So-net無料ブログ作成

雨の天王寺動物園 [手のひらを太陽に]

雨が降っても
天王寺動物園の
ライオンは自分のベッドで寝ています。
blog01.jpg

冬には内蔵ヒーターで温かくなる
よく見ても岩としか思えないベッド。

向こうに広がるのが
「アフリカサバンナゾーン」ですね。

昨年(2011/04/23)の日本経済新聞の
「何でもランキング」の「生態がよくわかる動物園」で
なんと!この天王寺動物園の
この「アフリカサバンナゾーン」が
1 位にランキングされたりしています。

ん?!
キリンが 1 頭
ダチョウを探して歩いています。

「ちょっと聞いてよ」
「なんでしょう」
blog02.jpg

「頭がかゆいの」
「それは困ったね」
blog03.jpg

「なにかおかしくない?!」
「よく見せてごらん」
blog04.jpg

「頭をかいてくれない」
「かけないけど突っついてあげよう」
blog05.jpg

親切なダチョウは
キリンの頭をなん度も突っついてあげていました。

雨の植物園には行きませんが
雨の動物園は好きです。

いつもより静かです。
休園日に行けばもっといいのでしょうけど
入れてくれませんからね。

雨具をつけたこどもの団体が
きちんと並んで歩いたりしています。
blog06.jpg

お~い!濡れて大変じゃないの!
blog07.jpg

チンパンジーが俳句でも考えているようです。

この程度の雨で騒ぐとは。
カンガルーは人間?ができています。
blog08.jpg

見られていても見られていなくても
雨が降っても風が吹いても。
ミニブタはいつも空腹なんです。
blog09.jpg

ずっと女運が悪かったホッキョクグマのゴーゴくん。
blog10.jpg

やっと!お嫁さんが来たのかな。
雨の動物園を代表してひとり元気ですね。

ホロホロチョウ(たぶん!)の夫婦(たぶん!)が
まるで救急車両のように大声を出しながら
急ぎ足で自主散歩している雨の動物園でした。
blog11.jpg
コメント(0) 

嵐山の京の玉手箱ランチと桜もち [昼定食]

「ハイキング!嵐山に行こ!」

あるおばさんが提案してきました。

そりゃいいですけどね。
「歩けます!?」
その体重で。

「渡月橋のねき(大阪弁で間際かなぁ)にある」
「桜もち!食べよ!」

やっぱり!そういうことですか!
桜もちを食べたいだけですね。

TVで放映していたらしい。
TVで見たらすぐ行きたくなる人なんですね。

「あんた!知ってる?!」

そりゃぁ知っていますよ。
なん度か食べていますよ!大きな茶店です。

そこで
「みなさんに諮(はか)ったのですが、、、」
みなさん「忙しい」といいますわねぇ。

「じゃ!ふたりで行こ!昼ごはんおごるから」

阪急・嵐山駅から
私は昼ごはんの誘惑に負けてとぼとぼ
おばさんは食い気ではずんで歩きます。

「舟が浮いている!」
blog01.jpg

保津川下りの舟ですよ。
下った後!トラックに載せて上流にもどすのです。

「トラックのない時代は?!」

馬とか牛とかが綱をつけて曳いてさかのぼって
帰っていた川もあったようですが
開削した角倉了以(すみのくらりょうい 1554 ~ 1614)は
たぶん人力を予定していたと思いますが。

渡月橋(とげつきょう)を渡って「琴きき茶屋」で
抹茶と桜もちのセット(600 円)をいただきます。
blog02.jpg

あんこと桜の葉にくるんだもちふたつです。

渡月橋は朝早くから
修学旅行生やら外人観光客やら。
blog03.jpg

渡月橋を渡ってもどって
反対側の橋のねき(そば)の「渡月亭」で昼食。
blog04.jpg

2 段重ねの小箱はひもでくくってありました。
「京の玉手箱」という料理らしい。

大きな窓から舟遊びをしている
渡月橋の上流が見渡せます。
blog05.jpg

嵐山温泉入浴つきで 4720 円!?(飲みものは別!)
すごい昼食でした。
ゴチになりやした。

「どこか案内しなさい」

「へいへい!」

この宿の上が十三参りの虚空蔵(こくぞう)さまですが。
舞妓の「河原ぱっち」の解説なら詳しくできますが。
拙ブログ 2010/02/02

「嵐山モンキーパークいわたやま」では
たいていのお局さまが喜びましたが。
拙ブログ 2008/07/02

「私の恋のような岡本かの子の鯉魚の世界はどう!」
拙ブログ 2008/06/17

「なんか!風流なところはないの!」

「周恩来(しゅうおんらい1898 ~ 1976)の詩ならありますが」
といい加減にいったのですが
おばさん!食いついてきました。
私も長い間行ったことはありませんが
でも!あんまり風流とはいえないかも。

渡月橋の上流左岸をさかのぼります。

ここの食品サンプル!すてきでしょ。
blog06.jpg

「お食事処 嵐山 いこい」のサンプルは布製!
みごとな手芸品です。

保津川下りの舟に
もの売りの舟が食らいついています。
blog07.jpg

淀川なら「くらわんか舟」といったところ。
ここは終点まぢかですので
買っても食べる時間が少なく
いつも持って下船し岸で飲食するはめになりますが。
それをいっても買う人は買いますね。

周恩来の「雨中嵐山」の詩碑。
blog08.jpg

全く読めませんが
  人間的萬象真理 愈求愈模糊
なる文字が拾えました!

  人の世のもろもろの真理は
  求めても求めても模糊
なんて訳したらいいのかどうか分りませんが
わが恋の如し。

「少しは恋から離れなさい!」

ん!?今!気づいたのですが
これ詩ですか。
散文詩?!
5 言とか 7 言の形がないですね。

大河内山荘の方へ上がってみましょう。

明治維新の女傑・村岡局(むらおかつぼね)です。
blog09.jpg

ここの案内にも
晩年は直指庵(じきしあん)で
子女の教育に尽くしたと書いてあります。

現在の直指庵の
尼寺を否定する発言には理解に苦しみます。
拙ブログ 2011/10/12

「この垣の名は?!」
blog10.jpg

知りません。
嵐山・嵯峨野では多い垣ですね。
blog11.jpg

私は「竹ぼうき垣」と呼んで
ひんしゅくを買っていますが
八幡市の松花堂の庭園の
「竹枝穂垣」という作り方に似ていますが。

竹枝穂垣は
そのまま「たけえだほがき」と読むのでは。

大河内山荘を通り過ぎて小倉池に出れば
御髪(みかみ)神社。
blog12.jpg

神さまは髪さま。珍しい神さま。

常寂光寺を過ぎれば
(拝観料のいるところは避けているような!はは)
落柿舎(らくししゃ)が見えます。
blog13.jpg

左の高木のあるところが
「有智子(うちこ)内親王の墓です」
なんていいながら
いつもここで「はあ!」と嘆息してそれで終わり。
落柿舎に入ったこともありません!なん年も。
拙ブログ 2008/04/07

「もう疲れたから帰りたい!」ですって。
よくそれで
ハイキングに行こうなんていいましたね。

野宮(ののみや)神社の前の踏切で
トロッコ電車に遭遇。
blog14.jpg

あれに乗って遊べばよかったですね。

終わりに私からソフトクリームをプレゼント。
blog15.jpg

180 円ですけどね!おいしいよ。
たぶん!
「にしかわ」のソフトは嵐山で 1 番安価なはず!あは。

(敬称略)
コメント(0) 

サカホン酒場のランチバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

ビルの屋上に道路が走っているのか
高架道路の下にビルがあるのか
そんなことを考えると
夜も眠れなくなる不思議な建物が
船場センタービルです。

地上 4 階 地下 2 階建てはやけに長く
大阪市営地下鉄が 3 路線も乗り入れ
1 号館から 10 号館まで名前がついて
「東西 1000mの散歩道」だと
ビルはいっています。

ただし!
堺筋や御堂筋の幹線道路とも交差しているので
端から端までまっすぐ歩ける通路が
あるのかどうかよく分りません。

ナイショですが私はしばらく
このあたりに勤務していたこともあるのですが
もう昔のこと!仕事帰りに浮名を流した店舗は
まだあるのやらないのやら確認するのも怖い。

そんなつまらんことを思い出しながら
ランチを探して
3 号館 B2F のサカホン酒場に入りました。

初めてでよく分かりませんが
いくつかの店舗が集まった屋台村のような雰囲気です。

バイキングが 850 円。

そんなにたくさんの種類はありません。
惣菜のほぼ全部が 1 プレートにおさまりそう。
blog1.jpg

寿司がありました。
blog2.jpg

よく見たら
揚げものや豆腐や魚のユッケもありますね。
blog3.jpg

この日は空腹だったので
珍しくもう 1 度ごはんを盛っています!はは。
先ほど冷麺でゆでたまごを食べたのに
まだたまごを食べますか!
あまり食べることのないのにたまごかけごはんにしたり。

コーヒーにデザートでごちそうさま。
blog4.jpg
コメント(0) 

新ジャガと焼きサバで春深し [いも!たこ!なんきん!]

わが家のジャガイモの花が咲きました。
blogじゃが花.jpg

植えてから 1 か月と少々で咲きましたよ。

先日書きましたように
くたびれた紫のジャガイモを食べました
そのとき切り捨てたたくさんの芽の中から
丈夫そうな芽を選んで植えておいたのです。

すぐ!伸びてきたのですが
困りました。
どうしたらいいのでしたか。

もう××年!ジャガイモを育てていません。

一応!私の周囲では(とても狭小な周囲ですがね)
私は園芸のオーソリティ(権威者)ということに
認知されているので!困ります!下手なことをしたら。

ま!
1 株に 1 茎にはしたのですが
脇芽はどうするのでしたか。
土寄せはいつするのでしたか。

私の心配をよそに
ぐんぐん伸びて 40cmばかりになって
花を咲かせています。

「花?!遅い!」

私の次に
オーソリティと思われているおばさんがいいます。

「遅いですか!」

「遅い!もう掘って食べてるよ」

といって!たくさん持ってきてくれました。
メークインの新ジャガ。

「すごい!立派ですね」

「それ 2kg で 150 円だったわ」

わざわざ買ってきてくれたのでしたか。
それにしても!安価ですねぇ!

「買う方が安くておいしい」

なんのこっちゃ!

ああ!この季節!
なぜかサバ(鯖)の浜焼きを思い出します。
大きな竹串に刺して 1 尾丸ごと焼いたサバ。

おっかさんが青いえんどう豆やら
スナップえんどうやらといっしょに煮ていましたね。
貧しくても!生真面目に生きていた母。
貧しさに負けて!不真面目に生きているおいら。

私は新ジャガと煮ました!
blogさばジャガ.jpg

昔食べていたサバに比べたら可愛い大きさですが
切らないと入る鍋がありません。
四角いステーキパンを斜めに使って煮ましたよ。

酒と砂糖と醤油で調味しただけなのに
しみじみとおいしい!
私に感傷の味はない!のですがね。

ところで私の紫のジャガはどうしたらいいのでしょう。

放任栽培で行きましょう。
ひねくれたのができたら
それはそれで面白いかも!私のように。
コメント(0) 

城北菖蒲園の花は遅かった [解語の枯れ尾花]

大阪市旭区の城北公園に
城北菖蒲園があります。

菖蒲園(しょうぶえん)といいますが
ショウブやアヤメじゃなく
ほとんどハナショウブですが。

ハナショウブですから
アヤメが咲いた後
カキツバタが咲いてから
5 月の終わりに咲き始めますね!大阪では。

え!?
今年は開園を 1 週間遅らせるのだそうです。
桜(染井吉野)の開花が遅れた年でしたが
ハナショウブもそうですか。

例年なら開園している時期なのに
ほとんど咲いていませんね。(2012/05/26)
blog1.jpg

いつ水を張ったのか
ウシガエルらしい大きなオタマジャクシが
ゆうゆうと泳いでいます。
blog2.jpg

でも!いくつかは優雅に花を開いています。
blog4.jpg

花の盛りを過ぎそうなものもありますが。
blog3.jpg

ああ!おぞましい帰化植物のキショウブ!?
blog5.jpg

でもありませんか。
「金鶏」とあります。
ん!?
「種間交配種」ですか。
やっぱりキショウブの黄色が入っているのかも。
それとも「種間」とは
「江戸系」「伊勢系」「肥後系」の
交雑のことでしょうか。

まだカキツバタはきれいでしたよ。
blog6.jpg

あ!感激!
××十年ぶりに
ショウブ(サトイモ科)の花を見つけました。
blog7.jpg

ショウブの花と匂い。
まぶたの裏によみがえるふるさとの山と川。
輩(ともがら)よ!初恋の人よ。
おばぁちゃんと作った柏餅。
なんてね!そんなもん!ありませんがね。

開園前なので無料で入ったのにご親切にも
菊の苗と
天王寺動物園のアフリカサバンナゾーンの
草食獣の糞で作った乾燥たい肥をくださいました。
blog8.jpg

ありがとうございました。
コメント(0)