So-net無料ブログ作成
検索選択

荘の郷の春の酒蔵祭 2017 [工場見学]

大阪府のうんと南
関西国際空港のまん前の泉佐野市には
豊かな田園が広がっています。

畑のところどころが黄色い。
blog41.jpg

キャベツの花ですね。

昔!あんな球体から
どうして花茎が上がるのかと不思議で
夜も眠れなかった(?)ことがあります。

フランスやイタリアでは
キャベツからあかちゃんが誕生するとか。
さもあらん!なんて思ったりして。

でも!コウノトリが
あかちゃんを運んでくるという
ドイツや!たぶんイギリスの説(?)のほうが
好きですけどね。

真冬にはそんなくだらんことを考えていて
花茎が伸びる季節には
こちらも色気づいていたのか
忘れていましたが。

泉佐野市はキャベツの産地なんですね。



早朝からのどかな里に人がいっぱい。
blog42.jpg

荘の郷(北庄司酒造)の
“春の酒蔵祭”(2017/04/29)です。

なん日か前にこの情報をメールしてきた
“お大尽” がきません。
メールしても返信がありません。
奥方の愛称・聖子ちゃん(本名は知りません)に
捕まっているのでしょう。

ま!いい!勝手にやるから。
きき酒セットを。
blog43.jpg

500 円!割引券持参で 400 円。

50 ~ 60cc ほどのものが 3 杯。
鏡割りのふるまい酒ももらったので
みんなで 1 合あまり飲んで!朝からいい気持。

おばちゃんたちが殺気立っています。
blog44.jpg

酒粕の詰め放題だとか。

屋台は前回とおなじくらい 30 ブースほど。
なつかしい(?)
前に出会った店舗ばかりのような。

泉佐野市には酒蔵は他になく
付近にもあんまりないのか
大変なにぎわい!お祭り気分!
あ!文字通り酒蔵祭でしたね!



とりあえず酒蔵を見学します。
blog45.jpg

前回!前々回にも
ブログにのせた写真とおなじですね。
変えようがありません。
blog46.jpg

蔵の 2 階の
“蔵しっくホール” も前回とおなじです。
blog47.jpg

ここでこれからイベントが開催されます。



“お大尽” を待っていてもムダでしょうから
帰ります。

南に歩いて
桜の名所だと聞いたことのある
大井関公園に行ってみます。

むろん!桜花(ソメイヨシノ)の季節は
過ぎているでしょうけど。

さっぱり分かりません。
案内板などありません。
見落としているのかも知れませんが。

偶然!樫井川にかかる赤い橋に出ました。
blog48.jpg

ここが桜花の渓谷 “ろじ渓” かも。
blog49.jpg

藤の花が咲いています。



渓谷の横に品格のある神社がありました。
blog50.jpg

日根神社だそうな。

このあたりが日根荘だったのかも。
その氏神さまでしょうか。

さらにその横に
これまた由緒ありそうな寺院が。
blog51.jpg

慈眼院!
大井堰御坊とも書かれています。
大井関公園の名前は
ここからつけられているのでしょうか。



JR日根野駅まで歩きます。
北西に進めば線路に当たるはず。
もし線路に並行して歩いてしまったら
大阪市まで歩くことになりますか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四天王寺の古本祭 スコールのカレー [たべほ!ブフェ!バイキング!]

四天王寺の太鼓楼の前に
“十三詣りの智慧(ちえ)の輪” がありました。
blog51.jpg

13 歳にこの輪をくぐれば知恵が授かるらしい。
くぐっておけばよかったですね!
少しは賢明な脳が発達していたかも。
もう!遅いですね。

あべのハルカスのほうに目をやれば
「十三詣り」ののぼりの中に
テントがひしめいています。
blog52.jpg

春の大古本祭(2017/04/28 ~ 05/03)ですか。
30 を越えるブースがありますね。
blog53.jpg

お天気がいいので
古い本の虫干しを兼ねられますか。
blog54.jpg

古書か古文書か古本かの区別は知りませんが
こんな中から貴重な発見があるのかも。
そういう能力は皆無なので敬遠して
せめて半世紀ほど前の本を入手。
blog55.jpg

大きくて重い本を探し出しました。

これだけで 500 円。
100g あたり 20 円!
大変お得(?)ですぞ。

目方にほれて本を買う阿呆は
世間にそういないでしょうなぁ。
どうせ読みもしないのに買うのは
無知・無教養!世間知らずの
劣等感にさいなまれている証拠!
情けないかぎり。

スタンプラリーの台紙をくれましたが。
20 個全部!
はんこを押せたら 500 円の金券と交換。
少なくとも 4,000 円以上買わねばなりません。
放棄します。
もう買う財布の余力も
読書する脳の余裕もないです。

平日の朝の早くから年寄りがいっぱい。
blog56.jpg

寺院の縁日のような感覚かも。
ラーメン祭でも駅弁祭でも
北海道展でも食品博でも
そんなにお得感も珍しさもなさそうな場所に
大勢の人が集まるこのごろ。



重い本をさげて歩けば空腹を覚えます。
なんか安く買えて得した気分なので
ランチをして帰ります。

思わず見上げてしまったので
久しぶりに
“ホテル バリタワー” の 13 階のレストラン
“SQUALL(スコール) バリタワー天王寺店” へ。
blog57.jpg

一番安い “カレーランチ” 780 円(税抜)。
blog58.jpg

五穀米ごはんを少し入れて
ポークカレーをいただきます。
カレーもサラダも食べ放題です。

パルメザンチーズ(粉)が出ていたので
なんにでもかけていただきます。
味に深みが出ますね。
だいたい粉唐辛子を
なんにでもかけて食べている日常ですが。

他のものが食べられないので
ごはんはもうやめて
ビーフカレーソースだけと食べ放題のパンを。
blog59.jpg

サラダが充実しているのが私好み。
青いものをもう少し。
キーマカレーソースとデザートも。
blog60.jpg

プリンはおいしいねぇ。
“おじゃる丸” が好きなはずですね。
これからは飲酒はやめてプリンにしようかな。
冗談ですよ。

ドリンクは緑茶と水だけですので
(お金を出せばドリンクバーがあります)
ドリンク代わりにミネストローネを!はは。

遠くかすむ生駒山を望みながら!ほっこり。
blog61.jpg



(追記)
古本の量り売りなんてしていませんよ。
勘違いさせてすみません。
でも!勘違いしますかね!おひとりをのぞいて。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

飛田新地 (2) 大地の子守歌 [活動写真]

あら!?
blog1.jpg

こんな看板がありましたか。
新しいとも思えませんが
なん年も前を通っていても
気づかないもんですね。

また!気づきにくい配色ですが
役に立っているの?!
映画館の “シネ・ヌーヴォ” の案内板です。

シネ・ヌーヴォ(Cine Nouveau)は
大阪市西区にある
イスが 70 もない小さな映画館。

中 2 階に 24 席の
シネ・ヌーヴォX” も併設していますが。



マンモス映画館ではおめにかかれない映画を
しばしば取り上げています。

この日は
“大地の子守歌” を上映していました。

1976 年公開!増村保造監督!大映の制作。

13 歳にして売春宿に売られ
地獄の日々に
失明してしまった薄幸の娘 “おりん” を
16 歳の原田美枝子が演じています。

初々しくて可愛い原田美枝子が見られます。

実はこの映画のビデオ!
本棚でほこりをかぶっています。
blog2.jpg

ビデオデッキが 3、4 台もあるのに
尻をたたいても!おだてても!
まともに働こうとする律儀な機械は
1 台もありません。
わが家のビデオの時代は終わって久しい。

それなら!
久しぶりにここで観て行こうかな!と
一瞬思ってしまいましたが。
やめます。

泣けるでしょうから。

最近!軟弱になって
どんな映画でも
その場面から連想して
ストーリィからはずれた場所に心が飛び
泣いてしまうのです。
こしかたの不孝!不義理の数々!ああ。

ましてこのストーリィ。

山奥で育ての老婆と暮らしていた少女が
おばあさんの死後
瀬戸内海の売春島に売られてしまいました。

過酷な生活の中で盲目になります。
助けてくれる人がいて島を脱出。
四国路のお遍路をするというもの。

つらいのぉ。



「教えて!」
「わたしが」
「飛田(とびた)のおばちゃんになられへんやろか」

商売熱心!働きものの
アラフォー(around 40)のおね~さん。

「なにをまた唐突に。
「なんで私に聞くの?

「Aちゃんから聞いた」
「あなた!飛田に詳しいんだって!?」

「ああ!Aちゃんですか。

失業して!仕事がないというB子には
飛田新地(拙ブログ 2017/03/07)
働くにかぎるとはいいましたが。

メリットは多々あります。

“大地の子守歌” のような
管理売春はありません。

働く時間が自由に調整できます。
会社勤めとおなじ時間帯でもOK。
近隣に疑われることがありません。

時間給になおせばとてもいい割りです。
たとえ嫌いな客でも
肌を合わせている時間はたった 7 分です。
平均 7 分です。(だれが調べた統計だろ?)

目標金額の貯金ができたら
いつでもやめられます。

そんな “飛田のすすめ” を
酒の肴にいっていたとき
横にA子がいましたね!
しっかり聞いていたんですね!はは。

「あかん!あかん!」
「病気のリスクが高過ぎる」と
これまた横で聞いていた
おばさんが口をはさんだので
はなしは終わりましたが。

そのおばさんは
飛田の近くの医院の看護師ですから
始末に悪い(?)のです。



「でも!どうして客引きのおばさんなの?

「疲れた!」
「いうことを聞かない連中を使っていると!」

数だけそろっている
わが家のビデオデッキみたいですね。
従業員が身内ばかりだと動かないのですかねぇ。
おね~さんに甘えてばかりいて。

「今度は座っていて!」
「口先だけのショーバイがしたい」

身を粉にして働いて
小銭はたまったようですが!
悩みがあるのですね。

「大丈夫!
「ぽちゃぽちゃしていて!
「包容力のあるほほえみ!
「男心をくすぐります!
「まだまだ “7 分 5,000 円” のほうでいけますよ!
「客引きに甘んじるなんてもったいない!

「無理やろ~」

「そんなことは絶対にないです。

飛田はふところが深いのです。
青春通りから妖怪通りまで
あ!年金通りまで
いろいろな年代層の働ける町です。

ま!私がいっているのもいい加減!
受け売りだけで保証がないですけどね。



映画を観ないで
すぐ横の “松島新地” を通って帰ります。
blog3.jpg

飛田新地にはありませんが
松島新地では客にシャワーを使わせるそうですよ。
blog4.jpg

これも受け売りで無責任なはなしです。
私には
あまり真剣には相談しないでくださいね。

あ!
あのビデオ!
客引きおばちゃん志願の
アラフォーのおね~さんにあげようかな。
お好み焼きぐらいおごってくれるかも知れない。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

尼寺廃寺跡から雪丸の達磨寺へ [町道!街道!眠り未だ足らず]

