So-net無料ブログ作成
検索選択

明石海峡大橋の主塔の上で [工場見学]

「長空桟道へ行こう!」

また!なにをいい出すのやら。
発情年増!といったら叱られる!
恋多きお局さま。

(中国の)西安の?!華山の!?

「そ!」

そ!といいますけどね。
長空桟道は
断崖絶壁の
かすがいで止められただけの木の薄い歩み板を
安全ベルトもなく!
自力で鎖にすがって渡って行くところですよね。

「そ!」

行きません!
高所恐怖症です。

あなたがちょっかい出している男たちは
いかつい体の人ばかりじゃないですか。
彼らを連れて行きなさい。

「ヤツら!根性がまったくない!」
「それに旅費も持ってない!」

私の情けなさはかれら以上ですよ。

なんとかと煙のように
高いところに上るのが好きなのですか。

東京スカイツリーに行ったら?!

「東京の男といい思い出がない」

もうすぐ!あべのハルカスがオープンしますよ。

「それまで待てない」

通天閣の展望台の外側の
エラの張っているところを歩く
通天閣スカイウォーク」はどうですか。

「おしゃれじゃない」

怒られますよ!通天閣に。

あ!通天閣の「エラ張り」の
4 倍近い高い塔がありましたよ。
300m の高さに登れますよ。

明石海峡大橋の主塔に登るツアー。

「それ!行こう!明日行こう!」

無理をいわないで。
人気があって予約でいっぱいですよ。

「構わないから!ネジこんでらっしゃい」

そりゃ!あなたは構わないかもしれないけど。



主塔に登るツアーは
「明石海峡大橋ブリッジワールド」という名前。
3000 円です。
冬季にはしていません。
シーズンの終わりにやっとすべり込み参加。

「わぁ~い!あの主塔の上ね!」
blog01.jpg

幼児のような!そのはしゃぎよう!年いくつや?!

初めに「橋の科学館」で
ツアーの概要と
橋の主に建設技術のレクチャーがありました。

それから!
「死んでもいいです」とかなんとか書いてあったような
誓約書にサインして
支給されたベストとヘルメットと通信機を着用します。

私たちはハイキングもできるいでたちできましたが
ヒールのあるおしゃれな靴の人は
貸靴にはきかえねばなりません。

橋げたの中に入ります。

張り切って速足のお局さま。
「待ってよ」
後から追いついて手をぎゅっと握ったら
他人でした。
みんな同じようなスタイルになったので
間違えました。
わざとじゃありません!すみません。
blog02.jpg

くるまが通行している下の
メンテナンス用の自動車道を歩きます。
blog03.jpg

床はスケスケの格子です。
10 円玉を落としても泣き別れです。

50m 下の海面ばかり見て
1km ばかり歩いたら
主塔の基礎が見えてきました。
blog04.jpg

主塔内の
天井高さが 2m ほどの
小さな作業用エレベーターで上ります。

ハッチから出ると
おお!海面から 289m !
blog05.jpg

怖くない!?

「全然!気持ちいい!」

ごきげんですね。
それに工事現場スタイルが妙に似合いますね。
blog06.jpg

私ものぞいてみます。
本州側。
blog07.jpg

淡路島側。
blog08.jpg

おお!怖い!
長空桟道は!
この外側を歩く計算になりますよね。
行きません!絶対に。

「あの主塔のてっぺんには上がれないの?!」
blog09.jpg

やめて!変な考えを起こさないように。

帰路は
狭いキャットウォークも歩きます。
blog10.jpg

最後に塔頂の記念写真と認定証と
明石海峡大橋の DVD をもらって解散。

ごきげんなアラフォー(around 40)でしたが
ランチもなにもおごってはくれませんでした。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ボジョレーヌーボー [うそ八百]

