So-net無料ブログ作成
検索選択
活動写真 ブログトップ
前の5件 | -

飛田新地 (2) 大地の子守歌 [活動写真]

あら!?
blog1.jpg

こんな看板がありましたか。
新しいとも思えませんが
なん年も前を通っていても
気づかないもんですね。

また!気づきにくい配色ですが
役に立っているの?!
映画館の “シネ・ヌーヴォ” の案内板です。

シネ・ヌーヴォ(Cine Nouveau)は
大阪市西区にある
イスが 70 もない小さな映画館。

中 2 階に 24 席の
シネ・ヌーヴォX” も併設していますが。



マンモス映画館ではおめにかかれない映画を
しばしば取り上げています。

この日は
“大地の子守歌” を上映していました。

1976 年公開!増村保造監督!大映の制作。

13 歳にして売春宿に売られ
地獄の日々に
失明してしまった薄幸の娘 “おりん” を
16 歳の原田美枝子が演じています。

初々しくて可愛い原田美枝子が見られます。

実はこの映画のビデオ!
本棚でほこりをかぶっています。
blog2.jpg

ビデオデッキが 3、4 台もあるのに
尻をたたいても!おだてても!
まともに働こうとする律儀な機械は
1 台もありません。
わが家のビデオの時代は終わって久しい。

それなら!
久しぶりにここで観て行こうかな!と
一瞬思ってしまいましたが。
やめます。

泣けるでしょうから。

最近!軟弱になって
どんな映画でも
その場面から連想して
ストーリィからはずれた場所に心が飛び
泣いてしまうのです。
こしかたの不孝!不義理の数々!ああ。

ましてこのストーリィ。

山奥で育ての老婆と暮らしていた少女が
おばあさんの死後
瀬戸内海の売春島に売られてしまいました。

過酷な生活の中で盲目になります。
助けてくれる人がいて島を脱出。
四国路のお遍路をするというもの。

つらいのぉ。



「教えて!」
「わたしが」
「飛田(とびた)のおばちゃんになられへんやろか」

商売熱心!働きものの
アラフォー(around 40)のおね~さん。

「なにをまた唐突に。
「なんで私に聞くの?

「Aちゃんから聞いた」
「あなた!飛田に詳しいんだって!?」

「ああ!Aちゃんですか。

失業して!仕事がないというB子には
飛田新地(拙ブログ 2017/03/07)
働くにかぎるとはいいましたが。

メリットは多々あります。

“大地の子守歌” のような
管理売春はありません。

働く時間が自由に調整できます。
会社勤めとおなじ時間帯でもOK。
近隣に疑われることがありません。

時間給になおせばとてもいい割りです。
たとえ嫌いな客でも
肌を合わせている時間はたった 7 分です。
平均 7 分です。(だれが調べた統計だろ?)

目標金額の貯金ができたら
いつでもやめられます。

そんな “飛田のすすめ” を
酒の肴にいっていたとき
横にA子がいましたね!
しっかり聞いていたんですね!はは。

「あかん!あかん!」
「病気のリスクが高過ぎる」と
これまた横で聞いていた
おばさんが口をはさんだので
はなしは終わりましたが。

そのおばさんは
飛田の近くの医院の看護師ですから
始末に悪い(?)のです。



「でも!どうして客引きのおばさんなの?

「疲れた!」
「いうことを聞かない連中を使っていると!」

数だけそろっている
わが家のビデオデッキみたいですね。
従業員が身内ばかりだと動かないのですかねぇ。
おね~さんに甘えてばかりいて。

「今度は座っていて!」
「口先だけのショーバイがしたい」

身を粉にして働いて
小銭はたまったようですが!
悩みがあるのですね。

「大丈夫!
「ぽちゃぽちゃしていて!
「包容力のあるほほえみ!
「男心をくすぐります!
「まだまだ “7 分 5,000 円” のほうでいけますよ!
「客引きに甘んじるなんてもったいない!

