So-net無料ブログ作成

二上山のサヌカイト さちのバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

ここはどこ?!
私はだ~れ!?

ときどき迷子になります。

ハイキングのかりそめのリーダーをしたり
旅行の世話役を頼まれたりすることがありますが
ま!みなさん!よくついてきますね。
相当な方向音痴だと自分で思いますけどね。

東と思っている方向が西だったりしたとき
地図を 180 度回したら解決のはずが!
もういけません。
新しい!正しいイメージがなかなか結べません。

神戸市あたりでは
常に六甲山の位置を確認していますが
どちらを向いても山の里では
パニックになりますぜ!

山中で迷子になったら
ともかく上へ!上へ!道なき道を猪突猛進!
たいてい尾根筋に径(みち)があります。
そこに出たらなんとかなるような。
なんとかなってきましたが
最近!体力が落ちたので
無鉄砲に進む気力がありません。



あ!奈良県香芝市の市役所がありました。
じゃ!ここは香芝市ですね。
隣の市に役場を建てている
竹富町みたいなケースはまれでしょう。

その向かいにこじゃれな博物館がありました。
blog31.jpg

“二上山博物館” ですか。

“にじょうざん” といわねばならぬのか
“ふたかみやま” と読むのか知りませんが
ちょっとびっくり!

というのは
二上山は隣の葛城市にある山じゃないんですか。
ふと!
石垣市にある竹富町役場を思い出しました。

もっとも!ふもとで仰ぐより
このあたりからのほうが山容はきれいなのかも。

入館料が必要でした。200 円。

“サヌカイト” の詳しい展示がありました。
blog32.jpg

二上山に行くとやたら
“歴史” は大津皇子!
“自然” では
“サヌカイト” の単語が飛び交っていますが
あんまり理解できていません。

どうして!
“讃岐(さぬき)の石” という
“サヌカイト” が大和の二上山です?!
なんて初歩の初歩の間抜けさだったのですが
ナイフ等の刃ものに加工するのに
最適な石だったようです。
blog33.jpg

二上山は
後期旧石器時代から弥生時代にいたる
石器の原産地の遺跡が
70 か所あまりあるのだそうな。

古墳時代には
古墳の石棺や石槨(せっかく)資材として
凝灰岩(ぎょうかいがん)が
切り出されていたのだとか。

奈良時代以降!近年まで
金剛砂(ガーネット)の産地だったのですか。

二上山は日本の石の供給地だったのですね。
勉強になりました!すぐ忘れるでしょうけど。



二上山博物館のまん前に
“バイキング 800 円” ですって!
blog34.jpg

しかも税込み!?

ちょうど正午!入店します。
“家庭料理 さち” ですか。

やさしいお母さんのようなおばちゃんが
ふたりいました。

料理が意外にたくさんあるじゃないですか。
blog35.jpg

私のバイキングの法則
まず!ひと口ずつもらってきました。
blog36.jpg

席にもどったら
みそ汁とごはんが用意されていました。
みそ汁が熱い!
いいですね。
熱いのは飲みにくいのですが
最初からぬるいのはどうも、、、。

みそ汁とごはんのお代わりができるのかどうか
お代わりできるところでもしないので
確認はしませんでしたが。

私の口に合います。
いわゆる “おふくろの味” 的なお惣菜ばかり。

おなかがいっぱいになりましたが
いやしいので
もう少し食べていなかったものを。
blog37.jpg

静かな里でいいレストランに遭遇できました。

さて!二上山はどっち!?
ゆるゆると歩いて行きます。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理