So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

お盆は森の宮貝塚のご先祖の上でランチ [昼定食]

最近気づいたのですが
「キューズモール」といえば
「あべのキューズモール」だけを
指す人の多いこと。
わが町・阿倍野区ではね。

東急不動産が展開する
ショッピングモールの名前がキューズモール。
その嚆矢(こうし)が
「あべのキューズモール」だったから
でしょうか。

ここ(大阪市中央区)は
「もりのみやキューズモール BASE」です。
blog61.jpg

ここの特徴的なものは
屋上のさらに上部に
ランニング用のトラック。

夏休みか!月遅れのお盆か知りませんが
ファミリーで動いているグループが
多いような。

ランチどき
ぞろぞろ入店するグループについて
なにも考えずにモールの入り口付近の
「GREEN CAFE (グリーンカフェ)」に
入ってしまいました。
blog62.jpg

人恋しい訳じゃありません!決して。

一番安いもの!なんですか?
blog63.jpg

あい変らずセコい人生。

ランチ!みんな 980 円(税込)ですか!
それじゃ「パワーランチプレート」という
元気の出そうなのものを。
blog64.jpg

スープとソフトドリンクは飲み放題。
ま!そんなにいりませんけどね。
お上品ですから。

このあと!食後の
アイスコーヒーを 1 杯だけいただきましたが。



お盆かぁ!

ご先祖に会いに行きますかね。

「もりのみやキューズモールBASE」の隣地の
森ノ宮ピロティホールの地下に
「大阪市民第 1 号」と認定された人がいます。
blog65.jpg

ご存命なら 4,000 歳だそうな。
blog66.jpg

15 歳で一期を終えたようです。

おなじくらいの時代の女性の
マダム・モリコさんのシルエット。
blog67.jpg

身長 148cm くらい。
某居酒屋の
めし炊きおばちゃんを思い出される体形です。
この時代の女性としては背の高いほうかも。

30 歳くらいで亡くなっています。
平均寿命か余命かが 30 歳の時代ですけどね。
今もお休みのところを見られます。
blog68.jpg

骨を観察すれば
出産された経験もおありのようですので
だれか!この人の子孫がいるかも。

今!海までははるかかなたですが
このあたりは河内湾のほとり。
縄文時代から弥生時代にかけて
大きな貝塚が形成されているのですね。

貝塚には貝がらだけではありません。
たくさんのものが
ゴミのように捨てられています?!

果たして!捨てられていたのでしょうか。
それがゴミなら
埋葬が
おなじところから発見されているなんて
私にはよく分かりませんが。



お勉強はやめましょう。
灰色の脳には重すぎます。

それはともかく
この遺跡を
「森の宮貝塚」と命名されているようですが
この上部の建てものは
「森ノ宮ピロティホール」
住居表示は「大阪市中央区森ノ宮」
「森の宮」と「森ノ宮」の混在!?
大阪市はあちこちで
こんなことばかりしています。

もっと紛れのないように統一したほうが
どんなに便利なものか!そう思いますが。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

敗戦記念日とはいわない終戦記念日 [絵に描いたどじょう地獄]

鈴木虎雄(豹軒)の詩。


有人嫌敗不言敗
 ひとあり まけるをきらい まけるといわず

言我不勝彼不敗
 われかたずんば かれまけずという

五年連呼勝勝勝
 ごねん れんこす かつかつかつと

原子弾下喫全敗
 げんしだんおち ぜんぱいをきっす


ははは。
不謹慎ながら笑ってしまいますね!
戦争を知らないものは。

変なりくつ。
「敗(ま)けた」といわなければ
相手は「勝って」もいない?!

だから「終戦記念日」はあっても
「敗戦記念日」はありません。



「敗ける」といわせなかった人がいるはず。
はるか上層部だけではなく
近所にもいたはず。
でも!それを糾弾しなかったのですか。

なにも分別がつかない阿呆で上からの指示を
盲目的に無理やりこちらに押しつけていたヤツ。
虎の威を借りて
自分の欲望や勝手な判断を
なんでもかんでも
「天皇陛下の命令」だといっていたヤツ。

そんな威張っていたヤツを
終戦時に処刑にしなかったのはどうして!?

日本国民は「お人よし」といえば!
また!怒られますか。



大勢の「お人よし」が亡くなりました。

合掌。

好きで戦っていない人たちですよね。

俳優の池部良はいいます。

「いやいや戦いに出ているものばかりだから
「うまいものをうんと食べさせれば
「天皇陛下の御為に、、、だったかも知れない

とにかく!ひどい食事だったらしい。

まして!遠方に取り残されて
補給が永遠に断たれたものは
悲惨極まりありません。

漫画家の水木しげるは
大きなカタツムリを焼けば
「なかなかうまい」と回想しています。

それは陸軍の人ばかりのようですがね。

海軍の人は比較的
食事の不満は残していないような。
ま!船が沈んだらおしまい。
その後の食事の心配はありませんからね。

私の親族・係累のなん人も
海の藻屑になっています。



陸軍の「軍隊調理法」には
なかなかおいしそうな
レシピばかりですけどね。

多くの人が嘆いている
高粱(こうりゃん)ごはんなんて
どこにもありませんがね。

どんな味がするんでしょう。

終戦記念日には
高粱がないので
蕎麦の実を白米に混ぜて炊いてみましょう。

それと「呉汁」とを。
軍隊調理法は生の大豆をつぶしていますが
私は乾燥の「打ち豆」を使い
煮干しでだしを取りましたが。

レシピでは具の量が多い。
大根と青菜で 1 人前 230g となっています。
なかなか健康的じゃないですか。
blog陸軍呉汁.jpg

「すいとんの甘鹹(から)煮」
なんてものがありました。

小麦粉とでんぷんを混ぜてすいとんを作り
砂糖と醤油を煮詰めたたれをかけています。

あんまりおいしくありません。
blog陸軍すいとん.jpg

たれにとても苦いチョコレート
「CACAO 95 %」(拙ブログ 2017/08/12
を加えたら味がしまりました。

あ!これ!加給品ですって?!

「加給品」は広辞苑(第四版)にありませんね。
加給は「給料を増し加える」とありますが。

とすると!このすいとんは
ごほうびなんでしょうかねぇ。



戦城南
 じょうなんにたたかい

死郭北
 かくほくにしす

野死不葬烏可食
 のにしして ほうむられず からすくらうべし

為我謂烏
 わがために からすにいえ

且為客豪
 しばらく かくのためになけ


漢代の鐃歌(どうか)?楽符(がふ)?
軍歌とありますが
反戦歌みたいな歌詞ですね。

今夜はせめて!ひと声
からすに頼らず
だれか哭(な)け!



(復刻・軍隊調理法の他)
(一海和義著/漢詩一日一首/)
(池部良著/食い食い虫/)
(水木しげる著/お父さんの戦記/)
(駒田信二著/人生の哀歓/)参照
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -