So-net無料ブログ作成
検索選択
通天閣が見える ブログトップ
前の5件 | -

一心寺 楊貴妃の野ざらし [通天閣が見える]

夏がきましたか。
ジャカランダの花が咲いています。
blog71.jpg

一心寺(大阪市天王寺区)の墓地の空。

今年は例年より(拙ブログ 2015/06/25
花数が少ないような。
気のせいかも。
これから咲くのかも。

境内はなにやらいつもと違う雰囲気。

仏教の知識がないので
いい加減なことをいいますが
他の寺では盆の期間だけの
施餓鬼(せがき)法要を
ここでは年中無休で行っているとか
だれからでも納骨を受けているからとかで
いつも境内には善男善女がいるのですが
仮の雨よけの上屋を造っていたり
境内整理・案内の人が多くいたりして
さらに忙し(失礼!)そう。
blog72.jpg

新しいお骨仏(こつぶつ)が
開眼したのですね。

10 年に 1 体
その間に納められた遺骨で
阿弥陀仏を作っているのです。

この 10 年に遺骨は 22 万体だったそうな。
たぶん!私の知人もなん人かいます。



この寺に墓地がない訳でもないのですが。
blog73.jpg

大阪市の背骨の上町台地の
さらに高いところにあるからか
あべのハルカスが見えるだけですね。

西日の射すほうにある通天閣は可愛く見えます。
blog74.jpg

思ったより広大な墓地です。



「天神山」という上方落語があります。

この一心寺の墓地で
花見にあらず墓見でいっぱいやっていた
変わりものが「されこうべ」を拾ってきます。

その遺骨が夜中に妙齢の女性になって
いっしょに暮らすというはなし。

江戸の落語では
ずばり「墓見」で通していますが。

それを聞いた頭のビスが数本はずれている男が
「女!おんな!」と探しに行くのはお約束ごと。

でも!そう簡単に
妙齢の女性の遺骨はありません。



なぜか噺(はなし)が複雑になります。
場面が安居神社になります。

一心寺の北の東西の坂・逢坂を西に下り
陸橋に上がって見返ると。
blog75.jpg

右手奥!坂の上の
南側の緑のあるところが一心寺。
左の樹々のあるところが安居神社。
安居天満宮ともいいますが。

建てものだらけですが
ほんのこの前まで一帯が森だったのでは。

坂を下りてしまったので!もう一度上ります。
blog76.jpg

この崖で頭の弱い男は
捕らわれたキツネ(狐)を
なけなしのカネで買い!開放してやります。

そのキツネが人間の女性に化けてきて
女房に納まるというストーリィ。



遺骨に回向すると
お返しにやってくるという噺(はなし)は
他にもあるような。
「野ざらし」(上方では骨つりかな)とか。

明の笑府に「学様」というはなしがあります。

やはりさらされている白骨をふびんに思い
ていねいに埋めた男のところに
「妃(ひ)」が現れます。
楊貴妃なんですね。

隣の男もまねをすると
「飛(ひ)」が訪ねてきます。
三国志の猛将軍の張飛です。

お礼に「尻」を貸そう!と。

天保の「落噺仕立ておろし」に
この笑府の「学様」を翻訳してあるそうな。

それが原話ということになっていますが
宇井無愁の考察では
4 世紀の中国に
すでにこの手のはなしはあるといいます。

そればかりではなく
髑髏報恩譚と
髑髏復讐譚のふたつの大別され
日本をはじめ
世界中に無数にあるというのですが。



安居神社は真田幸村の終焉の地です。
blog77.jpg

幼児のかん(癇の虫)をしずめる
「かんしずめの井」でも
大衆に支持されていたようでしたが。

上町台地の森は消えて
名水が噴き出ていた井戸もほとんど枯れて
昔日の面影はありません。
ああ!神社の境内の立ち入り禁止の崖下に
「かんしずめの井」が見えます。
blog78.jpg

小さなあじさいがひっそりと咲いていました。

髑髏報恩譚なんて
ここではもう
だれも考えもつきませんね。



(六世笑福亭松鶴ネタ速記/)
(興津要編/古典落語/)
(永田義直編著/古典落語事典/)
(松枝茂夫編訳/歴代笑話選/)
(宇井無愁著/落語のみなもと/等参照しました)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

