So-net無料ブログ作成
検索選択
町道!街道!眠り未だ足らず ブログトップ
前の5件 | -

尼寺廃寺跡から雪丸の達磨寺へ [町道!街道!眠り未だ足らず]

整備されています。
blog21.jpg

史跡 尼寺廃寺(にんじはいじ)跡だそうな。
大きな礎石が発掘されています。
blog22.jpg

7 世紀ごろ?!
とんでもない大寺院があったのですね。

尼寺廃寺跡学習館も新設されています。
blog23.jpg

史跡は古そうなんですが
公園化したのは最近でしょうか。
なんだかぴかぴか。



横の一段高いところに
白山姫(しろやまひめ)神社。
blog24.jpg

下の史跡公園は奈良県香芝市
ここは奈良県王寺町のようです。

王寺町の神社にはたいてい絵馬堂があります。
blog25.jpg

氏神さまとの結びつきが強く
誕生すると!
秋祭りに絵馬を奉納する習慣があるようです。

当然!
大昔からのものが残っているはずなんですが
5、60 年以上過ぎたものは風化が激しく
この日見た絵馬の中では
昭和 17 年のものが最古でしたが。

この町にも新興住宅ばかりが目立ちます。
もうすたれて行く風習なんでしょうか。



王寺町を北上します。

乳垂(ままたれ)地蔵。
blog26.jpg

たくさんお祀りされていますが。
もしかして石灯篭の影になっている尊者かな。
気づくのが遅くて!ごめんなさい。

推古天皇の産んだ子の乳母のお乳が出ないので
推古天皇が祈願したら霊験あらたかだった
お地蔵さまらしい。

推古天皇が
自分で授乳したらいいようなものを!
なんて考える由緒ある庶民で!すみません。

あかちゃんの “まま” は
“乳” ということですね。



さらに北にとぼとぼ。

お~!特大な雪丸!
blog27.jpg

聖徳太子の愛犬のいる達磨寺。
blog28.jpg

大昔から(年代不詳)いる石の雪丸くん。
blog29.jpg

達磨寺には
達磨大師と聖徳太子が祀ってあります。
達磨大師と聖徳太子がここで出会ったそうです。

もう!聖徳太子の伝記はなにもかも
100 %ウソに思えてきますね。
上宮太子はいたかも知れないけど
聖徳太子はいなかった?!

灰色の脳ではどうしても理解できないことは
「30 年も皇太子のまま」だったこと。

蘇我馬子にくし!
その 1 点を覆いかぶせるため
聖徳太子を持ち上げたような気もします。

それはともかく
達磨大師と聖徳太子の像の前で
坐禅したことがありましたね。
“ゆるい” 緊張感のない坐禅でしたが。



雪丸の足跡をたどって帰ります。
blog30.jpg

王寺町には「雪丸」だらけです。

JR王寺駅の前にも。
blog31.jpg



ん?!
片岡城跡と
畠田古墳を探しにきたのですが
忘れて歩いて!帰ってきていました。
年中!頭の中に蝶々が飛んでいますが
春はそれが顕著なような。
コメント(0) 

八幡まちかど雛まつり 2017 [町道!街道!眠り未だ足らず]

京都府八幡市の東高野街道の
「まちかど雛まつり」
(2017/03/25 ~ 04/10)です。
blog21.jpg

旧暦 3 月 3 日は
今年は 3 月 30 日なので
ちょうどいい季節のはず。
blog22.jpg

予定したり!覚えていたことはないのですが
毎年のようにこの「雛まつり」に遭遇しています。
そう年になん度も
八幡市を訪ねている訳でもないのにね。
blog23.jpg

