So-net無料ブログ作成
通天閣が見える ブログトップ
前の5件 | -

花嫁のれん [通天閣が見える]

「花嫁のれん」というものだそうな。
blog41.jpg

中能登の嫁入り道具のひとつ。
きれいなものですね。

実家の家紋をふたつ
染め抜いて持って行くのですね。
blog42.jpg

昔の加賀藩の庶民にみられる風習?!
ホントに「庶民」ですか!
庶民の定義が違うのでは!?

「花婿のれん」も展示してあります。
blog43.jpg

婿入りする場合もありますものね。

そんなものを飾れるところのある
大邸宅に住む人同士のいう
「庶民」の風習じゃないのですか。



中能登は石川県でしょうか。

昔!職場に
石川県か富山県の出身の女史がいましたが。

嫁に出すのは大変だといっていましたね。

記憶しているのは年末のこと。

新婚の年には
お嫁さんの実家から
目の下 1m 以上の寒ブリ(鰤)が
お歳暮に届くのだといっていました。

初めは逆かと思いましたが。

嫁ぎ先から実家に
「いいお嫁さんをありがとう」と
感謝の礼を示すのじゃないかと
思いましたが。

「男尊女卑の風土ですから」
実家のほうが
贈りものをするといっていたような。

寒ブリの 1m ?!
品薄なときにはなん十万円!?

「もしそうなら買えません!私たちの家では!

そうしたら
「ま!お嫁さんは肩身が狭いわね」
「いじめられるわね」
「娘のためには借金しても買わねば!」

「ひぇ~っ!
「おね~さんもですか?

「私は関西で結婚したから」
「親もテキトーにしていましたよ」

そんなことを思い出しましたが。



花嫁のれんは
天王寺公園(大阪市)の中の
日本庭園の慶沢園(けいたくえん)の中の
茶室の長生庵で展示されていました。

長生庵の存在は分かっていましたが
普段は
立ち入り禁止になっている茶室です。
blog44.jpg

いい茶室じゃないですか。
blog45.jpg

喧噪の街の中だとも思えないほど。



菊の鉢が展示してある季節です。
blog46.jpg

せっかくですから
慶沢園をひと回りして帰ります。
blog47.jpg

大きな池が中心にある
池泉回遊式庭園です。

あれ!?
大阪市の説明では
林泉回遊式庭園となっています。

浅学ゆえ
まったく聞いたことがありませんがね。
どういう違いがあるのでしょう。

ま!強いて知りたくもありません。
気にしないで回りましょう。
blog48.jpg

紅葉が少ない!

そんな樹種ばかりなのか
まだ時期がきてないのか知りませんが。
blog49.jpg

四阿(あずまや)で休憩。
blog50.jpg

外国語だらけの中で肩身の狭い思いです。

あ!?
私も
外国の観光客然としていたらいいのかも。

おフランス人ですから。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天王寺動物園の孤独 [通天閣が見える]

頭上高くにコアラがいます。
blog71.jpg

置きもののように動きません。
コアラはこれがお仕事ですね。

今年生まれたエミュー。
blog72.jpg

ひとりぼっちです。
見学者もまれなブース。
おあつらえ向きにベンチがあるので
はなしかけながらしばらく休みます。

天王寺動物園です。

しょっちゅうきていますね。はは。
ここが好きというより
趣味も友人も向学心も勤労意欲もなく
行くところがないから
きているだけのような。

サイの頭骨がさらされています。
blog73.jpg

秋の陽が寂しい。



サイの頭骨のそばに青銅製のサイ!
サイのこども(?)がいます。

青銅製ならカバのこどももいます。
blog74.jpg

たぶん!韓国からきた人たちが
上って遊んで!楽しそうです。

女性ふたりに男性ひとり!
ホテルの部屋割りはどうするのでしょう。
ダブルベッドに 3 人では
狭過ぎるでしょう。

大昔には事情があって
こんな組み合わせの 3 人で
ダブルベッドに寝たことが
3、4 度ありますが。
私だけ!貞操の危機(?)を感じて
身を固くしたまま眠れなかったですが。
純情だった!あのころ。ホントーです。

山小屋では
頭と足を互い違いにして
老若男女!オイルサーデンの缶詰みたいに
寝ることもありましたが。
巨大なドイツ人女性ふたりにはさまれて
死にそうだったことも。

私はなにを腐心しているのでしょう!
他に考えることはないのかね。



先ほどミナミにいたら
ど厚かましい!
いわゆる大阪のおばちゃんからでんわ。

通天閣の下に行きたいけど
労働者の街をよぎるのは怖いので
ついて行ってといいます。

どのツラしていってんの?!
妖怪変化の範ちゅうの年齢になって!

それに通天閣の下は林芙美子の
「めし」の時代とは違いますよ。
今は観光客と若い女性でいっぱいです。

ま!泣く子と大阪のおばちゃんには勝てん。

ミナミから大急ぎで
地下鉄の動物園前駅の
1 号出口にかけつけたら!
いません!?
バストよりウエストのほうが大きい体形は
容易に発見できるはずなんですが。

おばちゃんが唯一(?)ひとりで行ける
寄席の動楽亭にでも
緊急避難しているのかと思いきや
「友人と出会えたから」
もう!こなくていい!というメール。

ふざけんじゃねぇ!

