So-net無料ブログ作成
検索選択
平安京有情 ブログトップ
前の5件 | -

清少納言の遊ぶ三船祭 [平安京有情]

京都市右京区の
車折(くるまざき)神社の境内に
清少納言社があります。
blog71.jpg

小さな祠(ほこら)です。

清少納言と中宮・定子は
才女同士の出会いですね。
ほんの短い日々でしたが
充実した生活を送り
清少納言は “枕草子” に
定子を生き生きと書き留めました。

定子の死後
清少納言の消息は絶えました。
今では本名も墓所もはっきりしません。

この神社の祭神は
清原頼業(きよはらよりなり)だそうな。
清少納言は清原氏出身と推察されるので
ここに祀(まつ)られているのですね。



今日(2017/05/21)は「三船祭」です。
清原頼業の生きた平安時代の船遊びを再現する祭。
その会場の
嵐山の大堰川(おおいがわ)に移動します。

拝観を拒否して!もう長い臨川寺(りんせんじ)。
blog72.jpg

岡本かの子の小説「鯉魚(りぎょ)」の舞台。
応仁の乱の後の
臨川寺の沙弥(しゃみ)と
丹波の殿さまの娘が
大堰川の河原の葦の中で恋をしたのですね。

臨川寺の前は小説では大堰川。
blog73.jpg

今の河川名は桂川。
その桂川の渡月橋から上流が通称・大堰川かも。

渡月橋のすぐ上流に堰(せき)があります。
blog74.jpg

大きな堰です。
だから大堰川。
もっとも渡月橋は昔は
ここより上流に架けられていたといいますから
この堰もこの場所ではなかったかも知れません。

ちなみにその上流の船下りで有名なところは
保津川と呼ばれたりしています。

あまり深く考えても阿呆にはしんどいだけ。
やめましょう。



渡月橋の左岸のたもとに
車折神社の頓宮がありますが。
blog75.jpg

今回の祭事には関係なさそうです。

大きな堰!大堰川の右岸で待ちます。

12 時半過ぎて
中の島を出た “清少納言” 一行が
渡月橋を渡っています。
blog76.jpg

催事はすべて左岸のほうです。
blog77.jpg

こちら側は道の幅員がない上
手すりもなにもない路肩の横は水深のある川。
そこへやっぱり人が押しかけて
危ないったらありゃしない。

私は!たぶん上ってはいけない山肌に
はい上がり!とりついています。



延々と 1 時間あまり
事情もなにも分からないまま。

やっと船が動き出しました。
blog78.jpg

船は右岸のほうにもやってきます。
blog79.jpg

ボート等!見学するために出動している
小舟が多くてわずらわしい。
blog80.jpg

船は 2 隻を
つなぎ合わせた構造になっているのですね。
blog81.jpg

ん!?
なん隻回っているの?!
blog82.jpg

「三船祭」ですから 3 隻?!
blog83.jpg

御座船!龍頭船!鷁首(げきす)船かな。
浅学にして
鷁(げき)なんて動物知りませんぞな。
そして!どれがどれやら。



後白河法皇(1127 ~ 1192)が集めた
今様歌謡の梁塵秘抄に

嵯峨野の興宴は鵜舟(うぶね)筏師(いかだし)
流紅葉(ながれもみぢ)
山蔭(やまかげ)響かす箏(しやう)の琴
浄土の遊びに異(こと)ならず

という歌がありましたが。

船遊びは極楽浄土のようですね。

他にも梁塵秘抄に「嵯峨野の興宴」は 2 首。
大堰川は遊びに適した川なんでしょうか。

16 世紀の閑吟集に

今朝の嵐は 嵐ではなげに候(す)よの
大井川の 河の瀬の音ぢゃげに候(す)よなう

なんて小歌がありますが。

嵐は嵐山とかけてあるようです。
大井川は大堰川のこと。
遊女が客にいっているのかな。
枕の下を水が流れていたのかも。

大堰川の周辺は
遊所が集まっていたとも聞きましたが。



あ!
2 隻を合わせた船ではない船もあります。
blog84.jpg

これが御座船でしょうか。

望遠レンズをいっぱいに伸ばせば
清少納言(たぶん!)がいました。
blog85.jpg

“こども” も。

余談ですが
遊女も禿(かむろ)という
こどもを従えていますね。

宮中!大奥!遊廓!
どうしてよく似た組織になっているの?!