東高野街道とは高野山参詣の道。
南下する高野山ルートはいくつか。
それが今の河内長野市で集まり
そこから高野山までは 1 本道になっているはず。

その高野街道の一番東の道。
京街道から分岐して進むんですね。
京(みやこ)から徒歩で行くのならこの道ですか。

今年のお雛さまは
71 か所の町家!街角に展示していました。

神社でも。
blog24.jpg

お寺の本堂にも。
blog25.jpg

交番にも。
blog26.jpg

銀行にも。
blog27.jpg



この町の雛まつりには
手作り!オリジナルのものが多いような。
blog28.jpg

ほのぼの。
blog29.jpg

タペストリータイプ。
blog30.jpg

古い掛け軸も展示されていますけどね。
blog31.jpg

陶器の絵皿でしょうか。
blog32.jpg

吊り雛もいくつか。
blog33.jpg

大きな玄関がある家じゃないとね。



なんですか?!
blog34.jpg

生臭いことは似合わないと思うのですが。

不謹慎ながら私は
やっぱり男女の関りだけが気になりますね。

男雛と女雛の並べ方が毎年話題になります。
毎年結論も正解もありませんが。

関東飾りは利き腕説。

女性は刀の鞘(さや)のように
左手で抱くというもの。
鞘!ですかねぇ!
いいえて妙ですが!失礼でもあるような。

京雛は陰陽五行説かな。

「天は左にめぐり!地は右にまわる」

「男は左にめぐり!女は右にまわる」

それがどうして江戸飾りの逆になるのかどうか
阿呆はにわかに理解しづらいですけどね。

「医心方」(巻第廿八 房内)を
広げて見るほうが早いかな。

先年も同じような考えが
堂々めぐりをしていたような。
拙ブログ 2014/03/03」をご笑覧あれ。

いつまでたっても学習も進歩もないですね。



「嫁に行った娘がね!」
「テキトーに処分してと勝手なこといいます」と
道で出会った還暦か古希か年に不足のないご老体。

可愛いかった娘も
もうおばあさんになる年なんでしょうか。

それで!いろいろ加工して
あちこちに展示しているのだそうな。

娘さん!なん人いらっしゃるのか
たくさんお雛さまがあるんですね。

まぁ!その年代の!
先の大戦後に作られたお雛さまは
骨董品価値も薄いのでしょうね。

古いお雛さまは
それなりに
観賞価値があるかのも知れませんが。
blog35.jpg
コメント(0) 

久宝寺緑地はお花見の季節 [町道!街道!眠り未だ足らず]

久宝寺緑地の心字池。
blog71.jpg

バラタナゴを保護しているそうな。

バラタナゴは
バラ色の婚姻色が出るから命名されたのかも。
もっとも
他のタナゴでもイタセンパラでも
ウグイでもオイカワでも多くの淡水魚には
あざやかな婚姻色が出ますけどね。

最近!バラタナゴを
ニッポンバラタナゴと呼んだりしていますが。
進駐軍(!)が席巻しているので
区別しなければならなくなったのですね。

その進駐軍はタイリクバラタナゴ!?
図体は大きいです。
丈夫です。
大和なでしこはたくましいものに魅かれます。
弱いです!人間も魚も。
交雑します。
大変です。

タイリクバラタナゴは
1942 年ごろ
ハクレン等の種苗を大陸から導入したときに
紛れ込んだらしい。
その時代には環境もなにも考えず
ただ!食糧の増産だけを叫んでいたらしい。

早いですね。
紛れ込んだものが
わずかな時間でもうすぐ日本を征服しそうです。

池の中のネットで厳重に
保護されているものはなんですか。
blog72.jpg

屋根までかぶせているのですが。
鉢に植えているのなら
他に移動してもいいようなものなのに。



広いです!久宝寺緑地。
大阪府立かな。
大阪市と東大阪市と
八尾市の境界線上にありますが
大部分は八尾市にあるようです。

花壇がまぶしい。
blog73.jpg

花の広場。

あ!満開の花。
blog74.jpg

なんでしたか!?
blog75.jpg

思い出せません。
思い出さなくても命に別状ないですけどね。

桜花の季節です。
blog76.jpg

ファミリー広場ははなやいだ声がいっぱい。
blog77.jpg

バーベキューエリアもあるんですね。
blog78.jpg

そんなちまちました庶民的なしあわせなんか
嫌いです。

だいっきらいだい!

ぐすん。

299 円(税抜き)で買った弁当を
静かな隅っこで食べるもんね。
blog79.jpg

先日!京都では 398 円で売られていた弁当。
大きなサバ(鯖)がおいしい。

余談ですが
おなじメーカーのおなじ「おにぎり」が
コンビニで 110 円!
スーパーで 49 円で売られているのは
どういう仕組みかと
居酒屋のおじさんがいっていましたが。

49 円で買ってきて並べておけば
夜中に小腹が空いて
100 円で買う人がいるよといっておきましたが。

「売れ残ったら!どうするんやぁ!?」

具も海苔もいっしょに水で煮たら
雑炊ができるから朝食にしなさい。



新芽が可愛い。
blog80.jpg

シャクヤク(芍薬)園ですね。
生家にありましたね。
毎日!延びる芽を観ていた暗い幼い日。
今はもう!
枯れるか捨てられるかしていることでしょうね。



JR加美駅の案内板の矢印に向かえば
ごみごみした街の中では
まったく方向が分からなくなりました。
モバイル系のものは持っていないし
だれかに聞くのも人見知りが強いし。