モーニングビール 雨の天王寺動物園 [通天閣が見える]

早朝に通天閣の下に立っています。

朝から家にいられない事由が発生したのです。
その事由!?
お聞きくださるな!武士の情け。
いろいろあるのです。
ま!いろいろはありませんかも!
あるものがあればいいだけですがね。

雨です。
昨夜から冷たい雨です。

 冷たい雨が 降る朝に
 ひとりで江梨子は 死んでしまった

浜村淳(はまむらじゅん)が
いつもいっていましたね。
雨が降るとか降りそうだというときに。

だれかが聞いていた朝のラジオ。
今もある番組でしょうか。
今でも雨が降れば
あの橋幸夫の歌 “江梨子” の一節を
いっているのでしょうか。

ちなみに
私にはラジオを聞く習慣も
趣味もありませんので確認もしませんが。



ジャンジャン横丁(じゃんじゃん町)の
アーケードに避難します。
blog51.jpg

朝から開店している店もあります。
とりたててすることもないので
朝食でも摂りますか。
“モーニングサービス” なんかいいですね。

お!
blog52.jpg

“モーニングセット 350 円” ですか。

“モーニング” ではあるのですが
コーヒーじゃないですね。
この町はおとなですね。

ま!いいか!このおとなの “モーニング” で。
雨が降っているし!
土曜日だし!

それは普段!真面目に勤務している人が
たまにいってもいいかも知れませんが
怠けものの私が
いうせりふでもないとは思いながら
立ち飲みの居酒屋の “福政” へ。

チューハイもOKですが
生ビール!ください。
blog53.jpg

ああ!飲んじゃった!
ごはん代わりです。
原則!夜以外は飲むことのない生活だったのに。
私はどんどん堕(お)ちて行く、、、。



朝の雨の天王寺動物園で反省しますか。

静かです。
blog54.jpg

動きがほとんどありません。

観客もいないのです。
広い園内でたまに出会うのは職員ばかり。

カバも動きません。
blog55.jpg

雨に濡れますよ。
濡れてもいいのですか。

カバの池の中をのぞくと。
blog56.jpg

ナイルティラピアがいっぱい!

ティラピアがいることには
不思議じゃないのですが
こんなに動いていない
静かなティラピアなんて知りません。

雨の朝の動物園ならでの光景!?
よいこは早起きしてくるのもいいかも。

雨でも
われ関せず!と過ごしているものもいます。
blog57.jpg

雨でも外に追い出されているものも。
blog58.jpg

やっぱりだれもいないと張り合いがないようです。
blog59.jpg

いつもは走り回っているチュウゴクオオカミが
みんな隅のほうで休んでいますね。
blog60.jpg

あなた!お尻が見えていますよ。

シロクマ(ホッキョクグマ)が遊んでいます。
blog61.jpg

これ!だれですか。
今!なんという名前のクマがいるのでしょうか。

シロクマはひとり遊びができるのですね。

雨にもめげず抱卵中。
blog62.jpg

頭が下がります。
うちひしがれて頭を下げて帰ります。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飛田新地 妖怪通り [通天閣が見える]

ミナミに「オタロード」があります。
南北に流れる堺筋の
日本橋 3 丁目あたりの西で
堺筋に並行して南北に延びる道です。

「オタク通り」を
英語(?)でいえば「オタロード」だと
いう人がいましたが!
英語なんでしょうかねぇ。

「ロードはドーロや!昔から」

あ!そ!
もう議論はしたくないですけどね。

「オタク」がいっぱい!浜の真砂のごとし。
とはいうものの
「オタク」の定義を知らずにいっていますが
外国人のに~ちゃんも増えてきました。

某所を探して 2 度ばかり往復していたら
「100 円!」「安いよ」と
突然!おじさんが声をかけてきました。
道端で
「タマネギ」を売っているおじさんです。

目的と違うので
あまり視界の中で意識しなかったのですが
いいタマネギじゃないですか!
ひと盛り 100 円!?
スーパーの半額に近い。
買います!