そんで!怒りをしずめるために
ひとりで動物園の中。
決して物見遊山ではないのです。



カバの上のよしずは
青銅が日射により熱くならないためらしい。

しかし!ゾウのこどもも青銅製ですけどね。
よしずはありません。
blog75.jpg

シロクマはなに製でしょう。
blog76.jpg

これには触れてはいけないようです。

やめてください。
blog77.jpg

擬人化するのは。
風刺漫画じゃあるまいし。



動物園内なのに石灯籠。
blog78.jpg

ああ!和風を表現したいのですか。
blog79.jpg

飛び石の渓流(!)もあります。
blog80.jpg

千羽鶴!動物の慰霊碑!あべのハルカス。
blog81.jpg

巨大な塔なのに
隔離されたような碑があります。
blog82.jpg

「皇太子殿下行啓記念碑」ですか。
大正 15 年建立ですか。
大正と昭和の境界線上ですか。

「これやこの 都市計画の 権威者は
「知るも知らぬも 大阪の関

元歌は百人一首。
蝉丸の歌かな。

「これやこの 行くも帰るも 別れては
「知るも知らぬも 逢坂の関

そんな歌が残っている市長!
御堂筋を拡幅したときの市長の
関一が建てたのですね。
ま!自分のこづかいで
建てた訳ではないでしょうけど。

忘れ去られているのか
隠したいのか!よく分かりませんが
ああ!これも歴史でしょう。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

一心寺 地蔵盆 2017 [通天閣が見える]

昨日(拙ブログ 2017/08/24
「一心寺シアター倶楽(くら)」で
影絵劇の「あらしのよるに」を鑑賞して
今日(2017/08/24)の
「一心寺 地蔵盆 フェスティバル」の
「金券」200 円分をもらいました。
blog37.jpg

だれかにあげたいのですが
「地蔵盆」は珍しくはないのですね。

大阪やその周辺ではどこの町内でも
こどもに悪霊がつかないようにと
お祈りをしているようです。

日時はまちまち
だいたい 8 月の後半に集中していますが
7 月から催行しているようです。

それでは金券は自分で使いますか。
気分だけは幼児にもどって。



昨日は北門から入りましたが
今日は天王寺駅から
「てんしば」経由なので
南門から境内に。

南門周辺は古い墓地です。

あ!
煙の出ている墓石。
blog38.jpg

墓石じゃないのですね。
私になにかとり憑(つ)いていて
そんなに見えるのかも。

ここには「お骨仏(こつぶつ)」があります。
10 年に 1 体
その期間寄せられた遺骨で
阿弥陀如来像を造っています。

私の知人もなん人か
阿弥陀さまに変身しているはず。

あ!?
あの人の顔が!
blog39.jpg

コイ(鯉)ですか。



そんな憑(つ)かれた!
いや!疲れたはなしはやめましょう。
「地蔵盆フェスティバル」にきたのですね。
blog40.jpg

近所の地蔵盆と違い
さすがに規模が大きくにぎやかですね。
blog41.jpg

とにかく金券を使わなくては。
「氷」をいただきます。
blog42.jpg

ミルキーマンゴー 300 円。
100 円プラスしましたが。

この使い捨てのプラスティック製の器。
「氷」専用に作られたのでしょうか。
案外!大きい。
ビールを注げば 400cc 近く飲めそう。



大学生たちが人形劇をしていました。
blog43.jpg

「前説」の学生が
「ぼくの名前はみんなの大好きな」
「食べものとおなじです」なんて
いっていました。

「なんでしょう?!」と問えば
元気のいいこどもたちは答えましたね。

「ポップコーン」

「キャンディ」

「アイスクリーム」

なるほど!
「お笑い」とはこんなやり取りなんですね。
台本がないのに
質の高いおかしみがあります。

ちなみに!
この人の名前は「だいふく」さんだとか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

一心寺 あらしのよるに [通天閣が見える]

