So-net無料ブログ作成

他人に頼むのはやめましょう [小市民ぼうちぎり]

● ● ● ● ●

休日なのにどこへも行かず
女房殿の尻にくっついて離れない趣味のない夫。
うっとうしいので
メロンパンを買いに行ってもらったという。

友人たちが集まって
○○製の「メロンパン」を
研究(?)するというおばさん。

夫は
「焼きそばパン」を大量に抱えて帰ったそうな。

「焼きそばパンの特売日だったよ」

おいしいとか
安いとか
そんな問題じゃないのを
いつも!いつも!理解できない夫。

張り倒して別れなさい!



● ● ● ● ●

ある目的で
某スーパーの某「弁当」を
4 人で食べてみることになったというおじさん。

妻が買いものに行くついでに
「買ってきてあげる」と親切です。

それでほどなく抱えて帰った弁当は
とある弁当店の「とんかつ弁当」?!

「あの弁当!おいしくない」
「これが絶対!おいしい!」

「あの弁当じゃないとあかん!」

「そんなん!食べんでええやんか!」
「おいしくないのに!」

大げんか!

張り倒して別れなさい!


おじさんは
あらためてスーパーの弁当を買い
とんかつ弁当を某飲み屋に放り込み
「それあげるから!」
「今晩 300 円で売って儲けろ!」

「いらん!」
「そんなもんあったら他のもんが売れん!」

いやがる飲み屋に置いて逃げたとか!はは。

ひとつはその夜
私があたためて食べましたけどね。
無料で。



● ● ● ● ●

ある職場でおじさんが
「夕刊を買ってきて」と若い同僚にいったら
「大阪スポーツですかぁ!?」

「そんなんじゃなくて!」
「普通の全国紙!」

「全国紙とはなんですか?」

「A新聞とか!いろいろあるやろ」

なかなか帰ってきません。

だいたい全国紙の夕刊は
私の周囲では
ほとんどのコンビニなんかにはおいていません。

新聞販売店も統廃合ばかりで
近所から消えて行っています。

買えるのは駅の売店くらい。

かれは雨中に
いくつか向こうの駅まで行ったらしい。

「Aは売り切ればかりでしたので」

「他のはなかったのかね?!」

「え?!」

「YやらMやら」

「それでもよかったんですかぁ!?」
「それなら初めにそういってくださいよ~!」



● ● ● ● ●

他人に頼むのはやめましょう。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大塩平八郎生存説のある街 [わが街・大阪ブギウギ]

近鉄・大阪上本町駅のすぐ北に
やたら!寺院がかたまっている町があります。

城南寺町というのかも。

その街角に!?
blog1.jpg

墓石ですよね。
エアコンの室外機器置き場のようなところに。
排気ガスだらけのところに。
それだからか!相当風化しています。

「梅忠の牌」とだけ書かれています。
blog2.jpg

近松門左衛門作の「冥土の飛脚」で有名な
遊女・梅川と
飛脚宿の養子の忠兵衛の墓ですか。

忠兵衛は死刑!
梅川は近江で死んだのでは。
ま!細かいいちゃもんはよしましょう。

静かに休んでください。
静かに休めないっつ~の!こんな環境では。



北に少し歩けば、、、!
え~と!読めません。

「楞厳寺」

「りょうごんじ」ですって。

山門をくぐったら本堂の前で
オダサク(織田作之助 1913 ~ 1947)が眠っていました。
blog3.jpg

満 33 歳で死んだのですね。
わが身は長く生き!心さらばえていて
申し訳ない気分。

ま!おいらのせいじゃないけど!寿命は。
開き直るべぇ。



近くは龍淵寺には
タヌキ(狸)がいっぱい。
生物ではありません!主に陶磁器のものですがね。

ガラスケースに入った墓石があります。
blog4.jpg

秋篠昭足が眠っています。

恥ずかしながら!
秋篠昭足さんなんて全く知りませんぞな。

大塩平八郎(1793 ~ 1837)の縁者だとか。

平八郎は 1837 年に蜂起したものの!すぐ鎮圧され
1 月あまりの潜伏の後
役人に包囲される中
火薬を抱いて死んだのですよね。

それが
秋篠の碑文には
平八郎親子ら 5 人は海伝いに天草島に逃げたとか。
さらに清国からヨーロッパに渡ったと
記してあるんだそうな。

大塩平八郎生存説!はここからきていたんですね。



なにか肩に重いものに乗られてしまったような。
とぼとぼ帰ります。
私には墓参は似合いませんね。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ゆきずりの すし遊洛 天王寺うどん [昼定食]

梅田を通り過ぎるたびに
瞠目(どうもく)し
一瞬!頭の中の整理に立ち止まったり。

田舎ものには街の変化が早いですね。

阪急・梅田駅の 2 階の構内に
すし店がオープンしていました。
blog1.jpg

阪急・梅田駅は月に 1、2 回利用していても
でも!知りませんでした。
たいてい!
3 階の改札口をすり抜けていますので。

同じところにあった
レトルトカレーショップ」も
ラ王袋麺屋」も煙のように消えています。

店名は「すし遊洛(ゆうらく)」ですか。
「洛陽城」に「遊ぶ」ですか。
洛陽(平安京・左京)に向けて
特急電車が出るホームの下。

持ち帰り寿司店みたいですが
イートインコーナーで 8 時から朝食がありました。

「おむすび定食」は 380 円。

多くの人はなんと!
100 円高い「朝のねぎとろ丼」を食べていました。

私は「おむすび助六」380 円。
blog2.jpg

朝の「酢めし」もいいもんですね。



昼過ぎ!
JR・天王寺駅で乗り換え。

あれ!
構内の「天王寺うどん」にワンコインランチが。

値段に魅かれて食べます。
かけうどん(またはかけそば)と牛丼のセット。
blog3.jpg

わぁ!
まずかっ、、、いや!口に合わなかったぁ!

最近!
一時のことかも知れませんが
うどんとごはんの組み合わせは私には無理かも!
気持ち悪くなっています。
そればかりじゃなく!
この店の牛丼がまず、、、いや!口に合いませぬ。

私の「口」が生意気で
体調が悪いのですよ!きっと。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

タマネギカレーに感謝 [半煮え!生煮え!]

タマネギがたまりました!

おカネならいいのですが。

野山を徘徊していて
つい!無人販売所なんかで
なん度も買ってしまったのです。

近所のスーパーで買っても
値段も品質もそん色ないのに。
重いのにかついで帰っています。



こった料理もできないので
肉といっしょに水煮して!
カレー粉を入れたら
タマネギカレーができませんか。

洋食や「たいめいけん」の
茂出木心護(1911 ~ 1978)著/
うるさい男も黙る洋食の本/に
「昔風のカレー」の作り方がありましたね。

豚肉!じゃがいも!にんじん!たまねぎを
全部いっしょに煮て
カレー粉と小麦粉を加えるという簡単なレシピ。

食べるとき
「醤油をかけるととてもおいしくなります」とか。

それだ!それにしましょう。



ん!?

たまねぎを火にかけてから思い出したのですが。

これ!以前にも作ったような。
そのときはコクもなく
味がぼやけていて
マズかったような。

このブログにも書いているかも知れません。

そうそう!
他にも「マズい!」と
断定していた御仁がいましたね。

東海林さだお著/キャベツの丸かじり/には

  おいしくない。
  味もそっ気もない。

と切り捨てられていますなぁ。はは。



コクを出せばいいのかも。

昆布を角に切って加えます。

もどした干し椎茸ももどし汁ごと入れましょう。

初めの考えでは
大量のタマネギの形が残る程度の煮込みで
食べてしまおうだったのですが
それじゃ!コクが出ないと思い直し
長時間煮込むことに。

それなら全部初めに炒めたらよかったのかも。



チャツネなんかもあったらいいのにね。
私には冬の干し柿がまだあります。
チャツネやフルーツの代わりに
こまかく切って混ぜましょう。

塩味を少しつけて
カレー粉と小麦粉を水で溶いて入れておしまい。
blogたいめいけんカレー.jpg

とびきりおいしくはないけど
醤油をかけて!
それなりに食べられます。

荒畑寒村(1887 ~ 1981)はいいました。

  旨いまずいに規則はない。
  置かれた境遇によって旨いまずいは決まる。

その通りでございます。

ちかごろ感謝を忘れて
傲慢(ごうまん)になっていました。
お父さま!お母さま!多くの先人のみなさま!
ゾロアスター教の大魔王さま!すみませんでした。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

