So-net無料ブログ作成

ランチパスポート天王寺阿倍野vol.8 2016/12 [ランチパスポート]

ランチパスポート天王寺・阿倍野 vol.8
(2016/10/11 ~ 2017/01/10)の
12 月の報告です。

その日の気まぐれで採点しています。

近いうちに!またきたい = ◯◯◯

気が向いたら!またくるかも = ◯◯

覚えていたら!またね = ◯



◯◯
「鳥良商店 なんば南海通り入口店」(中央区)の
「鶏もも唐揚げ おろしポン酢定食」790 円。
031blog鳥良商店.jpg

ポン酢でさっぱり。
ボリューム感もあっていいじゃないですか。



◯◯
「唐揚兄弟」(浪速区)の
「チキン南蛮定食」700 円。
032blog唐揚兄弟.jpg

フツーにおいしい。
この平凡さが
粉骨砕身で頑張る企業戦士のランチにはいいかも。
料金の設定も若い戦士向き。


◯◯◯
「アンナカラーズコーヒー」(浪速区)の
「スパムランチセット」850 円。
033blogアンナカラーズ.jpg

なにが「スパムランチ」かというと
おにぎり(画像の手前)の上に
スライスしたランチョンミートがのっていました。
それがスパム(ランチョンミートの商品名)ですね。

ドリンクもたっぷり。
いいじゃないですか。



以上!鶏肉のから揚げがつづきました。
しかも!なんば駅の近くばかり。
では!気分を変えて。



◯◯
「冷麺館 生野本店」(生野区)の
「トーフチゲ(スンドゥブ)定食」850 円。
034blog冷麺館.jpg

四季いつでも私の口に合うランチです。



◯◯
「たちじゅう 園」(阿倍野区)の
「たちじゅう並」920 円。
035blogたちじゅう.jpg

タチウオ(太刀魚)のたれ焼の重箱。
甘辛の魚とごはんはよく合いますね。



◯◯
「MARUFUJI CAFE」(阿倍野区)の
「チーズ in ロコモコランチ」850 円。
036blogマルフジカフェ.jpg

十穀米ごはん。
ドリンクもついて駅前でほっこり。

喫茶店のランチパスポートには
どこも
ソフトドリンクをつけなさいよ。
別料金の店には違和感があります。



◯◯
「有機茶寮」(中央区)の
「おばんざい3種定食」880 円。
037blog有機茶寮.jpg

玄米ごはんですが。
なんだ!?と見たときには思ったのですが
この汁がなかなかのもの。
根菜類なんかの野菜がたっぷり。
おいしい。




「四季自然喰処たちばな」(阿倍野区)の
「しらす鉄火丼」918 円。
038blogたちばな.jpg

有名ホテルの地下にある店舗ですが。
918 円はホテル値段ですかねぇ。



◯◯
「カフェ ビラジオ」(浪速区)の
「自家製の熟成トマトソースと」
「季節の野菜のパスタ」830 円。
039blog ビラジオ.jpg

コーヒーか紅茶がついています。



テイクアウトの「おやつ」も買いました。




「マリキータ プルス」(阿倍野区)の
「ランパスセット」703 円。
040blogマリキータプルス.jpg

エッグタルトプレーンやプリュレプルーンとかの
3 個詰め合わせでした。
中学生の女の子たちにあげました。
賞味期限がカゲロウの命ほどもなかったので
急いで食べてもらいましたが。




「あもや南春日 四天王寺店」(天王寺区)の
「あもやのかりんとまんじゅう10ケ入袋」800 円。
041blogあもや.jpg

昔のハイキング仲間(?)の女の子が
大学受験に奮闘しているというので差し入れ。
お母さんに渡したら
毒見だといって食べながら帰って行きましたが。
かの女の口に入ったものやら。




今月(2016/12)の決算です。

支出は
ランチパスポート代(先々月払い) 0 円
ランチ・おやつ代 500 × 11 = 5,500 円

もし定価で食べたら
790+ 700+ 850+ 850+ 920+ 850+ 880+
918+ 830+ 703+ 800
= 9,091 円

今月は
9,091 – 5,500 = 3,591 円
儲かりました!
コメント(0) 

うかうか1年 ぶさいくな無感 [不謹慎ですが、、、]

うかうか 1 年。
blog01.jpg

そこそこ!だと思いたいのですがね。
blog02.jpg

ときどき!猫もいましたね。
blog03.jpg

どこかへ行きました。
あそこかな。
blog04.jpg

あのかどなんて。
blog05.jpg

商店街は笑店街。
blog06.jpg

なんと謙虚な。
blog07.jpg

京(みやこ)には京やきにく。
blog08.jpg

どんな雅な焼き肉なんでしょう。

あのね!板前が握らない「にぎり」があります?!
blog09.jpg

ありますか!
機械が握っている回転寿司がありますものね。

珈琲邸には珈琲があるのです。
なんとなく分かります。
blog10.jpg

日本三大珍味!?
blog11.jpg

知らなかったです。勉強させていただきます。

なにか入荷したようです。
blog12.jpg

夏の洒ですか。
洒洒落落(しゃしゃらくらく)の洒ですか。
知らないことが多過ぎます。

お~!私向きの店。
blog13.jpg

逆卍の店。
blog14.jpg

ハーケンクロイツ!?ナチスは死なず。

「閉店」という屋号?!
blog15.jpg

裸で火遊びはやめましょう。
blog16.jpg

こどもたちかぁ!
男の子?女の子!?

でも!中学生になったら。
blog17.jpg

みなさん頑張ってね。
blog18.jpg

大阪で「がんばりや」と書くと
「頑張り屋」とも「頑張ってね~」とも
とれそうですが。

外では静かに。
blog19.jpg

この駅には電車はきますか。
blog20.jpg

あ!?
blog21.jpg

京都市内で出会いましたが。
まだ蒸気機関車が走ることもあるのでしょうか。

まだ終電いける?
blog22.jpg

まだ終電いけるで!
blog23.jpg

トイレでなにをはなしているのですか。

列車風に注意して帰りましょう。
blog24.jpg

今年もむかん!無冠!無官!無汗!
blog25.jpg

なにごとにも無感のまま暮れて行きます。
コメント(0) 

しまい不動 2016 静かです [わが街・下駄ばきドドンパ]

ミナミは千日前通りの北側に怪しげな看板。
blog81.jpg

テレクラ(テレフォンクラブ)というのも驚き。
今どき妖しい!?
「出会い系サイト」が雨あられの時代に。

あ!怪しいのは「テレクラ」ではありません。

その下の古色蒼然とした看板が怪しい。
わざとそうしているのでしょうか。
右から横書きなんて。

北に進んで法善寺(大阪市中央区)。
blog82.jpg

静かです。

水掛(みずかけ)不動尊。
blog83.jpg

今日(2016/12/28)は
「しまい不動」じゃないんですか?!
blog84.jpg

いつも境内にいて
善男善女や観光客に撫でられているにゃんこは
にゃんともいいませんが。

夜に法要があるのかも知れません。

あれ!?
blog85.jpg

ここの慈悲地蔵尊は「逆卍」の社におわします。



師走で忙しいので(ウソついてすみません)
帰ります。
JRで帰ります。

地下鉄で帰る方が速くて
駅からわずかでも近いのですが
運賃が 60 円高い。

60 円あれば
1 L 入りの紙パックのコーヒー(69 円)が買えます。

せこせこ少しずつ節約して、、、ああ!
ころりとだまされて大きく損する人生ですだ。

お!窓外に
一瞬見えたのは法楽寺(大阪市東住吉区)。
blog86.jpg

別称は「たなべ不動尊」!
「しまい不動」の催事が毎年ありますね。

ん!?
blog87.jpg

ここも静かです。

樹齢 800 年ともいわれているクスノキの下に
不動尊はおわしましたが。
blog88.jpg

例年!しまい不動の日には
大根焚き(だいこだき)を
盛大に催行しているはずなんですが。

三笠宮崇仁親王が命名したという三重塔の扉が
今日は開いていますが参拝客は少ない。
blog89.jpg

先日!三笠宮がお隠れになったので
自粛して今年はないのでしょうか。

「だいこだき!午前中で終わりましたよ」

伝統野菜の「田辺大根」を売っている
おじさんが教えてくれました。
blog90.jpg

今年は小さな規模だったの?!

そういえば
昨年もあたらなかった!?(拙ブログ 2015/12/29
あれ?
毎年顔を出しているのかな。(拙ブログ 2014/12/29

境内中!おもちゃ箱をひっくり返したような
すごくにぎやかだった年は
はるか昔の記憶なのやら。
タグ:田辺大根
コメント(0) 

鶴見橋の真でビーフバターライス [昼定食]

陶淵明は書き残していました。

日月はまつことを肯(がえ)んぜず
四時はあいうながしせまる
寒風枯条(こじょう)を払い
落葉長陌(ちょうはく)をおおう

まったくそうですね。
また!イヤな冬になっています。
生きて行くのは大変です。
自ら死ぬ勇気もありませんがね。

西成公園。
blog21.jpg

メタセコイアの並木があります。

メタセコイアですよね!?
ラクウショウとよく間違えます。
緊張感がないもので。

ここでも
枝の出方がラクウショウかと思えただけです。
blog22.jpg

大阪にはとても多い樹木です。
全国的にも多いのでしょうか。

どこからきたものか知りませんが
先の大戦後に荒廃した国土に
たくさん植えられたと聞きましたが。
それが育った個体は 30m 近く伸びたりしています。

ここは
やたらネットフェンスや有刺鉄線の目立つ
不思議な公園です。



津守商店街が東に延びています。
つづいて鶴見橋商店街。
blog23.jpg

アーケードが 1km ほどあります。
さらにまだ東に花園本通商店会がつづいています。

鶴見橋商店街の東端近くに
「ビーフバターライス」と書いてありました。

おいしそうですね。
なにか分からんくせに!ふと気になりました。

「喰い処 真」!
blog24.jpg

「真」は「まさ」と読むのですか。

ビーフバターライス!税込み 600 円。
blog25.jpg

なるほど。
牛肉とバターですか。
ごはんに甘辛の味は合いますね。



おなかが満たされたら
もう少し生きてみようかと思ったりします。



(松枝茂夫・和田武司訳注/陶淵明全集/参照)
(敬称略)
コメント(0) 

師走の具なし中華そば [食い逃げ未遂]

わが家の庭(?)の桃ケ池の
蓮池の枯れ葉除去が進んでいます。
blog31.jpg

余談ですが
「桃ケ池」の表記は
「桃ヶ池」じゃありません。
「ももがいけ」の「が」は大きな「ケ」です。

手紙などに
「阿部野区桃ヶ池町」と書いてくる人がいますが
「阿倍野区桃ケ池町」ですからね。

もっとも!中国の旧満州あたりから
中国の今の漢字でしかも「大阪府桃池町」だけで
小包が着いたこともありますけどね。

ん!?
藤棚の下のベンチに
高校生(中学生ではないような)の男女がいます。
blog32.jpg

うらやましい!
いや!もとい!
なんばしょっとね!

ベンチに座った男の子の膝の上に
制服の女の子が大股開きで馬乗りになって
しっかり抱き合っています。

横のベンチには
家に帰らない!帰れないようなおじさんたちが
大勢たむろしています。
2m ほどのそばで寝ているおじさんもいます。
寝ている場合でしょうか。

ま!以前には
おっぱいを出している女高生もいましたね。
大きいから自慢していたのでしょうか。
違うと思いますけどね。

冬は寒い!出すんじゃないよ!



高架のJR阪和線が
さらに高い阪神高速 14 号松原線の下を
くぐっています。
blog33.jpg

そのJRの下をたどって「手袋」を買いに行きます。

先の冬が終わったとき
安ものから高価なものまで
いくつかの手袋をひとつにまとめて片づけたのですが
軍手以外まったく出てきません。

ホームセンターで
泣く泣く 158 円のフリースの手袋を買いました。

すぐに片方を落としました。

泣いてまた 158 円出しました。

また!片方を落としました。
結果!片方と片方が残り!よかったね。

そして!その両方を落としてしまいました。
どうかしています。

先日その安い手袋は
もう 2、3 しか残っていなかったので
今から行ってもあるものかどうか。

いろいろハラの立つ師走。



北!すなわち天王寺方面に進めば
高架の色が違うところが出てきます。
blog34.jpg

南側は 10 年前に新しく造られた部分。
北側は織田作之助の
小説(拙ブログ 2013/07/04)にも出てくる
1 世紀近く前からある高架線路。
blog35.jpg

ちなみに私がこの町に逃げてきたときには
このあたりから線路は地上に降りていたのです。

つぎの美章園駅は
ほぼ小説のころのまま現存しているのかも。
blog36.jpg

高架下の住民の存在は
JRにとってはうっとうしいはなしでしょうけど
権利やなにやらたくさんのややこしいことがあって
神戸の元町の高架下の
元町高架通商店街の立ち退きのようには
いかないようです。



美章園駅の近くの静かな住宅街にのぼりが。

「中華そば」?!
blog37.jpg

住宅か倉庫か町工場みたいな雰囲気のところに。
「本町製麺所 阿倍野卸売工場 中華そば 工房」!?
どこまでが屋号ですか。

あ!
blog38.jpg

10 席ばかりのカウンター席に人がいっぱい。
若い人ばかり。

さいわい!すぐ座れましたが
私の 1 歩後にきた人は
寒空の下で待つことになりました。

「麺」類にはあんまり食指が動くことはありません。
したがって!評論はできません。

そこで 1 番安いものでいいです。
blog39.jpg

ネギが少しのっている
「具なし 中華そば」税込み 450 円。
blog40.jpg

「丸中細麺」か「平中細麺」を選べとのこと。
見ためはあまり違いません。
味の違いは知りません。

大盛りも同値段でした。

これに午後 1 時過ぎても満員ですか。
他と比較して
うまいまずいは私には分かりませんが
すごいな!と思いました。

450 円も出して
「素ラーメンを食べた私」も
すごいな!と思いました。



あ!手袋!買いに行かなくては!
コメント(0)