「無理やろ~」

「そんなことは絶対にないです。

飛田はふところが深いのです。
青春通りから妖怪通りまで
あ!年金通りまで
いろいろな年代層の働ける町です。

ま!私がいっているのもいい加減!
受け売りだけで保証がないですけどね。



映画を観ないで
すぐ横の “松島新地” を通って帰ります。
blog3.jpg

飛田新地にはありませんが
松島新地では客にシャワーを使わせるそうですよ。
blog4.jpg

これも受け売りで無責任なはなしです。
私には
あまり真剣には相談しないでくださいね。

あ!
あのビデオ!
客引きおばちゃん志願の
アラフォーのおね~さんにあげようかな。
お好み焼きぐらいおごってくれるかも知れない。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロマンポルノ復活 小池知事もパク大統領も [活動写真]

大阪市西区の映画館「シネ・ヌーヴォ」で
「日活ロマンポルノ」特集が始まりました。
(2016/12/24 ~ 2017/01/20)

「日活ロマンポルノ」生誕 45 周年ですか。

昭和 46 年(1971)の第 1 陣公開から
18 年間に 1,100 本作られたそうな。

ナイショですが
ハイキング仲間のアラフォー(around 40)の
おね~さん方の中に
昭和 46 年生まれの人がいたような。
「日活ロマンポルノ」と同い年と
覚えておけばいいのですね。
ま!なんの意味もないはなしですみません。

シネ・ヌーヴォは 5 年前にも
「日活ロマンポルノ」生誕 40 周年特集を
催行していましたね。(拙ブログ 2011/06/06

ん!?
あれは団鬼六の追悼記念でしたやら。



「日活ロマンポルノ」のスタートは
白川和子主演の
「団地妻 昼下りの情事」と
小川節子主演の
「色暦大奥秘話」だったそうな。

以降!白川和子は「日活ロマンポルノ」の
トップ女優になりました。

大昔!
私をアゴで使っていたおばちゃんらの中に
元・ストリッパーやら
その周辺にいた人がいたので
伝説のストリッパーという
一条さゆりの名を知りました。

白川和子と
一条さゆりがいっしょに出演している
「一条さゆり 濡れた欲情」を
見たかったのですが
スケジュールが合わず
とりあえず!初日に映画館に。

待ち合いに
スチール(スチル写真)が並べられています。
blogシネヌーヴォ.jpg

当時のポスターでしょうか。

このイベントの最初の上映は
谷ナオミ主演の「黒薔薇昇天」でした。

とても低予算だったといいますが
原作は藤本義一!脚本・監督は神代辰巳等々
スタッフをそろえて丁寧に作っていたようです。



この秋!その「日活ロマンポルノ」が
28 年ぶりに復活したのですね。

「復活のロマンポルノに」
「ぜひ!白川和子を出して~!」

場末のこ汚い(という人も 90 %はいる)
居酒屋で家に帰らない!帰れない!
むさ苦しい男がいっていましたね。

バカバカしい会話を背中で聞いていると
「白川和子!?もう!おばあさんでっせ」
と呼応する人に
「それがまたたまらん!」
と口をはさむ人がいます。

たちまち
「白川和子 古希の裸出演希望嘆願の会」
ができるありさま。

男はいつまでたっても
乳離れができないものでしょうか。

「白川和子の裸の共演は」
「小池百合子都知事がいいですなぁ」

「まったくそうですなぁ!あのヒップライン!」
「すぐにすっぽんぽんになってもらいたい!」
たちまち
「小池百合子の裸を愛でる会」も誕生。

ただただ!あきれます。

最近の老人の生殖本能は異常なのでしょうか。
そんな年令の女性の裸に興味を持っていても
自分の遺伝子を残せないでしょうがね。

生物に帰れ!



