So-net無料ブログ作成
活動写真 ブログトップ
前の5件 | -

泥の河 幻の廓船 [活動写真]

大阪市西区の映画館で
「泥の河」が上映されました。
blog41.jpg

1981 年公開の古い映画とはいえ
ふしぎなことでもありませんが。

それが「イケフェス大阪 2017」の
イベント(!)のひとつらしい。

「イケフェス」とは?!
本名(!)は長い。

「生きた建築ミュージアム
         フェスティバル大阪」

だとか。

国宝とか
文化財としての価値を見るのじゃなく
今も生き生きとして使われ
役立っている建築物を公開したり
シンポジウムや
イベントをしたのだそうな。

それで!どうして映画!
「泥の河」なんでしょう。

「非・定住者たちの大阪」の
生きた建築物?!

ま!阿呆にはよく分かりませんが。



小説「泥の河」は

「堂島川と土佐堀川がひとつになり
「安治川と名を変えて
「大阪湾の一角に注ぎ込んでいく

と始まっています。

大川(旧・淀川)が天神橋の上流で
堂島川と土佐堀川の
ふたつに分かれて流れてきて
またいっしょになるのですね。

そのいっしょになるあたりが舞台。

水はこちらに流れています。
blog42.jpg

右側からきたのが土佐堀川。
左の流れが堂島川。
従ってこちらが安治川。

堂島川に架かる船津橋を渡ります。
blog43.jpg

つづいて端建蔵(はたてくら)橋に。
端建蔵橋の下流に船が係留されていますが
ここでしょうか?!「泥の河」は。
blog44.jpg

土佐堀川の左岸に行きます。

土佐堀川が堂島川と再会する前に
分流しています。
その川が木津川。
まるで欲がからんだ復縁のために
今の恋人を切り捨てる男!
いや!女のようです。

その切り捨てられる恋人!
いや!木津川に架かる橋が昭和橋。
blog45.jpg

右書きとは!

昭和橋から上流に目をやれば
両岸に大きくはない種々の船が休んでいます。
blog46.jpg

土佐堀川に架かる湊橋のたもとに
「泥の河」の碑がありました。
blog47.jpg

この下の河が舞台でしょう。



昭和 31 年(1956)のこと。

川岸のバラックのうどん屋の少年と
対岸に係留された船で暮らす
姉弟の物語です。

姉弟の母は
体を売って生計を立てているのです。

いわば売春船!
廓船といえばいいのでしょうか。

切ないですね。
切ないです。

切ないけど
泣いてはいられません。
現実を認識してしっかり生きているのです。



土佐堀川左岸。
blog48.jpg

土佐堀川右岸。
blog49.jpg

今もこの湊橋あたりが
船の係留場所なんでしょうか。

映画のモノクロの世界は
まったく消えてしまっていますが。
blog50.jpg

それから半世紀が過ぎ
土佐堀川も!大阪も!
景色は大変貌しました。

でも!切なさはいや増して
もうすぐ落ち葉の季節を迎えます。
コメント(0) 
共通テーマ:映画

可愛い山田五十鈴 神戸イタリアンフェス [活動写真]

山田五十鈴ですか。
blog71.jpg

14 歳くらい。
blog72.jpg

可愛い。

昭和 7 年(1932)の
片岡千恵蔵主演の
「國士無双」という
活動写真(映画にあらず!)です。

最初に「日活グラフ」とあります。
これだけでプリントや
販売の仕組みが分かるようですが。
私にはなんのことやら。

名前の出る配役はこれだけ。
blog73.jpg

女性は山田五十鈴だけ。
すごいですね!その若さで。

多くの「きゃいのう(役者)」は
まったく名前が出ないのですね。

ついでにいえば「きゃいのう」とは
馬の脚役より
ほんの少し上くらいの下回り役者。

下回り役者みんなでひとつだけもらったセリフ!
「なんとかかんとか!」
「とっとと出てゆきゃいのう」を
合唱するのではなく単独でいいたがります。

そこでセリフを小分けにするのですが
兄弟子ほど先にたくさん取ります。
最後の下っ端には
「きゃいのう」しか残っていないという訳です。

それはさておき
これは無声映画です。
弁士がいます。
大森くみこという
地元・ラジオ関西のリスナーなら
よく知っているおね~さん(?)だとか。
blog74.jpg

