So-net無料ブログ作成
検索選択

フクロウのあかちゃんが泣いていました [手のひらを太陽に]

奈良ドリームランドが!?
blog81.jpg

瓦礫(がれき)の山。
閉園後にも
大きな遊具が風雨にさらされていたのに。

黒髪山を越えて
“能楽” の原典といわれている
“翁舞” が継承されている
「奈良豆比古(ならづひこ)神社」へ。
blog82.jpg

本殿の後ろに
樹齢 1,000 年と推定されている
クスノキの巨樹があります。

その下で鳴いて!いや
泣いているあかちゃん!?(2017/05/19)
blog83.jpg

フクロウ?!
コノハズク!?

ずっと見ていたらしいハイカーの女性が
「カラスが襲撃にきている!」
「食べられる~?!」

観光客やハイカーが集まってきても名案なし。
参詣にきていた地元の刀自にきてもらいます。

「上の巣から落ちたんや」
blog84.jpg

この樹齢 1,000 年のクスノキのウロに
毎年!営巣しているとか。
以前にも落ちたことがある!そうな。
そのときには
もう少し大きかったのか
下でだれかがエサをやっていたら
親の元へ帰ったといいますが。

しかし!どうしましょう。

よっし!
私がでんわをかけます。
どこに!?
思いあたるところなし。
まして!ここ奈良市!友人もなし。
もっとも
大阪に帰っても友人は皆無ですけどね。はは。

いろいろと観光のリーフレットにある番号に
でんわして!すみませんでした。

だれも「知らない」ですわな。
でんわを受けて迷惑ですよね。

奈良市観光課のおばさんが!いや!
ご尊顔を拝しませんから!若いおね~さんかも!
「野鳥は野鳥の世界にまかせましょう」

もっともなことです。
フクロウにはフクロウのさだめがあり
カラスにはカラスの生活があります。

で!解決。
でも!なんだかねぇ。
ま!一件落着。
その後のこと!私は知りません。



後ろ髪を引かれる思いで
植村牧場の看板 “にゃんこ” に会いに。
いやされましょう。
blog87.jpg

が!にゃんこはお散歩中らしい。

暑いので乳牛も小屋の中で休んでいます。
blog85.jpg

だれか羊の毛を刈ってあげて。
blog86.jpg

冷たい牛乳(160 円)を飲みながら
にゃんこを待っていても帰ってきませんね。
blog88.jpg

植村牧場の前に般若寺の国宝の楼門。
blog89.jpg

春にヤマブキ
秋にコスモスの “花” の般若寺。
夏はアジサイ!でしょうか。
まだ!少し早そうで!とぼとぼ通り過ぎます。

北山十八間戸(きたやまじゅうはちけんこ)!
blog90.jpg

主にハンセン病罹病者の入院病棟。
鎌倉時代に建設されたらしい。
ここに移設されたのは江戸の初めでしょうけど。

ああ!
なんだか足が重い。

スズメの若ものが死んでいました。
blog91.jpg

たぶん!交通事故。
暑くてやりきれない初夏。
もっとやりきれない季節が近い。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。