ん!?
なにか気配が!
振り向けば塀の丸い窓(!)から
なにかが見ています。
blog31.jpg

紫薇花(しびか)ですか!
blog32.jpg

一心寺(大阪市天王寺区)に
北門から入山して
窓の内側の鐘楼の前に立てば
先ほどの紫薇花が
古い墓地に彩りをつけています。
blog33.jpg

晩唐の杜牧(803 ~ 853)の
紫薇花という題の七言絶句は

「暁迎秋露一枝新
  あかつきに しゅうろをむかえて
  いっし あらたなり

で始まり

「向風偏笑艶陽人
  かぜにむかって
  ひとえにわらう えんようのひと

で終わっています。

紫薇花は日本の名は「さるすべり」
盛夏の花だと勝手に思っていましたが
夏から秋の花でしたか。

百花繚乱の春の花園にはなく
桃李の花も実もない季節に
笑っているという詩なんですが
いろんなことを皮肉っているのでしょうね。

今!大阪中で咲いている花でもありますが。
皮肉ってみたくもなるほど
倦怠的な行政や人心の大阪ですねぇ。



あれ!?
blog34.jpg

残暑の木漏れ陽が気だるい
仁王門(山門)近くの墓地。

ちなみに「お骨仏」一心寺ですが
周囲にいくつか古い墓地があるのです。

この紫色!
ジャカランダの花びらじゃないですか!
初夏の花ですよね。(拙ブログ 2017/06/24

見上げても深い緑だけ。
blog35.jpg

市川団十郎(8 代)の墓石まで下がって
離れて見上げたら
こずえの先に可愛い花が!
blog36.jpg
blog37.jpg

探せば他にもありますね。
blog38.jpg

外に出て一心寺 三千佛堂の前から見上げて
また見つけました。
blog39.jpg

ここにはまだ!
つぼみがほんの少しありますね。

これで 3 群見つけましたが
3 輪といったほうがいいような大きさの花。



三千佛堂の地下の
「一心寺シアター倶楽(くら)」で
「あらしのよるに」が公演されていました。
blog40.jpg

オオカミの男の子のガブと
ヤギの女の子(たぶん!)のメイの
友情物語といいますが
釈然としません。

それは純真さも誠実さも
正義もなくしてしまった
乾いた心の私だけなんでしょうか。

歌舞伎の中村獅童がすっかりはまり込んで
思い入れは深く
「そうでやんす」と
ガブの口調でばかりいっていたので
私も原作を読んでみましたが。

ひらがなばかりで!はは
とても読みやすいのですが
1 巻だけでもうおなかがいっぱい。

どんな結末なんですか。
入場してみましたが。

影絵劇でした。
こどもとそのママばかりが見ていました。

こんな肉食は悪で
(たぶん!)草食は善だという
安ものの仏教の端のほうにあるような思想!
私には無理ですね。

草食でも草の命を奪っていますよ。

オオカミとヤギのかなわぬ友情!?
無茶苦茶なはなしですね。

かなわぬ恋なら心中だという
近松門左衛門の戯曲のほうが
まだ少しは分かるような気がします。



あ!
まつや!?
blog41.jpg

いや「松のや」ですか。
牛めしの「松屋」の
「松屋フーズ」が展開している
「とんかつ」店ですかね。

歌舞伎で中村獅童が「ガブ」役なら
「メイ」は
尾上松也が演じたそうですが。

「まつや」つながりで入店。
唐突に勝手につなげて!ごめんなさい。

夕方ですがランチにします。
一番安いものでいいです。
「親子ささみかつ丼」税込み 500 円。
blog42.jpg



(石川忠久著/夏の詩 100 選/)
(木村裕一著/あらしのよるに/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

てんしば 真夏の居酒屋 よしず張り [通天閣が見える]

現時点では日本一高いビルの
「あべのハルカス」の下の公園
「てんしば」(大阪市天王寺区)が
にぎやかです。
blog41.jpg

ふしぎなものが立っています。
blog42.jpg

よしずの小屋!?
blog43.jpg

いくつかありますね。

朝!ネットの天気予報では
今日の気温が 36 度!
隣の区は 37 度!

「気象庁の予報なら」
「大阪市は 38 度だったよ」

アラフォー(around 40)のおね~さんの
重力に半分負けている
バストがあえいでいます。

なんなんですか!この暑さは。

よしずの下も暑いけど
太陽の直撃よりはまし?!
blog44.jpg

舞台を作っています。
裏側からのぞけば通天閣が揺らいでいます。
blog45.jpg

よいこは表から見てあげてくださいね。



「関西 居酒屋 フェスティバル」という
催し(2017/08/05・06)をしていました。
blog46.jpg

「てんしば」まるごと居酒屋だそうな。
「1,000 席を用意」なんていっていますが。

こんな猛暑の中
大丈夫なんですか!調理の衛生問題は。

「4 大ビールメーカー饗宴」だそうな。

「でも!ビール!持っているもんね。
blog47.jpg

「大丈夫!?ここに持ち込んでも」

「てんしばは公共施設ですから!大丈夫。

おね~さんには 500ml のほうをあげます。
「親方」には
糖質 50 %off がいいでしょうから。

ちらりと見ると(服の上からですよ)
垂れた(知らんけど)バストより
おなかも負けないほどたくましい!
相撲部屋の親方のように。

「これ!ビールじゃないんでは?」

「もちろん!新ジャンル!
「第三か第四のビールですよ。

500ml は韓国製!税抜き 125 円。
350ml はオランダ製 88 円。

ここに売っているビールの
1/5ほどの値段です。

発泡酒だ新ジャンルだというのは
日本の税制上のことだけでしょう。
諸外国にこんな分類があるんですか。



ああ!
明日(2017/08/07)は立秋ですよ。
暦の上では秋。
それなのに!盛夏のまま。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 通天閣が見える ブログトップ