So-net無料ブログ作成
検索選択
2017年04月| 2017年05月 |- ブログトップ
前の5件 | -

つばな をかし 都会のチガヤ [草のゆかり]

正面の逆光の中
JR大阪環状線の新今宮駅のホームが見えます。
blog01.jpg

「茅花(つばな)も をかし」
blog02.jpg

ただ!それだけ
わが姉(!)なごんちゃん(清少納言)が
枕草子に書いていましたが。
こんな騒々しいところに
茅花(つばな)!
つまり!チガヤの原っぱが。
blog03.jpg

なにかガラにもなく郷愁を感じますね。

鴨長明の方丈記では
10 歳と 60 歳のふたりが
「茅花(つばな)をぬき」遊んでいます。

  茅花(つばな)けん まめ茅花
  今年の茅花は ようでけた
  活けておくより 摘んだほうがましじゃ
  耳に巻いて すっぽんす

大阪の歌だそうな。

たぶん!いつの時代にも
チガヤの花芽をすっぽんと抜いて
食べ遊びをしていたのでしょう。

ほんのり甘い。
季節がよければ大変柔らかい。
たぶん!昔のこどもは食べてしまったのでは。

もう!この都会では
歌も食べ遊びもないですけどね。

この大阪市の広場も売り払ったそうですから
茅花もやがて消えてしまうことでしょう。



「買い物帰りに滝を見に行くなんて」
「なかなか乙でしょ」
blog04.jpg

日本庭園の
「慶沢園(けいたくえん)」のポスターですか。
雨に打たれたのかよれよれになっていますが。

慶沢園は天王寺公園の中。

わ!
チガヤ(茅花)がいっぱい。
blog05.jpg

慶沢園は
元・住友家の茶臼山本邸庭園ですよ。
そんな名園にもありますか。

実は帰路
注視していたら!あちこちにありましたね。
なんだ!
そんなに郷愁を感じなくてもよかったのですね。

名園もこの季節は緑色だけですね。
blog06.jpg

あ!そうそう!滝!
これですね。
blog07.jpg

華厳の滝とか
那智の滝と比較してはいけません。
喧噪の中にこれだけあれば十分です。



庭園を出ると茶臼山。
blog08.jpg

陽射しが強いのに
水辺の花のエリアは寂しい。
blog09.jpg

どうしたのか!きれいに整地されたかのよう。

そんな中!キショウブ(黄菖蒲)だけは元気。
すでに池の周囲に勢力を広げています。
blog10.jpg

なん度もいいますが
この花だけは植えてはいけないような。
他のものがなんにも育たなくなるような。
そんな危惧して見ているのは
私だけかも知れませんが。

あ!ノハナショウブ(野花菖蒲)!
blog11.jpg

キショウブとの生存競争に負けて
こんなに小さくいじけている訳じゃありません。

ハナショウブ(花菖蒲)の原種に近い花。
だからか!こぢんまりと咲くのです。



(茅花の歌は/中田幸平著/野の民俗/参照)
(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

清少納言の遊ぶ三船祭 [平安京有情]

京都市右京区の
車折(くるまざき)神社の境内に
清少納言社があります。
blog71.jpg

小さな祠(ほこら)です。

清少納言と中宮・定子は
才女同士の出会いですね。
ほんの短い日々でしたが
充実した生活を送り
清少納言は “枕草子” に
定子を生き生きと書き留めました。

定子の死後
清少納言の消息は絶えました。
今では本名も墓所もはっきりしません。

この神社の祭神は
清原頼業(きよはらよりなり)だそうな。
清少納言は清原氏出身と推察されるので
ここに祀(まつ)られているのですね。



今日(2017/05/21)は「三船祭」です。
清原頼業の生きた平安時代の船遊びを再現する祭。
その会場の
嵐山の大堰川(おおいがわ)に移動します。

拝観を拒否して!もう長い臨川寺(りんせんじ)。
blog72.jpg

岡本かの子の小説「鯉魚(りぎょ)」の舞台。
応仁の乱の後の
臨川寺の沙弥(しゃみ)と
丹波の殿さまの娘が
大堰川の河原の葦の中で恋をしたのですね。

臨川寺の前は小説では大堰川。
blog73.jpg

今の河川名は桂川。
その桂川の渡月橋から上流が通称・大堰川かも。

渡月橋のすぐ上流に堰(せき)があります。
blog74.jpg

大きな堰です。
だから大堰川。
もっとも渡月橋は昔は
ここより上流に架けられていたといいますから
この堰もこの場所ではなかったかも知れません。

ちなみにその上流の船下りで有名なところは
保津川と呼ばれたりしています。

あまり深く考えても阿呆にはしんどいだけ。
やめましょう。



渡月橋の左岸のたもとに
車折神社の頓宮がありますが。
blog75.jpg

今回の祭事には関係なさそうです。

大きな堰!大堰川の右岸で待ちます。

12 時半過ぎて
中の島を出た “清少納言” 一行が
渡月橋を渡っています。
blog76.jpg

催事はすべて左岸のほうです。
blog77.jpg

こちら側は道の幅員がない上
手すりもなにもない路肩の横は水深のある川。
そこへやっぱり人が押しかけて
危ないったらありゃしない。

私は!たぶん上ってはいけない山肌に
はい上がり!とりついています。



延々と 1 時間あまり
事情もなにも分からないまま。

やっと船が動き出しました。
blog78.jpg

船は右岸のほうにもやってきます。
blog79.jpg

ボート等!見学するために出動している
小舟が多くてわずらわしい。
blog80.jpg

船は 2 隻を
つなぎ合わせた構造になっているのですね。
blog81.jpg

ん!?
なん隻回っているの?!
blog82.jpg

「三船祭」ですから 3 隻?!
blog83.jpg

御座船!龍頭船!鷁首(げきす)船かな。
浅学にして
鷁(げき)なんて動物知りませんぞな。
そして!どれがどれやら。



後白河法皇(1127 ~ 1192)が集めた
今様歌謡の梁塵秘抄に

嵯峨野の興宴は鵜舟(うぶね)筏師(いかだし)
流紅葉(ながれもみぢ)
山蔭(やまかげ)響かす箏(しやう)の琴
浄土の遊びに異(こと)ならず

という歌がありましたが。

船遊びは極楽浄土のようですね。

他にも梁塵秘抄に「嵯峨野の興宴」は 2 首。
大堰川は遊びに適した川なんでしょうか。

16 世紀の閑吟集に

今朝の嵐は 嵐ではなげに候(す)よの
大井川の 河の瀬の音ぢゃげに候(す)よなう

なんて小歌がありますが。

嵐は嵐山とかけてあるようです。
大井川は大堰川のこと。
遊女が客にいっているのかな。
枕の下を水が流れていたのかも。

大堰川の周辺は
遊所が集まっていたとも聞きましたが。



あ!
2 隻を合わせた船ではない船もあります。
blog84.jpg

これが御座船でしょうか。

望遠レンズをいっぱいに伸ばせば
清少納言(たぶん!)がいました。
blog85.jpg

“こども” も。

余談ですが
遊女も禿(かむろ)という
こどもを従えていますね。

宮中!大奥!遊廓!
どうしてよく似た組織になっているの?!

どこかが
どこかのマネをしているのでしょうけど。

それとも
例えば海に降りた哺乳類が
魚類に似た体形になるように
“女” の世界は
どういういきさつで生まれても
最終的には似てくるものなのでしょうか。



(梁塵秘抄/佐佐木信綱校訂/)
(閑吟集/浅野建二校注/参照)
(敬称略)
タグ:枕草子
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

トエンティクロスを下りました [野道!山道!恋はけもの道!]

大きく立派な石ばかり並べています。
blog41.jpg

生田川の上流です。
徳川道にあったという飛び石の再現でしょうか。
六甲山の山中の神戸市立森林植物園の東門の前。

とはいうものの!徳川道はここでしたか。
ここから少し上流に比定され
整備されていませんか。
ま!どちらでも大勢に影響はないですけどね。

江戸幕府は神戸港を
外国に開港することになりました。

外国人が上陸すれば
権威だけが生きがい(?)の大名行列と
文化の違う外国人の
刃傷沙汰(にんじょうざた)は必定。

第二の生麦事件を恐れて
幕府は大名行列のために
神戸港を避けて六甲山中を通る道
通称・徳川道を整備したのですね。

しかし!すぐ明治維新。
使われることはほとんどなかった道。
詮索すれば悲しい。

神戸港は広くいえば
兵庫の津の一部でしょうか。
「神戸」と「兵庫」!
県庁所在地の市と
県の名前が異なる事由はそのあたりでしたか?!



