So-net無料ブログ作成
検索選択

愛宕山 千日詣り そのひぐらしが行く [野道!山道!恋はけもの道!]

柚子(ゆず)の里・水尾から歩きます。
blog61.jpg

歩くなんてもんじゃない!
いきなり急坂!登るのです。
3、4m 進んで 1m 上るというほど。
数字はあくまでも私の頼りない感覚ですよ。

まったく勾配を緩めてはくれませんが
落葉の敷かれた山道らしからぬ
幅員のあるきれいな道です。
blog62.jpg

愛宕山参道のひとつです。
私の記憶では
もっと素朴な小道だったのですが。
整備したのですね。

「一陣のひぐらし鳴く音おこるなり 草田男

雷鳴とひぐらしのカナカナがかまびすしい!
京都市右京区の天気予報は午後から雨でした。

雨が降っても登りますぞ。
登らねばならん!ならんのじゃ!
三波春夫は唄っていました。(古いのぉ)
「とめてくださるな妙心どの
「落ちぶれ果てても平手は武士じゃ

余談ですが妙心どのは女性の僧です。

「尼さま合掌してさようならしてひぐらし 井泉水

閑話休題!
武士でもないのですが
今晩(2017/07/31)から明朝にかけて
年に 1 度の千日詣りです。

この日 1 度詣れば千日分の、、、!?
え~と!忘れました!
なにかのご利益があるといいます。

夜になってから登るのが正式でしょうけど
例年!大勢!明るいうちから登っています。

「かなかなないてひとりである  山頭火

愛宕山にはいくつかの登山口があります。
清滝からの表参道には蟻の行列だといいますが
こちら裏参道は静かです。



雨がぽつりと落ちてきたとき
「水尾の岐(わか)れ」の
休憩小屋に着きました。
blog63.jpg

ここから表参道に合流します。
あと 30 分かな!楽勝です。
が!結果!もっとかかりましたね。ああ。

通称「ハナ売り場」です。
blog64.jpg

水尾の里のおね~さん方が
「しきみ(樒)」を売っているところですが。

さかき(榊)ではないんですね!ここは。
昔は朝!かまどに火を入れるとき
このしきみの葉を 1 枚入れたそうな。
そうすると、、、え~と!?
なにかご利益があるはずです。

雨がやみました。
表参道にこの日だけ下げられている電球が
明るく感じられてきました。

「かなかなや素足少女が火をともす  澄雄

黒門が見えてきました。
blog65.jpg

銅板葺の高麗門。
寺の門みたいに見えます。
大昔には
白雲寺という寺院もあったと聞いたような。

「ひぐらしは坊さんの生まれかわりか 風天

あと少し。
blog66.jpg

明智光秀が本能寺攻めを決心した愛宕神社。
blog67.jpg

やれやれ!予定より 10 分遅れています。



ん!?
ずぼんの膝小僧が濡れています。

あああ!膝から上!
服がシャワーを浴びたようです!?
速乾性の服なのにしぼるほどの汗。

ウエストからは実際!したたり落ちています。
リュックの背にあたる部分も水に落ちたよう。

発汗は
人より少ないような気がしていたのですが
今日もあんまり!特に顔には
かいていないと思っていたのですが。

私の体力の衰え?!
それとも今日の天候のせい!?



千日詣り。
正式名称は
千日通夜祭(せんにちつうやさい)というとか。

ちなみに「千日詣り」はいいのですが
「千日参り」と表記するのは嫌いらしい。

火難除けの神さまですから
「火廼要慎」祈符(400 円)と
かまどに火をつけるときに使う
うちわ(200 円)を求めます。
blog68.jpg

あ!祈符は紙に包んで丸めてくれました。
たくさん押し込んでいる
リュックに入れたらつぶれますね。
濡れるでしょうし。

いつもはなにかを入れるときのために
ボックスをふたつほど持参しているのですが
今日にかぎって、、、。

作りますか。
飲み終わったペットボトルにはさみを入れます。
blog69.jpg

中をティッシュでふいて!即席・祈符入れ。
はさみはいつものように持っていました。



こどもが 3 歳までに参詣すると
一生!え~と?!
忘れましたが!なにかいいことがあるのです。

こどもは小さくて歩いて登れません。
お父さんは大変です。
blog70.jpg

若いうちにお父さんになっておきたいもの。
blog71.jpg

ママも頑張っています。
blog72.jpg

シングルマザーなんでしょうか。
blog73.jpg

新しいオトコはいないんでしょうか。
よけいな心配をすることもないのですが。

どう見てもおばあさん!おじいさんが
大きなこどもを背負って登っている姿も
多数見受けられました。

5kg ばかりのリュックに
大汗をかいているものは
恥ずかしいかぎり。



夜中に神事があります。

境内の隅に靴を脱いで上がる場所があります。
blog74.jpg

ここで善男善女は徹夜するのですね。

カナカナの声がか細くなりました。
陽が落ちて行きます。
blog75.jpg

「蜩の声より過去となりゆけり  五線

バチあたりは神事を待たず帰ります。
帰路は電球の下がる表参道を下ります。
blog76.jpg

これが大変!

いつもはこの道が
フツーだと思っていたのですが
整備されていた水尾からの道を歩いてきたので
荒っぽく感じるのなんの!

表参道を「男坂」
水尾からの道を「女坂」といわれる所以ですね。

暗くなったらよけいに危ない!あぶない!
blog77.jpg

そんな闇の中!どんどん人が登ってきます。

登ってくる人に「おのぼりやす」といいます。
反対の人は「おくだりやす」といってくれます。

京都弁のアクセントがうまくできません。
他人のあいさつをよく聞いていると
元気のいい「や~~~す」が耳に残ります。

そうか!「や~~~す」でいいのか。

「一生分のや~すをいった」と
東京からきたという女学生たちの弁。



直接的な登り口・二の鳥居に着きました。
blog78.jpg

いつもは静かなところなのに今夜はやかましい。

だいたい 1 時間半くらいで下山していたのに
2 時間半も費やしていました。

バスで阪急・嵐山駅に出ます。
今夜は臨時バスがたくさん。

嵐山駅で降りると大勢の人が待っていて
折り返しすぐ発車して行きました。
blog79.jpg

今夜は眠らない人たち。



「かながいた かなこもいた ひぐらしの恋  ほっ

なんのこっちゃ!?
自分でも分かりましぇん。
ちょうど 2kg 落ちていたことだけは
体重計の目盛りで分かりました。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。