So-net無料ブログ作成

長岡天神でトルコ料理 [昼定食]

阪急・長岡天神駅はなん度か利用しているのですが
長岡天神に行った記憶がありません。

天神ですから天満宮ですよね。
駅から歩いてすぐなら行ってみます。

駅を出ると
え!?すごいですね!城跡が!?
blog1.jpg

開田城(かいでんじょう)というらしい。

ほどなく大きな池。
blog2.jpg

八条ケ池。
長岡天満宮の 1 部かどうか知りませんが
恋をささやくのにいいような
水上散策の長い橋が作られていました。

長岡天満宮には
無恥なバチ当たりには
それほど驚いたり感動するものはありませんでした。

ただ!変なのですよね。
菅原道真を祀っているはずなのに。
ここの宮司一族を(間違っていたらごめんなさい)
それより力を入れてほめたたえているような。

錦景苑という
有料(この日は志納でしたが)の庭園がありました。
無人の料金箱に小銭をみんな入れて入場します。

アカミミガメが威張っていただけでしたが。
blog3.jpg

不思議な店舗があります。
blog4.jpg

看板の横文字を拾い読むと
ブライダルのなにかをしているところ?!

でも

  Café Mantar
  世界三大料理のひとつトルコ料理
  ワンプレートランチ ¥850

とも書いてありますね。

トルコ料理!?
天満宮門前でトルコ料理ですか。

トルコの男性かどうか分りませんが
外国人のシェフがいました。

豆がいっぱいのスープがおいしかったですね。
blog5.jpg

ワンプレートの料理には
これがトルコ!といった実感は
そんなになかったのですが
私の口には合った日本的な味でした。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

梅雨の山田道 猫も辛かろ [うそ八百]

梅雨です。
降ったりやんだりの六甲の山田道。
リベンジのつもりで歩いている訳じゃありませんが。

この冬(2012/02/09
この山田道をたどっていて
心臓が異変を起こしました!情けない。

珍しい山道ではないのですが
ま!雨の季節
よいこはあんまり出歩かないようで
ほとんどすれ違う人はいませんね。

ぎゃっ!

濡れた小笹の中から飛び出てきて
抱きついてきたモノが!

「にににに!」

にゃんこです!

どうしてこんな山中に!?

空腹なのか!
私の片足にしがみついて嬌声をあげています。

たまたま!
たまたまですよ!今日は弁当を持っています。
鶏から揚げとおにぎりだけですが。

から揚げは香辛料と塩分が強いのですが
ま!緊急時!仕方がないか!

にゃんこは
から揚げ 2 個!食べてしまいました。
blog1.jpg

おにぎりは梅肉をまぶしているので無理かも。
最後の 1 個のから揚げをあげて
夢中で食べている内に急いで逃げましたが。

にゃんこは辛い!
ニンゲンも辛い!
男と女はなお辛い!
オカマだって辛いのだ!(よく知りませんがね)

あああ!
マイナス思考ばかり。

暗い詩が(自分では詩だと思っています!はは)
かつ浮かんで!かつ消える梅雨の山田道。

blog2.jpg

   愛という名の 花びらあれば
   哀れやわ肌 つかの間の

   来れば拒まず 去るもの追わず
   夢にぬくもり あるうちに

   白いいのちを はかなく染めて
   女は大地の 乳になれ

blog3.jpg

   恋という名の 花ならつぼみ
   馬に食わせて 立ち去ろう

   海は海鳥 おしゃべり過ぎる
   山はやまびこ やかましい

   ひとり旅なら ひとりで死ねる
   男は孤高の 岩になれ

blog4.jpg

   道の小さな 花さえ忘れ
   戒がなければ 律もない

   風の吹くまま 粗末な心
   女装男は 泥になれ

   時に頼るな みずから断てよ
   男装女は 剣になれ

blog5.jpg

山中をぐるりと回って!
心の疲れは弥(いや)増して!
午後!予定変更して!再び山田道を下って
神戸電鉄・北神急行の谷上駅にもどってきました。

あれ?!
あのにゃんこ!?
すっかり毛は乾いていますが。

にゃんこは先に降りていて
駅前で通りすがりのおね~さんに甘えて
パンをもらっていました。
blog6.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