どこかが
どこかのマネをしているのでしょうけど。

それとも
例えば海に降りた哺乳類が
魚類に似た体形になるように
“女” の世界は
どういういきさつで生まれても
最終的には似てくるものなのでしょうか。



(梁塵秘抄/佐佐木信綱校訂/)
(閑吟集/浅野建二校注/参照)
(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

葵祭 やすらい花 さば煮定食 [平安京有情]

男性です。
blog71.jpg

着物の模様が
“ふたばあおい” (双葉葵 or 二葉葵)です。

女性の着物の柄も二葉葵。
blog72.jpg

上賀茂神社の観光トイレの表示です。

その上賀茂神社。
blog73.jpg

正午にまだ時間があります。

神輿を引いた(かついでいません!)
こどもたちがやってきました。
blog74.jpg

朝!摂社の
大田神社に集まっていたみなさんかな。
blog75.jpg

二葉葵を背負っています。



上賀茂神社のそばの “今井食堂”
数年きていなかったのですが
こぎれいにこざっぱりしていませんか。
blog76.jpg

失礼な発言ですみません。
ちょっと早いけど朝なにも食べていないので
ランチにします。

昨夜遅くまで
アラフォー(around 40)のおね~さん方と
過激な猥談(わいだん)で盛り上がり
深酒をしています。
猥談と割り勘にはつい力が入ってしまいます。

今井食堂には
“さば煮定食” 700 円と
フライやだし巻きの入った
“おすすめ定食” 750 円の
ふたつしかありませんでしたが。

やっぱり!ここでは “さば煮定食” でしょう。
blog77.jpg



社家の並ぶ明神川に沿って東に歩くと
“やすらい花” がやってきました。
blog78.jpg

“やすらい祭” とか
“やすらい踊り” とかいいますよね。

 花やさきたる やすらい花や
 や とみくさの花や やすらい花や
 や とみおおせば なまへ やすらい花や

“やすらい花や” は
囃子詞(はやしことば)らしい。
もっとも各地で歌詞は違うそうですが。

“やすらい祭” は
例年 4 月の第二日曜なのでは?!

昔は今宮神社!玄武神社!上賀茂!下賀茂!
西賀茂!上野!紫竹!門前町!雲林院!等
あったそうな。
そのうち!今残っているのは半分くらい?!
その中で
ここ上賀茂だけは
5 月 15 日に催行しているのですね。

鬼さんたち。
blog79.jpg

太鼓をたたいていますが踊ってはいません。



そうです!
今日(2017/05/15)は葵祭の日でした。

路頭の儀(行列)は
午前中に京都御所を出て
下鴨神社に着いているはず。

賀茂川右岸をゆるゆると下っていたら
下鴨神社からきた行列に遭遇しました。
blog80.jpg

京都三大祭のひとつといわれていますが
ま!天皇家とか貴族の行事ですから
大勢の八瀬童子が仕切っているはず。
八瀬小学校の児童も頑張っているのでしょうか。
blog81.jpg

上賀茂神社に向かっています。
blog82.jpg
blog83.jpg

桂の小枝と葵の葉を組み合わせた飾りを
行列に加わっているすべての人や
すべてのものに飾っています
blog84.jpg

行列は 1km ほどつづいているのでしょうか。
30 分ばかりで通り過ぎて行きました。
blog85.jpg



(手塚治虫作/火の鳥/乱世編/)
(辻與一著/京を探る/を参照しました)
(敬称略)
タグ:火の鳥
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大文字山 火床にひとり [平安京有情]

可愛い椎茸の榾木(ほだぎ)です。
blog41.jpg

先日!奈良県高取町から
持って帰ったものです。(拙ブログ 2017/03/25

北のベランダに立てておいていたのですが
乾燥が激しい。
大昔にベランダで椎茸の原木栽培(!)をして
収穫したことがありましたが。
この家でのことではありませんが。
もっと太い木が数本あったような。

どんなにして乾燥を防いでいたのか!
まったく忘却しています。
つけ焼き刃で
原木栽培の手引書をめくってみても
(そんな本を持っている私はすごいね?!)
山ん中のはなしばかり。

山のお大尽や!山間育ちの人に尋ねても
寝かせろ!いや立たせろ!
初め伏せておいてから立てかけろ!
ビニール袋でくるめ!
いや四六時中風をあてろ!
寒冷紗の屋根をつけろ!
いや暗過ぎるのはいかん!
みんなまちまち!
人によって正反対のことばかり!?

とりあえず
居酒屋のおじさんがくれた水盤に
タオルを敷いて水をかけ
その上に寝かせておきましたが。



日向(ひむか)大神宮です。
blog42.jpg

京都市山科区の山の中。

天の岩戸(あまのいわと)があります。
blog43.jpg

向こう側にくぐり抜けられます。
恋愛が成就します?!
ま!無理ですわな!お賽銭も入れないのに。

裏山はヒノキ林!
スギも混成していますね。

そうだ!
ベランダの椎茸の榾木を
スギの葉で覆ったらどうでしょう。
いや!だれがなんといっても
だれもなにもいいませんが!
スギの葉で覆おう。

スギの枝をもらいに入山します。



そんなにうまく
スギの枝が落ちているはずもありませんね。

細道はきれいにきよめられていて
枯れた枝さえ落ちていないじゃないですか。

“七福思案処” に出ました。
blog44.jpg

いくつかのハイキング道が交差しています。
一番急峻な大文字山への道を選びます。

半分!やけくそです。
スギの枝 1 本拾って
早々に帰るつもりでしたが
こうなんにも得られなければ意地になります。
わが人生は常にバカ丸出しです。

結構!木の根道はあるのですが。
blog45.jpg

たいていヒノキの根っこですがね。

あ!
blog46.jpg

なんですか!?
新しい道!
だれですか!
こんな無粋な開発をしているのは。

ほうほうの態で
とうとう大文字山の頂に着きました。
blog47.jpg

京都市街がよく見えます。
それにしても!
なんでこんな!
“しんどい” めをせにゃならんの。



急坂を登ってきたので
向こうへまた急坂を下山すれば
ほどなく
五山の送り火で最初に点火される火床に。
blog48.jpg

さらに下れば “金尾” と呼ばれている
大きな火床。
blog49.jpg

“大” の字の中心です。

75 基もある火床のひとつひとつの上に立っても
“大” の字はまったく感じられません。
blog50.jpg

“ヘソ天” で大の字になって寝る
にゃんこにとりついたノミの心境です。

考えてみれば!ヒトの一生も
ノミのさだめもおなじようなもの。

この火床に小学生やら
発情!失礼!清楚なおね~さんやらと
きたのも遠い日。
(あのときの小学生と)
(発情おね~さんの画像がありました)
( → 拙ブログ 2010/08/02

ああ!あしたはどこ!
山のあなたの空遠く、、、。



あ!そうそう!スギの葉!
まったく得られていません。
ここでヘソ天で寝ていても仕方ありません。

あきらめて銀閣寺に向けて下ります。
ここからは難しい道はありません。
みなさん!観光気分で上がってきています。

銀閣寺のエントランスの高い垣。
blog51.jpg

この先に拝観料を取るゲートがあります。
この立派な垣を見るだけで
銀閣寺観光は十分だと思いますがね。

帰る観光客の群れに紛れて
土産や飲食を商う店が並ぶ参道を
ふらふらと夢遊病者のように歩きます。

空腹を覚えますが
口に合いそうなものはありません。
口というより
懐中に合わないという方が正確かな。
高いです。
観光客は浪費しにきていますから
高価なものを好むのです!たぶん。

“抹茶コロッケ” とは!?
blog52.jpg

ほんのり抹茶の香り。
blog53.jpg

でも!すごい。ひとつ 200 円。
いつも買うスーパーのコロッケは
4 個で 99 円ですけどね。
もっとも!それは
あんまりおいしくはありませんけど。



結局!スギとヒノキの葉は
某お大尽のお屋敷の裏山からいただきました。

榾木にスギの葉をかぶせました。
blog54.jpg

少し足りないような気がしたので
この上!さらにヒノキの葉をのせています。

毎朝 2 年も水をかけていたら
椎茸が出てくれるでしょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

はるかなカラタチ 枳殻邸の春 [平安京有情]

京都駅。
2 時間あまりの待ち時間ができました。
2 時間あれば少々の観光はできますけどね。

京都水族館(入館料・以下同じ 2,050 円)は
ちょっと厳しいかも知れませんが
京都鉄道博物館(1,200 円)とか
京都タワー展望室(770 円)なら
なんとか楽しめるかも。

「お気に召しませんか。

東西の本願寺や東寺の参詣や
JRの京都駅ビルとか
京都ヨドバシとかの探検(?)なら無料です。

どうでもいいことですが
ヨドバシカメラの梅田のビルは
”ヨドバシ梅田” なのに京都のビルは
どうして ”京都ヨドバシ” と
漢字が先なんでしょうかねぇ?

