So-net無料ブログ作成
通天閣が見える ブログトップ
前の5件 | -

動物妖怪ランドに立ち尽くす [通天閣が見える]

浪速警察署にけんかを売ってから
(ウソですよ!お巡りさん!お疲れさま)
堺筋に出れば
道向こうに飲食店が並んでいます。
blog61.jpg

その中の
「中国料理 福星楼」のランチに
鶏肉の唐揚げの
レモンソースかけがあったはず。
レモン好きにはうれしい。

が!
今日の日替わりランチにはありませんね。

じゃ!「ニラレバー炒め」を。
blog62.jpg

650 円(税込)です。
この周辺ではお得な料金設定かも。
ニラレバー炒め!
久し振りに食べたら!
おいしさ!ひとしお。

正午の店内は混雑していたので
さっと出てきましたが
ごはんのお代わりができて
コーヒーのサービスがあったのかも。



通天閣の下をくぐって
天王寺動物園を横切る
無料の空中(?)通路を歩いて天王寺駅に。

と思ったのですが
動物園に入場してしまいました。
園内を横切っても天王寺方面に行けます。

あべのハルカスを借景にした
象の博子の運動場。
blog63.jpg

ん!?
博子がいません!寒いから?!

博子の寝室の前に
祭壇が設けられていました。
blog64.jpg

亡くなっていました。
blog65.jpg

他の象がみんな亡くなり
博子 1 頭になって
昨年!夏には元気に見えたのですが。

博子は生い立ちが悲しく
人間の中で育ったため
象の社会のルールや
生きる術(すべ)を知らず
先輩のおね~さん方に叱られてばかりいて
いじけて生きていたようです。

やっと姑!小姑から解放されて
これからというときに病死ですか。
身につまされますね。

合掌。



「動物が妖怪に変化!?」という
動物妖怪ランド(2018/02/10 ~ 18)が
開催中のはずでしたが
もうすでに
「妖怪縁日」「妖怪で遊ぼう、学ぼう」の
主要イベントは終了していました。

「動物妖怪スタンプラリー」と
「動物妖怪展」はまだ催行しています。

11 人の作家の
オリジナル作品が展示されていました。
blog66.jpg

どの妖怪も愛らしい。
blog67.jpg

「いにしえの
「奈良の都に 棲む元興寺(がごぜ)
「けふも子供を 喰ひしけるかな

和歌ですね。
blog68.jpg

「夜をこめた
「鳥の知らせに 逢坂の
「関の桜も 雪も散りらむ

「百怪一首」だそうな。
文学的!文法的には、、、?!
ま!妖怪ですから
人のこざかしさはさておいて。
なかなかの力作ぞろいですね。

「垢だらけ
「見るにたへない 浴室の
「ぬめる白雪 なめる垢嘗(あかな)め
コメント(0) 

新世界の新年会 2018 生酔いだぁ [通天閣が見える]

あられの降る日。
寒い。

カバとエジプトガン。
blog31.jpg

元気ですね。
天王寺動物園のお正月です。

水中にはティラピア。
blog32.jpg

恥ずかしがり屋のサイが
今日は近くまできてファンサービス?!
blog33.jpg

みんな暑い国からきたはず。

ヒーターの入った岩型ベッドには
1 頭だけいます。
blog34.jpg

若いときにいっしょにここにきた
いつも仲よしのライオンたち。
2 頭はベッドにいなくても平気?!
あんまり寒くはないのでしょうか。

風の強そうなユーカリの高いこずえで
コアラが震えているような。
blog35.jpg

どうしても震えているように
私が見たいだけなのでしょうか。

私の好きなムフロンは
自宅に風よけを作ってもらっています。
blog36.jpg

やっぱり寒いんでしょ!?

オス 2 頭だけになっていますが
抱き合って寝ているはず!知らんけど。



戌(犬)年です。

冬毛がきれいです。
blog37.jpg

チュウゴクオオカミのメラかな。
女の子ですがリーダー?!

みんな一族のはずですが
和を乱す兄弟姉妹は
個室に入れられているのかな。

家族で仲間はずれとは
身につまされる思いですなぁ!
オオカミの世界も
人間も変わりませんねぇ。

あ!私の境遇だけのことでしょうか。

自己弁護する訳じゃないのですが
オオカミの世界では順位争いが熾烈で
今日平穏にしていても
明日は血を見る争いが起きるそうな。
和を乱すのはどの個体もみんなそうらしい。
1 頭のせいだけじゃないそうな。



通天閣の下
通称・新世界で恒例の新年会(?)です。

年に 1 回の集まり!

気の遠くなるほど大昔から催行していて
最初のメンバーは
もうふたりしか残っていません。

鬼籍に入った人!
社会的に死んでしまっている人。
行方不明の人。
成金とか大金持ちとかになったり
社会的地位を得て私たちにシカトする人。

全員!はっきり思い出しませんけどね。

今年はほぼ昨年とおなじメンバーかな。



昨年行った
「新世界 串かつバイキング 大統領」の
前に集結。

この向かいの「寅勝」の
呼び込みのおね~さんが
その店でも
串かつの食べ放題 60 分 1,000 円!
さらに飲み放題 1,000 円!だといいます。

河岸を替えるのもいいかな。

ここ「寅勝」の
「串かつ」からスタートします。
blog38.jpg

これが失敗?!

メンバーはアラフォー(around 40)以上の
恐いもの知らずの
いわゆる大阪のおばちゃんたちと
先に逝ったメンバーの後を追うには
年に不足のないおじいさんたちばかり。

気が短い!すんごく!

飲みものはすぐこない!
串かつはなかなか出ない!

怒り出しますね。

制限時間 60 分ですぞ!
さらにあせりますよ。

いつのまにかどんどん客は増えています。
blog39.jpg

どんどん料理の出るのが遅くなっています。

きた!
blog40.jpg

写真を撮らせてくれません。

飢えた年寄りどもが
あっという間に食べ尽くします。
blog41.jpg

60 分過ぎても「帰れ」といわないから!
ま!いったら怒るでしょうね!
食べた!飲んだ!気がしていないから
結局!店内に 90 分いましたよ。

私が食べた串かつ・串揚げは 24 本。
生ビール 1 杯!
酎ハイ 3 杯!
みなさんの平均より少ないかも。

それで!
呼び込みのおね~さんが
「2,000 円といったじゃないの」
といっても
正月料金だという
2,200 円支払わされました。



結論。
ここは気の短いものたちには無理。

昨年の自分で揚げる「大統領」に比べて
ネタははるかに大きいのですが
いいのはそれだけ。

串かつ・串揚げ以外のメニューは別料金。



2 軒目。
見つかりません。

やたら!内外の観光客が多くて
この人数のグループでは
無理なところばかり。

しばらく街を徘徊して探したものの
あえなく解散です。

各自で 2 次会してください。
小人数では座れる店もありますから。

あれ!
ひとりぼっちになりました。

予算があまったので
通天閣の地下のショップで
観光客に混じって
大阪らしい土産を買って帰ります。
blog42.jpg

グリコのレトルトカレー。
「もうカレ~ DE もうかルゥ~」!

翻訳(?)すれば
「儲かれ~で儲かる~」でしょうか。
税抜き 200 円。
コメント(0) 

花嫁のれん [通天閣が見える]

「花嫁のれん」というものだそうな。
blog41.jpg

中能登の嫁入り道具のひとつ。
きれいなものですね。

実家の家紋をふたつ
染め抜いて持って行くのですね。
blog42.jpg

昔の加賀藩の庶民にみられる風習?!
ホントに「庶民」ですか!
庶民の定義が違うのでは!?

「花婿のれん」も展示してあります。
blog43.jpg

婿入りする場合もありますものね。

そんなものを飾れるところのある
大邸宅に住む人同士のいう
「庶民」の風習じゃないのですか。



中能登は石川県でしょうか。

昔!職場に
石川県か富山県の出身の女史がいましたが。

嫁に出すのは大変だといっていましたね。

記憶しているのは年末のこと。

新婚の年には
お嫁さんの実家から
目の下 1m 以上の寒ブリ(鰤)が
お歳暮に届くのだといっていました。

初めは逆かと思いましたが。

嫁ぎ先から実家に
「いいお嫁さんをありがとう」と
感謝の礼を示すのじゃないかと
思いましたが。

「男尊女卑の風土ですから」
実家のほうが
贈りものをするといっていたような。

寒ブリの 1m ?!
品薄なときにはなん十万円!?

「もしそうなら買えません!私たちの家では!

そうしたら
「ま!お嫁さんは肩身が狭いわね」
「いじめられるわね」
「娘のためには借金しても買わねば!」

「ひぇ~っ!
「おね~さんもですか?

「私は関西で結婚したから」
「親もテキトーにしていましたよ」

そんなことを思い出しましたが。



花嫁のれんは
天王寺公園(大阪市)の中の
日本庭園の慶沢園(けいたくえん)の中の
茶室の長生庵で展示されていました。

長生庵の存在は分かっていましたが
普段は
立ち入り禁止になっている茶室です。
blog44.jpg

いい茶室じゃないですか。
blog45.jpg

喧噪の街の中だとも思えないほど。



菊の鉢が展示してある季節です。
blog46.jpg

せっかくですから
慶沢園をひと回りして帰ります。
blog47.jpg

大きな池が中心にある
池泉回遊式庭園です。

あれ!?
大阪市の説明では
林泉回遊式庭園となっています。

浅学ゆえ
まったく聞いたことがありませんがね。
どういう違いがあるのでしょう。

ま!強いて知りたくもありません。
気にしないで回りましょう。
blog48.jpg

紅葉が少ない!

そんな樹種ばかりなのか
まだ時期がきてないのか知りませんが。
blog49.jpg

四阿(あずまや)で休憩。
blog50.jpg

外国語だらけの中で肩身の狭い思いです。

あ!?
私も
外国の観光客然としていたらいいのかも。

おフランス人ですから。
コメント(0) 

天王寺動物園の孤独 [通天閣が見える]

頭上高くにコアラがいます。
blog71.jpg

置きもののように動きません。
コアラはこれがお仕事ですね。

今年生まれたエミュー。
blog72.jpg

ひとりぼっちです。
見学者もまれなブース。
おあつらえ向きにベンチがあるので
はなしかけながらしばらく休みます。

天王寺動物園です。

しょっちゅうきていますね。はは。
ここが好きというより
趣味も友人も向学心も勤労意欲もなく
行くところがないから
きているだけのような。

サイの頭骨がさらされています。
blog73.jpg

秋の陽が寂しい。



サイの頭骨のそばに青銅製のサイ!
サイのこども(?)がいます。

青銅製ならカバのこどももいます。
blog74.jpg

たぶん!韓国からきた人たちが
上って遊んで!楽しそうです。

女性ふたりに男性ひとり!
ホテルの部屋割りはどうするのでしょう。
ダブルベッドに 3 人では
狭過ぎるでしょう。

大昔には事情があって
こんな組み合わせの 3 人で
ダブルベッドに寝たことが
3、4 度ありますが。
私だけ!貞操の危機(?)を感じて
身を固くしたまま眠れなかったですが。
純情だった!あのころ。ホントーです。

山小屋では
頭と足を互い違いにして
老若男女!オイルサーデンの缶詰みたいに
寝ることもありましたが。
巨大なドイツ人女性ふたりにはさまれて
死にそうだったことも。

私はなにを腐心しているのでしょう!
他に考えることはないのかね。



先ほどミナミにいたら
ど厚かましい!
いわゆる大阪のおばちゃんからでんわ。

通天閣の下に行きたいけど
労働者の街をよぎるのは怖いので
ついて行ってといいます。

どのツラしていってんの?!
妖怪変化の範ちゅうの年齢になって!

それに通天閣の下は林芙美子の
「めし」の時代とは違いますよ。
今は観光客と若い女性でいっぱいです。

ま!泣く子と大阪のおばちゃんには勝てん。

ミナミから大急ぎで
地下鉄の動物園前駅の
1 号出口にかけつけたら!
いません!?
バストよりウエストのほうが大きい体形は
容易に発見できるはずなんですが。

おばちゃんが唯一(?)ひとりで行ける
寄席の動楽亭にでも
緊急避難しているのかと思いきや
「友人と出会えたから」
もう!こなくていい!というメール。

ふざけんじゃねぇ!

