So-net無料ブログ作成
検索選択

王寺駅前の創作中華の縁のランチ [昼定食]

JR大和路線(関西本線)の
王寺駅に降り立ちました。

この駅はたいてい和歌山線か
密接している近鉄の生駒線かの
乗り換えに利用するだけで
奈良方面の往復に
よく通過している割には全然知りません。

近鉄の田原本線も乗り入れているんですね。
田原本線には乗った記憶がありませんが。

ちなみに田原本町を通るから田原本線で
あるとき奈良のお大尽にでんわ中
「たはらほんまち」といって
「たわらもとちょう」ですと訂正されたことがあります。

そう読めませんわなぁ!他国のものには。



今まで降りたときには北に出て大和川に向かいました。

歩道にたくさんのオブジェが。
blog縁1.jpg

私の祖先(と勝手におもっている)カエルも。
blog縁2.jpg

大和川は洪水の後らしく川底の草木は
ローラーをかけられたようになっていますが
彼岸花は花茎をあげて咲いています!エラいなぁ!
blog縁3.jpg



駅の南側はどうなっているのでしょう。
引き返して駅構内の跨線橋を渡ります。

おお!見下ろせばたくさんの線路!
blog縁4.jpg

ここは奈良県北葛城郡王寺町
行政は町なんですが
すごい駅じゃないですか!



駅の南側もビルが並んでいました。

雑居ビルの半地下に中華料理店が。
blog縁5.jpg

「創作中華料理 縁(えにし)」とか。
面白そうなランチの写真が出ていたので入ります。

こじんまりした店舗です。

一番安いのでいいです!はは。
900 円のランチをいただきます。
blog縁6.jpg

可愛くて!いいじゃないですか。

盛りつけなんかは
私は持って生まれたセンスしだいだと思うのです。

どの分野でもセンスに問題があれば
いくら教えても
豚は木に登りません。

なんか世の中に勘違いしている人が多いような。

血ヘドを吐いて練習したからって
イチローのような野球選手になれる訳でも
モーツァルトのような楽曲がかける訳でもないのです。

早くあきらめましょう。
あきらめだけが人生です。



香のものがついているのがいいですね。

「うちは純粋な中華ですから」
「定食に漬けものはつけまへん」といっていた
(値段が!)高級・中華料理店がありましたね。

「漬けものが欲しいのならキムチがあります」とも。

どこが純粋な中華かね!
キムチは中国じゃないでしょうが。



食べ終わるとミニミニのアイスがでました。

私好みのランチでした。



(敬称略)
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

海自護衛艦の艦上で思った! [日本列島コスプレ改造論]

JRゆめ咲線の終点の桜島駅から海の方へ出れば
向こう岸に天保山大観覧車が見えます。
blog01.jpg

回転輪直径 100m !大きいですね。

ん!?
その前に小島のような色気のないもの!?
blog02.jpg

大観覧車の倍ほどの幅!
上に大勢の人が歩いています。
blog03.jpg

天保山渡船でこちら此花区から港区に渡ります。
blog04.jpg

渡船は大阪市の建設局が運営していますから
市道と同じでただ!乗船料はいりません。



小島は海上自衛隊の護衛艦「いせ」でした。
blog05.jpg

全長 197m 全幅 33m 基準排水量 13,950t とか。

一般公開(2013/09/28/・29)に大勢の人!
国民は防衛に関心があり
自衛隊に理解があるのでしょうか。

艦内に入れば人が固まっている場所がありました。
なにか分からず私も紛れ込むと
あああ!床が上がっていきます。
blog06.jpg

航空機用の巨大エレベーターでしたか。
blog07.jpg

甲板から下がるエレベーターを見ると!なるほど。
blog08.jpg

エレベーターは 2 機あるようです。



あたしゃ!思った。

日本は「平和」という単語が好きですね。

カルト集団やら安ものの自称・宗教家やらは
特にお好きなようですね。

そんな人は平和なところで
「みんな仲良く!平和に!」なんて説いています。

平和な場所で平和といってもねぇ!
銃弾の飛び交う真ん中で
「みんなけんかは止めよう!」といったらいかが。
それが真の平和の伝道者でしょうが。

だいたい!暴力をふるってくる狂犬に
ことばで「平和」といっても理解しないでしょう。

たたきのめして
やっと!対等なはなし合いができると思うのですが。
blog09.jpg



あたしゃ!思った。

防衛とか軍隊とかは国の政策!
それをあまりにも地方の民意に流され過ぎてやいませんか。
基地の問題とか!
戦闘訓練の仕方とか。
狂犬相手に地方の少数の国民に
お愛想をしている場合じゃないでしょう。
blog10.jpg