なかなか達者な弁士でしたが
そんなにお若くはないと思うのですが。
千恵蔵も伴淳も
関西弁になっていましたね。あは。

そう!
神戸のハーバーランドにきています。
高浜岸壁に特大スクリーンを作っています。
blog75.jpg

ハーバーシネマという
イベント(2017/09/30・10/01)です。
blog76.jpg

手回し映写機で観ていたという
「おもちゃ映画」も上映されました。
今でいうアニメですか。
blog77.jpg

昔からアニメ大国の日本かも。
構図がいいですね。



この岸壁に着いたとき
客船が出て行きました。
blog78.jpg

「みんな手を振るんや?!」
隣にいた若い女性たちが
素っ頓狂な声を出していましたが。

あ!なるほど。
blog79.jpg

どこまで行くんでしょう。
地球の裏側まで行くんでしょうか。
たぶん!
沖をくるりと回って帰りそうですが。



また!岸壁にはたくさんの
食べもののブースが並んでいます。
blog80.jpg

「神戸イタリアンフェス」
「~食とワインの祭典~」
(2017/09/30・10/01)だそうですよ。
blog81.jpg

関西近郊の有名イタリアン料理店ばかり
出店しているそうな。
blog82.jpg

みなさん!競って
おいしそうなものを食べていますね。
blog83.jpg

上から見ているだけとは
間抜けぶりを絵に描いたようです。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

エデンの東 麻婆レタスを食べる [活動写真]

百貨店の大丸がときどき映画館になります。
大丸心斎橋劇場で
「ワンコインシネマ in 心斎橋」を
開催しています。
500 円(税込)で見られます。

古い映画が多いようです。

「エデンの東」もやっていました。
伝説のジェームス・ディーン主演!
エリア・カザン監督の
1955 年制作のアメリカ映画。

ノーベル文学賞受賞者のスタインベックの
原作でしたよね!たしか。

根(こん)がないので読書は好きでもなく
特に小説のような絵空ごとには
想像力が欠如しているので
敬遠してしまいます。

「エデンの東」ももちろん完読していなく
いいかげんな記憶をたぐり寄せると
旧約聖書のなにかと関係している小説とは
おぼろげに分かるのですが
聖書の「エデンの園」と
「エデンの東」は
どういう位置やら
関係やらも理解していないので
最初から不安な気持ちです。

小説には
南北戦争から第一次世界大戦までの
親子!夫婦!兄弟の
軋轢(あつれき)!葛藤が書かれています。

当然!原作と映画は少々違ってはいますが。



だいたい「ローマの休日」や
「初恋のきた道」なんかのような
ぼんやり観られる映画が好きですので
どうも!こういう家庭内の確執には
心が重いですね。

その心象表現ですか!
斜めに撮っているんですが。
blog1.jpg

なんか所か出てきますが。
こんな私が失敗した写真のような撮影の仕方
他の映画で観ることがありましたやら。

父親がレタスを栽培し
カルフォルニアから東海岸まで氷詰めで運び
大儲けをねらいます。
レタスを氷浸けして大丈夫なんですかね。

ホントにレタスなんでしょうか。

ああ!たしかにレタスですね。
blog2.jpg

玉レタスですか。
もっとも現在
レタスといえば「玉」ですけどね。

こどものときにはレタスといえば
ちしゃ(ちさ)とかサラダ菜とか
結球しないものを
多く食べさせられたような。

全然!
好きな食べものじゃなかったのですが。

もっともキク科の野菜は
みんな好きではなかったような。
春菊!フキ!食用菊!とか。
ゴボウは嫌いじゃなかったのですが
キクイモはどうも。

あ!行儀がいいので
まずくても
おいしそうに食べられますけどね。
今はなんでも大丈夫!
キク科といえば
ヨモギでも食べていますけどね。



今!レタスを私は
加熱して食べることも多いのですが。
みそ汁とかしゃぶしゃぶとか。

漬けものにしたらどうでしょう。

レタスをちぎって
梅肉(市販の梅干のピュレ)を
まぶしてみます。

丸 1 日忘れていたら
ぐんにゃりしてしまいました。
blog3.jpg

でも!おいしいです。
好きですね!こんなすっぱい味。

麻婆茄子の素があります。
これで麻婆レタスはできませんかね。

レタスをちぎって炒めます。

あれ!肉がいるんですか!?

ある居酒屋のめし炊きおばちゃんが
ナスとこれがあれば
麻婆茄子がすぐできるといったので
買ったのですが
肉もいるんですか!
肉!この素に入れておいてくださいよ!

