So-net無料ブログ作成
検索選択
昼定食 ブログトップ
前の5件 | -

殿上人になれず京都府庁でランチ [昼定食]

京都御苑の宮内庁京都事務所の近くに
縣井(あがたのい)の標識がありますが
有名な井戸なんでしょうか。

枕草子に「家は」という項目に
「家」がずらずらと書いてあります。
「家」といっても
特大なお屋敷ばかりですけどね。

その中に「縣の井戸」があります。
井戸ではなくお屋敷の通称だったのでしょうか。

もっとも枕草子の縣の井戸は
縣井とは違う場所のような気もしますが。

枕草子のそのつぎの段に
御所の清涼殿の御障子(みしょうじ)の
「荒海絵(あらうみのかた)」も
書き留められていました。

「恐ろしげなる」
「手長足長(てながあしなが)なぞを描きたる」
絵があるのですね。

御所に入ります。
blog21.jpg

御所は私にはやたら松が印象的。
blog22.jpg

赤松の大木が多く残存しているのに
心を奪われたりして歩きます。

帝のプライベートな家・清涼殿の
丑寅(うしとら)の角に
今もその障子がありますけどね。
blog23.jpg

障子というより
貧乏家育ちには襖(ふすま)という感じ。
なごんちゃん(清少納言)が見た
そのものではありません。
安政 2 年(1855)に模写されたものらしい。
それでも 150 年以上前の絵。

格子が写り込むので見にくい。
でも!五位(六位の一部も)以上の
殿上人(てんじょうびと)にはなれないので
清涼殿には上がれず
この角度で見るだけです。

「恐ろしげ」なこともないですがね。
手足が極端に長い人たちが漁をしているだけ。

なごんちゃんも
「にくみなどして笑う」
「にくったらしい!なんか思って笑うの」です。



御所を出て
すぐ近くの京都府庁にランチに行きます。

旧本館は薄暗いけど
福利厚生センターの地下は
自然光が入っていて明るい。
blog24.jpg

「京都府庁 生活協同組合 食堂」
「グリーンスポット」です。

日替りの定食!この日は麻婆茄子。
400 円。
そんなものですか。
安いことはやすいですが。

「ごはん!いります?」

「いりますよ!定食についてないの?!

「Sの 112 円のでいいですか?」

「しかたがないです。

「組合員証をタッチしてください!」

「ないですよ。

「では 56 円プラスです」

どこまで上がって行くのですか。
100 円玉 4 個握っていたのに。
blog25.jpg

正午前の役所の食堂は静かです。



(石田穣二訳注/枕草子/および)
(橋本治著/桃尻語訳 枕草子/参照)
(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良のごはんの間でほっこりランチ [昼定食]

東大寺の転害門(てがいもん)です。
blog01.jpg

東大寺創建時の唯一の遺構だとか。

天平の建てものですか。
いくたびか修理はしてきているのでしょうけど
この柱の中にはなん本か
少なくとも鎌倉時代までは
充分さかのぼれるものがあるらしい。
blog02.jpg

