So-net無料ブログ作成
検索選択
前の2件 | -

豆腐竹輪 宇野千代のマヨネーズ和え [お命!いただきます]

わが家の庭(?)の桃ケ池に
ガマ(蒲)の穂が出ています。
blog91.jpg


「手をのべて 折る蒲の穂に 舟寄りぬ (菊山享女)


蒲の穂は夏の季語のようです。


「蒲の穂に 水暗きまで 深きかな  (福住裕夫)


まぁ!私のいいかげんな感覚でいうと
ガマは
水深のあるところには行かないでしょう。
浅いところを侵略して行きますけどね。

ガマが生えてきたら
湖も池になりつつあるような。
やがて池が沼になり
沼が湿地になり
さらに草原になって蝶々が舞うようになれば
ガマの侵略がとまるような。



食い意地が張っていますから
おいしそうに見えます。
blog92.jpg

フランクフルトかボローニャ?!
はたまた!ちくわ(竹輪)かな。

平安時代の「蒲鉾(かまぼこ)」はこんな形。

魚肉のすり身を竹の棒につけて焼いたら
ガマの穂にそっくり?!

板つきのものが考えられたのは
信長か秀吉のころらしい。
名前は
板つきののほうに行ってしまったのですね。



宇野千代が大発明をしたように
はしゃいで書いていましたね。

蒲鉾ときゅうり(胡瓜)のマヨネーズ和え。

蒲鉾もきゅうりも繊切りにしておき
食べる直前にマヨネーズと少量の塩で
和えるというもの。

それが大発見!大発明?!

私は青ネギが好きですので
小口切りをマヨネーズで和えて
少し醤油をたらして常食していますが。

これ!
「大発明じゃ~ぁ!」と
いいづらいんですけど。

ただの貧乏人じゃないかと
思われるだけのような。



白い「ちくわ」です。
blog93.jpg

「とうふちくわ」というとか。
漢字で書けば「豆腐竹輪」でしょうか。
鳥取の物産店にありましたが。

豆腐と魚肉で作った歴史のあるものらしい。
B 級グルメの催しに出てきたりしていましたね。

「ちくわ」の格好をしていますが色白です。
豆腐をたくさん使って
蒸して作っているのでは。

これにはネギが入っていますが
いろんな味のものもありました。



「とうふちくわ」を輪切りにします。

丸いものには丸いものを。

ゴーヤ(苦瓜)も輪切りに。
小さなたまねぎはリングに切って。
梅肉(梅干をたたいたもの)で和えて
しばらく寝かせておきます。

みんなまとめてマヨネーズをからめました。
blog94.jpg

絶品です。



宇野千代は
かの女が「和」と考えるきゅうりと
「洋」と思っているマヨネーズの
ドッキングが
摩訶不思議な旨さだというのですね。

そんなに摩訶不思議でしょうかね。

では!
「とうふちくわ」と
りんごとパセリをマヨネーズ和え。
blog95.jpg

酒を飲まねばなりません。

私の定番の青ネギの小口切りの
マヨネーズ和えに
「とうふちくわ」を混ぜて
ごはんにのせて丼にします。
blog96.jpg

醤油を少しふればおいしい。

私の発明(?)と
ささやかなしあわせはこんなもんです。



(宇野千代著/私の作ったお惣菜/参照)
(敬称略)
コメント(0) 

浮浪雲 最終回 一休は元祖・はぐれ雲 [不謹慎ですが、、、]

