So-net無料ブログ作成
うそ八百 ブログトップ
前の5件 | -

去年今年 四天王寺 除夜の鐘 [うそ八百]

四天王寺(大阪市天王寺区)です。
blog01.jpg

例年通り北鐘堂には長蛇の列。
blog02.jpg

北鐘堂は改修中でしたが
除夜の鐘は撞(つ)くんですね。
blog03.jpg

石舞台の南に北鐘堂と並んで太鼓楼
境内の南に南鐘堂と
「梵鐘」はみっつあるので
改修中の北鐘堂では
強いて撞かなくても
いいようなものですが。

聖徳太子の時代から
雅楽の音律の基準を求めている
鐘です。(拙ブログ 2012/07/02

みっつの鐘の中で
一番位のある(?)鐘だから
はずせないのでしょうかねぇ。



ぼちぼち
元旦の歌(といえるものかどうか)を
詠んでいます!暇だから。
頭を「去年今年(こぞことし)」にして
やっつけます。


「去年今年 ぼたもちひとつ またひとつ
「棚から落ちて 生きながらえる


「去年今年 地獄の縁に ひとり立つ
「この果てに咲く 花はいらない


ふざけていると思われそうですが
結構!考えて!ま!この程度ですなぁ。



太鼓楼にも行列ができていますが。
blog04.jpg

北鐘堂と太鼓楼では
最初の 108 人にはずれても
希望者はその後未明まで
撞くことができますけどね。



「去年今年(こぞことし)」の
単語は知っていました。
かなり前から。
無知!無恥!親不孝の
おフランス人(フランス人にあらず)でも。
親不孝は関係ないかも知れませんが。

新年には知ったかぶりに

「去年今年 貫く棒の 如きもの

なんて!
虚子の句をいってみたり。

しかし!他の有名な句は知りません。

よく考えたら
「去年今年」の意味の正解は知りません。
聞かれても説明できません。

人間が!ま!ひねくれていえば
勝手な為政者が勝手に作った暦で
今日は今年
昨日は去年という
あたりまえのことですが。

あらためて手元にある
俳句歳時記(角川書店)をめくります。
半世紀近く前に編集された古い本ですが
歳時記はこれで構わないでしょうね。

「一夜明ければ
「昨日は去年(こぞ)であり
「今日は今年である

なんて!これまた
あたりまえのことを書いてあります。

さらに

「忽ちのうちに年去り年来る
「時の急速な歩みにたいして
「深い感慨を覚えずにはいられない

と!
摩訶不思議な説明ですね。

時は急速には歩まないでしょう。
条件がおなじ次元で。
その「時」は頭の中の「時」なのかぁ!?

すごいですねぇ!
暦をめくるだけで
「深い感慨」を覚える日本人って!すごい!



南鐘堂。
blog05.jpg

比較的人気が少ない(?)鐘です。
でも!すでに
108 人は越えているでしょう。



「時間」の概念も年々
アインシュタインの理論を越えるような
新しい説が出てきて
愚かなものにはなにがなんやら。

今年の私は
「時間」という素粒子があると
大ぼらを吹いて
だれからも相手にされませんでしたが。


「去年今年 おなじ次元の ホログラム
「あしたが見える? あしたから見える?


「去年今年 おなじ次元の ホログラフィ
「追えばあなたは 虹の中の人



向こうに見える
「あべのハルカス」の照明が
気のせいかがきれいに見えますが。
blog06.jpg



「去年今年 移り香だけが ふわふわり
「くちづけ以上 恋人未満


「去年今年 雑煮の味も 古里(こり)も捨て
「遠くまた遠く 愁風いや増す

(こ・ぞ・こ・と・しを)
(頭につけてみただけです)



blog07.jpg



新年にあたり
時の急速な歩みを抱きしめて
深い感慨を覚えずにはいられません。
なんて!
ウソいってすみません。
「去年今年」は
はやいはなしよく分からないまま
新しい年も厚顔無恥でスタートです。


「去年今年 思いの薄い 恋を積む
「まだ積み上げる まだ重ねるぞ


「去年今年 男と女は ただ狂え
「女と男は ただつつましく
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

