So-net無料ブログ作成
検索選択

フェスティバルタワーの職域食堂でランチ [昼定食]

大阪市立科学館(大阪市北区)の
プラネタリウムで今夜から明日の星座を
早回しで(!)見ます。

今夜!晴れていてもくもっていても
星空が見えるとは便利ですね。

「夏の大三角」
織り姫と彦星があります。
琴座とわし座かな。
どこをどう見たら
そんな絵が頭の中に描かれるのですか。

「イメージ」力は貧困!
というより!全然ありません。
ただのお星さまキラキラだけ。
天空!キラキラだけ。
どこにも星座は浮かびません。

こどもたちが
「白鳥座」だ「さそり座」だとかまびすしい。
生意気なやつらだ。
なんにも見えないおとなは腹立たしい。
おとなの中でも私だけでしょうけど。



星空を見ていたら眠くてしかたがありません。
情ないかぎり。

暑いので涼みに入館したようなもの。
しかし!
夏休みということを忘れていました。
館内に佃煮にしてもあまるほどのこどもが
落ち着きもなくうごめいていて暑苦しい。

宇宙線!ニュートリノのあたりには
だれもいません。
面白いと思うのですが人気はないようです。
blog1.jpg

このあたりで涼み(?)ます。
繰り返し見ても理解の外ですけどね。

伊能忠敬の時代の天文学ですか。
blog2.jpg

ここも人がいないからながめます。
江戸時代の天文学や数学といえども
なん分の一も理解できないですけどね。



わ!
旧知の
変な(失礼!)おばさんに出会いました。

なんでまた!こんな高尚なところで。

「あたし××座やろ!」

なんか夏の星座の名をいいましたが。
星座占いですか。

「それで一度」
「自分の星座を見ておきたかったから」

科学的におかしい占星術ばかりと
すでに指摘されて久しいのでは。
どうでもいいことだと思うのですが!
大変ですね。



「どこに行くの!?」

「忙しいので帰りますよ。

「毎日!暇といううわさじゃないの」

失敬な。

おばさんがついてきます。
地下鉄の肥後橋駅まで
10 分ばかり我慢して(?)同道しますか。

「ランチは?」

「安いところですませます。
「社食(社員食堂)に行きます。

「そんなもん!あるの?」

「社食みたいなものですけどね。

「行く!」

「お口に合いませんよ!

私は孤独なランチを好むので
早くどこかへ消えて欲しいのですが。



中之島フェスティバルタワーの 12 階にある
「フェスティバルキッチン」に。

正確にいえば社員食堂ではないけど
ビルに入居している多くの企業みんなの
共有の食堂!いわば職域食堂。

「なにがあるの?」

私は日替わり定食で十分ですが。
blog3.jpg

うどんでもカレーでもお惣菜でも
町の食堂くらいのメニューはありますよ。

今日の日替わりB定食はサワラ(鰆)かな。
blog4.jpg

600 円税込み。

「カラダメンテ弁当(640 円)にする」
「体がきれいになりそうや」

おばさんがいっています。
もう!ておくれでしょうけど。

「ああ!味が薄い」
「なんかおいしくない」
「量が少ない」
「ごはんのお代わりはできるの!?」

ああ!恥ずかしい。
おばさんは文句をいいながら食べています。
だから!ついてこなくてもいいのに。

この都会の真ん中で
この値段で
おばちゃんが
満足するランチがあると思いますか。

感謝の気持ちがなければ
「カラダメンテ」にならないよ。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。