44 年の連載に幕――
[浮浪雲]、ここに完結!!!!!
だそうな。

ビッグコミックオリジナル
2017 10.5 号(2017/09/20 発行)の
表紙に書かれています。

すごいですねぇ。
1973 年に連載開始ですか。
blog1.jpg

この方面に暗いので
主人公の
「おね~ちゃん!あちきと遊ばない?」
という
決まり文句しか記憶にないのですが。

TVドラマや
アニメにもなっているようですが
いずれも観る機会がありませんでした。

絵は私には分かりやすい。

作者・ジョージ秋山の作品の中では
もっとどろどろしたもののほうが
私の好みに合っていますけどね。

美保純が世に出た
日活ロマンポルノ「ピンクのカーテン」は
原作も映画も観ていると思いますが。



ジョージ秋山は
「浮浪雲」の読みは最初
「うかれぐも」と考えていたといいます。

どっちがよかったのか分かりませんが。

「はぐれぐも」といえば
一休宗純(1394 ~ 1481)を思い出します。

一休には
名!法名!号!戒名などが
たくさん伝えられていますが
号で一番似合うのが
「狂雲」(狂雲子)ではないでしょうか。

「狂」は精神的におかしいのじゃなく
アウトローを指すのでは。

社会の常識!法律!秩序!しきたり!道徳!
そんなものからはずれた世界。
それを「狂」というのじゃないですか。

いいかえれば!はぐれもの。

一休もまた
「はぐれぐも」を名乗っていたのです。

だれにもアウトローにあこがれがあります。
芸能スターやらアスリートやら大統領やら
目立つ存在。
でも!上にはずれるのは難しい。

ヤクザものやら大泥棒やら
下にはずれるのは簡単かも。
しかし!実際!下にはずれてみても
その道を極めるにも実力が必要ですけどね。



上にはもちろん
下にも大きくはずれることもできず
わずか下に情けなくはずれて
うつむいて表に出れば
ほこりだらけの往来に花が咲いていました。
blog2.jpg

たんぽぽ。
狂い咲き(季語で書けば狂ひ咲)ですか。
返り花とか忘れ花ともいいますけどね。

あ!狂い咲きじゃないですね。
これはセイヨウタンポポ。
日本のたんぽぽの常識からは
「狂」かも知れませんが
これは四季咲き!
というより年中咲く習性。

そういえば
セイヨウタンポポの仲間の
わが家の食用タンポポ。
夏に刈り払ったので秋の葉が柔らかい。

苦味が少ないので
味噌とマヨネーズをつけて生食しましょう。
blog3.jpg

魚肉のソーセージもいっしょに。
ソーセージが魚肉だなんて
ソーセージの本場から見れば狂っています。

それに獣肉の腸に入っていないのに
ソーセージと呼んでいいのですか。

「狂」ですね。
その「狂」がいつの間にか
「狂」でなくなっています。

「狂」もうつろいやすいものかも。



一休の 78 歳のときの詩。


 行願固於劫石
  ぎようがんは かつせきよりも かたく

 気概健以鉄壁
  きがいは てつぺきより けんなり

 看々百億須弥
  みよ みよ ひやくおくのしゆみ

 是我腕肘骨骼
  これ わがわんちゆうの こつかくなり


4 歳の女弟子に書いたものだそうな。

死を前にして
やがて須弥をも動かすであろう
かの女の!いや!女性の
腕力の強さを祝ったのですか。

願わくば
童女が成人したとき
その肘(ひじ)鉄砲に悶絶し
腕に抱かれてやすらぎたいと。

これがすらすらいえるのは
「はぐれぐも」だからでしょう。

余談ですが
柳田聖山はこの童女が一休の娘の
可能性を考えています。

私は「看々百億須弥」と「狂雲」から
人間じゃない!
小鳥じゃないかと!
はたまた蝶々じゃないかと
根拠もなく思ってしまいます。

一休なら童女を小鳥として
また!小鳥を童女として
作詩するくらい訳はないと思うのです。



しかし!まぁ!大変!
十数年ぶりに手にする
ビッグコミックオリジナル。

なんにも読みたいものがありません。
だいたい
吹き出しの活字を追うのがメンドくさい。

私はますます狂ってきたような。
確実に狂っています?!
下方に。


(柳田聖山著/一休「狂雲集」の世界/参照)
(敬称略)
コメント(0) 
前の2件 | -