「あ!ひとりごとざんす。

鴨川のほとりを散策した後
文子天満宮でお守りでも買いますかねぇ。

朝から入浴してくつろぐのなら
ホテル・サン・マルタン!
駅に近くて便利!きれい(たぶん)!
休憩 90 分 3,480 円!

「割り勘で 1,740 円!思い切ります?!

「そりゃ!ラブホテルじゃない!」
「ひとりで行って!もだえてなさい」



思い出しました。
ホテル・サン・マルタンと
文子天満宮とに囲まれて
枳殻邸(きこくてい)がありました。

枳殻邸とは愛称(?)ですけどね。
枳殻(きこく)の生垣だったたから。

「きこくって?!」

「指が冷たい人は心が燃えてるんだって。
「島倉千代子ですよ。

「ん?!」

「“からたち日記”!

「あんた!なん歳よ!」

「“からたち日記” のせりふは」
「幸せになろうね」
「あの人はいいました!でしょ」
「指が冷たい人!は “おもいで日記”!」

「おね~さんこそ!なん歳です!?

島倉千代子と同級生では?!
“からたち日記” と
“おもいで日記” の区別を語れるなんて。

「父が好きだったのよ!」

ともかく枳殻(きこく)は “からたち” です。



ああ!もう!考えるのがメンドくさいので
サン・マルタン!、、、じゃなく!
枳殻邸(きこくてい)に行きますよ。

本名(!)は渉成園(しょうせいえん)!
東本願寺の飛地庭園です。
blog01.jpg

入園には 500 円以上の志納。

「”以上” ですから!
「お釣りはくれません!たぶん。

「え~っ!?」

「立て替えますので!後で絶対!返してね。

入園したらすぐのこの石垣。
blog02.jpg

いいですねぇ!いつもうっとり。

「石垣とサン・マルタンに行ったら?」

桜花の季節も終わり新緑のころ。
blog03.jpg

日本に多い池泉回遊式庭園ですから
池の面積は広い。
blog04.jpg

敷地の 1/4 は水ですね。
blog05.jpg

京都タワーが借景(?)ですが
泣きそうな空が寂しい。



“渉成園” とは陶淵明の “帰去来辞” の
1 節から命名されたと園はいっています。

「“帰去来辞” とは
「“帰去来兮辞”(ききょらいけいのじ)のこと?!

「そうでしょ!」
「かえりなんいざ」
「でんえんまさにあれんとす!でしょ」


帰去来兮
  かえりなんいざ
田園将蕪胡不帰
  でんえんまさにあれなんとす
  なんぞかえらざる
既自以心為形役
  すでにみずからこころをもって
  かたちのしもべとなす
奚惆悵而独悲
  なんぞちゅうちょうとして
  ひとりかなしむや

たいていの日本人が好きで口ずさむ詩かな。

「ガッコーの教科書にあったでしょ!」

「おら!全然知らね~だ。
「おフランスの教科書にはありましぇ~ん。



どうでもいいことですが
“帰去来兮” を “かえりなん” “いざ” と
どういう日本語なら読めるんですかねぇ。

どこまでが “かえりなん” で
どこからが “いざ” ですかね。

たわむれに万葉集を見ると

63 および 2173 の “去来子等” は “いざこども”
280 および 957 の “去来児等” も “いざこども”

お~!分からんけど!
分かったような気だけします。

“去来” が “いざ”
“兮” はあってもなくても
あんまり内容に影響しないもの?!
まぁ “!” みたいなもの!

と決めつけて
1 文にもならんことを考えるのは
おしまいにしましょう。
よいこは忘れてください。



でも!
「詩のどこにあるんですか!”渉成” は。

「真ん中あたり」


園日渉以成趣
  えんはひびにわたって
  もっておもむきをなし



池の中の島に
木と土と紙でできた小屋があります。
blog06.jpg

「“お茶室” といえないの?!」

「寒いでしょうなぁ。

園内には個性的な建てものばかり。
その中でこの傍花閣(ぼうかかく)なんて
最たるもの。
blog07.jpg

いつの時代の意匠なんでしょうね。

シャクナゲとツツジは咲いていますが。
blog08.jpg

そろそろカラタチの花の咲くころ。
ほのかな香りのある花。

でも!園内にあるのでしょうか。
少しくらい残っているのでしょうか。
旧家の垣根にあったカラタチも
どんどん消えている昨今ですね。

風のこみちに いまははるかな
からたち からたち
からたちの花      (からたち日記)