このヘリコプターの座席!
すり減っていますね。
blog11.jpg

イスだけならボロでもいいのですが
肝心の部品に充分な予算が行っているものやら。



あたしゃ!思った。

やっぱり!軍隊の増強をはからねばならんと。

そして!第三軍の創設。

勤労の義務や納税の義務を怠っている人や
受刑者等の
国の「力」を落としている連中を強制入隊させ
それに希望者を加えて
信賞必罰!国家に忠実!の
強力なタガをはめた集団を「ムチとアメ」で作って
国境の防衛に立たせたらどうでしょう。



あたしゃ!思った。

もう!午後の 3 時過ぎ。

朝!即席のポタージュスープを少し飲んだだけ。
なにか食べなければ。

海遊館の前の天保山マーケットプレースに行けば
その中にガード下のようなディスプレイをした一角が。
「なにわ食いしんぼ横丁」ですって。
blog12.jpg

昭和レトロ?!
blog13.jpg

「花花(ファーファ)」という店に
「スープ豚まん」「蒸し豚まん」「揚げ豚まん」が?!

店のおね~さんがいいます。
「ここにしかないブタマンです」と。
blog14.jpg

「揚げ豚まんじゅう」は 400 円ですか。

ひとつ買い
横丁に置いてあったベンチで食べます。

食べながら
あたしゃ!思った。

もし!第三軍ができたら
一番最初に無宿人狩りに合うのは
ひょっとして!私かも。

う~ん!?
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

むかごのたで寿司 [七面鳥六目半ごはん]

ん?!
少女(!)たちが異常に関心を示します。
blog1.jpg

山ガールの格好が決まっているので
山や山菜の知識が豊富なのかと思えば
「むかご」が珍しいらしい。

一粒かじってごらん!といったら
その味が気に入ったのか
「採集しよう」ということになりました。

でも!
私が「山芋のあかちゃん」と表現したら
「ヤマノイモじゃないんですか!」ですって。

う~ん!するどい!

別の少女、、、
ま!みなさん!
少女というより少女のおね~さんかママくらいですが
「ジネンジョじゃないんですか」といいます。

う~ん!知っているじゃないですか。

青果店やスーパーの店頭にも並んでいますから
気をつけていれば見ているはずなんですがね。

ただし!店頭のものは栽培品が多く
粒が特大です。

しょこたん(中川翔子)宅のマミタス(にゃんこ)と
蒜山(ひるぜん)のジャージー(乳牛)!
そのくらいの違いがありますかも。

「なにが?!」

乳首!
なんていって嫌われました。

少女とおばさんの違い、、、とかいえばよかったかな。
よけいに嫌われそう。



私も少し採集。
blog2.jpg

炊き込みの寿司にでもしますか。

干し椎茸をもどします。
干し椎茸といっても 1 円玉くらい。
山でもらってきたものを自分で干したもの。

洗い米にそのもどし汁と水。
酢!塩!砂糖!を加えます。

銀杏(ぎんなん)の季節。
それなのに!まだ!昨年のものが残っていました。
外の殻をむいてみると
仁(核)は黄色い!?
翡翠(ひすい)色じゃないけど
ま!気にしない!いっしょに加えます。

炊きます。

炊きあがったら
醤油と砂糖で煮た可愛い椎茸と
焼いた鮭をほぐして混ぜました。



たで(柳蓼)の葉!
今年は不作と思っていたのですが
あちこち数えてみれば
元気のいいのが 50 本はあるじゃないですか。
blog3.jpg

柔らかい葉だけ摘んで乾燥させ
イワタニのミルサーでガーとやって粉末にして保存。

盛ったすしにたでの粉をかけて
たで寿司の完成。
blog4.jpg

想像するほど
ぴりぴり辛い訳じゃありません。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

あんこ好きの幾代餅考 [絵に描いたどじょう地獄]

酒好きで強くて大酒飲みと思われがちですが。
嫌いじゃないけど強くはないですね。

ビールをグラスに 1 杯で即!くらくらとなります。
試しに飲ませてごらんなさい。

くらくらとなってからが長いだけです。
朝まで管を巻いて!
アイドルから近所のおばさんやわんこまで
世界中の悪口をいって!
年長のお寺さんにまで説教(?)して!
翌日!二日酔いで苦しみます。

甘いものは苦手と思われがちですが。
日ごろ懐中不如意で買い食いしないだけで
食べろと差し出されたらぼた餅のみっつやよっつ
即!完食しますよ。
試しに食べさせてごらんなさい。



そう!あんこ!
あずきやささげで作った甘いあんこ!好きです。

冷蔵庫にいつのものか分らん餅がありました。
他に食べるものもないので
焼いて
缶詰のあんこをのせて
これでお中元に到来していた赤ワインを
寿司屋でもらったあがりの茶碗で 2 杯も飲んで
ディナーといたしましょう。
blogあんこ1.jpg



古今亭志ん生(5 代 1890 ~ 1973)の得意ネタに
「幾代餅」がありますね。

「おれが行ったらな」
「あんをうんとつけやがってね」
「毎度ありがとうありんすなんていいやがってよぉ」
「おりゃぁ!うれしくなっちまってな」
「ゼニをおいて餅を忘れてきた」