今年は親切な人が
1 本恵んでくれました。

ボジョレーヌーボー。

いざというときに飲もうと思ったのですが
いざというときは来そうもなく
ひとりで飲んでしまいました。

blogボジョレー.jpg



恋はあわれ ひとつともる 秋は
落ち葉枯れ葉 朽ち葉さえも 染める

そっと添える だけの肌が ほしい
なんど恋を しても青い ままに

飛んで行った 風に捨てた ワイン



人の世には 降ってやまぬ うわさ
日々に積もり 帰り道を 隠す

惚れてすがり みんなあげて 足りぬ
りりと虫の 声のような 祈り

消えて行った 風に捨てた ワイン



百舌鳥(モズ)か雁(カリ)か 都鳥か 鳴けば
だれの影か 燃えて残る 木々か

今日もあすも 信じられぬ つらさ
いつか過去を 飾り生きて みたい

どこへ行った 風に捨てた ワイン
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

レストラン悠遊の肉系のバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

レストランに入ったところで
中年のおばさんが食べていました。

大皿に小山のようにちらし寿司を盛っています。
同伴の夫らしきおじさんもてんこ盛りの寿司。

好きなのでしょうか。
しかし!そんなにムキになって
そればかり食べなくても。

余計なおせっかいですがね。
仲がいいのですね!うらやましくもないですが。

おかげで半切りに寿司は隅にこびりつくほど。
新しく出るまで待てばいいだけのことですが
貧乏性の私はそれを集めてきました。
どうせ!ひと口ずつ食べるだけなのですから。
blog1.jpg

京都は東本願寺の近くの
「レストラン悠遊」のバイキング。
「ホテル ステーション京都」の西館の 1 階。

950 円です。
比較は変かも知れませんが
ラーメン専門店の
ちょっと多めに焼き豚がのったラーメンより
安く感じられます。

今まで食べてきた千円以下のバイキングよりは
「肉」系が多いような。
ローストビーフ風なもの!
豚肉の角煮風なもの!豚肉の冷しゃぶ風なもの!
鶏肉の揚げたもの!等々。

あ!この日はかつお(鰹)のたたきも。
blog2.jpg

他ではよくあるカレーはなかったので
ビーフシチュー風な煮込みをかけてみました。
そばのトッピングは充実しています。

悲しいことながら早食いはなおらず
15 分もかかりません。
ひと通り食べるのは。

さて!ゆっくり!
コーヒーとプリンをいただきます。
blog3.jpg

ちらし寿司てんこ盛りカップルは!?
えらいですねぇ!
ふたりとも!ぜんぶたいらげています。

食事は育ちや感情や環境や!
恥ずかしながら個性が出ますね。

紅茶のティーバッグがいく種類かありました。
アップルティもいただきましょう。
blog4.jpg

こんなティーバッグ!いつも!
いくつか持って帰る人がいましたね。
老若男女を問わず。

砂糖や箸や灰皿や!
ビールジョッキまで持って帰る人も。

こんな輩とは知らず
いっしょに旅行に行ってよく恥をかきました。
宿泊ホテル側はご立腹です。
幹事(たいてい!私)に苦情がくるんです!

浴衣をなん枚か持って帰ったヤツがいたときには
警察沙汰になりそうでした。
今思えば公になった方がよかったのかも。

ああ!暗い!
そんな思い断ち切るように
鴨川に出れば水面にお日さまがありません。
blog5.jpg

もう!冬ですね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

恋人岬の少女A [みんなで歩けばこわくない]

「あなたねぇ!」
「いろんな人の悪行を」
「みんな私の仕業(しわざ)として」
「吹聴しているようやないの?!」

お色気アラフォー(around 40)が怒っています。

メンドくさいもの!

「そういう問題じゃないでしょ!」

そういう問題なんです。

私にアゴで指図するお局さまは 3、4 人
いや 4、5 人いますが
いちいち!お色気アラフォー 1 とか 2 とか 3 とか
発情大年増AとかBとかCとかいうのは
メンドくさいもの。

なにが面白いのか
私の野山の彷徨によくついてくる人ばかりですが。

最近!アラフォー 1 が姿を見せなくなって
アラフォー 2 のあなたが
たいてい!目の前にいるから
画像になってしまうのですよ。

いいじゃないですか!美人なんだから。

「他の人にもいっているでしょ!」

いっています!怖いもの。



山陽電車・霞ケ丘駅から歩いて
五色塚古墳に上ります。
兵庫県で 1 番大きな古墳だそうですよ。
blog1.jpg

垂水駅から西に通過するとき
車窓から!ちらと見えたのです。
JRと山陽電車の線路が真横を!
いや!古墳を切り崩して中を走っていますからね。

「行く!今!見に行く」
もう!急に!
わがままなんだから。

わ!美人!
神功皇后(摂政201 ~ 269 100歳?)みたい!
神功皇后を見たこと!ありませんが。
blog2.jpg

ここは仲哀天皇の仮葬伝説もあるそうですから
その皇后の神功皇后がいたのなら
こんな感じ?!

凛(りん)としてシャーマン・卑弥呼みたい!
神功皇后は
邪馬台国の卑弥呼だという説もありましたよね。



垂水駅前に降りてきました。

「ぎゃは!ハトがいっぱい!止まり木なの?!」
blog3.jpg

違いますよ!
イカナゴのオブジェですよ。

「うそだぁ!」

ホントーです。
この前の垂水漁港はイカナゴの水揚げで有名。
釘煮の本場です。

信じませんね。
普段は風で回っているんですがね!



遅くなりついでに
恋多きあなたのために
恋人岬に連れて行ってあげましょう。

恋人岬の背中が寂しい少女A。
blog4.jpg

後ろ姿は少女A。
10 代のころの中森明菜!
ホントは発情年増A。あ!Bかな。

灯台を見ていたのですか。
blog5.jpg

あれはたしか
歴史的遺産の平磯灯台だと聞いたことがあります。
明治26 年(1893 年)に造られたもの。
それに比べれば、、、!
あなたは若くて!きれい!
ほめたことにならないかな。あは。

明石海峡大橋に日が落ちます。
blog6.jpg

もう帰ろうよ。
笑って帰ろうよ。
明日には明日の恋が待っているはず。

はい!振り向いて。
笑って。
blog7.jpg

びじ~ん!
かわゆい!
少女のようですよ。
武井咲かと思った!シルエットは。

(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

梅田のレトルトカレーの店 [食い逃げ未遂]

阪急・梅田駅の構内に
カレーショップがあることは知っていました。

この駅をよく利用してはいるのですが
まだこの店舗をじっくり見たことはありませんでした。

たいてい!
ハイキングに行く途中に通過しているのですが
そのときは早朝ですので
10 時開店では見られないという訳。

帰路では
打ち上げの「生ビール」希望者にせかされて
一瞥することもありません。

たまたま夕刻に梅田駅に着きました。

「ウメダ カレー コレクション」という店名。
blog1.jpg

「レトルトカレー専門店」だそうです。

店内四方に「レトルトカレー」があります。
blog2.jpg

「カレー」しかありません!あたりまえですが。
全国各地の「カレー」が 350 種類ほどあるそうな。

ま!ケチをつけさせてもらえば
「ご当地カレー」だ「特産品」だといいますが
各地の人が実際食べてなじんでいる「カレー」って
そうないのでは。

「ご当地カレー」のために無理矢理作った
「ご当地カレー」が多いような。

余談ですが
板前のクセに
根菜類は食べられない!カボチャは食べない!
珍味は嫌い!洋食は避ける!
香辛料は苦手!
もちろん!
辛いものは食べられない!
どえらい変態の!あ!いや!偏食の
西田辺の自称高級割烹のおじさんが
なにを思ったのか
「牡蠣(カキ)カレー」はうまいのかなぁ!と
私にほざいていましたね。

たまたまあったので買ってあげましょう。

ショップの奥で買ったカレーを食べられます。

追加料金 300 円払えば
ごはん!福神漬け!ミネラルウォーターをつけて
あたためて皿に盛ってくれます。

私には強いて希望はないので
「日替わりカレー」というのがお得なような。
500 円です。
この日はキ―マカレーでした。
blog3.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理