なんで重いタマネギを
さげて歩かなきゃならないの!?
用事があるから歩いているのに。



「わたいもオタロードでね」

場末の居酒屋で
酔っぱらった職人風のおじさんがいいます。

昼間のこと!突然!
「少しおはなししませんか」と
若い娘が声をかけてきたので
胸きゅん!ときめいたそうな。

メイド姿のお嬢さん。
そんな喫茶店の客引きなんですね。

おじさんも仕事先がよく分からず
かの女の前を 2 度 3 度横切っていたのです。
こちらは全然気にしていなくても
見ているほうからはよく分かっていて
タイミングを計っているのですね。



「客引きは!そのタイミングが大切」

なん度も前を横切っている人が
気が弱くて、、、なのか!
お気に入りがいないのか!
以前あがった店を探しているのか!等々
判断して一番いいタイミングで
「さ!あがって」とか
「ここで決めてや」とか
適切(?)なことばをいうのだとか。

そのことばに押されて!つい!心ならずも
「うん」なんて答えてしまうそうな。

なんのはなしですか!?

「飛田(とびた)のおばちゃん!」

あのあたりで
ダニのような幼年期を過ごしたという
おじさんがいいます。

「ダニのような」というのは
本人がいっているのです。
私が差別的にいってはいませんからね。



タマネギと
ちょっと次元が違うようなはなしですが
「飛田」の
理論武装もしなければと思うことに
遭遇していましたね。

最近!まじめな(?)刀自(とじ)やら
世間知らずのような主婦やらの
集会やら法事やら会合やらで
期せずして「飛田」のことが
話題になっていました。

その質問の矛先が私に集まりがちです。
私は知りませんよ!
いくら!
エロ・グロ・ナンセンスを標榜していても。
それはあくまでも
ウケねらいの看板だけですからね。

「飛田」とは「飛田遊廓」のこと。
もちろん!売春防止法(1958 年施行)のもと
通称・飛田新地と名を変え
「飛田料理組合」の看板をあげていますが。
実体は売春宿のようです。
それも堂々とした!

今をときめくお調子ものの
日和見政治屋(政治家にあらず)たちの
集団に「維」がつくものがありますが
それでスターになった口先弁護士が
多額の顧問料を得て脱法(?)擁護していた
過去があるそうですが。

ことほどさように
建て前の世界の日本に栄えあれ。
私に知ったことじゃないのですが。



閑話休題。

それで「飛田」のことやら
「おばちゃん」のことやら
聞きたいのですが
「ダニのような少年期」の人の
多くは死んだり
体がどうかなって
どこかへ隔離(?)されたりして
あまりはなしが聞けません。

おふたりほどまだ健在ですが
孫の顔色をうかがう
好々爺(こうこうや)を演じているようで
「忘れた!」「覚えてないなぁ!」ばかり
わざと(?)とぼけた返答を連発。

ま!
小さな断片をつなぎ合わせて書きます。

「飛田」の「料理店」は
入り口のところが土間で
上がり框(あがりがまち)の上で
きれいに装ったおね~さんが
花やぬいぐるみなんかに囲まれて
スポットライトを浴びています。

キャッチですね!

「飛田ではライティングというとるな」

ハイカラ(!)なことばですね。

狭い土間には
おばちゃんが粗末なイスに座っています。

このおばちゃんが客に声をかけて呼び込んで
座っているおね~さんと
自由恋愛(?)をするというシステム。

その値段は
(10 年前の相場ですが)
15 分 11,000 円から。
長い時間を要求すれば
それだけ高くなります!当然。

分配は女の子 5,000 円。
店が 5,000 円。
消費税が 1,000 円。

消費税ですか!?

「消費税とはおばちゃんの取り分!」

「客をあげるのはおばちゃんのウデ次第!」
「30 人あげるおばちゃんは」
「その日に 30,000 円現金で持って帰るよ」

「ただ!クセの悪いおばちゃんは」
女の子とけんかばかりして
店の売り上げがなく!店がつぶれるとか。

店主はいい女の子を探しに!
いいおばちゃんを求めて!東奔西走の
気の休まるときのない毎日だそうな。



もっとも
「青春通りは強気や!女の子がいいもん」
「妖怪通りは 30 分で 11,000 円にしたり」

すみません!
青春通り!妖怪通り!ってなんですか?!