すごく乾燥してやせている柱ですね。
このやせているのは
風雪と
ときの流れの仕業(しわざ)ばかりではなく
「にゃんこ」のせい?!
blog03.jpg

にゃんこがかじったのかな?!
馬ならかじるかも知れませんが。

  煮売家(にうりや)の
  柱は馬に 喰(くは)れけり

なんて川柳が
江戸の俳風 柳多留にありますが。

馬引きのおじさんが居酒屋で長尻。
早く帰りたい馬が怒っているんですね。

もっともこれは芭蕉の

  道のべの
  木槿(むくげ)は馬に くはれけり

のパロディでしょうけど。



「奈良女子大学記念館」が今日も健在。
blog04.jpg

奈良女子高等師範時代の
つまり明治 42 年(1909)
創立のころの建てもの。

あちこちで「男女同権」が叫ばれているのに
今も女子だけの学生を受け入れているとは。

いいんじゃないですか。
最近の「男女同権」という精神が
阿呆にはよく分かりません。

「女にもふんどしをしめて土俵にあがらせろ!
とか
「男にも陣痛の経験をさせろ!
とか。
ヘドが出そうな意見が席巻しています。

男女の身体・精神の違いを認めてこそ
男女同権といえるのじゃないですか。
そんな気がしますけど。

  女なれば 女なればただ このままに
  疑ひてうたがひて あはれ死ぬるべし

明治女の武山英子はこんな歌を作っていました。
奈良女子高等師範の創立のころでしょうね。



奈良女子大学の近くの
「ごはんの間(あいだ)」でランチ。
blog05.jpg

午後 1 時はまわっていたのに
女子大生というにはとうの立っている
おばさん!いや!おね~さん方でいっぱい。

「海老と野菜の天ぷら定食」800 円。
blog06.jpg

ああ!おしゃれなおね~さん方の好みそうな
おしゃれな感じ。

大昔!ほんの短期間!
奈良勤務を経験したことがあります。
いつもは忘れている!忘れたいことなんですが。
勤め人失格のころですからね。
今は人間失格といわれていますけどね。

そのころと違い
へんぴな(失礼!)奈良も最近は
ファストフードでおしゃれに
簡便にすませられる時代になっていますが
こんなほっこりした食事もいいものですね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

お初天神のみの市 ピリ辛ピップラ [昼定食]

キタの繁華街で
子スズメ(雀)の呼ぶ声があります。
たぶん!「ママー!ままー!」じゃないかと。

見上げれば
高いところからお父さんスズメが
飛び出てきました。
blog01.jpg

お母さんも顔を出しました。
blog02.jpg

ま!どちらがお父さんか
お母さんか分かりませんけどね。

どこまでエサを探しに行くのでしょう。
ヒトのスクラップ置き場のような街の中に
ご馳走があるのでしょうか。

お初天神(大阪市北区)です。
blog03.jpg

天神さまの社で生まれたのなら
賢いスズメに育つことでしょう。

“恋人の聖地” とののぼりが立っています。
ここ露天神社は
人形浄瑠璃の “曽根崎心中” の舞台ですから
通称・お初天神のほうが通りがよろしい。

“お初” と “徳兵衛” が!?
blog04.jpg

心中したふたりが
“道祖神” になっていました。

 色で導き 情けで教へ
 恋を菩提の 橋となし

なんだかねぇ!
道祖神になるというのもね。
私のよく分からない信仰の世界。

子スズメもおとなになって
恋をするのはいいけど
心中はしないようにね!
ん?!
いや!そんな恋に出会えれば幸せかもね。

月に 1 回 “骨董市” が開かれています。
blog05.jpg

“お初天神 蚤の市” だそうですが
あんまり人がいない!のんびりとした市です。

おもちゃ箱をひっくり返したような街の中で
異次元の世界のような静かな境内です。



お初・徳兵衛は実在の人で
社の裏の森で “心中” したのだそうですが
今!その森にはビルが乱立しています。

一番近接しているビルでランチして帰ります。
blog06.jpg

いつもの「豚(とん)まに」で。
韓国料理かな!
あんまりなに料理か考えていませんが。
ただ!このあたりでは
一番安いようなので選んでいます!はは。

ランチのメニューは 50 以上書かれていますが
“まかないオムレツ” 税込み 500 円!?
blog07.jpg

ボリュームがありそうで!安価です。

最近!気のせいか!
街を歩けば
“オムレツ” の文字によく出会います。
はやっているのかどうか。

「卵料理が好き」と公然という男性には
偏見があります!すみません。
なんだか “マザコン” のようで
虫唾(むしず)が走ります。

昔!外では安もののチンピラ然として
やたら
突っかかってばかりいるヤツがいましたね。
家では「ママー!ままー!」の連呼。
「ママの作るたまご焼き!いっちゃん好きや」
「毎日!たまご焼き食べたい」
なんて気持ち悪い!
年に不足はないおっさんなのに。

男ならウソでもいいから
好きなものは
「骨つき肉の丸かじり」とか
「唐辛子のドカ食い」とかいってほしいもの。

ま!個人の勝手ですけどね。

1 度!韓国風オムレツを食べてみますか。

ところが!いざ!注文のときに
勝手に口がメニューの隣にある
“ピリ辛ピップラ” といってしまいました。
blog08.jpg

豚肉と野菜を炒めたもの。650 円(税込)。
韓国の若ものが
よく食べているランチらしいです。
これはこれで食が進みますけどね。



お初天神通り商店街のアーケードを帰ります。

女性は無料?!
blog09.jpg

いいですね。

でも!女性の定義はあるのでしょうか。
年齢とか!
容姿とかのチェックがあったりしないの!?
女装している女性ではない人は
どうなんですかね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

かんてきや要の松花堂 水の都の古本展 [昼定食]

南北に流れる御堂筋から
薬問屋の街の道修町通りを東へ歩きます。

古そうな家があります。
blog61.jpg

明治・大正時代の建築物なら奇跡です。
先の大戦で大阪は焦土と化しています。

表にランチの看板が出ています。
料理店ですか。
「かんてきや 要(かなめ)」でした。
blog62.jpg

今日は少しおごって
ここで大名気分のランチにします。
ま!そんなに大げさなこともないですけどね。

靴を脱いであがり
靴下の破れを隠して内股歩きで
掘りごたつ形式の個室に入ります。

1 日限定 20 食という
「日替わり松花堂」をいただきます。
blog63.jpg

それが一番安価だったからですが。
税込み 1,080 円。

人間がちまちましているのでこんな
松花堂やら幕の内弁当のような
少量多品種の食事が好きです。

お銚子 1 本でも欲しいところ。
ま!だれかがいたら注文するかも。



船場の「背骨」の三休橋筋を北上。
土佐堀川に架かる
栴檀木(せんだんのき)橋の向こうは
大阪市立中央公会堂。
blog64.jpg

中央公会堂で「水の都の古本展」が
開催(2017/02/21 ~ 24)されていました。
blog65.jpg

古本展は分かりますが
「水の都の」とはなんでしょう。

ま!私の感性では
なんの変哲もない古書展でしたが。
blog66.jpg

もっといえば古本市でしたが。

ふと手に取った本にしおり(?)が。
blog67.jpg

じんちょうげ?!
なにも不思議ではないと思ったのですが
裏を返したら!
blog68.jpg

だれかがだれかに出したはがきを
切り抜いたものらしい。

読むとはなしに読むと。

「自らを疑ひて」
「自らを少し知る」
「そのくり返しを今に、、、」

ほ~っ!
なんのはがきだったのでしょう。

買ってきましたがね!その本を。
税込み 200 円。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

馬見丘陵の梅 かすうどん 花酵母の焼酎 [昼定食]

白梅は咲いています。
blog81.jpg

奈良県河合町の馬見丘陵公園。
もっとも今立っているところは河合町でも
ちょっと東に歩けば広陵町。
町の境界線が複雑にからみ合っている公園です。

蝋梅(ろうばい)の季節は終わりごろ。
blog82.jpg

蝋梅の種類は多く
秋からなにがしかの蝋梅が咲いていますが。

こちら側だけ
葺石(ふきいし)が復元されている
ナガレ山古墳は季節に関係なく同じ顔。
blog83.jpg

バズーカ砲みたいなものを抱えた人たち。
blog84.jpg

カメラじゃなく望遠鏡?!
バードウォッチングのグループですか。

いつきても
花でいっぱいだったような気がしますが。
blog85.jpg

さすが!冬季には
花芽も球根も眠っていますね。



冬枯れの向こうに「長龍」が見えます。
blog86.jpg

そちらの広陵町のほうに向かえば
寺戸北の交差点のそばに
面白い意匠の店舗が。
blog87.jpg

屋号は「みねちゃん」!
居酒屋でしょうか。
ランチに
「ホルモンうどん定食」があるのですか。

あちこちの
「ホルモンうどん」を食べてきましたが。
兵庫県の佐用町や
岡山県の津山市のそれは
焼きうどんでしたが。
大阪市の通天閣の下のそれは
かけうどんでしたが。

残念!
今日の仕込みにホルモンがないそうな。

すすめられるままに
「かすうどん定食」を。
blog88.jpg

食後のコーヒーつきで税込み 850 円。



「長龍」の広陵蔵で
米焼酎の「吟の薫」を買って帰ります。
blog89.jpg

720ml 瓶が税込み 1,296 円。

私の普段飲みの焼酎からすれば
非常に高価ですが
この香りがたまらん!
香りに酔います。

「花酵母」!低温発酵!
粕取り焼酎でもあります。
先の大戦後に闇市を席巻したという
怪しげな「カストリ」じゃありませんよ。



近鉄・田原本線の箸尾駅に向かっていたら
住宅街の中にすてきな寺院を発見。
blog90.jpg

大きくはありませんが(失礼!)
なんと清楚な。

町の中の寺社は
境内を駐車場にしているのをよく見ますが。
それも仕方のないことかも知れませんが。
そんな金儲けには背を向けています。

大隠は朝市に隠る(たいいんはちょうしにかくる)
そんなことばを思い出される冬です。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 昼定食 ブログトップ