玉子のてんぷらの作り方?! [食い逃げ未遂]

式亭三馬著/四十八癖/三編(1816 年)に
「鶏卵の揚げたやつ」が出てきます。

近所の奉公人や御用聞きを呼びとめて集めては
アゴで指図するけど無責任な
甲羅を経た古女房がいっていますが。

「温(あつ)ゥい蕎麦(そば)へぶちこんで」
「ぶつ(っ)かけで食ふ(う)のが千両ス」

千両の味なんですねぇ。

ちなみに「てんぷら」じゃないんですね!呼び名は。
「揚げたやつ」なんて。

「てんぷら」の定義は
「守貞漫稿」によると
あなご!しばえび!こはだ!貝柱等の魚介類に限るらしい。

どうやって
「鶏卵」を揚げていたのでしょうか。



ん?!
blog1.jpg

地下鉄・谷町線の天王寺駅の
御堂筋線連絡通路側の改札口を出たところに
「うどん ひぃふぅみぃ」が。

この写真のうどんの具は
「ちく玉天」というらしい。
「ちく玉天」とは
竹輪のてんぷらと玉子のてんぷららしい。

竹輪にも鶏卵にも
高級品も高級料理もあるのでしょうけど
どうしても
貧しい時代の食材と思えてしまい
二の足を踏む今も極貧の私ですが。

ともかく!勇気を出して
プロの鶏卵のてんぷらを拝見しましょう。

「表の写真のちく玉天の日替わり定食をくだされ」

え!?

表の写真は料理の 1 例で
今日は「ちく玉天」じゃない!?
「えび天」かなにからしい。

そりゃあ!ないですよ!
日替わり定食を食べたい訳じゃないよ~!

あ!「ちく玉天うどん」単品ならあるんですか!

でも!今日のサービスのうどんと
おにぎりと惣菜が 1 品ついて
590 円の日替わり定食の方が「お得」といわれて!
もう少しでお得の方に流れそうだった悲しい身の上。

気をしっかり持って「ちく玉天うどん」550 円。
blog2.jpg

玉子を割ってみます。
blog3.jpg

生のままで揚げられますか。
1 度半熟卵を作ってから揚げたのじゃないでしょうか。

江戸時代の玉子もそうしていたのでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

通天閣のビリケン [通天閣が見える]

通天閣の下の新世界には
「ビリケン」像だらけ。
blog1.jpg

この子!愛らしいですか。
私には不気味に思えますが。
blog2.jpg

1940 年(昭和 15 年)のアメリカ映画の
イギリスが舞台の映画(ああ!ややこしい!)
ヴィヴィアン・リーが演じた
「哀愁(Waterloo Bridge)」では
「幸運のお守り」として登場しましたが。
blog3.jpg

通天閣のHPによると
  1980 年(昭和55年)3 月 30 日に
  新世界になじみの深い「ビリケン」の復活
とありますが。

その復活のビリケン像が
通天閣の展望台に鎮座したのですね。
blog4.jpg

そもそも最初は。

  世界的な流行を受けて
  1912 年(明治 45 年)オープンした
  遊園地「ルナパーク(月の園)」で
  「ビリケン堂」を造りビリケンを安置(通天閣のHP)

しかし!ルナパークは
1923 年(大正 12 年)に閉園しています。

それから半世紀以上も過ぎて
ビリケン堂の位置さえ分らなくなっていたのに
新世界や大阪人に「なじみの深い」といわれてもねぇ!
ホントにそうだったの?!

ナイショですが
通天閣は解体して鉄クズになりそうだったそうですよ。
その時代の社長がいい加減な人で
倒産状態!いや失礼!倒産寸前だったみたい。

その社長が辞めてから
客寄せにもがいて
あんまり期待もしないけど
それでもすがる思いで置いてみたのじゃないかな。

それが!
今じゃ!街中!ビリケンだらけ。

通天閣の家元?は「福の神」なんて呼ばれて
絵馬なんてのもあります。
blog5.jpg

アメリカの神に絵馬?!

ん?!
その前にアメリカで「神」が
そんなに簡単に新しく誕生しますか。
1 神教の土壌で。

映画「哀愁」では
  Good luck charm
と聞こえませんか。
「charm」で
「god」じゃないと思うのですが。

それで唐突に思い出したのですが。

大昔!
空手家の大山倍達(おおやまますたつ)と
漫画家のつのだじろうと
劇画原作者の梶原一騎の 3 人が
蜜月を経て
不穏なややこしい関係になっていたとき
つのだが大山に尻を押されて
「ゴッドハンド」という漫画の連載を始めたらしい。

それでまたはなしが複雑になったそうな。
(斎藤貴男著/梶原一騎伝)

ゴッドハンド(神の手)は梶原が
かれの作品「空手バカ一代」で使った
かれの造語だったのです。

アメリカ人は大山をミラクルハンドとは呼んでも
ゴッドハンドとはいわなかったそうな。
大山は人間!「神」じゃないから。



通天閣下の串かつやの呼び込みの連中は
「ゴッド」「ゴッド」と叫んでいましたが
不謹慎な!
そんないい加減な串かつ!
たたりがあるぞ。

かぁ~つ!(もう!だじゃれしかいえませぬ)


(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

哀愁のビリケン [活動写真]

1939 年
第二次世界大戦が始まった
ロンドンのウォータルー橋。

戦地に赴く前のローイ大佐が
小さな人形を握りしめています。
blog1.jpg

追憶の会話が聞こえます。

  これをどうぞ。

  君のお守り?

  幸運を呼ぶはず。
  心から祈ってます。

  死ぬまで忘れない。

1940 年のアメリカ映画。
哀愁(Waterloo Bridge)の冒頭。

いきなりお守りの人形が出てきます。

思い出は 25 年前の
第一次世界大戦のウォータルー橋。

空襲警報下!踊り子マイラが落とした人形。
blog2.jpg

物語はここから始まります。
ふたりは恋に落ちました。

そのときローイは若い大尉。
この人形を持って戦地に赴きます。
blog3.jpg

そして戦死の報道。
傷心のマイラは
娼婦まで身を落として生きていきます。

しかし!ローイは危機をかいくぐり奇跡的に帰国。

マイラは身を恥じて
「結婚できない」と
ウォータルー橋でトラックに身を投げて絶命します。
投げ出された人形。
blog4.jpg

この狂言回しの人形が
「ビリケン」ですよね。

「ビリケン」は 1908 年に誕生したらしい。

時代の新しい人形
それとも古いものだといえばいいのか
浅学な頭は回転しません。

その人形が
なぜ幸運のお守りになったのでしょうか。

第一次世界大戦は 1914 年のはず。
そのころアメリカでは大人気だったようですが。
イギリスでもそうだったのですか。
もっとも!「哀愁」の舞台はイギリスでも
アメリカ映画ですから。

余談ですが
自分の身分を恥じて命を断つなんて
日本的!
もっといえば私の好みじゃないですか。

橋の中の退避所のような出っ張りに
マイラが立っているとき
そこから身を投げてほしいと思ったのですが。

源氏物語の宇治十帖の二股女・浮舟
宇治橋の中ほどの橋姫のいる三之間から
入水(じゅすい)しましたよ。

マイラは軍用車にひかれました。
私の美学にはないですなぁ。

余談の余談ですが
この「哀愁」はリメイクらしい。
最初の「Waterloo Bridge」のヒロインは
飛行船から投下された爆弾で
橋とともに散ってしまうそうですが
私には今!観る術(すべ)がないので分りません。

その方が私好みかも。
人の終焉に好みもなにもないもんですが。

それにしても
ヒロインのヴィヴィアン・リーはきれい!

そう!出演者全員!美男美女ばかり。

ふた昔前の韓国映画も美男美女ばかりでしたが。
(最近の韓流ものは敬遠しているので知りませんが)
昔のアメリカ映画もそうでしたか。

そのきれいな映画で
ビリケン!

これ!どこの国の人がモデルですか。

同じ時代にキューピーも生まれたらしい。
キューピーも同じような変な髪型ですが
少しは愛らしいかも知れません。

ビリケンはどことなく異質で
不気味な顔だとは思うのは私だけでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:映画