So-net無料ブログ作成

豊国踊りでええじゃないか [わが街・大阪ブギウギ]

「豊国踊り」で「ええじゃないか!」です。
blog41.jpg

頼りない私の記憶では
江戸時代の末期!
近畿の周辺の西日本で発生した騒動。
庶民が大勢で
「ええじゃないか」とはやして
踊り狂っていたのでは。

今日(2017/08/12)のレクチャーの
受け売りでいいますと
「ええじゃないか」の原形があるのだそうな。

大坂冬の陣(1614)の後に
世情の不安から
各地で群衆が「伊勢踊り」を乱舞したとか。

さらにその元祖は
京都の豊国神社の豊臣秀吉の 7 回忌の
祭礼(1604/08/14 ~ 19)の中の
「豊国臨時祭礼」(1604/08/14・15)の
クライマックス(1604/08/15)が
「豊国踊り」ということ?!

ああ!ややこしや!
細かいところは記述間違いがあるかも
ご容赦あれ。

といっても
それが共通の踊りかどうか。
その踊りの詳細が
まったく絶えてしまっているのですね。

絵は残っているそうな。
ということは踊る格好や衣装が分かります。

日本の絵には文字の書き込みが多いので
はやしことばも分かっているそうな。



朝!わが家のドジョウに
大好物の素麺を茹でてやりました。

ま!素麺より
イトミミズやミジンコのほうが
なん倍も好きでしょうけど
調達コストがものすごくかかるので
月に 1 度の
乾燥イトミミズでがまんさせていますが。

今度飼われるときには
大金持ちの家だったらいいね。

ドジョウにはみんなで 1 本でいいので
残りの素麺は私の朝食にしたのですが
食べてすぐ吐きました!気分が悪くなって。

昼過ぎてよろよろと大阪城にきました。
ちょっと確認したいことがあって。

エレベーターには長蛇の列ができていたので
天守閣の階段を一気にかけ上がりました。
blog42.jpg

風は真夏の風ではなくなりましたね。

しかし!なんだかめまいがします。

どこかに座りたい。
ああ!
佃煮にするほど観光客がいます。

外国の人たちはいたるところに座っています。
blog43.jpg

3 階のデッドスペースにイスがあったので
休みます。

韓国語と中国語の人が
芋の子を洗うかのように湧いていて
もつれてからんで包囲する中!
眠ってしまいました。



夕刻になって
「豊国踊り」
「ええじゃないか!」開始のアナウンス。

天守閣の前に降ります。

宝塚歌劇団 OG と
OSK 日本歌劇団 OG とが混成で踊ります。
blog44.jpg

復刻!いや!復活!いや!復元?!
どう書いたらいいのか
今も脳が釈然としませんが
そんな「豊国踊り」です。
blog45.jpg

全員で踊ることを要求されました。
blog46.jpg

それには協力できません。

こそこそ後ずさりして
クスノキの木の下にのがれていると
あれ!?包囲されました。
blog47.jpg

私の周囲をぐるぐるとふた重三重。
blog48.jpg

もちろん!逃げだしてから写したのですがね。



「ええじゃないか」は
東西屋という集団が演じていました。
blog49.jpg

「ええじゃないか」は
天から伊勢神宮の神札が舞ったのですね。
blog50.jpg

地方によっては
必ずしも
伊勢神宮のお札ではなかったそうですが。



踊りはつづいていますが
陽が落ちたので帰ります。
blog51.jpg

もう!なにを調べにきたのか!
どうでもよくなりました。

歴史は「世が乱れると人々が踊る」のですね。

今の日本も乱れているのでは。

政治家は真面目さや緊張感がないし。
国民の義務を果たさない人が
大きな顔して生きているし。
殺された人より殺した人の人権を擁護するし。

踊らねばなりませんね。
大衆はもうすでに踊っているのですかねぇ。

思考力が薄れて行きます。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。