So-net無料ブログ作成
前の2件 | -

タイガースの町でランチ [昼定食]

阪神電車にはあまり乗りません。
駅の数が多過ぎてなかなか進みません。
「特急」に乗ればいいのかも知れませんが。

あちらにもこちらにも
野球の「阪神タイガース」の宣伝があり
それに乗客も浮かれ立っていて
うざい!うざったい!うっとうしい!

あ!野球に興味はないので
タイガースを
好きでも嫌いでもないのですがね。

おなじ運賃なので
阪急電車に乗る場合が多いこのごろ。
阪神にしかない駅に行くときには
ま!しかたないことですけどね。

今日の阪神電車の車内!いやに静かですね。
早々にクライマックスシリーズの
ファーストステージに
負けてしまったからですか。
blog81.jpg

尼崎駅で降ります。

駅構内の「阪神そば」?!
blog82.jpg

「阪急そば」は有名で
店舗もよく見かけますが
「阪神そば」もあるんですね。



アーケードの商店街を歩きます。

尼崎駅と出屋敷駅の間の
10 あまりの商店街で
「元気街」と名乗っています。

阪神タイガースの
熱狂的な応援で有名な商店街です。

野球シーズンは終わったのに
「めでタイガー」が走っています。
blog83.jpg

「日本一早い!マジック点灯」の
ボードを持っているので有名ですが。

マジックナンバー 143 (来季の総試合数?)とか
持っているのかと思いきや!
blog84.jpg

平凡な文句のボードですなぁ。

ところで「めでタイガー」って
どんな動物なんですか。



明るい「豚まん」の店舗がありました。
blog85.jpg

「豚まん」は
江戸のことばでは「肉まん」でしょうか。
かの国のことばでは
「包子(ぱおず)」でしたか。

あ!最近
「習包子」という単語が
ニュースになっていましたね。

「習包子」
いっても書いても政府の手が回り
消されるそうですよ。

「習」とは隣国の
皇帝を目指しているというエラい人の名。
その人のあだ名が「包子」でしたか。

先日!日本の世間は
衆院選で騒いでいましたね。

日本の代議士も
腐った「豚まん」か
「肉まん」みたいな顔の人ばかりですね。

権力を握ると
どうして!ああも
傲慢な容姿になるんでしょう。

他の国のことは知りませんが
日本に民主主義はありません。
あればあんな「豚まん」顔にはなりません。

あ!こんなこと書いたら
あちこちの!日本やかの国の政府のイヌが
かみついてくるんでしょうか。

閑話休題。

「手作り豚まん専門店 龍福 尼崎店」で
ランチしておきます

麻婆豆腐定食(税込)500 円。
blog86.jpg

豚まんは食べませんでしたので
逮捕しないでくださいね。



黄金の鳥居が下がっていますが
なにか寂しそうですね。
blog87.jpg

七福神ドームは健在。
blog88.jpg

NHK Eテレのアニメ
「忍たま乱太郎」の原作者の
尼子騒兵衛(女性です)作画。
blog89.jpg

ちなみに画伯は尼崎出身なのに
タイガースファンではなかったそうな。
どこかでお姿を拝したとき聞いたような。

なかなか長いアーケード街です。
blog90.jpg

どハデな神社(?)ができていました。
blog91.jpg

来恋夢(くるむ)神社?!
なに語なんですか。

神社(?)兼公衆トイレらしいです。

ここはわが町の商店街より
食品が豊富で安価ですね。

おじさんたちが
競うように買っていたから揚げ。
blog92.jpg

400g はないですが
これだけの量で(税込)216 円。

手羽元でしたか。
骨がしっかりありますね!はは。
でも!今夜の酒の肴には十分ですが。



(敬称略)
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

台風の夜のとん蝶 [食い意地]

朝から強い雨が降っています。
台風 21 号が向かってきているそうな。

今日(2017/10/22)は
初夏に植えた稲(拙ブログ 2017/06/18)の
刈り入れの日と聞いていましたが
この天候では中止かも。

おなじ苗を植えた
わが家の稲も
刈り入れる時期なんでしょうか。
blog1.jpg

古代の黒米でしたが
穂(もみ)はそんなに黒くはないですね。
blog2.jpg

古代米の特徴なのか背丈が低過ぎます。
もっとも!わが家だけのことかも。
無肥料の放任栽培ですからね。

こんなに背丈が低いと
風の被害が少ないのでは?!

周恩来が興味を示したという日本作出の
「台風よけ稲」といわれる「瑞豊」は
「晩稲(おくて)」の種?!

背丈の問題ではなく
台風の季節が過ぎてから
穂がはらむようにした品種でしたか。

日本の台風には「水害」がつきもの。
冠水に強い
「水くぐり」なんて稲があったそうですが
品種名なのか通称なのか知りません。

茎や稈が長かったのかも。
太くて丈夫だったのでしょうね。



今日は
たくさんの行事や企画があるようでしたが。
精神が軟弱なので
京都や奈良の奥地へのお誘いは敬遠して
神戸方面に出かけるつもりでしたが
電車に乗ると
「台風のため」
「途中で運転を打ち切ってもごめんね」
なんてアナウンスしています。

電車が打ち切る前に
もう!帰ります。

滅入った心にカツを入れるには
「米」ですね。
「米」が「力」だと
柳田國男がいっていませんでしたか。

第一に「力餅(ちからもち)」を
あげていましたが。

この「力餅」というもの!
なかなか奥が深い。

峠の茶屋から
正月などの行事や
分娩から墓掘りまで
この名前の餅があるのですね。

「力飯(ちからめし)」もあるのは
分かる気もしますが
「力米(ちからごめ)」という
単語も採集しています。

生米をかじるだけで「力」が湧く?!
日本には貧しい地方も多かったのです。



そんな訳で「力」のもと
「ごはん」を買って帰りました。

「御菓子司 絹笠」で
餅米の白蒸しの
「とん蝶」(税込 350 円)です。
blog3.jpg

大豆や塩昆布や小梅が入っています。
これは七味とうがらし入り。
blog4.jpg

赤飯を芯にした
「赤飯まんじゅう」(税込 140 円)も。



峠の茶屋のこと

「力を出してもう登ってしまったところに
「今さらなんの力餅だ

なんて面白いことを柳田は書いていますね。

先日!神戸のフジッコ本社で
「大豆」の講義を拝聴しました。

大豆は完全食品ともいえる
大変な数の栄養素があるのだそうですが

「食べても!
「それを取り入れられる体調がないとね

なんて講師がいっていましたが。
病人や
消化能力が欠如していると
なにを食べても投与しても
「力」が出ないことは自明の理なんですが。

なぜかおかしくて
だれも反応しないのに
あのとき!ひとりで笑ってしまって
すみませんでした。

どうして「峠の力餅」で
こんなこと!思い出したのでしょう。



台風!
ホントにやってきているのでしょうか。
いやに静かなんですが。

森羅万象!悪も良も正義もない!
災害のいい点は
塵芥を洗い
スクラップ&ビルドを進める!と
みなさんのメールに返信して
総スカンを食った夜です。

不謹慎な発言!すみませんでした。

ただ!土建屋さんたちは
そうだと肯定してくれましたが。



(柳田國男著/米と力/参照)
(敬称略)
タグ:柳田國男
コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の2件 | -