「飛田はほぼ真四角な墓地だったんや」

碁盤の目のように道があります。
東西の通りで北から
青春通り
メイン通り
大門通り
高架の阪神高速道路を越えて
妖怪通り
年金通り
だそうな。

「南に行くほどすごい(?)女性がいるよ」



ああ!これが昼間の「青春通り」ですかぁ。
blog0001.jpg

メイン通り?!
blog0002.jpg

これが「妖怪通り」かも!よく分かりません。
blog0003.jpg

そんな名前を
掲示している訳でもないですから。

なんだか朝から営業している店舗が
増えているような。



最近!週に 1、2 度
飛田新地を南から西へ斜めに横切っています。
近道をするためですが。

いつも目が合う
ピンクの光の中の女性がいます。

ほんの一瞥。
ああ!三十路のおね~さんですね。
ふくよか。

あれ!?
つぎの日に一瞬見たら
あごもどこもふくよか過ぎますね。
ハイキング仲間の
アラフォー(around 40)の
おね~さんくらいかな。

ん?!
また別の日には
アラフォーのおね~さんの
年の離れたおね~さんか
叔母さんに見えましたが。
もしかして!それが
実年令に近かったりして!(ごめんなさい)

またまたある日通ると
違う人が座っていました。
どうしたの?!

そしてまた!
ああ!いましたね。
なんだか安堵しました。
心の中ではもう身内みたい!はは。

今!そのおね~さんのお店を
地図で探(さぐ)ってみたら
どうやら
「年金通り」のような。



(飛田新地 2 も書きました。拙ブログ 2017/04/28
(飛田新地 3 拙ブログ 2017/06/12
(飛田新地 4 拙ブログ 2017/06/17
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春節祭 in 大阪天王寺 2017 [通天閣が見える]

「あべのハルカス」の下の天王寺公園。
blog41.jpg

今は「てんしば」と名を変えて
「芝生」の公園になっていますが。
芝生をすり切らせて「中国語」だらけ。

通天閣を背に舞台が作られています。
blog42.jpg

「中国春節祭 in 大阪天王寺」(2017/01/27 ~ 29)です。
blog43.jpg

中国では
新暦の 1 月 1 日を元旦
旧暦の 1 月 1 日を春節と呼ぶんだそうな。

そして!
元旦より春節のほうを
にぎやかに祝うのですね。



物品の販売のブースがあります。
blog44.jpg

「さるぼぼ」が売られているというので
見に行くと。
blog45.jpg

奈良町でいう「身代わり猿」の
「さるぼぼ」は
信州や飛騨地方の人が
よく使う単語のような気がしますが
京都などの各地ではまた違う呼称のような。

九州出身者に「さるぼぼ」といえば
ひんしゅくを買うといいますが
九州に行ったことがないのでよく分かりません。

これは「猿」ではありませんね。
今年の干支の「鳥」ですね。



飲食のところは
狭い上に
人の流れをコントロールする人もいないので
怒号が飛ぶほど混雑していましたが。
blog46.jpg

韮饅頭(にらまんじゅう)をいただきます。
300 円。
blog47.jpg

お!?
blog48.jpg

きれいな食べものですね。
「石板煎蚕蛹」だそうな。
日本語でいうと
「蚕(かいこ)の石焼き」ですか。

あんまり
日本のよいこの家(わが家ですぞ)では
登場しない食材ですが。

野中健一著/虫食む人々の暮らし/に
「日本の食用昆虫分布図」がありましたね。

大正 8 年(1919)出版の「食用及薬用昆虫」や
三宅恒方著/食用及薬用昆虫に関する調査/
等をもとに作成したようですが
全国各地で実にさまざまの昆虫を食べています。
55 種類もあるとか。

イナゴ(バッタ類の成虫)は
北海道をのぞく全都府県。

カイコのサナギは 30 都府県に及んでいます。
養蚕地では一般的だったのかも。

日本は昆虫食大国ですね。
いや!「昆虫食大国だった」のですね。



「蚕(かいこ)の石焼き」!
いや「石板煎蚕蛹」1 本。
blog49.jpg

300 円!
香辛料の入った塩を振ってくれました。

外側はエビなどの甲殻類のような食感。
中は柔らかい。
クセというほどのものはありません。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