「女性は韓流(はんりゅう)でっせ!」
また変な老人が加わっています。

余談ですが
「韓流」は「かんりゅう」といわないのですか。
「はんりゅう」とはなに語読みなんですか。

さらに余計なことですが
韓国ドラマの影響かなにか知りませんが
「韓流」を好意的に受け止める日本人も
多いこのごろですが
かの国に観光に行って
気まずい経験をした人も多数いますよ。

半島の北も南も先の大戦後
強力な反日教育・扇動に徹してきたので
おめでたい日本人が考えているような
友好的ではない場合が多々あるようですね。

表通りの土産もの店では売らんがために
あの手この手!ほほえみみばかりですけどね。

「パク・クネ(朴槿恵)の裸が見たい!」

「大統領?!」
「あの人!相当なおばあさんでは!?」

「小池百合子と同い年やで!」

「そ!それじゃ!」
「ロマンポルノで脱いでもらいましょう」
「大統領の職務停止中でヒマでしょうから」

ヒマでも脱ぎはしません。
それに絵(画像)になりますか!?
そんなおばあさんばかりで。

いや!そうとばかりはいえないですか。

50 ・ 60 代の女優(?)のからみの
裏DVDは確実に一定数が売れていると
聞いたことがあります。
裏ビデオの時代のことだったかも知れませんが。

潜在需要は多いのかも。
好事家はこの場末の
居酒屋にばかりにいる訳じゃないのかも。



「昼下りの情事」と聞いて
ふと!
「魅惑のワルツ」の旋律がよみがえりました。
劇中!ジプシーオーケストラが
演奏していましたね。

わが母(?)オードリー・ヘプバーン主演の映画。

オードリーの作品の中では
あまり評価されていませんが。
映画らしい脚本と
映画の基本のようなカメラアングル!
「ローマの休日」と並んで私は好きですけどね。

「団地妻 昼下りの情事」のような裸のからみは
「昼下りの情事」にはありませんけどね。



(敬称略 まことにあいすみませんです)
コメント(0) 
共通テーマ:映画

佐村河内守を観た! [活動写真]

映画「FAKE」を観ました。
blogFAKE.jpg

「fake」は日本語の名詞にすれば「いんちき」
動詞に訳せば「ふりをする」なんかが
あてはまるようですが。

「ゴーストライター騒動」後の
佐村河内守(さむらごうちまもる)の
主に家の中を撮ったドキュメンタリーです。

「ゴーストライター騒動」とは
ノンフィクション作家と称する
神山典士(こうやまのりお)が
週刊文春(2014/02)に
「全聾の作曲家佐村河内守はペテン師だった」
「堕ちた“現代のベートーベン”」の記事を
発表したことに端を発した騒動のこと。

佐村河内は
アメリカの TIME 誌に「現代のベートーベン」と
紹介されたことがあるそうですが
実は全聾(ぜんろう)ではなく
作曲はゴーストライターの
新垣隆(にいがきたかし)がしていたというもの。

その後のなんか月かのドキュメンタリー。



実は観てから 10 日くらい経過して
これを書いているのですが。

なにか釈然としなくて。
脳みそが軽いものですから
釈然としないものが
なにかよく分からないのですが。

佐村河内は悪い人です。

かれが悪人なら
そのゴーストライターの
新垣隆(にいがきたかし)も共犯者です。

今!さらにそれをあばいた神山も
共犯者のような気がしてきました。

悪人・佐村河内は
騒動時に「耳が聞こえない」ことばかり
強調していました。

マスコミの報道を見るかぎりですけどね。
マスコミは偏向していますからね。

新垣も神山も「聞こえている」ことばかり
しゃべっていました。

ここらあたりに
この騒動の「闇」があるのでは。

この問題の本質から離れているような。

神山の描いた脚本通りに
コトが進んでいるのでは。



ゴーストライターや盗作はこの世には
いろんな世界であまたあるでしょう。

「ヒット曲の裏に盗作あり」
「類似品を作れることでいばったりして」
「作曲家なんてカワゆいもんだ」と
著名な作・編曲家の宮川泰の弁もあります。

ゴーストライターもまた。

赤塚不二夫の漫画のキャラクターは
全部オレが安い報酬で考えたとか
あの楽曲は 5 万円で売ったが
それがヒットして大損したとか聞いても
なんにも思いませんけどね。

そう!新垣は売っているんです。

なん百万円という
法外(かどうか知らんけど)な値段で。
文句をいえる立場でしょうか。

だまし取られたり
10,000 円ほどの報酬じゃないんですよ!



あ!ふと「詰将棋」を思い出しました。

ある引退棋士と安居酒屋で相席になったとき
「詰将棋を売って糊口をしのぐか」なんて
いっていましたが。

名代の高段者にはあちこちから
「詰将棋」の出題の依頼があるそうな。

大勢の人の目に触れるから
シャレた問題を提供したい!のです。

新聞・雑誌にのるような詰将棋は
フツーの棋士なら
一瞥したら
考えることなく解けるのだそうですが
作るのがものすごく下手な人やら
意外にも敬遠する棋士やらもいるとか。

そんな人から依頼があるのだそうな。
安いとか!下請けは!はは。
その買価のなん倍かで転売して!
結果!その棋士は感心されるのですね。



共犯者(?)の
新垣だけがあちこちに出ずっぱり。
作曲家としてではなく
お笑いタレントや
ファッションモデルにもなっています。
あの容姿で!?
ま!容姿はどうでもいいのですけどね。

犯罪者(?)を持ち上げている
マスコミに矜持(きょうじ)はないのか!

ないから私は相手にしませんけどね。



新垣と神山の金儲けだけの
騒動だったのやら。

佐村河内を弁護する気は
さらさらないのですが
うまく書けません。
なんとなく釈然としないこの 10 日。



(宮川泰著/サウンド解剖学/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フラワーショウ!厚化粧のない庭! [活動写真]

友人はいません。はは。
皆無ですので
でんわやケータイが鳴ることはまれです。
たまにかかってきても儲けばなしにはほど遠く
インチキくさい「セールス」か間違いでんわ。

ケータイは 24 時間電源を入れているのですが
ごくたまに切っています。
映画鑑賞のときなんかです。

そんなときにかぎって
でんわやメールが集中したり!
ままにならない世です。

“ 映画を観ていたのですよ!”

「エロ?グロ?ウラもの?!」

失礼な。

「なんていう映画?!」

みんな聞きたがりますね。

“ フラワーショウ!”

隠してもいいのですが答えると。

「ようこそ~ みなさま~ ごきげんよろしゅう~」

「道頓堀行進曲」の替え歌を歌ってきます。

“ それは!今は亡き浪曲漫才トリオの ”
“ フラワーショウ(のテーマソング)じゃないの!”

大阪の人は「漫才」が思考の先に出ますか。

ちなみに
映画の「フラワーショウ!」には「!」つき
「漫才」にはついていません。



夏も終わってやっと
映画「フラワーショウ!」を鑑賞しました。
blog01.jpg

もっと早く行くつもりでしたが。

2014 年アイルランド制作。
実話を元にした脚本らしい。

世界最古!最高峰といわれている
エリザベス女王が総裁の
英国王立園芸協会が主催する花の祭典
「チェルシー・フラワーショー」にいどんだ
アイルランドの田舎娘・メアリーの物語。

いくつかの部門があるらしいのですが。

世界の著名な権威ある園芸家が
最先端のデザインで庭園造りを競う部門に
500 種の「雑草」と
アイルランドのサンザシの木だけで
挑戦したのだそうな。

お化粧した庭園はいらないというコンセプトです。



初茸(はつたけ)の時候には
林を縁とる萩(はぎ)薄穂(すすきほ)に出で
女郎花(おみなえし)苅萱(かるかや)
林中に乱れて
自然に此処(ここ)に七草の園を作れり。

徳冨蘆花(とくとみろか 1868 ~ 1927)の
エッセイ・雑木林の部分。

蘆花は自然が好きで
人工の庭より
雑木や雑草が好きだったようです。

とはいうものの
草木に「雑草」も「雑木」もないのでは!?
草木に階級をつけて分類するとは
人間の業のあさましさ。

1 木 1 草みな美しいはず。

「自然」はその美しき創造物(つくりもの)に
わが心に流るる人間の魂を結びつけたり
さても人間の作りし人間の態(さま)を思い
わが心は深き愁(うれい)に沈む

田園詩人の
ワーズワース(1770 ~ 1850)の深い愁い。



権威主義がはびこるのは
「チェルシー・フラワーショー」だけではありません。

日本には芸術でも科学でも徒弟制度がありました。
今もあるのかな。
東京五輪のエンブレム騒動とか。

弟子(?)の作品を自分の発案とするデザイナー。
弟子(?)に書かかせていた脚本家。
弟子(?)の研究成果を横取りする科学者。
枚挙にいとまがありません。

ルーマニアの独裁政治家の妻の
エレナ・チャウシェスク(1916 ~ 1989)なんて
水の分子式も理解できないのに
ルーマニアの科学論文には
共著とする決まりだったので
世界の科学者といわれていましたね。

