So-net無料ブログ作成
平安京有情 ブログトップ
前の5件 | -

京都御苑のたぬき 女優のたぬき [平安京有情]

京都御苑の京都迎賓館の東に
メタセコイアの林がありました。
blog51.jpg

1950 年に日本に入ってきた苗木の一部なら
樹齢は 70 年ばかりかも。
紅葉の季節にきてみたいもの。

このあたりなぜか
「コオロギの里」と名づけられています。
人はあまりこないので
昼間からいろんな虫の声があります。

あまりはなやかな花や実のない季節です。

南の端の九條池の中の厳島神社に
コムラサキがひっそり実をつけていました。
blog52.jpg

向こうに見えるのは
九條邸跡の拾翠亭(しゅうすいてい)です。

拾翠亭の 2 階から池を鑑賞しましょうか。
blog53.jpg

目前のサルスベリにも
ほんのわずかピンク色が残っているだけ。

閑院宮邸跡の池のほとり。
blog54.jpg

1 株の彼岸花も盛りが過ぎましたか。

京都御所の中の池のほとり。
blog55.jpg

中秋の名月のころ。
1 株のススキが穂を出しています。
フジバカマも咲いています。

お!
遠い台湾あたりからフジバカマに飛んでくる
アサギマダラ!?
blog56.jpg

違いますか。
ツマグロヒョウモンの女の子かな。
動植物の名前は
毎日のように
みなさんにレクチャーされるのですが
まともに覚えているものは少ない阿呆です。



京都御苑は林のようでもあり
キノコもたくさん出ています。
blog57.jpg

イグチの仲間なら食べられそう。
干してから食べたらいいのでは。
blog58.jpg

「マツタケ!?」

若いカップルの弾んだ声に飛んで行くと。
blog59.jpg

京都御苑にも
京都御所にも赤松が多いのですが。
若い個体はありません。

50 年越えた樹齢の木のすぐ根元に
マツタケが出ますかねぇ。
ま!食べてみてください。
毒はないと思いますよ。はは。



レストランがありました。
blog60.jpg

名前の分からないレストラン?!
もしかして
「京都御苑 中立売北休憩所」というのかな。

「たぬきうどん定食」
税込み 880 円があります。
blog61.jpg

麺類の「たぬき」は
各地で内容ががらりと違います。

京都の「たぬき」は
油揚げは入っているんですが
とろみあんがかかっています。
blog62.jpg

すりおろした生姜がのっていました。

大阪のうどん定食といえば
たいていごはんがついてくるのですが
京都は雅ですなぁ!?
いなり寿司が 1 個!



撮影中なんかで
そば屋で昼食というとき
いつも「たぬきうどん」と
バカのひとつ覚えのように頼んでいた
女優がいたそうな。

女優は初めてそういうことになったとき
まったく様子が分からなかったから
隣の人が頼んだのでそうしたとか。

以後ずっと「たぬきうどん」ばかり。

女優は「食通」と広く認められていた
作家の檀一雄の長女。

しかし!
ほとんど外食なんかに
連れて行ってもらってなかったそうな。

それだけではなく
その父に苦しめられていたのですね。

「料理人」の父は家にいるときには
盛大に買い出し!
呼びたいだけ客を呼ぶ!
ありったけの鍋や皿を汚す!
レンジを汚す!

そして山のような洗いものは
毎回!娘たちに課せられたそうな。

それで料理を嫌いになったのか
関心がなくなったのかは知りませんが。



東京の「たぬきうどん」は
どんなものでしたやら。



(檀ふみ・阿川佐和子著/
  ああ言えばこう食う/を拾い読み)
(敬称略)
タグ:檀一雄
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

錦小路の由来 スタバの川床 [平安京有情]

阪急・京都本線の終点
京都側からみると起点の河原町駅から
地上に出ます。

京都らしく舞妓さんの絵の階段。
blog81.jpg

近づくと童顔(!)になります。

用事もないけど錦市場を往復します。
blog82.jpg

おいしそうな匂いを
かぐだけで満足するばかり。



東西に走る錦小路の中の
400m ばかりのところにできた市場ですが。

この錦小路
大昔は大変不潔で汚い通りだったそうな。

そこで通称・くそ小路。

それじゃあんまりだというので
四条大路の南に綾小路があるので
北は綾錦小路に改名したと聞きましたが
綾錦小路から錦小路へなったと。

いや!不潔ではない!という人がいます。

元の通りの名が具足小路。
それを「ぐそ小路」なんて
変に略していうから改名したという説。



最近!自称・有識者に
宇治拾遺物語を読めといわれましたが。

家貧しくして
わが家には中高生が読むような簡略な
今昔物語と宇治拾遺物語が
合体したような薄い本しかありません。

頭を下げて教えてもらったことを書きますと。

あるエラい僧が
死んだ母のために 3 年間
飲まず食わずで経を唱えていた後は空腹で
米 1 石炊いてさしあげても
10 石あげても食べてしまいます。

実は人間の目には見えなかったのですが
僧についてきているなん万という
餓鬼・畜生が食べていたのですね。

僧が具足小路を歩くと
みんなもそれに従います。

そしてしたのです。
雲古を!
なん万という餓鬼の排泄物で
小路は埋まってしまいました。

非常に簡略に教えてくれたものを
さらに省きながら書くと
以上のようになります。

このはなしに藤原師輔(909 ~ 960)が
出てくるそうですから
そのころに
錦小路になったのかも知れません。



錦小路に立ち飲みの店が増えたような。

酒樽のテーブル!いいですね。
blog83.jpg

外国の人の関心が集まっていました。
blog84.jpg

なんの変哲もない量り売りなんですけど。

いつもの漬けものの試食にも海外の人が。
blog85.jpg

だれが見てもきれいに見えますからね。



先斗町を横切ります。
blog86.jpg

まだ「京の夕涼み」「鴨川納涼床」の
ちょうちんが下がっています。

先斗町の通りの裏の鴨川に回ると
その「夕涼み」の
川床(かわゆか)があります。
blog87.jpg

それも 9 月 30 日までですね。
5 月 1 日から始まったのですが。

四条大橋を渡り対岸をさかのぼります。

なん軒かは
5 月と 9 月に昼間も営業しています。
blog88.jpg

名残りの昼床ですか!楽しそうですね。



三条大橋から上流の右岸にも川床が。
blog89.jpg

あれ!
橋のたもとは
コーヒー店のスターバックスですけど。
blog90.jpg

川床でコーヒーが飲めましたか。

川床のランチは安くても 5,000 円くらいは
覚悟しなければならないでしょう。
表示価格より
税金はもとより
サービス代もプラスされたりしますから。

わ~い!
3,000 円切っていると思ったら
別に床料を請求する店舗もあるようです。

いったい!いくらで
コーヒーを飲めるのでしょう。

もし!コーヒー代!実費だけでいいのなら
鴨川で一番安い川床なんですが。

満席でした。
出直します。

あ!今考えたら
もうシーズンは終わりましたね。
来年までの宿題になりました。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

白川に浮かぶ茶室 平安神宮神苑の秋 [平安京有情]

朝から仕事がありません。
いつものことですが。
することもありません。
いつものことですが。
ついでにいえばお金もありません。
いつものことですが。

あ!今日は休日のはずの
アラフォー(around 40)の
おね~さんがいましたね。

「動物園にでも行きませんかぁ。

「どうして?!」

「そろそろ秋の発情期かも。
「見に行きませんか。

「私はね!」
「おとうちゃんのお墓参りに行くの!」

怒っちゃイヤよ。
たぶん!墓参はいい訳でしょうけど
断られましたね。
いつものことですが。



知恩院の西側の白川をさかのぼります。
blog61.jpg

いつも天王寺動物園で休憩しているので
今日は京都市動物園に行ってみます。

白川の中に「籠の鳥」!?
blog62.jpg

きれいなおね~さんが
かくまわれて(?)います。

「一服いかがですか」
「こちらにいらっしゃいませんか」
blog63.jpg

茶室ですか。

「あ!ありがとうございます。
「茶道は不調法でごめんなさい。

もっとも華道も剣道も陰陽道も
およそ道とつくものはみんな不調法で
六角堂でも千本釈迦堂でも
修業したことはありませんから。

もし水位が上がったら
おね~さんは「籠の人魚」になりますね。

この上流に太公望がふたり。
釣れていました。
blog64.jpg

すぐ上流で琵琶湖疏水と混ざっていますから
魚種は豊富なのかも。

私はそのずっと上流の疏水で
アユやゴリを釣って食べていたことが
ありましたが。(拙ブログ 2009/05/11



わ!
blog65.jpg

京都市動物園は休園でした。
今日(2017/09/19)は火曜日ですぞ。

大昔から休園は月曜日だったでしょ!

そうか!昨日は祝日かぁ!?
たぶん!オープンしていたのでしょう。
それで振り替えの休日かも。

曜日も祝日も
ほとんど気にしないで生きていますからね。
TV大好きのあるおばさんなんか
曜日ばかり気にしていますが
私はTVもほとんど見ませんからね。

銀行の引き落とし日は気にしていますが
税金は督促状がくるまで
忘れたふりをしています。



京都市動物園の隣地は平安神宮。
blog66.jpg

正面の応天門をくぐります。
blog67.jpg

ん?!
あんな通り方!していいのでしょうか。

私なんか異教徒は
門の隅のほうをこそこそ通りますが
真ん中を!
しかも渡されている横木を踏んでいますね。
叱られないのでしょうか。

外国の人はともかく
日本語をしゃべっている輩に結構多い。

広いですね!外拝殿。
blog68.jpg

赤と緑がきれい。



神苑の
秋の無料公開の日(2017/09/19)でした。

花の少ない季節ですがね。
blog69.jpg

以前には小川にたくさんのシジミ(蜆)と
シジミの殻があったのですが。
blog70.jpg

それほどではないですが
シジミはまだ棲息していますね。
このシジミ!
日本の種と違うような気がするのですが。

スマホの操作をしながら臥龍橋を渡る
おね~さんたち。
blog71.jpg

落ちたときがシャッターチャンス!
でも!なかなか落ちませんね。残念。

飛び石は白川石!
豊臣秀吉が造営した
三条大橋と五条大橋の橋脚だとか。

このなん年か
ここの萩をよく撮ってきましたが
これ!もう花の季節が過ぎたのでは。
blog72.jpg

大阪の季節は
年々早く通り過ぎるような気がしますが
京都もそうなんでしょうか。

神苑は池泉回遊式庭園でどこも水だらけ。
4 エリアに分けて造られているようですが
中でも東神苑は大部分が水。

その池の中を橋殿(泰平閣)が横切っています。
blog73.jpg

いつもなら休憩する人でいっぱいなんですが。
blog74.jpg

神苑は水の庭ですが
赤松の庭でもあります。
blog75.jpg

赤松はすてきですね。
上品な緑です。

アラフォーのおね~さんに
動物の「発情期」なんて
よけいなことをいわないで
連れてきてあげたらよかったかも。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モダン焼きフジ 清水寺千日詣り [平安京有情]

京都です。
某大学の時計台の下でしばし立ち尽くします。
これから数時間のスケジュールが
急に飛んでしまいました。

私の都合ではありません。

自慢じゃないですが!といいながら自慢しますが
ここ 10 年!自分で企画したハイキングなんか
毎月 1 ~ 3 度催行してきましたが
台風で交通機関が止まった 1 回をのぞいて
中止したことはありませんがね。

ま!人の都合を責めてはいけません。
やがていつか
私もあやまるときがくるでしょうから。

百万遍さん(知恩寺)に寄って
法然上人に反省を入れてから
京阪・出町柳駅に向けて歩きます。

「モダン焼き」専門店(!)の「フジ」です。
blog41.jpg

あんまり「お好み焼き」には
食指が動かない人生なのに
なぜか今日は目につきました。

「サービスランチ」がお得そうですね。
入店してみます。

おお!「モダン焼き」のメニューがずらり。
blog42.jpg

眼前に数十はありますね。
左右に目をやれば
その 3 倍くらいになるのでしょうか。

「モダン焼き」ってなんでしょうか。

お好み焼きに
そばやうどんや中華麺等
ま!麺類を合わせたものでしょうか。
簡略に
お好み焼きの具に麺も使ったもの!といえば
叱正されるでしょうか。

実際!私の前で溶かれた粉が
鉄板に丸くのばされて焼かれ始めました。

そこへウスターソースみたいなもので
濃い色!濃い味をつけてきた
そばを持ってきてのせました。

その横で鶏卵が 1 個
丸くのばされて焼かれました。

そばのせお好み焼きがひっくり返されて
たまご焼きの上に重ねられました。

たまごと小麦粉の間に
そばがはさまったものが完成。
blog43.jpg

サービスランチはこれに
「フジ玉子」なるものと
「味付ライス」なるものがつきます。

「フジ玉子」とは
目玉焼きとも
ポーチドエッグともよく分からない半熟卵に
だし醤油みたいなものがかかっています。

「味付ライス」とは
具の入っていない炊き込みごはんみたい?!

税込み 720 円です。



今夜(2017/08/16)は
五山の送り火があります。

予定ではここから近い
鴨川の上流の
賀茂川の堤防から見るつもりでしたが。

送り火の点火は 8 時から。
まだ 7 時間以上あります。
待てませぬ!帰ります。

京阪に乗ったものの
清水五条駅で降りました。

清水寺の「千日詣り」を思い出したのです。

六波羅蜜寺に寄り平清盛の塚に合掌。
blog44.jpg

向こうの集まったお地蔵さまの袈裟が白い。
白い色がなぜか今日は印象的。

松原通りに出ましょう。
清盛のころには
五条通りだったかも知れませんが。

「幽霊子育飴」があります。
blog45.jpg

「幽霊子育飴」やら「六道の辻」やら
「小野篁(たかむら)」やら「六道珍皇寺」やら
「鳥辺野(鳥部野・鳥戸野)」やら
他国の小心ものの私には
おどろおどろしい地域ですが
地元の人は
「ハッピー」に生きているんでしょうね。
blog46.jpg

六波羅は六原と書くのですね!なるほど。



坂を上って行けば細い路地に観光客。
blog47.jpg

八坂の塔かな。
海外の観光客のみなさんよくご存じで。

外国の若ものたちがたむろしています。
blog48.jpg

アイスキャンディですかぁ!
blog49.jpg

おいしそう!
のども渇いています。

でも!食べていませんけどね。
1 本 500 円!ですもの。
貧乏人は持参のぬるくなった水を
飲みながら歩を進めます。

三年(産寧)坂近くなると
観光客が増えに増えて
芋の子を洗うようにおしくらまんじゅう。

土産もの店の軒先には
やっぱり「千日詣り」の提灯だらけですね。
blog50.jpg

ほうほうの態で清水寺に。
blog51.jpg

浴衣姿の外国のおね~さん方がいっぱい。



清水寺の「千日詣り」は最終日。
「採燈大護摩供」の日かな。

ほら貝の大合奏が聞こえる
三重の塔の下に行きます。
blog52.jpg

「五山の送り火慶讚の仏教行事」だそうですが
よく分かりません。

おごそかに延々と執り行われています。
blog53.jpg

ときどきながら
私もいっしょに「般若心経」を
なん回か唱和しましたよ!暇なもんで。

たまたま今日は持っていた
脚立の位置をなん度か変えていたら
点火!やれやれ。
blog54.jpg

くさぐさのものを隠すけむりでしょうか!
いい感じです。
blog55.jpg

それもつかの間。
blog56.jpg

この後
今夜は 9 時半まで
内陣のほうでなにかあるようでした。



この夏は「千日詣り」を
3 度したことになります。
拙ブログ 2017/08/02 2017/08/10
積極的に参加したのかどうかはさておいて。
いいことがあるかも。

夏が行きます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

清少納言の遊ぶ三船祭 [平安京有情]

京都市右京区の
車折(くるまざき)神社の境内に
清少納言社があります。
blog71.jpg

小さな祠(ほこら)です。

清少納言と中宮・定子は
才女同士の出会いですね。
ほんの短い日々でしたが
充実した生活を送り
清少納言は “枕草子” に
定子を生き生きと書き留めました。

定子の死後
清少納言の消息は絶えました。
今では本名も墓所もはっきりしません。

この神社の祭神は
清原頼業(きよはらよりなり)だそうな。
清少納言は清原氏出身と推察されるので
ここに祀(まつ)られているのですね。



今日(2017/05/21)は「三船祭」です。
清原頼業の生きた平安時代の船遊びを再現する祭。
その会場の
嵐山の大堰川(おおいがわ)に移動します。

拝観を拒否して!もう長い臨川寺(りんせんじ)。
blog72.jpg

岡本かの子の小説「鯉魚(りぎょ)」の舞台。
応仁の乱の後の
臨川寺の沙弥(しゃみ)と
丹波の殿さまの娘が
大堰川の河原の葦の中で恋をしたのですね。

臨川寺の前は小説では大堰川。
blog73.jpg

今の河川名は桂川。
その桂川の渡月橋から上流が通称・大堰川かも。

渡月橋のすぐ上流に堰(せき)があります。
blog74.jpg

大きな堰です。
だから大堰川。
もっとも渡月橋は昔は
ここより上流に架けられていたといいますから
この堰もこの場所ではなかったかも知れません。

ちなみにその上流の船下りで有名なところは
保津川と呼ばれたりしています。

あまり深く考えても阿呆にはしんどいだけ。
やめましょう。



渡月橋の左岸のたもとに
車折神社の頓宮がありますが。
blog75.jpg

今回の祭事には関係なさそうです。

大きな堰!大堰川の右岸で待ちます。

12 時半過ぎて
中の島を出た “清少納言” 一行が
渡月橋を渡っています。
blog76.jpg

催事はすべて左岸のほうです。
blog77.jpg

こちら側は道の幅員がない上
手すりもなにもない路肩の横は水深のある川。
そこへやっぱり人が押しかけて
危ないったらありゃしない。

私は!たぶん上ってはいけない山肌に
はい上がり!とりついています。



延々と 1 時間あまり
事情もなにも分からないまま。

やっと船が動き出しました。
blog78.jpg

船は右岸のほうにもやってきます。
blog79.jpg

ボート等!見学するために出動している
小舟が多くてわずらわしい。
blog80.jpg

船は 2 隻を
つなぎ合わせた構造になっているのですね。
blog81.jpg

ん!?
なん隻回っているの?!
blog82.jpg

「三船祭」ですから 3 隻?!
blog83.jpg

御座船!龍頭船!鷁首(げきす)船かな。
浅学にして
鷁(げき)なんて動物知りませんぞな。
そして!どれがどれやら。



後白河法皇(1127 ~ 1192)が集めた
今様歌謡の梁塵秘抄に

嵯峨野の興宴は鵜舟(うぶね)筏師(いかだし)
流紅葉(ながれもみぢ)
山蔭(やまかげ)響かす箏(しやう)の琴
浄土の遊びに異(こと)ならず

という歌がありましたが。

船遊びは極楽浄土のようですね。

他にも梁塵秘抄に「嵯峨野の興宴」は 2 首。
大堰川は遊びに適した川なんでしょうか。

16 世紀の閑吟集に

今朝の嵐は 嵐ではなげに候(す)よの
大井川の 河の瀬の音ぢゃげに候(す)よなう

なんて小歌がありますが。

嵐は嵐山とかけてあるようです。
大井川は大堰川のこと。
遊女が客にいっているのかな。
枕の下を水が流れていたのかも。

大堰川の周辺は
遊所が集まっていたとも聞きましたが。



あ!
2 隻を合わせた船ではない船もあります。
blog84.jpg

これが御座船でしょうか。

望遠レンズをいっぱいに伸ばせば
清少納言(たぶん!)がいました。
blog85.jpg

“こども” も。

余談ですが
遊女も禿(かむろ)という
こどもを従えていますね。

宮中!大奥!遊廓!
どうしてよく似た組織になっているの?!

どこかが
どこかのマネをしているのでしょうけど。

それとも
例えば海に降りた哺乳類が
魚類に似た体形になるように
“女” の世界は
どういういきさつで生まれても
最終的には似てくるものなのでしょうか。



(梁塵秘抄/佐佐木信綱校訂/)
(閑吟集/浅野建二校注/参照)
(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 平安京有情 ブログトップ