So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

日本一早い落語会 紅葉の六甲山 [パパラッチ!ママえっち?]

十善寺(神戸市灘区)の山門。
blog61.jpg

まだ紅葉がないようです。

境内の真ん中に
赤く色づいた木がありました。
blog62.jpg

「もみじ茶屋」があります。
blog63.jpg

「ちらしずし」(450 円)をいただきます。
blog64.jpg

朝食です。
早朝からオープンしている茶店なんです。

「よせぴっ!」(上方落語の情報紙)に
「日本一早い落語会」
「もみぢ寄席」があるというのできました。
blog65.jpg

たしかに開始が早いです。
すでに 7 時 10 分開演の
1 回目は終わっていました。

8 時 10 分の 2 回目の寄席には
間に合いました。
blog66.jpg

落語の演題は“ 尻餅 ”かな。
貧乏過ぎて餅が入手できないので
夫が妻の尻をたたいて
いかにも暮れの餅つきを
しているふりをするというはなし。

演者と顔つき合せるような
大変狭い寄席。
詰め込まれたおばちゃんたちが
大笑いして盛況でした。

ん?!
オチは
蒸した米をつかないで
「そのままで」食べてといっていたような。

妻は痛くてたまらないから
「残りふた臼」だという夫に
懇願するのですが。

私が今までに聞いていたオチは
「白蒸しで食べといとう」だった?!
笑福亭松鶴の系統のオチは。

東京に移った「尻餅」のそれは
「おこわにして」ですけどね。

「白蒸し」では
通じにくい世なのでしょうか。

ちなみに木戸銭は
決まっていませんでした。
ざるに「投げ銭」です。



この後すぐの予定がないので
北の六甲山の山上を目指します。

他国のものには
秋の紅葉の山が美しく感じますが
いっこうに緩まない坂道!
住むのには遠慮したくなりますねぇ。
blog67.jpg

かなり高い場所にも人家があります。
blog68.jpg

息を切らしてやっと
六甲ケーブルの下の駅に着きました。
blog69.jpg

ここからホントの山道です。
「油こぶし道」コースを
60 分も頑張れば山上エリアです。

すぐです!チョー軽いもんです。



ケーブルに乗っていました。はは。
blog70.jpg

すぐ!発車するというもので。

ああ!いい訳は寂しい。
ただ!心身が
特に精神が軟弱になっているのですね。
blog71.jpg

上り 10 分
片道運賃 590 円。

高いといえば高い。
安いといえば安いのですが。

みなさん!冬装束ですね。
blog72.jpg

私だけ秋の格好です。
立ちどまれば寒い。
立ちどまらなければ大丈夫。
永遠に歩きつづけなければなりませんね。

展覧台から
錦織りなす山と
青い海と
白い雲が見える予定(?)でしたが
南を向いてもまぶしいだけですね。
blog73.jpg

六甲アイランド!
ポートアイランド!
かすんでいます。
blog74.jpg

とはいうものの
あの人工島あたりが
くっきり!はっきり見える日は
年にそうないようです。

大昔には六甲山好きに引き回されて
たくさんの回数ながめてきましたが
私は真冬に 1 度見たくらいです。

やっぱり寒い。
歩きます。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

茶筌の里 柿の里 [野道!山道!恋はけもの道!]

blog51.jpg

「里ふりて 柿の木もたぬ 家もなし

「柿」といえば真っ先に思い出す句。
芭蕉の死ぬ少し前の句。

「柿くへば、、、があるでしょ」

「子規の句ですか。

その句は風天のように
おなじ肺の病に苦しむ人には
理解できるのかも知れませんが
欲情が離れぬ私にはよく分かりません。

奈良県の生駒市を歩いています。

柿の実だらけです。
blog52.jpg

ちょっとだけ郊外に出れば
柿の木があちこちにある関西です。
柿の実に少し顔がほころびます。

郷愁のない性格ですが
柿の木数本に囲まれた家で育ったので
心の澱(おり)にあるのかも。



では!即興句。

「柿熟れて こどもの産めない 年になり

「まだ産めるよ!私にあてつけ?」

そんな訳では。

「柿高し いつまでどこまで 発情期

「自分のことね」

違うと思いたい。



「あれは?!」
blog53.jpg

柿の実になんの興味もないような
アラフォー(around 40)!
もしかしてアラフィフ(around 50)の
おね~さんが指さすのは
柿の木の向こうの建造物ですか。

畑に柿の実の色したあざやかな花が。
blog54.jpg

日本の花でもないような。



高山製菓に寄ります。
blog55.jpg

一瞥では
なんの工場やら分かりませんでしたが。
blog56.jpg

「おかき」が流れています。
blog57.jpg

いつもスーパーで買うおかきより
数段!高級ですね。
直売でも値段は高級のままでしたが
1 袋だけ求めます。

「つぎ!」
「茶筌(ちゃせん)の製作の見学!」
blog58.jpg

生駒市のここ高山地区には
茶筌工房が集中しています。

あ!ドアが開きません。

中に人がいるのですけどね。
忙しく働いているからか!
おね~さんの顔を見たからか!
拒否されましたね!はは。

つぎつぎ訪れた人も
入れてもらってないので
おね~さんの顔のせいではないようです。



高山八幡宮。
blog59.jpg

高山竹林園。
blog60.jpg

竹は「秋」ではありません。
「竹の秋」は春の季語です。

高山竹林園は茶筌!茶道具!編針等
竹製品の資料館です。

おね~さんが気になっていた鉄骨は!
blog61.jpg

関西電力の変電所でしたね。


近鉄の駅に出たところで
「カレが呼んでいるから」
見栄を張って(?)
おね~さんは先に帰りました。

たぶん!妹か親かが
用事をいってきたのでしょうけど。

私もしょっちゅう見栄を張りますが
この方も「そうとうなもん」です。
私の周囲には「そうとうなもん」だらけです。

先日!初代のハイキングの相棒だった
アラフォー女史(拙ブログ 2013/12/31)と
久しぶりに偶然!出会いました。

「あたし!近々結婚式あげるからね」
なんていっていましたが。

あのころよりくたびれた!いや失礼!
おとなになった顔をしているのに
またまた見栄を張って!と
思っていましたが
かの女の親(ちか)しい人も肯定しているので
ホントーらしい。

お祝いもいわず!すみませんでした。
おめでとうございます!

お嫁に行ったら帰ってこないように。
もう後はないよ。



ひとりで生駒市役所に行きます。
blog62.jpg

地下の食堂で市民のような顔をして
A 定食の食券を買いました。

ちなみに B 定食もありました。
どちらも内容は分からず
A 定食を注文です。

小鉢は 1 品だけ自分で選びます。
blog63.jpg

税込み 530 円。



blog64.jpg
「柿の実や 色ぼけのまま 人はゆく  ほっ



(風天は渥美清の俳号です)
(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -