So-net無料ブログ作成

カニ雑炊!いつかあなたに [もっそうライス]

大阪の人はカニが好きなようです

カニといっても
松葉ガニとか間人(たいざ)ガニとかいわれている
ズワイガニですが。

私も食べたい。
でも!なかなか難しい。
懐中は冬真っただ中!木枯しが泣いています。

「カニすき」をして
最後の煮汁で雑炊を作って
しあわせとか
ステータスを感じる人に対抗して
私もカニ雑炊を食べますだ。

カニのてんぷらをのせた雑炊です。
blogかにごはん.jpg

米から炊いてだし醤油で味をつけました。
茶碗に盛って
ネギを散らして
カニのてんぷらをのせたのですよ。

おいしそうでしょ!

実はカニは「かまぼこ」です。
「カニかまぼこ」です。

衣があればかまぼこと分らないでしょ。
はは!分りますよね!

いつの日にか
この国を制して
不沈空母を並べて
日本海を封鎖して
ズワイガニを独占する日まで生きていきますよ。

そのときには
カニ!
今は遠いあなたにも!
あなたにも!
きっと届けてあげますからね。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

常設のマラソン競技場 [いずれ あやめか かきつばた]

昨日!六甲山で凍りついてのどを痛め
早々に就寝したのに
すっかり陽が高くなって目が覚めました。

あああ!今日は別の山に
樹氷を見に行くつもりだったのに!
ふとんをかぶっていたら!また!寝てしまいました。

メールが入って飛び起きたら
「マラソンの写真を撮っておいて」ですって?!

なんです?!
マラソン!?
第31回 大阪国際女子マラソンの日(2012/01/29)ですか。
そんな写真が欲しいの?!

走るのは馬にまかせておいたらどうですか。

「馬は 42 キロ( km )走ったら心臓がパンクする」

リクツをいいますね。
それに女の子は走るのやめなさい!
妊娠していたら流産するよ。

「よくまあ!不謹慎なこと!思いつくね!」

ほめられました?!

よりによって今年は
不謹慎な私の家の前を走るなんて。

外に出ると
警察官やら係員やら大勢の人が大騒ぎしています。
見学!いや!応援の市民がぞくぞく出てきます。

つまらなそうに立っていたら
小学 1 年くらいの知らない男の子が
このマラソンのこと!
いろいろとレクチャーしてくれます。
親切な隣人もいます。
私には馬の耳に念仏ですけどね。

パトカーがきて
報道のくるまが過ぎて
先頭集団が!
blogマラソン.jpg

それから次々走ってきますねぇ!
元気がいい!
妊娠していないらしい!はは。

「○○ さ~ん」
横でおばあさんが声を張りあげています。
親戚かな。

「×× さ~ん!ぐあんぶあって~!」
×× さんも身内かな。

おばあさんは
ゼッケンの名前を読んで叫んでいるだけのようです。

そして!泣いています。
涙をこぼしています。
走る選手に感激しているのです。
そのうち!大泣きです。

ああ!聞いたことがあります。
こんな女性!

3 歳のわが子が走ったとき泣いたのです。

小学校の運動会でも泣いたのでしょうね。

こどもが走らなくなったら
孫の走るのを見て泣けるらしい。

孫も大きくなったら
よその子が走るのを見ても感激するらしい。

ラジオでリスナーがいっていました。
そのうち!
ニャンコの親子が走っているのを見ても
感激!雨あられ!
泣くようになるといっていましたね。

しかし!
マラソンとか駅伝とか好きな民族ですね。

それなのに
マラソンの常設の競技場がないのはどうして!?

あちこち不景気や工場移転で空き地があります。

グランドに転用できませんか。

5 キロの道を
Z形に繰り返す
つまり蛇腹折りに作れば
4 本で 20 キロになりますが。

往復でマラソンできますよ。

用地は 6 キロ × 1 キロもあれば。

メガソーラーや公園と兼用でもいけるのでは。

コースに
高さ 2 メーターくらいの液晶ディスプレイを
裏表(往路と復路)びっしり 21 キロ並べましょう。

そこに世界記録のランナーやら
大会記録のランナーやら
ペースメーカーやらを
バーチャルランナーとして走らせたら
選手も走りやすいでしょ。

屋根をつければ全天候型になります。

カメラを設置すれば
仰々しい報道中継車や先導のパトカーは不要です。

夏季には涼風を
冬季には温風を吹かせることもできます。
ところどころに
トイレやシャワー設備や
休憩室や医務室も作っておけば完ぺき。

牛丼やら大福餅やら
ケータリングの業者も入れれば
試合中でも食事ができます。あは。

いいことづくめ。

常設マラソン競技場を作れば
市民生活も制約を受けず
町おこしにもってこいじゃないでしょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

