きになったのじゃないの?!

なってないような。

古書店に立ち寄りますか。
blog70.jpg

周囲の人とはなしていると
みなさん!
とんでもなく多量の知識を持っていますね。

私がTVにも新聞にもあまり接しないから?
人生今まで人のなん分の一も
本を読んでいないから?

そんなコンプレックスが
書店の前に行くと頭を持ち上げるからか
懐中不如意なのに!
読書する集中力皆無なのに!
つい!買ってしまいます。

今日は我慢して!
1 冊だけしか買いませんでしたが。



阪急・花隈駅から乗ります。

帰るんじゃなく!
遠くに遠くに歩いていましたね。

帰阪した梅田駅の構内では
北海道の物産を販売していました。

昆布味のポテトチップスを
衝動買いしましたが。
blog71.jpg

税込み 324 円!

いつも買う
アメリカ産のイモのポテトチップスは
これより重量があるのに半額ですがね。

ま!いいっか!
豚まんサミットの
前夜祭代 500 円が残っているから。



そんな間抜けな 1 日でした。

(風月堂の風は几の中が百です)
コメント(0) 

武庫之荘の数え橋 のがあったりなかったり [猫も歩けば棒立ち]

阪急・武庫之荘駅(兵庫県尼崎市)の北口。
駅前ロータリーの一角に
「一の橋 二の橋」の文字を発見。
blog51.jpg

川があります。
川といっても小川かな。
コンクリートで固められた
情緒のまったくない溝のような川。

北へたどれば「三の橋」
blog52.jpg

つづいて「四の橋」
blog53.jpg

「五の橋」
blog54.jpg

なんの変哲もない橋がつづきます。

「六の橋」
blog55.jpg

「七の橋」
blog56.jpg

「八の橋」
blog57.jpg

どこまでつづくのやら。

「九の橋」
blog58.jpg

「十の橋」
blog59.jpg

「十一橋」
blog60.jpg

橋の名前から「の」がなくなりました。
水門があります。

「十二橋」
blog61.jpg

「十三橋」
blog62.jpg

「十四橋」
blog63.jpg

こうなりゃ!
行けるところまで行きますよ。

「十五橋」
blog64.jpg

「十六橋」
blog65.jpg

「十七橋」
blog66.jpg

「あ!そのままで結構です。

立っていた上品な刀自が
あわてて移動してくれました。

「数え橋を撮っているの?」
「十七橋でおしまいよ」

「ご教示ありがとうございます。



これ「数え橋」というのですか。
ああ!あれですね。


「うちの裏の せんざいに
「スズメが 3 匹とまって
「1 羽のスズメの いうことにゃ
「おらが在所の 陣屋の殿さん
「狩り好き酒好き 女好き
「わけても好きなが 女でござる


殿さまの女好き(?)の歌。

あ!これは「数え橋」じゃなく
「数え歌」でしたね。
「鬼首村(おにこべむら)」の
「手毬唄」でした。

どうしてこんな歌詞を思い出したんだろ?
脳細胞の破壊が顕著です。

どうでもいいことですが
メロディのつけにくそうな
荒っぽい詩ですね。



数え橋にもどりましょう。

武庫之荘の数え橋は大変古いものだとか。
昭和の初めに
阪急電鉄(当時の社名は違いますが)が
宅地を造成して売り出したときに
架けた橋だとか。

少し疑問があります。
それはそうかも知れませんが
「一の橋」とか「七の橋」とかの「の」!
阪急の事実上の創業者の小林一三は
漢字とひらがな・カタカナ混じりの命名を
嫌っていたのでは。

だから「一橋」か
「の」を入れるとしたら
「一乃橋」とか
「武庫之荘」にならって「一之橋」とか
漢字の「の」を使うのでは。

十一橋から十七橋のように
初めの 10 橋も「の」はなかったのでは?!