元吉原の絶世の美女・幾代太夫が餅屋になったのですね。

この噺(はなし)の餅は
焼いたものにあずきのあんをまぶしているようです。



狂歌江戸名所図会(1856 年)には

入口に掛けたる太き縄すだれ
ねじりてちぎり出す幾代餅

なんてあるそうです。
これは搗(つ)きたての餅のような気もしますが。

喜田川守貞(1810 ~ ? )著/守貞謾稿/にも
記述がありました。

幾世(幾代ではないけど)餅は
「両国と神田見附内とにあり」
「はなはだ粗制なり」とか。
下品な食べものでしょうか。

さらに
「天保(1830 ~)中」に
「大坂心斎橋南詰」に
江戸より学んだ幾世餅店がオープンしたとあります。
この餅は「美制なり」だとか。



落語の舞台は元禄(1688 ~ )のころ。

狂歌江戸名所図会も守貞謾稿も
100 年以上も後のこと?!

そのころになると
幾代餅または幾世餅の名はひとり歩き?!
全国に類似品の店だらけになっていたのでは。

味も形も製法も野放しだったのかも。



幾代餅なんて今はどうなんでしょう。
幻の食べものでしょうか。

餅やごはんにあんこをまぶすのなら
スパゲティにのせても。
blogあんこ2.jpg

幾代スパ、、、文句あります?!
ま!お試しあれ。
はは。
おいしい、、、です。

フランスパンなんていかが。
blogあんこ3.jpg

幾代バゲットです。
おフランス人になった気分。
私はね。



そうそう!
奈良県のJR(近鉄)王寺駅前のインド料理店の「 Mayur 」に
あんこ入りのナンがありましたよ。
blogナン.jpg

事情があって(早いはなし!金欠で)
まだいただいていませんが。

インドの幾代餅!
もしかしてインド人もあんこ好き?!



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

龍田大社から大和川吊り橋!横穴古墳群 [野道!山道!恋はけもの道!]

JR大和路線(関西本線)の三郷駅で下車。

駅から右手にゆるゆると上れば
風の神さま・龍田大社。
blog81.jpg

龍田!
そう!竜田の紅葉で有名な里です。
が!皮肉なことに近年の行政の線引きがはずれて
竜田川は隣の町を流れています。

三郷町は奈良県の西の端
西隣りは大阪府!県境の町なんです。
昔からある奈良街道
奈良の人から見れば大坂(大阪)街道をたどり
大阪へ帰ります。



三郷駅にもどり左手に進みます。

道路にぽつんと墓石?!
しかし!「左 大阪堺道」とは道標!?
blog82.jpg

ん?!大阪!
「大阪」「大坂」表記はかなり昔から
混在していたのでしょうか。

ゆるゆる上って峠八幡神社。
ここが実質の国境かも。

峠八幡神社の前に仏さま。
blog83.jpg

「石造 地蔵菩薩坐像」と書いてあります。

座っているお地蔵さまとは珍しや。
初めてお目にかかりました。



大和川沿いを歩くことになります。
blog84.jpg

川は流れやすいところを流れますよね。
川沿いに道があれば
それが一番高低差の少ない道に違いありません。

したがって
人々も楽な川沿いに住居を構えたりするのでしょう。
しかし!水が集まり!流れやすいところは
断層の割れ目なんかだったり?!
一番便利なところが一番危険かも。

渓谷の中!きれいに見えますが
奈良盆地の汚水を集めて流れていたんですよね。
今はどうか知りませんが。



河内堅上(かわちかたかみ)駅に出ました。
河内ということは
やっぱり大阪に入っていますね。

大和川を横断します。
吊り橋がありました。
blog85.jpg

通路用吊橋(川端橋)と書いた
柏原市役所の表示板があります。
ということは市道ですか。

江戸時代には
「夏目茶屋の渡し」という
茶店と渡し舟があったそうです。



のどかと雑然の混在したような道をたどれば
ほどなくJR高井田駅。

駅前に高井田横穴公園が!

横穴公園ですから横穴だらけ。
blog86.jpg

すごいですねぇ!
今!確認されているものが 160 基。
いったい!いくつあるものか分らないそうです。
blog87.jpg



あ!松本清張の火の路。
物語の中で
横穴古墳の盗掘者が穴の崩壊で死んでいます。

「河内の玉手山」とあります。
そこも柏原市ですね。

柏原市は横穴古墳群が集中しているんですね。

だから!未調査のものを探して盗掘すれば
宝ものが出てくるのでしょうか。

たしか小説では盗掘シンジケートが存在していました。

危険な墓掘りをするもの!
発掘品に高度な細工をして価値を高めるもの!
ニセの鑑定書を書くもの!
高く売りさばくもの!

いずれもその道のトップの技を持つ専門家ばかり。
カネ儲けのためには
考古学さえゆがめている連中が
社会的地位もあるという小説だったような。



すっかり!空が高くなりましたね。
blog88.jpg


(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感