So-net無料ブログ作成
検索選択

サントリー京都ビール工場にて [工場見学]

天下分け目の天王山。
blog51.jpg

標高 270m の丘(失礼!)です。

押し寄せる羽柴秀吉軍と
迎え撃つ明智光秀軍の雑兵たちが
丘をはい上がる幻影をいつも見る私ですが
それは無知なるものの妄想!?

ふもとの大山崎中学校のそばに
「山崎合戦古戦場」の碑がありました。
blog52.jpg

そりゃぁそうでしょう!
だれが好んで山ん中で戦うものですか。
どちらかが一方的に攻めるのじゃないのですから
平地でぶつかりますよね。

のどかな春の向こうに
サントリー京都ビール工場が見えます。
blog53.jpg

卑(いや)しい性格なんでしょうね。
食品工場見学大好き人間。
ビール工場には
サッポロ!キリン!アサヒ!サントリーの大手から
地ビール工場まで機会があれば行っているような。

中でもアサヒとサントリーには
近いからか!なん度も訪問!恥ずかしい限り。



そんな反省とも思えぬことをつぶやきながら
反対側の正面に回ります。
blog54.jpg

また!おじゃまします!臆面もなく。

サントリーはどこでも撮影可。
動画とか録音はダメかも知れませんが
写真は「どうぞ!どうぞ!」です。

これはとても気分がいいものです。
カメラをぶら下げていても
気をつかわなくてもよろしい。

この日の工場は動いていませんでした。
清掃やメンテナンスをしているようでした。

それでも「どうぞ!」といわれれば撮るもんね。
卑しいから。
blog55.jpg
blog56.jpg
blog57.jpg
blog58.jpg



試飲させていただきます。
blog59.jpg

決して!試飲が主目的ではありません。
ま!ありません!です。
少しはあるかな。

ザ・プレミアム・モルツ!からいただきます。
blog60.jpg

モルツ・ザ・ドラフト!
blog61.jpg

ドラフトってなんでしょう。
「生」とは違うんですか。
ま!気にしませんけどね。

最初の方が!口当たりがよかったので
もう 1 杯は「プレミアム」を。



いい気持になって帰ります。

工場の近く! 10 分も歩いたところに
阪急の新駅ができていました。
blog62.jpg

京都線の西山天王山駅。

マルーン色(マロン色)の電車が通過しています。
blog63.jpg

まさしく阪急電車です。
「阪急マルーン色」です。
創業者・小林一三が永久に変えるなといったとか。

とはいうものの
創業者が同じく手放すなといっていた
プロ野球チームも今はなく
明日の阪急の色はどんな色。
よけいなおせっかいですが。



(敬称略)
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

恋に見境ないイカ [手のひらを太陽に]

最近!
深海に棲息する巨大な生物・ダイオウイカが
網にかかったニュースをよく聞きます。

また!兵庫県新温泉町でしたか
4m 200kg の大きなダイオウイカが
浅瀬で生け捕りされたとか。(2014/02/25)

素潜り漁のおじさんがロープで捕獲?!
怖くなかったのでしょうか。

もし!おそわれたら!?

おそわれることを考えなかったのでしょうか。

同じように深海に棲む
キタノヤツデイカのオスは
性別に関係なく
出くわした成体に
見境なく精子器を打ち込むそうな。
(2011/09/21 英国王立協会誌/Biology Letters)

深海魚は恐ろしいのだ!?



唐突ですが
見境ない!で思い出したのがカエル。

恋の季節には
たいていの日本のオスのカエルは
「抱擁の名手」だとか。(中村浩著/動物デカメロン)

オスは抱擁力がやけに強く!しぶとく!
飲まず食わずで 1 週間以上も抱きしめる個体もいて
抱き殺される(!)メスもいるとか。

それに!あさましく!せっかちで!
オスであろうと!
他の種類のカエルであろうと!
なにであろうと!目前に動くものに抱きつくそうな。
手あたり次第!

抱きつかれて!締めつけられて!
落命した魚もいるそうですよ。



もし!ダイオウイカが生殖目的で泳いでいて!
キタノヤツデイカのように
見境なく精子器を打ち込んだり!
カエルのようにあせって
抱接する習性だったりしたら、、、?!
そんな危惧(きぐ)しませんでしたか。

もっとも!
漁のおじさんが遭遇したダイオウイカはメスで
キタノヤツデイカは
せいぜい外套長16、7cm くらい
モンゴウイカほどもないそうですが。



巨大なイカと闘ったはなしがありましたよね。

集団で襲われて
銛(もり)と斧(おの)で大奮戦?!