現在!書き直すときにつけ加えたのでは!?
なんの根拠もなく推察いたします。



今はそれら十七の橋の間に
たくさんの橋が架かっています。
blog67.jpg

京都の白川のような勝手橋でしょうか。

白川の橋は
勝手に架けると課税されますが
尼崎市ではどうなんでしょう。



(横溝正史著/悪魔の手毬唄/)参照
(敬称略)
コメント(0) 

スーパーコンピュータ京を見に行った [猫も歩けば棒立ち]

スーパーコンピュータの「京(けい)」を
見に行ったのです。
ときどき雨が降る日なのに。

結論!
見せてもらえませんでした。



誤解があります。
私は四六時中!
エロ・グロしか
頭にないと思われているようですが
そんなことはありませぬ。

それは周辺に
年中発情しているね~ちゃんたちやら
風俗実践(!)研究家のおじさんたちやらが
わがもの顔で
かっぽしているからでしょうけど
かれらと友人じゃ決してありませんからね。

私は味の素です!
鉄腕アトムです!
かがくの子です。

科学的なお勉強が大好きな
自称・理系人間なのであります。
能あるハゲ鷹はやつめ(鰻)を隠すのです。

「京コンピュータ 一般公開」!
blog31.jpg

これです!
行かねばなりませぬ。
発情組の魔の手をかいくぐって
朝一番一目散に走ります。



「理化学研究所 神戸第 2 地区」
「計算科学研究機構」!?
blog32.jpg

長い名前でよく分かりませんが!
ここでしょ!

「スーパーコンピュータの“ 京 ”見せて~!

快く!
「“ 京 ”を支える巨大設備に潜入ツアー」の
52 番の札をくれました。
まあ!大変。
老若男女!人があふれかえっています。

抽選!?

「52 番は~!?

「はずれです」

つづいて
「“ 京 ”の大きさと温度を肌で感じるツアー」も
「はずれです」

今日中にそれぞれ
あと 3 回抽選があるといいますが
待っていてもムダでしょう。
人はどんどん増えていますから。

あきらめますだ。

ミニ講演会をひとつだけ受講して
所内の展示を見て回ります。
が!心がしおれて全然面白くありませんね。

あ!
blog33.jpg

「C.C.レモン」や「伊右衛門」が 90 円!
ここの自販機は安いですねぇ。

それしか印象が残らないとは!
人にはなしたら笑われそう。

絵はがきとティシュをもらって退出。
blog34.jpg

この絵はがきのような
コンピュータの並びを見にきたのに。



今日(2017/10/14)のこの街はお祭り?!

「最先端の科学&医療を見に行こう!」
「神戸医療産業都市」
「京コンピュータ 一般公開」ですから。

「甲南大学」「神戸大学」とだらだら回り
「計算科学振興財団」で
遊んでいた(?)
「ゆるキャラ」に声をかけたり。
blog35.jpg

無料シャトルバスにも乗って
「理化学研究所 神戸第 1 地区」の
「多細胞システム形成研究センター」
等の中をぶらぶら。

お土産に
実験用のビーカーを売っていました。
blog36.jpg

親子で楽しめる科学実験が
たくさん用意されています。

幼少期から親の教育も大切かも。
明日の科学立国・日本のため頑張ってね。



先端医療センターにも
「一般公開」ののぼりがあるのですが
なにを展示しているのやら。

展示は強いて見たくはないですが
喫茶・食事処があるじゃないですか。
blog37.jpg

「コルネット」にてランチ。
blog38.jpg

税込み 530 円。
水餃子の五目あんかけ。
水と香のものは
勝手に取ってくるのでしたか。
食べた後に気づいて!損した気分!はは。



もう少し回りますか。

こちらも
「理化学研究所 神戸第 1 地区」ですか。
blog39.jpg

建てものに注目して歩けばよかったかも。
面白い意匠のものばかりでしたね。

「神戸臨床研究情報センター」!
ここを最後にしましょうか。

講演会にもぐり込んでみますが。
blog40.jpg

身につきませんね。

各所で案内を入れた
トートバックをもらいました。
blog41.jpg

緑色とか
白色のそれを持っていた人もいましたが
トートバックを収集して歩いても
面白かったのじゃないかと
科学とは縁遠い
不謹慎なことを思いながら帰ります。

私は鉄腕アトムじゃないかも。
コメント(0) 
前の5件 | - 猫も歩けば棒立ち ブログトップ