六甲枝垂れと氷の祭典 [猫も歩けば棒立ち]

あ!あれは!?
blog01.jpg

うわさで聞いた
「六甲枝垂れ(ろっこうしだれ)」ですか。

六甲山スキー場が見渡せるあたり
回る展望台があったような気がする丘の上。

なにはさておき行ってみましょう。
入場料がいるのですね。300 円。

「山の上に立つ大きな樹」だそうですよ。
blog02.jpg

花崗岩(かこうがん)の石積みの上の
床・壁材は桧(ひのき)の建造物。
でも!枝葉は鋼材ですね。
フレームばかり。

中に入って見上げれば。
blog03.jpg

外を見れば。
blog04.jpg

自然体感展望台とリーフレットに書かれていますが
確かに!真冬の寒さ。
blog05.jpg

にわかにかきくもって
強風に雪が混じり
鼻水がちょちょ切れて!あああ。

ガラス張りの小さな個室
「陽だまり、、、」とかなんとか書いてありましたが
飛び込んで戸を閉めると
風から避難できて!なんと暖かいことでしょう。
寒暖計は 3 度でしたが。

外の雨水を貯める池では
氷を製造していました。
blog06.jpg

氷室(ひむろ)に貯蔵しておいて
夏に涼風を作るのだそうです。

そうそう!氷!
氷です!

この横で開催している
「六甲山 氷の祭典」(2012/01/26~29)に
今日はきたのでした。

入場料 500 円。
氷の彫刻が 20 数点展示されていました。
blog07.jpg

長蛇の列があります。
ハート形のモニュメントでした。
blog08.jpg

カップルが記念撮影する列でしたか。
ちぇっ!私には用がない!

こどもの列はすべり台にですね。
blog09.jpg

かまくらや釣り堀?や輪投げに
こどもは寒さを忘れて遊んでいました。

おとなは氷のグラス作りや足湯。

温かい飲食ができるグルメブースもありましたが
懐も極寒のものには縁がありませぬ。

須磨海浜水族園からゴマフアザラシが
応援にきて
氷水の中で愛嬌をふりまいていました。
blog10.jpg

リーフレットには「スーゴちゃん」とありましたが
水槽の前には
「マーゴちゃん」と書かれていました。
須磨からきたので
「スーマちゃん」がいいのでは。
余計なおせっかいですが。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

定食は嫌いですか [昼定食]

たとえば昼食時に歩けば
「日替わり定食」とか
「サービスランチ」とかいって
セットメニューがありますが。

お得感があるとか
常時ない珍しい組み合わせだとか思って
私なんぞはすぐ飛びつきますね。

考えることがうっとうしい人も
すぐそれに決めるようですが。

絶対!逆らうヤツがいます!
「定食」は死んでも食べないというヤツ。

先日も
八宝菜のセットがこの日のサービスランチ。
とても割安だというとき
八宝菜が大好きな御仁が
わざわざ!
酢豚にごはんと
割高なのに注文していましたね。

そんなかたくななポリシーのヤツ!
結構いますね。
老若男女の区別なく!です。

それに
みんなが食べるものは避けるというヤツも。

あるとき
なにかのイベントが終わり
うどんを食べて帰ろうということになり
とある食堂に 15 人ほどで入りました。

みんなそれぞれ
「きつね」だの「昆布」だの
うどんを注文したのですが
ひとり
「オレ!うどんはいらん」
「サンマの開きに熱燗(あつかん)ね!」という
バカがいました。

小さな食堂の女将さんは
うどんを作ることにてんてこ舞いで
冷凍のサンマを出してきて
焼くのは後回しになり
その男の食事に
みんな延々と待つハメになりました。

そんなヤツには
並んでいる惣菜を
自分の責任で選んで
すぐ食べられる「ごはんや」がいいですね。

最近の明るいごはんやは
妙齢のレディでも
高級車でかけつける紳士でも
年齢差の激しい家族連れでも
幼稚園の参観帰りでも
だれでも入店できて恥ずかしくありません。

「高くつくので嫌い」という
おじさんがいますが
それは意志薄弱!
並んでいるもの
あれやこれやみんな食べたくなって
どうします!?