そんで!怒りをしずめるために
ひとりで動物園の中。
決して物見遊山ではないのです。



カバの上のよしずは
青銅が日射により熱くならないためらしい。

しかし!ゾウのこどもも青銅製ですけどね。
よしずはありません。
blog75.jpg

シロクマはなに製でしょう。
blog76.jpg

これには触れてはいけないようです。

やめてください。
blog77.jpg

擬人化するのは。
風刺漫画じゃあるまいし。



動物園内なのに石灯籠。
blog78.jpg

ああ!和風を表現したいのですか。
blog79.jpg

飛び石の渓流(!)もあります。
blog80.jpg

千羽鶴!動物の慰霊碑!あべのハルカス。
blog81.jpg

巨大な塔なのに
隔離されたような碑があります。
blog82.jpg

「皇太子殿下行啓記念碑」ですか。
大正 15 年建立ですか。
大正と昭和の境界線上ですか。

「これやこの 都市計画の 権威者は
「知るも知らぬも 大阪の関

元歌は百人一首。
蝉丸の歌かな。

「これやこの 行くも帰るも 別れては
「知るも知らぬも 逢坂の関

そんな歌が残っている市長!
御堂筋を拡幅したときの市長の
関一が建てたのですね。
ま!自分のこづかいで
建てた訳ではないでしょうけど。

忘れ去られているのか
隠したいのか!よく分かりませんが
ああ!これも歴史でしょう。



(敬称略)
コメント(0) 

一心寺 地蔵盆 2017 [通天閣が見える]

昨日(拙ブログ 2017/08/24
「一心寺シアター倶楽(くら)」で
影絵劇の「あらしのよるに」を鑑賞して
今日(2017/08/24)の
「一心寺 地蔵盆 フェスティバル」の
「金券」200 円分をもらいました。
blog37.jpg

だれかにあげたいのですが
「地蔵盆」は珍しくはないのですね。

大阪やその周辺ではどこの町内でも
こどもに悪霊がつかないようにと
お祈りをしているようです。

日時はまちまち
だいたい 8 月の後半に集中していますが
7 月から催行しているようです。

それでは金券は自分で使いますか。
気分だけは幼児にもどって。



昨日は北門から入りましたが
今日は天王寺駅から
「てんしば」経由なので
南門から境内に。

南門周辺は古い墓地です。

あ!
煙の出ている墓石。
blog38.jpg

墓石じゃないのですね。
私になにかとり憑(つ)いていて
そんなに見えるのかも。

ここには「お骨仏(こつぶつ)」があります。
10 年に 1 体
その期間寄せられた遺骨で
阿弥陀如来像を造っています。

私の知人もなん人か
阿弥陀さまに変身しているはず。

あ!?
あの人の顔が!
blog39.jpg

コイ(鯉)ですか。



そんな憑(つ)かれた!
いや!疲れたはなしはやめましょう。
「地蔵盆フェスティバル」にきたのですね。
blog40.jpg

近所の地蔵盆と違い
さすがに規模が大きくにぎやかですね。
blog41.jpg

とにかく金券を使わなくては。
「氷」をいただきます。
blog42.jpg

ミルキーマンゴー 300 円。
100 円プラスしましたが。

この使い捨てのプラスティック製の器。
「氷」専用に作られたのでしょうか。
案外!大きい。
ビールを注げば 400cc 近く飲めそう。



大学生たちが人形劇をしていました。
blog43.jpg

「前説」の学生が
「ぼくの名前はみんなの大好きな」
「食べものとおなじです」なんて
いっていました。

「なんでしょう?!」と問えば
元気のいいこどもたちは答えましたね。

「ポップコーン」

「キャンディ」

「アイスクリーム」

なるほど!
「お笑い」とはこんなやり取りなんですね。
台本がないのに
質の高いおかしみがあります。

ちなみに!
この人の名前は「だいふく」さんだとか。
コメント(0) 
前の5件 | - 通天閣が見える ブログトップ