あ!大きなヘビちゃんが!
blog09.jpg

こちらに泳いできてくれました。

こんな喧噪な町で大変ですね!
生きるって!大変ですね。

相手にされません。
blog10.jpg

生きるのに苦労している阿呆を無視して
泳いで行ってしまいました。



(漢字はすべて新漢字表記)
(西沢爽作詩/おもいで日記・からたち日記/)
(陶淵明全集/松枝茂夫・他訳注/)
(新訓 万葉集/佐々木信綱編/を参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花吹雪・インクライン 花筏・哲学の道 [平安京有情]

琵琶湖疏水を
「岡崎 桜 十石舟めぐり」の舟が行きます。
blog61.jpg

桜花の向こうに平安神宮の大鳥居が見えます。

琵琶湖の水と白川の水が混ざる
「南禅寺舟溜まり」から発着しているのですね。
blog62.jpg

あ!
右岸の桜はピンク!
左岸のそれは白っぽい!
意識して植栽しているのでしょうか。

「舟溜まり」横の
琵琶湖疏水記念館で「疏水物語」を買います。
blog63.jpg

京都市の水道水です。500ml 100 円。
ここを通るときには買う習慣になっています。
よく冷えています。



蹴上(けあげ)インクラインを上ります。
blog64.jpg

傾斜鉄道(インクライン)の跡ですね。

琵琶湖と京都市の高低差を解消する仕組み。
舟を台車に載せて移動していたのです。
行楽シーズンなので
展示している台車の上の舟にも
酒樽なんかの荷が積んであります。
blog65.jpg

首をかしげていた
田舎もん風の(失礼!)初老のカップルに
助け舟のつもりで話しかけたら「???」
外国の人でした。

おお!右も左も「日本語」じゃありません。
和服を着た人は
男性でも女性でも絶対(?)外国の人ですね。
blog66.jpg

おフランス人の私も恥ずかしくないですな。

ふり返れば。
blog67.jpg

上から見降ろせば。
blog68.jpg

不思議といえば不思議な文化遺産です。



南禅寺の三門をくぐります。
blog69.jpg

「哲学の道」を通り抜けましょう。
blog70.jpg

疏水沿いです。
「哲学」の西田幾多郎(にしだきたろう)が
思索にふけりながら歩いたところらしい。
blog71.jpg

「哲学なんて読んだことも見たこともないよ!」

ばかもん!
「善の研究」くらい読みなさい。

「あなたはエラいのねぇ」

もちろん!見たことも食べたこともない!

「威張るんじゃねぇ!」

すんましぇん。
若王子神社の前から銀閣寺の参道まで
2km ばかりですから
この間だけでも卑猥な会話はやめましょう。

「気をつけなきゃならんのは」
「エロ事師のあなただけでしょうが」



桜花は満開を過ぎています。
はらはらと花びらが散ります。
散りやみません。
blog72.jpg

あなたの肩に散る花は美しい。
あなたも美しい!
アラフォー(around 40)は滅びの美。


淡くかなしきもののふるなり
あじさいいろのもののふるなり
はてしなきなみきのかげを
そうそうと風のふくなり


「三好達治ね」

知っていますか。

「どこかの教科書にのってるよ」
「ふるのは桜なの?!」

それはともかく!桜花は水面に落ちて
「花筏(はないかだ)」になっています。
blog73.jpg


琵琶湖疏水の花筏
浮かれてこがれ候(そろ)よの
浮かれてこがれ候(そろ)よの


筏の「浮かれて」と
恋して「浮かれて」いるのと
筏は竿で「こがれ」るのと
恋して「こがれ」るのがかかっています。

「説明しなきゃ分からんもの!作らないで!」

あの!おことばですが
閑吟集の小歌の「吉野川」のところを
「琵琶湖疏水」に置き換えただけ。
400 年生きてきた歌ですがね。

竪琴を弾くおね~さんも桜吹雪の中。
blog75.jpg

いろんな花も咲いていましたが
ヤマブキ!ミツマタ!レンギョウ!の
黄色が印象に残った疏水でした。
blog74.jpg

銀閣寺参道に出ました。
ここでやっとトイレにたどり着けました。
この観光客の数なら
もう少しトイレを造ってくださいな。



「銀閣寺 狐月」で
いなりずしを買ってあげましょう。
blog77.jpg

「にしんいなり」です。
blog78.jpg

買ったのは
「プレーン」の「にしんいなり」です。
1 個 150 円(税込)。

「身欠きにしん」の身と
山椒の実が入っています。

他に「柚子にしん」「黒糖にしん」
「炙りにしん」とありましたが
いずれも 10 円アップでした。



(新訂 閑吟集/浅野建二校注/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 平安京有情 ブログトップ