まぁいい!
ないものはなくてすますにかぎります。

肉の代用に
小口切りのネギを大量に混ぜますか。
blog4.jpg

よいこはマネしないように。
ネギは肉の代わりにはなりません!当然。

でも!これはこれで 1 品。
お酒は飲めますよ。
たっぷりと。
コメント(0) 
共通テーマ:映画

飛田新地 (2) 大地の子守歌 [活動写真]

あら!?
blog1.jpg

こんな看板がありましたか。
新しいとも思えませんが
なん年も前を通っていても
気づかないもんですね。

また!気づきにくい配色ですが
役に立っているの?!
映画館の “シネ・ヌーヴォ” の案内板です。

シネ・ヌーヴォ(Cine Nouveau)は
大阪市西区にある
イスが 70 もない小さな映画館。

中 2 階に 24 席の
シネ・ヌーヴォX” も併設していますが。



マンモス映画館ではおめにかかれない映画を
しばしば取り上げています。

この日は
“大地の子守歌” を上映していました。

1976 年公開!増村保造監督!大映の制作。

13 歳にして売春宿に売られ
地獄の日々に
失明してしまった薄幸の娘 “おりん” を
16 歳の原田美枝子が演じています。

初々しくて可愛い原田美枝子が見られます。

実はこの映画のビデオ!
本棚でほこりをかぶっています。
blog2.jpg

ビデオデッキが 3、4 台もあるのに
尻をたたいても!おだてても!
まともに働こうとする律儀な機械は
1 台もありません。
わが家のビデオの時代は終わって久しい。

それなら!
久しぶりにここで観て行こうかな!と
一瞬思ってしまいましたが。
やめます。

泣けるでしょうから。

最近!軟弱になって
どんな映画でも
その場面から連想して
ストーリィからはずれた場所に心が飛び
泣いてしまうのです。
こしかたの不孝!不義理の数々!ああ。

ましてこのストーリィ。

山奥で育ての老婆と暮らしていた少女が
おばあさんの死後
瀬戸内海の売春島に売られてしまいました。

過酷な生活の中で盲目になります。
助けてくれる人がいて島を脱出。
四国路のお遍路をするというもの。

つらいのぉ。



「教えて!」
「わたしが」
「飛田(とびた)のおばちゃんになられへんやろか」

商売熱心!働きものの
アラフォー(around 40)のおね~さん。

「なにをまた唐突に。
「なんで私に聞くの?

「Aちゃんから聞いた」
「あなた!飛田に詳しいんだって!?」

「ああ!Aちゃんですか。

失業して!仕事がないというB子には
飛田新地(拙ブログ 2017/03/07)
働くにかぎるとはいいましたが。

メリットは多々あります。

“大地の子守歌” のような
管理売春はありません。

働く時間が自由に調整できます。
会社勤めとおなじ時間帯でもOK。
近隣に疑われることがありません。

時間給になおせばとてもいい割りです。
たとえ嫌いな客でも
肌を合わせている時間はたった 7 分です。
平均 7 分です。(だれが調べた統計だろ?)

目標金額の貯金ができたら
いつでもやめられます。

そんな “飛田のすすめ” を
酒の肴にいっていたとき
横にA子がいましたね!
しっかり聞いていたんですね!はは。

「あかん!あかん!」
「病気のリスクが高過ぎる」と
これまた横で聞いていた
おばさんが口をはさんだので
はなしは終わりましたが。

そのおばさんは
飛田の近くの医院の看護師ですから
始末に悪い(?)のです。



「でも!どうして客引きのおばさんなの?

「疲れた!」
「いうことを聞かない連中を使っていると!」

数だけそろっている
わが家のビデオデッキみたいですね。
従業員が身内ばかりだと動かないのですかねぇ。
おね~さんに甘えてばかりいて。

「今度は座っていて!」
「口先だけのショーバイがしたい」

身を粉にして働いて
小銭はたまったようですが!
悩みがあるのですね。

「大丈夫!
「ぽちゃぽちゃしていて!
「包容力のあるほほえみ!
「男心をくすぐります!
「まだまだ “7 分 5,000 円” のほうでいけますよ!
「客引きに甘んじるなんてもったいない!

「無理やろ~」

「そんなことは絶対にないです。

飛田はふところが深いのです。
青春通りから妖怪通りまで
あ!年金通りまで
いろいろな年代層の働ける町です。

ま!私がいっているのもいい加減!
受け売りだけで保証がないですけどね。



映画を観ないで
すぐ横の “松島新地” を通って帰ります。
blog3.jpg

飛田新地にはありませんが
松島新地では客にシャワーを使わせるそうですよ。
blog4.jpg

これも受け売りで無責任なはなしです。
私には
あまり真剣には相談しないでくださいね。

あ!
あのビデオ!
客引きおばちゃん志願の
アラフォーのおね~さんにあげようかな。
お好み焼きぐらいおごってくれるかも知れない。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロマンポルノ復活 小池知事もパク大統領も [活動写真]

大阪市西区の映画館「シネ・ヌーヴォ」で
「日活ロマンポルノ」特集が始まりました。
(2016/12/24 ~ 2017/01/20)