食い意地の張ったオイラでも
500 円以内に抑えているのだ!
ま!泣く泣く我慢していますだ。
blogめしや.jpg

さば(鯖)煮つけ 210 円。
大根と豆腐のサラダ 105 円。
ごはん 137 円。
しめて 452 円。(ザ・めしや 岸里店にて)

スープ類はいりません。
ただのお茶を 3 杯も飲めばいいです。はは。

そもそも「定食」とは
銀座の資生堂パーラーのような
ハイカラな店舗の高価な
「コース料理」を呼んでいたのでは。
100 年前には。

さば(鯖)を食べながら唐突に思い出したので
あやしい記憶ですが。

100 年前に銀座で「定食」を食べた方
いらっしゃいませんか。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

淀川の柴島は柴刈りの島?! [わが街・大阪ブギウギ]

先祖は
晒(さらし)屋でした!という人がいます。

木綿(もめん)か麻布の漂白を
生業(なりわい)にしていたのですか。
河内木綿(かわちもめん)の地ですものね。

柴島晒(くにじまさらし)と呼ばれて
大勢の人が従事していたとか。

柴島(くにじま)は淀川のそばですね。
今も地名や阪急の駅名がありますが。

しかし
「突然!晒しの村全戸が」
「神崎川なんかへ移住させられたのですが」
「戦後!需要がなくなり」
「みんな廃業してしまいました」とか。

淀川右岸に立ち
大阪市の柴島浄水場を左にして
上流に向けば
大昔の柴島晒堤が見えます!?
blog1.jpg

blog柴島.jpg
(幻の柴島晒堤)

明治の終わりのこと。
300 年の歴史ある晒業を追い出して
ここに大阪市の浄水場が建設されたのですね。

川はなにごともなかったように
とうとうと流れ
取水のための淀川大堰は光っています。
blog2.jpg

現在!浄水場と淀川との間に
住宅街や高校があります。
それはそれでどのような変遷があったのやら。

その住宅街の中に忘れられたような
小さな石碑がありました。
「柴島城址」だそうですよ。
blog3.jpg

昔から「柴島」という地名があったのですね。

近くに柴島神社もありました。
blog4.jpg

大洪水時に
仲哀天皇(192 年即位)を祀(まつ)る森に
村人みんなで避難していたら
柴(しば)の束に乗った神が流れてきたそうな。
それが起源。
だから「柴」の「島」神社。
古いはなしです。

しかし!
その「柴島」を
「くにじま」と発音するのはどうして。

いくつかの説があるようでも
決定的ないい伝えは現存していないようです。

私は無責任にも思います。

浪花八十島といわれるほど
大阪湾は中州や島だらけだったのでは。
「柴島」も島だったに違いありません。

そこは樹木が繁茂していて
薪(たきぎ)すなわち
「柴」を刈る島だったのでは。
そしてクヌギの多かったのでは。

つまり「クヌギ」イコール「柴」
「柴島」も「クヌギ島」も同じ島。

「クヌギ島」が変じて「クニ島」?!
「クヌギ」は「国木」とも書かれたそうですから。
漢字は「柴島」で発音は「クニジマ」になった!?

あれ!?
この説も昔からあるんですって!

あは!忘れてください。
正確には郷土史家にお聞きください。

blog5.jpg

柴刈りということばも死語になりました。

柴島浄水場をつぶすという人を
大阪市民は今度の市長に選びました。
また風景が変わりますね。

   よどみに浮かぶうたかたは
   かつ消えてかつ結びて
   久しくとどまりたるためしなし

再び川にもどり堤を歩けば
鴨長明の方丈記の書き出しが
かつ現れてかつ消えて。
淀川は京都の鴨の流れのなれの果てでもあります。

(敬称略)
タグ:方丈記
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感