あ!ごぼう(牛蒡)?!
blog81.jpg

八尾名物(!)の「若ごぼう」でしょうか。

「葉ごぼう」をここではそう呼んでいます。
根は可愛いのですが
葉と葉柄を食べるのですね。

もっとも大阪では
「ごぼう」といわず
「ごんぼ」と発音していますが。

「八尾」の「ごんぼ」の意味なのか
「やーごんぼ」なんて書かれたりしていますが。



やっとJRの駅に着きました。
blog82.jpg

駅が新しくなっているような。

ん?!
「JR新加美駅」!?
知りませんよ!こんな駅。

すぐ近くに!
blog83.jpg

これが知っている加美駅なんですが。

新加美駅は「おおさか東線」の駅でした。
久宝寺から
放出(はなてん)までつながったようですが
まだ先へ工事中の路線でしたか。



(保育社/原色日本淡水魚類図鑑/参照)
コメント(0) 

京街道 枚方宿 春のころ [町道!街道!眠り未だ足らず]

京阪・枚方公園駅前。

「京街道」
「枚方宿(ひらかたじゅく)」だそうです。
blog51.jpg

豊臣秀吉が整備した
大坂・京橋から京都・伏見に行く京街道。
京から見れば大坂街道かな。
その街道の中間あたりでしょうか。

「東海道」の表記もありますね。
江戸幕府になって東海道が延伸
京街道が東海道の東端になったようです。

北へ!京都に向かって歩きます。

「鍵屋」です。
blog52.jpg

「枚方市立 枚方宿 鍵屋資料館」です。

なん階建てかよく分からないけど
大きな家です。
blog53.jpg

江戸時代の船宿ですね。

昔の旅人。
blog54.jpg

こんな軽装で
よくまぁ旅ができたものですね。

しばらく東海道をトレースすれば田葉粉屋。
blog55.jpg

田葉粉屋は「たばこや」と読むのかも。
この建てもの群は明治時代のもの。

浄念寺。
blog56.jpg

「西御坊(にしごぼう)」と呼ぶらしい。
近くの願生坊は「東御坊」ですか。

西とか東とかは西本願寺・東本願寺の略。
本願寺が東西に分裂する以前は
順興寺の寺内町!
商業都市として栄えていたそうな。



淀川の堤に上がります。
blog57.jpg

広い河川敷。
「ひらかた水辺公園」という呼称とか。

淀川資料館でお勉強。
blog58.jpg

あ!
blog59.jpg

お行儀のいいおさかなたち。

こんな小魚たちは
「鷺(さぎ)知らず」といわれるほど
動きが速いはず。(拙ブログ 2007/02/06
のんびりしていたら
鷺に食われてしましますから。

あああ!
つづけてシャッターを押したときには
みんな四方に散って!
まったく画像にはなりませんね。

一瞬も止まってくれません。
あの整列はなんだったの!
でもまぁ!春がきましたね。


水ぬるみ 鋭角に飛ぶ 鷺知らず  ほっ



丘の上の意賀美(おかみ)神社に。

梅林にまだかすかに花の色がありますね。
blog60.jpg

梅林の横の御茶屋御殿跡は見晴らしがよろしい。
blog61.jpg

昭和 8 年(1933)のおなじ場所の画像。
blog62.jpg

さらに大昔
京街道を往来するときの
豊臣秀吉も見ていた景色かも。

ここに秀吉が愛妾のために
御茶屋御殿を建てていたのですね。

森繁久弥も幼年時代にひとり見ていたのかも。
このあたりで
寂しいこども時代があったと聞いたような。



京阪電車の線路沿いに歩きます。
「せせらぎ水路」をたどります。

ん?!
blog63.jpg

一瞬だけ驚きました。
人の足かと!

はは。
横溝正史の「犬神家の一族」みたいで。
上方落語の「たこ坊主」のようでもあります。

ま!どちらも人間を池の底の泥に突っ込めば
水面から足だけが出ているということですが。

そうなりますか!?
ならないでしょう。
ヒトを逆さに突っ込めば
すぐに浮いて!
足だけ出したままで静止しないでしょう。

書いたり演じたりするときには先に
自ら池に飛び込んで試してみましょう。
なにか大きなおもりを
首にくくりつけたらよろしい。



京阪・枚方市駅から帰ります。

ラッピング車両が停まっていました。
blog64.jpg

「きかんしゃトーマス」号というのでしょうか。
間違っているのならごめんなさい。

「きかんしゃトーマス」は
もう 10 年くらい走っているような。
人気があるんですね。
私の感覚では分からない世界です。

今年の意匠がこれなんでしょうか。
もっとも!去年のものの記憶はないですが。



(敬称略)
コメント(0) 

