So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

大相撲!大阪場所千秋楽 2017 [いずれ あやめか かきつばた]

大相撲三月場所千秋楽(2017/03/26)です。
早朝 6 時 15 分です。

大阪府立体育会館です。
blog千秋楽 01.jpg

あれ!?
また!表札(!)が変わっています。
「エディオンアリーナ大阪」とか?!

大阪府立体育会館という
本名(!)でいいと思うのですけどね。

府の命名権商法ですか。
公共性も矜持(きょうじ)もなく
1 部の商人の顕示欲に利用させるような政策!?
まるでうわべだけ売って心は売らない
あざとい売春商法(?)じゃないですか。



大阪場所が現行のように本場所になったのは
昭和 28 年(1953)からでしょうか。
それからずっと
ここで開催されているのでしょうか。

改装のため
1 回だけ大阪市中央体育館を使ったようですが。

通天閣の下に
「大阪国技館跡」の石碑があります。
丸屋根のきれいな建てものだったそうですよ。

でも!それは
大正の大阪相撲時代のことですよね。

東京と大阪の大相撲が合併した後
昭和 12 年(1937)
今のJR鴫野駅(大阪市城東区)の近くに
大阪大国技館(通称・大阪関目国技館)を
造ったそうな。

「大」の字がついているのは
当時の両国国技館より
キャパシティが上だったからかも。

大阪大国技館では準本場所が興行されていますが
そんな場所ですので
力士は東京の本場所以上に力が入ったそうです。



「稀勢の里」人気で三月場所のチケットは
1 月中に完売しています。
自由席券 200 枚は当日しか発売されません。

それを買いにきたのですが。
並んでいる人は
案外!少ない!?
搬入業務のくるまの影?!

わ!
体育館沿いに横に曲がったら!
この時間に!この長さ!
尋常ではないですね。
blog千秋楽 02.jpg

私が目安にしている(200 人めの)電柱から
2 本ばかり電柱を数えます。
300 人近く並んでいるのでは?!

もう!無理ですね。
帰りましょう。
みなさんもお帰りなさい。

といえば十数人は帰り出しましたが
「無駄でも!」と帰ろうとしない人ばかり。



昭和 12 年(1937)の
大阪大国技館の杮(こけら)落し準本場所では
昭和の角聖・双葉山も取っていました。

「双葉山」とは
3 年間負け知らず
69 連勝の記録で
今も「相撲の神さま」と
崇(あが)められたりしていますが
87 連勝だという指摘もあります。

大阪と名古屋の準本場所を
現行のように
本場所として考えるとそうなるらしい。

つまり!
昭和 11 年(1936)年から
昭和 14 年(1939)年の間
東京本場所の成績だけでいいとこ取りで数えると
69 連勝。

同じ期間
東京本場所と
地方準本場所(大阪と名古屋ですが)を
いっしょにして
いいとこ取りで計上したら 87 連勝!?



あ!
blog千秋楽 03.jpg

列の先頭あたりの人たちの多くは
段ボールの上にいます。
昨夜からここで野宿していたのでしょうか。

「稀勢の里!肩口!心配やわぁ!」

眠そうな顔のおばちゃんたちがいっています。

あ!もしもし!

注意してあげなきゃ。
「肩口」は大相撲界の隠語では男性のナニのこと!
あ!ま!いいか。
私の周囲のお局さまたちなら
大いに受けるはなしですが
市井の善女にいえばひんしゅくを買うかも。

あ!いえ!なんでもありませぬ。
大丈夫ですよ。
今日は「照ノ富士」と相星になりますよ。

「なんで?!」

世の習いです。
それが一番丸く収まる千秋楽です。
その後
優勝するのがどちらかは
私は知りませんがね。

なんて!無責任なことを
臆面もなくおばちゃんたちにいって
眠けを覚ませてあげます。



千秋楽は
「千穐楽(千龝樂)」が正字(?)でしたか。

不世出の横綱・双葉山の本名は
龝吉定次(あきよしさだじ)だそうな。

千穐楽の「穐」ですか。

なにを考えているのやら。
すみません!心!不安定!です。

「くすり」の依存症の果てに見る
顔中毛虫がはいずりまくる幻覚のように
(そんな経験はありませんが)
脈絡のない毛虫のような単語が
脳裏にかつ浮かびかつ消えるじゃないですか。

この日の予定が根底からひっくり返って
当たるところのない腹立ちの果てです。

帰ります。

折りたたみイス!
寒さに備えて!コート!
文庫本!
チケットが取れて!朝 8 時半に入場して
いい席を確保して
しばりつけておくざぶとん!
ざぶとんばかりでは心細いので
乗せておくダミーの水を入れてきた酒瓶!
カメラ 2 台!
ティッシュ 1 箱!
南京豆の大袋!

