So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

柳谷観音あじさいまつり モリアオガエル [猫も歩けば棒立ち]

山寺の楊谷寺(京都府長岡京市)
通称・柳谷(やなぎだに)観音は
山の斜面に 1,200 年の歴史を重ねています。

その境内の中ほどの小さな池。
blog81柳谷.jpg

最近は
モリアオガエル棲息池と呼ばれていますが。

今年はその時季にたまたま遭遇したのか
卵塊がたくさん認められます。
10 個はありますね。

それにかなり高い枝にも。
blog82柳谷.jpg

1 週間前の地震と因果があるのでしょうか。

ときどき「ググ」とくぐもった声。
モリアオガエルのような。
探しても見つけられませんでしたが。

イモリなどに食害されなかったのか
オタマジャクシはたくさんいます。
blog83柳谷.jpg

これ!モリアオガエルの幼生ですよね?!

さらに上にのぼれば奥之院の池の上にも
卵塊が 4、5 個あります。
blog84柳谷.jpg

カラスなど肉食の鳥類に知恵がついて!
モリアオガエルの卵を襲うと
お参りの刀自が教えてくれました。

生きるのは!ホント!大変。



柳谷観音は
あじさい(紫陽花)の寺として有名です。

団体が群がっていたので
立ち去るのを待って見に行けば
「龍の口」がありました。
blog85柳谷.jpg

浮かべたあじさいの花を撮っていたのですね。

私も花を見学しましょう。
blog86柳谷.jpg
blog87柳谷.jpg
blog88柳谷.jpg

室内からもながめます。
blog89柳谷.jpg

「あじさい廻廊」を上ります。
blog90柳谷.jpg

「カエル」も「あじさい」も
今までに一番よい時期にきたような。



あじさいウイーク
(2018/06/09 ~ 07/01)開催中ですが
さらにこの日に善男善女の多いのは
あじさいまつり(2018/06/24)だからですね。
blog91柳谷.jpg

阿弥陀堂では演芸(?)があるようでした。
blog92柳谷.jpg

僧侶の服装の人が
マイクのテストをしていました。

今日はコンサートに興味が湧かないので
生ビールでもいただきましょう。

露店もいくつか。
ここのイベントにたいてい参加している
地元のサントリーの
ビールの販売が見あたりません。

あれ!「西山コッペ堂」が出張しています。
帰りに阪急の西山天王山駅前の店で
コッペパンを買おうと思っていたのですが。

ちょうどいいじゃないですか。
blog93西山こっぺ堂.jpg

上が「炙りチキン」
下が「シーフードカレー」
長さが 16cm 重量は 150g くらい。
どちらも 250 円(税込)!
かなり高価でした!私には。

具が多くて
おいしかったそうです。

というのは
帰路!偶然!ある母娘に会いました。
母娘といっても
カルガモの親子のような
愛らしさを想像しないでください。

ふたりとも肉づきだけは優等生の
還暦は越えている母と
30 歳は十分越えているはずの娘!

ともに
オトコ運の悪いことで有名(?)です。

それは因果応報でしょう。
あの器(うつわ)で
分不相応な恋ばかりするからです。
あ!ナイショですよ!
それに容姿のことは
今!いってはいませんよ!決して。

そのかの女たちにあげたのです。
食べることだけが
人生の楽しみみたいですから。
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

六甲ノースロード記念碑台 白妙のころ [野道!山道!恋はけもの道!]

「卯(う)の花」が咲いています。
blog31六甲.jpg

ハコネウツギとウツギでしょうか。
珍しいものでもないですが
下界ではとっくに
花の季節が過ぎているのに。

6 月の下旬も六甲山では
「夏きにけらし
「白妙の 衣ほすてふ
ですね。

ん?!
持統天皇の歌。

「春すぎて 夏きにけらし 白妙の
「衣ほすてふ 天の香具山

「夏がきたので洗濯ものがみな白い
なんて解釈ばかり聞かされたような。

これ!衣を干しているように
卯の花が咲いているということでは。

だいたい!山に!
たとえ丘のような天の香具山でも
山肌をハデに飾るように
洗濯ものが見える訳でもないでしょうに。



六甲山の逍遥の
中心あたりとも思われる記念碑台から
小径を東へたどります。
blog32六甲.jpg

ノースロードと名づけられてはいますが
あんまり有名でもなく
なにかのついでに通っていますが
静かな散策にはいい道でした。

色気づいて手をつなぎ
足をからませて歩く道では
ないかも知れませんが。
足をからませたら歩けませんか。

スイカズラも今を盛りと咲いています。
blog33六甲.jpg

ダイヤモンドポイントだそうな。
blog34六甲.jpg

海が見えます。
瀬戸内の海が。



くるりと曲ります。
引き返す方向になります。

近所にあれば毎日散歩してみたいような
さわやかな小径がつづきます。
blog35六甲.jpg

丁子ケ辻に出て
ドライブウェイをもどります。

六甲山ホテル(旧館)がまだありますね。
blog36六甲.jpg

昭和の初めに開業した名門ホテルも
乗っ取りか身売りかにあって
営業を停止しています。

そのうち現代の風俗に媚びた!
いや!失礼!
時代に迎合したものに変わるのでしょう。

手を合わせて行きますか。
blog37六甲.jpg

あれ!?お地蔵さまじゃないですね。



記念碑台まで帰り着きました。

すっきりきれいに改修されています。
blog38六甲.jpg

六甲山ビジターセンターはそのままかな。

いや!こんな大きな昆虫!いましたか?!
blog39六甲.jpg

キベリハムシだそうな。
漢字で書けば
「黄縁葉虫」でしょう!たぶん。
日本にはメスしかいない昆虫。
恋もできずに
なにかもったいないような人生。
あ!ヒトじゃないですね!虫生?!

ビジターセンターのテラスで休憩。
blog40六甲.jpg

海がかすんでいます。
blog41六甲.jpg

瀬戸内は年中かすんでいます。
真冬のなん日かくらいですかね!
からりと晴れているのは。

六甲山の開祖といわれる
グルームの像は健在。
blog42六甲.jpg

ビールをささげます。
キリン「一番搾り 神戸づくり」です。
せっかく神戸にきたのですから。
いつも飲む新ジャンルのものの
3 倍もしますが。

すぐお下がりをいただきました。
コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の2件 | -