幸運のニワトリ マサヒロ [通天閣が見える]

元旦(2017/01/01)の通天閣。
blog21.jpg

8 時過ぎでも観光客は歩いています。
ゲストハウスが多い地区ですから
格安の旅行をする外国人たちのほうが
多くの情報を持っているようです。

あ!?
blog22.jpg

通天閣に足場が!
解体しているのでしょうか。

電波の中継所でも
火の見櫓でも見張り所でも灯台でも
ロケットや鉄砲を撃つところでもない!
ということは!
大きな声ではいえませんが
あんまり役に立つものでもないから
解体してもいいのかな。

だいたい!公道の上じゃないですか!
blog23.jpg

どんな手を使ったのか知りませんが
フツーなら
フツーの人の申請なら不許可でしょう!?

地代はどんなふうに
いくら取っているのでしょう。

これが許されて!技術的に可能なら
御堂筋の上にもビルを建てれば
土地問題のいくつかは解決するのかも。

ジャンジャン町(ジャンジャン横丁)も
正月早々!
しかも早朝ならシャッター街化しています。
blog24.jpg

1 軒だけオープンしていますが。
blog25.jpg

立ち飲みです。
文字通り立錐の余地もないほどの客の入り。
お正月ですから
モーニングビール(!)と
しゃれこもうと思いましたが
あきらめます。



冬でも元気のいい「にゃんこ」について行けば
にゃんこは天王寺動物園の柵を
すり抜けてしまいました。

塀の中!すなわち動物園内には
お友だちがいっぱい!
blog26.jpg

人間はゲートのオープンを待って長蛇の列。

毎年!
先着なん人かはカレンダーをもらえるのだとか。
よく知っていますねぇ。

今年は酉(鶏)年なんですね。

ニワトリの「マサヒロ」が出迎えています。
blog27.jpg

フツーのニワトリです。
役に立たない(?)オスです。

希少種ばかりが注目される動物園で
タダのニワトリが昨年から注目されています。

幸運を背負っているニワトリだそうな。

大勢のあやかりたい人が訪れているのです。

私の知っているオスは猛々しいのですが
マサヒロはおとなしいですね。
だれがさわっても温厚で人間が好きだそうな。



マサヒロはひよこのとき
アライグマなんかのエサとして
70 羽の仲間とやってきたとか。

その中の 1 羽が
人工ふ化のマガモの食事係に選ばれたそうな。

マガモは親のマネをして給餌するので
だれかが横で食べて見せないとダメなんですね。

つぎに
園内の野生のイタチを退治するのに
おとりエサにされたそうな。

イタチが
マサヒロ(その当時には名前はありません)!
ひよこを食べていると
トラップのふたが閉まるということ。

3 日 3 晩!食べられるのを待っていたのに
そのときにかぎって
なぜか!イタチが現れなかったのだそうです。

その後!大きくなったので
大型肉食獣のエサとして待機していましたが
不思議に食べられる機会(?)がなく
とうとう名前をつけられて
永久に飼われることになったそうな。

それで「幸運のニワトリ」誕生。
今や園内を散歩したりして人気もの。
この園のスターの
レッサーパンダやコアラやシロクマと同じくらい。

なんといってもマサヒロは
かれらと違って!
直接ふれることができますからね。



「あべのハルカス」に向かって進みます。
blog28.jpg

新世界ゲートから入園して
てんしばゲートから帰るのです。

てんしばゲートでも
おとなしいオスのニワトリが
入園客を迎えていました。
blog29.jpg

マサヒロに弟分ができたのですね。
「ヨシト」だそうです。

ヨシトの飼育員さんたちは
マサヒロと比べて
とても美男子だと自慢していましたが。

おんなじ顔をしていますよ。
どう見ても違いは分かりませんが。

あ!
おばちゃんたちがアテにしていた
カレンダーの配布!
今年はないそうです。はは。

その代わりに絵ハガキをくれました。
blog30.jpg

マサヒロです。

いくら酉年(とりだし)だからといっても
他のスター鳥類をおさえて
トップの座を射止めて!すごいですね。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - 通天閣が見える ブログトップ