高取 町家のひなめぐり 2017 [町道!街道!眠り未だ足らず]

奈良県高取町です。
「町家のひなめぐり」(2017/03/01 ~ 31)です。
blog01.jpg

毎年 3 月中開催されているような。
それぞれの思い出のあるおひなさまを
それぞれの家の
いろんなところに飾っています。

背伸びして見せてもらいます。
blog02.jpg

足元におわします。
blog03.jpg

参加している町家は 94 を数えます。
町家とひと口でいうものの
店舗や寺院や役場や消防署や近鉄の駅や
屋外の広場や道の脇や、、、!
町中のあちこちに展示してあります。

特大のおひなさま。
blog04.jpg

小さくて可愛いもの。
blog05.jpg

西洋風なもの。
blog06.jpg

新しい段飾り。
blog07.jpg

一閑(いっかん)張りで作られているそうな。
blog08.jpg

和紙と柿渋でとても丈夫なものができています。

わぁ!土人形!
blog09.jpg

私にはちょっとだけ懐かしい。

掛け軸のおひなさま。
blog10.jpg

明治時代のものだそうな。



いくつかの展示にはその思い出!
思い入れの書かれた色紙が添えられています。

私には桃の節句にも端午の節句にも
思い出も思い入れもありません。

「オカマだから!?」

失敬な。
おフランス人(?)だからですよ。
おね~さんのひな人形は?!

「小さなガラスケース入りのがあるけど」

来年にはそれでお祭りしましょう。

「出して見たくもないよ」
「それにしても」
「もう 4 月になるのに遅いのでは?!」

そうでもないと思います。

そもそも旧暦の行事を
新暦でするから無理があるのでしょう。
まだ 2 月でしょ!旧暦では。
寒い!

今年の旧暦の 3 月 3 日は新暦では 3 月30 日!
ことほどさように
明治以降は日本全国あちこちで
4 月の 3 日とか 4 日に
桃の節句を祝ってきたはずです。

「それはオカマの日じゃないの?!」
「カルーセル麻紀なんかがいっていたよね」

昭和 22 年(1947)4 月 4 日
高松宮の日記を見ると
おひなさまを見せるために
「アメリカの赤十字関係者」約 40 人を
招いています。

皇族でも
4 月にひな飾りをしているじゃないですか。



菜の花や 空たれさがり、、、!
blog11.jpg

「最後までいいなさい」

とっさの思いつきですから。
いってもいいですけど!笑うでしょ!

菜の花や 空たれさがり 乳首立つ

「ヘンタイ!」

だからいいたくなかったのに。
今日のおね~さんのバストの位置が
いつになく高いもので。

ここはメイン会場の雛の里親館。
blog12.jpg

山城の高取城をトップにして
城下町を表しているようです。

「町家のひなめぐり」の中心は
山の上の城に向かって
ゆるやかに上る土佐街道沿いです。
blog13.jpg

土佐街道の「土佐」とは
6 世紀の初頭!
土佐から労役のために連れてこられた人たちが
帰れないで住み着いた集落だからだそうですよ。

仏教が伝来していたかどうか
分からないほどの大昔。
すごいですね。

それからずっと
「土佐」の「アイデンティティ」を
共用して暮らしているとは。



城代家老の役宅だった植村家長屋門。
blog14.jpg

このあたりまでくる観光客は少ないですね。
まだまだ「おひなさま」の展示はあるのに。

これ!おひなさまですか!
blog15.jpg

今年の干支の「酉雛(とりびな)」だと
おばあさん 3 人組がいいます。

おばあさんたちが素朴なものを売っていました。
買いました。
blog16.jpg

重いよ~!
60cm ほどの椎茸の榾木(ほだぎ)300 円。
1kg を越えている水菜は 100 円。

ここは「くすりの町」ですから
大和当帰(とうき)の
ティーバッグをもらいました。
blog17.jpg

婦人病に効くそうな。
さっそく!いただかねば。

「あなたは飲まなくてもいいの!」



この日の
アラフォー(around 40)のおね~さんの作句。

菜の花に 抱かれし恋が 遠くなる

春おぼろ 土佐街道の 後庭花(こうていか)

拙句は。

菜の花や 空たれさがり 人は逝く

「乳首から離れても!寂しいのね」

寂しいのは「後庭花」のほうでしょう。
じゃ!

菜の花や 空たれさがり 迷ひ道

「どうしてもたれさがらせたいのね」

「おひなさま」も詠んだのですが
脳に春霞が漂っていて隠してしまいました。



(高松宮宜仁親王著/高松宮日記/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
前の5件 | - 町道!街道!眠り未だ足らず ブログトップ