日本だって
有名なデザイナーやら写真家やら、、、
ゲージツ家の多くは
政治家や成金らと仲がよろしい。

アイルランド娘は
デザイン泥棒や
金持ちの売名行為にはさまれて奮闘します。

権威といえば隣の区画で
チャールズ皇太子が作庭しています。

皇太子とは大変な存在でしょうけど
アイルランド娘にはイングランドの皇太子は
他国(?)のエラい人なのでしょう!
気軽に口をきいているのが面白い。



私もヴェルサイユ宮殿の庭のような庭園には
「自然」を感じられず
親しみが湧かないんですが。

blog02緑地公園.jpg
(服部緑地)

庭といえば
池泉回遊式の日本庭園が面白いと思うのですが。

blog03栗林公園.jpg
(栗林公園)

しかし!この作庭の仕方も
そんなに古いものではないような。

blog04京都御所.jpg
(京都御所)


夢窓国師(1275 ~ 1351)のころからでしょうか。

遠い日の飛鳥の遺跡なんかはいかにも人工ぽい
幾何学模様ですけどね。

blog05飛鳥.jpg
(亀形石造物)

よく考えたら
池泉回遊式庭園も自然の雑木林じゃないですね。



公園は厚化粧の自然だとか。
ま!にせものの自然ですね。

雑木林の公園にはできないものでしょうか。

シカでもタヌキでもオオカミでも棲める公園が
都会の真ん中にあれば私は愉快に思いますが。

アイルランド娘は金メダルを獲得しました。

よかったですね。
でも!
それで!世界の庭園が変わったのでしょうか。



ヤンキー娘(たぶん?)の
エマ・グリーンウェルが
アイルランド娘を好演していました。
blog06.jpg

ぶさ可愛い、、、あ!いや
素朴な愛らしさを演じていました。




(ワーズワースの詩は)
(田部重治選訳/ワーズワース詩集/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アリス・イン・ワンダーランド 時を止める?! [活動写真]

プラムのジャムを作りました。
拙ブログ 2016/07/16
なかなかのできばえです。
だれもほめないから自分でほめますが
ま!丁寧にやればだれでも簡単にできます。

ジャムといえば唐突ですが
「鏡の国のアリス」で
「お給金は毎週 2 ペンス」
「それに 1 日おきにジャムを支給する」なんて
アリスに「白の女王」がいっていましたが。

支給するのは
「きのうのジャム」と「あしたのジャム」だとか。
1 日おきですからね。
「きょうのジャム」はないので
したがってジャムは
いつまで経ってももらえないということらしい。

「不思議の国のアリス」にも
「鏡の国のアリス」にも
こんなへりくつ(!)ばかりが満ち満ちて
だじゃれやオヤジギャグが作れない!笑えない!
私の灰色の脳みそはこんがらかって
面白くもなんともありません!まったくね。



しかし!世間は広い!
このメルヘン料理のレシピがあります。

ジョン・フィッシャー著/
アリスの国の不思議なお料理/開高道子訳/にある
「永遠にもらえないジャム」ですね。

ジョン・フィッシャーの解釈では
なんと!プラムのジャムですね。

プラムと同重量の砂糖
プラムの1/3の水
そして塩少々を 30 分ほど煮込むとあります。

塩以外は私の作った方法と同じです。
ま!他に変えようがないのでしょうけど。



そんなつまらんことを考えながら
繁華街を歩いていたら
「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
という
ディズニーの映画が上映されていました。

