So-net無料ブログ作成
検索選択

伏見の月の蔵人の豆富丼 [昼定食]

2 月も終わります。

でも春はまだまだのようです。

京都の伏見にきましたが
弁天浜も寒々としています。
blog1.jpg

酒蔵の町は 10 年 1 日の如し!なんて
単純な認識しかない阿呆ですが
全く違いますね。
日々どんどん変貌しています。

月桂冠大倉記念館の並びの蔵に
「京の台所 月の蔵人」という食事どころが。
blog2.jpg

私たちがこの町で
享楽(きょうらく)にふけっていたころには
(それは春のかげろうのようにつかの間でしたが)
なかったような。

もともと月桂冠の酒蔵でしょうか。

水のいいところの豆腐はおいしいのかも。
「寄せ豆富 ぶっかけ丼 980 円」をいただきます。
blog3.jpg

豆腐を豆富と書くんですね。
「腐」の字が悪い訳じゃないでしょうに。

ごはんにあたたかい豆腐がかけてありました。

だし醤油が添えられていましたが
「わさび塩」等の塩で食べるのも一興。
楽しいものですね。

寒いですね。

黄桜の記念館(カッパカントリー)で
蒸(ふ)かしていた酒まんじゅう(150 円)を求めたら
手のひらにのせてくれましたが。

ひよこを握るようにやさしく持ったまま
長建寺にきました。

境内にだれもいないので休憩させてもらいましょう。
キンシ正宗で買った
地ビール・京都花街麦酒を取り出します。
blog4.jpg

あれ!?
京都平安麦酒「くろおす」ですね!買っていたのは。
ぼんやりしていますね。

ここで「花街」麦酒を飲めば
歌のひとつも浮かぶかなと安易に思ってきたのですが。

ここは西口克己著/廓の舞台ですから。
中書島の遊廓の中。
いつもお女郎さんの涙で湿っているように思います。

ともかく!平和にまんじゅうを食べられるしあわせに
手を合わせていたら
淡雪が舞います。

春よこい!早くこい!

(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

酒にありつく奥の手 [パパラッチ!ママえっち?]

月亭八光(つきていはちみつ)という
タレントがいますが
大阪のTV界では露出度が高く
知名度もそこそこあるようです。

ときには落語もしているようで
同じ所属事務所の先輩の漫才師が
人気度と落語のウデが
比例していないといっていましたが。

私は 1 度も見たことはありませんが
漫才師いわく
高座では全く受けず悲惨なものだそうです。

あつかましい!いや失礼!人なつっこい性格なので
TVでレポーターなんかでよく使われていますが
おしゃべりは中学生並みで
おせじにも上手ではありませんね。
噺(はなし)のウデも推察されます。

たまたま見たTVでは
初対面の人にいきなり
「なん歳ですか?」です。

行く先々で年令ばかり聞きます。
年令調べをしているかのようです。

それはないでしょう!

特に頭ごなしに
若い(若くなくても)女性にもだれにも
年令をいわせるなんて!

私は不愉快に思いますが
TV制作側は修整しないのですね。

ボキャブラリィ(語彙)の貧困は
若いディレクターやらも同じかも。
なんら痛痒(つうよう)を感じないのでしょうか。

そうそう!
年令を尋ねることは
コレ日本の普通ノ挨拶ナリ」といったのは
堀口大學の父親でしたね。

年令を聞くのは日本人の習慣ですか。

その通りだと 100%思えませんが
八光が全面的に悪い訳でもないのかな。
すみませんでした。

そういえば
「年令」を問う落語が
いくつか現存しているのじゃないでしょうか。

「子ほめ」なんてのも。

ちょっと足りない男がご隠居に
ただで飲める法を教えてもらいます。

「人はひとつでも年令を若くいわれれば」
「いっぱい!飲ませたくなる」

酒にありつく奥の手だそうですよ。

そんなお世辞が
どこででもだれにでも通用しないのもまた
落語と同じですがね。

そういえばやたら
「長幼の序」ばかりに
こり固まっている人もいます。
年令が上と知ったら途端威張りだしたりする輩。

安ものの法律のように
年令だけで人間を分けられませんよ。

年を重ねたからって
賢くなる訳でもありません。

バカは死ぬまでバカです。
私を見なさい!

(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

大和郡山城の寒い朝のお茶 [食い意地]