もすりん橋 渡った [猫も歩けば棒立ち]

阪急・神崎川駅に降りてみます。

神崎川!猪名川!旧猪名川!藻川!
このあたり暴れ川のなごりの川だらけ。

ああ!これらの川沿いで浮名を流したことも。
大昔にはつまらん恋の数々。
恥ずかしいこともありません!今は。
なぜなら!忘れていますからね。

忘れようとして忘れた訳でもありません。
覚えていなければならないことでも
忘れてしまう無責任な性格ですから
すぐ忘れますよ~だ。

神崎川。
blog01.jpg

大きな川です。

水際に舗装された
「なにわ自転車道」が造られていました。
その道を下流に向かいます。



ほっそりと軽やかに見える橋があります。
blog02.jpg

カメラの望遠で見ると橋に
「毛斯倫大橋」と書かれています。
blog03.jpg

ああ!ここがウワサに聞いた「もすりん大橋」かぁ!
blog04.jpg

橋の向こうの水門は旧猪名川の出口でしょうか。



もすりん大橋!渡ります。

渡ってはいけないような胸騒ぎがしますが。
ま!いつもそんなときには渡っています。
渡れば地獄を見ることが多かったのですが
それでも渡る人生です。

大橋というけど 2 車線 1 歩道だけ。
ほっそりしていますね。
blog05.jpg

ああ!雨になりました。
雨具の用意がありません。
今日に限って持参していません。
胸騒ぎが早くも的中。

大阪市淀川区から渡れば尼崎市ですね。
blog06.jpg

正面に見えるゴルフ練習場のネットのあたりに
「毛斯倫」という名前の
織りものの会社・工場があったらしい。
「もすりん」というのは
生地の織り方のひとつでもあるようです。

その会社が架けた私設橋が
この橋の歴史の嚆矢(こうし)かも。

右前の新しくできたような公園が
「もすりん橋公園」と命名されていました。

左の交差点の角に交番があります。
「モスリン橋交番」と掲げられていました。
blog07.jpg

「もすりん」だらけですね。



あれ!バス停は「戸ノ内」!?
blog08.jpg

ここは神崎新地とか
神崎遊廓とかいわれていたところなんでしょうか。
間違っていたら!ごめんなさい。

地形からみて遠い昔は中州か小島だったのかも。

「モスリン橋の、袂に潜む」という
映画がありました。
娼婦の世界のはなしだったと思いますが。
2、3 年前に上映されていましたね。
スケジュールが合わず
私は観ることができなかったのですが。

あの映画はここが舞台でしたか。

雨が強く頭を打つようになりました。

対岸から見えた旧猪名川!
その娼婦の世界をたどってみたい気もしますが
気力がなえてきました。

水門の内側に行ってみます。
blog09.jpg

旧猪名川は落ち着いた静かな川。

昔日の地図には太い暴れ川の顔をしていますが。
明治以降!なん度も川の改修があり
今は西に流れる今の猪名川が本流になっていますね。



もすりん大橋に引き返します。

雨に濡れながら渡る「毛斯倫」大橋!
詩心あれば詩や短歌が生まれそう。

詩心のない私も「毛斯倫」の漢字に魅かれて
漢詩もどきでも作りたい気分。
気分だけですが。

あ!すでに歌っている人がいますね。

  園田離れて 神崎過ぎりゃ
  恋の花咲く 十三よ
  やがていつかは 結ばれる
  ね~ちゃん ね~ちゃん 十三のね~ちゃん
  もすりん橋を
  今日はふたりで 渡ろうよ

藤田まこと作詩の「十三の夜」!

これはふたりで神崎新地から
十三(じゅうそう)へ行きたいのでしょうか。



橋を渡って再び大阪市にもどったところにある
富光寺で雨宿り。

お顔の大きな仏さまが!
blog10.jpg

大きく見えるのは
私に邪心満々ある証拠かも。

切ないねぇ。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感