So-net無料ブログ作成

木津川の橋は潜り気動車は飛んだ [野道!山道!恋はけもの道!]

JR関西本線の大河原駅に降りたのは
私ひとりだけ。
無人駅ですからこんなものですか。

でも!異国の地に取り残された気分。
目の前に木津川だけが流れています。

洪水時には沈んでしまう橋がありますね。
blog001.jpg

潜没橋!?
沈下橋?!
正式な呼称は存じませぬ。
私は潜水橋といっていますが
おかしいですか!

この木津川には
流れに頑張らない橋が多いのでしょうか。
八幡市には出水時には流されて身をかわす
流れ橋も。(拙ブログ 木津川・上津屋・流れ橋

橋を渡ると「恋志谷神社」が。
blog002.jpg

いわれは知りませんが
色気づいた私が命名したような神社ですね。

木津川沿いを下ります。
だれにも出会いませんね。
ときどき石仏が笑いかけてくれます。

天文 3 年(1534 年)の観音さま。
blog003.jpg

文亀 2 年(1502 年)のお地蔵さま。
blog004.jpg

500 年前から立っているなんて
気が遠くなります!エラいですね。

川沿いには竹林が多いのですが
あちらもこちらも枯死したり
変色して衰弱した竹ばかり。

本来!爽やかな緑のトンネルのはずが。
blog005.jpg

最近!主に京都で
ブナ科の木がカシノナガキクイムシにやられた
「ブナ枯れ」
モウソウチクかマダケか知りませんが
天狗巣病みたいに小枝を出して枯れていく
竹やぶの荒廃によく出合い
肌に粟立つ心地です。

奈良に近いのですが
このあたりも京都府ですからね。

対岸にあるのは発電所らしい!
blog006.jpg

こちらの左岸にも
もう少し下流に発電所があります。

この日ふたつ目の潜没橋。
blog007.jpg

笠置寺が近くなったのか
笠置形灯籠があります。
blog008.jpg

しばし木津川から離れて布目川に。
甌穴(おうけつ)がたくさんあることで有名な川です。

甌穴は日本各地にありますね。
石のくぼみで
ころがってきた石がくるくる回っていたら
初めは小さなへこみでしょうけど
数百万年かかってポットになったもの!
クマが行水できるほどの大きな穴もありますが。

とはいうものの
洪水が連続して起きる等
条件が重なればわずかな時間でできるのでは!
数十万年!数百万年の
大半が待ち時間ということでしょうか。

これなんか立派な甌穴じゃないですか!?
blog009.jpg

再び木津川沿いに。
笠置山の裾の方に出ました。

この細道!
銀の帯コースと名づけられていませんでしたか。
大昔に聞いたような!
整備されたハイキングコースだったのに
今は夏草が覆って寂しい限りですね。

ぎゃっ!?
blog010.jpg

右は逃げようのない木津川の断崖!
細くつづく空中の道で!
トンネルの中から急に飛びかかってきましたが。

関西本線!本線とはいえ単線路で
電化はしていません。
1 時間に上り下りが各 1 本だけの路線です。

油断していたら突然!
ネズミを捕える直前のキツネのように
気動車が空に跳び上がって?!
おそいかかってきました!
そんなネズミになったような錯覚!

出発からゆるゆる歩いて 2 時間経ちました。
笠置大橋に到着。
数分も歩けばJR笠置駅。

不幸にして
次の列車まで 1 時間も待ち時間があれば
駅でリーフレットをもらい
少々の散策は楽しめます。

笠置大橋の下流ではしあわせそうな
大勢のグループや家族がごはんを食べていました。
blog011.jpg

昔!
塩っぺ(ブンセンの塩吹き昆布)で
ごはんを食べていて
ワインを入手したところですね。
(拙ブログ コルクを抜かずにワインを飲む法

秋にはカップルでおでかけあれ。
そんな落ち着いたいいコースですよ。

4 代目おけいはんの口調でいえば
相手が
「おったらね~」(TV-CM 鞍馬・貴船/漢字 篇
コメント(0) 

蓮の実の親子煮 [半煮え!生煮え!]

夏が終わりましたか。
わが家の庭の桃ケ池の蓮(はす)も花はわずか。
たくさんの蓮の実が風にぶらぶら。
blog蓮1.jpg

蓮の実が到来しました。
桃ケ池から盗ってきたのではありませんよ。

清朝皇室の料理の
愛新覚羅浩著/食在宮廷に
蓮の実のレシピもあります。

なぜか!ほとんど甘いものですが。

「清蒸蓮子」は
蓮の実のようかんです。
「荷葉粥」は
蓮の実の砂糖漬けを入れて
砂糖をかけて食べる粥(かゆ)のようです。

「清国」では
蓮の実は高級な食材だったと書かれています。
栄養があるうえ
すっきりしているので老人の食物によく
宮中ではよく食べられていたとか。

それでは
青い蓮の実を取り出し
外の皮をむきます。

昨年は割って
中の緑の芽を取り出しましたが。
苦いといわれていますから。

でも!そんなに苦くはないですよ。
今年は少々の苦味は甘受しましょう。
早いはなし!メンドくさかったので。

蓮の実ができるころですから
新蓮根も店頭に出ていますね。

蓮の実と新蓮根を下茹でして
その湯で
鶏の肝も湯通ししました。

蓮の実の芯が苦いのなら
苦味のある鶏肝がいいだろうという
安易な発想です!はは。

全部に
ホットガラムマサラ(ハウス食品)と
カレー粉(エスビー食品)を振りかけ混ぜます。

水に酒と砂糖と中華だし(味の素)と
レッドカレーペースト(マレーシア産)と
ニュクマム(ベトナム産)と
ハーブ塩(ドイツ土産)を入れて煮含めました。

辛い!から~い!
カレーペースト!入れ過ぎ!

宮廷料理からちょっと離れてしまいました。

辛味緩和に
きゅうりをスライスして
薄い塩水に放してから添えたら
なかなか!

blog蓮2.jpg

蓮の実がほくほくおいしい。
タグ:愛新覚羅浩
コメント(0) 

2011 南御堂の盆踊り [スペインのハエ (R-18)]

北御堂の盆踊りが終わったら
つづいて南御堂の盆踊り(2011/08/27・28)です。
blog1.jpg

非日常的で楽しそうですね。
blog2.jpg

夜!出歩かなかった時代はその異次元に
すぐ!
トランス(法悦)状態になったことでしょう。

神や仏が見える状態!?

見えるんです!!

なんでも一心不乱に取り組めば
神と対峙(たいじ)できますよね。

盆踊り以外でも!趣味の世界でも。

駄切手でも 1 万枚も整理していたら!
ドミノの牌を 1 万枚も立てていたら!
部屋いっぱいのジグソーパズルにとりかかっていたら!
バケツいっぱいのもやしの根を取っていたら!
魂は神の領域に飛びます!たぶん。

お!
ギュンター・グラス著/ブリキの太鼓/高本研一訳に
玉ねぎケラー(地下酒場)がありましたね。

メニューもなければ酒もない酒場。
大勢の客が
ただひたすら玉ねぎをきざみつづける酒場。

たぶん!トランス状態になって楽しいのでしょう。

地下酒場といえば
飯島愛著/PLATONIC SEX の「フリーオナニーの店」
はは!書いていてちょっと恥ずかしい。

大勢の人が裸や半裸状態で
ひとりで!またはグループで?もう夢中。
酒場中!全員!
オ××ー(今さら伏せ字でもないですが)に没頭!
なんという店でしょう!!

ニューヨークのその店で
飯島愛の最初の印象は
「♀▲♂$&♂。☆★。♀×。●◎♪♀」

はは。
言葉に!日本語にならなかったのかな。

目が慣れてくると
「教会にいるときのような」
「神秘的な空気さえ感じた」そうですよ。

ね!
ひたすらなにかを
特に非日常的なことをやれば神に会えるんですよ。

そして心が開放されたら
することはひとつ!
恋愛ですね!
恋愛天国になりますね!

恋愛というより
生殖本能がむき出されるのかな。
しかも!神仏がついておれば怖いものなし!?
神がさせるのです。

やっぱり!盆踊りの夜は「発情」です。

そうして
ご先祖はわれわれの種を保存してくれたのでしょう。
生活の知恵ですね。

あの!?
盆踊りをしている人が聞いても
殴らないでね。

盆踊りを見ましょう。

同じ系統でも北御堂と少々違いますね。

バチあたりのよそものの私にも
竹製のうちわと
手ぬぐいをくれたのはよく似ています。

北御堂はTV等の高額商品が数人に当たりましたが
南御堂は空くじなし?全員になにか当たるのかも。
私にはラムネでしたが。
blog3.jpg
ビールが欲しいよう!

こちらにはゆるキャラ「ブットンくん」がいて
愛嬌をふりまいています。
blog4.jpg

ブットンくんにみなが気を取られているすきに
私は見た!
高い屋上から
スナイパー(狙撃手)がねらっているのを!?
blog5.jpg

撮影のふりをしているようですが
カメラマンらしくない行動です。
ん!?
目撃した私も狙撃されるかも。

今夜!なにか事件があったら
そして私が消えたら
この画像を解析してください。

逃げよう!

ああ!このおぞましく
騒々しい南御堂の真前で
芭蕉
それでも静かに眠っていますね。
blog6.jpg

走ります!

(敬称略)
コメント(0) 

アパホテルのバイキング [たべほ!ブフェ!バイキング!]

大昔!参議院全国区の選挙で
商売の宣伝になると
立候補者が続出したことがあったそうな。

NHKなんかが
政見放送を流す仕組みができたころのはなしです。
制限が緩かったのでしょう!
商品の名前を連呼できたのです。

供託金を没収されても
全国に宣伝できたら安い!という考えです。

ま!さすがに今はそんな選挙は
少ないのかも知れませんが
こ汚い経営者がしゃしゃり出てきて
宣伝するケースは後を絶ちませんね。

経営者のむさ苦しい写真や
食欲をなくさせるような似顔絵を
掲げている店舗もありますね。

また!公共の電波を使って
品性のかけらもない顔で
毛はえ薬を売ったり
厚塗りの化粧品を売ったり!バカなことを!

カネさえ出せばなにをしてもいいのかね!?
恥を知れ!日本人なら。

女性の社長がCMに出てきて
わざとかどうか!
ファニー顔をして
笑わせようとしていたホテルもありましたね。

そんなことを思い出しながら
京都駅前のアパホテルの地下の
レストランの四季へ。

ランチバイキングの
「950 円」に魅かれたのです。

とりあえず!ひと口ずつ。
blog1.jpg

さらにもう 1 回。
blog2.jpg

ほぼ!これで惣菜は全部。

炊き込みごはん少々にカレーを。
冷たいそばと。
blog3.jpg

フルーツと野菜サラダも食べます。
blog4.jpg

ひと息ついてからパンをひとつ。
漬物で食べましょう!はは。
blog5.jpg

とりたてて
印象に残るものはありませんが
京都駅前のランチ高額地帯ですから
懐中は助かります。

ん?!
おばさんのグループが支払いをすませて
出口まで行って
あわてて!引き返してきました。

え!?
デザートを食べ忘れていた!ですって?!
引き返して!また座って食べるこの執念!
感服いたしました。

私もおばさんたちに紛れて
わらび餅を取ってきました。
blog7.jpg

が!無理して食べるほどのものでも、、、。

数々のいいたい放題!ごめんなさい。
コメント(0) 

2011 北御堂の盆踊り [わが街・大阪ブギウギ]

家の宗派は
禅宗だという人がいますね。

「臨済なの!?曹洞なの!?」と問えば
「フツーの禅宗」だそうです!
フツー?!なんのこっちゃ!

浄土宗と浄土真宗との
区別がついていない人もいますね。

今夜も酒場で!
ある人は「真宗」だといっています。
またある人は「門徒」だそうです!

「同じですね!」といえば
「違うと思う」なんて頼りないこと。はは。

「あなた方の家は浄土真宗だ」と
しぶしぶ納得させても
「本願寺派ですか」
「大谷派ですか」と問えば
「そんな複雑なことをいうのはおまえだけだ!」と
おっしゃいますね!

ことばを替えましょうか。
「西か」「東か」と声を荒げると
「死んだとうちゃんはなにもいわなかった」ですと!

しかしですね!
無神論者の!
バチあたりの私がいうのならいいですよ。
ご先祖さまに
いつも手を合わせていると自慢する
分別盛りの善男善女のいうことでしょうか。

よその家の宗教なんてどうでもいいのですが
たいしたもんですね!
庶民はすごいですね!
訳が分らなくても檀寺にお布施を出すんですから。

「今夜はこれから北御堂に行きます」なんて
私がいったら
「西とか東とかといっておきながら」
「北(御堂)とはなにごとや!?」と
反撃するおじさんたち。

「北(御堂)は西(本願寺)」です!
「南(御堂)は東(本願寺)」です!
冗談に聞こえたかも。はは。

先日!
西横堀川跡を歩いて
せともの祭
火防(ひぶせ)陶器神社を探していたとき
気づいたことがあります。

北御堂と南御堂の位置は
江戸時代の頭から
400 年ばかり変わっていないようです。

それなのに
ふと見た大昔(天保年間)の地図には
西御堂および東御堂と
記述されているじゃないですか!

唐突に魏志倭人伝を連想しましたよ。

書かれている邪馬台国への行程の
方位が間違っているという
著者の陳寿をバカにした説がありますが。

その解釈で天保の地図は
90 度方位が間違っているのじゃないかと!

ああ!勝手な解釈をするところでした。
今ごろ!うかつにも私が納得!あは。

西御堂とは
西本願寺の御堂という意味だったのですね!
現在は北にあるから北御堂!単純!

へりくつはともかく!
北御堂の盆踊り(2011/08/25・26)の季節。
blog北2.jpg

北御堂はお金持ちですね。
私のような他人にも
うちわとタオルをくれました。
blog北1.jpg

かき氷をつまみに缶ビールを飲みながら
階段の上から
河内家菊水丸の河内音頭をながめて
不謹慎な思いをめぐらす怪しい私です。
blog北3.jpg
コメント(0)