ヴェルヌ著/海底二万海里/花輪莞爾訳/に
あったような。

ああ!
イカじゃありませんでした。
タコ!?
8m 25t の大ダコでした。

そんな大ダコが団体で
潜水艇をなきものにしようとするのです。
あくまでも小説ですよ。



はなしは澪(みお)をはずれますが
かれら!「海底二万海里」の主人公たちは
潜水艇に乗っているんです。

その潜水艇は
葉巻型をしていて!全長 62m 。
直径 6m ものスクリューで
時速 60 マイル(80km)で移動できて
簡単に 4 海里(1600m)もの深さに潜れます。

すご過ぎるフネです!

この小説は 1869 年発表されているんですね。
日本では江戸幕府が終わったころ。

驚くことに!潜水艇内はすべて電気仕掛け!

強い照明も制御システムも動力も
すべて電池のエネルギーで動いているのです。

1869 年はまだ
あのエジソンが電球の商品化もしていないころ。
今の科学のリクツからいえば
こっけいな記述も多いのですが
その時代の先端科学知識の集大成かも。

たとえば
海中から無尽蔵に採取できるナトリウムから
強大な「電気」を生産しています。
現代の「ナトリウム」という名前のついた
電池の予言のようでドキリとさせられますが
だいぶ!違うもののようです。



そんなことを考えながら
タコを食べます。

タコとワカメとキュウリの酢のもの。

酢の好きな私は
酢をだしや水で割るのを好みません。
どちらかといえば米酢より
あれば!舌に強い穀物酢をぶっかけて
淡口醤油と砂糖をほんの少し。

炊き立てのごはんにのせて食べたら
タコ酢丼?!
blogたこ酢丼.jpg

しあわせ。



あんれ!?
イカのはなし!
どこかへ行きましたね。

ダイオウイカが食べられるのもなら
食べてみたい、、、?!



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

桃ケ池で探そう桃源郷 [解語の枯れ尾花]

わが家の庭(?)の桃ケ池の春。
blog1.jpg

桃ケ池ですから「桃」です。
花桃が咲くのですが。
その花桃!年々元気がなくなっているような。
blog2.jpg

昭和 55 年(1980 年)の読売新聞の記事では
桃の木が 209 本!
え!そんなにあったの?!
100 本もありますか!今。
数えたことはないのですが。



もともと!この池は
「股ケ池」とか「百ケ池」とか「脛ケ池」とか
表記されていたようです。

昭和 18 年(1943 年)に阿倍野区ができたとき
桃ケ池や桃ケ池町の名称を作ったのかと
最近!流れてきた新参ものの
私なんかは考えていたのですが
昭和 8 年(1933 年)
「桃ケ池公園竣工」ですって!?

「股」から「桃」に漢字を変更したのは
案外古いのかも。

それでそのときに
花桃の木を植えたのかどうか知りませんが
今!元気がなくなっている桃の木が
80 年生だとは!とうてい!思えませんが。
blog3.jpg

せいぜい!樹齢 2、3 十年?!
blog4.jpg

しかも!どれもこれも若木さえも
リンチの後の瀕死(ひんし)の状態のよう!
気息えんえん!?
可哀そう。



果樹の桃の営利栽培の寿命は長くても 2、3 十年。
それに「いや地現象」もあって
栽培地が動いて行かざるをえないと習いましたが。

花桃もそうなら
苗木の更新だけでは
桃花の公園を維持できなくなるのでは。
私が心配することもないですが。

桃も桜もなくなって
雑木!たとえば!しだれ柳だけの
ゆうれいが似合う公園になっても
私は構いませんがね。



「桃」といえば
無学な私が無常を感じるとき思い出す詩。

 賢愚 千載 誰が是(ぜ)なるを知らんや
 滿眼の蓬蒿(ほうこう)共に一丘
 (注釈/荒井健)

北宋の黄庭堅(1045 ~ 1105)作
「清明」の終わりのところ。

その初めのところは

 佳節(かせつ)清明 桃李(とうり)笑み
 野田(やでん)荒壟(こうろう)ただ愁を生ず

です。

清明節(春分から 15 日後)はいい季節。
そのころは桃や李(スモモ)の花盛り。
清明節前後の詩歌にやたら「桃花」が出てきますね。

中唐(766 ~ 826)の崔護(私には出自不明)の

 去年の今日 この門の中
 人面 桃花 あい映じて紅なり
 (読み下し/石川忠久)

で始まる有名な詩「人面桃花」も
清明節のころ作ったようです。



日本の早春の花はいろいろあっても
やっぱり!桜。

中国の詩には桜が出てきませんね。

ときには「桜」という漢字を
白楽天(772 ~ 846)なんかが使っていますが
日本人のイメージの
エドヒガンやらソメイヨシノみたいな
はでな桜花ではなく
「ユスラウメ」のような可愛い花のような。

中国では「桃」ばかり。

桃の脇を固めるのは
「梨(なし)」と「海棠(かいどう)」でしょうか。

陶淵明(365 ~ 427)が
桃花源記に書いた理想郷も
桃の花の向こうにあったといいますからね。

「桃源(郷)」ですか。

わが家も桃の花の向こうにある、、、すると桃源郷?!
そんな訳ないですね。
blog5.jpg

桃の花のむこうにあべのハルカスが見えるだけ。



桃源(郷)は求めても探せないそうな。
まぁ!しかし! 行ってみたい!
手に入れたい!と考える人は多い。

金持ちは自分で造ろうとしたりします。

張岱(1597 ~ 1689)著/
陶庵夢憶/松枝茂夫訳/に
文人政治家として有名な范文正の子孫が
文正の墓を取り囲んで
広大な庭園を造ったと書いていますね。

山のふもとの右手は「孤山」
梅の木が千本!

左手は「桃源」
そそり立つ岸壁と滝を配置し
そこに落花!
当然!桃の花びらでいっぱいになるように。

今もかの地にあるのでしょうか。

ま!そこに行ったからって幸せになれるのかどうか。
好きな人と行けばなれるでしょうけど。

そう!
桃源郷は求めても探せないけど
近くにあると陶淵明はいっているとか!いないとか。
blog6.jpg



(敬称略)
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

雨の天王寺動物園 どて焼き炒飯 [通天閣が見える]

天王寺動物園。
blog01.jpg

のっぽビルのあべのハルカスがかすんでいます。
この雨では!園内にほとんど!人影がありません。

雨の動物園!好きです。
好きですというのか!魅かれます。
仕事も約束も教養もうっちゃって
(もともと皆無に近いですが)
雨が降っていたから飛んできました。

雨でも元気に自主散歩(?)している
ホロホロチョウについて歩きます。

あれ!止まりましたね。
blog02.jpg

この扉から中に入りたいようですが。

この向こうはサバンナゾーンでした。
blog03.jpg

サバンナには
ホロホロチョウの家族か親戚かがたくさん。
そこへ帰りたいらしいのですが
勝手に家出したのなら
すぐには許してもらえないのかな。



サバンナを見降ろしてライオンの一家。
blog04.jpg

狭い石の上にかたまっています。
これは石の形のベッド。
寒い日にはヒーターが入っています。

サバンナの向こうにそびえている
あべのハルカスがどんどんかすんで!
blog05.jpg
ついに消えました。



動物の慰霊塔。
blog06.jpg

この肥溜(こえだめ)みたいなのは。
blog07.jpg

外来生物の隔離施設。
ヌートリアとアカミミガメが収容されていました。

寂しいねぇ。



雨を避けた片屋根の下で
ハイイロカンガルーとハシブトカラスが
対峙していました。
blog08.jpg

しばらくして!また通りがかったら
おんなじポジション。
仲がいいのやら!悪いのやら。



数少ない入場者の中で元気な
小学校を卒業したばかりのような
女の子だけのグループが騒いでいます。
なにごと?!
blog09.jpg

ゾウがおしっこしていました。
箸がころんでもおかしいお年ごろ。
いいなぁ!明日がある人は。
いのち短し!恋せよ!おとめ。

さっきまで見えなかった
あべのハルカスがぼんやり現れてきました。



くたびれた靴には水が入ってきました。
動物園内散策は切りあげます。

通天閣の真下に「餃子の王将」がありました。
blog10.jpg

「餃子の王将」はフランチャイズ。
どこまで共通の約束ごとがあるのか知りませんが
各店舗に独自のメニューがありますね。

ここには「どて焼チャーハン」なるものが。

609 円。
blog11.jpg

炒飯(チャーハン)に
牛すじ肉を煮込んだ「どて焼き」が
トッピングされていました。

「炒飯」単体は 367 円ですか?!
この評価は難しい。
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

奈良ではやっぱり花小路のバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

奈良県庁の屋上。

先月!ふるえながらほほえんでいたミツマタ
春を謳歌(おうか)しています!あなたのように。
blog11.jpg

  めづらしき 匂ふがごとき 我妹子(わぎもこ)を
  神もうれしと しのばざらめや    (ほっ)

我妹子(わぎもこ)は美しい!
美しいものと決まっています。
つまり!あなたのこと。
あなたの恋人ならこんな歌を作りませんか。

「よくまぁ!心にもないことを!」

ま!千にみっつの真実もない人生ですから。



「あれは?」
blog12.jpg

“ 修法(ずほふ)は奈良方(がた) ” と
わが姉(!)なごんちゃん(清少納言)が
枕草子に書いていましたね。

「どういうこと!?」

よく分かりませんが
橋本治訳の桃尻語では

  お祈りは、、、奈良の方!
  仏の護身なんかをお読み申し上げんの
  セクシーで尊いわッ。

ということです。

「よけいに分からないよ!」

はやいはなし!興福寺は
格式があって!艶があって
平安京の寺院より歴史があるということ。

その興福寺の五重塔です。



「あれは?」
blog13.jpg

若草山と御蓋山(みかさやま)ですよ。

なんでも珍しがるなんて!?
奈良に通学していたのじゃないの?

「ああ!籍を置いていたよね!長いこと」
「あんまり!いい恋の思い出がないなぁ」

勉強せ~!バカもん!



御蓋山の方に歩いてみませんか。
奈良公園に梅が咲いていませんかね。

  妹(いも)が世は かぎりもあらじ みかさやま
  梅に朝日の ささむかぎりは   (ほっ)

いっている私が笑えてしまいますが
素知らぬ顔して歩きます!役者やのぉ。

浮見堂を見下ろす片岡梅林。
blog14.jpg

ちょっと寂しい。
木が老いてしまったようですね。
かぎりがありますね!なんだって。
今のあなたのように。

「ん?!」

なんでもありましぇ~ん。

それとも季節が通り過ぎたのでしょうか。
今のあなたのように。
なんでもありません!ひとりごとですよ。



ああ!「江戸三」という料理旅館ですよ。
blog15.jpg

客室です。
1 戸建て(!)の
こんな離れの客室がいくつかあります。

「お運び!大変じゃない?!」

面白いことを心配しますね。

あ?!
大昔の学生時代に
どこかのお座敷でお運びしながら
逆立ち芸をしてチップを稼いでいたのは
あなたじゃない!?

パンツをはかないで!
和装の裾を思い切り淫らに乱して。

「パンツは 2、3 枚はいてたよ!」
「あ!え? 知らない!知らないよ」
「逆立ちはお友だち!私じゃないよ!」

ふ~ん?
あわてなくてもよろしい。
私にはどうでもいいことですから。

ここの大昔は
太鼓(たいこ)や銅鑼(どら)をたたいて
仲居さんを呼んだようですよ。



試しにランチにしますか!ここで!

おね~さまのおごりなら私はとてもうれしい。
うれしくて!
3 時間ばかり肩をもんで
おなかの脂肪が減るようにマッサージしますけど。

でも!
個室ですから!いたずらしないでね。

「だれがするかぁ!気持ち悪い!」
「で!いくらなの?!」

お昼のランチはとても格安でゲス!はい!
たった 5500 円!サービス料別です!



ま!結局!いつもの
近鉄・奈良駅近くの
「花小路(はなこみち)」のバイキング!割り勘で。

平日じゃないので
強制的にドリンクがついて 1200 円。

blog16.jpg
blog17.jpg

これでひと通り。

ドリンクがついているのなら
ココアでも飲まなきゃ。
あまり好まないのですが!うどんも食べよう!
blog18.jpg

同道のアラフォー(around 40)の
お色気過剰おね~さまが
「恋」なんか遠くに忘れて
カレーライスをかきこみながら
生ハムと焼き豚を
それぞれ 10 切れも食べてしまいました。

それじゃ!
私もその生ハムと焼き豚で
コーヒーとアセロラジュースを。
blog19.jpg

それを私が食べている間!おね~さまは
鶏肉の大きなから揚げを!!
10 個!お召しあがられました。
私が席をはずしているうちに
ポテトフライを丼鉢いっぱい食べたようです。

おやめなさい。
失恋した後のヤケ食いみたいな食べ方。
バストはしぼんで
ウエストばかりふくらんでるでしょ。
知らんけど。

今日もまともな「春」はきそうにありません。



(敬称略)
(本文と画像の人とは関係ありません)
(ということにしますので他言は無用に存じます)
タグ:枕草子
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理