大昔!奈良に少しの間だけでも
勤務していたことがあるはずなのに
全く人的交流はなく
今も知己はありません。

もの心つくころから人見知りが激しく
この一生治らない業病のせいでしょうが
特に奈良の人にはいい印象がありません。

今!親切にしてくださる
奈良市やその近辺に在住のお大尽たちは
いずれも土着の人ではありません。

というような訳かどうか
最近!奈良を歩いていると
妙に新鮮なんですよね。
そして!見たような風景だとも思うのです。

そう!たぶん!
大昔になん度も見ているのです。
なぜか!ぽっかり!
記憶が抜けているだけなのです!きっと。

そんな記憶が抜けたままの
大和郡山城にきました。
blog1.jpg

あれ!?養殖かな!堀の中。
道頓堀川でも生きているイケチョウ貝かも。
真珠養殖はお遊び(失礼!)でも
水質浄化には期待できるでしょう。

やっぱり!
初めて見た城のような気がします。はは。
blog2.jpg

城の近くに
古い!古い!建物がありますね。
blog3.jpg

和菓子店の本家 菊屋。

豊臣秀吉の弟の
秀長が入封したときに創業したとか。

早朝(AM8:00~)なのに営業しています。

朝ごはんはまだなので
喫茶店でもないかと思っていたときです。
ここでお茶をいただきましょう。

御城之口餅。240 円。
blog5.jpg

あんを求肥(ぎゅうひ)で包んで
黄な粉をまぶしてあります。
たぶん 400 年の歴史があるのでは。

この店も初めてきたのじゃないと思いますが
いい印象はなかったような。(すみません)

でも!
城の堀には薄氷の張っていた冷えた朝
表の道ぎわに腰かけている私に
なん度も奥のストーブの前にくるように
いってくださいました。

親切じゃないですか。
奈良の人は排他的で冷ややかという
私の持っているイメージが変わるじゃないですか。

「金魚の養殖」の町ですから
「金魚すくい」という
可愛い菓子がありました。250 円。
blog6.jpg
コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

ざんまい屋のつけおこ [食い逃げ未遂]

「つけおこ」だそうです。
blog2.jpg

つけ麺のトッピングがお好み焼き?!
830 円。

お好み焼きは選べます。
画像は「牛スジ玉」です。

「九分九厘 ざんまい屋」という看板。
上に
「お好み焼き ねぎ焼き」と書いてありますから
つけ麺屋というよりお好み焼き屋でしょうか。
blog1.jpg

阪急・梅田駅を 1 階に降りた梅田一番街。

阪急に乗降するとき
よく前を通っているのですが
基本的に雑食!
嫌いなものでも
おいしそうに食べられる特技を持つ私も
麺類と粉もんの店には積極的に行かないからか
入店したことがありません。

この日は
いわゆるやかましい大阪のおばちゃんと一緒です。
ご多分に漏れず大阪人だから「粉もん」好きで
有無をいわせず
引きずり込まれてしまいました。あは。

麺はつややかで!硬めで!
どんぐり麺に似た少し太め。

つけだれは
ひと口飲んだら魚介の味!?
カツオかウルメかサバぶしかの味?!
和風の味がしますが。

なんだか大阪のうどんのだしのように甘味も強い。

すみません!説明ができるほど
麺類を数多く食ってませんので
そのつもりで聞いてください。

あ!
となりのおばさんのつけだれには
天元豚とかいう豚肉がたくさん浮いていますが
私の鉢には!少ないような、、、。
隣の芝生は青いのでしょうか。はは。

お好み焼きの半分にはソースがかかっていません。
それを麺つゆにつけてたべれば
また一興のようです。

おばさんがしゃべりながら
ねちねち食べている間
(私は食べるスピードが普通の人より異常に速い!)
ハイボールでも飲んで心を静めましょう。
blog3.jpg

酢橘(すだち)片と
ちょっぴりですがキムチのつまみつきがうれしい。
私の好きなニッカのウイスキーを使用しています。
380 円。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

春日大社のイチイガシ巨樹群 [草のゆかり]

知らない道を歩いていて
迷ったかなと思ったとき
なんの変哲もない風景に
大樹がかたまっているのを発見したら
少し安心します。

ともかくそこに行ってみます。

そんなところは旧家か寺社が多いですね。
もし神社だったら
地図の神社マークを探して当てはめて
自分の位置を確認できたような気がして
まずまず安堵します。

NAVI も GPS も持たないアナログ人間ですから。

しかし
旧家も寺院も時代に合わせて変化しているような。
その中で
鎮守の森だけは
比較的古風に残されていると思うのは
気のせいでしょうか。

鎮守の森の健在な古木の前に立てば
敬虔(けいけん)な念が薄い私でも
少しは殊勝な顔をしたり
「となりのトトロ」の幻が見えたり。

大きな大きな鎮守の森といえば
奈良の春日大社を思い浮かべます。

本殿の中に大杉がありますね。
blog1.jpg

でも!それが目立たないくらい
周辺!巨樹だらけなんですね。

後方の御蓋山(みかさやま)の
春日山原始林に行かなくても大丈夫。
都市の中の平地なのに巨樹だらけ。

私の好きな竹を抱くムクロジ
blog2.jpg

あ!これはまだ可愛い部類の巨樹!?

聞くところによると
幹まわり 3m 以上の木は
20 数種 200 本以上あるとか。

それに春日大社の周辺の
「イチイガシ巨樹群」は
奈良市指定文化財として登録されているのだそうです。
blog3.jpg

その昔!このあたりは
イチイガシを優占種とする
照葉樹林だったと考えられるそうで
今なお!たくさん残存しているのですね。
blog4.jpg

なるほど!
少し歩けば次々イチイガシに出合いますね。
blog5.jpg

この日 1 番カッコよくて
全形がゆっくりながめられたイチイガシは
飛火野にぽつんと立っていた木でした。
blog6.jpg
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感