So-net無料ブログ作成

ランチパスポート天王寺阿倍野vol.7 2016/09 [ランチパスポート]

通常 650 円から 1,380 円のランチが
税込み 500 円で食べられる
「ランチパスポート天王寺・阿倍野」の
「vol.7」の有効期限は
2016/07/11 ~ 2016/10/10 の 3 か月。

その 9 月 1 か月間のレポートです。

また
独断と偏見と味音痴で採点しています。

近いうちに!またね = ◯◯◯

気が向いたら!またね = ◯◯

覚えていたら!またね = ◯

そのときのちょっとした気分が
大きく影響しています。



◯◯◯
「餃子工房 ちびすけ 阿倍野店」(阿倍野区)の
「ちびすけ定食」700 円。
blog21ちびすけ.jpg

焼き餃子に水餃子!そぼろごはん。
ソフトドリンクもついていいじゃないですか。
このパスポートがなくても 700 円!
いいじゃないですか。




「チャイナ・ダイニングα」(天王寺区)の
「五目あん掛けチャーハン」850円。
blog22チャイナダイニング.jpg

ていねいな仕事をしてあっておいしかったのですが
これ!通常価格は 850 円!?
勤め人風な人が大勢いましたが
私の普段のランチでは考えられません。




「狸狸亭(ぽんぽこてい)西田辺店」(阿倍野区)の
「お好み焼セット」700 円。
blog23狸狸亭.jpg

関西人の多数が好む組み合わせ。



「Café A.September」(天王寺区)の
「オムハッシュドビーフランチ」850 円。
blog24エーセプテンバー.jpg

アルファベットとカタカナばかりで
おフランス人(!)の私にはなにがなんやら。
でもおいしかったですよ。



◯◯
「HONU COFFEE」(東住吉区)の
「しょうが焼丼」900 円。
blog25ホヌコーヒー.jpg

ソフトドリンクつきです。
工場か倉庫の跡を利用した喫茶店。
私は妙に落ち着きますが
好き嫌いがはっきり分かれるところ。




「炭火焼肉 幸福屋 本店」(住吉区)の
「和牛焼肉丼」850 円。
blog26幸福屋.jpg

多くの人に指示されそうな無難な味。




「WAGAMAMA料理 Qさんの上海厨房」(浪速区)の
「秘伝だれの唐揚天津炒飯」780 円。
blog27Qさんの上海厨房.jpg

炒飯と天津飯の合体!から揚げおさえ込み。
前述の「チャイナ・ダイニングα」の
「五目あん掛けチャーハン」といい
炒飯となにかを組み合わせることが
はやっているのですか。


「Vol.7」の2016/09/01 ~ 30/ の決算。

支出
ランチパスポート代 0 円(前々月支払い)
ランチ代 500 × 7 = 3,500 円


もし定価で食べたら
700 + 850 + 700 + 850 + 900 + 850 + 780
= 5,630 円

2,130 円儲かった(?)ことになります。
うれちいな。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京極たらたら坂 ぐーどすえ [食い意地]

京都市役所の南の本能寺。

「本能寺の変」の本能寺は
ここではありませんが。
豊臣秀吉がこの地に移転させたらしい。

織田信長の墓の前でしばし休ませてもらいます。
blog41.jpg

焼け落ちた本能寺から
信長の遺骸は見つかったのでしょうか。

信長の唯一(たぶん!)の一代記の
「信長公記」には女性をみんな逃がしてから
「殿中奥深く入り給ひ」
「内よりも御南戸(なんど)の口を引き立て」
「無情に切腹召され」とありますが
その後の本能寺のことや
信長のことは書いてありません。

もっとも
腹を切ったところを見たものもいませんよね。
そこにいた人はみんな死んでしまったから。

詮索はやめます。
遺骨はなくても
墓所がいくつもある人はたくさんいますから。



そんな信長の墓の
心配している場合じゃないのですが
心身とも疲れているのか
甘いものでも食べてみたい。

本能寺の前の
「八方焼き本舗」の「 小松屋」で
あんこのかたまりみたいな名物「八方焼き」を
いただきましょうか。
blog42.jpg

私は酒クセの悪い
左利き(飲み手)だと思われていますが
和菓子やあんこも嫌いではありません。

ん!?
看板にもメニューにも「八方焼き」がありません。
私の記憶違いかな。
残念。



寺町通りをとぼとぼ南下。
すぐ東西に走る三条通りと交差します。

さらに南に新京極通りが始まりますが。
blog43.jpg

三条通りから道が少し下っています。

「京極たらたら坂」というのだそうな。
坂は坂ですけどね。
あんまり有名な坂じゃないのかな。はは。

坂の途中に和菓子店が。
blog44.jpg

西谷堂!
「ぐーどすえ金つば」!
blog45.jpg

はは!「ぐー」の京都弁ですか。
それともなにか深い意味があるのでしょうか。

金つばがいっぱい!
トッピングに種類が多いということですか。

金ごま(税込 80 円)と黒ごま(80 円)と
抹茶(110 円)を。
blog46.jpg

ザックに入れたまま帰宅したので
少し変形したかも知れませんが
あんこ!おいしい。

少し元気を出そう。



(桑田忠親校注/改訂 信長公記/を参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ならまち演芸 にぎわいの家 大乗院庭園 [南都有情]

世界遺産の元興寺のまわり
古い町家が並ぶあたり
通称・ならまち(奈良町)に迷い込んだときに
畳に座って
ゆっくりときを過ごせる家を見つけました。
blog31.jpg

最近(2015/04)改修して
「奈良町にぎわいの家」と名づけて
オープンした町家です。

大正 6 年(1917)建築だそうですから
ちょうど築 100 年ですね。

間口が狭くて奥に長い!
うなぎ(鰻)の寝床のような
この町では典型的な!
でも床面積 120 坪の大きな家です。

建てものが長いので庭も細長い。
blog32.jpg

この庭が採光に役立っているようです。

2 階に小部屋がふたつありましたが。
blog33.jpg

部屋をつなぐドア(?)がすごく小さい!
にゃんこの通り道用でしたら大き過ぎますが。

どうして!?
blog331.jpg

この日も妊娠はしてなさそうなのに
おなかがまるまるとしたおばちゃんが
くぐろうとしてつかえて暴れて
壁が落ちるほど揺れているのを目撃しましたが。

茶室!中庭!通り庭!蔵!
へっつい(かまど)!井戸!等々あります。
しかも!見学は無料!
いいところですよ。



ランチは後回しにして「ならまちセンター」へ。
「ならまち演芸」(2016/09/27)という
催しがありました。
blog34.jpg

指示された時刻が正午なんです。
「ご招待」ですので、、、きっちりしなければ。
blog35.jpg

奈良市の 25 商店街の集まりの
奈良市商店振興会のイベントです。

表通りには内外の観光客のひしめく奈良も
地元の消費者相手の
店舗を取り巻く環境は厳しいのだそうな。
それであの手この手と繰り出しているのですか。
blog36.jpg

このイベントの専属(?)の
落語の露の新治一門や
奈良市出身の歌手の
川井聖子やらが張り切っていました。
blog37.jpg

商店のみなさん!ご商売!頑張ってください。
はるか遠くからきて無責任のまま帰ります。



もう午後 3 時前です。
なにをするにも中途半端です。

近くの旧大乗院庭園の芝生に身をゆだねます。
blog38.jpg

いつもせかせかと表を通り過ぎるだけですので
今日はのんびりと赤い色!
さるすべりを口を開けてながめます。
blog39.jpg

室町時代に作庭され
南都随一の名園といわれた庭園も
売られたり削られたりして縮小し
建てものも景石類も消失し
大小の池と芝生だけになって生き抜いています。

それはそれで清々しいような。
blog40.jpg

入園料は 100 円!
安いのにだれもいませんね。

そういえば
昔は迷い込んだ鹿が走ったりしていましたね。



日が高いけど帰ります。

三条通りの
「もちいどの商店街」に入る角の中谷堂。
blog41.jpg

いつも餅を搗(つ)いて
搗きたてを販売しています。

ここも普段なら通り過ぎるだけですが
ランチを抜いていて
おなかが空いているので観光客に混じって並んで
あんこの入ったよもぎ餅を買い食い。
blog42.jpg

1 個 130 円税込み。
私には柔らかい!柔らか過ぎる餅です。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

大原野の9月に見ごろのひまわり畑 [解語の枯れ尾花]

洛西・大原野の秋。
blog31.jpg

なんにも(?)ありません。
ときどき遭遇する
無人販売所に寄るのが楽しみ。
帰りに買おうなんて思うのですが。
帰りは別の道を通ったり!忘れていたり。

今回はさつまいものつるを
(つるといっても葉茎のことですが)
買うつもりでしたが、、、。

米を売っているところもありました。
blog32.jpg

このあたりの中心の
大原野神社(京都市西京区)は
長岡京遷都のとき
藤原氏が氏寺の春日大社まで行くのが
おっくう(?)なので分霊して建立したらしい。

だから!狛犬ならぬ狛鹿!
blog33.jpg

鹿がいいのでしょうね。
blog34.jpg

近年!この近くで
フジバカマの原種が発見されたとかで
境内にはそのフジバカマがいっぱい。
blog35.jpg

みんな鉢植えなんですが
それには理由があるのかな。
フジバカマには
いや地現象(連作障害)があるようです。

多年草なのに
同じ場所に植えっ放しができないらしい。
それなら鉢栽培の方が管理しやすい?!



大原野神社の門前の
「草餅 こばやし」に「おやき」ののぼり。
blog36.jpg

ここの「おやき」は米粉で作られていました。
blog37.jpg

「高菜」と
「鉄火みそ」をもらってランチにします。
ひとつ 140 円税込み。



稲田の中を歩いて
「え!?今頃ひまわり大原野」と命名されている
ひまわり畑へ向かいます。

9 月に見ごろになるように
栽培されているようですが。
blog38.jpg

ひまわり特有のはなやかさが
私には感じられませんが。
blog39.jpg

9 月ももう終わりですからね。

後ろに回れば「黄色」がまったくありません。
blog40.jpg

はは!みんな東の方に向いて
頭を下げているのですね。
blog41.jpg

お日さまを追いかけなくなって
だいぶ経過しているようです。



雨模様なので!帰ります。

ん!?
blog42.jpg

大根がたくさん捨てられています。

大根じゃないですね。
blog43.jpg

瓜!?

つるが枯れて瓜が残っているのですか。
どんな事情があるのやら。
ベランダの上空で(拙ブログ 2016/08/18
小さな西瓜を育てているものには
広い畑はうらやましい。



バスに乗りますか。
鉄道の駅まで数キロでしょうに!
軟弱な精神になったもんじゃのぉ。

あれ!?
blog44.jpg

どのバスに乗ったらいいの?!
なんの変哲もない
ひなびた(失礼!)停留所だと思ったのに
京阪京都交通!ヤサカバス!
阪急バス!市バス!と 4 社乗り入れ!?

すごい停留所ですねぇ。

おじ気づいたので
やっぱり歩こうかなぁ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ざこばの朝市 端建蔵橋が見える [わが街・大阪ブギウギ]

わらじばき(!)の
一心太助のような男が走っています。
blog61.jpg

「魚」が売られています。
blog62.jpg

ざこばの朝市(2016/09/25)です。
blog63.jpg

ざこば(雑喉場)とは
大阪弁で生魚市場のこと。
日本有数の規模を誇る
大阪市中央卸売市場の前
安治川沿いで開催されています。
blog64.jpg

年に 2、3 回
不定期(?)に開かれていますが
どんどん規模が大きくなって
市民に熟知されてきたような。
blog65.jpg

安治川の船着き場に
大きな台船が係留されていましたが。
blog66.jpg

音楽のステージでしたか。
blog67.jpg

みなさん!食べたり飲んだり!
買いもので忙しそうで
頭上の台船に
注意が行かないようでもありましたが。



今回は「食育」に力を入れていたのか
「学習」や
キッズの職業「体験」が多かったような。
blog68.jpg

いつも高価なものばかり売られていて
気軽に徘徊できない
慢性懐中不如意病の私ですが
今回はなぜか 50 円や
100 円のものが目につきました。



朝市ですから
他のフェスタと違い!朝が早い!
いつも 8 時から開始されています。

いつも朝一番に
朝食を摂りにきていたのですが
今回は仕事が忙しくて、、、!
うそついてすみません!
ただの寝坊で 11 時近く。

100 円のめざしと
400 円の赤ワインをいただきます。
blog69.jpg

赤ワインは
400cc くらい入れてくれましたから
ブランチ代わりになるでしょう。はは。

とてもきれいな人が。
blog70.jpg

一瞬!
私をアゴで使うアラフォー(around 40)の
おね~さん方のだれかが若返ったのか
昔に産んでいた娘かと思ったほど。
ま!おね~さん方の
若くて美しいころを知らないもんで、、、。
自己申告では美しかったそうです。

それはともかく
「しじみ汁」をすすめてくれますが。

ここは安治川の下流の!会場の端っこ。
ブースは上流の端っこですって。
はは。行ってみます。



「しじみ汁」の茶屋。
blog71.jpg

向こうに鉄製の橋が見えます。

中之島の下流の端っこなんですね。

大川(旧・淀川)が天神橋の上流で
堂島川と土佐堀川に分かれています。

その中の土地が文字通り中之島。

そのふたつの川が
再びここでいっしょになっています。

こちちらから中之島の剣先の端っこまで!
つまり堂島川に架かっている橋が船津橋。

そこから土佐堀川をまたいでいる橋には
「端建蔵橋(はたてくらばし)」という
不思議な名前がつけられています。

人の名でも土地の名でもないようです。

ぜいたくをしないで
「裸足(はだし)」の粗末な格好で
身を粉にして働いて
大きな蔵を建てた七兵衛という人がいたそうな。

その「はだしでたてたくら」のところにある橋。
ちぢめて「はたてくらばし」!?

漢字が変!?なんて聞かないで
ま!信じる人は信じてください。



船津橋から南へ端建蔵橋を渡ります。

ふり返れば!?
blog72.jpg

気の弱い人ならはだしで逃げたくなります。
タコとイカが
4の字固めをきめあっているような
複雑な!橋の集合?!

いったい橋はいくつあるの!?

船津橋の上流に上船津橋。
端建蔵橋の上流は湊橋。

土佐堀川が堂島川と合流する直前で
木津川を分流しています。
その木津川には昭和橋が架かっています。

さらに上空を阪神高速道が走ったり
降りてきたりしています。

余談ですが川底の下には
地下鉄・千日前線が横切っています。

どこからカメラを構えても
その複雑な一部しか写せません。

空から鳥瞰(ちょうかん)しなければ
よく分からないでしょう。
くらくらするのは
赤ワインをあおったせいばかりじゃ
ないようです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理