飛鳥の子守歌 彼岸花 [うそ八百]

blog41.jpg
blog42.jpg





blog43.jpg

明日香は飛鳥 人は人

百年千年(ももとせちとせ) 絵空ごと

刈られて赤い 彼岸花

浮気に染まる かあちゃんが

野分(のわけ)の中で 美しい



blog44.jpg

昼間にすだく 虫の音に

思い出なんか ほしくない

捨てられ赤い 彼岸花

浮気に走る かあちゃんを

責めても夢は 結べない



blog45.jpg

昨日も今日も 生きている

あしたもたぶん 生きられる

折られて赤い 彼岸花

浮気の好きな かあちゃんを

男の子なら 抱きしめて





blog46.jpg
blog47.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

恋を忘れたあけみの歌 [うそ八百]

橘曙覧(たちばなあけみ 1812 ~ 1868)を
正岡子規はたいそう評価しています。

「あけみ」といっても
松野明美や
増田明美のように走っていた訳じゃなく
戸田恵子の旧芸名でも
三沢あけみ(古いなぁ!)のように
はやり歌を歌っていた訳でもありません。

そもそも曙覧(あけみ)はおじさんですが。

子規は万葉集の歌人と源実朝につづく
3 番目の歌人だといいますが。
他には日本にロクな短歌がないそうな。

むずかしい歌は理解できませんが
曙覧の「独楽吟(吟の正字は口偏に金)」は
無知なものにも分かりやすいように
全歌「たのしみは」が頭で
「時」で終わっています。

「たのしみは
「 あき米櫃(こめびつ)に 米いでき
「今一月は よしといふ時

米を入手しただの!
焼き豆腐やお茶漬けがうまかっただの!
書が売れて金が入っただの!
なんか(私が思う)夢がないんですが。

第一!「恋」の歌がない!
「恋愛」や
「性欲」や「発情」がないなんて
(私が思う)人間味がありません。




では!私も。
私は「ときめきは」で初めて
「とき」でしめましょう。

あ!私の心象の他
他の人になりきって
(私は男のふりも女のふりもできます?)
忖度(そんたく)して
書いたものもあります。
そのほうが多いかも。

深夜です。
酔っ払っています。
急いで 50 首作るぞ!口語体で。




「ときめきは
「路地の奥から 走りきて
「おはぎをひとつ わたされたとき

「ときめきは
「突然奪った くちびるに
「きみのひとみが 閉じているとき

「ときめきは
「最初のデートの レストラン
「残したものが おなじだったとき

「ときめきは
「とびきりからい 塩じゃけを
「こわごわふたりで 食べているとき




「ときめきは
「デートの誘いが あるという
「人を見送る 文無しのとき

「ときめきは
「みっつのころの 傷あとを
「スカートたくして 見せてくれるとき

「ときめきは
「蚊は刺すかむ喰う なんという
「乳豊かな娘(こ)が 食べるというとき

「ときめきは
「幼女がママに 叱られて
「遠くの泣く声 今朝もあるとき


毎朝聞こえる泣き声がなまめかしいのです。




「ときめきは
「背中同士で 会話する
「急につれない ふりをするとき

「ときめきは
「奈良の都の さるすべり
「あの日の匂いの 風があるとき
blog00.jpg

「ときめきは
「いつもほんわか ここちゃんが
「ほんの一秒 空を見たとき

「ときめきは
「十年ぶりに すれ違う
「別れた人の 汗を見たとき




「ときめきは
「背まで伸ばした 黒髪で
「ムチを作った 夢を見たとき

「ときめきは
「失恋らしく ほろ酔いの
「女(ひと)がグラスを 寄せてきたとき

「ときめきは
「深夜くだ巻く 女(ひと)背負(しょ)えば
「歌がとぎれて 背が濡れるとき

「ときめきは
「ワコール脱いで トリンプに
「着替えた心を 見透(す)かれたとき


会う男によっては下着を替える女。
「純愛」なのか「気配り」なのか
ただの「ショーバイ」なのか。
そんな女性!
私の周囲にはいません!
もしいたとしても友人ではありません。