2010 年制作の
「アリス・イン・ワンダーランド」の
続編でしょうか。

仕事が忙しいので(ウソついてすみません)
一瞬ちゅうちょしたのですがね!
あわてて上映 5 分前に飛び込みます。
映画館は全席指定席でしたが!さいわい!
私の定席(勝手に決めているのですが)の
最後列の右隅が空いていました。

ほとんどの出演者が前作と同じかな。

この映画両編で印象的な
やけに頭の大きな「赤の女王」。
blog1.jpg

妹の「白の女王」も健在です。
blog2.jpg

物語は前作から引き継いで
女船長のアリスが
困難な 3 年の航海を終えて
帰国したところから始まります。

時代は日本の明治維新のころですよ。

「不思議の国のアリス」から 13 年後
19 歳になったアリスが再びウサギの穴から
「不思議の国」に行ったのが
「アリス・イン・ワンダーランド」でしたが
さらに 3 年後の今回は鏡の中に身を投じます。

そこだけ見ると
「鏡の国のアリス」みたいですが
内容が全然違いますね!当然ですが。



22 歳のアリス。
blog3.jpg

劇中のアリスより
少しだけ実年令が高そう(1989 年生)な
ミア・ワシコウスカが演じています。

きれいな人で
演技も難なくこなしているのですから
もう少し可愛く撮ってあげたらいいのでは?!

私の周囲の
アラフォー(around 40)のおね~さんと
同年齢に見えそうな「顔」のシーンが多い。

あ!私の周囲のおね~さんより
きれいですけどね!
いわなくても当然なことですが。



150 年前の原作者のルイス・キャロルは
驚いていることでしょう。
かれにはおとなのアリスは想定外のはず。

「鏡の国のアリス」の
(「不思議の国のアリス」でも同じですが)
挿絵にはこんなアリスが描かれています。
blog4.jpg

かれの認める「女性」はこのくらいな年令の
少女でなければならないのです。

アリスがたまごのお化けのような
ハンプティ・ダンプティに
「人はどうしたって」
「ひとりでに年をとってゆく」と口答えしたら
ハンプティ・ダンプティは
「うまあく手だすけしてくれる人がいれば」
「7 歳でやめとくこともできたのさ」と
不思議なことをいいます。

これは作者の本音じゃないんですか!

キャロルはアリスを
そしてお気に入りの少女を
7 歳でとめておきたかったのでは!?

おとなになったアリスは見たくないのでは。
嫌いなのでは。

それはなんでしょう!?
私には氷詰めか
ホルマリン液保存しか思いつきませんが。
恐ろしい!
ハンプティ・ダンプティは
さらりと恐ろしいことをいっているのかも。



キャロルは私の想像するような
犯罪者にはなりませんでした。

ちょうど少女の保存法(!)が
簡単にできるようになったのです。

「写真」の技術の発達です。

キャロルは
多くの美少女の写真を撮りまくって残しています。

お気に入りはリデル家 3 姉妹かな。
3 姉妹の中でも
アリス・リデルの画像が多いような。
blog5.jpg

かの女!このとき 7 歳だったそうですよ。

余談ですが
写真技術が発達したとはいえ
この時代は晴天時でも 1 分以上
曇天時や室内では数分
被写体は静止を強いられますので
どうしても表情がかたくなります。



映画のはなしでしたね。

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」の
ストーリィは
頭の中がこんがらかるほど奇想天外な展開でした。

私に説明なんかできません。

量子力学や相対性理論では太刀打ちできない
時間をさかのぼれる
「クロノスフィア」なるものがあるのです。
そして「時を操る番人」がいました。

すごい理論でした。

なぜか
「時を操る番人」が
落語の「死神(しにがみ)」と重なりましたが。

あ!「死神」という噺(はなし)は
三遊亭圓朝が
ヨーロッパの死神説話から作ったとか。
イタリアの歌劇やグリム童話集にあるらしい。

よい子は映画の鑑賞に相対性理論や落語や
グリム童話を思い出さなくてもいいですよ。



(上記の図書のほか)
(ルイス・キャロル作/鏡の国のアリス/芹生一訳/)
(高橋康也著/ヴィクトリア朝のアリスたち/)
(滝田ゆう著/滝田ゆう落語劇場/も参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 活動写真 ブログトップ