整備されています。
blog21.jpg

史跡 尼寺廃寺(にんじはいじ)跡だそうな。
大きな礎石が発掘されています。
blog22.jpg

7 世紀ごろ?!
とんでもない大寺院があったのですね。

尼寺廃寺跡学習館も新設されています。
blog23.jpg

史跡は古そうなんですが
公園化したのは最近でしょうか。
なんだかぴかぴか。



横の一段高いところに
白山姫(しろやまひめ)神社。
blog24.jpg

下の史跡公園は奈良県香芝市
ここは奈良県王寺町のようです。

王寺町の神社にはたいてい絵馬堂があります。
blog25.jpg

氏神さまとの結びつきが強く
誕生すると!
秋祭りに絵馬を奉納する習慣があるようです。

当然!
大昔からのものが残っているはずなんですが
5、60 年以上過ぎたものは風化が激しく
この日見た絵馬の中では
昭和 17 年のものが最古でしたが。

この町にも新興住宅ばかりが目立ちます。
もうすたれて行く風習なんでしょうか。



王寺町を北上します。

乳垂(ままたれ)地蔵。
blog26.jpg

たくさんお祀りされていますが。
もしかして石灯篭の影になっている尊者かな。
気づくのが遅くて!ごめんなさい。

推古天皇の産んだ子の乳母のお乳が出ないので
推古天皇が祈願したら霊験あらたかだった
お地蔵さまらしい。

推古天皇が
自分で授乳したらいいようなものを!
なんて考える由緒ある庶民で!すみません。

あかちゃんの “まま” は
“乳” ということですね。



さらに北にとぼとぼ。

お~!特大な雪丸!
blog27.jpg

聖徳太子の愛犬のいる達磨寺。
blog28.jpg

大昔から(年代不詳)いる石の雪丸くん。
blog29.jpg

達磨寺には
達磨大師と聖徳太子が祀ってあります。
達磨大師と聖徳太子がここで出会ったそうです。

もう!聖徳太子の伝記はなにもかも
100 %ウソに思えてきますね。
上宮太子はいたかも知れないけど
聖徳太子はいなかった?!

灰色の脳ではどうしても理解できないことは
「30 年も皇太子のまま」だったこと。

蘇我馬子にくし!
その 1 点を覆いかぶせるため
聖徳太子を持ち上げたような気もします。

それはともかく
達磨大師と聖徳太子の像の前で
坐禅したことがありましたね。
“ゆるい” 緊張感のない坐禅でしたが。



雪丸の足跡をたどって帰ります。
blog30.jpg

王寺町には「雪丸」だらけです。

JR王寺駅の前にも。
blog31.jpg



ん?!
片岡城跡と
畠田古墳を探しにきたのですが
忘れて歩いて!帰ってきていました。
年中!頭の中に蝶々が飛んでいますが
春はそれが顕著なような。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

住吉大社に棲む可愛い鴨たち [手のひらを太陽に]

住吉大社(大阪市住吉区)の
御田(おんだ)です。
blog41.jpg

鯉のぼり店の売名行為!というのじゃなくて
奉納といわなくてはいけませんね!
その鯉のぼりがあるだけで殺風景です。

年中!
参拝者でにぎやかなイメージがありますが。
blog42.jpg

静かです。

川端康成の小説を思い出す
反橋(そりばし)も
雨上がりにはしっとりとしています。
blog43.jpg

あ!
blog44.jpg

足元になにか(!)いるじゃないですか。
ちっとも気配がないので驚きました。



カモ(鴨)!?
野生の鴨がのんびりと
参拝者の通り道のすぐそばで
寝てはいませんよね。

夏には御田を棲家にしていた
アイガモたちでしょうか!

御田では
アイガモ農法で米作りをしていましたね。

一般のアイガモ農法では
稲穂を食べてしまうので
出穂後は田から上げられ
肥育されて
最後は肉に加工されているようですが
ここではどうしていたのでしょう。

ともかく生きながらえて
境内で暮らしているのでしょうか。



鳴き声のほうに行くと
五所御前(ごしょごぜん)で
「五・大・力」の石を交換している
若くもなく!
古くもないおね~さんたちの足元で
甘えるものたちがいます。
blog45.jpg

「初辰まいり」の
「なんくん社」のあたりでは
列を作って歩いています。
blog46.jpg

思ったよりたくさんいますね。
blog47.jpg

石舞台にはひっそりと桜が咲いていました。
blog48.jpg

わ!石舞台のまん前で堂々と寝ていました。
blog49.jpg

歩いているものは
やかましく鳴きつづけていますが
寝ているものはなんにもいわないので
踏みつけられないのでしょうか。



ランチして帰りますか。

住吉大社の周囲を一周してみても食指が動かず
結局!なん度か行ったことのある
オール・ワンコインランチの
南海・住吉大社駅前の「かずやん」へ。

アジフライ定食(税込 500 円)をもらいます。
blog50.jpg



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理