「ときめきは
「雨に打たれた ハイキング
「少女の服が 張りついたとき

「ときめきは
「二百九十九円の
「鯖弁当に うれしがるとき

「ときめきは
「腕をとったら その刹那
「ふたり抱き合い 瀬に落ちたとき

「ときめきは
「ふたりっきりの 山頂で
「後ろ姿の きみを撮るとき

「ときめきは
「お花畑を 見上げれば
「はずんだ声が シルエットのとき


ま!当然ながら
私ならロクな歌ができませんね。




「ときめきは
「りんごいっしょに食べられるね
「たわむれにTVのCMを見ると
「五十嵐結(いがらしゆい)がぶさ可愛くて
「なにぬかしとんねんと毒づいてみるとき

CMには青森に転勤がイヤそうな男が。
こいつは勤労意欲が脆弱なのかも。
そんな男について行くのは悲しい結末必至!
必死!必定!別れろ~!
なんて親でもないものが
無責任にいうのはさておいて!

字あまりじゃぁ!
大幅に字あまり。
これを三十一字にまとめようたって、、、!
もう!無理。

目標の 50 首に全然行かないけど
意識混濁!寝ますだ。




眠れないのですが。


「ときめきは
「りんごいっしょに 食べられるね
「いわずに別れた 十八のとき

なんのこっちゃ!?


「ときめきは
「りんごいっしょに 食べられるね
「きみのことばが 澱(おり)になるとき

やっぱり!寝ますだ。




(正岡子規著/曙覧の歌/を読みました)
(敬称略)
(ぶさ可愛いというのは演技上のことです)
(五十嵐結さんはきれいな方ですよ)
タグ:正岡子規
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

黒い人参 食べて長生きしたい [うそ八百]

赤いにんじん 食べてもね
口の中
赤くならないよ
ジュースにね いっぱいはいっていたら
うれしいね




白いにんじん 食べてもね
口の中
白くならないよ
酢豚にね いっぱいはいっていたら
うれしいね






疲れています。
体も心も嚢中も。
今日のブログは小休止。

人参を食べて長生きしたいもの。
黒い(濃紅?!)人参を食べました。

乱切りして
洗い米に
サバ(鯖)の水煮(缶)と酒粕と塩を振って
炊きました。
blog濃紅人参.jpg

黒米を混ぜたごはんのように色が着きました。

その黒い人参をスライスして
サバの残りとマヨネーズを混ぜて和えました。



いつか飛鳥の里で(拙ブログ 2014/06/24
緑色の人参に出会いました。
あれから再度お目にかかっていません。
探しに行ってみようかな!暇ができたら。

暇はあるのですが交通費がないのですね。
遠出に近鉄は高い。
南海も高い!?
JRはもっと高い!
阪急と京阪は安い。
阪神はもっと安い!と思っていたのに
阪急と合体して阪急並みになった?!

なんてキロあたりの運賃を
比較したこともないのに
漠然とそんな印象を刷り込んでいる
疲れている阿呆です。






黒いにんじん 食べてもね
口の中
黒くならないよ
カレーにね いっぱいはいっていたら
うれしいね




緑にんじん 思い出す
森を出て
かえる鳴く小道
おててをね つないで歌った歌は
なんの歌?
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

白鷺の城 [うそ八百]

blog61.jpg


花の舞う    春
雲の立つ    夏
十六夜(いざよい)の 秋
虹さゆる    冬

百年(ももとせ)に 似た
ときがはや   過ぎ
この胸に    また
百年が     行く

しらさぎの   城


blog62.jpg


傷つけた    春
傷ついた    夏
くやんでも   秋
立ち尽くす   冬

あの人の    名を
呼ぶことも   罪
死ぬ術(すべ)も なく
生き恥の    罰

しらさぎの   城


blog63.jpg


薄氷(うすらい)の 春
うつせみの   夏
おけら鳴く   秋
もがり笛    冬

いつか見た   夢
いくたびの   夢 
千姫の     夢
さだめさえ   夢

しらさぎの   城


blog64.jpg


思い出の    春
くるおしい   夏
抱きしめる   秋
忘れても    冬

後ろ髪     引く
情もない    身は
雷(いかづち)に ああ
責められて   去る

しらさぎの   城


blog65.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | - うそ八百 ブログトップ