みんな持って帰ります。
重いなぁ!



(石井代蔵著/真説 大相撲見聞録/)
(石井代蔵著/続 相撲畸人列伝/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

背割堤 さくらであい館 [猫も歩けば棒立ち]

背割堤(せわりてい)です。
blog81.jpg

詳しくいえば
「淀川河川公園背割堤地区」です。

京都府八幡市の北
三川が合流して淀川になるところ。
三川は北から桂川!宇治川!木津川!
その宇治川と
木津川が並行して流れる境界の堤。

三川がいきなりどんと 1 か所で合流すれば
洪水時には
どか~んとエネルギーが暴走するから
だましだまし(!)並行させてから
仲良くさせるように改修されているようです。

さらに桂川も
おなじようにしばらく並行しています。

京阪電車に乗っていたら
「淀川三川春フェスタ」(2017/03/25・26)の
アナウンスがありました。
blog82.jpg

「桜」の花びらが舞うフェスタですね。
さっそく訪ねたのに!
歩いても歩いても 1 輪の花もありません。
blog83.jpg

全長 1.4km に
ソメイヨシノが 250 本あるそうな。
堤の上の道の両側に植えられているので
だいたい 10m 間隔といったところ。

植栽されてわずか 30 数年というのに
みごとな成長ぶりです。

幹に A4 のクリアブックをおいてみると。
blog84.jpg

こんな大木ばかり。
ちなみに向こうの山は天王山です。

どこまで行っても咲いていませんね。
blog85.jpg

背割堤の剣先。
blog86.jpg

ここから下流は葦の河原。



堤の南側を引き返します。

もぐらは春を知っていますね。
blog87.jpg

たんぽぽは花盛り。
blog88.jpg

わぁ!
blog89.jpg

カンサイタンポポじゃないですか。
すごい!

でも!ひときわ花茎が長く
花が大きいのはセイヨウタンポポ!
まだ数は少ないものの!侵入していますね。
やがて!交雑し!
カンサイタンポポは消える運命なのでしょうか。



給水車と流し台があります。
blog90.jpg

「三川であいマルシェ」(2017/03/25・26)だそうな。
blog91.jpg

50 を越える
おいしいもののブースがありましたが。
春とはいえど
わが懐中は堤のソメイヨシノのように
暖かい色は毫(ごう)もありませぬ。

あら!バケツ 1 杯のくだものが 500 円!
blog92.jpg

りんごを衝動買いしました。
これをひとつふたつかじってランチにします。

そのときにはすごく安価に感じたのですが
250g ほどのりんごが 12 個!
安かったのか!高かったのか。
背負って歩くと!けっこう重い。



「さくらであい館」がオープンしていました。
blog93.jpg

国土交通省なんかが
7 億円もかけて建設したそうな。
電波塔でもなければ火の見櫓でもなさそう。
大阪でいえば通天閣のように
ただ高いだけの塔のようですが。

早速!上がらせてもらい
春浅いものの 360 度のパノラマを観ましょう。

ストップ!
制止されました。
いかにもエリート臭さを鼻にかけた
黒い服の男女に。

私はあまりにも風体が怪しいですからね。

でもね!
なんだよ~!?
展望台には
けっこう怪しいおばちゃんやじいさんたちが
うようよいるじゃないか!
blog94.jpg

どうも!
あの連中は特権階級の人たちらしい。

そっか!「公」を「私」と扱える人に
さいわいあれ。

今 1 度日本は
がらがらぽん!しなければならないような。
いやだけど
戦争か革命かで焦土と化すことが必要なのかも。
それで永久に解決する訳でもないでしょうけどね。
50 年に 1 度は
がらがらぽん!がよく似合う国のような。

まぁいい!
しっぽを巻いて逃げることには慣れていますぞ。
ここより高い男山に自分の足で上って
りんごをかじりながら
比叡山でも望みましょうか。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -