So-net無料ブログ作成
検索選択

久安寺の紅葉 ゆず豆 [半煮え!生煮え!]

阪急・池田駅からバスに乗りました。
私の足なら歩いても
苦にはならない距離だと思うのですが
観光案内所も閉まっていて
場所がよく分からないからです。

こんなときには
スマホかなにかモバイル系の
パソコンがあれば便利でしょうね。

まぁいい!拗ねて生きているものには
時代に背を向けた方が心地いい?!

久安寺に着きました。
blog01.jpg

このあたりは兵庫県と大阪府の境界線上?!
ここは大阪府池田市だと思いますが。
blog02.jpg

境内は燃えていました。
blog03.jpg

名勝・虚空園ですって。
blog04.jpg

かりん(花梨)の実が
押しくらまんじゅうして初冬の風に耐えています。
blog05.jpg

トイレを借用。
合掌して唱えてから使用しなければなりませぬ。
blog06.jpg

ぎりぎり我慢してから行かないように。
合掌していたらもらしますよ。



宮本智恵子編著/
今も伝わる大阪のごはんとおかず/に
「柚子豆(ゆずまめ)」という料理が
紹介されています。

「池田市伏尾の名刹・久安寺に伝わる逸品」だとか。

入り口のおね~さんに問うと
「聞いたこともありません」

お若いからそんなお答えなのか
本の記述がおかしいのか
すでに消えてしまった幻の食べものか。

本の記述は 30 年も前です。



自分で作れそう。
大豆と柚子の皮を
多めの砂糖とほんの少しの塩で煮たもの。
だそうですから。
blog07.jpg

ついでに
茹でた大豆と柚子の皮と塩少々を
炊き立てのごはんに混ぜてみました。

おいしいですよ。
甘くてどうかと食べる前には思いましたが
お惣菜としてそんなこともありません。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

箕面の滝の黄葉 [草のゆかり]

晩秋!見下ろす谷がくくり染め。
blog61.jpg

箕面大滝の頭が見えますね。
blog62.jpg

大阪府が税金を無駄に使って水源を枯らし
さらに経費をかけて
ポンプアップしている水でしたよね。
だれも責任を取りませんね。
民度の低い国ですね。

知事のひとりやふたり
死んでおわびをしたい!とめてくれるな!といって
滝の上から跳ぶふりをしてもいいようなものですが。
だれかお調子ものがとめるでしょうけど。

私がエラソーにいえる身分でもないですか!
すみません。
blog63.jpg



箕面川を下ります。
最短コースをたどれば
阪急・箕面駅まで 2.8km ばかりですが
その右岸は観光客が佃煮にするほど往来しているので
しばらく左岸を歩きます。
blog64.jpg

対岸の箕面山に陽が射しています。
blog65.jpg

赤いじゅうたんの小道もあります。
blog66.jpg

箕面のモミジというと
頭の中では赤一色のイメージがあるのですが
黄葉の方が多いような。
blog67.jpg

山本珈琲館の見えるあたりから
右岸に渡り!観光客の群れに紛れます。

急ぐ旅でもないので
弁財天にお参りして行きますか。
blog68.jpg



あ!
モミジを採集しています。
blog69.jpg

黄色い葉ですね。

このあたりに軒を連ねて揚げている
「モミジのてんぷら」の材料ですか。

もっとも生葉をすぐに揚げる訳ではなく
1 年くらいは塩漬けする必要があるらしい。

昔聞いたはなしでは
黄色い葉の「一行寺(いちぎょうじ)」
「てんぷら」に最適だということでしたね。

専用の山で栽培されているとも聞きましたが。

「赤い種類でもできます」とそのおじさんがいいます。

その場合!少し下処理が違うとも。

なかなか「モミジのてんぷら」も奥が深そうです。



もう駅近く!俗っぽさが増してきました。
blog70.jpg

この地は柚子(ゆず)栽培にも力を入れているとか。
あちこちに「ゆずる」と書いてあります。

柚子のこと!ここでは「ゆずる」というのですか。

ん!?
箕面駅前の「東海自然歩道西の起点」の碑の横に。
blog71.jpg

男の子が座っています。

もしや!この子が「ゆずる」くんでは?!

やっぱり!
「たきのみちゆずる」という
立派な名前をお持ちでした。
コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

七面鳥恩赦!キジ赦免!七面鳥ごはん?! [七面鳥六目半ごはん]

感謝祭の前日
アメリカのバラク・オバマ大統領は
2 羽の七面鳥に「恩赦」を与えたそうな。

そもそもなんの罪の刑罰だったのですか。
その七面鳥はその後どうするのですか。
野に放たれて天寿をまっとうするのでしょうか。

とんちんかんなことをいっていますかも。

最近!
TVにもラジオにも新聞にも
接することなく生きていますからね。
パソコンを立ち上げたときに
ちらりとニュースが目に入るだけですから
浮世離れしています。
そんな人生も慣れればどうってことないですよ。はは。



七面鳥は!特にオスはなんとなく怖い顔して
大声を上げたりします。

日本のキジ(雉)のオスも鋭い声!?
よく似ていませんか。

あ!?
七面鳥もキジも近似種
おなじ「キジ目」でしたか。



日本のキジにも
おなじような赦免のはなしがありましたね。

藤原道長(966 ~ 1027)の栄華を説いた
「大鏡」にありました。

道長の伯父にあたる兼通(かねみち 925 ~ 977)は
夜中に飲む酒の肴にキジを好んだそうな。

それも
今殺したばかりの肉じゃないといけないとか。

しかし!突然いわれても困ります。

高階業遠(たかしなのなりとお)が
初めて伺候(しこう)した夜のこと。
暗がりの沓櫃(くつびつ)のあたりで
もの音がするのに気づきました。

沓櫃を開けて見るとオスのキジがいました。

兼通邸では宵の口から
キジを用意しておく習慣だったのです。

業遠はそのキジをそっと取り出し
逃がしてしまいました。

「善根をした」と幸福になったとか。

はなしはそれだけしか書いてありませんが
キジの係りの人はどうなったのでしょう。
用意のキジがなければ
悲しい仕打ちが待っていたのかも。



夜中に兼通は
キジの肉をどのようにして食していたのでしょうか。

ナマのまま!刺身で食べたのでしょうか。
殺したてじゃないといけないというのなら。



ごはんを炊きます。

名残の秋いっぱいの七面鳥ごはん。

洗い米に水加減して
七面鳥の代わりに鶏肉の細切れ!
食感がいいかも知れないので砂ずり(砂肝)!
松茸が買えないので舞茸!
もう!残り少ない硬い柿も!
そして永谷園のインスタントの
「松茸のお吸いもの」の顆粒を振りかけて
スイッチオン。

私のささやかな好みで
青ネギをかけていただきます。
blog七面鳥.jpg



私の七面鳥ごはん。
七面鳥六目半ごはん!?

七面鳥(ターキー)六目半(日本棋院のコミ)ごはん!

ターキーコミごはん!

タキコミごはん!

炊き込みごはん!

おそまつ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

さんまとすだちのごはん [もっそうライス]

庭の木に実ったという
すだち(酢橘)をもらいました。

「焼酎を飲むときにしぼってね」とか。

なん度もいいますが
私は大酒飲みじゃないのです!
いつまでも誤解されています。

嫌いじゃないかもしれませんが
そんなに飲めません!飲みません。

ビールなら
小さなグラスに 1 杯で即!酔ってしまうのです。
ホントーです!飲ませてごらんあれ。
ただ!酔ってからがしぶといのです。

もう少し若いときなら
1 晩中!管を巻いたりしていましたが
人間覇気が失せてくると!それもおっくう!
数えていて「5」以上になるとまず!飲みません。
ハイボールでもワインでも 5 杯まで。

それでも翌日!二日酔いです。
仕事になりゃしない!
ま!仕事がないからいいのですがね。あは。



「二日酔いの朝にはごはんにぎゅっと」
果汁をかけて食べればすっきり!だとか。

すだちごはんですか。

二日酔いじゃないけど
朝でもないけど
さんま(秋刀魚)でやってみましょうか。

さんまに薄く塩をして焼いてから
ほぐして上身に醤油を振りかけて
スイッチの切れた炊飯器に放り込んで
蒸らしました。

スライスしたすだちを加えて混ぜて。
blogさんますだち.jpg

白菜と糸切り昆布と唐辛子の浅漬けに
やはりスライスしたすだちを混ぜました。

果汁だけではもったいない。

すだちを青い皮ごと用いると
そのほろ苦さがまた趣がありますね。
私は好きです。



味の素と醤油を入れたごはんを炊いて
さんまとすだちを混ぜるのもいいそうですよ。

さんま!または塩さんまを焼かずに
米の上に置いて炊く方法もあるそうですが。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

田園都市の異次元!たべほ?! [たべほ!ブフェ!バイキング!]

神戸電鉄に公園都市線という路線がありました。
三田市でしょうか。

フラワータウン駅と南ウッディタウン駅と
ウッディタウン中央駅の
舌をかみそうな 3 駅だけの路線ですが。

外国人の住む街(?)路線でしょうかね。

南ウッディタウン駅。
blog11.jpg

東へJR新三田駅の方へ向かうと
丘の上に不思議なもの?!
blog12.jpg

一瞬!カルト宗教の団体かとも思いましたが
ここ公園なんでしょうか!ま!敬して近寄りません。



Hamburg Dining Restaurant ?!
blog13.jpg

ハンブルクのレストランですか。
ん!ドイツ語でもないような。
「Tomato & Onion」!

サラダ!惣菜!カレー!ライス!スープ!
ドリンク!アイスクリーム!ワッフル!が
「食べ放題」の店のようですね。
blog14.jpg

ハンブルクですから
ランチにはハンバーグがずらり。
628 円からありましたが
見栄を張って 733 円の今日の日替わり。
blog15.jpg

え!?
このセットについている食べ放題は
ライスとカレーとスープだけ。
なんだよぉ!?
サラダ!食べたかったよぉ!

ま!気を取り直して!カレーとスープのお代わり。
blog16.jpg

1 度のお代わりで!もう!食べられませぬ。
なんか!損した気分。
損した訳でもないのでしょうけど。



武庫川を横断。
「えるむばし」ですか。
blog17.jpg

あまりなじみのない名前ですね。
日本語でしょうか。

橋の上から見れば
日本の農村地帯が広がっていますがね。
blog18.jpg

JR線を越えたら都会には見られない箱。
blog19.jpg



兵庫県の中ほどに
私的には異次元の広がる田園都市がありました。



(追記)
「Tomato & Onion」は無知な私が知らないだけで
全国展開の有名な(?)レストランだそうです。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理