生田川を下ります。

ここから下流は通称 “トエンティクロス”!
妙に明るい道になっています。
blog42.jpg

暗くする木は遠慮なく伐採され
ハイカーが歩きやすいようにか
よく整備されています。

新しい!たぶん!砂防ダム。
blog43.jpg

“二十渉堰堤” だそうな。

“トエンティクロス” を和訳したら
“二十渉” とか “二十渡渉” になるのかな。

六甲山はまず外国の人が注目し
開発してきたので
英語というか!
カタカナの地名がたくさんついています。
blog44.jpg

“トエンティクロス” と命名されたのは
川とクロスするところが
20 か所あったからなのか!
単に多いという
英語の表現ではそうなるのでしょうか。

中国語では “多量” を表すのには
「一日千秋」とか「白髪三千丈」とか
ほんわかしたものがありますが。

日本語ではどういうのでしょうね。

とてもおいしい酒があったとします。
「いくらでも飲める」なんていう
ボキャブラリィの貧困な人に
出会うことがあります。

「いくらでも!?」
「そんなに無限に飲まなくてもいいから」
「丼に 3,000 杯だけ飲んでみておくれ」と
いってみたくなりますね。

もっとおくゆかしい日本語を使いたいもの。



あ!?
“トエンティクロス” を
私は
今まで普通名詞として使っていたような。
blog45.jpg

たとえば妙見山の初谷渓谷コースも
なん度も渓流を縫うように渡って歩きますが
「このあたりから」
「トエンティクロス!行きますか」
なんていってきましたが
地元の人にも電鉄会社の人にも
意思疎通できていましたが。

固有名詞だったのでしたらごめんなさい。

水中に杉の木が立って枯れています。
blog46.jpg

ここにもダムができて水位が上がったのかな。

本流のほうは
20 もクロスしないかも知れませんが
そこへ流れ込む支流は結構多い。
blog47.jpg

もしかしてこの数のことかも。

初夏の柔らかい緑に心身が染まりそうです。
blog48.jpg

大勢が火を囲んでいる広い河原!
市ケ原に着きました。
ここで “トエンティクロス” 終わります。



ここからは年になん度も歩いている道。
緑のおおいかぶさる急坂をいそぎましょう。
blog49.jpg

ほどなく布引(ぬのびき)貯水池。
blog50.jpg

神戸布引ハーブ園を往復する
ロープウェイが見えます。

布引貯水池ですが
ダムの名前は布引五本松堰堤だそうな。

このダムの横で断層がよく分かるのだとか。
blog51.jpg

縦に掘り込まれているところが布引断層?!

この断層が貯水池の上流のほうに
つづいているというのですが。
blog52.jpg

考えてみれば
断層の割れ目には水が流れやすそう。
水が流れるところには人が住みやすそう。
元来!災害の起こりそうなところが
便利で住みやすいのでしょうね。

当然なんですから
災害にあわてることはありません。



悟った(?)ので空腹になりました。
午後 2 時半ですが!ランチはしていません。
悟った(?)のでご褒美に
“おんたき茶屋” でなにか
ケチですから
500 円以下のものでもいただきましょう。
blog53.jpg

うどん!ラーメン!ビール(大瓶)!
だし巻きたまご!みんな 500 円です。

この時間なのに満席かぁ。
あきらめて!水をひと口飲んで下ります。

水量のあまりない雄滝(おんだき)。
blog54.jpg

梅雨になったら元気になります。

雌滝(めだき)。
blog55.jpg

右に取水堰堤が見えます。
明治 33 年(1900)年建造!
おばあちゃんでも現役です。

降りてきました。

新幹線の新神戸駅の下の川から
肉を焼くいい匂いが上がってきます。
blog56.jpg

大勢の人がパーティに興じています。
どこか風景のいい場所に行けばいいのに。
すみません。
パーティする友人のいないものの
すねた発言です。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フクロウのあかちゃんが泣いていました [手のひらを太陽に]

奈良ドリームランドが!?
blog81.jpg

瓦礫(がれき)の山。
閉園後にも
大きな遊具が風雨にさらされていたのに。

黒髪山を越えて
“能楽” の原典といわれている
“翁舞” が継承されている
「奈良豆比古(ならづひこ)神社」へ。
blog82.jpg

本殿の後ろに
樹齢 1,000 年と推定されている
クスノキの巨樹があります。

その下で鳴いて!いや
泣いているあかちゃん!?(2017/05/19)
blog83.jpg

フクロウ?!
コノハズク!?

ずっと見ていたらしいハイカーの女性が
「カラスが襲撃にきている!」
「食べられる~?!」

観光客やハイカーが集まってきても名案なし。
参詣にきていた地元の刀自にきてもらいます。

「上の巣から落ちたんや」
blog84.jpg

この樹齢 1,000 年のクスノキのウロに
毎年!営巣しているとか。
以前にも落ちたことがある!そうな。
そのときには
もう少し大きかったのか
下でだれかがエサをやっていたら
親の元へ帰ったといいますが。

