So-net無料ブログ作成

ランチパスポート大阪みなみvol.9 2017/02 [ランチパスポート]

「ランチパスポート大阪市みなみ」
「 vol.9 (2017/01/11 ~ 2017/04/10)」の
2 月(2/01 ~ 2/28)の報告です。

以前!スターバックスでしたか
鳥取県にあるとかないとかが
問題になっていましたが
ことほどさように!どこへ行っても
同じ系列の店ばかりの昨今。

知らない地で手軽に食事をしたいとき
カレーばかり食べていたという作家がいましたが。
どこにでもあるメニューで
多少の味の違いがあっても
我慢して食べられるとかで。

今は近所でなじみの看板がどこにでもあり
そこへ行けば無難に手早く
切り抜けられるということになりました。

このランチパスポートにも
系列店・姉妹店がいくつかあります。
そこを訪ねてみました。

また
独断と偏見と味音痴で採点しています。
ごめんなさい。

近いうちに!またいきたい = ◯◯◯ほ~!

気が向いたら!またいくかも = ◯◯まぁ

覚えていたら!またね = ◯はぁ



◯◯◯ほ~!
「四季自然喰処 たちばな 道頓堀本店」(中央区)の
「たちばな取り合わせ小鍋」980 円。
061blogたちばな道頓堀.jpg

豆腐尽くし。
鍋に豆腐の加工品がたくさん入っていました。
のれんは大阪松竹座の地下にあります。
芝居の幕間に
はなやいだ人たちが寄るのでしょうか。
くすんだ私にも十分おいしくいただけました。

◯はぁ
「四季自然喰処 たちばな 阿倍野本店」(阿倍野区)の
「チキン南蛮定食」918 円。
062blogたちばな阿倍野.jpg

ごはんのお代わりができましたが
道頓堀本店のメニューに比べて
インパクトがないです!私には。

◯はぁ
「豆腐と魚料理 たちばな」
「あべのキューズモール店」(阿倍野区)の
「海鮮豆腐チゲ鍋定食」980 円。
063blogたちばなQズモール.jpg

ここもごはんのお代わり可かも!
しませんでしたが。


以上「たちばな」系列は 3 店ありました。



◯◯まぁ
「焼肉味旨店 まかから 森田屋」(東住吉区)の
「和牛焼肉ランチ」980 円。
064blogまかから森田屋.jpg

駒川商店街の「肉の森田屋」の直営店らしい。

◯はぁ
「お弁当 森田屋」(東住吉区)の
「スペシャルバーグ弁当」700 円。
065blogお弁当森田屋.jpg

昼休みに買いにきているような人多数。
「お弁当」って高価なんですね。

私が買う弁当と格が違うのでしょうか。
海苔弁当なら 199 円。
20cm 近い焼いたサバ(鯖)の弁当は 299 円。
そんなスーパーの弁当しか食べていませんが。


以上「森田屋」系列 2 店。
このランチパスポートに
「花まる 駒川店」という
お好み焼き店が掲載されていますが
そこも森田屋の経営らしいのですが。



◯はぁ
「九州だんじ 心斎橋店」(中央区)の
「鶏5種鉄板焼き定食」780 円。
066blog九州だんじ心斎橋.jpg

鶏肉 5 種類の部位を炙(あぶ)っていました。

◯◯まぁ
「九州だんじ なんば店」(中央区)の
「九州名物ランチ」780 円。
067blog九州だんじ難波店.jpg

鹿児島の黒豚コロッケ!宮崎のチキン南蛮!
大分の鶏天!福岡のからし明太子だそうな。
九州に行ったことがありませんが
これで九州一周した気分。


以上「九州だんじ」系列 2 店。
ここにはワンコインやら
550 円ほどの定食があるんですよね。
ランチパスポートがなくても十分のような。


◯はぁ
「近鉄応援団 勝男」(阿倍野区)の
「チキンステーキ定食」800 円。
068blog勝男近鉄.jpg

店のメニューにはこの定食は
750 円とありますがね?!

◯はぁ
「あべの応援団 勝男」(阿倍野区)の
「勝男定食」800 円。
069blog勝男あべの.jpg

鶏肉のももとずりとせせりのから揚げ。
ずりがおいしかったです。
「ずり」とは「砂ずり」のこと。
ヒョーズン語に訳せば「砂肝」のことざんす。


以上「勝男」系列 2 店。



◯はぁ
「狸狸亭 西田辺店」(阿倍野区)の
「お好み焼セット」700 円。
070blog狸狸亭.jpg

狸狸亭は「ぽんぽこてい」と読みます。
ランチパスポートには
「玉子のせ」と書いてありますが。
よく分かりません。


狸狸亭はいくつか系列店がありますが
ランチパスポートにはもう 1 店
鶴橋駅前店が参加していました。
メニューはまったく同じです。



◯はぁ
「フレッシュネスバーガー」
「もりのみやQ’sモールBASE店」(中央区)の
「クラシックバーガー ドリンクセット」885 円。
071blogフレッシュネスバーガー.jpg

まぁ!舌をかみそうな。
誤字脱字あればご容赦を。
組み合わせ次第で 799 ~ 885 円だといいます。
「1 番高い組み合わせをお願い」と注文。
ま!よいこはマネしなくてもいいです。
それで 885 円のはず。


「フレッシュネスバーガー」にはもう 1 店
御堂筋本町店も載っていますが
メニューはまったく同じです。



◯◯まぁ
「天丼・天ぷら本舗 さん天 博労町店」(中央区)の
「いかと海老の天ぷら定食ミニうどん付」780 円。
072blogさん天.jpg

コスパのいい店ですね。
いつも天ぷらが揚げたて。
天ぷらは揚げて熱いうちに食べるにかぎります。


「さん天」もあちこちに系列店がありますが。
前回まであった店がいくつか不参加。
もう 1 店!あべの万代店だけ。
メニューは同じです。

上記 3 店にものもうす。
店によってはメニューを変えてください!



28 日間の決算です。

支出は
ランチパスポート代 前月支払い 0 円
ランチ 500 × 12 = 6,000 円

もし定価で食べたら
980 + 918 + 980 + 980 + 700 + 780 + 780
800 + 800 + 700 + 885 + 780


= 10,083 円

10,083 – 6,000 = 4,083 円
儲かりました!たぶん。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

白鷹 蔵開き 2017 [工場見学]

「今!どこなの?!」

“え?!あ!寝ていました”
“起きます”

眠け眼で答えます。
朝 6 時に起床して
山歩きの用意をして
30 分だけ休むつもりが!
8 時半じゃないですか!?

「じゃ!行こうよ!蔵開き」

ああ!アラフォー(around 40)の
おね~さんからのでんわじゃないですか!

昨日!「行こう」と声をかけてきたのです。

“行きません”
“山行の予定があるし”
“蔵開きには今日(2017/02/25)!”
“行ってきた(拙ブログ 2017/02/26)ばかりだし”

「だれと!?」

“ひとりですよ”

「怪しい!」

みんな仕事で忙しいのです。
だれが行きますか!

このおね~さんは!他のおね~さん同様!
オトコにあぶれたときこそ
こちらに連絡してくるヘキがあります。
断るにかぎります。
断りました。

それなのに朝寝をしていて!
昨日のいい訳を忘れていて!
うっかり!正直に答えてしまいました。ああ!



阪神・西宮駅から歩きますよ。
さっさと歩いてね。

「あれは?!」
blog61.jpg

沢の鶴の「宮水」の井戸です。

まだ時間がありそうですから
他の「宮水」も見ますか。

ここが宮水の井戸のメッカです。
blog62.jpg

メッカという表現はおかしいかな。
ま!本場です。
日本盛や白鹿や白鷹なんかの
取水井戸があるようです。

先年!
御影郷の白鶴の工場長に
“使っている水は当然「宮水」ですね!”と
知ったかぶりではなしたら
「六甲山の伏流水を引いていますが」
「宮水ではありません」と毅然と返答されて
ヒジョーに恥ずかしかったことがあります。

「西宮郷」の「水」だから「宮水」なんですね。
この狭い場所だけに湧く水なんですね。

「じゃ!どうして沢の鶴(の井戸)があるのよ」

そうですね!沢の鶴は西郷ですものね。

沢の鶴は元もと
「米喜(こめき)」という屋号だったのです。

上方落語の古典噺(ばなし)の
「うんつく酒」に
造り酒屋の羅列がありますが
その最初が
「大坂(濁っておおざかといったりします)の」
「平野町二丁目には米喜の沢の鶴」です。

沢の鶴は大坂の「薬」の町
道修町(どしょうまち)にあったのです。

「それがなにか!この地の井戸と?!」
「よけいに分からない説明じゃないの!」

ああ!これ以上聞かないでください。
頭の中!春の蝶々が飛んでいますから。



あ!もう大勢参集して開場を待っていますね。
blog63.jpg

今日(2017/02/26)の蔵開きは西宮郷の白鷹。

気のせいか
ここ西宮郷と隣接の今津郷には
無料の試飲がない酒蔵ばかりのような。

買って飲まねばなりません。

宮水の話題が出たところですから
地域限定!西宮市だけで販売しているという
「宮水の郷」(300 円)と
模擬店でかやくごはん(300 円)をもらいます。
blog64.jpg

白鷹で炊いたごはんだといっていましたが。
どの程度加えて炊いたのやら。
まさか!水代わりに
酒で炊いた訳じゃないでしょうけど。

朝から酒ですね。
亡き父が晩年
「朝 1 合!昼 1 合!夜 1 合あれば」
「なんにもいらん」といっていたような。
いっしょにいなかったので見てはいませんが。

「宮水の郷」は
その中で一番安い酒を飲みましたが
なんとなくなつかしいような味。
親のことを思ったりしたからでもないと
思うのですが。
昨日の菊正宗とは全然違います。
違いますような!自信はないけど。



本蔵に入れてもらうとまず木造の蔵が!
blog65.jpg

「伊勢神宮 御料酒庫」だそうな。

神宮の
日別朝夕大御饌祭
(ひごとあさゆうおおみけのまつり)
ま!ひらたくいえば毎日の神さまの食事に
白鷹の酒も供えられているとか。

神さまも
市井のわが親と同じように
酒好きなんですなぁ。

ちなみに
伊勢の神宮は大元ですから
伊勢をつけなくても「神宮」だけでいいはず。
間違っていたら!ごめんなさい。



どんどんヒトが湧いてきます。
blog66.jpg

この蔵開きは屋根の下なので
天候が急変してもあわてなくてすみますね。

この日はお天気に恵まれていたので
外に広がって行きます。
blog67.jpg

やがて酔っぱらって表の道路に出そうです。



道路を隔てて
昔の蔵を再現した白鷹禄水苑があります。
blog68.jpg

あの中に
料理店の「東京 竹葉亭」がありますよ。
大変お得!お値打ちのランチが
3,000 円くらいからあります。

おね~さん!おごってください。
お給料をもらったばかりでしょ!
おいしい白鷹を飲みながら
至福の午後を過ごしましょうよ。

わたくし!精いっぱい!
太鼓持ちをつとめさせていただき
慣れぬ(?)
エロばなしでもさせていただきます。

急に酔ったふりするんじゃありません!
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

菊正宗 蔵開き 2017 日本盛も [工場見学]

菊正宗記念館(神戸市東灘区)の朝。
blog61.jpg

蔵開き(2017/02/25)です。
blog62.jpg

10 時にオープンなんですが
30 分前に到着しました。
人間がすごく大雑把にできていますが
時間を守ることだけは几帳面で
なんでもかんでも
早め早めに駆けつけないと落ち着きません。

今年は困りました。
福袋販売ブースを
蔵から離れたところに設置しています。

どちらに並びますか!
もう!両方に大勢の人!

福袋は 1,500 用意しているそうですから
少々遅れて行っても大丈夫でしょう。
蔵のほうの列について
かついできた脚立を出して座ります。

10 時にならないうちに開門。
とりあえず!
振る舞い酒(生酛しぼりたて新酒)を
少々もらい(少々しかくれません)
珍しや!「百黙」(冷や 有料 300 円)という
酒がありましたのでもらいます。
粕汁(300 円)を肴に。
blog63.jpg

10 時ちょうどには
もう!酔っぱらっちゃいましたよ!

ウワサを信じちゃいけないよ!
ホントは!私はアルコールに弱いのよ。
酔っぱらってから!しぶといのは
場を盛りあげるつもりで無理しているのです。
おごりと割り勘のときには特に。

それはさておき
たこ焼き!おでん!焼きそば!
その他おつまみの販売は
だいたい例年通りのような。(拙ブログ 2015/03/01

今年はまぐろ(鮪)がありました。
blog64.jpg

10 時過ぎたら
砂糖にたかるアリ(蟻)のように
ヒトが湧いてきます。
blog65.jpg

混まないうちに
季節蔵(嘉宝五番蔵)を見学。
blog66.jpg

とんちんかんな質問ばかりして!ごめんなさい。
blog67.jpg

あ!福袋を買いに行かなくては!
小走りに駆けつけたら
え~っ!もうおしまいですって!?
まだ 10 時半じゃないですか!

静止するのを振り切って列の最後についたら
ありました!
まだ!残っていたじゃないですか!

あい変らず!人気の高い蔵ですね。

蔵と蔵の間に帰ってきたらもう!
トイレに行くのにも窮屈なほどヒトだらけ。
blog68.jpg

例年通り!酒樽貯蔵庫を見学して。
blog69.jpg

特設舞台で酒樽作りや
芸人のパフォーマンスを見ていたら
落語会の時間がきているじゃないですか。
blog70.jpg

寒いんですよね!例年!この蔵の中の寄席は。
演者はいつものように(3 代)桂春蝶。
今や弟子もいる師匠で
噺(はなし)の間は巧妙なんですが
首の動きがアバウトのような。
酔っぱらっている私だけの気のせいかも。

スタンプラリー用紙にスタンプを押して
記念館に参加賞をもらいに行きます。
blog71.jpg

蔵開きのときにはたいていほころんでいる
水車の前の梅のつぼみが今年は固い!
blog72.jpg

もう遠くなったあの人の心のようです。
はは!バカなことをつぶやくなんて
酔っぱらっていますね。

今年の参加賞は
180cc の日本酒(青いカップ)でした。
blog73.jpg

他の商品とトートバッグは
2,000 円の福袋の中身。



腰が抜けないうちに阪神電車で帰ります。

ん?!
思い出して!今津駅で途中下車。
灘五郷のひとつ西宮郷の
「日本盛」も蔵開きの日でしたね。
blog74.jpg

こちらも砂糖にたかるアリのごとし。
blog75.jpg

同じように
有料試飲やつまみの販売や
菰(こも)巻きや演奏等をしていました。

蔵の見学をさせてくだされ。

整理券はとっくになくなっていました。
正午を過ぎていますからね。

ここは金券を先に買うシステム。
それって!なんだか出鼻をくじかれた思い。
帰りましょうか。

なぜか!
「獺祭(だっさい)」が
たくさん売られていました。
blog76.jpg

天下の灘五郷の大手が!
どうして!地方の酒蔵の商品を売るの?!

目頭をこすってみます。
酔っぱらって
今!夢の中を歩いているのかも!
むずかしいことを考えるのはやめましょう。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

水景園 芽吹きの森の冬の終わり [猫も歩けば棒立ち]

梅の花が満開。
blog51.jpg

けいはんな記念公園(京都府精華町)の
日本庭園・水景園の入ったあたり。

向こうに見える柱ばかりの建造物はなんですか。

眼下に水面があり
橋げた(?)が延びています。
blog52.jpg

橋を渡ります。
blog53.jpg

観月橋と命名されています。
大きい!
幅員は 2 間強(4m)!
長さ 123m だそうな。

見下ろせば
池(永谷池)の高さの違う水面の境に
水景棚という棚田状の岩組があります。
blog54.jpg

冬景色で面白くはありませんが
他の季節なら
魚が往来できるくらい水が流れているのかも。

反対側には巨岩群。
blog55.jpg

巨岩が 150m もつづいています。

橋を渡ったところが観月楼。
blog56.jpg

木組みに囲まれています。

木の上に多くのこどもが遊んでいます。
blog57.jpg

観月橋の下に降りてみます。
blog58.jpg

池をはさんで反対側の里棚田から見れば。
blog59.jpg

永谷池の周囲は
「芽吹きの森」と呼ばれています。
blog60.jpg

椎茸の榾木(ほだぎ)に可愛い椎茸が!
blog61.jpg

はい!取りません。
手は伸びたのですが。
取ってはいけませんよね。

あれ!?
blog62.jpg

赤松山じゃないですか。
マツタケが出るには
少しくたびれているようですけど。

池の周囲に造られている遊歩道をたどります。

ピンクの花(?)がいっぱい。
blog63.jpg

花ではなく人為的に
ピンクのリボンが結ばれているんですね。

たぶん!残したい雑木の幼木でしょう。

通水碑!?
blog64.jpg

大正 6 年のもの。
すると!
この池は大昔からあったものでしょうか。

1 周して観月楼までもどってきました。
blog65.jpg

水景園は入園料を要する庭園ですが
ちょっとした山歩きができました。

竹林の前のあずまやで一服。
blog66.jpg

そうだ!
カフェがありましたね!観月楼に。
blog67.jpg

残念!
週末(土)(日)(祝)だけのオープンでしたか。

ビジターセンターに寄って帰ります。
blog68.jpg

動きの敏捷なオイカワとヌマムツが
低水温のためなのか
少しだけ落ち着いて泳いでいました。
blog69.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鞍馬から静原過ぎて箕ノ裏ヶ岳へ [野道!山道!恋はけもの道!]

叡山電車のきらら。
blog31.jpg

窓に対峙している座席がある車輛ですが
観光シーズンには奪い合いになるのに
この季節はね、、、。

終点は鞍馬駅。
わあ!
blog32.jpg

駅前の天狗の鼻がない!
治療中?!
絆創膏が貼ってあります。

鞍馬寺を左に見て鞍馬街道を少し進み
東海自然歩道に従い右に入れば
鞍馬川のまわりに雪が残っていた日でした。
blog33.jpg

東海自然歩道と京都一周トレイルの
共通の小道を上ります。
歩き始めてすぐの急坂なので息が切れます。

先年!
アラフォー(around 40)のおね~さんは
私をおいて(拙ブログ 2015/11/19
すっ飛んで上って行きましたね。

私といっしょに歩くのは
気味が悪かったのでしょうか。はは。
あれから会ってないような。
どうしているのやら。

消息は尋ねません。
余計なおせっかいはきしみを生みます。
尋ねられて迷惑がる人も多いですからね。
私がそうですから。
各種の同窓会は嫌いです。
たぶん!
出世したら好きになるでしょうけど。はは。

ぜいぜいとあえぎながら
薬王坂(やっこうざか)のトップに着きました。
blog34.jpg

静原の里に向けて急坂をころがり降ります。

坂の途中の
二尊板碑(いたび)に手を合わせなければ。
blog35.jpg

貞治 3 年(1364)夫の菩提を弔うために
名もない(?)市井の妻が建てたもの。
ときの重さに気が遠くなります。

静原の里の入り口で
東海自然歩道と京都一周トレイルに別れて
里の下の道をとります。

いつも集落の中を行くので
こちら側から見ることもない里ですが。
blog36.jpg

大きな家が石垣の上に建てられています。
裕福そうな里ですね。

静原川沿いを行けば前方に
おにぎりを少しつぶしたような
三角の山があります。
箕ノ裏ヶ岳(みのうらがだけ)でしょうか。
あそこの頂上に立ちます!今日は。

左に川を渡り静原の墓地をめざし
ゆるやかに上って行きます。

墓地から急な上りの山道。

え!?
こんな満足に進入路のないところに!
blog37.jpg

廃屋!?

薬王坂の下りにも
たくさんの別荘の跡がありましたが
30 年近く前のバブルはなやかな時代には
あちこちに
セカンドハウスが建てられたのでしょうね。

急な細道は雪解け後で悲しいけど
だいたい尾根道で
天気のいい日の森林浴向きかも。

ときどき杉の木の根道や
倒木の並んでいる道があったりして
いいんじゃないですか。
blog38.jpg

のんびり歩いていたら
(ま!不摂生で体が動かなかったのですが)
鞍馬駅から 2 時間で
箕ノ裏ヶ岳の頂上に着きました。

先着のグループが占領してランチをしていて
写真は撮れません。
見晴らしもないのに!
どこかで食事をしてくれたらいいのにね。

「箕ノ裏ヶ岳」というくらいですから
「箕」の「裏」なんでしょうね。
どこに「箕」があるのでしょうか。
分からずに過ぎます。

私もランチ。
コンビニのおにぎりをひとつ
歩きながら食べます。

人が見ていたら隠して食べたい性格ですので
町の中ではしないのですが
山中では歩きながら食べることも多いのです。

許されるのなら
たぶん!歩きながら
おしっこでもできるでしょう。はは。

向こう側に下ります。

おにぎりを食べている場合じゃないです!
大変です。
こちらも急な道です。
blog39.jpg

それでも降りて行く人。
それでも登ってくる人。

春になったら
もっとにぎやかになる山でしょうか。

トイレはもとより雨宿りの施設もないし
案内板は少ないし
見晴らしは悪いし
変な名前だし(それはかえっていいのかも)
どこに人気があるのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感