「日活ロマンポルノ」生誕 45 周年ですか。

昭和 46 年(1971)の第 1 陣公開から
18 年間に 1,100 本作られたそうな。

ナイショですが
ハイキング仲間のアラフォー(around 40)の
おね~さん方の中に
昭和 46 年生まれの人がいたような。
「日活ロマンポルノ」と同い年と
覚えておけばいいのですね。
ま!なんの意味もないはなしですみません。

シネ・ヌーヴォは 5 年前にも
「日活ロマンポルノ」生誕 40 周年特集を
催行していましたね。(拙ブログ 2011/06/06

ん!?
あれは団鬼六の追悼記念でしたやら。



「日活ロマンポルノ」のスタートは
白川和子主演の
「団地妻 昼下りの情事」と
小川節子主演の
「色暦大奥秘話」だったそうな。

以降!白川和子は「日活ロマンポルノ」の
トップ女優になりました。

大昔!
私をアゴで使っていたおばちゃんらの中に
元・ストリッパーやら
その周辺にいた人がいたので
伝説のストリッパーという
一条さゆりの名を知りました。

白川和子と
一条さゆりがいっしょに出演している
「一条さゆり 濡れた欲情」を
見たかったのですが
スケジュールが合わず
とりあえず!初日に映画館に。

待ち合いに
スチール(スチル写真)が並べられています。
blogシネヌーヴォ.jpg

当時のポスターでしょうか。

このイベントの最初の上映は
谷ナオミ主演の「黒薔薇昇天」でした。

とても低予算だったといいますが
原作は藤本義一!脚本・監督は神代辰巳等々
スタッフをそろえて丁寧に作っていたようです。



この秋!その「日活ロマンポルノ」が
28 年ぶりに復活したのですね。

「復活のロマンポルノに」
「ぜひ!白川和子を出して~!」

場末のこ汚い(という人も 90 %はいる)
居酒屋で家に帰らない!帰れない!
むさ苦しい男がいっていましたね。

バカバカしい会話を背中で聞いていると
「白川和子!?もう!おばあさんでっせ」
と呼応する人に
「それがまたたまらん!」
と口をはさむ人がいます。

たちまち
「白川和子 古希の裸出演希望嘆願の会」
ができるありさま。

男はいつまでたっても
乳離れができないものでしょうか。

「白川和子の裸の共演は」
「小池百合子都知事がいいですなぁ」

「まったくそうですなぁ!あのヒップライン!」
「すぐにすっぽんぽんになってもらいたい!」
たちまち
「小池百合子の裸を愛でる会」も誕生。

ただただ!あきれます。

最近の老人の生殖本能は異常なのでしょうか。
そんな年令の女性の裸に興味を持っていても
自分の遺伝子を残せないでしょうがね。

生物に帰れ!



「女性は韓流(はんりゅう)でっせ!」
また変な老人が加わっています。

余談ですが
「韓流」は「かんりゅう」といわないのですか。
「はんりゅう」とはなに語読みなんですか。

さらに余計なことですが
韓国ドラマの影響かなにか知りませんが
「韓流」を好意的に受け止める日本人も
多いこのごろですが
かの国に観光に行って
気まずい経験をした人も多数いますよ。

半島の北も南も先の大戦後
強力な反日教育・扇動に徹してきたので
おめでたい日本人が考えているような
友好的ではない場合が多々あるようですね。

表通りの土産もの店では売らんがために
あの手この手!ほほえみみばかりですけどね。

「パク・クネ(朴槿恵)の裸が見たい!」

「大統領?!」
「あの人!相当なおばあさんでは!?」

「小池百合子と同い年やで!」

「そ!それじゃ!」
「ロマンポルノで脱いでもらいましょう」
「大統領の職務停止中でヒマでしょうから」

ヒマでも脱ぎはしません。
それに絵(画像)になりますか!?
そんなおばあさんばかりで。

いや!そうとばかりはいえないですか。

50 ・ 60 代の女優(?)のからみの
裏DVDは確実に一定数が売れていると
聞いたことがあります。
裏ビデオの時代のことだったかも知れませんが。

潜在需要は多いのかも。
好事家はこの場末の
居酒屋にばかりにいる訳じゃないのかも。



「昼下りの情事」と聞いて
ふと!
「魅惑のワルツ」の旋律がよみがえりました。
劇中!ジプシーオーケストラが
演奏していましたね。

わが母(?)オードリー・ヘプバーン主演の映画。

オードリーの作品の中では
あまり評価されていませんが。
映画らしい脚本と
映画の基本のようなカメラアングル!
「ローマの休日」と並んで私は好きですけどね。

「団地妻 昼下りの情事」のような裸のからみは
「昼下りの情事」にはありませんけどね。



(敬称略 まことにあいすみませんです)
コメント(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | - 活動写真 ブログトップ