しかし!どうしましょう。

よっし!
私がでんわをかけます。
どこに!?
思いあたるところなし。
まして!ここ奈良市!友人もなし。
もっとも
大阪に帰っても友人は皆無ですけどね。はは。

いろいろと観光のリーフレットにある番号に
でんわして!すみませんでした。

だれも「知らない」ですわな。
でんわを受けて迷惑ですよね。

奈良市観光課のおばさんが!いや!
ご尊顔を拝しませんから!若いおね~さんかも!
「野鳥は野鳥の世界にまかせましょう」

もっともなことです。
フクロウにはフクロウのさだめがあり
カラスにはカラスの生活があります。

で!解決。
でも!なんだかねぇ。
ま!一件落着。
その後のこと!私は知りません。



後ろ髪を引かれる思いで
植村牧場の看板 “にゃんこ” に会いに。
いやされましょう。
blog87.jpg

が!にゃんこはお散歩中らしい。

暑いので乳牛も小屋の中で休んでいます。
blog85.jpg

だれか羊の毛を刈ってあげて。
blog86.jpg

冷たい牛乳(160 円)を飲みながら
にゃんこを待っていても帰ってきませんね。
blog88.jpg

植村牧場の前に般若寺の国宝の楼門。
blog89.jpg

春にヤマブキ
秋にコスモスの “花” の般若寺。
夏はアジサイ!でしょうか。
まだ!少し早そうで!とぼとぼ通り過ぎます。

北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)!
blog90.jpg

主にハンセン病罹病者の入院病棟。
鎌倉時代に建設されたらしい。
ここに移設されたのは江戸の初めでしょうけど。

ああ!
なんだか足が重い。

スズメの若ものが死んでいました。
blog91.jpg

たぶん!交通事故。
暑くてやりきれない初夏。
もっとやりきれない季節が近い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菊水山にアーモンドよ咲け [みんなで歩けばこわくない]

菊です。
blog21.jpg

手のひらで隠せるほどの芽がふたつ。
“菊水山” の石碑の前ですから
だいぶ踏みつけられています。
それでも頑張って生きています。

昨年植えた小菊!
いくつか生存していました。
blog22.jpg

たぶん!
昨秋には咲いていたに違いありません。

今回はアーモンドの苗を植えておきます。
blog23.jpg

ジュズダマとミツバもいっしょに。
アーモンドが根づくまで保護してね。

「その前にまとめて草刈りにあいまっせ」



六甲の菊水山。
月に 1 度の仮面ハイキング。
仮面とは氏素性も
名前さえも希望なら名乗らなくてもいい
寄せ集めのことですが。
さらに企画者(私ですが)に
お愛想をいったり感謝しなくてもよろしい。

その企画者!
ヤキが回っていて
昨年とおなじコースを(拙ブログ 2016/06/15
みなさんに知らせてしまいましたね。
毎回!できるかぎり!
違うコースに誘導しているのですが。

去年見ましたね!瀬戸内!神戸空港ですね。
blog24.jpg

「え!?わたし初めて見たよ」

お!?
あ!メンバーが入れ替わっていますか。
ここに昨年きた人は
鉄人(!)のおじさんひとりですって?!

じゃ!よかったですね!このコースで。



神戸電鉄・鈴蘭台駅から
直登組と
NTTドコモの管理道路を借りて
ゆるゆると登ってきた組
下りはいっしょですよ。

「ぎゃ~」
blog25.jpg

落ち着いて!
急坂ですが
あわてなければ難しい道ではありません。

一番もたもた!あ!失礼!
のんびりアラフォー(around 40)に
先導してもらえばみなさん大丈夫でしょ。

烏原川(からすわらがわ)を渡ります。
石井ダムの前です。
blog26.jpg

「おしっこ~!」

はいはい!もう少しがんしてね。
このコース!あんまりトイレがありません。
神戸市の下水処理の
鈴蘭台処理場まで降りてきました。
blog27.jpg

ここでトイレを借りましょう。

さらに下れば。
「“放水門” ってな~に!」
blog28.jpg

あまり意味のないところに
お金を使っていますね。



烏原貯水池の上流に着きました。
「水と森の回遊路」を歩きます。
blog29.jpg

疲れてきましたか。
さ!胸を張って
緑の中のいい空気を吸って歩きましょう。

最近!お肉がつき過ぎて
バストが重力に負けていますね。

烏原(からすわら)ダムです。
blog30.jpg

みなさん!おそろいですよね。
堰堤を渡り右岸に行きますよ。

ダム湖に埋められている丸いものは
水車の石臼です。
blog31.jpg

水没した烏原村は
水車で線香の原料を生産していたのです。

村人が去るとき記念に
水車の石臼を残したのです。



帰ります。

あ!
blog32.jpg

山に白い花が咲いています。
たくさん咲いています。

ニセアカシアですね。
表六甲では最近
伐採しているところが多いような。
六甲はニセアカシアでなくてはね。
そんなイメージが強い私です。

神戸電鉄・鵯越(ひよどりごえ)駅に
50 パーミル以上の急勾配を
電車が降りてきます。
blog33.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の5件 | -
2017年04月|2017年05月 |- ブログトップ