So-net無料ブログ作成

神戸森林植物園 新緑しゃくなげ散策 [解語の枯れ尾花]

つつじ(躑躅)と
しゃくなげ(石楠花)が咲いています。
blog71.jpg

「新緑 つつじ・しゃくなげ散策」の
季節(2017/04/15 ~ 05/14)だそうな。
神戸市立森林植物園。
神戸市北区!六甲山中です。

つつじは
種類が多過ぎて私にはなにがなんやら。

しゃくなげも同じ。
1,000 種類とも
2,000 種類ともいわれています。
blog72.jpg

世界中に自生しているという理由だけではなく
その適応環境が狭過ぎるのですね。
こちらの山とあちらの山で育つものが違ったり
10m 標高を下げて植えたらすぐ枯れたり。

ここには日本原産のしゃくなげばかりでしょうか。
blog73.jpg

深山石楠花 この世かの世の 遠い空  秋渓子

“深山石楠花(みやましゃくなげ)” の
有名な俳句がありますが。

そんな種類のしゃくなげがあるのですか。
深山に咲くしゃくなげのことですか。



「森林植物園に行くっていってたよね」

発情大年増!あ!もとい
アラフォー(around 40)の
さわやかなお色気のおね~さん。

「あ!はい。

(まさか!)
(いっしょに行くとはいわないでしょうね)

「絵はがき!くれるそうよ」

「そ!

「私は仕事だから!絵はがき!もらってきて」

(よかった!)

かれがいっていたそうな。
じゃ!絵はがきはかれにもらえばいいのに。

たぶん “かれ” じゃないですね。
遊ばれているだけでしょう。
遊ばれていると知っていても
一縷(いちる)の望みを自分で作ってしまう
年増の性(さが)の悲しさ。

おね~さんが哀れで
愛(いと)しささえ感じます。
“絵はがき” もらってあげましょう。

アンケートを書いてまず 1 枚ゲット。

つぎに
「萌木色(もえぎいろ)の山の葉クイズ」の
答えを求めて
知らない園児やら小学低学年の児童らと
園内 8 か所を回ります。やれやれ。

「お答えは!?

「3 ば~ん!」なんて元気がよろしい。

かれらがしばし!小首をかしげるときは

「しゃくなげの葉の裏はビロードみたいだよ。

なんて!立派なおとなはしゃしゃり出て
ヒントと答えをいってしまいます。

それでさらに絵はがきを 3 枚得ました。
blog74.jpg

「なんでやのん!問題と答えがおかしいよ」

間違いばかりの答案を出したおばちゃんが
執拗に抗議していました。
園児と回って教えてもらいなさい。



この日の植物園の “おすすめ” の花は
“ハンカチノキ” でした。
blog75.jpg

白い花ですね。

これも今が盛りの白い花。
blog76.jpg

“セイヨウバクチノキ” です。

“バクチノキ” は“博打(ばくち)の木”!
外の樹皮がはげ落ちて
内の樹肌が赤く見えるのが
博打で負けて裸にされたみたいだからだそうな。

ただし!
“セイヨウバクチノキ” はそうなるのかどうか。

緑の花は “オニグルミ” かな。
blog77.jpg

オニグルミの雄花がいっぱい。

新緑の季節に赤い色がよく目立ちますねぇ。
blog78.jpg

“ハナノキ” でしょうか。

公園内にハナノキはたくさんありますが
オス木のほうは地味に風景に溶け込んでいます。
これはメス木の花?!
blog79.jpg

桜のソメイヨシノのように
葉を展開させる前に開花しているのですね。

“シロマツ”!?
blog80.jpg

赤松!黒松!は知っていましたが
“白松” もあるんですね。



“KOBE コケ展” を
開催(2017/05/03 ~ 05)していました。
blog81.jpg

“コケ” と聞くと
蘚苔類(せんたいるい)のことかと思いますが
小さな植物を
みんな “苔(コケ)” と呼んでいるのかも。

TVのアニメの “おじゃる丸” の
“亀(かめ)” から
“貧乏神” まで入会している
“ちっちゃいものクラブ” を
思い出し笑いしてしまうのは不謹慎でした。

“コケテラリウム” というものらしいです。
blog82.jpg

虫メガネで見てくれとのこと。



カモシカちゃんも元気にいました。

食堂ですか。
blog83.jpg

ちょっと雰囲気の悪そうな隅っこ。

この日の献立は
葉サラダ(!)が
カシ!モミジ(カエデかな)!イタドリ!
グミ!トウネズミモチ!

それに
固形試料!リンゴ!人参!ふすま!牧草!
サプリメントだそうな。

食堂があればトイレもありました。
blog84.jpg

食堂よりも明るいところですね。



朝にはだれもいなかった
“しゃくなげ園” のランドマーク的な
大株のところが人だらけになっていました。
blog85.jpg

“しゃくなげ” は自分で育てるより
こういう広い園で鑑賞するのがいいようです。
コメント(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。