So-net無料ブログ作成

枝豆と沢庵の炒めもの [絵に描いたどじょう地獄]

「八尾のえだまめ」だそうな。
blog99八尾枝豆.jpg

大阪市営地下鉄の
谷町線の南の端は八尾南駅。
なぜか
大阪市を越えて八尾市に入ったところ。

そのあたりが枝豆の産地?!

大阪府のいう
「なにわの伝統野菜」の仲間に
入れられていないので
最近の産地でしょうか。

「なにわの伝統野菜」は
大ざっぱにいえば
大阪独自の品種で
100 年以上前から
今でも府内で栽培されている
そんな野菜のようですから。

枝豆といえばビール。

そんな貧困な連想しかないのですが
ふたつは
季節の出合いものかも知れませんが
はたして!
ビールに最適なつまみかどうか
味音痴のものは思いますが。



たいていの人が
枝豆と高菜の古漬けを炒めていますが
そのほうが
よりおいしくビールが飲めるような。

往年の東宝スターの池部良もそうらしい。

「高菜がなければ
「似ている野菜の漬けものの古漬け

でもいいといいます。

「塩漬けでもヌカ漬けでも結構

といいながら
「たくわん(沢庵)」だけはだめだそうな。

どうして?!



たくわんでやってみます。

たくわんの繊切りを水にさらして
塩抜きしてから
サラダ油で炒めて
ほんのちょっとの砂糖と
香りづけ程度の醤油を振ってから
さやからはずした
固ゆでの枝豆を加えてかきまわしてから
火をとめましたが。

胡麻油と煎り胡椒を振って食べます。
blog99枝豆たくあん.jpg

高菜漬けに慣れているので
なんか少しだけ違和感があるのですが
これはこれでおいしく食べられますが。



塩抜きしたたくわんが余りました。

ニラ(韮)と
再仕込み醤油で和えて冷やしてみます。
blog99たくあんニラ.jpg

ラー油を落として食べましょう。

これにも
煎り胡麻をまぶして
胡麻油をかけたほうがおいしいかも。



結局!
どんなたくわんでも
ビールは飲めましたが。はは。

ちなみに
池部良が「たくわん」と書いていたから
そう書きましたが
私は「たくあん」と
つい書いて
普段!そう発音してしまいます。



(池部良著/煮たり焼いたり喋ったり/参照)
(敬称略)
タグ:池部良
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。